青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

パズルのピース


人それぞれにこの世での役割や使命があるように、
それぞれの人にとっての縁あるものも、少しずつ違ったりします。

高校の頃からスピだけでなく色々なジャンルの本にもたくさん出会ってきましたが、
最近は海外に出たこともあり、以前に比べたらほとんど本は読まなくなってしまいました。
1ヶ月で何十冊も買うほどお金をかけていたなんて、今じゃ想像もできません(@@)

渡米する前には何度もブックオフさんなどに家まで来てもらい、何百冊単位で
売り払った本代だけでも、ちょっとしたお小遣いになるほど・・・(笑)


それでも未だに読んでいる数少ない本の中に、
このブログでも何度か紹介してきた白峰さんの本があります。

どんな人の本や情報でも、もちろん100%正しいというものはないのですが、
彼の書くものには、私自身が今までの人生の中でじかの知り合いから直接聞かされた話や、
ブログパートナーのライトさんが見たり感じたりした事とシンクロすることがよくあるため
ここでも話題にあげることが多くなっています。

たぶん私にとっては、縁のある本なのかもしれません・・・(^^)

今回の新刊でも、ふたりが「あれ・・・これは?!」と思うことがいくつもあったので、
ちょっとずつ日を分けて書いてみようと思っています。


    富士


日本の天皇家の持つ特殊性は、スピに興味のある方なら
一度ぐらいは、そういったものを見たり聞いたりしたことがあると思います♪

日本の教科書では紹介されることのない古文書の中には、
古代の日本や世界の様子をとても正確に描いているものもたくさんあるのですが、
さまざまな理由から、表舞台では取り上げられることがほとんどありません。

そんな中でも割と知られているものに、「竹内文書」というのがあります。
これには古代、天皇が空飛ぶ乗り物で世界を治めていたという記述があるのですが、
この「天皇」というのは、日本の天皇のことを指しています。

日本が日の丸を掲げているのは、そういう理由からです。

もちろん歴史の途中では天皇が入れ替わってしまったりすることもあったようですし、
戦時中は軍部が、天皇の存在を国民の士気を高める道具として使ってしまったりした
こともあるのですが、本当の天皇や天皇家にはもっと違った仕事や顔があり、
それは現在の天皇家にも脈々と引き継がれてきているのです。

事実、皇室に嫁ぐ方には、表では決して報道されることもないような
かなり高度なスピ的な講義があるそうですが、その中には公にされていない
永きにわたる皇室の本当の歴史やスピ的な任務などについての勉強があるようです。


皇室の古代からの地球での役目などについては、白峰さんのこのご本の中にも、
その他のそういったものが詳しく書かれている本などにも解説がたくさんありますので、
興味のある方はぜひ読まれてみて下さい。



今日は簡単な説明だけですが、ひとまずここまで(^^)

ちょっと長くなるので明日につづきますね・・・・



↓パズルのピースって・・・?!ハート


スポンサーサイト
[ 2009/01/31 11:34 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(4)

素敵な日の丸♪


世界の中心であることを意味し、太陽を表すとされている国旗

日の丸 日の丸

第2次世界大戦で日本が負けた時、戦勝国の欧米各国がまっ先に奪おうとしたのが、
この「世界の中心」を表す日の丸だったというのはあまり知られてはいません。

どんな経緯があったのか・・・・、なぜだかちゃんと守られて、今日に至ります。

いつ頃、誰の手によってこの「日の丸」が日本の国旗にされたのかということの
正確な記録もないようですが、各国のリーダーのみなさんは古代からの地球の歴史を
よく勉強されていて、その旗の持つ深い意味をとても熟知していました。

その旗を掲げる国が、どういう国であるかということを・・・・・

日本ではその旗の意味する凄さゆえ、国の内外から妨害が入り、この国旗を掲げることが
まるで国粋主義者でもあるかのような罪悪感を持たせる細工がされてきたりしました。

私は子供心に「他の国のように、もっとお洒落なデザインにすればよかったのに~」
なんて単純に思っていたこともあるのですが、この隠れた実話を聞いた時から、
日本のこのシンプルな国旗に、ある種の誇りを持つようになりました。 ゲンキン(^^;

「知らない」ということが、時にとんでもない誤解を招いたりもするので、
この話は聞けてよかったな~と思ったことでもありました♪

日本の特殊性は色々と言われていますが、その話はまた別の時にでも・・・・


      日の丸弁当


今日お話したかったのは、実はこの「旗」ではなくて、「日の丸弁当」のほう(笑)

この写真はここでお借りしたのですが、この方ってば本当にツワモノ・・・・♪
この日は本当に、このおかずだけで会社に出られたんだとか(^口^)


少し前の記事に、今回のNYまでの引越しの間、食事をどうしていたかということで、
自前の小型炊飯ジャーを行く先々のホテルに持ち込んでご飯を炊いていた・・・・
ということを書きましたが、実は、それはお米によって体を整えようとしていたからでした。

お米で育った人のお腹には、麹(こうじ)菌がたんまり住み着いています♪

そういう人が、お米をあまり食べないような生活環境になって体調がおかしくなった場合、
子供の頃にたくさん食べていたお米を食べるようにすると、減っていたお腹の中の
麹菌がまた増えて、元気が回復しやすくなるのです。

パンで育った欧米人ならパン、ジャガイモなどで育った人ならジャガイモが合います。

そしてご飯と一緒に食べるものも、シンプルなほど消化する工程も複雑にならず
有害なものが含まれる率も減るので、梅干しや塩漬け昆布なんていうのが良かったりします。

最近は、ご飯に黒ゴマと天然塩ぐらいのほうが良いのだと説明するお医者さんなども
増えているのですが、昔お世話になった家のお子さんは裕福だったにもかかわらず、
ご飯にごま塩ぐらいのアッサリしたものが大好きで、実際にとても健康でした(^^)


今回ようやく読みたかった白峰さんの新刊が手に入ったのですが、
やっぱりこの本、面白いです。 そしてこれに関係する部分も発見・・・♪

超予測2012 地球一切を救うヴィジョン―なぜこの宇宙に「日本というひな型」が作られたのか




体の悪い人は酸っぱいものが食べれないというのはよく聞くのですが、
白峰さんも病気ほどでなくても、たとえば閉経の早い女性など、なんとなく
体の調子の悪い人は、梅干が食べられない人が多いのだと書いています。

そしてここから下は、その同じ章からの抜粋です。


・・・・・ご飯と梅干し(風味のある大粒の梅干)だけの日の丸弁当を1週間ぐらい
食べ続けると、栄養的には不足するのですが、霊的なエネルギーが充満いたします。
 肉を食べたり、ほかのものを食べると、エネルギーが荒くなるんですけれども、ご飯と梅干し
だけだというのは、脳波が安定してくる。元気のない人は、まず梅干しから始めてください。

実はアメリカのある大学で日本食を専門に研究する先生がいたんです。その方は日本食
の専門家じゃないんですけど、なぜ日本人は霊的にスピリチャルな体質なのか、
霊的に覚醒しやすいのか、遺伝的に何かあるんじゃないかと。
血液の中にある遺伝子の情報を調べたんですね。



・・・・・ 途中省略 ・・・・・・・


・・・そのアメリカの先生がびっくりしたのは、米というものは光を集める素子だという
ことがわかった。すなわち米というのは水晶と同じということですよ。

米の事を『水晶米』と言いますけど、まさにそのものだった。

米そのものが実は光を吸収するものだということがわかったんです。
 
そして梅干は、宇宙エネルギーとかプラーナを肉体で合成するものだったわけです。
松の実にもそういった作用があります。竹炭も古代中国では体が腐らなくなる、
不老不死の秘薬とされていました。

だから「松竹梅」という言葉は、実は不老不死のひとつのアイデアのヒントになっていたんです。




アメリカの大学の先生が、40年かけて調べられたことだそうです(@@)

日本の良さをちゃんと理解してくれる外国の方が多いのは、とても心強いことですね。


海外に住んでいることもあり、日本以外にも
優れた人や物がたくさんあるのは、もちろん感じています♪

霊的にも特殊だからと高慢になることなく、日本の持つ良いものが何なのかを
きちんと知って、それを暮らしにもぜひ活かしていきたいですね・・・。



↓梅のおむすびでも・・・おにぎり ハート

[ 2009/01/29 11:06 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(10)

