青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

イヤを見て好きを知る♪


日々のシンクロ友人とのやりとり。

お互いの体験なども交えながら
さまざまなことを話しているんですが、

私たちにとってはより自分を理解したり
大切な何かに気づくきっかけになることも多く、
まるで一種のワークのようにさえ感じます

そうしたものを記事にするだけでも
かなり面白そうで、、

そうしたことで
「友人との会話から」
カテゴリーもできたわけなんですが、

最近よく話していたのが

イヤを見て好きを知る

ということ。

これはハッピーちゃんもよく話していることで、
望まない現実が起きた時にこそ、自分の本当
の望みや・好みを知る良いチャンスになる ♪
というものなんです。


この2年ほどは、それぞれに転職と
お家探しに焦点があたっていた私たち。

起きている物事の内容は違えど、
そこはやはり双子だったことも何度か
あるほどにシンクロしている者同士。

面白いことに物事が展開してくるタイミングや、
そこから掴み取ることが同じという流れ。

私の場合、この2年にわたる家探しでは
自分の求める家が時にはまったくわからなくなり

わがままはダメだ。
妥協しなくては見つからないかも。
イヤなところはリノベーションすれば良いんだし、、、

なんて無理やり感情を丸め込んでみたりもして、
あまり好みでもない家を改装したところを
頑張って想像しながら見てみたりと、

かなり右往左往した時もあったんですが、
最後のほうでは中途半端に好みの家をオファーしたら、
人気物件ということで Highest and best(一番良い価格と
条件を提示した人が競り落とせる)になったものの、

その値段提示に本気が出せなくて(競り落としたくないから)、
だけどそれがきっかけで、自分が本当に住みたいと思う家や
譲れないポイントなどがハッキリとわかることにもなりました。

私は家の中だけでなく、
周囲の家との距離もほどよく取れて、
木などもホッとする良い感じにあることが
重要であることなどに改めて気づいたんです。

これにはエネルギー的な理由もあるんですが、
だけどそうなると土地の広めなアメリカでも、
窓を開けたらすぐにお隣さんの窓があったり

バックヤードにはある程度の広さや木があったとしても、
その庭を見下ろすようにして何軒ものお家の窓が
こちらに面していたり、、

なんてことも意外と多く、候補になる家が
希望のエリアにはほとんどなくなって
しまっていたんですよね。

家の中は良いけど 外がどうもイマイチ。。

家の外が最高なのに 中は好きになれない。。

だけどそれでも自分が本当に求めるものが定まると
探すのは意外と楽になった感じもあり、

そしてまもなくして出会ったこの家は
家の中の感じも、そして外の環境も
見事に私の好みのものだったんです♪

週末に遊びに来た友人のひとりが、

前の借家もこの家も、なんか似ているな~(家の雰囲気や
庭木のあり方などが)と思ったよ。〇〇ちゃん(私の本名)
の好きなポイントが同じなんだろうね~


と。。

身近な第3者のほうが
わかりやすいのかもしれません (笑)

人には「好き」や「心地よい」の傾向があるので、
家でも職でもなんでも、それをガッチリ掴むと
やはり俄然 進みやすくなるようです (^^)



写真では難しいけれど、このキッチンから見える夕暮れが好きです ♡
、 、 、 、 IMG_1172.jpg



シンクロ友人が今の会社に転職して、
そこで望まぬ事態がいくつも起きてから
やがてハッキリと見えてきたのは、

本当に自分が夢中になれる、
好きな仕事とはどんなものであったか、、

ということだったそうなんです。

彼女は転職先で
性に合わない事務職に
久しぶりに配属されたことで、

長年やりがいをとても感じていた
「営業職」寄りの仕事が自分には
向いていたことに気づいたそうなんです。


そしてもう一つが会社の体質。

見るからに体に悪そうだと彼女が
使えずにいた会社の湯沸かしポット。

それは内側のコーティングが剥げて
ボロボロ落ちてきている状態で、リクエストしても
そんなポット1つでさえ社員の体のことを考えて
買いかえてはくれなかったそうで、

それを聞いた私が、そういえば日本の番組で
内側のコーティングがはがれて銅がむき出しになった水筒に、
酸の強いスポーツ飲料を入れたためにその銅が溶け出し、
それを知らずに飲んだ子供たちが倒れたというのを
最近やっていた、、、と話したところ、

なんとその翌日にそのポットが急に壊れて
買いかえることになったと。。

OMG !!Σ(・ω・ノ)ノ!!

