青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

体内調整♪


日曜からサマータイムで、
時計の針が1時間進みました!

なので夜はいつもの寝る時間になっても
体はそれまでのリズムのままなので、
まったく眠くならず、、、

目が こんなでした(笑)


このアーモンド ミルク ヨーグルト、食べやすくておいしいんですよ♪

アーモンドヨ2



この3月はエネルギーがかなり強く、
15日あたりがそのピークになるみたいですね。。

だからなのか人生ドラマを通して、
今までわからなかったり気づかなかったことや
さまざまな謎などへのヒントがたくさんやってきています。


そんな中でこのところ
注視していることが2~3コあって、

そのひとつは

体をより良く使う方法を
さらに知ること というか。。

それは食からの栄養面であったり、
体の動かし方などだったりするんですが、

あ~、なるほど!

こうやるといいのかぁ~!

的な感じのことを探求したり
確認する時間を持つことが多く、
改めてその楽しさにひたっています ヽ(^▽^)丿


母が病気がちだったからなのか、、

それとも生まれ持った私の星が
そうした分野を得意とするからなのか、、

それは今や仕事としても生かされているんですが、
その尽きない興味にまた突き動かされています♪



下は先日書いた
花粉症話題のレターです。

今日の記事はそれをもとに
ブログ用にしてお送りしますね


ーーーーーーーー
体内酸化を抑えるもの
ーーーーーーーーーー


目や鼻がムズムズしてませんか?

昔は寄生虫に対応していた、
というある抗体。

時代が進み寄生虫がいなくなっても、
その抗体を作る能力がそのままだった場合、

今度は寄生虫の代わりに、
ハウスダストや花粉を「敵!」
とみなして攻撃。

それが体内に炎症物質を放出させ、
花粉症として現れることにも。。


そのほかにもアレルギーを起こすものには
体質や食生活、環境や心因的なものなど
さまざまな理由があるのでしょうが、

そこに発生してくる活性酸素の害であることは
どうも共通していそうです。

それを抑えるものとして
抗ヒスタミン剤がありますが、

これと同じ働きをするもので
栄養から摂れるのが

ビタミンC なんです♪


イチゴなどに多いビタミンC。
(私が仕事で扱っているある会社のもの)には、
たった一袋にイチゴ2パック分ものCが含まれています。

そして血液を掃除する〇〇ジュースに含まれる、
国宝級の果実のシリにも豊富なビタミンC が!

※どちらも世界的なサプリを作る老舗会社のものですが、
欧米では医師やアスリートの愛用者も多いものです。


このビタミンCを
Eなどと大量に摂る

メガビタミン療法

というのがあるんですが、
これがなかなか良かったんです ♪

活性酸素の害から体を守って
強力に酸化させにくくするため、
風邪だけでなく、ガンなどでも寄せ
つけにくくすると言われているものです。


これは以前にもブログで記事にしていますが、

闘病する母に付き合って
私も高校生のころビタミンCとEを中心に
その摂取量を増やしてみたところ、

風邪をひきにくく

精神面はタフに

そして皮膚の代謝までUPしたんです!!(

日焼け後の肌の戻りが
ピチピチな高校生の肌でさえ、
さらに早くきれいになったことに驚愕。


ビタミンの吸収度合は人により
千差万別なんですが、

それでもこのメガビタミン療法は、
今も世界で支持されているものなんですよ。


高校生の時のこの体験が、
私は今の仕事にもつながっています(^^)b


ちなみに放射能研究を進める科学者たちは
毎日ビタミン注射をしていたそうなんですが、
やはり活性酸素による酸化を強力に防いで、
体を守る力が高くなるからなんだそうです。



普通の栄養学より奥が深い
分子栄養学というのがあります。

栄養物質を受入れるのは、いうまでもなく私たちのからだ以外のものではありません。分子栄養学は、からだを分子レベルで考える栄養学のこと、と理解していただきたいと思います。

私たちのからだは、水分子もあります。タンパク分子もあります。リン脂質分子もあります。そういうものについての分子レベルで扱う科学も、昔からあったことで、いまさらとりたてるのはおかしなことです。分子栄養学の頭につけた分子は、そのような分子をさすものではありません。

