青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

船出♪


星の配置では、新しい扉がまた開く時だそうですが、

次のステージが始まると同時に、

プライベートでも、次へ進むことになりました^^



今週はそのために少しバタバタしていたのですが、

ここでちょっと、1週間ほどの夏休みにしようと思っています。


メールなどの返信は少し遅れたりするかもしれませんが、

PCのほうは、ほぼ使えると思いますので

用事のある方は、いつものようにメールして下さいね^^


          さんばし



今年の日本は猛暑だそうですが、

暑い中、どうか無理などされませんように・・・・♪



それでは、8月に入ってからお会いしましょう(^^)p゛

船出の詳細も、その時に・・・笑

スポンサーサイト
[ 2010/07/31 13:46 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(2)

宝の地図☆2


部屋をかたづけていて、ふと目に飛び込んできたのが・・・・

1年ぐらい前に作った「宝の地図」☆

自分のなりたい姿や、望む状況、ほしいものなどを目に見える形でボードにしたものですが、
やっぱり他の人に見られると恥ずかしいので、普段は裏向きにして壁に立てかけて
おいたのですが、ひっくりかえして改めて見直してみると・・・・

それを作成してから正確には11カ月たった現在、

なんと・・・・

そこに書かれているものの、7割ほどがすでに叶っていたのです(^^)v

中には、

今までの人生でなら、
そう簡単には無理なことだったよね・・・・

なんていう、少し難しそうな・大きな望みさえも、2つ3つ叶っていました☆

本当に、ほぉ~~~(@@)って感じで、改めて驚いています(笑)


        takara1.jpg


つい最近も、自分の中でイメージしたり、宇宙にオーダーを出すだけでなく、
やっぱり文字にすると、叶うのが早く・強くなるなあ~♪という体験をしていたのですが、
こうして目に見える形で自分の望むものをしっかり挙げておくというのは
物質・非物質の両方の領域に働きかけるので、とてもいいようです^^


アトランティス時代には、家族でも作っていたという宝の地図。

今年も怒涛のマヤ歴での大晦日も終わったことですし、
「一年の計は元旦にあり」ということで、宇宙的な青写真にもなる
今年の宝の地図づくりはいかかでしょうか?!

前に作っていたものがある方は、すでに叶っているものをチェックしながら、
新たなビジョンをまたいくつか付け加えるのも、宝の地図自体にエネルギーを
注ぎ込むことになるので、自分の人生に大きなエールを送ることができますよ・・・♪


幸せは、自分でどんどん作っちゃいましょ~!!(^^)b

[ 2010/07/28 04:08 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(8)

次の扉


このところ大きなエネルギー変化が起きていましたが、
25日あたりを境に、無事に乗り越えられたでしょうか?!^^

私も今週は、また次の扉を開けるべく
物理的な変化があるため、そのための準備に入りました。


       花、水


なので今日は記事はありませんが
最近気になったブログをリンクさせてもらいますね・・・♪


→ ウィンドウ・ファーム☆


窓なら、どんな家にもあるので、これはいいですね^^

トマトの水栽培に興味を持ったことがあるのですが、
これは窓辺もグリーンになって、見た目にも楽しそうです
[ 2010/07/26 06:39 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(2)

さわやかな日


ロスやコロラドより湿度が高めのNYとはいえ、
日本よりはやっぱり低めなので日陰などでは過ごしやすいのですが、
それでも太陽がサンサンの日は、午後になると気温もジリジリと上がってきます

暑い・・・暑い・・・・(--;

しばらくはそんな夏日を送っていたのですが、
今日は朝からさわやかな風が吹く、珍しい1日になっています。

午後になってもクーラーをかけなくていいのは
本当に久しぶりで、なんて気持ちがいいんだろう~(^^)

これは・・・昨夜の雷雨のおかげかな?!


昨日は日本から買ってきた炊飯器を、安全・おいしく使うために必要な
変圧器を安く売り出していた帰国直前の学生さんがいたので、
旦那クンの仕事が終わってから、ふたりでマンハッタンに行ってきました。

ちょうど通勤ラッシュとぶつかり、思ったよりも時間がかかったため
かえって車中から見えるハドソン川の風景をゆっくり見ることができたので、
久しぶりにボンヤリした夕暮れ時間を楽しむことができました。


