青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

黒字の金曜日♪


4連休だった感謝祭ウィークも終わり、
太陽サンサンの静かな月曜の朝を迎えています・・・☆

民族大移動週でもあったアメリカは、久しぶりに親族と過ごすこともあり、
走っている車の中を見ても、いつもより家族率が高い時期でした^^

こちらに親・兄弟がいるわけでもなく、子供もいない私たちはと言うと・・・・
親などのいる実家で盛り上がるこの時期には、当然外出に回るグループになるわけで
今年もニュージャージーにある、海沿いの街を訪れていました(笑)

カジノもある街ですが、アメリカのカジノというのはファミリー色がとても強く、
特にここは幼い子供を連れた家族もたくさん遊びにきている、健康的なリゾートです♪

今回は以前よりも中国系の人をたくさん見かけたのですが、中国経済は
やっぱりかなり羽振りがいいんでしょうね・・・・老いも若きもすごかったです。

そしてそんな彼らがたくさんいるところには、おいしい中華もあるわけで、
これはスナック感覚で軽く食べられる所だったにも関わらず、アメリカでは
珍しいほど繊細で、とってもおいしいものでした(@@)

ワンタンラーメン。 下に卵麺も入っていて、すっきりおいしいスープです。

        わんたん

こちらはカルビ・キムチライス。
脂っこくないし、こんなおいしいキムチもアメリカでは珍しい・・・。

        きむち


ゆっくり海を見たり、夜にはちょこっとだけカジノを楽しんだり、
おいしいものを食べたり・・・という楽しみはもちろんですが、
やっぱり街全体がアウトレットモールのようなこの街では、年間を通しても
最大のセール日にもなる感謝祭翌日の、「ブラックフライデー」が楽しみ^^

アメリカも、物価がとても高い国・・・☆

あらゆることに、東京並みのお値段がついているので
日本にいた時よりも、私たちのお財布のヒモも当然固くなっています。

特に旦那クンは平均的日本男性よりも物を買わない人なので、
彼に合わせると、こちらでは化粧品も服も年に1~2回買うか買わないかです。
なので日本に一時帰国した時に、まとめて買い物をしてくることも多いのですが
それだと初夏に帰ることの多い私は夏ものばかりで、冬服が衰えて行くいっぽう(笑)

昨年、ここでとても良い買い物ができたことに味をしめた旦那クン。
仕事場に着て行くものでほしいものがあるらしく、くたびれてきた靴なども
新しく揃えたいと、彼にしては珍しく買い物に積極的になる時。

私にしても、そんな日を見逃す手はありません(^皿^)
予算を少し用意しましたよ・・・(笑)

ところでブラックフライデーとは、高級デパートからスーパーまでもが
この日は一番下げ幅のある大セールをするため、買い物客が押し寄せることから
「黒字になる金曜日(感謝祭:11月の第3木曜日の翌日)」という日です。

テレビコマーシャルで、デパートやスーパーなどが
「朝の4時からお店を開くよ~♪」と告知しているのを見るたびに、
旦那クンと「あはは、早過ぎて無理だよね(^^;」なんて笑っていたのですが、
もちろんセールは1日中やっているので、急がなくてもいいんです。

ゆっくり起きて、朝の9時過ぎに私たちも買い物へ向かいました・・・☆


あ~、いるいる・・・・・ 

すでにたくさんの買い物袋を提げた人で、大にぎわいしています^^

  かいもの1

「重いからあなた持って」とか言ってるんでしょうね・・・・(笑)

   かいもの4

この日ばかりは男性も、女性も、どの国出身の人も、よく買います^^
クリスマスプレゼントなども、お値段の安いこの日に揃えてしまう人も多いので
洋服だけでなく、雑貨やおもちゃなどもよく売れるんですよ。

   かいもの5

私たちも、コートやセーター、靴・ブーツ、そして小物の手袋などをゲット☆
とても良い品でも6~7割引きで買えたりすることもあるので、すごくありがたいです。

おかげで冬支度も準備万端、これで整えることができました^^



ショッピングにかける時間はそれでも短い私たち・・・・(笑)
午後早い時間には切り上げると、その日の夜に約束のあるマンハッタンへ

他に移った旦那クンの元同僚が帰って来るということで、
その日集まれるメンバーで、普段行かないようなお店に行きました。

平日は残業ばかりで、仕事の多い彼ら・・・・

たまには いっちゃいましょうよ^^ という、
20代若手たちの言葉に押されて、コースで食べちゃいました☆
NYに来て以来、一番の大奮発料理・・・(笑)