分子生物学という新しい学問が誕生したのは1958年ですが、ここまで生体のことがわかってみれば、栄養学も書き換えられるベき運命にありました。分子栄養学とは、分子生物学によって書き換えられた栄養学という意味の命名なのです。

<三石巌 氏/分子栄養学の会報誌より一部抜粋 >



この分子栄養学の祖である故・三石巌さんも
メガビタミン主義の方でしたが、

花粉症などのアレルギーには
イチョウ葉エキスを挙げられています。

優れた抗アレルギー成分が
あるからなんですが、

フランスやドイツでは、
医師が患者に出す薬の中で、
このイチョウ葉エキスを成分にした
ものが今でもトップなんだそうです。


私の扱っている会社にも、
イチョウ葉エキスがあるんですが、

それは濃度が「27」もある
世界でも最高質のものなんですよ。

20でもかなり高額なものが出回っている業界で
これはかなり驚かれる数字なんだそうで、

誰とも組まないことで知られる、
イチョウ葉の研究では世界的な
日本の博士と出したものなんです。


そして花粉症などの
アレルギー体質改善に
とても向いている霊芝(れいし)。

霊芝全体をただ砕いて
粉末にしてあるだけのものが多い中、

とても硬い胞子の殻までくだくける
巧みな技術も開発したことで、

そこに含まれる高い有効成分もきちんと
抽出することができた珍しいものもあるんです。

これは本場の中国の専門家たちが
チームを組んで開発したものなんですが、
アレルギーの方には特に良いかもしれません。

こちらも同じ会社のものなんですが、
世界的なサプリを作り続けているだけあり
本当に質がとても良いものなんですよ。


ここのサプリを使って
多くの方を指導されている
医師の方がいらっしゃるんですが、

年配の男性にも関わらず、
赤ちゃんのように美しいピンク色の肌と
若々しいお声と 心の持ち主なんですよね (・∀・)

ちょっと憧れてしまうほどです。。(笑)

この方も、先の分子栄養学の三石先生などを
とても参考にされていらっしゃるんですよ。


わが家もここのサプリを使っているですが、
旦那クンも私も(実家の家族やシンクロ友人も)
やはり体が快適になるのがよくわかるんですよね

一時帰国すると同級生たちにも、
アメリカにいるのに体型が変わらないことや
その肌ツヤの良さを指摘されたりするんですが、

彼女たちからすると、
とても不思議なんだそうですよ。。(笑)


食からだけでは追いつかないものがあることを
高校生のころに身をもって体験したことで、

体には特に何が必要なのか、、、

ということに注目できたことは
本当によかったです




※ ご質問などがありましたら、
右のメールフォームからいつでもどうぞ。




スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 美容と健康

[ 2018/03/14 05:08 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

宇宙整形☆


お気に入りの魚介のスープが飲みたくなって、
ふらりとまた行ってきました ♪


IMG_22444.jpg


ダシをきちんと取らないスープも少なくないアメリカ。

だけどこれは、
魚介のうま味が凝縮されてて
めちゃめちゃおいしいんですよ

具だくさんで、しっかり飲んだ(食べた)気がします ♪



こちらはある日の夕暮れ時に
ぼんやりと見ていた家の窓からの景色。

葉の落ちた後の細かな枝が、
まるで毛細血管のようにも見えて。。


、 、 IMG_22449.jpg



このところ

ハッピーちゃんや子宮はるちゃんの
ライブが人気です ♪

ほんと面白いですもんね ヽ(^。^)ノ

私の周りでも見ている友人が結構います 。


昨夜は、

龍博士とはるちゃん夫婦の
神社やお金の話。

そして今朝は、

ゆりんちゃんとハッピーちゃんが話す
宇宙整形に関するもの。

こちらの夜明けとかにやっていることが多いので、
私は録画されたものを見ることが多いです。

今朝も大好きなカフェラテを飲みながら
ふたりのおしゃべりを楽しみました ♪


ハッピーちゃんがブログやインスタにも
写真をアップしてましたが、

たった3年ぐらい前のものでは
エラも張っていたというハッピーちゃん。

それが読者さんからのひとことで、
自分の顔の変化にびっくりしたのだと。。

今の写真はあごがスッキリしているんですよね


エラは削らなくても無くなります
・ ・ 4歳の息子くんが、私のことLive配信の声で存在を識別してくれるぐらいらしいのに3年前の写真では気づいてもらえなかったらしいw 読者さんが報告くれたのでアップしてみました笑。
・ ・ 自分への嘘を無くすのがこの世で1番の美容法💕これぞ宇宙整形!(*´∇`*) ・ ・ 肌、髪質、輪郭、目の輝き、顔のむくみ。生き方変えたら全部変わりました。 ・ ・ 魂にこびりついた垢を取り払って、元に戻ろう。みんなで垢抜けよう。
<happyちゃんインスタ記事から>