彼女は驚くと同時に、
そうした体質への苛立ちと、
自分のやりたい職種が何だったのかに
ハッキリと気づかされたそうなんです。

社員の命を脅かすかもしれないビルの構造上の問題
などもあり、市からも指摘されていたにもかかわらず
会社はまったく対処していなかったそうで、、

最後のきっかけとなったのが
このポット事件だったわけなんです


そんな彼女は先日、松丸さんという
建築士であり、元ミュージシャンでもあり、
そして実は陰陽師でもあるという方の
セッションを受けに行っていました。

彼は少し前にハッピーちゃんの番組内で
量子力学の観点からのお話もされていましたが、
江原さんも本物と認められているなかなかのお方。

面白かったのが、会社をディズニーランドの
アトラクションに例え、面白いと思って乗ったけど
めちゃくちゃつまらなかった!以上、終わり!!
で良いだけの話なんだとおっしゃったそうで。。(爆)

実は結婚やパートナーなんていうのも、
このアトラクションに乗る時に誰と隣に座ろうか
レベルの話なんですよ。。とおっしゃったそう (

つまんなかった!じゃあ降りて
次のアトラクションに乗ればいい。


この会社は、どのアトラクションがつまんないかが
わかる経験をしただけで、間違いでも何でもないよね?

と解説してくれたそうなんです ヽ(^。^)ノ

シンクロ友人にとっては、2つ前の企業での
仕事内容がとても面白かったそうで、夢中になって
やれるものだったので苦労とも思わなかったのだとか。。

本来の自分のエネルギーを使って仕事をしていたので、
それがお給料にも跳ね返ってきて、こんなに?
と感じるほどもらってもいたそうなんです。

お金もエネルギーなので高いエネルギーを
注ぎ込めた分、入ってくるお金もまた高かった
ということなんでしょうね


自分に合う仕事・合わない仕事を、
うまい・まずいでも表現されたそうで、

過去に知らずにあまりにうまいものを食べれていたので、
自分の好きではないまずいもの(仕事)がどんなもの
であるのかさえもわかってはいなかったと、、

だから今回の会社という経験を通して、
本当に自分がうまい!と感じるものを
探せば良いだけのことなんだそうです(笑)


シンクロ友人を可愛がったある視える方は生前、
彼女が勤め上げるだろう会社のことを話していたそうですが、
だけどそれはどうもこの会社とは様子が違ったようなんです。

その会社に彼女が無事にたどり着くためにも、
まずは望まない職種や体質の会社を見てから、
最後に本当に彼女が望むものや好きなものに
気づくようになっていたのかもしれません。

なんて、このところは話していたんですが、
そうなると、、、やっぱり起きてくることの
すべてには無駄がないみたいですね







スポンサーサイト
[ 2017/09/26 11:17 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

人生の主(あるじ)


昨日は祝日 ♪

お客さん1号になる友人が
遊びにきていました。


徐々に片づけも進み、
だいぶ落ち着いてきています


下は引っ越す前ごろに作った、旦那クンのお弁当。

お弁当作りはほぼ毎日なんですが、
和風のお弁当にするときには、
容器もわっぱを使用。

旦那クンいわく、やはり他の素材のものより
ご飯の湿気などがうまい具合に抜けて
おいしいと感じるんだそうです ♪

8年ぐらい前に使い始めたわっぱのお弁当箱は1段式。

さすがに表面の塗りも剥げてきて
蓋もガタガタにゆるんでしまったので、
これは昨年帰国したときに買ってきたもの。

ずっと使いたいと思っていた2段式

この日は、

だし巻き卵
サバの塩麹焼き
赤と緑のピーマンの醤油炒め
雑穀米 (小豆、きび、キヌア、アマランサス入り)



