青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

妖精の旅立ち ♡


ひとりの妖精が旅立ちました。


まばゆい光がサンサンと降りそそぐ、

そんな西海岸の明るい街で。。


その妖精は

まるで少女のようでもあり、

最期までそのホンワリ感を失わずに

フンワリと旅立っていきました。



、 、 、 kimi2.jpg



たくさんの友人知人たちの手によって

個展が開かれていた

あの友人です。


やわらかではあるけれど、

自分流もしっかりあった彼女。


闘病においても

最期までその自分流を貫いた気がします。


日本の家族との縁が薄かった彼女・Kちゃん。

一番身近な友人たちでライングループを作り、

色々な確認のためにも

ほぼ毎日

ロスとNYでやりとりしていたこの3~4年。


本人はもとより、

応援している私たちでさえ

時には精神的にしんどくなることが

何度もありました。。


その様子を見るたびに、

星読み舞姫ちゃんは

家族ご縁の友人たちだよね、、

と。



kimi3.jpg



世界最大のピラミッドと言われる

不思議な皆神山をわが庭として成長し、

そして「守屋君」という

年下の男の子に導かれるようにして

アメリカに渡ってきたKちゃん。


スサノオのことがよく出てくる私には

そこにもちょっとご縁を感じていたんですよね。




人には寿命があることを

母が亡くなった時に理解しましたが、


やれることをやりつつも、

彼女があちらに戻ると予定しているなら

何をしてもその時には行くのだろう、、

とはずっと思っていました。


どうやら彼女は、

決めてきていたようでした。。


どうやってもあちらに行くようなことがたびたび起こり、

最期はまるで見計らっていたかのように

すべてがガチっとはまるこの時期に、

旅立っていきました。



ロスでは

最期を見守るような方たちが

暮ごろから数人現れていて

とても親身になって

Kちゃんのお世話をしてくれていました。


よくここまで!というほどに、

それは深く頭を下げずにはいられないほどの

家族や友人以上のものすごく手厚いケアでした。



最期の日はロスでもNYでも

Kちゃんを見守ってきたすべての人が何かを感じ取り、

私たちもフェイスタイムを使って、

最期の言葉を交わすことができていました。


ここ最近の口癖は

ありがとうね~

だったKちゃん。


息を引き取る際の言葉も

やっぱり

ありがとう

だったそうなんです。。




その柔らかな人柄から

本当にたくさんの人に囲まれていたKちゃん。


この週末のNYでは、

彼女を偲ぶ集まりもあったほどでした。。



私も彼女のこと大好きだったなあ~。

心置きなくお茶できる良い友達ができたな~♪

と思った矢先での、

ロスへの仕事がらみでの引っ越し。


闘病途中に2度ほどこちらに遊びに来たKちゃんは

わが家にも何日か泊まっていったんですが、

彼女とのおしゃべりは本当に楽しくて

気づけばたくさん笑っていました。



最期にフェイスタイムをつないでくれたのは

KちゃんのNY時代からの元同僚女性で、

おととしママさんになったばかりの

私も何度か会ったことのある子でしたが、

その彼女は不安になるとよくKちゃんに話を

聞いてもらっていたそうで、

大好き~♪

と、Kちゃん本人にも

よく言っていたそうなんです。。



ようやく暖かくなってきたNY。

Kちゃんが愛した街。


ここ数日は何をしていても、

ふと思い出してばかりです。。


まるで妖精みたいだったKちゃん。


今もそこかしこにフンワリといる気がします。



残して行ってくれた たくさんの絵。


これからもそれらを見るたびに

ワクワクしながら描いていたKちゃんに

つながることができるような気がしています。



Kちゃん、

私と出会ってくれて

ありがとう。。







スポンサーサイト
[ 2018/04/24 05:45 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

そちら発信


真冬に突如生まれた夏

摂氏26度にもなった先週のある日、
なんと夏ワンピでマンハッタンに
出かけてきました

週中だったにもかかわらず、
どのレストランもテラス席が
夜遅くまで大賑わい ♪


ちょっと久しぶりに
星の舞姫ちゃんとも
お茶を楽しみました

お互いに起きていることを話しながら
星の流れを確認することにもなって、
これがいつも本当に面白いんですよ。



カフェラテと抹茶ラテ。 マッチャは今やNYCでも大人気です。
らぱん2



先日手作りしたアイシングクッキー。

手土産に渡したら
これおいしいねっ!
と喜んでくれて、

なんと舞姫ちゃん、カフェラテを
おごってくれちゃいました


残りふたつは一緒に学んだ友人たちへ。

今日は女子会には向いてる星だよ~

の舞姫ちゃんの言葉通り、

夜にご飯した彼女たちとも
おしゃべりがはずみにはずんで
お腹をかかえていっぱい笑う晩に!!