       わ3

締めはお寿司。 奥に写るガリは・・・・大のガリ好きの私が
ここのは手作りでおいしかったこともあり絶賛したところ、あちこちから
それなら「僕のをどうぞ」「私のもどうぞ^^」と集まっちゃったもの・・・(笑)

       わ4




カジノでは、元気なエネルギーを出しているところに行くと
やっぱり出るんだな~ということを改めて体験し
(機械もそうした波動を出しているんですよね・・・笑)

セールでは、お得でおしゃれな冬の準備をさせてもらい

胃袋は、いつも以上においしいもので満たされて

ゆっくりとした久しぶりの連休を、楽しませてもらいました^^


さあ、師走も始まる今週、盛り上がっていきましょうね・・・♪

スポンサーサイト
[ 2010/11/30 03:33 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(2)

ホリデー・シーズン


感謝祭ウィークのお休みにともなって
水曜日の夜から、海沿いの街へ泊まりがけで出かけていました^^

昨年暮れから関わるようになったこの仕事が、さらに忙しくなっていることもあり
この数日間はそうしたことからも一切離れて

カモメのように、思いっきり羽を伸ばして充電してきました。。。
(それはまた後日にでも・・・・笑)


        カモメ



そんな中、出かける前からもさまざまな動きがたくさん起きていたのですが、
この11月は今までにないほど物事が動いています。

私自身、新たな仲間たちとのきずなが深まるような出来事が起きると同時に
さらなる次の展開が見え始めてきました。

大変・・・・という言葉も確かにあるけれど

でも、その一方で

つながる者や物が、どんどん増えて行っている現在

昨年いた所よりも、確実に見える景色が広がっていて面白いです^^


 休日


この休み中にもあった色々なことの中で、これも大きなことでした。

大きな仕事を終わられた方が、地球を去っていかれるのが最近とても多いです。。。

CU someday by ライトっち

ICUに入り、すでに肉体から抜け出していたその彼女との会話も
ずっと続けていたライトっち。

日本でも、大手化粧品メーカーやエステなどの美容業界から大注目されるような
何千人という人の前での彼女の講演に、通訳として寄り添っていたのですが、
その寄り添いは仕事上だけでなく、まさに人生最後のその日まで続いていたのです。

ペネロピさんの眠りが安らかであることを、本当に深く願ってやみません。。。



そしてこちらは毎日チェックしていたものの
第一報はクララシエルさんからのメールだったのですが、

シリウス文明がやってくるさんが、いい夫婦の日でもある11月22日から
めでたく復活されました☆

光も闇もやってきて読んでいくという彼のブログ。
本物はどちらをも惹きつける・・・・ということなんでしょうね(^m^)

何年か前、偶然ある男性ブロガーさんから知るようになった彼のブログですが、
じぇいど♪さんのクリロズに参加していたころから、その時のスタッフ仲間や、
そして現在の仲間などにも紹介して、みんなファンになっています。

ずっと上を行く魂レベルの彼・・・・

私もライトっちも参考にしたり、日々起きている物事などを
確認したりすることがよくあるのですが、

なんでこんなこと知っているの・・・?!

というほどシンクロすることも本当に多くてとても面白いので
まだ・・・と言う方は、よかったら読みに行ってみてくださいね^^

彼が書いているような情報を、多くの人が「知る」ということだけでも
それは大きな力になっていくんですよね・・・♪


[ 2010/11/28 08:03 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(6)

楽器のおしゃべり♪


週末は知り合いのコンサートを聴きに、晩秋のマンハッタンへ・・・♪

歩いているうちにふと撮りたくなった、紅葉がまだ残る住宅街の通り。
信号待ちで車が止まっている間に、急いでパチリ(笑)