夕方のハドソン川沿いの小道では、
サイクリングやジョギングを楽しむ人たちをよく見かけます。


      ハドソン自転車



たくさんの小型ヨットが、プカプカと浮いていましたよ^^


ハドソンヨット2


これは用事が済んで、帰りがけに見た夕日。 向こうはニュージャージー側です☆


ハドソン 夕暮れ


これは家近くの空。 雷雲がもくもく出てきて、稲妻もあちこちで光ってました。


雷雲



この後は久しぶりのまとまったお湿りにホッとして、
そして今日は、そのまま涼しくてさわやかな日になっています。。。

ずっとこんなだったらいいのに、

また暑くなるんだろうなあ~(ーー;


日本も、ついに子供たちが夏休みに入りましたね。

毎日お昼の献立に、頭を悩ますお母さんたちが全国各地に多数出現しそうですが、

どうか素敵な夏の思い出が、たくさんできますように・・・♪

[ 2010/07/23 07:34 ] NY散策♪ | TB(-) | CM(4)

人生の伏線と1リットルの涙


じぇるのことをやり始めてしばらくたった頃から、ライトっちとの会話の中には
このサプリメントのことが自然と出てくるようになっていったのですが、
その頃の私は無意識に「難病の人に・・・・」という言葉を連発していたそうで、
そのことがライトっちにはとても不思議だったのだそうです。

ところがのちに

「天国からのささやき 1」  「天国からのささやき 2」

で書いたようなことが彼女の身の上に起こり、「ああ!!こういうことだったのか~(@@)」
と理解したそうなのですが、私も後でそのことを聞かされて「え~?そうだったっの?!」
なんて感じでビックリしたのです(笑)


実はこのサプリメントはオリンピックでもその質の良さを認められ、
何期にもわたって公式認定されているものでもあり、アメリカではどこの病院にも
置かれている、世界でも信頼度の高いお医者さん専用の薬の百科辞典にも、
サプリメントとしては初めて掲載され、その医学的効果が注目されているのです。

日本を含めた各国のメディアでも、高い評価を受けている記事が掲載されることが
よくあるのですが、今年の秋にはじぇるに入れられていたあの成分が
このサプリメントにも入れられるため、すでにその動きが世界で注目されています。

あの天国からのささやきで登場した、筋肉が衰えていく難病で亡くなった
山形の奥さんからの語りかけがライトっちに起きていたのは
まさにこの発表がされていた時のことだったのです。


          umi0107-024_m.jpg


私が今回日本に帰った時に、知り合いや親族などにガンや脳梗塞を起こして
いる人たちがとても多くて驚いてしまったことはすでに書きましたが、
その中に一人、私が帰国中にガンで亡くなっていた人がいました。

彼女は私の年の離れたいとこであり、私が幼い頃には父の事務所にも勤め、
たまに両親が留守にする時などには私の面倒もみてくれたお姉さんだったのですが、
焼香に尋ねると、久しぶりに会った彼女は昔の面影はあるものの、闘病後ということもあり
すっかりやつれてやせ細り、すでに帰らぬ人として静かに部屋の中に寝かせられていました。

病気で亡くなった私の母よりも、いつの間にか1つ上になっていた彼女ですが、
彼女の横たわる姿をじっと見つめながら、難病やガンなどの病気に対して
何かやるべきことがありそうだなあ~と、その時さらに感じたのです。


実はこの記事を書いている時にも 沖縄にいるライトっちからメールが入り
じぇるの美容面での効果を紹介する会を開いた際に、ガンにかかわる施設を運営
されている方がその会場に現れたそうで、その彼女は会がすでに始まっていたことや、
会場まではそこから30分もかかることなどから参加しないつもりでいたそうなのですが、

突然聞こえてきた自分のガイドたちの声に導かれて参加を決めると、
予想よりもずっと早い15分という短い時間で会場に到着することができ、
そしてその会が終わった時には、ご自身の今の仕事の行き詰まりなどを
打開するための話などを沢山聞くことができたと、とても喜んでくれたそうなのです。

それ以外にもホメオパシーなどをされていた方で「サプリメントを飲んではダメと
言われていたのですが、『ここのは良いよ^^』とガイドたちに言われたので・・・」
とおっしゃって参加されてた方もいたそうで、本当に毎度ながら
私たちのほうが驚くことばかりです(@@)w


難病などに対しても熱心な取り組みを続けている会社であることは、
薬を作っても採算が取れないと言われる人数しか世界にはいないと言われる難病、
例えばEB病(表皮水疱症)などに真剣に取り組みながら、ついにはその光明(処方)を
見つけ出して多くの人に感謝されていることを紹介したことがありますが、

その他にも、沢尻エリカちゃんが騒動を起こす前に主演したドラマ「太陽のうた」では、
日光に当たると皮膚が水膨れなどを起こし、ひどい時には死んでしまうXP(色素性乾皮症)
という病気の女の子の人生を描いていましたが、これと同じ病気で苦しむ子供たちのために、
代替えの人工的な光を浴びることができる機器もこの会社では作っているのですが、
その質がとても良いということで、やはりここの物を採用している所が多いのです。