たかが星されど星


ようやく水周り、回復しました~~~(^^)v

日中最高気温が零度以下の今日、2メートル近い身長の大家さんと
メンテナンス担当のメキシコ移民のおじさんとで、朝からず~っと配水管の中を
ガリガリ掃除する細いワイヤーみたいのを通していました。

でも午後になってもあまり状況は変わらず・・・・、
これは長期戦になるんだろうか?!と不安になり始めたころ、
この人はどんな人からも好かれちゃうんだろうなあ~という感じの、
礼儀正しくて明るい黒人のお兄ちゃん水道屋さんが登場。

大家さんとも「え~、この家そんなに古いの~?!」なんて楽しそうに話しながら、
業者さんらしい大きな機械で水道管の中をゴリゴリ掃除し始めたら、あっという間に貫通♪
じぇいど♪さんが写真入りで紹介していた、まさにルーターという機械でした(笑)

大丈夫だよ~。もう解決したよ~。ところでさ、日本出身なんだって?!
OOOって、知ってる~?! すっげ~かっこいい日本のグループなんだよ~。
オレ3月にフィリピンに行くんだけどさ、やっぱこれは日本にも行かなきゃだよね~(^^)」

・・・なんて言いながら、来た時と同じ最高のニコニコ顔で帰っていきました(笑)


      水


大家さんも、作業で汚水が飛び散ったトイレやバスタブの中まで本当にきれいに
拭き取って掃除してくれて、「本当にごめんね~。よく洗って除菌剤もまいておいたからね、
薬の臭いがしばらくきついけど、今晩から使えるよ~。明日は、水が漏れてきてる
蛇口部分を直してあげるからね~」と、帰っていきました。

この国ではこういった汚れる仕事は、弱い立場にいる有色系の移民にやらせて、
白人男性で他の職業をちゃんと持ちながら、自らここまでやる人は珍しいので、
家を借りる時の印象が悪かったこともあり、意外な驚きでした(@@)


それにしても、昨夜は排水管詰まりの上に、なぜだか急に今世での大きな課題が改めて
のしかかってきて、何だかとっても気分が落ちてブルーになっていたのですが、
新月なんだそうですね。しかも東南アジアのほうで見られる日食だったそうで・・・・

「どうしてだろう?!」と心身の変調を感じてからカレンダーをめくると
満月や新月の日が多かったというのはよくあるのですが、本当に不思議ですね☆

昔、「星の影響なんて信じない!どこまでも抗ってみせるぞ!」と実験してみた日本の
お医者さんが、最終的にはどうやっても星の影響から逃げ切ることができなかったと
ご自身の著書の中で書かれていたことがありましたが、私達も惑星も、
呼応しあっている宇宙の細胞同士なのかもしれませんね(^^

私は太陽線のあるロサンゼルスで大きく運が開けて、
そこを通過中の動く金星(ヴィーナス)線に助けられて旦那クンと出会い、
書くことや通信を司る水星線が通る中西部の街でブログを始め、ネットで仲間と出会い、
また別の大きな惑星ラインが3~4本通るこのNYに、今年引っ越してきました♪

以前にもちょっと書いたように、その間にある州にはまったく1本も惑星ラインはなく、
一気にそれらの州をすっ飛ばして、この東海岸まで来てしまいました。

自分ではもちろん、この線があるからここに行こう!なんていうことはしていません。

いつも動いた後や結果が出た後で、そうだったということに気づくのです☆


これからも特に気にせず、縁がある所にはいつでも動いていくつもりですが、
星がもたらす、様々なものにも注目していこうと思っています。



↓星の力はあなどれない・・・star

[ 2009/01/28 12:36 ] 星のシリーズ | TB(-) | CM(6)

普段あるものへの感謝


年末に引越しがあったせいか、今年始めから日常生活のことに追われ続けていましたが、
どうもお年始あたりの星回りでは、たくさんの人にそういった傾向があったようで・・・・

というのをあちこちで見聞きしていたので、それならこのブログでも日常話題記事が多めに
なっていたのも仕方ないのかなあと思っていたのですが、やっぱりそういう時期って
日常的な話題のほうが書きやすいし、何か楽しいんですよね~(^m^)

それにそういう時って、実際に生活系の問題も次々と起きてくるんですよ・・・・

日常話題ついでに、写真も日常・・・(笑) ↓ホタテの卵とじ丼弁当


           CIMG3045.jpg


今日はついさっきまで大家さんが、我が家のバスルームで
カッポン片手に大奮闘していました(笑)

引っ越してきた当初から、あまり調子の良くなかった排水が日増しに悪くなり、
昨日、「この排水浄化剤を入れてみて」と言われて、寝る前にそれを排水溝に流して
今朝起きてみたら・・・・完全に詰まって流れなくなっていました 驚くビクッ

なので今朝はお弁当を作ったあと、急いで私も出かける格好をして旦那クンの
通勤途中にあるガソリンスタンドで降ろしてもらい、そこの店内にあるトイレへ・・・(笑)


その後ちょっぴり改善したようにみえたものの、根本的に直ったわけではないので、
隣の大家さんの家へ。普段は寒いからとカリフォルニアに住んでいる大家さんが
今週はこちらに帰ってきているので、その間に直してもらわないと・・・・♪

「僕が昨日渡した浄化剤流したら、かえって悪くなっちゃったの~?! ゴメンね~~(^^;」
と言いながら、カッポンを使ってガポガポやるもののますます自体は悪化するばかり・・・

「業者さんは火曜じゃないとダメなんだ」、とは昨日のうちから言っていたので、
本格的に見てもらえるのは明日。もちろんガソリンスタンドまで行かなくてもいいようにと、
同じコミュニティーの中で、誰も入居していない部屋のトイレとシャワールームを
使ってもいいよ・・・と言われて、ひとまずはホッとしたところです。


昨日はタイムリーにも、じぇいど♪さんのところでも引越し当時、排水溝から水が
噴き出して、水道屋のおじちゃんに直してもらったという話があったところで。
この時期、排水に何か暗示するもんでもあるのかなあ?!なんて思ってもみたり・・・・

とは言っても、我が家のこの小さな一軒家も相当の年代もの。
たぶん築70~80年以上は経っている東海岸の古い建物だから仕方ないのかな(^^;

以前の家でも、そこに住んでた2年半のうち、2回ほど排水ができなくなり
排水溝から水が逆流してきて大家さんを呼んだことがあったのですが、その時は
家の周りにある大きな木の根っこが成長して配水管を圧迫していたから・・・ということで、
機械でそれを切ってもらったら、あっという間に直ったことがありました。

アメリカでは木の根っこによる、管への圧迫や破壊というのはよくあるそうで・・・・

なので旦那クンが、「もしかして木の根っこなんじゃあ?!」と聞いてみたところ、
今回の家の排水管は地下のストレージ(倉庫)にむき出しの構造だから、
木の根っこではないとのこと・・・・、う~ん 何なんだろうなあ(--;

引っ越すたびに、最初はどこでも必ず何かしらのトラブルがあって洗礼を受けるのですが、
今回も幾多の関門を通り抜け、残すはひとまずこの排水管のみと(たぶん)なっています(笑)
あっ、免許の書き換えもまだだったぁ~(T‐T) (州が変わったため)


大変だけど、たまには物質的な日常問題だけにどっぷり浸かっているのもいいですね(^^)v

そういうのがあるからこそ、スピ的なこととのバランスが取りやすくなるというか・・・・


冬の大地のエネルギーのように静かで派手ではないものの、
パズルのピースがはまるような感じでスピ的なこともボソボソとは起きているので
それはまた後日にでもゆっくり書きますね♪

それではまず、今回の引越し最後の洗礼でもある(?!)排水溝の流れが、
早く専門の業者さんに見てもらえて、無事解決しますように・・・・あーめん(祈)


使えなくなってみると改めてわかりますが、
家の中の水1つちゃんと回らないだけでも本当に大変・・・・。

シャワーやトイレが問題なく使えるって、それだけでもものすごく幸せなことなんですね(笑)



↓バスルームが使えることが、
 こんなにハッピーなことだったなんて・・・^^トイレ

[ 2009/01/27 07:38 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(6)

やっぱり厳冬なの?