  とおり


今週の後半は、日本のお正月やお盆にも似た、故郷に帰ったり親族で集まる
感謝祭ウィークということもあって、収穫を祝うこんな飾りも・・・☆


          かざり2


そして教会の、真っ赤なドアがお出迎え^^


     いりぐち


古い造りの、なかなか趣のある内部です・・・・☆


教会内部2


ヴァイオリンとギターの粋なコラボ。

2人の温和な性格が、やさしい音色となって流れ出してきます・・・♪

最初の緊張もほどなく解けると、音にはどんどん艶が増し、
その音色は静かなのに、まるで饒舌に語りかけてくるような感じもして

ふんふん、ああそうなのね^^と言った感じで、思わず聴き入ってしまいました(笑)


          演奏2



幼かった頃、

クラシック音楽をかけられると全身が総毛立つほどのあまりの気持ちよさで、
呼吸をするのに肺やお腹を動かすのさえもったいないと思えた、
あの瞬間にも少し似た、その不思議な感覚を覚えながら

ほとんど身じろぎもしないほどに集中して、音を楽しみました^^


生の音は、やっぱりいいなあ~♪



              グラス


外に出るともう真っ暗で、冬の気配があちらこちらに・・・・
窓から漏れてくるオレンジ色の灯りが、温かく感じる季節の到来です^^


 してぃ1




ちょっぴりアートな時間を楽しんだ、週末の午後でした・・・♪




[ 2010/11/23 06:21 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(8)

ヒューマン・ビーイング☆


時代が進み、スピリチュアル自体が
さらに大きく成長・進化しなければならない時が来ています☆

現在、そしてこれから2~30年先の未来にこそ、
今までにないような様々な事が起きてくるだろうこともよくわかってきたのですが、
それをどう伝えていったらいいのだろう・・・と、いつも考えています。

日本のスピ界をけん引してこられたF井氏を始め、大手企業トップの中にも、
ペンネームなどを用いながら、そうしたことを早くから伝えていた人は
すでにたくさんいたのですが、やはり彼らもその頃から

なかなか たくさんの人に理解されないことなんでね・・・・(^^;

と、よく苦笑しながら話されていたことでした。

実際に、その頃そうしたお話をして、勤めている大学からひどい仕打ちをされ
ウツ状態になってしまわれていた方なども見てきていたのですが、
現在では元気に復帰されて、精力的に著書を出されていらっしゃる方もいたりします。

私自身、そうしたさらに進んだスピの話を聞かされていた頃はまだ年も若く、
その内容に「あり得ない」という思いはしないまでも、
やはり「よくわからない・・・・」という理解にとどまるだけでした。。。


・・・・が、

それから時が過ぎ、私も経験と年を重ねることによって
今までは見えてこなかったものが色々と見えるようになってきたのです。

そして、そこに似たような体験をさらに積んできたライトっちと出会うことによって、
そのことをお互いがさらに理解し合い、このところはそれを表現していく
時が来ている事を、とても強く感じるようになっていました。

さまざまに模索しながら、お互いのブログでもそうしたことを時折お伝えしているのですが
なかなか表現が追いつかない中、今朝ライトっちが偶然こんなページが開いたよ・・・・
と言って、「今我々に何が出来るか」というのを送ってきてくれました。


    aoi hikari


この記事に書かれている事は、F井氏を始めとする様々な先輩たちから聞かされていた
ものと同じであり、最近私たちがよく話し合っていることでもあったのです。

このところ、同じようなことを話す日米のスピリチュアルリーダーたちにも
ちょうど私たちは新しく出会っている時でありました。


スピリチュアルブームを作ったのは、その記事に書かれているような勢力でもあるため、
実はスピで良く言われる教えの中には、人をコントロールしやすくするための
ものもたくさん紛れ込んでしまっているのです。

美しいものや楽しいことだけに焦点をあわせていれば、人は幸せになれる・・・・

これはスピでよく言われるセリフです。確かに真実でもありますが、
それ以上の別の見方もするなら、社会をおさめる人間たちにとって見られては
困るものから、民衆の目をそらさせようという意図も含まれているものなのです。


人間を現す「ヒューマン・ビーイング」という英語の語源には「労働ロボット」
を指す意味もあると聞いたことがあるのですが、今の時代の状況を見れば
それは一目瞭然です。