今回の私の日本への一時帰国を知らなかった旦那クンの女性同僚が4月の末に、
かわいらしいチーズという子猫が出てくるコミックブック何冊かと一緒に、あるDVDを
私にと貸してくれていたそうで、それをようやく昨日見ることができたのですが、
それはなんと同じ沢尻エリカちゃんが太陽のうたよりもさらに1年早くに主演していた
「1リットルの涙」という、脊髄小脳変性症という難病に中学生の頃からかかり
若くしてこの世を去った女性が書いた本をもとに作られた連続ドラマだったのです。

まさにこの記事を書いている途中のことでもあり、
これはメッセージだなあと強く思ったのですが、

これを貸してくれた女性は仕事を何日も休むほどの、知り合いの中でも一番大きな
肌トラブルを起こしていたため、先日、先にねこちゃんの漫画を返した時に、お礼も兼ねて
このサプリメントと抗酸化性の強いそのフルーツジュースを手渡していたのです。

もうこうなると、シンクロやメッセージの嵐が止まりません☆

1リットルの涙は本当にこちらまで1リットルの涙が必要になるんじゃないか・・・
というほど涙がとまらなかったのですが、本当にタイムリーなものでした。

ガンや難病の多くは体が固くなっていくものがほとんどですが、こうした病の根本原因は
おそらく同じようなことが関連しているような気がしています。


ところでサプリメント業界は近々規制が変わるそうで、医薬品と違い
認可を取らなくても、これまでは製造・販売することができたのですが、
これからはきちんと認可を取ることが必須になります。

そのために以前のようにはいかなくなる業者も多いそうなのですが、
逆に言えば、ある程度の品質のものでないと販売できなくなるため
質の良いものが残っていくことになる・・・ということにもなるようです。


これもじぇるぶろぐのほうでは少し書いていることなのですが、
この会社が生まれたその街には、偶然・・・いやもうこうなると必然かもしれませんが、
私は10代後半の夏休みに訪れているのです。

初渡米してホームステイをした街自体は別のところでしたが、
その時に訪れたこの街の名前は何十年たった今でもずっと忘れずにいました。

ロッキーマウンテンの見えるとてもきれいなところですが、
当時は田舎の州の田舎の街といった感じで、私がその街を訪れた頃は
まだこのじぇるの会社もよちよち歩きをし始めたぐらいの頃だったのです。

私は起こることすべてにその意味を、必ずしも探すことはしないのですが、
どういうわけか3年ぐらい前から、ふと「なぜあの夏、私は急にユタ州に
行くことになったのだろう?!あそこには何があったのかなあ・・・?!」と
思うようになっていたのですが、ここのじぇるを使うようになってから、
その理由を知ることにもなり、出会いの伏線がすでに子供の頃からあったことに
不思議な縁と驚きを感じていたのでした。

さらにおととしまで住んでいたチベットの方が多く住むコロラドのあの街にも
このじぇるへつながる伏線があったのですが、こうしたことは私だけでなく
ライトっちにも実は起きていて、ロスで彼女が縁のあった土地のいくつかは
このサプリメントにじかに携わったほうの会社の創始者たちが
こよなく愛し、事業を始めたところでもあったのです。


このところ起きていた様々なシンクロやメッセージを見せられるにつけ、
今やっていることへの大きな後押しと確信を感じずにはいられないことばかりですが、
これからも自然と起きてくることに乗って、動き続けていってみようと思っています(^^)
[ 2010/07/20 06:33 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(8)

見つけた^^


日常生活のあらゆる面が、以前よりもくるくると
心地よく回っているような気がする、不思議な感覚も多い今日この頃。

じぇるを使われる人も多くなり数か月たった今、
浄化の嵐をひと山もふた山も越えて、その感想も今いる地点も人それぞれに様々ですが、
「気づいたらなんとなくすっきりと安定して、楽しい感覚が以前よりも増えています」
「自分の中に「愛」が満たされてきているのを感じて、自然と動き出したくなっています」
「日常にラッキーなことが増えて、気づいたら前向きな言葉を話す人達に囲まれるように
 なっていました」などの、嬉しいメールをもらうことが最近とても増えています^^

そればかりか「じぇるは使ってはいないんですけど、なんだか嬉しくて
ありがとうございます♪」なんていうメールまで、初めての方から頂いたりする
面白い現象までもがこのところよく起きていて、こういうものってやっぱり
エネルギー的にもデンパしていくものなんだろうか・・・?!なんて思っています(笑)

