青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

イヤを見て好きを知る♪


日々のシンクロ友人とのやりとり。

お互いの体験なども交えながら
さまざまなことを話しているんですが、

私たちにとってはより自分を理解したり
大切な何かに気づくきっかけになることも多く、
まるで一種のワークのようにさえ感じます

そうしたものを記事にするだけでも
かなり面白そうで、、

そうしたことで
「友人との会話から」
カテゴリーもできたわけなんですが、

最近よく話していたのが

イヤを見て好きを知る

ということ。

これはハッピーちゃんもよく話していることで、
望まない現実が起きた時にこそ、自分の本当
の望みや・好みを知る良いチャンスになる ♪
というものなんです。


この2年ほどは、それぞれに転職と
お家探しに焦点があたっていた私たち。

起きている物事の内容は違えど、
そこはやはり双子だったことも何度か
あるほどにシンクロしている者同士。

面白いことに物事が展開してくるタイミングや、
そこから掴み取ることが同じという流れ。

私の場合、この2年にわたる家探しでは
自分の求める家が時にはまったくわからなくなり

わがままはダメだ。
妥協しなくては見つからないかも。
イヤなところはリノベーションすれば良いんだし、、、

なんて無理やり感情を丸め込んでみたりもして、
あまり好みでもない家を改装したところを
頑張って想像しながら見てみたりと、

かなり右往左往した時もあったんですが、
最後のほうでは中途半端に好みの家をオファーしたら、
人気物件ということで Highest and best(一番良い価格と
条件を提示した人が競り落とせる)になったものの、

その値段提示に本気が出せなくて(競り落としたくないから)、
だけどそれがきっかけで、自分が本当に住みたいと思う家や
譲れないポイントなどがハッキリとわかることにもなりました。

私は家の中だけでなく、
周囲の家との距離もほどよく取れて、
木などもホッとする良い感じにあることが
重要であることなどに改めて気づいたんです。

これにはエネルギー的な理由もあるんですが、
だけどそうなると土地の広めなアメリカでも、
窓を開けたらすぐにお隣さんの窓があったり

バックヤードにはある程度の広さや木があったとしても、
その庭を見下ろすようにして何軒ものお家の窓が
こちらに面していたり、、

なんてことも意外と多く、候補になる家が
希望のエリアにはほとんどなくなって
しまっていたんですよね。

家の中は良いけど 外がどうもイマイチ。。

家の外が最高なのに 中は好きになれない。。

だけどそれでも自分が本当に求めるものが定まると
探すのは意外と楽になった感じもあり、

そしてまもなくして出会ったこの家は
家の中の感じも、そして外の環境も
見事に私の好みのものだったんです♪

週末に遊びに来た友人のひとりが、

前の借家もこの家も、なんか似ているな~(家の雰囲気や
庭木のあり方などが)と思ったよ。〇〇ちゃん(私の本名)
の好きなポイントが同じなんだろうね~


と。。

身近な第3者のほうが
わかりやすいのかもしれません (笑)

人には「好き」や「心地よい」の傾向があるので、
家でも職でもなんでも、それをガッチリ掴むと
やはり俄然 進みやすくなるようです (^^)



写真では難しいけれど、このキッチンから見える夕暮れが好きです ♡
、 、 、 、 IMG_1172.jpg



シンクロ友人が今の会社に転職して、
そこで望まぬ事態がいくつも起きてから
やがてハッキリと見えてきたのは、

本当に自分が夢中になれる、
好きな仕事とはどんなものであったか、、

ということだったそうなんです。

彼女は転職先で
性に合わない事務職に
久しぶりに配属されたことで、

長年やりがいをとても感じていた
「営業職」寄りの仕事が自分には
向いていたことに気づいたそうなんです。


そしてもう一つが会社の体質。

見るからに体に悪そうだと彼女が
使えずにいた会社の湯沸かしポット。

それは内側のコーティングが剥げて
ボロボロ落ちてきている状態で、リクエストしても
そんなポット1つでさえ社員の体のことを考えて
買いかえてはくれなかったそうで、

それを聞いた私が、そういえば日本の番組で
内側のコーティングがはがれて銅がむき出しになった水筒に、
酸の強いスポーツ飲料を入れたためにその銅が溶け出し、
それを知らずに飲んだ子供たちが倒れたというのを
最近やっていた、、、と話したところ、

なんとその翌日にそのポットが急に壊れて
買いかえることになったと。。

OMG !!Σ(・ω・ノ)ノ!!