1つの街に数年住んでみないことには、その街の今年の気候が
例年よりも暖かいのか寒いのか・・・・ということはなかなかわかりません(^^)

前の街では約4回の冬を経験したのですが、
2年目に、マイナス20~30度前後の寒波が何度も来るドカ雪の冬がありました。
ラスベガスから帰ろうとしたら、デンバー空港が閉鎖されてしまっていて
帰れなかったという・・・、あのドタバタがあった年です(笑)

現地に長く住む、多くの知り合いのアメリカ人からは、「これは70~80年ぶりぐらいの
記録的なことなのよ!」とよく説明されることがありました。


          CIMG2858.jpg


表メディアで言われている温暖化とは違い、現在、本当は氷河期に向かっているのだと
昔からある筋では言われているということを、→ 12/ 5 本当の不都合な真実?! 
では書きましたが、その中で今年は厳冬の可能性があるとおっしゃってる方がいました。


今年、引っ越す前のその街では雪の降り始めるのがとても遅かったのですが、
降り始めたとたん、連続してとてもよく降りました。

そして、年を挟んでこのNYに引っ越してきたのですが、
引っ越した翌日からの頻繁な雪降りにすっかり閉口・・・・(@ム@;

この土地はこんなに寒いのか~~と・・・・戦々恐々(笑)となっていたら、
こちらに20年以上在住されている日本の方によると、
今年のNYはとっても雪が多いのだそうです。

写真のつららもこんなに立派に成長するほど・・・・(((@n@;)))” ブルブルッ

ここは東南に面していて日当たりがいいのに、
日中でもあまり溶けません。


日本でも今年の冬は途中から、かなり寒くなっているみたいですね。
親友も、普段は凍らない、汚いことで有名な地元の川が凍ってた!と驚いてました(笑)


これってやっぱり、厳冬なんでしょうかね・・・・・ jumee☆snowman2L



寒さ厳しい頃なので、どうか風邪などひきませんように・・・♪



↓こんな時には あったかいココアでも・・・カップ

[ 2009/01/25 10:31 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(4)

人それぞれの真実


クリスタルヒーラーのエナちゃんが「地球の内部」の記事を読んでくれた後
すぐに企画した、「ありがとうプロジェクト For 地球」 が 昨日ありました♪

私もできたらリアルタイムで参加したいと思いながら待っていたのですが・・・、
こちらではちょうど寝付く夜中の1時ということもあって、予想通りあっという間に寝落ち(笑)

それでも、寝落ちしていく感じがいつもと違うことだけはなんとなく感じていて、
地球の内部にスーッと引き込まれていくように感じて、薄れ行く意識の中で・・・・

「ああ、地底だからやっぱり中に入っていく感じになるのかな~?!」なんて思っていました。


エナちゃんの感想も面白いので、クリックして見に行ってみて下さいね(^^)


           光


前の街に住んでいた時のお話です♪


今ではすっかりメジャーになられた江原さん。

彼は今のように有名になる何年も前からすでにスピリチュアル系の本を出されていて、
私も90年代後半ごろから、良い感じの人だなあと注目していました。

確か私が渡米した前後ごろに始まったと記憶している「オーラの泉」で一躍有名になり、
たまに録画されたものをこちらでも見る機会があったのですが、
有名になられても、特に変わらない方だなあ~と思っていました。

それでも有名になると、やはり世間には色々なことを書きたてられ、そういった
週刊誌などに限らず、私が尊敬している親世代のブロガーさんや同世代の身近な所からも
彼のことをあまり良く思ってはいないという話を聞かされることがありました。

と言っても、その多くはあまり根拠のない意見でもあったのですが、
ある時、そういったことを見たり聞いたりすることがとても重なった時期がありました。

私自身は特に問題視していたことでもなかったのですが、
あまりにそういうことが重なると、さすがにちょっとだけ気にはなります・・・(笑)

「変だなあ・・・特に悪いものは以前にも、そして現在の彼からも感じないんだけどなあ~。
 嫌いな人もいるだろうけど、ああいう分野の話をするのは彼の役目だろうし・・・・」


なんて思っていたある日・・・・


地元のアメリカ人の友達に誘われて、近くの山をトレッキングすることになりました 山と空

当日、待ち合わせをした場所に行くと、日本人数名とアメリカ人数名が集まっていて、
その中に20代後半らしき日本の女の子がいたのですが、なぜかその彼女と
すぐに意気投合して、色々なおしゃべりをしながら歩き出したのです♪

すると間もなくして、こちらから聞いたわけでもないのに、
彼女は自分が老舗大手の本屋の娘であることを話し始めました・・・。


そして・・・・


江原さんって知ってますか? 私は彼の担当だったんですよ と・・・・・

エ~~、なんてタイムリーな・・・・!! (@口@)w と、心の中でつぶやきながら

江原さんってどんな人? と聞いてみました(笑)


腰の低い、良い人ですよ~~(^^
 
メジャーになる前から本を出すたびに宣伝とかでお手伝いをさせて頂いてきたんで
結構長い付き合いになるんですけど、私のような若い下っ端の者にでも
いつもちゃんと挨拶してくれて気をつかってくれるんですよ♪

下っ端にまで挨拶してくれる先生というのは本当に少なくて、たとえしてくれてた人でも
有名になったとたんにしてくれなくなったりするんですけどね~(--
 
でも江原さんは、有名になった後でもまったく変わらないんですよ~(^^




江原さんのことを様々に言う人が、なぜだかたくさん出てきていた時期に、
日本人の少ない中西部の街で、まさかその彼とじかに交流のあった人物に出会うとは
本当に思ってもみませんでしたが、その彼女と話している間にも、
これはその答えなんだろうなあ~と感じていました。

おそらくは外応(外の現象で答えをくれる)で、彼の人柄を教えてくれたんでしょうね・・・♪

その証拠に、その彼女とはメルアドを交換したものの、
会ったのはその時が最初で最後でした。




コレを読まれた中で江原さんのことをあまりよく思っていない方もいるかもしれませんが、
それはそれでいいのだと思います(^^)

これはあくまでも私の中での真実で、こんなことがタイムリーにあったんだよ~♪
というのをちょっとお話ししたくなりました。


人それぞれの真実があるので、自分で感じ取ったものなら

それもまた良し・・・なのかなあと思った出来事でした☆



それにしてもこの外応(がいおう)、別の言い方をすればシンクロとも呼べますが
やっぱりかなり面白い現象ですね・・・・(笑)

 


↓答えは すぐそばにある?!・・・はーと

[ 2009/01/23 09:30 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(6)

小さな絵♪


昨夜は祝賀パレードの後、舞踏会がずっとあったようですね・・・♪
日本でもその時間にはお昼ごろになっていたので、中継などもあったんじゃないでしょうか。

現地では深夜近くになっていたのですが、それでもまだオバマ大統領夫妻が
いくつもの舞踏会会場に顔を出して挨拶しては、短めのダンスまで披露されていたので、
改めてトップに立つ人間は、超人的な体力・気力も要求されるんだなあ~と感じました(笑)


一夜明けた今日は、アメリカも落ち着きをとりもどしています・・・。

為替は今日少し動いて、現在1ドルが88円。
就任早々、金融危機対策にも乗り出すと言われていますが、どうなるんでしょうね・・・♪


       CIMG3013.jpg




       CIMG3010.jpg



今日はのんびりした話題をちょっぴり・・・・・♪


これらは、クリスタルを飾っている棚の、すぐ上の壁に飾っている絵です。

大きさは小さめで、大人の手のひらほど。


前の街を去る時が来たら、3枚買って次の土地に持って行こうと決めていました(^^)

親友が遊びに来てくれた時、地元の芸術家たちの作品を販売しているお店に
一緒にフラリと立ち寄ったのですが、その時に「なんかいいなあ~♪」と思った物です。

なんと彼女もまったく同じものを「いいなあ♪」と感じていて、10通りぐらいある絵の中から
3枚を選び出し、自分用のおみやげとして日本に持って帰って行きました。


そしてその数ヵ月後・・・・・

いよいよ次の街へ行くことが決まり、私もこの絵を買い求めに行ったのです(笑)