IMG_1155.jpg



どんなに身近な人であったとしても、
その人を自分の人生の主体にしていると、
自身の人生はやっぱり壊れやすくなるのかも。。

これは先日、シンクロ友人が
やり取りの中でつぶやいていたこと。


親子3代に渡ってお付き合いのある、
彼女の親しいご家族。

親世代にあたる方にはとてもお世話になり、
その娘である同世代のAさんとはお友達。

そして幼いころをもよく知る
そのAさんの高校生になる娘さんB。

Aさんは学歴に重きを置く人だそうで、
娘さんであるBちゃんには幼児のころから
英才教育をほどこし、中学受験では見事希望校に。

高校にはエスカレーターであがり、子供のころから
目指していた有名大学の受験にラストスパート
をかける!という時期になったとたん鬱になり、
学校に行けなくなってしまったそうなんです。

小学生のころからの、Bちゃんのものすごい勉強の
様子を知っていただけに、シンクロ友人はいつか
反動が出るのでは?とも感じていたそうで、

そしてAさんには言えなかったものの、
Bちゃんが本当に進みたいと思っているのが
別の大学であることにも薄々気づいていたのだとか。。

なので、そちらに行くように調整のサポートが入った
のを感じて、鬱になったのも決して悪いことでは
ないのだろう、、とも思っていたそうなんです。

事実、Bちゃんはその別の大学を目指す!
となったとたんに鬱が良くなり始めたそうで。。


目指してほしかった有名大学への進学どころか、
高校卒業も危うくなり、医師からは自殺への危険性も
指摘されたことから、母親であるAさんは休職せざるも
えなかったそうで、そこまで行って始めて軌道修正を
認めるしかなかったようなんです。

もちろん、Aさんには有名大学への未練が
ないわけではないそうなんですが、、

だけどやっぱり

命があるだけでもありがたいということと、
Bちゃんが生き生きと大学生活を送れるように
サポートする、、という方向に傾きつつあるそうで、

シンクロ友人も
「きっとそれで良いのよ(^^)」と
その背中を押してきたんだそうです。。


実はこのAさん、若い時に
自殺未遂を起こしたことがあるそうで、

今回のことで、
その当時のお母さまの心境なども
身に染みたようだ、とも。。


どんなに身近な家族などであったとしても、
その人を自身の人生の主体にしてしまうと
自分の人生が破綻しやすくなる、ということを
シンクロ友人は深く感じたそうなんです。


時には大切な誰かのために、、
というのもあってはよいのでしょうが、
大方の部分ではやはり

自分の人生の主(あるじ)は自分自身であること。

古くから言われていることでもあるけれど、
身近から改めて知らされた気がしたと言うシンクロ友人。


彼女の了承のもと、ここにもちょっと書かせてもらいました☆






[ 2017/09/06 08:56 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

虹の架け橋☆


週に1度ぐらいになってるアップ。。

だけどなんだか今週は、
もうひとつ記事をアップしなくちゃ!
なんて感じがずっとしていて、、

ここ数日の間にやたらと来ていた
「虹」のことを書こうと思ってました



だいぶ前に、虹のクラックが気に入って買ったクリスタル☆
IMG_0888.jpg



先日の長さんとのスカイプセッションの時に、
それはまだ聞く時ではないからと先送りになった、
ハワイ島ツアーで磯さんからメッセージ頂いた存在。

そのお名前はもちろん私も知っているものでしたが
意味はまったくわからなかったので、磯さんにも
その時にお聞きしてみたところ、

虹のように架け橋をかけていって下さいね (^^)

とだけあり。。?!?