仕事がありすぎるから
リフレッシュさせて~!!


と現れた友人、
帰りにはニコニコでしたよ(笑)



マイアイシング6



昨日シンクロ友人にも
話していたことなんですが、

これって結構あるよね?

と。。


子宮はるちゃんの
最新記事内にあった、

はるちゃんの旦那さまで
神社系に詳しいリュウ博士の

この記事。


秘技!「呪い返し」の術!


あまりにズバリでわかりやすくて。。


私もこれ、

同じように
思っていたんですよ。


なので、

やっぱりそうか!!

でした (・∀・)


こういう力があると
大変でもあるんだろう
とは思うんですよ。

でも、、

ほんと色々言ってきますよね。

そうなるとこちらも

正直やっぱり怖いとか、
イヤな気がしたこともあって。。


だけど、

私も自分のことなら
ある程度はわかるし

スピリチュアル歴も
かなりになってきたからなのか

意外と響かないというか、

イヤそれは違うな~
と感じることも結構あって。。


で、

それって
そちら発信の
ものなんじゃ?!?

って、

やっぱり感じるように
なっていったんですよ。


シンクロ友人いわく、

この「脅し」は

一般社会でも
結構あるよね、

とも。。







[ 2018/02/27 09:09 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

食センサー☆


翌朝のお腹がさらにスムーズになるので、
わが家は夜にサラダを食べることが多いです。

旦那クンにも友人にも
評判が良いこのサラダ

具はその時々で少し変わるけれど、
これはトマトやレタス、アボカドにりんご、
それから専門店でカットしてもらう新鮮なハムに、

岩塩やビネガーにオリーブオイル、
メープルシロップにガーリックパウダー
などであえたもの。

お気に入りのものばかりを使っているのが、
味の決め手になっている気がします。

特にビネガーは「これだけは譲れない!」
というほど大好きなこだわりを使っているので、
これを入れるだけでもグンとおいしくなるんですよ ♪

まさに(私が)喜ぶサラダ (笑)

それで周りの人も喜んでくれるならラッキーです ヽ(^。^)ノ


IMG_2004.jpg


下は、ある日の旦那クンのお弁当☆

カニクリームコロッケは、できあえのものでチョンボ。

芽キャベツやニンジン、ソーセージなどを
クミンや塩麴、オリーブオイルでタジン鍋調理
したものと、それからヒジキ。 下段には雑穀米。


IMG_2007.jpg


幼少のころから病気がちな母を見てきたので、
食から体を整えることにも興味深々な人生です(笑)

自分に合ったものや量を摂っていると、
やっぱり心や体がさらに快適になるので、
探求せずにはいられないんですよね。

これは身近な旦那クンからしても
一緒の食事を摂っていると、その効果を
実際に感じることが多いので面白いみたいです


質の良いものを選ぶことと、
食べ過ぎない少食がポイントですが、
その内容は自由でほぼなんでも食べます。

そうした食を一緒にしているうちに、
いつの間にか彼まで食のセンサーが鋭敏になり、
外食などでも化学的なものは味覚でわかるので
自然とよけるようになったそうなんです。

出張先などで同僚との外食などが増える時などでも
自分なりに何をどれぐらい飲んだり食べたりしても大丈夫
なのかなどをスッと判断してコントロールできるので、

出張しても体調が乱れたりすることなどが
だいぶなくなってきているんですよ


先週、シンクロ友人が舌がしびれる感じがして
これは危険!と、職場で飲まずに捨てた粉末飲料。

それを誰かが拾って飲んでいたようだ、、、

というのをきっかけに、久々にまた
人工甘味料や化学調味料の話になっていました。

添加物で舌がしびれる、、という人は実際多いようです。

スナック菓子を食べてこなかった世代のおばあちゃんなどでは、
そうしたものを食べると舌がおかしくなるのを感じる、、、
とおっしゃるのを聞いたこともあります。

私はアイスやジュースなどを摂った晩には寝ていると
腕や指先の血流が止まりやすくなるんですよね。

これは人工甘味料が原因らしく、
もっと若い時には、特に夏場での
体調不良の原因にもなっていたみたいです。

家では気を付けていても、今でもたまにパーティーや
外食などで気づかずに摂ってしまうことがあります


シンクロ友人にも話していたところ、
朝方の手のあたり?のしびれの原因がわからずにいたのが、
彼女も化学的なものを摂らないようにしたらてきめんに
その現象が起きなくなったそうなんですよ。