奥歯をかみしめるようにして
言いたいことを飲み込んでばかり、、

なんていうのもエラを作ったり
しやすくなるんですね。。

できるだけ

想いの吐き出しをするようにしたり、
自分なりの表現方法などを見つけて行くと
エラなどもじょじょに取れていくそうですよ。


数年前の顔つきは
波動的にも重かったそうで、

それも今は軽やかになったと。。

それはハッピーちゃんだけでなく、
実践をしているゆりんちゃんも同じだそう。

ゆりんちゃんの宇宙整形の体験談は特に多いけれど、
肌がきれいになるだけでなく目も大きく(ふたえ?)になったとか。。

芸能人などでもデビューからしばらくすると
普通の女の子がどんどんきれいになったりしますが、

自己を認める意識の高まりなどに伴う外見の変化
というのも、本当に面白いですよね (・∀・)

顔つきというのは、
その時の意識や健康状態などによっても
さまざまに変化していくものですが、

本来の自分に戻るほどに、
時には顔の形さえ変えてしまうほどなんですね。。

ハッピーちゃんもゆりんちゃんも
昨年の3月のNYで実際を見ていて、
その時だって十分にかわいかったけれど、

さらに余計な思考やエネルギーが
そぎ落とされているのか、その時からでさえ
もっと垢抜けているような気がします(^^)



面白かったのが食べる量の話。

これは私も普段から気を付けて見ていることなので
余計に話が入ってきたのかもしれませんが、

普段から

本当に自分のやりたいことか?
本当に自分に必要なことや物か?

ということなどを自分に問いかけているハッピーちゃん。

それを食べる時などにも
よくチェックするようにしているそうで、

アイスだったかソフトクリームだったかを
食べていて、最後の一口がもう入らない!
と感じて、たろべーさんに渡したと。。(爆)

私も最後のひとくちが食べれずに
旦那クンに渡すことがあるので笑えたんですが、

その最後のひと口ふた口を無理して
自分のお腹に入れるか入れないか、、

そんな量のものでさえ積もり積もっていったら、
体にはどれだけ余計なものが付くか?

と。。


作るのも食べることも大好きなゆりんちゃんも
いっとき特にそれをやってみたことがあるそうで、

息子ちゃんと娘ちゃんのいる30代半ばの主婦でもある
ゆりんちゃんにとってそれは、そうでない人たちよりは
ちょっと難しいチャレンジでもあったそうなんですが、

それまでだったら、もったいないと我慢して
食べてしまっていた家族の食べ残しや、

自分は食べたくないけれど
家族が食べている時だからと無理に
合わせて食べていたのをやめていったら

なんと

きれいに8㎏も落ちたそうなんですよ。。

もともと細身のゆりんちゃんだけど、
ライブに映る姿は確かにいつもスリムで
2人のお子ちゃまがいるママには見えないな~
と、よく思ってたんですよね (・∀・)


私たちの体は食べたものでかなりができているので、
惰性で食べていた分を取り入れなくなるだけでも

余分なお肉や老廃物などだけでなく、
それに伴う余計な思考エネルギーなども
身につけずに済むわけなんですよね。

そうしたことを日々丁寧に実践して
結果も出しているふたり。。


そんな記事を書いている今日は、
私にとっては週一の食べない日 ヽ(^。^)ノ

いつもその日から2日後ぐらいまでは
軽やかさを感じて気持ちが良いのですが、

食べる日などにも、

惰性で食べていないか?
本当に食べたいものか?
気持ちよく感じる量か?