彼女は驚くと同時に、
そうした体質への苛立ちと、
自分のやりたい職種が何だったのかに
ハッキリと気づかされたそうなんです。

社員の命を脅かすかもしれないビルの構造上の問題
などもあり、市からも指摘されていたにもかかわらず
会社はまったく対処していなかったそうで、、

最後のきっかけとなったのが
このポット事件だったわけなんです


そんな彼女は先日、松丸さんという
建築士であり、元ミュージシャンでもあり、
そして実は陰陽師でもあるという方の
セッションを受けに行っていました。

彼は少し前にハッピーちゃんの番組内で
量子力学の観点からのお話もされていましたが、
江原さんも本物と認められているなかなかのお方。

面白かったのが、会社をディズニーランドの
アトラクションに例え、面白いと思って乗ったけど
めちゃくちゃつまらなかった!以上、終わり!!
で良いだけの話なんだとおっしゃったそうで。。(爆)

実は結婚やパートナーなんていうのも、
このアトラクションに乗る時に誰と隣に座ろうか
レベルの話なんですよ。。とおっしゃったそう (

つまんなかった!じゃあ降りて
次のアトラクションに乗ればいい。


この会社は、どのアトラクションがつまんないかが
わかる経験をしただけで、間違いでも何でもないよね?

と解説してくれたそうなんです ヽ(^。^)ノ

シンクロ友人にとっては、2つ前の企業での
仕事内容がとても面白かったそうで、夢中になって
やれるものだったので苦労とも思わなかったのだとか。。

本来の自分のエネルギーを使って仕事をしていたので、
それがお給料にも跳ね返ってきて、こんなに?
と感じるほどもらってもいたそうなんです。

お金もエネルギーなので高いエネルギーを
注ぎ込めた分、入ってくるお金もまた高かった
ということなんでしょうね


自分に合う仕事・合わない仕事を、
うまい・まずいでも表現されたそうで、

過去に知らずにあまりにうまいものを食べれていたので、
自分の好きではないまずいもの(仕事)がどんなもの
であるのかさえもわかってはいなかったと、、

だから今回の会社という経験を通して、
本当に自分がうまい!と感じるものを
探せば良いだけのことなんだそうです(笑)


シンクロ友人を可愛がったある視える方は生前、
彼女が勤め上げるだろう会社のことを話していたそうですが、
だけどそれはどうもこの会社とは様子が違ったようなんです。

その会社に彼女が無事にたどり着くためにも、
まずは望まない職種や体質の会社を見てから、
最後に本当に彼女が望むものや好きなものに
気づくようになっていたのかもしれません。

なんて、このところは話していたんですが、
そうなると、、、やっぱり起きてくることの
すべてには無駄がないみたいですね







スポンサーサイト
[ 2017/09/26 11:17 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

戻ってきた夏とお祝い


週末は予定していたよりも早く、
いつもの友人たちがお祝いがてら
郊外のわが家に来てくれていました。

リノベーションもまだやっと始まったか?ぐらいの、
まさに「Before」な状態なんですけどね (^^:

家族的な内輪友人たちだし、いいかな?なんて。。(笑)


太陽フレアの大きいのが出た後は
気温も上がりやすく、このところは日本に
遅ればせながらも暑さがぶり返していたNY。

ずっと寒いぐらいの涼しさで、
このまま秋になっちゃうのかも?
なんて誰もが思っていたところでの、、

まるで置き忘れてきた
真夏みたいな太陽が
サンサンの暑い日

そんな蒸し暑い中、
小高い丘の上にあるわが家を
目指して登り坂を歩きながら

途中で道を間違えた~!!

と、暑い日をさらに熱くしながら汗をかきつつ、
たくさんのおみやげ(お祝い?)とともに到着 ♡


日本やアメリカの
大きな雑誌などにも記事を書く
売れっ子フードジャーナリストの友人は

お祝いにみんなで飲もうよ ~(

と、最近の仕事での物だと言って
あちこちの賞を総なめにしただけでなく、
こんなデザインもユニークな日本酒を持参 ♪



、 、 、 、 IMG_1304.jpg



「錦鯉」と書かれたそのままに、
アンティークのミルクガラスのような
白くて不透明なそのボトルの本体には
美しい朱色のまだら模様がデザインされていて、

そして箱の窓部分も鯉の形になっていて、
まるで本物の錦鯉のよう。。


そしてこの味わい深い新潟のお酒だけでなく、

魚沼産のおいしいお米もあるからね~

と、精米したばかりの特徴でもある
透明感のあるきれいな白米もおみやげに ヽ(^。^)ノ

この日はこれがメインだから和食にしようよ!!

