青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

サイン♪


この1ヶ月ほど、どこかに行かれていた叶姉妹。

ようやく戻られて、今週に入ってブログも復帰されたようですね・・・♪

どこに行かれていたかについては やはり報告されてはいないのですが、
すぐに今度は海外に行かれたようで、今はそこから記事を更新されています。


・・・・ということは、

やっぱりこの1ヶ月ほどに行かれていたのは

海外でもないどこかだったんでしょうか・・・ネ(^m^)


こういった国内外の大物との付き合いもあるセレブたちの動きには、

時には公には知られることのない、世の中のある動きなどが

反映されていることもあるんですよ・・・♪


もちろん本当のところはわかりませんが、
それにしてもあいかわらず、セクシー記事が多いお姉さまたちです(*^v^*)


  サイン


さて・・・ピンと来て、契約もすぐにまとまりかけていたもう1つの家よりも
少しでも安い所をという旦那クンの要請で、あわてて探して決めたその問題の家は、
契約がまとまるのにも、実はとても時間がかかったマレな物件でした。

その時点であやしいな~と思い、他を探そうとし始めたところ、
ようやく契約がまとまる・・・といった感じで、
今思えば、それがすでにサインだったのかもしれません・・・(--)


アメリカでは下水などの水周りのトラブルは確かに多いのですが、それでも
引っ越してきた当時の度重なる下水管の詰まりも、そういったサインだったのでしょう。

他の物事でも、その家に引っ越してしばらくは、すべてがうまく回らないといった
感じのことばかりで、今思えばサインだらけだったような気がします。


引越しを考え始めるようになったころ、
大家さんとの交渉などが一切進んでいなかったこともあり、

この決断はいいんだろうか?! もしや努力不足なんじゃあ・・・?!

と、ことあるごとに考え続けていたそんなある日、

その大家さんが旅行で家を留守にしたため、
静かでとても快適な生活を送れるようになりました・・・♪

久々の快適な暮らしを楽しむようになり、やっぱりあの大家さんがいないと
こんなにも心地がいいのか~(^^)と思うようになったのです

が・・・・

なんとその数日後から、今度はなぜか家のすぐ前の南米系の家族が
大きな音で音楽をかけたり、始終人を呼んだりして大勢で騒ぐようになったのです(--;

ん~、これはあの大家さんがどうのこうの・・・・という問題ではなく、

もしや、ここから出て行きなさいと言われているのかな・・・という気がしてきたのです。


なんだかこの家じゃあないんだよと言われているような・・・・

確かに何かが自分と合っていないような・・・・

もしかしてガイドたちも一緒になってけしかけてる?!

う~ん、気のせいかな・・・?!(--;


そしてそのころになってようやく、ここでもおなじみのライトっちやエナちゃんに
住環境でトラブっていることをメールでチラリと書いたのです。

楽しい話題ではなかったので、詳しいことは一切何も書かずに・・・・

それなのに、二人そろってそのメールを開けたとたん
それぞれに情報を受け取り、その返事を伝えてきてくれました。

ライトっちからは電話で、「女神が後ろで風をフーって吹いているね。
そこを出なさいって言ってるみたい。自分でも本当は気がついているんでしょう?!」

エナちゃんからはメールで、床下物置のことなど一言も書いていなかったにもかかわらず
「家の土台と合っていないみたいだね。メールを開けたとたん、土臭いその家の匂いが
したんだけど、今のりんごちゃんとは全然エネルギー的に違う匂いだなあと感じたよ・・・」

ふたりにズバリと言い当てられて・・・・


こういう時って、第3者に言われると決心がつきますね・・・・

長いこと「変だ~変だ~」と感じながらも、独身の時とは違い、独りで判断してすぐに
動いていいことでもなかったため、努力をすればいいのだろうと我慢していたことが、
ウソのように、はっきり・くっきりと見え始めてきたのです(^^;