などをもっと見て行こうと思えたんですよ。



そういえば、
私も子供の頃はひとえだったんですよね。

20代ごろに自分で絆創膏をカットして瞼に貼って
1か月ぐらいで二重にしていきました。

ところが、右側はなかなかならなかったんですよね。

だけどその後も、ふたえになると良いなあ~♪
と強く思い続けていたら

その頃はあまりテーピングをしていなかったのに、
半年遅れぐらいで右側もしっかりと二重に!ヽ(^。^)ノ

それ以来、ずっとふたえは保たれています。

年も重ねた分、多少は自己を認めるなどの
意識の変化も伴ってはいると思うんですけどね。。(笑)


今の私なら、
もう少し鼻の付け根から高くしたいとか、
あご周りの輪郭をもっとスッキリさせたい、
なんていうのもありますが、、

思考やエネルギーの使い方などを
意識的にもっと変化させていくことでも、
さらに一段上の顔を目指してみたいと思います



そんなここ最近は、

どんなささいなことでも良いから、
新しいことを初めてみたい
と、ウズウズしています。

本当に何でも良いんですよね。

今までずっとやってきたことの形を変えたり、
新しいことにトライしてみることなども考えているんですが、

それにはまず、

いつもとは違う料理をしてみたり、

いつもは見ない番組を見てみたり、

いつもとは違う時間に出かけてみたり、

いつもは通らない道を通ってみたり、

なんて感じに、

とにかくいつもとは違うことなどを
ちょこちょこやってみることから
初めてみようかな、、

なんて思っているんですよ (^^)


本格的な新年が始まる2月3月に向けて、
まずはそのあたりからになりそうです♪








ジャンル : 心と身体
テーマ : 心の持ち方

[ 2018/01/16 07:48 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

鉄と爪と私♪


先週末、天宮玲桜さんが
またNYにいらっしゃってました。

ハッピーちゃんたちとので 3月だったかに
中華家さんの最初のテーブルで
ちょこっとご一緒して以来。

九州は大分の出身の方のはずなのに、
まるで関西のような楽しい語り口で
講演会場は笑いっぱなし。。

とても面白かったです ヽ(^。^)ノ



帰りに寄ったごはん屋さんのいちごムースが、なかなか So Goooood♪
、 、 IMG_22207.jpg



今日の記事はつい先日、
他で書いたものをブログ用にしたものです。


参考にしたのは、このご本♪

→うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

、 、 utsu panic


気分が落ち込む、やる気が出ない、
イライラ、息苦しさ、動悸、
めまいやふらつき、倦怠感、
朝起きられない、冷え性、頭痛……

地球上で最も重要な元素(鉄=Fe)の不足が、
「エネルギー不足」と「ストレスへの脆弱性」を引き起こす!


◎内容
あなたの不調は、「鉄・タンパク不足」の症状かもしれない。
日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、
諸外国と比べても日本人の鉄不足は深刻だ。

しかし普通の検査では見逃されてしまい、
また日本では鉄不足への認識が甘いため、
多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。

著者は近年、うつ病やパニック障害の患者に
「高タンパク・低糖質食+鉄剤」療法を取り入れたところ、
精神科薬を脱し鉄剤投与のみとなり治療を終了(完治)
する患者を続出させている。

地球上で最も多く存在する元素、鉄(Fe)。
最初の生物、シアノバクテリアをはじめ
植物も動物も、鉄なしではエネルギー代謝を
維持できず、神経伝達物質やホルモンの合成も滞る。
多数の症例を交えながら、鉄・タンパク摂取の重要性を伝える。

<アマゾン紹介から>




ーーーーー

朝起きるのが辛くなる季節ですね^^

体が冷えやすいだけでなく、

イライラして悩みやすかったり、
めまいや立ちくらみ、
片頭痛や耳鳴り

って、ありませんか?