世界には「民衆を生かさず殺さずの、ギリギリ状態で働かせる」という政策があるから
なのですが、高い失業率や給与カットなどは、今後ますます進むことになります。

今の状態ではほとんどの家庭で、生活がいっぱいいっぱいだと思います。
そしてそれは日本やアメリカだけでなく、他の国でも同じような状況なのです。

私たちは楽しくゆとりをもって生活するにはこのぐらいは欲しいとか、
こんな家に住みたいと思い描いていいし、本来はその通りになるべきなのですが、
そこに至るまでには様々な物理的・心理的なカギがかけられています。

今はそうした仕掛けががあることに気づいて、実際にそれを解除するように
みんなが動き出さなければならない時代になっています。

本当の意味で、光ある行動をする者には試練も起きてきますが、
実は社会の強い権力に巻かれたまま何もしなくても、
いずれ個人レベルでにもさらなる困難は起きてくるのです。


自分の毎日の生活を、ポジティブなイメージなどで癒し良くしていくことは基本です。
それをサポートしてくれるものとして、さまざまな美しいものや
ヒーリング用のものがたくさんこの世には送り込まれていますが、

そうしたことをある程度理解し、自分自身の心身のケアができた時には、
さらに社会全体・星全体に横たわる今までの物を実際に掃除して
良くしていくという次の作業があります。

これを先月ユタで出会った、私たちの母親世代でもある女性ヒーラーさんは

ネクスト・ジェネレーション・スピリチュアル

と表現したのですが、そこに進んでいくことになるのです。

彼女は人は物理的にも強くならなければいけない時代とも言っていたのですが、
ヒーリング自体ももっと効率よくたくさんの人をできるように、そして人々は暮らすに
困らないお金を誰もが持ち、心身も今以上に健康になる必要があると言っていたのですが、
そうなるのを阻んでいる物理的・霊的な障害を、実際に取り払う時代に来ているのです。


社会の裏側で起きている霊的なものでは、いつもお伝えしている
エネルギーのことがありますが、そうしたものを伝えようとしているものは
実際にたくさんあり、たとえば「天国からのささやき」や「ロスト」、
「ハリー・ポッター」などは、そうしたものを描いています。

こういった光の側からのドラマや映画を作るにあたっては、大変なことがその現場にも
あったりするのですが、人々にとって悪いエネルギーの物を作ろうとする者たち
に対しても、やはりそれ相応のことがやはり起きているのです。

人殺しのドラマは世界中にたくさんありますが、私はあるアメリカのドラマが
とても嫌でした。主人公が上司を殺すように強要された結果、本当に殺してしまう
というシーンを見た時にそれは決定的なものとなり、その後は旦那クンが
英語の勉強もかねて一生懸命見ていても、他の部屋に避難してしまい
二度と見なくなってしまったのですが、恐ろしいほど荒れたエネルギーのものでした。

それは日本でもとても人気があるものでしたが、
やはりそのドラマ制作では、多くのスタッフが不可解な
病気や事故などで倒れていたそうです。(これは実際の現場からの声です)


新しい時代に向けた光の動きを起こそうとすると大変なこともある。。。。

でも古い権力やシステムに巻かれたまま何もアクションを起こさなくても
いずれは動かなかった時よりも、もっと大変なことが起きてくるということなのです。


実際に社会で進行している動きでもあり、
早くから気付いていた人たちは、ずっと言い続けていました。

私たちもようやく、深く理解できるようになったのですが、
たくさんの人と、こうしたことも分かち合えるようになれたらと思っています。

そしてこれも大切なことですが、

ぜひのんきさも忘れずに、にこにこと笑いながら、みなさんにも
この世界を力強く動かしていく一人になっていってほしいと願っています。。。

[ 2010/11/19 07:07 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(2)

動き出したメッセージ


これは先週末、お嫁に行った旦那クンの元同僚の女の子が
荷物の片付けのためにアメリカに戻ってきていた際の、

職場仲間との昼食会風景・・・♪

マンハッタンのソーホー付近にある、スペイン料理のお店。

赤のサングリアがおいしくて、つい食もすすみます^^


            ス1


つまみのサーモンも食べやすくて、おいしい☆

      ス2


ほくほくしたジャガイモの上に、やわらかいタコが乗ってます。
スペインでも、タコを食べるんですね・・・♪ 

      ス4





先週は11日を超えるまで、今までにない混沌としたエネルギーが続いていました。

ちょうどライト家では、お兄ちゃんのショーン君の誕生日でもあった11月11日。

この日を境に、それまで渦巻いていたエネルギーがひと段落したのですが、
みなさん、来年の11月11日がどんな日だったかを、覚えているでしょうか?!