たいしたものではないかもしれませんが、なんとなく気に入っている絵・・・・

絵の下に1つずつ、言葉が入っているのもいいんですよね(^^)



「Community」  共同社会


「Love」  愛


「Gratitude」  感謝



雑貨感覚だったけど、意外にスピ的?!・・・・(笑)




↓引越し族には 小さな雑貨がグー(^^)ハート

[ 2009/01/22 10:25 ] インテリア・植物 | TB(-) | CM(4)

大統領就任式☆


今日はオバマ氏の「Inauguration」=大統領就任の日でした♪

ここは首都ワシントンと同じ時間帯なのですが、
午前9時台から始まったセレモニーの一環は、7時を回ってもまだ続いていています。

現在は日も暮れた寒い中、新大統領夫妻はさすがに時折疲れた表情があるものの、
それでもニコニコしながら、お祝いのパレードを観覧しています。

日本でも、すでに報道が華々しく始まっている頃なんじゃないでしょうか・・・(^m^)


     10時少し前、ホワイトハウスでブッシュ大統領夫妻に迎えられたところ。
      オバマさん、その際に菓子折りみたいなものを手渡していました(笑)

         CIMG2848.jpg

       しばらくここでコーヒーなどを飲んでから、演説会場に向かいます。


             午前11時過ぎ。 演説会場の席に着くため、
         マリアとサーシャ、ふたりのお嬢ちゃんもおめかしをして登場。

         CIMG2869.jpg


           ボックス席のようなところには、政府要人がたくさん。
                    クリントン夫妻も・・・

         CIMG2872.jpg


          ニコニコというよりは、ニヤニヤに見えてしまうこの方。

         CIMG2876.jpg


               いよいよ今日の主人公、登場です。

         CIMG2878.jpg


           この方誰って?(笑) まずは副大統領からの宣誓です。

         CIMG2884.jpg


           ヨーヨー・マを始めとする、有名音楽家による演奏♪

         CIMG2889.jpg


               そのあとは、今日のヒーローの宣誓です。

         CIMG2894.jpg


           いよいよ第44代アメリカ大統領としての就任演説です。

             27歳のライターさんによるものだそうですが、
         その内容は、インディゴチルドレンが書いたものだなあというのを
             感じさせる、今の時代にふさわしいものでした。        

            それを基に演説したオバマ大統領は47歳ですが、
        やはりインディゴ気質をたぶんに持っている方のように感じます。

     演説

       この後、古い時代のエネルギーをたぶんに持った(?)ブッシュ大統領は
    新正・副大統領に手を振られながら、ヘリコプターでテキサスに戻っていきました。


        予定が少し遅れる中、午後2時ごろから議員たちとの昼食会。

       アメリカ国民から贈られたプレゼントは、なんと2つのクリスタルボウルハート
          なんだかこれも、今の時代にはとっても合っている・・・・(笑)        

         CIMG2945.jpg


                 正・副大統領夫妻同士で乾杯♪

         CIMG2947.jpg


      テレビをつけっぱなしにしながら、他の部屋でも用事をかたづけていたので
      ずっと画面を見ていたわけじゃないんですが、この方が報道陣に捕まって
             コメントをしている時にちょうど出くわしました・・・・

        この写真では、名前のテロップはもう消えてしまっているのですが、
             なんとあの悪名高い「Jay Rockfeller」さん。

         CIMG2956.jpg

             現在、ロックフェラー家は跡目争いに入っていて
      次期当主と言われているこの方、すでにご高齢ですが、それでも70代。
            争っている相手は93歳のデイヴィッド・ロックフェラー。

      このどちらかについているかで、銀行でも証券会社でも世界的大企業でも
     次世代に生き残れるかが、すでに分かれているとも言われているのですが・・・・
          



              昼食会も終わって、再びホワイトハウスへ。
    新大統領自身のパレード。警備上、車からは出られないのかなと思っていたら・・・

         CIMG2961.jpg


        なんと途中で車から出てきて、少しの間だけ歩いてくれました♪

         CIMG2967.jpg


         CIMG2969.jpg

 
       こちらはその後、祝賀用のパレードを家族で楽しんでいるところです。
                マリアちゃん、美人さんですね~♪       

         CIMG2995.jpg


      数時間にわたるパレードも7時半を過ぎた今、ようやく終わったようです。

         CIMG2996.jpg



まだまだこのあとも晩餐会などがある模様・・・・。
新大統領ファミリーにとっては、とても長い1日になりそうですね(^^)


今までにはないタイプの大統領でもあり、世界中の人々がすでにたくさんの期待を
しているのかもしれませんが、今は光と闇が最高に拮抗している時代。

しばらくは、そんなにやすやすと行くわけでもないかもしれません。

私達が越えなくてはならないものは、正にこれからでしょうし・・・。

彼に関する情報は色々ありますが、その任期を終えてみないことには、
彼自身がどんな仕事をする人かは本当のところ、誰にもわかるものではありません。


過剰な期待はしすぎないようにしながらも、個人でもエールを送るようにして
新大統領がこれから立ち向かう困難な職務が少しでもうまくいくように、
みんなで見守っていきたいですね・・・・・。


星回りでは、少し微妙な時間での就任式だったようですが、
尻上がりで良くなっていってくれたらと思います。



↓何はともあれ新大統領就任、おめでとう^^♪ですね・・・クラッカー

[ 2009/01/21 10:17 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(10)

マンハッタン♪


NYの記事を・・・と言われながらも、なかなかマンハッタンにさえ行くことが
なかったのですが、今日はようやく少し書けそうです・・・^^♪

週末にいくつかの用事を済ませがてら、マンハッタンで「ラーメンを食べよう!!」と
いうことになりました。前にいた街でも、お寿司屋さんならいくつかあったのですが、
おいしいラーメンは、日本人のたくさんいる大都市でないとなかなかありつけません。

ものすごいラーメン好きじゃなくても、長らく「望んでも食べることができない!」という
土地に住んでいると、その反動から無性に食べたくなる時があるのです・・・(笑)

それがようやく数年ぶりに、この土地で叶いました(TvT)

旦那クンは独身時代、福岡に赴任していたことがあり、
やはり男性ということもあって、よく豚骨ラーメンは食べていたそうで・・・・それならばと
ネットで調べて、博多ラーメンで評判の「一風(いっぷう)堂」さんに行ってきました。

昨年3月のオープンだそうで、こぎれいな店内は順番待ちのお客さんでいっぱいでした。
熱い物はあまり食べられないと言うアメリカ人なのですが、驚いたことに半数以上が
地元のアメリカ人でした。もちろん在住の日本人も多かったのですが、それ以外のアジアの
国の人などもたくさん来ていて、商売がうまくいっている様子がにじみ出ていました。

なんと1時間待ち(@@)  辛抱強く、立ったまま店内で待ちました。

カップルや友達同士で来ている白人のアメリカ人が多かったのですが、待っている間にも、
カウンターで日本酒やサッポロビールなどを頼んで、枝豆などで軽く始めている人も多く
一目で常連さんだということがわかります。

そんな様子を眺めながら、ようやく呼ばれて奥に入るとそこは7~8人の合い席でした。
すでに何人かの人が、色とりどりの器でおいしそうにラーメンをすすっています。

待っている間に決めておいたものを注文をすると、嬉しいことにすぐに出てきました^^♪


           らーめん
            「ぐるなび 海外版アメリカ」からお借りした写真       


私が頼んだのもコレ↑

ラーメンを食べ馴れない私に、「まずは白いスープのところを飲んで、その次に旨味成分
たっぷりの黒いものが浮いているところを飲むんだよ・・・」と、旦那クンの指導が入ります(笑)

驚くほど濃厚でしたが、最初の一口って最高ですね~(^^)

ラーメン通じゃなくても、日本人でよかった~~♪と思う瞬間 (笑)

関東出身の私にはかなり濃い目のスープでしたが、それでも数年分の想いが達成できた、
ラーメン屋さんで食べる久々の「ラーメン」に大満足でした・・・・ハート



えっ?!マンハッタンの街は・・・・って?!