ほかにも

アザができやすい、
コラーゲン劣化 (シミやシワ)
足がムズムズする、
節々が痛い、
氷を多食する、

なんていうのもあるそうで、、

もしかするとある栄養成分が
足りていないかもしれません。


実はこれ、

日本女性の

かなりの人で足りてない



鉄分



と関係していることが
とても多いそうなんですよ。


生理のある女性なら
まず鉄分不足があると
みたほうが良いそうで、

出産後などは特に鉄分が
枯渇してしまうために、

疲れやすくなったり
気分も落ち込みやすく
なってしまうそうです。


生理が終わってくる世代では
毎月の出血から解放されるので
鉄分不足からも回復しやすくなるそうですが、

それでも

菜食主義の人や
お米などを多食する人、
マクロビオティックで玄米を多く摂る人

などには体内の鉄分不足が
よく見られるのだとか。。


この著者の方は

うつやパニックは「鉄」不足

だともおっしゃっていて、

そうした人たちは
フェリチン値というのが
とても低いそうなんです。


フェリチンとは、鉄を貯蔵できるタンパク質のことで、
フェリチン値が表すのは「体内にどれだけ鉄分が
ストックされているのか」ということです。
<本書から抜粋 >



日本女性はまずほとんどが
満足にこの数値がないそうで、

この数値が上がるほどに
精神的にも落ち着いてくる人
が少なくないんだそうです。

そして

鉄分不足の人はタンパク質不足

であることも多いそうです。


著者の方いわく、

注射で鉄分を入れるのは
一気に血液に鉄分が増えるので
あまりおすすめできないのだとか。。

それよりも

良質なサプリメントなどで
口から摂るほうが、安全に必要量を
摂取していくことができるそうなんです。

卵やお肉などからもタンパク質摂取をして
このフェリチン値が上がってくると、

その上昇とともに体も楽になり
気分も落ち込みにくくなるそうです。


鉄分を!というと、

じゃあレバーを食べる ♪

なんて思う方が結構いる気もするのですが、
(わが母がそうだったので、、笑)

よほど飼育状態の良い上質のものでないと、
今どきの動物たちの肝臓には環境毒などが
ほかの部位よりも多くたまっているので、

むしろ避けたほうが良いと
おっしゃる方も少なくないんですよね。。


それからこの鉄分、

体に吸収しやすいものと、
そうではないものがあるんですよ。

植物に含まれる鉄分は吸収されにくく、
動物性からのもののほうが私たちの
体には吸収されやすいんです。

このあたりは私も仕事柄よく知っているので、
人に伝えたり、自身でも工夫をしているところなんです。


そんな中、

ちょと面白いことがあったのですが、、

あまり肉や卵などを摂ってこなかった私が
質をきちんと選びながらそうしたものも摂り、

そして トップアスリートや医師たちにも
愛用者の多い、匠な技で作られているあの会社の
質の良いサプリを上手にサポートとして使っていたところ、

なんとここ数年ぐらいで、
あるものが変化していたんですよ。


それは


爪(つめ)


なんですが、、

鉄分やビタミンB群が不足すると
爪に縦線が入りやすくなるとも言われ、

老化でなると言う方もいますが、
常に貧血傾向にあった私は若い頃から
実は爪にこの縦線がとても多かったんです。

それが食とサプリの両方から
しっかりケアしていくうちに

いつの間にかこの縦線の溝が浅くなり、、
前よりずっとなめらかになっていたんです ヽ(^。^)ノ

そのなめらかさが心地よくて、
しょっちゅう指先で爪を
触ってしまうほどで。。(笑)

長年ザラザラだった爪が
今ではスルスルなんですよ (≧◇≦)

心なしか爪自体も固く
しっかりしてきた感じです。


こうした体験をするたびに、
心も体も絶妙に整えていく「栄養」という
そのエネルギーのすごさに驚かされます


仕事で分子栄養学の先生にお会いしたり
お話を聞くことが過去に何度かあったのですが、

この著者の方も、普通の栄養学ではなく、
やはりその分子栄養学の大切さを
伝えていらっしゃるそうなんです。








[ 2017/12/21 06:51 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

根源からのひとしずく♪


暖かめでいいね~♪

なんて思っていたら、
冬将軍は突然やってきて、

先週末は今シーズン初になる
まとまった雪が降りました。







葉は全部落ちてしまったけれど、
正面にお隣さんのモミの木があるので
ホリデーシーズンっぽさが出てなごみます



IMG_22090.jpg



週末、何度目かのうさと展とともに
ワンドロップという聖歌隊が訪れて
素敵な歌声を披露してくれていました♪


人の霊魂(たましい)の構造は


コン(魂)


ミタマ(御霊)


そして


根源からの一滴 (ひとしずく)