ということで、各自で白いご飯に合う
おかずも1品ずつ持ち寄り。

私はオーガニックスーパーで見つけたおいしそうな
ジャガイモで、オーソドックスに肉じゃがを。。

言い出しっぺ友人は山形の郷土料理のダス(出汁?)
という、ナスときゅうりをキューブに切ったものに
昆布の粉などもオリジナルで混ぜたという一品。

別の友人は味の染みた牛ごぼう。

そしてもうひとりは
おいしいお豆腐を使ってのチャンプルー。

いずれも料理をする人ばかりなので、
どれをつまんでもおいしくて。。(

これらに近くのお店で買ってきた
お魚なども塩麹で焼いて加えることに。


極上質の魚沼産の炊き立てのお米は
ほめ言葉抜きにしても本当においしくて、
それだけでもかなり贅沢な一品

ちょっと驚いたのが、雑穀米などを食べ慣れて
しまっていると、白米を2口食べたぐらいでも
すぐに眠くなってしまいやすいのが、、

質が良くて新鮮なお米だと
それが起きにくい?!

ということ。

これはそこにいた数人が気づいたんですが、
ちょっと不思議で面白い発見でした。

お米の写真がないのが残念

食べるのに夢中で、すっかり忘れました(笑)


そして食後には、フードジャーナリスト友人が
炊飯ジャーで炊けるケーキがあるんだよ~♪
と、前夜に作ったという米粉のケーキが。。

ひとりが先日誕生日だったこともあり、
バースデーケーキとしてきれいに
デコレーションされて登場。

土台がお釜のまあるいフォルムを帯びていて
なんともかわいらしい(



IMG_1253.jpg



そして経済のジャーナリスト友人からは
彼女の趣味でもある手作りのアクセサリーが

優しい彼女が生み出す、この繊細な感じが大好きで。。♪

ダイニングで撮ってみたら、
赤壁ともちょうど色がマッチして素敵

ピアス派ばかりでも穴を開けない私のために、
イアリング仕様で作ってくれたもの。



、 、 、 、 、 、 earing2.jpg



緑が見渡せるあのダイニングで
途中からは旦那クンも一緒に、

昨年アパートの1室を買った友人もいたので
それぞれに大変だったことや驚いたこと
日米の住宅事情なども絡め、住まいの
さまざまな体験話などにも花が咲き、

そして本格的な和食も久しぶりに楽しむという、
ちょっと暑(熱)い一日になっていました








[ 2017/09/19 07:18 ] おいしいね♪ | TB(-) | CM(-)

天(そら)と目玉焼き


このブログを打ち始めたとたん、
お昼を告げる教会の鐘が聞こえてきました ♪

NYに来た頃にも、ちょっと住んでいたことのある街。

その時のほうがもっと教会にも近かったはずなのに、
鐘の音が聞こえることに、今回はじめて気がつきました (^^)