浄化が進むと、天使やドラゴンが急に見えるようになちゃったり・・・?!
なんて思われていた方もいらっしゃるようなのですが(^m^)

実際に一番多く起きてくるのは、日常の中のあらゆる面での
快適さや豊かさとしての変化なんですよ・・・♪


    プール


日本滞在の終盤から、こちらに帰ってきてのしばらくの間・・・・
なぜかリアル知り合いたちから「肌に良いものがありますか?!」と
聞かれることが続いていました。

これは以前から聞かれることがたまにあったのですが、
それがこの夏は、特に増えていたのです。

旦那クンの実家を訪れた時には、彼の60代になる叔母から
30代になったばかりの、友達新婚夫婦のお嫁さんにまで聞かれたのですが、
それはどうも私の肌の調子がとてもよかったから・・・らしいのです。

もともと肌トラブルは少ないほうで、この年下の新婚夫婦の家には宿泊もしたため
お風呂あがりのすっぴん顔も見られているのですが、それもまた信じられないと、
何を使っているのかを聞かせてほしいということで、その夜は今使っているじぇるを
塗ってあげたり、今日お話しする物を教えてあげたりしたのです。


今までにも何度かここでも書いてきていますが、
私の人生の中では注目することの多かったビタミン・・・☆

今回の日本への一時帰国では、こちらにいる時よりも
やはり日本製のビタミン剤が手に入りやすいこともあり、
帰国そうそう、高校の頃に愛用していたメーカーのものを中心に
改めて集中的にいくつか摂ってみていたのですが・・・・、
年をとったせいなのか、それとも内容物が若干変化してしまっているのか、
高校生の頃に感じていたほどの効果をどれにも見い出すことができずにいました。

やっぱり総合ビタミンのほうがいいのかなぁ・・・・、
石油系から作られた人工素材のものではない、天然のものがいいなぁ~(--)

そんなこんなで、良いビタミンはないものかな~と思っていたところ、

帰国の真ん中あたりから、じぇると同じ会社から出されている自然素材の
総合ビタミンサプリメント(以前にも記事にした、日本の大手製薬メーカーさんでも
作ることができないと言われているもの)と、天然ビタミンが豊富なアジアの
ある地域の木の実などから作られた抗酸化性の高いジュースの2つを、
どんなもんだろうか・・・?!と試しに飲み始めてみたのです。


その結果は・・・・


予想以上で、ビックリでした(@@)


短期間でお肌がつるつるすべすべに・・・☆

最初のうちは気のせいかなぁ~とも思っていたのですが、人からもよく
驚かれるし、遅れて帰ってきた旦那クンも一緒に摂るようになったところ
10日ぐらいして、アトピー気味の彼の肌までもがあっという間に
つるつるすべすべに・・・・(@@)

彼がそんな肌の状態になるのは、コロラドで学生として過ごした2~3年前の、
青野菜やフルーツを今以上に山ほども食べていた頃に一度あっただけなので、
私以上にビックリしてしまったようで、それ以来今日現在まで、
彼は毎日「肌すべすべ~^^」とテレビを見ながらでも、無意識にどこかの肌を
常に自分ですべすべ・さわさわしている状態です(笑)

肌は一番表に出た腸とも言われているので、肌がそこまですべすべということは
腸内環境もとても良い状態であり、免疫力も高くなっていることを物語っているのですが、
最近はアトピーなどで以前にかきむしってできた茶色のシミのようなものもなくなり、
彼の体中の肌は白くもっちりとしてきています。

そしてこれもまた不思議なことに、足のジェルクリームの時と同じように
すごい効果だな~と感じていたところ、じぇる使用者さんたちが集うコミュでも
この2つを飲みだしたところ、5日という短期間でその効果を実感するように
なりました・・・という書き込みが入ったのでした(@@)

そのコメント返しでは、このビタミンジュースでアトピーの子が改善したり
髪がつやつやになったりして驚いているというアメリカの人のことや、
全米屈指のアトピー専門のドクターがこれを使って効果をあげている話などを
ライトっちが書いたのですが、自分の体験と合わせても、とても納得のいくことでした。

まさかこんなところに探し求めていたものがあったとは!!という感じで、
私自身、もっと早く使い始めればよかったなあ~と思ったほどでした^^


私がブログをしているなんてことをまったく知らない実際の知り合いたちから、
肌に良いものを聞かれることが多いのは、こういったものを必要・探している人が
今たくさんいるんですよ・・・ということだとも感じています。