大丈夫です。

ちゃんと撮ってきました(笑)

と言っても、とっても寒かったので車の中からですが・・・・(^^;



                  ロウアータウンのアパート街
       CIMG2793.jpg


                どこに行ってもイエローキャブばかり・・・
       CIMG2794.jpg


              アメリカではどこの都市でも感じるのですが、
        NYでも、黒のコートやダウンジャケットを着る人がたくさんいます。

       CIMG2800.jpg


                     次の用事先に向かう途中、
              ビルの切れ間に見えたエンパイア・ステート・ビル
             CIMG2808.jpg


                    どの通りも星条旗がいっぱい・・・・
             CIMG2810.jpg


       用事が済んで家路に着く途中、ブロードウェイの劇場がたくさんある辺り
       CIMG2815.jpg


       帰り際に見たハドソン川。 分厚くはないですが、氷で覆われています。

      これを見ながら改めて、誰も水に浸かることがなくて本当によかったよね・・・
          と、数日前の不時着機のことを旦那クンと話していました。

        CIMG2823.jpg



たいして撮れませんでしたが、ここに暮らしながら
少しずつNYの色々なお話などもアップしていけたらと思っています・・・。

気長に待っていて下さいね(^^)



↓寒い時にはやっぱりあったかい物で・・・アップロードファイル

[ 2009/01/19 12:53 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(2)

地球の内部♪



子供の頃、踏み切りを渡る時、たまに線路の下をジーと見つめたまま

「電車が通るたびに、下に住んでる人達にも響いてうるさいのかな~~?!」

と、思うことがよくありました。


んっ?! 下の人って・・・・・ダレのことだ・・・?!(笑)



     大地



地面の下の人たち・・・・・


それは・・・・・つまり・・・「地下世界」にお住みの人達ということです♪


別に自分で見に行った記憶はないんですが、なぜか「地面の下にも世界があって
人が住んでいる」と・・・子供の頃から漠然と知っていました(^^)

実際には地球のはるか内部にある世界なので、
電車が通る振動なんていうのは、全然関係なかったんですけどね・・・(笑)


地球に限らずどの星でも、高度に発達した文明ほど内部に都市を作ります。
それは星の表面よりも内部のほうが、温度の差なども少なくエネルギーも安定している
ために住みやすいからです。隕石などが飛んできても、もちろん中のほうが安全です。

文明が遅れているほど、温度差があり天候も変わりやすい過酷な地表に住んでいたりします。

なのでここでも、雪が降って交通などで不便な思いをするたびに、
「う~~、地球の内部に住んでいる人は、こんな想いはしてないんだろうな~~」
なんてことをよく考えたりしていました・・・(^^;

火星などに探査機を飛ばしても、人間のような生き物が表面に見つけられないのは、
それは彼らが内部に住んでいるからです。

たまに他の星の表面にある建物らしき映像などが映し出されて騒がれることがありますが
それはたいてい、そこの星の住人が地表に住んでいた頃の名残であることが多く、
その子孫の多くは現在、その星の内部に居住場所を移していたりします。


地球は現在3次元から5次元に上昇しようとしていますが、
昔から地球内部には、すでに5次元以上の世界というのはいくつもあるのです・・・♪

「桃源郷」や「シャンバラ」などと昔から呼ばれることが多いですが、
細かく分ければ、地下都市はかなり数があるようで、次元自体もいくつかあり、
そこに住む人たちも、ムーやレムリア、アトランティス時代からの生き残りであったり、
まったく別の星から来てすぐに内部に住みついたりした人たちだったりします。

普段は内部に住んでいながら、たまに地表に現れて
表面に住む私達を助けたり・・・なんてこともしていたりして、
地球の中から、星のさまざまな管理などをしていたりもするのです。


その世界の入り口として有名なのは、チベットの山奥やシャスタ山などですが、
一番多いのは世界中の海底だそうです。これは白峰さんが書かれているのですが、
実際に世界の船乗り達は、昔から空で見られる以上の物を「海」で見てきているそうです。

イギリス王室が昔から制空権よりも制海権を取りたがったのは、それが理由なんだとか・・・。

素敵なものの宝庫の海を誰にも渡したくなくて・・・だから海賊達をつかまえて元をたどると、
イギリス海軍につながっていることが実は多いのだと彼は説明しているのですが、
確かに海にこそ、そういう世界につながる入り口があるのだと思えば、竜宮城のお話や
それにまつわる「ニライカナイ」のお話も納得がいきますよね。

とは言っても今は時代が進んで、星の波動も上がり、個人の意識も開かれてきているので、
なにも海に潜らなくたって、そういう所にも行けちゃったりするのです♪

自分でも実際に何度も行っていて、そういうことのやり方の説明も上手な
クリスタルヒーラーのエナちゃんの、数日前のこの話


→ 1/14  気づきのシェア


裏が表で、表が裏で・・・じゃありませんが、
宇宙っていうのは星だけでなく、私達の体の中側からも外側からも
結局はつながるものなんですよね・・・・。


バリアで跳ね返されて入れないエリアもあるかもしれませんが、
たまにはシャンバラに、「ちょっと遠足♪」っていうのも悪くないかも・・・?!(笑)



↓あんまり寒いと地下にもぐりたくなる・・・sn

[ 2009/01/17 10:32 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(8)

ハドソン川


今日は朝から雪が降ったりやんだりする、とっても寒い日でした。

夕方から旦那クンの職場の新年会があり、私も呼ばれていたので、
夜遅い今まで出かけていたのですが、実はハドソン川の近くにいました。

ニュースのことはまったく知らず、新年会で旦那クンの同僚達から聞かされました(^^;


      飛行機


誰も怪我をしたり、亡くなったりすることがなくて本当によかったです。

本当に半端じゃなく寒い日だったので、飛行機の羽根の上に立っているだけでも
かなり冷えただろうなあとは思うのですが、それも命あってこそ・・・・・


聞いた瞬間はビックリして、次の瞬間にはホッとしたニュースでした。



↓凍てつく日の奇跡・・・ハート

[ 2009/01/16 13:48 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(4)

お弁当♪


パソコンの調子が悪くて、ネットにつながることができませんでした・・・(^^;

ちょうど良いお休みにもなったので、この2日ほどは
残っていた片づけものや、カード書きなどをして過ごしていました♪


住めば都で、いつかはこの街にも慣れるのでしょうが、
引っ越してしばらくは、いつも1つ前に住んでいた街が恋しくなります。

今も、車以外の交通手段がたくさんあって治安も良かった前の街に、ちょっぴりホームシック
なのですが、それでも越して来た時から「これだけはいいな~」と思っていることがあります。

それは・・・・、ご飯がおいしく炊ける♪ということです(笑)

前の街は、標高が2000メートル近くもあったため、
気圧の関係で、ご飯をおいしく炊くことができませんでした。

同じお米とジャーなのに、ご飯がおいしく炊けるなんて・・・
これって意外に嬉しいことです(^^)


         CIMG2750.jpg
        奥の黄色はツナの卵焼き。手前はカボチャと玉ねぎのサラダ。


新生活スタートと共に、旦那クンのお弁当作りも始まりました。

チップまで払っていたら、日本でランチするよりもよっぽど高くついてしまうアメリカ。
脂っこいものも多いので、弁当持参のほうが、「体」にも「懐」にもずっと優しいのです・・・♪

お弁当は英語学校時代にもよく作っていたのですが、多国籍の学生友達と一緒に食べる
時には、日本式の物だと可愛すぎて何となく浮いてしまうので、野菜の中華あんかけみたい
なものを作って、それを白いご飯と一緒にタッパに入れて持っていっていました。

なので・・・日本式のお弁当を作るのは本当に久しぶりです。

とは言っても、子供の頃からお弁当はよく作っていたので、けっこう年季は入っています(笑)


母の体が弱かったので作ってもらえないことも多く、仮に作ってくれたとしても
茶色いおかずが1~2品。しかもお弁当を新聞紙で包みかねなかったので、それを
友達の色とりどりの可愛いお弁当が花咲く教室で食べるのには、相当の勇気がいりました。