今はこうした添加物の危険性を伝えるものが多いですが、
実際に化学的なものを摂らないようにしていくと、
身体のセンサーの感度は良くなっていきます。

そうなると知識からだけでなく、本能でも
危険な食材を自分でより分けていくことが
さらにできるようにもなっていくんですよ。

そして今はそういう人がとても増えているようです ヽ(^。^)ノ

シンクロ友人が送ってくれたブログ記事でも
そうした人たちで集まられていて、彼らの体に起きた
不快感なども、私たちが体験したものと同じものがありました。


人工甘味料にはゆるめなアメリカでも、MSG(アミノ酸等)使用を
消費者が嫌がる傾向は強いので、日本のメーカーさんでも
こちらで売る時にはMSGを入れてないものがあるんです。

そうした製品はありがたいなあ♪と利用していたら、
日本でもそうした製品が増えてきているみたいですね。

化学調味料を使わない製品が徐々に増えているのを
この数年感じてはいましたが、

ここ最近はこちらの日系スーパーでも
そうしたものが日本からよく入るようになり、
棚を見るたびにニンマリしています。。


シンクロ友人、
体に不快な反応が出なかったアイスの
原料記載を見たら、普通の砂糖の使用だったと。

そうなんですよね、、

前にもチラと書きましたが、
昔ながらの素材で作るアイスクリーム
などだと、私も大丈夫なんですよ。

最近は糖分でも摂ったほうが
実は体が整うものもあると言われてますが、
それはやはりミネラルを含むような自然なものなんです。


渡米したてのころに英語学校で仲良くなった
韓国人の看護師の友人が

りんご、これは使っちゃダメよ。

とカフェで言いながら、
いつくもの種類の砂糖袋がある中から
色付きのある袋のものをサっと抜き出して、

それを摂ると体がどんな風になるのかなど
その理由を話してくれたことがありました。

やはりそれは人工甘味料の一種。


船井幸雄さんと交流があった20代のころ、
先生もよく人工甘味料の話をされてたんですよね。

普通の砂糖などのほうがよっぽど良いんだよ

と。。

ほんとに身をもって納得です








[ 2017/12/06 08:11 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

ハートに埋もれる♡


この家の敷地にいる虫は
大きくて元気な子がほんと多い。。

夏場はちょっと扉やガレージを開けておくと、
その活きの良いのが入ってきて

ギャーーー

なんて大変です。


この夏まで住んでいたエリアより、
住宅だって車だってずっと多いはずなのに

勝手口をあけると野うさぎが
白いまあるいお尻をピョンピョン
上下にはずませて裏庭の木陰に隠れたり

何より驚くのがリスで、、、

すばしっこい彼らなのに、
かなり近くまで寄っても逃げずに、

気づくといつも玄関やデッキにいて、
水を飲んだりこちらをのぞいていたり
そのくつろぎ具合がハンパない。。 (

この2か月ほどリノベーション作業を
しに来てくれている方も、

こんなに警戒しないのも珍しいですよ!
ここは無防備になれる所なのかもしれませんね~(^^)


と、いつも言われるんですよ。


写真はモフモフした動物が好きなシンクロ友人に
送ろうと奥の子を動画撮影していたら、手前から
別の子がしっぽをフリフリさせて出てきたところ(笑)


、 、 、 、 IMG_21970.png


今回のリノベーションでは、
こちらのストレージショップでも扱っている
アイリスオーヤマのプラスチックボックスや
ちょっとした引き出しが、クローゼットで大活躍!