帰宅してしばらくしたころ、
ブログ読者さんでやり取りの長いY美さんに
その時のことをふとお話ししてみたところ、
なんとその存在は「虹」とご縁が深いのだと。。



後ろの富士山の写真のカードは、シンクロ友人から送られてきたもの。
IMG_0890.jpg



そして2つ前の記事、
時を告げる水にも書いた沖縄でのこと。

シンクロ友人に長年視えていた、
岩の上から美しい海を眺める青年が
どこの島にいたのかがわかったのは、
この時の記事がきっかけだったのですが、

そこを案内して下さったpyoさんの
記事も読み直してみたらこんな記述が。。

この時現れた白龍はすーっと空に昇り、大きく弧を描いて虹となり
古宇利島まで虹の橋をかけました。びっくり☆


→ 今帰仁の姫 by pyoさん


なんと、ここでも虹の橋。。Σ(゚Д゚)


ここ数日で虹が続いていることを
シンクロ友人にも話すと

なんと彼女は夢の中で
虹色の龍を見たことがあるのだと。。


その日、NYの友人が動画をアップしたので
それを観に行ったところ、

そのビデオの周りにあった
「こと座(ベガ)第2惑星から来た少年」
というものにも目が行きチェック ♪

でも周りの大人の会話が長そうかなと
途中で見るのをやめていました。

すると翌朝のシンクロ友人からのラインには
ベガから来た男の子の動画を観たとあり、

その少年が、天皇には虹色の龍が
ついていたと話していたそうなんです!

なんと同じ日に、
普段それほど見るわけでもないのに、
同じ動画を開いていたことにもまずビックリで (笑)

いくらシンクロする相手とはいえ、そこまでシンクロするとは


とりあえず、ちゃんと見なかったその動画を観てみると、
ベガから来たと言うその小学生の男の子が
虹色の龍を探していたところ、

ある日に通りかかった皇居のお堀に
それがいるのを発見。

そしてそれは天皇についていたと。。

シンクロ友人の虹色の龍は夢でのことだったとはいえ、
実は彼女は高校生のころから天皇に近しい方に
とても可愛がられてきた人でもあるんですよ。

なので虹色の龍が天皇家につながるものであることにも
どこかふたりして納得でもあったんですよね。。


面白かったのが、
私がその動画をチェックしていたまさにその時間、
ロスで大病を乗り越えた友人が、

「台風一過でダブルレインボーが出たらしいね~」
とラインに入れてきていたことでした (笑)

どこまで虹が追いかけてくるんだ?!? ヽ(^。^)ノ


この7~8日のあたりを中心に起きていた、
虹のオンパレード

あまりにすごかったので、
何か起きていたからなんじゃあ?!?

なんて話していたら、、

なんと天下泰平さんが昨日アップされた
記事にも虹色の龍のことが。。

→ 88ライオンゲートに誕生した虹の白龍








[ 2017/08/12 07:35 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

人生のお仕事♪


よく晴れて、のんびりした日曜日の午後 ♪

中学生ぐらいの男子が、
ボーイスカウトの活動資金集めの
一環として、お菓子を売りに来ました。

子供が相手だと、勝てませんね ヽ(^。^)ノ

洗濯物を取りに行っていた私とすれ違いに、
10ドル札を片手に再び玄関に向かった旦那クン。

甘いものはあまり食べないわが家なので、
「物はいらないから」と言ったらしいのですが、
「それじゃあ困ります!」みたいに言われたようで、

ならばせめて少しでも使えそうなものを、
と旦那クンがチョイスしたのは。。。



、 、 、 IMG_0648.jpg



カンなら使えるでしょ?! (


と。。

巣箱と赤い小鳥が描かれた缶箱!

中身は、チョコチップクッキーみたいです(笑)



そして下は、週末の買い物に行った際、
最初は車のサイドミラーの上にいたバッタ。

ものすごい風圧にも負けずにしがみつき、
2カ所に 寄って帰ってきたら、助手席側の
ガラスに移動して、しっかりまだいました。

お家からすべての行程を終えて
また一緒に戻ってきたということで、
その根性にはおみそれしました (笑)



IMG_0642.jpg



このところの星の流れを知れば知るほど、
そして来月の皆既日食でもたらされるものを見ても、
物事が大きく動かざるを得ないぐらいのすごい流れに
なっていることがビシバシと伝わってくるのですが、、

「その時」が来ると、
ちゃんと開いてくるように、
さまざまな仕掛けがしてあるようで。。

宇宙って本当にすごいですよね!!