その頃、似たようなお弁当を持ってきている男子がいつもお弁当を隠すように食べていて、
それをはやし立てる子がいると、そのたびにその彼はお弁当と自分の頭を机の下に隠して、
まるでかっ込むようにして食べ終わらせていたのですが、それを見るたびに「君の気持ち
はよくわかるよ~~」と私もお弁当にフタをしながら食べていたのでした(笑)

洋服やヘアースタイルなどのセンスはとても良い母だったので本当に不思議なのですが、
お弁当作りはまったく苦手だったようで、朝起きるのも体が辛いと言うので、
それなら「自分で作ったほうがいいや~~」となっていったのです。


            CIMG2752.jpg
            これは今日。 ご飯の上はシャケフレーク☆

     
作り始めは、小学校の高学年ごろ・・・♪
たまに給食のない日があると、お弁当箱を取り出し作ってみるのですが、
何をどう詰めたらいいのやら・・・、おかずもご飯もスカスカで失敗ばかり・・・・(TvT)

やがて綺麗だなあ~と思う友達のお弁当を観察したり、本屋さんでお弁当の本を
立ち読みしたりして自分なりに色々と研究するようになりました。そうしてようやく
中学の週末の部活弁当を作る頃には、フタで隠さなくてもいいようなお弁当を
なんとか作れるようになったのです。

その頃にはかなりお弁当箱にも凝っていて、中学・高校時代はおこずかいで
随分お弁当箱を買いました(^^)v そのうちのいくつかは今でも気に入っていて
アメリカにまで持ってきているものもあるのですが、さすがにゴムの部分が劣化して
しまっているものもあり、旦那クンにも「捨てたら~!?」と言われる始末・・・。

でも愛着も想い出もいっぱいなので捨てることもできず・・・
この新居のキッチンの棚の奥で、今でも静かに眠っていますハート


今作ってみたいのは、学生時代の可愛いお弁当とは一味違った大人のお弁当☆

持って行くのが旦那クンでもあるため、男性でも食べ応えがあり、中身もヘルシーな
和風弁当を、わっぱ(木でできたお弁当箱)に素敵に詰めてみたいのです♪

器も中身もちょっといいなあ~と感じているのがこの方 → 愛妻弁当

和風食材は以前よりも格段に手に入りやすくなったので、シャケ弁だけでなく
近々「ししゃも」なんかも焼いて入れてみようかな~と思案中・・・(^m^)クク



↓お弁当もスピもとっても大切よね・・・笑 お弁当

[ 2009/01/15 07:17 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(8)

ビックリ箱♪


前の家よりも月の光がよく射すので、この2~3日は何だかとっても明るくて・・・・

夜の蒼い世界に、木立の間から差し込む青白い月明かりを見ながら、

満月が近いのかしら・・・?!と思っていたら、満月だったんですね~~(^^;


実はまだ、今年用のカレンダーを1つも買えていません♪

ネット内で検索しても良かったのですが、いつもカレンダーに描かれているもので

満月のサイクルを確認していたので、気がつきませんでした(笑)


            こんぺいとう


「地球の心臓」の記事を書きながら、私が感じていたことは・・・・・

実は悲観的なことではなくて、

「地球」って、もしやかなりユニークでマレな、

面白いものを携えた星なんじゃあ・・・・・ということでした ハート



このたびの、この星のアセンション(次元上昇)は、様々な次元や星の多くの存在たちが

興味を持って、今か今かとその様子を見守っているということは、昔からよく語られていますが

それってもしかすると「地球」には、他の星にはない、ちょっとした面白い仕掛けなり

特徴なりがほどこされている、かなりたぐいまれな星だから・・・・?!と、ふと思ったのです♪


それがこの星の場合は、中近東やエジプトのあたりにあるのかな・・・・と。

そしてそれは、他の星々にとってもかなり重要なものでもあったりして・・・・・(笑)



だから、光や闇という2元性を越えた様々な存在たちが、

古代からそのあたりをウロウロしに来ているんじゃないのかなあ・・・・と。


本当のところはもちろんわかりませんが、

「地球」って星は、かなりユニークなものを内包している・・・?!

それがたくさんの魂を、この星に惹き付けた理由でもあるような気がしたのです。



これはあくまで個人的な想像の域を出ませんが、

ちょっとしたビックリ箱みたいに・・・・・

中からかなり面白いものが出てくる「星」、ということもあるかもしれませんね・・・(^m^)




↓ビックリ箱の中身はなあに・・・?!素材

[ 2009/01/12 09:32 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(4)

裏が表で・・・表が裏で?!


「地球の心臓の秘密」・・・の続きです♪

この記事をまとめようとすると、強い眠気が襲ってくるのでなかなか進まず・・・(^^;

ライトっちに言われて気づいたのですが、そう・・・彼女のコレに感する記事は
「宇宙の鼓動」のカテゴリーをクリックすれば、ザッと出てきます(笑)

名付けを頼まれて、自分でカテゴリー名を作っておきながら・・・・
そんなことさえスッカリ忘れてました(--; すいません絵文字名を入力してください

ライトさんのブログ愛読者さんなら、すでに読まれている方も多いと思いますが、
まだ読んだことがないという方のために、彼女が見てきた「地球の心臓」の内部の様子を
綴っている部分を、簡単な経緯のあとで、抜粋しておきますね(^^)


「地球の心臓」に関することの始まりは2008年の春頃。
旦那さまでもあるスコットさんが中近東赴任に出かけようとしている頃です。

地球のあちこちに呼ばれる役目を持った彼女にしても、
中近東の地は、さすがに女性としての彼女を赴かせるには荷が重過ぎると見た
上の世界は、彼女のパートナーであるスコットさんをその地に行かせることにしたのです。

当初は他の土地に赴くことになっていた彼ですが、
その後、本当に中近東への赴任が決まり、8(人?)の天使や、
普段はライトっちに付いているドラゴンとともに、半年の任期で飛び立っていきました。

スコットさんの赴任中も、夫婦の間では様々なやり取りがされていたのですが、
彼が自分の妻の代わりにした主な仕事の1つは、あのセドナのときと同じように
強力なエネルギーが封印されたクリスタルを、イラクのその地に置いてくることでした。

これについては以前にもチラっと書きましたが、他の郵送物がいつも一旦
別の部隊に送られた後に転送されていたのにもかかわらず、このクリスタルを
送った時だけは、なぜかまっすぐにスコットさんの手元に届いたのだそうです♪


この後はライトさんがその頃から見ていた「地球の心臓」です↓

*******************

気になったのは、どうしてその心臓のようなものを
まもる門番みたいな竜がいて
結構、疲れきっていたこと
攻撃してきているような
黒い物体みたいなのは
何なんだろう


*******************

その後、お子さんのクラスメートの母親同士として
中近東出身の、かなり力のあるサイキッカーさんと出会い、
彼女の力を借りながら見たのが・・・・

*******************

あふれるように光がとびだし
以前、あの地球200万年でセドナへ向かう前に
クリスタルにこめられた宇宙の光が
体に入ったときのように
あまりにもまぶしく
思わず、自分の体とか見えなくなってしまうくらい

そのまま見えてきたのは、

あの心臓と思うドクンドクンとした物体
ずっと見えているままのあの存在だ
見えてきたと思ったら
すごいスピードで体から魂が抜けた?というように
あの心臓にすいこまれる
あぶない、そのまま進んで戻れなくなったら
どうしよう。。。誰も私がここにいることなんて
知らないから大丈夫だろうかと思うのもつかのま
そのまま吸い込まれていったんだよね


           ♪


あっという間に入ってしまった

なんか、その通る一瞬ってジェットコースターの
暗闇を目を閉じる瞬間ってあるでしょ?

目は開けてたけど、、、半分、とじそうになったもんね。

抜けたところは、驚き


宇宙空間

だったの\(◎o◎)/!



宇宙空間が存在してて
地球も見えるけど
その他の星たちもみえ

宇宙の中に地球があると思ったら
地球の中にも宇宙があるの?

内側だけど、外側?

中と外もすべて同じ?

(@_@;)

スターゲートみたいに
宇宙空間とつながるところがあるっていうの?