すっきり片付いて気持ち良い

シンクロ友人にも写真などで
ビフォアー & アフターを報告するうちに、

彼女のお部屋を整えたい魂にも火がついてしまったようで、、

お引っ越しするんですか?
みたいなお掃除が始まったそう。。(笑)


食を整える話は何年も前から
彼女とはずっとしてきているんですが、

このところは住まいを整える ♪
ことに少し重きが置かれている感じです。


そんな中、

彼女は視えるお友達に
ちょっと会っていたそうで。。

そしたら今回はじめて

すっぽり埋まるような感じで、
身体をハートが包んでいるのが視える


と言われたそうなんですよ ヽ(^。^)ノ


その視えるお友達いわく、

それはシンクロ友人が自分を裁くことなく、
心地よさを追求する姿勢があるから。

なんだそうで、、、

そしてその言葉を受けて
シンクロ友人は

部屋や食を整えることが引き寄せるんじゃなくて、
きっと、整って気持ち良い!という気持ちの波動が
そうしたものも引き寄せるんだろうなあ

と思ったと。。


彼女とは食や住まいだけでなく、
人間関係などでも今までとはちょっと違う
工夫や体験などもよく話し合ったりしているんですが、

最近は的を射た本当の波動のあげ方やそのコツ
などについて頻繁に報告しあっているんですよ。

その答えのひとつが、
やはり自分の心地よさの追求

自分が自分をどう扱うか?

これはとても大切なポイントなんですよね。


彼女とはよくシンクロするだけに、
今回のハートに埋もれている、、は

私もそうだったらいいなぁ~♪

なんて思いながら読んだ
先日の彼女とのやりとりでした








[ 2017/11/29 11:50 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

イヤを見て好きを知る♪


日々のシンクロ友人とのやりとり。

お互いの体験なども交えながら
さまざまなことを話しているんですが、

私たちにとってはより自分を理解したり
大切な何かに気づくきっかけになることも多く、
まるで一種のワークのようにさえ感じます

そうしたものを記事にするだけでも
かなり面白そうで、、

そうしたことで
「友人との会話から」
カテゴリーもできたわけなんですが、

最近よく話していたのが

イヤを見て好きを知る

ということ。

これはハッピーちゃんもよく話していることで、
望まない現実が起きた時にこそ、自分の本当
の望みや・好みを知る良いチャンスになる ♪
というものなんです。


この2年ほどは、それぞれに転職と
お家探しに焦点があたっていた私たち。

起きている物事の内容は違えど、
そこはやはり双子だったことも何度か
あるほどにシンクロしている者同士。

面白いことに物事が展開してくるタイミングや、
そこから掴み取ることが同じという流れ。

私の場合、この2年にわたる家探しでは
自分の求める家が時にはまったくわからなくなり

わがままはダメだ。
妥協しなくては見つからないかも。
イヤなところはリノベーションすれば良いんだし、、、

なんて無理やり感情を丸め込んでみたりもして、
あまり好みでもない家を改装したところを
頑張って想像しながら見てみたりと、

かなり右往左往した時もあったんですが、
最後のほうでは中途半端に好みの家をオファーしたら、
人気物件ということで Highest and best(一番良い価格と
条件を提示した人が競り落とせる)になったものの、

その値段提示に本気が出せなくて(競り落としたくないから)、
だけどそれがきっかけで、自分が本当に住みたいと思う家や
譲れないポイントなどがハッキリとわかることにもなりました。

私は家の中だけでなく、
周囲の家との距離もほどよく取れて、
木などもホッとする良い感じにあることが
重要であることなどに改めて気づいたんです。

これにはエネルギー的な理由もあるんですが、
だけどそうなると土地の広めなアメリカでも、
窓を開けたらすぐにお隣さんの窓があったり

バックヤードにはある程度の広さや木があったとしても、
その庭を見下ろすようにして何軒ものお家の窓が
こちらに面していたり、、

なんてことも意外と多く、候補になる家が
希望のエリアにはほとんどなくなって
しまっていたんですよね。

家の中は良いけど 外がどうもイマイチ。。

家の外が最高なのに 中は好きになれない。。

だけどそれでも自分が本当に求めるものが定まると
探すのは意外と楽になった感じもあり、

そしてまもなくして出会ったこの家は
家の中の感じも、そして外の環境も
見事に私の好みのものだったんです♪

週末に遊びに来た友人のひとりが、

前の借家もこの家も、なんか似ているな~(家の雰囲気や
庭木のあり方などが)と思ったよ。〇〇ちゃん(私の本名)
の好きなポイントが同じなんだろうね~


と。。

身近な第3者のほうが
わかりやすいのかもしれません (笑)