正直 怖いと感じることもあるけれど、
最後は楽しむしかないのかもしれません♪



そんな先日はシンクロ友人が、
山川紘也夫妻とアースジプシーさんが
コラボする講演会に行ってきていました。

山川ご夫妻は船井先生がご健在のころから
私もよくご本などを読ませて頂いてたんですよね。

その講演のテーマは「人生のお仕事」。

この世でその人本来のお仕事をしようとすると、
昔は意識の浄化などで大変な想いを
することも多かったそうなんですが、、

それが5年ぐらい前からは、もうそのルートを
通らなくてもよくなっているそうなんですよ ♪

なのでそれを始めるには、

やる!と宣言する

ただ それだけなんだそうです ヽ(^。^)ノ


宣言したらむやみに動かなくても、
あとは勝手に事が起きてくるそうで。。

自分から何かをしようとコントロールしたりせずに
ただボーっとしていて下さい。

勝手に来るから!

と。。


これは私も体験済みですが、
本当にそうなんですよね。

待つのがちょっと辛いと感じる時もありますが、
確かに想いもしないようなことが起きてくるんですよ。。♪

上(ハイヤーセルフとか魂チームとか)に投げかけたら、
あとは彼らが整えてくれるからなんですよね (^^)


アースジプシーさんは双子の美人姉妹だそうで、
その片方であるナホさんという方が観ていた世界が
シンクロ友人にはとてもリアルで説得力があったそうで、

より純粋な愛の世界にある建築物や道路がどんな感じかや、
部屋の中やその材質がどんなものであるかなどにまで
話が及んだそうなんですが、シンクロ友人には
とてもよくイメージが湧いたそうなんですよ。

その世界では、建物だけでなく家具などでも、
すべて曲線なんだそうです

そして部屋で転倒してもケガなどしない、
硬いはずなのに柔らかい材質でもあるそうで。。

シンクロ友人は
今は建築業界にいることもあり、
現実面からもかなり面白い!!
と感じたようなんですよ(笑)


文明が進んでいる星では、
家などは四角ではなくて
モンゴルのパオのように丸い!

というのは昔、私も聞いたことがあって、、

現在の地球で主流になっている、
直線的で四角や長方形の角ばった建物では、
エネルギー的にも問題があるのだとか
説明されていた記憶があります。

近未来には公共物に限らず、個人宅などでも
流線形が生かされたデザインのものが
ドッと増えるのかもしれませんね

事実、NYでもよくイベントに使われる
ある建物内の3階部分のお部屋がおととしあたりに
改装されたのですが、壁から天井にかけてがまあるい
柔らかな曲線のデザインになっていて、とても広がりの
ある素敵な空間になったと評判なんですよね ♡


人生のお仕事に話を戻すと、
ワークでは口から出まかせでもいいから
何をしにこの世に来たのかを話す!
なんていうのもあったそうなんですが、

私、これ結構しちゃってるんですよね (^^;

言わずにいられないというか。。(笑)

たぶん、紙に書いたり口にしてしまったほうが、
形づくられやすいものがあるからなんでしょうね。

シンクロ友人のお話では、
参加者の中には宣言したとたんに

嫌だ!!

という感情が湧いてきた方もいたそうで、
そういう方はエネルギーが大きい傾向があると。。

エネルギーが大きいから抵抗を感じるのだ
という説明がされていたそうなんですよ。

ただ、エネルギーが大きいだけに
無視することもできないようで、
結局はやることになるのだ、とも。。(笑)


最後に、、

本来の仕事をするには
まだ自分はこの部分が〇〇だから、、

などというのはもはや要らないそうで、

今は至らなくても、
そこを百にするまで待っている時間はない、、

というふうにも話されていたそうなんですよ。

今年後半は、
もう宣言せずにはいられない人たちが
どんどん出てくる時にもなりそうですね ヽ(^。^)ノ


ちなみにその会場に集われた方たちは
白色同胞団つながりなんだとか。。(笑)