ちょうど昨年の今頃、と言ってもクリスマスの頃でしたが、
ダイアナ・クーパーさんからのメッセージをご紹介していました。

今はその彼女が説明していた、地球の様々なエネルギーが大きく動き出す
ちょうどその1年前にあたります。。。

そしてなんと今現在、ダイアナさんが話してくれていたようなことが
実際に置き始めているのです。

まだ表メディアで流されてはいないことなので、
ここでは具体的に何があったのかは書けませんが、
あのメッセージの中にあったものが実際に、発見され出しているのです。。。。

情報が集まって来る人でもあるライトっちの所に、これも先週やってきたものですが、
その話を聞くうちに、私も3年前の一時帰国した時、日本行きの機内で
隣に座った考古学者さんと、やはりそうしたお話をしていたことから・・・・
(@@)あっ!!と思ったものでもありました。

その情報が表メディア(大きなところがすでに取材で動いています)から
流される日も近いでしょうから、今日はダイアナさんのあのメッセージ
の青文字のところを、まとめて再度、アップしておきますね・・・♪



2011年11月11日よりコスミック・モーメントが始まり、
たくさんのエネルギーが入ってくるようになります。

それは2012年の準備として、ユニバース(天)からのエネルギーが入って来るのです。

天がオープンになることで、多くのミラクルと呼ばれる現象が見られるようになるでしょう。

2012年に向けて、2011年11月11日からエネルギーが入ってくるようになると
いよいよ準備となります。詳しく説明していくと、2012年から始まる新しいエネルギー
に向けて、人々はシフトしなければならないのですが、そのサポートが要るのです。

高いレベルで地球がシフトするためには、肉体を持った意識の高い(チャクラが整って開いた)
人たちがたくさん必要になります。

すでに意識を高く持っている人はいいのですが、そこまで到達できていない人のために
意識が高い状態になっている人たちが、彼らのシフトを助けていく必要があります。
(意識が高くなるとは宇宙とつながっているということ)

12のチャクラが開き、それによりグラウディングがしっかりとしていきます。

グラウディングをすると、ユニバース(天)からのエネルギーが身体を通して地球内部へ
送られるようになります。人々もその状態になると、もう余分な浄化をする必要もなくなり、
そうなると、人々を通して地球内部へ送られた光で、ダークサイドのエネルギーたちも
きれいにしていくことができるのです。


2012年

32,33のコスミック・クライスト・ライト
※ここでのクライストはキリストですが、訳は「32,33の聖なる光」

2012年より20年かけ、2032年にゴールデンエイジがスタートします。

さらに多くの強いエネルギーが存在するようになるでしょう。

(2万6千、言い直して26万年)という、
長いタームの終わりにさしかかっているところです。


アトランティスの終わりの頃、星たちとコネクトして、アトランティスすべての
エネルギーと情報と光を、6つのピラミッドに埋め込み地球に残しました。

まず、その代表的なエジプトのピラミッドから開き始めます。

現在エジプトとマヤの2つのものしか 形としてきちんと保護されていませんが、
その場にはエネルギーと情報は残されているため、開き始めたエネルギーと情報は
地球のそれぞれ必要な所へ流れていきます。