実際に真剣に悩む方からの問い合わせなどもこのところ多いのですが、
こういった自分で実際に体験したことを書くことで、そういった人たちへの
何かのヒントやきっかけになってくれたらとも思っています。


ここではじぇるの霊的な作用などもお話ししているため、
多方面に迷惑がかからないようにと製品名を伏せていますが、
もっとこの情報を知りたい方は、ぜひじぇるぶろぐのほうにどうぞ・・・♪

日本に帰っていたこともあり、忙しくて一時少し止まりぎみでしたが、
最新の情報とともにまた少しずつアップし始めていますので
よかったらのぞきに行ってみて下さいね^^


まだこの続きがあるのですが、
ちょっと長くなるので次回にしますね・・・☆

[ 2010/07/16 04:17 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(6)

イヤー・キャンドル☆


4月に、ロス郊外のライトっちの家で、初めて体験したイヤー・キャンドル♪

蝋(ろう)のようなものに浸した包帯のような布をぐるぐる巻いてできた、
中が空洞になっている耳穴ケアのキャンドル。


       イヤーキャンドル1


十何年も前から話にだけは聞いていて、やってみたいと思いつつも
やる機会がまったくなかったイヤー・キャンドル。

それが今回偶然「持ってるよ~。体験してみる?!^^」のライトっちの一言で、
陽さんともどもやることになったのでした。 → イヤーキャンドル by ライトっち

耳に差し込んだコーン状の長いキャンドルから大きな炎が出ている様子に
笑い転げる陽さん・・・。確かに初めての人からすると、まるで耳から
火を吹いているようで、ちょっと笑える図でもあるのです(笑)


世界経済を牛耳るだけでなく、古代から伝わる体のスペシャルケアなどについても
よく知っているジューイッシュ(ユダヤ)の人たちは、子供の頃からこれを
年に1~2回はしているそうで、ユダヤ人街には必ず売っている物なんだそうです。

日本でも一時流行った物で、最近はあまり耳にすることがなかったのですが、
古代秘儀でもなんでも良く知っているユダヤの人たちが今でもよくやっているものなら
悪いものではないんだろうな~と、ずっと思っていました^^

 → イヤー・キャンドル って、こういうもの・・・♪

燃えカスが顔にかかったりしないように、下の写真の真ん中にあるような受け皿を、
簡単に紙などで作ってやったりします。


             イヤーキャンドル2


私もやってみましたが、耳の中や周りがお灸のように熱くなったり・・・・
なんていうこともなく、もちろん何の痛みもともないません☆

横になったら、火のついたこの空洞のキャンドルを耳の穴に差し込み、
誰かに5分ぐらい固定していてもらうだけです。

頭の中などに詰まったエネルギーなどがある場合には、
ピンクのラインまで燃やして火を消した後、残った空洞部分をのぞき見ると
そこに溜った燃えカスや耳カスなどが、黒く固まったりしている人もいるそうです☆


ジューイッシュ(ユダヤ)の人と言っても、その階層もさまざまにあるのですが、
世の中を支配する側のトップにいるユダヤ人たちは、古代から伝わる
優れたさまざまな英知を、今でも広く日常に活用しています。

昔、日本にいたころ、船井幸雄先生から「世界の構造を本当に知りたいなら
彼らの考えや行動の基盤となっている経典を1つや2つは読んでおいたほうがいいよ^^」
と言われ、実際企業家などが集う席上でも「タルムード」などの名前をあげられて
いたので、私もそういったものを簡単に読んでみたことがあるのですが、

ユダヤの上層社会にいる人たちは、子供を受胎する日などにも
昔から経典の中で定められている日数があり、それは科学的にも本当に
細胞のもっとも元気な日になっているため、その日に受胎された子供たちは
知力・体力ともにやはり優れた子が多くなっているのです☆

彼らが世界を牛耳ってきた陰には、そういったところからの
ケアが山ほどもあるのです。


彼らの住む高級住宅街近くにはなぜか鍋などを売るお店が必ずあるそうで、
それがつぶれることもなく繁盛していることがライトっちには長年不思議だった
そうなのですが、それは彼らが1~2年ごとにフライパンなどの鍋などを中心とした
調理器具類を買い替えるためだからだそうで、そうすることにより
古くなった鍋などから流れ出る毒素を体に取り込まないようにしているのだそうです。

NY市郊外にはそういった上層社会に住むジューイッシュの居住区も多く、
おしゃれな豪邸や緑が素敵に配された街などになっているため
そこは私の大好きなドライブコースにもなっているのですが

今度じっくりとお鍋屋さんや、このイヤー・キャンドルを
売るお店などを探してみたいと思っています(^m^)