ヨーロッパの、鐘が鳴り響く雰囲気が好きだったので、
ちょっと嬉しい引っ越し祝いです


それにしても引っ越しって、やっぱりバタバタしますね。

しかも今度は自分たちの好みや用途に合わせて
リノベーションもしていくことになるので、
一度収めた荷物なども動かしたりと、
しばらくは落ち着かなさそうです。


そんなこのところ、

星の舞姫ちゃんのお茶会も数回あり、
新たな星の話なども楽しんでいました


こちらは先日、カフェでやったほうのですが、
8月の皆既日食あたりでのトランジット(その時の空模様)
がどんなだったかを、彼女の解説つきで見ているところです。


IMG_1202.jpg


そんな話をしていたまさにその時、

やんちゃな友人と私の頼んでいたものが
ちょうど来たのですが、

舞姫ちゃんがそれを見て急に笑い出したので
何かと思ったら、、、


あはは、今見ているこのころ(8/21皆既日食)
ちょうど 獅子座のドラゴンヘッドと牡羊座の天王星、
そして射手座の土星で「火の正三角形」ができていたのね。

今年はしし座イヤーとも言われていて
獅子座色が強い年なんだけど、

ちょうどこのドラゴンヘッド(ノースノード)がある
しし座は支配星が太陽で、だからそれを表すように
そのシンボル的な食べ物も目玉焼きと言われているのよ。

そしたら、そんなところに出てきたのが
正三角形に焼かれた目玉焼きだったから、
なんかすごくおかしくなっちゃったの~ ヽ(^。^)ノ






毎回、お茶会は参加するメンバーなどでも
雰囲気が少しずつ変わるのですが、

面白いことに

やはりその時の空模様にマッチしていたり、
似たような星の配置や特徴を持つ人が
集まってくるんですよね 。。


8月末の前回の、アッパーウェストにある
キャットシッターのために舞姫ちゃんが
滞在していた可愛いアパートでは、

「ハート オブ フォーチュン」

という、年間の中に1日ある
そのラッキーデイを教えてもらっていたのですが、

なんと私の場合、それが今いるNYで見ると
今回の皆既日食が起きたのと同じ獅子座の度数に
あったのですが、生まれた日本で見るとさそり座にあり、

今回の少数のお茶会では、なんと舞姫ちゃんを含む
そこにいた全員が同じさそり座にそれを持っていたのです。

舞姫ちゃん曰く、

ハート オブ フォーチュンは各個人のチャートの中の
メインとなるいくつかの星の平均値でもあり、仕事にすると
とても良い、その人の得意分野なども表されているそうで、、

さそり座はスピリチュアルなこと!なんだそうです。

まさになるほど~♪で、
びっくりするやら嬉しいやら。。(笑)


IMG_0919.jpg



その時に学ぶべきものや
くり出されてくるお話のすべてが、
星の動きといつも連動していることに
毎度ながらやっぱり驚かされてしまうんです。。








[ 2017/09/14 02:36 ] 星のシリーズ | TB(-) | CM(-)

人生の主(あるじ)


昨日は祝日 ♪

お客さん1号になる友人が
遊びにきていました。


徐々に片づけも進み、
だいぶ落ち着いてきています


下は引っ越す前ごろに作った、旦那クンのお弁当。

お弁当作りはほぼ毎日なんですが、
和風のお弁当にするときには、
容器もわっぱを使用。

旦那クンいわく、やはり他の素材のものより
ご飯の湿気などがうまい具合に抜けて
おいしいと感じるんだそうです ♪

8年ぐらい前に使い始めたわっぱのお弁当箱は1段式。

さすがに表面の塗りも剥げてきて
蓋もガタガタにゆるんでしまったので、
これは昨年帰国したときに買ってきたもの。

ずっと使いたいと思っていた2段式

この日は、

だし巻き卵
サバの塩麹焼き
赤と緑のピーマンの醤油炒め
雑穀米 (小豆、きび、キヌア、アマランサス入り)



IMG_1155.jpg



どんなに身近な人であったとしても、
その人を自分の人生の主体にしていると、
自身の人生はやっぱり壊れやすくなるのかも。。

これは先日、シンクロ友人が
やり取りの中でつぶやいていたこと。


親子3代に渡ってお付き合いのある、
彼女の親しいご家族。

親世代にあたる方にはとてもお世話になり、
その娘である同世代のAさんとはお友達。

そして幼いころをもよく知る
そのAさんの高校生になる娘さんB。

Aさんは学歴に重きを置く人だそうで、
娘さんであるBちゃんには幼児のころから
英才教育をほどこし、中学受験では見事希望校に。

高校にはエスカレーターであがり、子供のころから
目指していた有名大学の受験にラストスパート
をかける!という時期になったとたん鬱になり、
学校に行けなくなってしまったそうなんです。

小学生のころからの、Bちゃんのものすごい勉強の
様子を知っていただけに、シンクロ友人はいつか
反動が出るのでは?とも感じていたそうで、

そしてAさんには言えなかったものの、
Bちゃんが本当に進みたいと思っているのが
別の大学であることにも薄々気づいていたのだとか。。

なので、そちらに行くように調整のサポートが入った
のを感じて、鬱になったのも決して悪いことでは
ないのだろう、、とも思っていたそうなんです。

事実、Bちゃんはその別の大学を目指す!
となったとたんに鬱が良くなり始めたそうで。。


目指してほしかった有名大学への進学どころか、
高校卒業も危うくなり、医師からは自殺への危険性も
指摘されたことから、母親であるAさんは休職せざるも
えなかったそうで、そこまで行って始めて軌道修正を
認めるしかなかったようなんです。