6つの場所とは、
エジプト、マヤ、ペルー、チベット、スミソニア、ギリシャとなります。


さらにシフトを助けるために、セドナのポータルが開きました。

そこからはアメリカ・インディアンたちが守ってきた古代の英知のエネルギーが
世界へ送り出されています。さらに他のポータルのエネルギーともつながっていっています。

カナダ・ハワイなどのポータルも開き出します。

守られてきたエネルギーとは、アトランティスが残したものなのです。


(アメリカの話題になり)ポータルは表現によっては大きなゲート(門)となり、
カンザス、ネブラスカ、ノースダコタ、オクラホマなどもそれらの場になります。

これらすべてがアメリカの土地ということでもわかるように、
アメリカも大きくこれまでのカルマをすべて浄化させられます。

上に述べた土地は、アトランティスが沈んだ時に
必要があり、地殻変動で創られた大地なのです。

これらの土地のゲートは、さらにユニバース(宇宙)のエネルギーを通すようになり、
さらに地球内部へ、たくさんのエネルギーが送り込まれることになるでしょう。

向こう20年の歳月でアメリカが大きくシフトされ、変化していき、
助けを必要とするほかの国々をリードしていくでしょう。


経済の面で少しお話すると、意識の低い企業はダメになっていきます。
意識の高い企業はさらに伸びていき、人々も引き寄せられていくでしょう。



イギリスについて

イギリス・ヨーロッパは、ハートスター・チャクラですが、
中でもロンドンはアース(地球)スター・チャクラです。

2012年のオリンピックがロンドンになったのにも理由があり、
これはスピリッツたちが2012年のお祝いをしているのです。

ロンドンのアース・スターチャクラが開き、宇宙からの光をさらに地球内部へ
到達させます。オリンピックはゲートを開くものとなり、
アース・スターチャクラを目覚めさせます。


ドイツはすでにカギを持っています。
そのため、他の国と比べて簡単にシフトしていくでしょう。

オーストラリアは少しきつい時期を迎えるかもしれません。
さまざまな災害などに気をつけなければなりません。

中近東はかなりダークエネルギーを抱えているので、大きく変化させられます。
浄化が始まり、女性たちの力が必要となっていきますが、
2032年までには安定し、本当の世界平和へと結びついていくでしょう。

人々の恐怖などの感情が地球を振動させ、それが災害を起こしていくのです。
個人レベルでのシフトが、いかに重要かがわかりますね。

ここまで述べてきた地球のシフトを助ける存在として欠かせないのが、
エンジェルとユニコーンの活躍です。

彼らは毎晩飛び回り、必要な人のところへ情報を届けたり、
人々の12チャクラを開かせるために大変な努力をしてくれています。

2012年に地球へ降りてくるスピリッツ(魂)たちのことをお話しすると、
これまで地球をまったく知らず、降りてきたことさえない魂たちが赤ちゃんとして
生まれてくるようになるでしょう。新しいスピリッツエネルギーが注ぎ込まれるのです。
彼らは地球を癒してくれるでしょう。

2032年には、17%の子供たちがフルに活動しているDNAを持って生まれてきます。
12チャクラがすべて全開の子供たちです。それらの子供を迎えることができる、
心身の浄化が進んだ親たちが必要となってきますね。


まとめ

ポータル・ピラミッドなど様々なエネルギーが開き、多くの情報が2012年と
さらにその後の20年間をサポートしていきます。

ダークエネルギーが存在するすべてのダークプレイス、そして個々の人々も
浄化していかなくてはいけません。ユニバース全体が浄化されシフトしていくので、
私たちのマザー・オブ・アース「母なる地球」も浄化されないといけないのです。

それには、最初に述べた「個人の浄化、意識」が大きく関係していきますね。





彼女のこのメッセージが、さらに重要化してきています。

それは2012年を超えて、2030年あたりまでこそが本当の大きなうねりに
なって来るだろうという様々な動きや情報を、物理的にも霊的にもたくさん
見させられるようになっているからなのですが、

彼女のこのメッセージは、それをよく伝えてくれているのです・・・・☆

[ 2010/11/16 04:28 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(8)

いちごの想い♪



ロス郊外に住んでいたころ、旦那クンの県人会のお付き合いで、
毎年初夏になると、ロスの北西に突き出た半島の、日系人のファームへ
ストロベリーピック(苺狩り)に行っていました。

真っ赤で、ものすごく甘い苺・・・、アメリカの苺ってなんておいしいの~!!(@@)

・・・・と、それまでの人生では食べたこともなかったような、
そのあまりのおいしさに、もうビックリ(笑)

平たい大きなダンボール箱に3つも4つもなるので2人では食べきれず、
生まれて初めて苺ジャムを作り、スーパーで買ってきた可愛いガラス瓶に入れて
知り合いや友だちにも分けて歩くほどでした♪


ロスを去った後、アメリカのいたる所で何度買ってみても
あの時の苺にかなうものには、未だに出会ったことがありません。。。

あそこの苺は、何か特別だったのかなぁ・・・・?!