そしてなんとその日の晩、

その家で悩まされていたもう1つのことでも、決定的なことが起きたのです☆

実は古い暖房器具と床の間に、隙間があちこちあるのか
その家ではまだ寒い冬のころから、黒アリが部屋によく進入してきて困っていました。

しかも季節が暖かくなるにつれ、その黒アリのサイズがドンドン大きくなっていくのです。

夏になるころには、ちょうどこのブログの文字5~6個分もある、
日本では見かけたこともないような大きさのものがあちこちから入ってきて、
中にはやたら動きが早くて、ハエかなあ~と思っていたら、羽つきのだったり・・・(@@;

その日の晩は、一緒にテレビを見ていた旦那クンが白いじゅうたんの上を見ながら

「何かいる・・・・」というので見てみると、

黒い大きなものが、ものすごいスピードで歩いています。

急いで、透明のプラスチックの容器をかぶせてよく観察してみると、


なんとそれは・・・・


このブログの文字10個分にもなる、巨大な黒アリだったのです(@@)!!

初めて見るサイズの、それは立派過ぎるほど立派な、黒光りするアリでした。



それを見た瞬間・・・・・


ここにいちゃいけない! 


引越ししなくちゃ!!



・・・・と思ったのでした。





次回ではスピの力も使って
物事を動かしていった様子を書いていきますね^^



P.S. あとで調べたら、女王アリっていうのがいるんですね・・・。
   あれは、まさにそのサイズでした(--;
スポンサーサイト
[ 2009/08/29 05:10 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(20)

抵抗☆


その家はフレンチ・カントリーな造りの、小さなかわいいお家♪

建てられたのは戦前☆

アメリカではなんとか様式、かんとか様式なんていうもっと古い家屋でも

中身だけを改装してずっと使い続けていることは多いので、

そのぐらいの古い家はめずらしくはないのですが、


でもその家の下には

ただ地面を掘り下げて作られた土がむき出しの

大家さん専用の、天井の低い物置があったのです・・・・(--)


どこかのドラマ風に説明したなら、たぶんこんな感じ(笑)


霊的にも特に悪いものを感じるようなところではなかったのですが、
それでもシビアなことがたくさん起きた家でした。


  さかな


大家さんがその床下物置に来た時に、こちらが何かやって動いていると、
向こうも作業の音を大きくさせていったりするので、やがて彼が床下に来ると、
出て行くまでのしばらくの間、私は動かずにジッとしていることが多くなっていきました。

ところが・・・・

たまに音もなくスッと来ていることもあって、そのことに気がつかなくて
キッチンなどでこちらが料理をしていると、急にその部分の真下から音がして
ビックリするようなことも続いたため、そのうち彼が床下に出入りするのがよく見える窓に
へばりつくようにして生活することに・・・・(これってかなり疲れます T‐T)

こちらが物音をさせないと、留守と思ってかえってよく来るんじゃないかと思えば
四六時中、聞きたくない時でも音楽をかけてみるようにしてみたり・・・・

あまり頻繁に大家さんが来て、大きな音をさせたりする時には、
「いますよ・・・」という合図にもなるように、こちらも動いて生活音をさせたり
携帯で誰かと話してみたり・・・・

でも事態は何も変わらず・・・(--

しかも問題はその床下物置だけでなく、我が家のすぐ横に、大家さんの数台あるうちの
車の1台をとめていて、しょっちゅう勢いよくそのドアを開けたり閉めたり。

特に何かの作業をしているとは思えないような時でも、そこにも長く留まったり・・・・

仕方ないので、そのうち床下に物置のない部分のリビングに逃げるようになると、
今度はその大きなフロント窓のすぐ前で、彼は何か作業をし始めたり・・・・

その他にもこれってかなり失礼だよねと思えることや、
信じられな~いと思うような行動がいくつも起きるようになり・・・・

彼が鈍感なだけなのか・・・、それともこれはいやがらせなのか・・・?!?(--)

すべての人がとは言わないまでも、やっぱり物事を察する度合が日本人とは
かなり違ったりもするアメリカ人・・・・

これは、「嫌です!」と本人に言わなければいけないことなんだろうと思うようになり、
そんなにペラペラではない私は、文面で大家さんに事態の改善を伝えたのです。
(英語で書くことは、こちらの学校で鍛えられていたので・・・)