古代から伝わる秘儀などもよく知っている、
彼らのそういったスペシャル・ケアを試してみるのも
なんだかドキドキ・ワクワクして、ちょっぴり楽しいです・・・♪
[ 2010/07/13 05:04 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(6)

栄養の貯金♪


どうしてこんなに暑いんだろう~?! 去年もこんなに暑かったっけ?!
なんて思っていたら・・・・、東海岸には熱波がきていたんだそうで(--;

どうりで猛烈に暑かったわけです・・・(笑)

こんな時には冷たいものばかりがほしくなりますが、
日本なら、旬のスイカなんかをガブリッと食べたら、おいしいんでしょうね~♪


   ピンクのくるりん蕊



今のあなたの現実を作っているのは、過去のあなたが思い描いてきたものだ・・・・
とはよく言われることですが、今のあなたの体を作っているのは
過去のあなたが食べてきたものなんです・・・・というのを
改めて認識させられた今回の日本滞在☆

お茶会でスキャナーを出したということはすでに書いていますが、
3~4人ぐらいの方が、日本のスキャナーの最高値を表す
一番右端の紺色のバーを打ち出していました。

そんな様子をライトっちの話を聞くと同時に会の進行状態も見ながら
視界の端っこで見ていたのですが、親友が測定するとなんと彼女もそのバー・・・!!

あれ。。。スキャナー壊れてる?!(^^;

とっさにそう思っていました(笑)

もちろんこれは私だけでなく、当の本人も

ん?!このスキャナー壊れてるの?!と思っていたそうで・・・(爆)


ビジネス界のオスカー賞とも言われる、スティービー賞にも輝いたスキャナーなんで
簡単に壊れることなんて本当はないんですが、この時は2人して
本当にそう思っていました・・・(^m^)


実はエナちゃんと新宿のミネラルショーに行った日、私たちのところに
偶然この親友が飛び込んでくるということが起きていたのですが、彼女のあまりの
心身のエネルギー枯渇状態に驚いたエナちゃんの手と口がとっさに動いて
その場でエネルギー調整がほどこされてしまったほどでした。

もちろんその日の危機的な体の状態を自分でも察知していた本人も
同じ日の夕方に整体の予約を取っていたのですが、この日
エナちゃんから言われたことと、整体師の人から言われたことが
ほとんど同じだったそうで、仕事からくる猛烈なストレスで
心身が極度のアンバランスとエネルギーの枯渇を起こしていたのです。

何十年にもわたるストレスフルな仕事の拘束時間はあいかわらず毎日長く、
毎度の食事にも十分に気を配ることができずにいるような状態でもあったため、
スキャナーの数値はさぞかし悪いのだろうと2人して思っていたところの最高値・・・・

(@@)ふたりして狐につままれたようになっていました(笑)

後日もしや・・・と思ったのが、
その時にライトっちがお茶会に参加されたみなさんにお話ししていたこと☆

数日前にそのこともチラリと書いていますが、以前スキャナーで高得点を出された方は
母親が毎日のように作ってくれるたくさんの野菜の煮物で育った人だったというもの。


日本滞在の最後の日の夕方、親友とカフェをしながら改めて聞いてみると

うん、うちは両親ともに農家の出だからね、今だって趣味で野菜を作っているし
私は子供のころから、そうやって親が作ってくれた野菜で料理されたものを
確かにたくさん食べてきてるね・・・(^^)v


思ったとおりでした。

彼女はものすごい財産を、両親からもらっていたのです・・・♪

子供のころのそうした栄養の貯金は、大人になってから食生活が悪くなるようなことが
一時あったとしても、少しずつ引き出して使うことができるそうなのですが、
彼女にはその貯金が山ほども体に貯まっていたのでした^^

スキャナーで測っていたのは体内の抗酸化度でもあり、
免疫力の強さでもあったのです。

そのことを本人にも話すと、

そういえばね、あの整体師さんから最近「あなたの体の本来の力は
割とあるほうなんですよ・・・」って言われたんだよね~^^


こういう人はストレスで倒れそうになっても、
体の基盤ができているのでちょっと生活を整えるだけでも
回復力がものすごくあります。実際彼女もそうだったのですが、
ここ数年は「あまりに忙しかったら、フルーツを丸かじりだよ~!!」と
言い続けていたのも、やはり少しは効いていたようです^^

補助として自然派の質の良いサプリメントで栄養を補うことも
今の時代には必要なことですが、それ以前に、やはりきちんとした食べ物から
良い栄養を摂っていくということは、基本中の基本であるということを
改めて認識した出来事でもありました☆