なんだそうで、

誰もが携えている
このワンドロップ(ひとしずく)



IMG_2138.jpg



清水浦安(千葉に住むからだとか。。笑)さんという男性。

中村天風(てんぷう)さんやヤマトヒメからの
メッセージが降りてくるようになり、

ある日

「愛にみたされた世界をつくるために
魂の喜びを奏でる生命の交響曲を作りなさい」

と、あったそう。。


さまざまな方の協力のもと その交響曲は出来上がり、
その第4楽章にあたるのが、このワンドロップ聖歌隊が
歌う合唱部分になっているそうなんです ♪

ちなみにメッセージを伝えてくる中村天風(てんぷう)さんは
松下幸之助さんや稲盛会長など、日本のそうそうたる
経営者たちに大きな影響を及ぼした方。

とても豪快な生き方をされた人物でもあり、
私も20代のころに、天風さんを広く紹介されていた
船井先生の影響などからその彼の生き方に憧れて
ご著書などをいくつも読んだことがあったのですが、

まさか時を経て、このNYで「今」また
そのお名前を聞くことになるとはで、
私にとっては懐かしさもありました (


その清水さんとともに作詞された愛宕さんという女性が
その交響曲が生まれた経緯を前でお話し下さったのですが、

このふたりの掛け合いがまるでプロの漫才師のごとく
見事に息が合っていて、しじゅう笑いながら聞くことに ヽ(^。^)ノ

そして説明の後には、日本からいらしていた
ワンドロップ聖歌隊がその心温まる歌を
披露してくれたのですが、

今年の8月6日に安芸の宮島でされた
奉納演奏でこの歌を聞いた水の写真では、

見事な結晶とともに真ん中あたりに
色もついたものが撮れたそうで、

水からの伝言の江本勝さんの息子さんも
「色がつくのは珍しい」とおっしゃっていたそうなんですよ


そんな聖歌隊の方たちの衣装は、
真っ白な うさとのロングドレス

男性メンバーが少ないということもあり、
なんとこの日はうさぶろうさんも聖歌隊として
そのしぶい素敵な歌声も披露されたんですよ ヽ(^。^)ノ

うさぶろうさんのお隣には、NYで指揮者として活躍する
友人の旦那さんもこの晩ばかりはいつもの指揮者
としてではなく、コーラス隊として参加 ♪

いずれも、私にはちょっと貴重な光景でした(笑)



IMG_2137.jpg



そうそう昼前には、うさと展も楽しみましたよ

今回は下着や部屋着にもなるものを補充しようと
思ってたんですが、やわらかくて肌触りの良い
パンツスタイルにも合うものがありました (^^)

うさぶろうさんとは2月のハワイ島以来でしたが、
ご挨拶したら覚えていて下さって嬉しかったです♪


午後はおいしい新米が届いたという友人のところで
ご飯に合うおかずを持ち寄ってのランチ。

うさと展からランチ会、
そしてまたワンドロップ聖歌隊と
もりだくさんなスケジュールでしたが

良いものを見たり、聴いたり、食べたりする、
私の中のひとしずくも喜ぶ休日になっていました ♪







[ 2017/12/13 04:29 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

書き換えによる変化?


コロンブスデーの祝日で始まった今週 ♪

太陽フレアの大きいのがまた出たのか、
寒くなっていたNYも再び暑くなった先日。

ジャケットやトレンチコートから、
また半袖・短パン姿に逆戻り ヽ(^。^)ノ

おとといなんて、
まるで日本の梅雨みたい?
というほど蒸し暑くてビックリでした。

あまりの湿度に裸足で歩くと、床板や
ツヤ出し加工のしてあるテラコッタのタイルが
足の裏にペタペタ吸い付く感じでイヤ~ん (ノД`)・゜・。



IMG_6985.jpg



このところ、また新たな流れがすごいですね

人間関係の変化や体の状態などからも
それがとてもよくわかるんですよ。

週1の食べない習慣も数年たつからなのか、
さらに敏感になってきたのが食への反応。

ここ最近、これはもうお付き合いなどでも
摂るのが無理だな~と感じるようになったのが、
市販のアイスクリームやジュース類に含まれる糖分と
アミノ酸等などが一定量添加された食べ物。