これまで宇宙の中に地球があると思っていたけど
空間に境はなくて、すぐそばにこんなに宇宙は広がっている

目の前の空気が宇宙空間であること
地球の圏内とばかり意識があったから
それで納得してたけど
目の前の空気も空間も宇宙につながっている

スターゲートのようになっているそこは

宇宙とつながっていることを証明する
まさに地球が存在することの意味
生きている意味
心臓となる場所であること
宇宙空間からのエネルギーが
地球へそこから送り込まれてもいる場でもある
大切な場でもある

人間の心臓に血液がちゃんと流れ出すように
大切な役目をしているように
ここも似たような役目をしている


そういった場所は、地球内ほかにもあるはず

宇宙の中を体が漂う中でいろいろなことを
考えていた


           ♪


いま、宇宙とのコネクトといえる場所で
何が起こっているというのだろうか?

門番のような竜は、なぜ、あのように大変な表情でいたのだろう

と思う中で、、、気になっていたのは

あの心臓の中へ入ったときに
宇宙空間にそのまま突入したけど

そのときに聞こえてきた女性のような声

つまっていたチャクラがあき、
今すべてのチャクラが再度、クリアになったいま
自分の人生を true people と歩みなさい

という言葉

true people?って

ヒーラーの方は、汗まみれになり
すごい量の光やメッセージが降りてきていると言い、
場所を移そうとする前に言ったことば

導かれてしまったね
神が一緒に行きなさいといっています。



*********************



     ブルー


裏が表で、表が裏なのか・・・?!みたいな感じで(笑)
「地球の心臓」のように見える所の内部は、宇宙とコネクトするような・・・、
外宇宙と内宇宙を結ぶゲートのような・・・ものになっていたらしいのです。

そして・・・・・

それとまったく同じものが、白峰さんのこの新刊↓にも書かれているのだそうです♪

超予測2012 地球一切を救うヴィジョン―なぜこの宇宙に「日本というひな型」が作られたのか





中近東・・・・・あんなにアメリカ軍を大規模に使って、長年あの土地で何かをしているのは、
それはやはりそれだけの価値のある、私達の想像を絶するような大きな秘密が
そこにはあるから・・・・・と考えてもいいのかもしれません。


ポータルそのものを使いこなすためのトリセツ(取り扱い説明書)のようなもの(?!)・・・
と書くととっても身近で笑えますが、「非」物質的な、そんな鍵・キーになる、
タブレットのようなものが、あの地には隠されているようなのです・・・。


彼らはそれを手に入れようと、躍起になっている・・・?! 


実際に米軍は、現在さらなる軍の投入を、その地に行っているそうです・・・・・



↓だとしたら・・・それを守っているドラゴンも
 確かに疲れちゃうはずだよね・・・・ふう

[ 2009/01/10 09:26 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(4)

地球の心臓の秘密

 
NYはこのところ、ずっと凍てつくような寒い日が続いています☆

肌にとっては最大の敵と言うぐらい、恐ろしいほどに乾燥する中西部の気候に慣れきって
しまっていた私にとって、水分が多いことが今はとにかく新鮮で、今朝も気温が低いのに
雪ではなく雨が降っていることに驚き、しばらくボーっと外を眺めていました・・・(笑)

 
      CIMG2724.jpg


それでも気温は低いので、↑針葉樹の上に降った雨もみるみるうちに凍っていきます。

テラスに出しっぱなしのテーブルには、こんな↓感じでツララが成長☆


      CIMG2727.jpg


これはちょうど、リビングの真正面に見えている景色です。


           CIMG2729.jpg


葉っぱの落ちた下の木を拡大すると↓、横や斜めにもウネウネと氷の枝が伸びていってます。


      CIMG2732.jpg


凍り付いて枝が重そうだなあと見ていたら、ものすごい音がして・・・・・


      CIMG2733.jpg


なんと2メートル近い枝が、重さに耐え切れずに落下してきました(@@;


      CIMG2734.jpg


この後も少し離れた他の木から、4~5メートルぐらいはある枝が大きな音とともに落下。

以前コロラドで、4メートルぐらいの枝が強風で折れた時には、その下にあった電線を
切ってしまい、しばらく電気が使えないことがあったので、ちょっぴりハラハラしました(笑)


                 ピンクのきらきら        ピンクのきらきら        ピンクのきらきら


引越しのさなかでも、地球の心臓に関係する話はさらに深みを増して進んでいました。
(私じゃなくって、ライトさんのほうで・・・・・笑)

彼女のブログでは暮あたりに、それに関する記事をだいぶ書いていて、
こちらのブログでも「早くポータルの記事を書いてね~^^」と言われていたのですが・・・・
引越しでなかなか落ち着いて書くことができませんでした。

すると新居に入ったばかりの大晦日の朝、野生児の彼女から留守電が・・・・
「すごいことがまた起きたから、時間のあるときに絶対電話ちょうだいね~~~♪」

なんだろう・・・?! 気になったものの、荷物をすべて家に運び入れたばかりで
足の踏み場もないような時に電話でお話なんかしていたら、こういう時には鬼軍曹にもなる
旦那クンに怒られかねない・・・。 なので、ここはジッと我慢の子・・・・(--;

そしてその日の夜、ロスとの3時間の時差を利用して、旦那クンが眠りに着いた後
ゆっくりと彼女に電話。 日本では、ちょうど元旦の朝食を囲んでいるような時間でした。


電話口で彼女は、その日見た夢の内容や、少し前に受けたリコネクションという
エネルギーヒーリングを受けている最中に、その心臓の内部を見に行った様子などを
話して聞かせてくれました。

そして驚いたことに、私がずっと彼女に薦めていた「白峰」さんの本が、今まではロスの
本屋さんでは手に入らなかったのに、今回初めて、昨年の11月に出された彼の新刊を
偶然手にすることができたそうで、さっそく買って読んでみたら・・・・・・

なんと中近東にある「地球の心臓」らしきものの中で彼女が見てきたものと
白峰さんがその著書の中で書いているものが、まったく同じものだったのだそうです(@@)w

私はこの白峰さんの新刊はまだ手にしていないので、詳しいことはわからないのですが、
ガセネタもあるというデーヴィッド・アイク氏の、爬虫類人類のことが書かれた本の中にあった、
「中近東に地球最大の次元のポータル(扉)があって、闇はアメリカ軍を使ってそれを
必死になって探している・・・」というのは、どうやら本当のことのようなのです。

アイク氏の本では、ライス女史にはそういうことがわかる能力があり、
彼女が特にそれを推進させているとあったのですが・・・・


中近東というのは、様々な宗教が生み出された場所でもあり、
それは土地のエネルギーが尋常ではないほど強かったからだとも聞いているのですが、
もしかするとそれは、他の次元から湧き出して来るエネルギーで、それの最大の噴き出し口
(ポータル)がそこにあるから・・・・ということも言えるのかもしれません。


ライトさんが見てきた地球の心臓の内部については、彼女のブログを読んだほうが早いので
整理してまとめてリンク♪・・・と思ったら・・・・・

彼女も日常記事の合間に書いているので、どこにあるのかバラバラでわからない・・・(^^;


ちょうど今日の記事も長くなってきたところなので、今回は2回に分けますね。


今一度まとめてから、後半部は次回に続きます・・・^^♪




↓国家風水師とライトっちが見たものって・・・・・ハート

[ 2009/01/08 10:29 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(7)

天候の不思議♪


だいぶ片付いてきたものの、住所変更の手続きなどがあったり
普段はこの土地に住んでいない大家さんしか地下収納の鍵を持っていないので、
まだそこを開けてもらえずに、大きな道具類や引越し用のつぶしたダンボールの束などが
狭い部屋の一角を大きく陣取っていて落ち着きません・・・(^^;

今日から旦那クンのお弁当作りも始まって、久々に日本風のお弁当を作りました。
魚の粕漬けなんて、中西部じゃめったに買えなかったのですが、数日前にゲットしたもので
シャケ弁なるものにしてみました・・・(笑)


今回の引越しの走行距離を改めて見てみたら1800マイル。
約2900キロでした(@@)

3年半前にロスからコロラドに来た時には1000マイルぐらいだったので、約2倍近く。
いつの間にか、本当に、思えば遠くへ来たもんだ・・・になってしまいました(笑)