あ、そっちが出てきた、、と思ったシンクロ友人。

私にとっても、なるほど。。でした。









[ 2017/07/18 08:34 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

ひとつの流れの終息


湿度が高めだった昨日。

火曜の今日はサラッと乾いた風が
まぶしく光る新緑をゆらゆら揺らしながら
吹き抜けていて、とても心地が良いです ♪


この季節には人気のふわふわ ピーニー。 シャクナゲの一種だそう。

IMG_0260.jpg



今週は旦那クンの元同僚やらお客さんやらで、
仲の良かった人たちの本帰国が次々と決まり、
その別れを惜しむご飯会などが目白押しです。

私もその家族としてお付き合いのあった元同僚たちと、
昨日は地元でのランチ会に参加していました。

NYに来てすぐに旦那クンがお世話になった
元先輩同僚たちでもあり、今回帰国する本人も、
実はその職場はすでにやめて帰国していたんですが、

某大手に入って再び欧州の国に出ていたところ、
その数年後にまたもやアメリカ某州の勤務となって
こちらに戻り、ここ数年は彼のNY出張があるたびに、
当時のメンバーでもたまにご飯をしていました。

そこまでご縁が続くこともまた不思議で、
今はそれぞれに仕事をしている他の元同僚たちも
将来にはまた合流しそうな気配がちらほら見えたりもして、

旦那クンからつながる彼らもまた、
いつかの時代にも一緒にいたんだろうなぁ♪
なんて思うことが、よくあったんですよね (・ω・)

事実、今では私のほうが交流があり、
ふたりでもご飯しに行くあの年下のやんちゃな友人も、
実はここでの元同僚でもあるんですよ。。(笑)

しかも彼女のところとわが家は夫婦の相性というか、
四柱推命などで見た場合のその組み合わせも
まったく同じなんですよ (


その流れがここでまたひと区切りつくわけですが、、

これってひとつの転換期でもある
夏至前だからなんでしょうかね。。(笑)



こちらは乳酸キャベツ。 紫キャベツで作ったザワークラウトです。
、 、 、 IMG_0308.jpg



そんな先日は、シンクロ友人が
八ヶ岳でのイベントに参加した際に、

呼ばれるようにして
天女山にも寄ってきていたのですが、、

なんとさっそくその翌日に、
彼女は転職したばかりの会社で、
放置されぎみだった神棚を整える
お手伝いに任命されて、部長さんと
一緒にきれいにしていたそうなんです

しかも面白いことに、

その日は本社に行くはずだった部長さんは
うっかりして支社のほうに、

そしてその支社に出るはずだった別の上司は
なぜか間違えて本社のほうに行ってしまったそうで、、

それを見ながらシンクロ友人、
その神棚を整頓することになっていたのは、
この部長さんのほうだったのかぁ、と思ったそう 。。


コンサルタント業をされていた故・船井先生だけでなく
同じく個人の家の奥まで入っていく職業である父も、

その会社や家にある神棚や仏壇の様子を見ると、
そこの繁盛具合や生き方の姿勢みたいなものも
わかるんだよ、とよく話してくれていたのですが、

シンクロ友人もまた、
その支社の神棚が気になっていたそうで、

それが彼女が天女山に行った翌日、
なぜか急に部長さんからお声がかかり、

何年も入れられたままにされていたというお札を
袋から出してと指示があったそうで、

彼女がそれを袋から出してきちんと神棚に置き直し、
部長さんが買ってきたお神酒や榊、お米や塩、お水などを
きちんと供え、それが終わると助手として手伝った彼女と
ふたりで蝋燭に火を灯してお参りしたそうなんです(笑)

シンクロ友人的には、
何かエネルギー的な調整が入ったのを感じた、
不思議な出来事だったのだとか。。ヽ(^。^)ノ


旦那クンもなんですが、彼女もまた
場を一新するお役目を持つ人というか。。。

転職するとその先が急に移転することになるなど、
人事なども含め大きくガラッと職場の諸事情が
変わることが必ず起きるそうで、

エネルギーを切り替える場所でもある
天女山に呼ばれたり、夏至前ということも手伝ってか、
新たな流れを呼び込むための本領が、今週始めには
その勤務先でも遺憾なく発揮されていたみたいなんです。。








[ 2017/06/21 05:12 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)