現在、その近くに住んでいるライトっちとこの苺の話になった時、
彼女も大のお気に入りで、季節になるとよく臨時スタンドでまとてめ買うそうで、
あの味は、日系人がとても手間暇かけて作っているためであることを知ったのでした。


             いちご


私が渡米してすぐに住み着いたのは、80年代に黒人青年が白人警官数人に
路上で暴行されたことから起きた、ロドニー・キング事件のあった近くの街。

今はたくさんの車で溢れかえるその街も、自然がまだたくさん残る先の半島のように
かつては日系人が経営する、大きなストロベリーファームが広がっていたのです。


5夜連続の、日系アメリカ人のドラマ
「99年の愛」をこちらでも録画して観ました。

たくさん・・・・泣きました(T-T)

前にも書いたことありますが、私の魂の中には日系人の記憶も入っているようで、
こうしたお話には、どうしようもないほど惹かれてしまうのです。

現在アメリカに住んでいるから・・・・ということでもなさそうで、
こちらに来ることになるずうっと前から、日系物にはとても興味があり、
古くは「カラテキッド」の映画でGF役を務めたタムリン・トミタさんが主演の
「愛と悲しみの旅路」から始まり、工藤夕貴さん主演の「ヒマラヤ杉に降る雪」
「ピクチャーブライド」など、どれもとても好きでした。

コロラドでも、徳川家にゆかりのあるお殿様がデンバーに渡ってきていたそうで、
その彼の足跡をたどった本を、むさぼるように読んでいました・・・(笑)


ヒマラヤ杉に降る雪 [DVD]ヒマラヤ杉に降る雪 [DVD]
(2006/04/19)

イーサン・ホーク
工藤夕貴



渡米した当初、実はロスにある日系人博物館にお世話になっていたことがあり、
館内に展示されているたくさんの写真や資料などから、当時のことを
詳しく知ることができる環境にいました。

博物館には、収容所に行くのに使われたトランクがいくつも積まれ、
当時の服装などの他にも、実際の収容所から運ばれたバラック小屋の一部が
再現されて展示され、当時はやっていた音楽などが流されていたのです♪

そして博物館の外には、日系人青年だけで組織され、ヨーロッパ戦線で大活躍した、
442部隊の合言葉にもなった「Go For Broke(当たって砕けろ)」
の言葉が掘られた記念碑がありました。


【映画パンフ】愛と哀しみの旅路 デニス・クウエイド タムリン・トミタ【映画パンフ】愛と哀しみの旅路
デニス・クウエイド タムリン・トミタ


パンフレット



日系1世の平均年齢も100歳を超え、そのほとんどが亡くなっている今、
正規の職員たち以外では、その博物館で中心になっていたのは日系2世の
おじいちゃん・おばあちゃんのボランティアたちでした。

そしてそこには3世や4世、そして戦後新しく日本から嫁いで来た人なども
混ざっていたのですが、いつも本当ににぎやかで、

時にはアメリカの芸能界で活躍した方が来ていたこともあり、「りんご、彼と写真を
撮ってもらいなさい^^」と言われ、誰かもわからずに一緒に撮ってもらったら、
なんとスタートレックに出演されていた方だったということもありました(笑)


日系移民の子孫である彼らとは、一緒にお昼ご飯を食べに行ったり、イベントで
使うものなどを準備したり、スクール単位で見学しにやって来るロサンゼルス近郊の
子供たちに折り紙を教えたりしていたのですが、そうした中で彼らは収容所でのお話や
アメリカ人として戦争に加わった時のこと、そしてその後のアメリカ社会を
たくましく生き抜いてきた様子などを、たくさん語って聞かせてくれたのです。

その中でもとても仲良くなって話すことも多かった、日系2世のおじいちゃん2人は
戦時中、ともにアメリカ兵として参戦し、日本語と英語が上手だっただけでなく
優秀でもあったことから参謀本部に出入りして、日本語の暗号解読などの
任務についていた人たちでした。