最近多くなってきている「うつ病」も栄養不足によって起こりやすくなるのですが、
スナック菓子などの食べすぎでは栄養不足になってしまいます。

アセンションを前に体がボロボロでは、その波をヒラリと乗り越えることはできません。

心身の調子がいまいち・・・という人は、まずは煮たものでも生のものでも
日頃から野菜などを多く食べるようにしてみてくださいね^^

野菜好きの我が家でもよくやるのですが、
面倒な時には、きゅうりやニンジンやセロリをスティック状に切って、
お味噌やグアカモレのディップなどにつけて食べるだけでも、元気がもらえますよ・・・☆

[ 2010/07/09 06:01 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(6)

夏が来た♪


こちらに帰ってきてからの数日間はとっても涼しかったのに、
このところ、またまた暑くなってきています

話に聞けば、今年のNYはなかなか暑いとかで・・・・
今朝も朝からムア~っと暑いです(^^;

そんな中、おとといの夜は独立記念日のジュライ・フォースで、
マンハッタン脇のハドソン川で打ち上げられた花火をチラッと見に行ってきました

チラッと・・・と言うのは、あまりの人(車)ごみに交通規制も厳しく
花火をあげている近辺にはニュージャージー側からも近づけなかったので、
昨年と同じ大手日系スーパーの敷地内の川岸から、遠目に楽しんできたからです(笑)

左はマンハッタンの摩天楼たちで、右手のビルの向こうで打ち上げられてます。
これは赤い花火が終わった直後なので、少し暗いですね・・・☆


   花火


帰りがけにハドソン川の横にある展望台からNY州側を眺めると
10~20ぐらいの花火が街の至るところであげられているのが
遠くにたくさん見ることができました^^

コロラドなど乾燥の激しいいくつかの州では、山火事などを警戒して、この日以外に
花火をあげることは州の法律で禁止されているのですが、湿度の高いNY州はOKなようで、
この数日間は、夜になるとあちこちで花火のうち上がる大きな音がよくしていて
アメリカ人のお祭り気分も最高潮になっていました。

ジュライ・フォースのころは年間でも一番暑くなる頃。
今年もまた夏が来たんだなあ~♪と、アメリカで迎える8回目の夏に
時の経つ早さをますます感じています。


      みどり


家を空ける時には、ドカッと空けることになってしまうことが多い我が家。

一時帰国などをするたびに、それまで可愛がっていた緑をダメにしてしまうことが
よくあったのですが、今回はこのように水差しにしていたものは元気なままでした^^

今後、我が家では土ではなくて、こんな水差し型の植物が増えそうです(笑)


      フルーツ


そしてこれは、今朝食べたフルーツ☆

キウイにマンゴーに、オレンジにバナナ。

日本で買ったカフェボウルに入れて、木のスプーンでいただきました(^^)


どうかみなさんも、夏バテなどしませんように・・・♪

[ 2010/07/07 03:32 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(2)

ある感覚☆


アメリカへ帰ってくる直前だったこともあり、
お茶会を手伝ってくれていた人たちのことなども
書けないままでいましたが、当日はエナちゃんが免疫力を測る
スキャナーのお手伝いをしてくれたり、場所の設定や会の開催自体を
陽さんや勇者ひかりさんが手伝ってくれていました^^

すでに彼女たちのブログや、ライトっちのブログなどでもそのことが
紹介されているので、お読みになっている方もいらっしゃると思いますが
ここでも感謝の意を込めて、改めて載せておきたいと思います。

エナちゃん♪
 
(みんなの写真を載せてくれていますが、今まで通りネットでは
あまり顔を出さないつもりなので、私の顔はハートマークになってます^^)

勇者ひかりさん♪ 


        yasai.jpg


そしてこの日の夜は、昔からの友人でもあり老舗スピブログの
「精神世界の鉄人」のトーマさんとも久しぶりに会うことができました。

2003年に渡米する前から、彼とは色んなところに行ったり
たくさんのお話をしてきていたのですが、沖縄出身者ということもあり
ライトっちとずっと引き合わせたいなあと思っていたのですが、
ようやくその願いがかないました。

思った通りの地元(沖縄地方)の不思議ネタで盛り上がったり、
このところやってきたことを裏打ちをするような話をたくさん聞くことができたりと
とても楽しい時間を持つことができました^^

26日からの激動のことは、その彼からその日聞かされたことだったのですが、
準備が整っていると、激動の日々にはならないのだとも教えてくれました。


        ソテー


最近・・・自分の中で、意識を持ちながらも
さらに深い領域と接触し始めたのを感じています。

今までは、もっと瞑想や呼吸法をして鍛えなければ到達できない・・・と
どこかで思っていた領域のようなものに、いつの間にか踏み込んでいる自分を
ふと感じる瞬間を時たま持つようになったのです。