もちろん、Aさんには有名大学への未練が
ないわけではないそうなんですが、、

だけどやっぱり

命があるだけでもありがたいということと、
Bちゃんが生き生きと大学生活を送れるように
サポートする、、という方向に傾きつつあるそうで、

シンクロ友人も
「きっとそれで良いのよ(^^)」と
その背中を押してきたんだそうです。。


実はこのAさん、若い時に
自殺未遂を起こしたことがあるそうで、

今回のことで、
その当時のお母さまの心境なども
身に染みたようだ、とも。。


どんなに身近な家族などであったとしても、
その人を自身の人生の主体にしてしまうと
自分の人生が破綻しやすくなる、ということを
シンクロ友人は深く感じたそうなんです。


時には大切な誰かのために、、
というのもあってはよいのでしょうが、
大方の部分ではやはり

自分の人生の主(あるじ)は自分自身であること。

古くから言われていることでもあるけれど、
身近から改めて知らされた気がしたと言うシンクロ友人。


彼女の了承のもと、ここにもちょっと書かせてもらいました☆






[ 2017/09/06 08:56 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

皆既日食とともに♪


皆既日食とともに?!?

なんて感じで、

それまでゆっくりだったのが

急にバタバタと話が進み

すぐ近くの街に引っ越しました


動くのは5年ぶりぐらい。。


前の家も緑がたくさんで

アメリカでは珍しいほど

律儀でやさしくて素敵な大家さんで

(ちなみに彼女は誰もが知る
日本の売れっ子アーティストの親友で、
お父さんの仕事の関係で日本に住んでいた
中・高校時代に仲良しになったようです)

そんな彼女も家も大好きだったのですが、

さすがにもう買ったほうが良いだろう。。

ということになり、

この2年近くで150軒以上もの家を見に行き
(色んな物件がありました。本が書けちゃうかも。。

ようやく見つかった お家です♪


今年の1月には

上の世界では見つかったのがわかったんですが、

物質界では数か月後あたりかな?

なんて感じていた通り、、

4月に出会いました


面白いことに、

これまた2年越しで

転職先を探していたシンクロ友人が

採用いたします!という通知を頂いた日と

私がこの家にオファーします!と言った日が

なんと同じ日だったんですよ (笑)


そのほかにも

いくつもの不思議なことや

面白いことがあった家なんですが、

ひとまず住むことになりました ヽ(^。^)ノ


当初は海外で家を買うなんて、、、

と思っていたんですが、

アメリカではローン完済を目指す人は少なく

買いかえていくもの。。という

不動産に対して比較的

軽い考えだったりすることが

理解できるようになり、

楽に思えるようになったのも

大きかったかもしれません。


まあ、節約のためというのが

やっぱり大きいかもですが。。。(笑)


風通しがとても良く、

大きな不可視の長~い龍が

家の中を泳いで横切っていくような

そんな高台にある お家です。


住宅街ではあるものの、

ここも周りには10~20メートル級の

大きな木が多く、



IMG_1031.jpg



このダイニングは2階なんですが、

お隣さんとの間にある木と

遠くに横たわる緑の稜線は

やはり同じように小高い丘なんですが、

どこの田舎だ?!?

なんていうような景色を

作り出しています。

(2枚目の写真は外が見えやすいように
フォーカスを外に合わせてます)



IMG_1030.jpg



そしてその出窓に並べた

モロッコのミントティーのグラスと、

引っ越しした翌日に

夏休み帰国のお土産にと

近くの友人母娘から頂いた

大好きな「ひよこ」



IMG_1146.jpg



さぁ、また新しい生活のスタートです







[ 2017/08/30 10:59 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

太陽と月


部分日食だったNY。

これは最大欠けの直前ごろ、
午後2時30分ぐらいの太陽です

専用グラスもないし
見る予定ではなかったのだけど、

友人たちもラインでざわついているし。。

それなら、、、

何か色付きフィルムみたいのないかな~♪

と古い荷物をのぞいてみていたら

昔の写真のネガ(フィルム)が。。


あ!これを重ねたら見えるかも



IMG_0983.jpg



わ~い、見えた!! ヽ(^。^)ノ

周りが暗いけれど、
れっきとした今日の昼間の太陽です。



、 、 、 IMG_1008.png



ちょっとバタバタで
今週は写真だけですいません。。(@v<)☆







[ 2017/08/22 14:20 ] 星のシリーズ | TB(-) | CM(-)