ところが・・・

それを毎月の家賃を払う方法と同じやり方で彼のポストに入れたにもかかわらず、
のちに受け取っていたことを白状したのですが、このあとしばらくの間は、
彼はそれを受け取っていないと言い張り、さらに行動がエスカレートしていったのです。

敷地内にある他の家のはしないのに、我が家だけなんの前ぶれもなく
はしごをかけて壁などを掃除するふりをしながら窓から中をのぞくようになったり、
たくさんの人を床下物置につれてきて大声で長時間話したり・・・・
(これはまるで私のすぐ横で人が話しているような感じで、トイレさえ使えませんでした)

彼が床下で大きな音を立てていたある日、ついにこちらもニャロメーと頭にきて
ひょいとイスを2~3個、その床の上に放ってみたり・・・・

こちらをおとなしいアジア人と見くびっていたのか、この時はさすがに彼も驚いたらしく
2~3日はおとなしくしていたのですが、

この事態を知った旦那クンが正式な文面で2通目3通目の手紙を
いくつかの方法で送りつけてもまったくの無視・・・・

電話で交渉してもあやふやな態度・・・・


現実生活では、望まなくてもやらなくてはいけないという時がやっぱりありますね(--;

やがてこれは安心快適な住まいの提供ができていないということで、
私たちはそれなりの態勢を整えることになっていったのです。



最初は、状態さえ改善されればよいと思っていた事態だったはずのもの。

色々と我慢したり、様々な努力もしてみたけれど

どういうわけか、この時だけはもっとひどくなることが多くて・・・・


そのころから


もしかして、これってこの家を出なさいというサインなのかしら?!

とも思うようになっていたのですが


そう思うようになってから本当に

そういったサインやメッセージが増えることになっていったのです・・・☆



つづきます^^
[ 2009/08/27 07:55 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(10)

ストレージの上


こちらも週末が明けて、月曜日になりました♪

旦那クンのパソコンをお直しに出しているため

このところ私のPCを共有していて長時間使えなかったのですが

今日は、ようやく記事がアップできそうです^^


 夏


さて・・・どこから書いていこう・・・・・


しばらく記事を書くことから遠ざかっていたので、

少し感覚もにぶってるみたいです(笑)



まずは引越しの話からですね^^


前の家はマンハッタンからも、そして旦那クンのオフィスがある所からも
だいぶ離れた・・・緑のかなり多い街にありました。

数軒を1人の大家さんが見ている所だったのですが、季節が暖かくなると同時に
その彼が 我が家の床下にある物置を、毎日頻繁に使うようになったのです。

我が家の3分の2に当たる床下が、ちょうどその地面むき出しの物置の上になっていて、
そこには家の手入れなどに使われる大家さんの大工道具やら液剤やら、その他にも
プライベートで使うバーベキュー用具などがたくさん置かれていました。

普通一般的には、家の造りがそうなっている場合、
そこに住む人たちが自分達の普段使わない荷物をいれたりするために使われるのですが、
その家では私たちの荷物はほんの少しその物置の端に置くのを許されただけで、
あとは大家さんのものでいっぱいだったのです。

元々借りる時点で、床下にストレージ(物置もしくは倉庫)があることは告げられてはなく、
コロラドから引っ越して来た時点で初めてそれがあることに気づいた時にも、
私達がそれをほとんど使えないということは言われてはいませんでした。

実は昨年NYに飛んだ時に、実際に物件を見てピンと来た良い家があったのですが、
契約寸前になって旦那クンが急に反対しだしたために、もう少し安い物件をネットで見つけ
それをこちらに住んでいた日本の不動産の方に見てもらってしぶしぶ決めた家でした。

なので細かいことがわからなかったのですが・・・・・

でもこういう時って・・・・、のちのち何か起こるものなんですよね(--)