      Uhaul.jpg


アメリカでは引越し用トラックのレンタルをしている有名な会社がいくつかあるのですが、
いつものごとく今回も↑このような感じのものをレンタルして自分達でやりました。

これは映画の中などでもよく見かける「ユーホール」社のもの。

すべてを引越し業者にまかせてしまうものだと2~3倍の料金がかかるので、
アメリカではこういったものを借りて、自分達でやる人も少なくありません。
特に学生や独身者だったりして1人分の荷物なら、利用率はさらに高くなります♪


今回は天候にも恵まれてラッキーだったのですが、
実はちょっぴり「雪よ降らないで~~~」と想ってもいました・・・(^^;

この数年、なぜか天候がお願いした通りになることが多くて、
雨がしばらくないと気づいて雨をお願いすると、必ずその翌日には降ったり、
お願いし過ぎたら、何日も降り続いてしまい慌てて元にもどしたりということがありました。

それでもやっぱり気のせいだろうと思っていたのですが、
今年は遠い街まで歯の治療に通院しなくてはいけなかったこともあり、
できるだけ雪よ降らないで・・・といつもいつも思っていたら、今年のコロラドは
例年にないほど遅くまで雪が降らず話題になるほどに・・・。そして最後の歯の治療が
終わったその日の夜から大雪が。その後、連続で何度も雪が降ることになったのでした。

天候が思い通りになってくれるのは、嬉しいしありがたいことです(^^)

でもふと、これってやっぱり公共のものだよね・・・・?!

そんなに自分勝手にお願いしちゃあいけないものでもあるよね・・・?!

とも思ったので、今回は極力お願いしないように・・・と気をつけていました。


でも気づくとフッとした瞬間に、「引越しの間は雪がないほうがいいなあ~」
と願いはしないものの想ってしまっていることがあって・・・・

結果、荷物を運び終わった日の夜遅くからNYでもコロラドでも通過してきた州でも
久しぶりの大雪が降ったそうで・・・・、「う~~ん」としばらく考え込んでしまったのでした。


まあ、でも、気のせいかもしれないので・・・・笑ってやって下さい^^♪

ちなみに子供の頃はコレとは逆で、雪が降って欲しくなると縦笛を吹いていました(笑) 
それを吹くと必ずと言っていいほど雪が降ってくれたんで、嬉しくてつい・・・・。



↓それにしても天候って何だろう・・・?!雪うさぎ

[ 2009/01/07 12:39 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(8)

大陸横断終着♪


大陸横断中、食事はどうしていたかと言うと・・・・・
2~3回ほどは、このような形で国道沿いに出ている看板のファーストフード店へ♪

今回はバーガーキングとタコベルのお世話になりました(^^)


       CIMG2610.jpg


でも長期に渡る移動日のすべてで外食していたら、体調を崩しかねないので・・・・
そんな時には、日本に帰った学生から安く譲り受けたコレ↓が大活躍。

車での旅の時には持って行くことが多い、普通のよりは一回り小さい簡易ジャー♪


       CIMG2651.jpg


2~3合なら25分ぐらいで炊けてしまう優れものです。今回の移動では3回使用☆

朝炊いた時は、それをすべておにぎりにしてその日の昼食に・・・、
夕飯に炊いた時は、ふりかけや梅干、お茶漬けなんかでササッと・・・(^u^)

野菜とかは途中のスーパーで、ディップと一緒にセロリやにんじんを買っておいて、
それらを生のまま、野菜スティック感覚でディップにつけて食べます♪


       ペンシルバニア


インディアナの次には、オハイオ州を通過。(あっという間に通過して写真は撮れず・・・^^;)

↑これはその次の州で、最終目的地1つ手前でもあるペンシルバニア州の看板♪

旦那クンが、左にちょこっと写っているこのトラックを追い越そうと左車線に入ろうとしたら
この看板が見えてきたので、慌ててもとの車線に戻ってパチリ・・・(笑)


       CIMG2622.jpg


このあたりに来て、それまで茶色に冬枯れしていた下草が青いことに気がつきました。

内陸部よりも、やはり海岸近くになってくると湿気が多いみたいです。


       CIMG2628.jpg


ず~っとなだらかな平原ばかりだったのですが、このあたりから山間部に入り、
道路のアップダウンが激しくなり始めました。トラックは重いので速度が上がらず、
乗用車に次々と左から抜かれていきます。


       CIMG2649.jpg


最後の給油に寄ったガソリンスタンド。 とっぷり日も暮れて、このあと
再び走り出してしばらくしてから、今回の引越し先でもある最終目的州の看板が
暗闇の中で光っているのを目撃。(でも暗かったので残念ながら写真は撮れず・・・・^0^)

この日は夜遅かったので家のカギがもらえずに、新居近くのホテルに1泊。


そしてこれは翌朝の写真↓ ハドソン川を渡るところです。

このあと無事に新居に到着し、前日の夜遅くに申し込んだにもかかわらず、
引越しの荷物入れを手伝ってくれるスタッフも(アメリカなのに)珍しくちゃんと来てくれて、
その日のうちにトラックからすべての荷物を家に運び入れることができました。

これが最高にラッキーだったことは、翌日になるまでつゆ知らず・・・・♪


       CIMG2660.jpg


ここまで全然雪がなくてよかったなあ~♪と思っていたら、なんと翌朝から雪が・・・・
しかも出発したコロラドをはじめ、通過してきた各州でもかなりの雪が降ったとのこと。

あと1日ズレていたら、とんでもないほど大変なことになっているところでした(@w@;)


       CIMG2688.jpg


これで一応の珍道中は終わりますが・・・・

えっ、だからどこに引っ越したかって?! (^^) 勘の良い方はすでにお分かりかも・・・・

これは数日前に、日本食の買い出しに大手の日系スーパーに行った時の写真↓


       CIMG2703.jpg


ニュージャージー州に渡る橋。 これは、そのスーパーの敷地から反対岸を撮ったものです↓


       CIMG2710.jpg


そう・・・・ここは夏に来たNYでした。 あの時は旦那クンの就活でだったのですが、
お互いに腕試しや観光気分のほうが強くて、あの時点では2人揃ってまさかこの土地が
自分達の次に住む土地なるとは全然想ってもいなかったのでした・・・・(^^;


       CIMG2715.jpg


と言っても・・・ニューヨーク市のあるマンハッタンあたりは、高くてとても住めません(笑)

NY州内ですが、ニューヨーク市郊外の街です(人はいますが、結構田舎です)


これからは、この土地からブログをお送りしていきますね(^^)

それでは今年も、よろしくお願い致します・・・♪



↓予想はどうでしたか・・・?!^^ バラ01

[ 2009/01/06 09:55 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(10)

新天地からのご挨拶☆

   
   
       新年


                この記事は新居から打っています。

            ようやくネットにも つながるようになりました(^^)

           少し遅くなりましたが、まずは新年のご挨拶から・・・・・


      新年2


郊外とはいえ、大都会の近くに移ってきたため家賃が高く、倹約も兼ねて今回の家は
前の所より2部屋も減って、かなり小さめになりました♪ 他のコテージと共有の林や小川
などがあるものの、プライベートな部分の庭もほとんどなくなりました・・・。

小さくなったので収納スペースも足らず、小型の収納家具を買い求めに走ったり、
荷物をあちこちに片付けているうちに、あっという間に流れ去ったこの数日間でした(^^;


12月に入ってからはずっと動き詰めでもあったので、さすがに累積疲労もピークに達し
このところは夜になると、2人とも泥のように深く眠っていました(笑)

でも、それも今晩あたりでようやく落ち着いてきた感じです・・・。


今日はとりあえずのネット回復のご報告と新年のご挨拶だけですが、
明日からまた大陸横断の終盤戦と到着地のこと、そして引越しでバタバタしている間に
進展していたスピ話などをお届けしていけたらと思っています・・・♪


暮れの記事にコメント下さった方、本当にありがとうございます(^^)
レスはこの後、入れさせていただきますね~。



↓今年はどんな年になる・・・?!絵文字名を入力してください

[ 2009/01/05 11:59 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(12)