人には「好き」や「心地よい」の傾向があるので、
家でも職でもなんでも、それをガッチリ掴むと
やはり俄然 進みやすくなるようです (^^)



写真では難しいけれど、このキッチンから見える夕暮れが好きです ♡
、 、 、 、 IMG_1172.jpg



シンクロ友人が今の会社に転職して、
そこで望まぬ事態がいくつも起きてから
やがてハッキリと見えてきたのは、

本当に自分が夢中になれる、
好きな仕事とはどんなものであったか、、

ということだったそうなんです。

彼女は転職先で
性に合わない事務職に
久しぶりに配属されたことで、

長年やりがいをとても感じていた
「営業職」寄りの仕事が自分には
向いていたことに気づいたそうなんです。


そしてもう一つが会社の体質。

見るからに体に悪そうだと彼女が
使えずにいた会社の湯沸かしポット。

それは内側のコーティングが剥げて
ボロボロ落ちてきている状態で、リクエストしても
そんなポット1つでさえ社員の体のことを考えて
買いかえてはくれなかったそうで、

それを聞いた私が、そういえば日本の番組で
内側のコーティングがはがれて銅がむき出しになった水筒に、
酸の強いスポーツ飲料を入れたためにその銅が溶け出し、
それを知らずに飲んだ子供たちが倒れたというのを
最近やっていた、、、と話したところ、

なんとその翌日にそのポットが急に壊れて
買いかえることになったと。。

OMG !!Σ(・ω・ノ)ノ!!

彼女は驚くと同時に、
そうした体質への苛立ちと、
自分のやりたい職種が何だったのかに
ハッキリと気づかされたそうなんです。

社員の命を脅かすかもしれないビルの構造上の問題
などもあり、市からも指摘されていたにもかかわらず
会社はまったく対処していなかったそうで、、

最後のきっかけとなったのが
このポット事件だったわけなんです


そんな彼女は先日、松丸さんという
建築士であり、元ミュージシャンでもあり、
そして実は陰陽師でもあるという方の
セッションを受けに行っていました。

彼は少し前にハッピーちゃんの番組内で
量子力学の観点からのお話もされていましたが、
江原さんも本物と認められているなかなかのお方。

面白かったのが、会社をディズニーランドの
アトラクションに例え、面白いと思って乗ったけど
めちゃくちゃつまらなかった!以上、終わり!!
で良いだけの話なんだとおっしゃったそうで。。(爆)

実は結婚やパートナーなんていうのも、
このアトラクションに乗る時に誰と隣に座ろうか
レベルの話なんですよ。。とおっしゃったそう (

つまんなかった!じゃあ降りて
次のアトラクションに乗ればいい。


この会社は、どのアトラクションがつまんないかが
わかる経験をしただけで、間違いでも何でもないよね?

と解説してくれたそうなんです ヽ(^。^)ノ

シンクロ友人にとっては、2つ前の企業での
仕事内容がとても面白かったそうで、夢中になって
やれるものだったので苦労とも思わなかったのだとか。。

本来の自分のエネルギーを使って仕事をしていたので、
それがお給料にも跳ね返ってきて、こんなに?
と感じるほどもらってもいたそうなんです。

お金もエネルギーなので高いエネルギーを
注ぎ込めた分、入ってくるお金もまた高かった
ということなんでしょうね


自分に合う仕事・合わない仕事を、
うまい・まずいでも表現されたそうで、

過去に知らずにあまりにうまいものを食べれていたので、
自分の好きではないまずいもの(仕事)がどんなもの
であるのかさえもわかってはいなかったと、、

だから今回の会社という経験を通して、
本当に自分がうまい!と感じるものを
探せば良いだけのことなんだそうです(笑)


シンクロ友人を可愛がったある視える方は生前、
彼女が勤め上げるだろう会社のことを話していたそうですが、
だけどそれはどうもこの会社とは様子が違ったようなんです。

その会社に彼女が無事にたどり着くためにも、
まずは望まない職種や体質の会社を見てから、
最後に本当に彼女が望むものや好きなものに
気づくようになっていたのかもしれません。

なんて、このところは話していたんですが、
そうなると、、、やっぱり起きてくることの
すべてには無駄がないみたいですね







[ 2017/09/26 11:17 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)