現実との折り合いで、直感が違うとどこかで言っているにもかかわらず

これを押し通すことはわがままなのかな~と折れた時ほど

後になって、やっぱりなあと思い知らされることがよくあります。


当時は予算や時間に追われてバタバタしていた上に

引越しシーズンでもなく、

あまり選択肢がなかったのも事実なのですが・・・・


現実と直感の折り合いを 

どこでつけるのかというのは、

時に難しい時がありますね・・・(笑)



話をその床下物置に戻すと

大家さんがその物置に入って来て何かを探したり作業をしたり、携帯で話したりすると、
上にいる私には、まるで同じ部屋の中にいるように感じられて・・・・。

その逆に、こちらが部屋でセキやくしゃみをしたり、誰かと話したり
トイレやキッチンを使えば、それも床下にいる彼には丸聞こえ状態・・・・(--;

築80年近い古い家の床はただ歩くだけでもギシギシいって
下からは、どの部屋のどこに今 人がいるのかがすぐにわかってしまう状態。

なので、彼が床下に来ると、ほとんど動けないことに・・・・。

そんなプライベート感ゼロになる状態が、多い時には日に10回以上も。

しかも長い時には、1回に数十分もそこにいるため、
自分の家にいても全然落ち着かなくなってしまったのです。

いつ来るかわからない・・・・

来たら、どのぐらいそこに留まるのかもわからない・・・・

主に週中の朝9時ごろから夕方あたりまでに起きていることなので、
オフィスにいる旦那クンはつゆ知らず・・・♪


最初のうちはこんなものなのかとジッと我慢していたものの、

そんな状態が数ヶ月も続くうちに、

やがてそれは大きなイライラへ・・・・(笑)



つづきます^^



P.S. 風水でも、倉庫や物置の上にある家はよくないと言われています。
   その理由には、不特定多数の人が出入りするので落ち着かないとか、
   虫が上がってくるから・・・・・など、いくつかあるのですが
   見事なほど、それらがあてはまることになるのでした☆
[ 2009/08/25 04:33 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(8)

ただいまです^^


こんにちは~、おひさしぶりです♪

元気で お過ごしだったでしょうか?(^^)


かなり小さいですが、それでも交通の便のとても良い新居に移り

荷物の片づけも ようやく終えることができました。


   ひまわり


数年に1回あるかないかぐらいの、大きなスピリチュアル・テストでもあったかのような

今回の出来事でしたが、友人達から多方面に渡る励ましを受けたり

自分でも物理的・精神的に色々と工夫して対処しているうちに

面白い発見や気づきがいくつも起こり、

それと同時に 

物事も徐々に終息していきました・・・☆


この時期、

起きていることは個々に違えど

たくさんの人にさまざまな試練やスピテストなどが起きているのが

肌でわかる出来事でもありました。


このことから得た私なりの理解やその対処法などを

ここに書くことで、

それがまた誰かにとっての

参考や励ましにでもなったらなら・・・とても嬉しいことですね♪


今回の引越しのお話を含め、

最近起きはじめている 新しい世の中の流れのことなど

来週から またここで 書いていきますね^^



その前に、ライトさんのブログ読者さんと重なっていない読者さんのために、

彼女のほうでは、「時満ちて・・・」のお話が続いていますので、そのご案内です。


カテゴリー 氷河と宇宙の光 から

ページの下から、ずっと読めるようになっています。

あの湖で以前に出会った、摩訶不思議な竜巻のお話などが書かれているので

興味のある方はぜひ読まれてみてくださいね^^


それから・・・・

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

ランキング参加を終了しました。

かねてからある程度の成果が出たら、ゆっくりと続けていくためにも

やめようと思っていたのですが、初夏ごろから 何度か3位内にも入らせてもらえ

ブログの画像も出るという面白い体験もさせて頂くことができましたので、

夏休みに入ると同時に、ランキングを外させてもらうことにしました。


今までご協力してくださった方々、

本当に本当に ありがとうございました m(_ _)m



それでは・・・・


この秋からも、

またよろしくお願い致します(^^)




[ 2009/08/20 06:18 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(18)