こうしなければなれることはできないと思っていた、完全無欠とも感じられる
もっと意識の拡大した領域とも言えるところ・・・・

ところがここ最近、ふとした瞬間にその拡大した広大な意識のようなものが
時々自分と重なっていくような、不思議な瞬間を感じることがあるのです。

昨夜、眠るときにもそれと自分の肉体が
1つに重なっていくような不思議な感覚を覚えました。

それはすべてを知っていて
すべてをゆだねることができると同時に
想いや願いさえも無理なくスッと叶えていくことができるような
とてもシンプルで、宇宙そのものとドッキングしているような感覚。

簡単には到達できないと思っていたものは
実は寄り添うようにして、いつもすぐそこにあったみたいです。。。。

とても静かで、自分と外との境界が消えてしまっているような感覚。

この感覚を、もっと楽しめるようになってみたいですね・・・^^
[ 2010/07/04 08:05 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(4)

NYからこんにちは^^


3年ぶりの帰国でもあったので、
2ヶ月という長めに設定したはずの今回の一時帰国も

やっぱりというか、なんというか・・・・

あっという間に終わってしまい、
今朝、7月1日の朝は、ふたたびNYからです(^^)p゛

日本の30日の午前に飛び立ち、
同日の夜中近くにこちらに着きました。

こちらではまだ30日のお昼を回ったばかりだったので、
それから夜までの長いこと長いこと・・・・(笑)

時差ぼけを早く直すには現地時間に合わせて行動するのがいいのですが、
気を許すたびにコックリコックリとなりそうになりながら夜になるのをひたすら待ち、
夕ご飯を食べてお風呂に入ると、いつもよりも2時間近くも早くバタンキューでした(笑)


グッスリ眠って一夜明けた、今は1日の朝。
NYは快晴です

それまでに住んでいたロスやコロラドよりも湿気が高いとは思っていたけれど、
日本よりはやっぱり湿気が少ないことを改めて実感。。。

寒いくらいの涼しい朝です・・・(笑)


 クライスラー方向



日本滞在中は、本当に色々な人たちにお世話になりました・・・♪

お茶会に参加してくれた方をはじめ、
遠足などで知り合って、ここ数年ネット上で交流をしてきた方、
昔からの友人・知人など・・・・

もっとゆっくりお話ししてみたかったり、
連絡してお会いしてみたかった方もたくさんいるのですが
あっという間に時間切れになってしまい、とても残念でした(ーー;

これは次回へということで、次の帰国に楽しみたいと思います・・・♪


アメリカへ飛び立つ最後の日の晩、家族で近くのデパートの最上階にあるレストランで
夕ご飯を食べたのですが、それまでのカラ梅雨っぽさとは打って変わった雷雨になり、
キラキラ光るたくさんの雨粒が踊るように流れる様と、稲妻が光る夜空の素敵なショーを
目の前の大きな窓ガラスから、思う存分楽しませてもらいました。

普段物静かな父までもがその様子に歓喜していたのですが、ものすごい数の
竜神たちが上でグルグル動いているその様子を楽しんでいた次の瞬間、
天空から「ごくろうさま♪」と声をかけられたので、笑いながら横にいた旦那クンにも
そのことを言うと、「うん、僕にもわかったよ^^」と・・・・(笑)

その後、家に戻ると真っ暗な私の部屋の中で、これまた最近はまったく使っていなかった
卓上の洋風ランプが1つ、ポッと点いていたのでした(笑)

アメリカの家の時には最初は慌てましたが、2度目ともなるとこれは「サイン」だと
もう慌てることもなく、クスっと笑いながら消させてもらいました^^



まだ日本でのことなどもすべて書き終わってはいないのですが、
それもまた機会のあるごとに、ゆっくり書いていこうと思っています。

それにしても日本は、やっぱり楽しいところですね^^

生まれ育った母国ということもあり、決め細やかなサービスや
洋服でも食事や雑貨などでも、やっぱり自分とはテイストが合っていて
ムゥ~っとした湿度以外は、リラックスしてとても過ごしやすかったです(笑)

親兄弟や親友ともたくさんおしゃべりできて、リフレッシュすることもできました☆



短いながらもひとまずは

日本でお世話になった方たちと、
いつもこのブログを読んでくださっているみなさまへ

アメリカに無事、帰り着いたことへのご報告です♪


本当にありがとうございました。

そして暑中見舞いと同時に、
これからもよろしくお願い申し上げます(^^)

[ 2010/07/01 22:47 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(12)