ギアの入れ替わる時


週末は、旦那クンの上司宅でBBQでした。

アメリカ人の奥さまの手作りアイスケーキ。

そこにはスタッフをねぎらう言葉が。。♪


IMG_0907.jpg



ハドソン川沿いにある、緑豊かなお家のバックーヤード。

夕方になるとさまざまな虫の音が一段と高くなり、
ふと見上げると、そこには水色とピンクの入り混じった空が。。



IMG_0909.jpg



さまざまなことが切り替わっているこの夏。

うまく進んでいる感じでもあり、
だけど時になかなか思うように進まずに
止まっているのか?!なんて感じることもあり。。

だけど今は巨大な歯車が大きな音を立てて
ガチンガチンと新たものとのかみ合わせの
調整をしている時でもあるので、

若干スムーズさがないのは
きっと仕方のないことなんだろうと
シンクロ友人とも話していたのですが、

やはり天体の流れなどを見ても、
まさにそうしたものが現れているようです。

そしてこの夏は、古代からの記憶
なども取り戻していく時期なんだとかで。。

なるほど、、、うん

確かにそんなことが
この1~2か月ほどは
たくさん起きてる気がします。

これは多く人にとっても同じこと。

今までにはなかったようなことが
個人レベルでも起き始めている2017年の夏です。


そんな中、

友人の旦那さんが
ジャーナリストに転身しました

今月からワシントンに飛び、
新たな道を切り開き始めています。

そこはパ〇マ文書なども扱った、
かなり優秀な面々が集まる機関。

昨日は、そんな彼が多くの候補者の中から
その職場に迎えられたという記事を、彼の妻
である友人がみんなに送ってくれていたのですが、

そこには喜々として働く、
ジャーナリストとしての晴れやかな
彼の顔が映し出されていました。

それはかつての職業の時とは
打って変わった凛々しいお顔。

前職の時には本当にしんどそうで、
常に寝てばかりいた彼。

事実、まだその仕事をしていた数年前、
友人である彼の妻ともうひとりの友人と
私の4人でモロッコ旅行に行った時でさえ

ちょっとすると「疲れた。。」と言っては
滞在先のホテルへ寝に帰っていた彼。

昼間の半分ぐらいは寝ていたような。。。

彼のお国がのんびりした国民性なので
それもあるのだろうか?とも妻である
その友人ともよく話していたのですが、

それが前職を辞めてジャーナリズムを
学ぶためのスクールに入ったとたん、

連日連夜遅くまで課題にとりくみ
クラスメートたちと語らい、お休みの日には
それまでも参加していたボランティアなどにも
参加しながら、寸暇を惜しんでペーパーワーク。

あれだけ寝ていた彼が、一体いつ寝てるの?Σ(・ω・ノ)ノ

と、周りで見ていた私たちまで
驚いて聞いてしまうほどの
頑張りをしていました。


その記事には、彼が前職で東京にも
いたことなどが紹介されていたのですが、

あれだけストレスまみれだったその前職でさえも、
ある分野を良く知るということで、今ではなんと
彼の持つ切り札にもなっている様子。。

その経験は決して無駄ではなかったのだなあと、
人生には本当に無駄がないね~♪ と、
みんなで話してもいた昨日でした。


それにしても、、

彼の睡眠時間の変化を見てもわかるように、
好きなことをするって本当にすごいですネ ヽ(^。^)ノ

嫌な苦しいことをしている時は
やはりどうしてもエネルギーの
消耗が激しくなってしまいますが、

自分の得意で好きなことをしている時には
そのエネルギーの流出があるどころか、
むしろ補充されるぐらいなんでしょうね。

だからこそ、彼もたくさん寝なくてもよくなったというか。。(笑)


妻であるお洒落で可愛い友人も、
この1年ほどは学校に通う彼に変わり
そのスリムな体で大黒柱を担ってきましたが、
ここでようやくその大役もひと段落。

これからしばらくは自分のために
好きに時間を使うわ~

なんて話しています。

彼女たち夫婦にとっても、
人生の新たなステージに立った
この8月だったようです。



いよいよ来週は皆既日食 ♪

アメリカでは、西海岸から東海岸まで弧を描くように横断。


eclipsemap.png


NYでは残念ながら皆既日食は見れないんですが、
仕事を休んでイエローストーン公園近くまで
見に飛んで行く友人もいるんですよ (笑)

日本からも、ツアーがすごいみたいです ♪


昔から、完全に太陽が隠れるエリアは
エネルギー的な影響も一段と強くなると言われてますが、

この皆既日食はアメリカに、そして世界に、
どんな影響を及ぼすんでしょうね。。







[ 2017/08/17 09:31 ] 星のシリーズ | TB(-) | CM(-)