NYには日系スーパーも多いので、
わが家も日本の食材を買うのですが、
日本のものでどうしても多いのがアミノ酸等。

おせんべいなどにもほぼ入っています。

20代後半ぐらいから、アミノ酸等など添加物が多めな
食べ物を摂るとその晩は必ずと言っていいほど
中指が痛くなることに気が付いたのですが、

その反応を見ていると、どのレストランが使っているのか?
や、どの製品には特に多めに入っているのか?
というのが的確にわかるんですよ。

やはり体の不快感というのを、人は続けられませんね。。

そうしたレストランや食材は、じょじょに
私の生活から取りのぞかれていくことになり、

そこに30代後半あたりからは白ワインが加わり。。
(これはたぶん防腐剤?保存剤?)

そして小麦を多量に摂った時のお腹の調子の悪さや、
暑くなってきて飲むと必ず調子を崩す市販のジュース類。

市販のアイスクリームを食べると夜に
手先がしびれる感じがあることにも気づき、

そうした食材をできるだけ摂らないようにすると
症状がまったく出ないだけでなく、

心身の調子やお肌の調子もすこぶる安定して良いので、
自然とそうした方向に向かうしかなくて。。

特に面白かったのが糖分。

最近は糖の中には逆に体を治す成分を含む種類も
あると言われるようになってきましたが、

それを知る前から私も体感で、

「糖」には種類によっては
体の反応が良いものと悪いものが
あるみたいだなあということを感じていました。

ある種の糖はどうもかなり良くないようで、
私の場合には、それが市販のアイスクリームなんですよね。

これを摂るとその晩には体がおかしくなる。。

市販のアイスクリームは含まれる糖分のほかにも、
現代のものはさまざまな添加物をこね回して
作られているとも言われてますが、

私の体も、市販のアイスクリームは食べないで~!

とあまりに強く伝えてくるので、
摂ることができなくなってしまいました。

昔ながらの方法や材料だけで作られる
アイスクリームなら、変な症状は
起きてこないのに。。。

血流異常が起きるのかな?

とも感じているんですが、手先だけでなく、
これが体全体に及んでいると思うと、やはり
食べたいとは思えなくなってしまうんですよ。

レモネードでもドレッシングやタレなどでも
天然のもので食べる前に自分が作ったものだと
変な症状がまったくなく、睡眠の質なども変わります。

あまりにその違いが顕著なので、
最近はさらにそうした方向に進んでいます。

マメというよりは、ちょっとしたことで
心身の不快が避けられるのなら、
もうそっちのほうが良い!

という、背に腹は代えられないぐらいの
体験をくりかえしたからとも言えるのですが、

昔、時代が進むと当時のプラスチックなどは
エネルギーが合わなくなって劣化が激しくなり
使えなくなってしまう!と言われていたのですが、
(なのでその当時のものから取り換えらえたものも多いそう)

もしかすると時代が進み、
以前よりも精妙なエネルギーになっているために、

粗いエネルギーをまとった添加物などの多くが、
私たちの体にはさらに合わなくなってきて
いるのでは?とも感じたんですよ。

酢も、日本のものでも
こちらのビネガーなどでも
良いものを使うようにしていますが、

これもまた摂取後の
体の反応が強く出るものなんです。

その時はちょっと値段的に高くても、
安かろう悪かろうな人工添加物だらけの
調味料や食材を摂り続けて病気になるよりも、

本当に体が欲する質のものをきちんと摂って
心身ともに快適でいるほうが、

未来につくはずだったかもな医療費も
イヤな気分も味わう可能性が低くなるわけで

さらに心身の声に耳を傾けて、
本当に細胞が喜ぶおいしいものを
食べたいんですよ。。 ♡



モロッコ料理の定番。 お豆をつぶしたハモサ
IMG_5804.jpg



そんなところでのハッピーちゃんの最新のこの記事。

宇宙連合 (笑)

やっぱりこのところは、体もこんな変化をしていたのね~♪

宇宙連合は船井先生と交流させて頂いていたころに
とてもよく聞いていた言葉でもあり、

実はコロラド時代にもよく遊びに行っていた
ロッキーマウンテンの奥には、連合の本部?
基地?があるとも言われていたんですよね

本当に面白い時代になりました!!








[ 2017/10/12 08:58 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)