日本人からしたら、複雑な気持ちにもなってしまう彼らの任務ですが、
スラリと背が高いEさんは人も良く、日本語で話している時でも相槌のイエスが
「いぇ~」になるおじいちゃんで、「りんごさん、いぇ~、いぇ~」と話すのが、
いつもとっても面白くてかわいかったのです(^m^)

一方のHさんは、静かに話す片目のおじいちゃん。
彼も昔のことから、今人気のおいしいアメリカのアイスの銘柄まで、
色んなことを教えてくれたのですが、ある時、戦争当時にはまだ通りだった
日系人博物館の前に停車する、バスが写ったセピア色の写真を指さしながら、
「りんご、このバスの中に僕は乗っていたんだよ^^」と二ヤリとしたのですが、
それは今まさに、収容所に向かおうとしているバスだったのです。




それでは今でも覚えている、彼らのつぶやきを少し・・・・☆

りんごはどのあたりに住んでいるの? 今は良い時代になったのよ。
昔はね、私たち夫婦が引っ越していくとそれを嫌がって、隣の白人一家が
引っ越してしまったりしたのよ。とっても悔しかったわ・・・・。



りんごは結婚しているの? うちの3世の息子は、40過ぎているけれど
まだ結婚していないのよ。良い仕事にもついているのだけどね、
アメリカ人女性はきつくてイヤとか言うのよね・・・・

(この話題、息子さん娘さんどちらのでも本当に多かったです。
 これは日系人に限らずですが、アメリカでも未婚や晩婚化がやはり進んでいます。)


りんご・・・・私ね、あの時はまだちっちゃかったから
収容所生活は楽しかった思い出しかないの^^

(これは収容所時代の話になった時に、大変でしたね・・・と言った私のセリフを
 受けたもの。彼女は収容当時5~6歳だったそうで、年齢などによっても
 大変さが違ってくるものなんだなあと思った出来事でもありました)


りんご・・・・日系人にも色々あるのよ。二世で親の意向で日本に帰って教育を
受けて、またこちらに帰って来た人を帰米二世というのだけどね、
ずっとこちらに残っていた日系人と彼らとでは、また違う想いがあるのよ。



りんご・・・昔はね、本当に人種差別がひどくてね、
娘が白人の所に嫁いだりすると、どこか自慢するところがあったりしたのよ。

(1つ上のもですが、日系人内にも色々なことがあったんですね・・・・)


りんご・・・私、3世の娘にね、なんでママは私に日本語を教えてくれなかったの?
と言われるのよ。あの頃は敵性外国人なんて呼ばれて、日本語を極力話さないように
していたからね・・・・でもまさか、こんなに日本が経済的にも強い国になるとは
思わなかったのよね、今では日本語を使わなかったことを残念に思っているわ・・・。



りんご・・・僕のお父さんは日本語学校の先生だったからね。厳しく仕込まれたのさ^^
(英語しかしゃべれなかったり、英語のほうが達者な2世が多い中、日本に住む人と
 同じぐらい日本語が上手だったおじいちゃんに、聞いてみた時の答えです)


りんご・・・クリスティー・ヤマ〇チは日系の資産家のお嬢さんでね、
専用のスケートリンクも持っていて、とても練習熱心なまじめな子だったのよ~。
だけど彼女がオリンピックで金メダルを取って帰っても、凱旋パレードはなかったの。

日系人だったからなんだろうけど、すごく悔しかったわ。。。同じアジア人でも、
次のミッシェル・ク〇ンからはパレードがあったのよ。彼女は銀だったのにね。
クリスティーの時はまだ時代が早すぎたのよね。でも彼女が布石になってくれたから
徐々に変化して、次の子はアジア人でもパレードしてもらえたのよ・・・・。

(日系人博物館には、クリスティー・ヤマ〇チさんのフィギュアスケートの
衣装も飾られています。現在はご結婚されて、2児のママさんです。)


そして最後に、これは日系2世3世のおばさま方に、
個人でも集団でも何度となくたずねられたことなのですが・・・・

りんご・・・どうして日本のドラマはあんなに深刻で暗いの?!(@@)
(私から見て、やはり2世3世はかなりアメリカ人気質です。
そんな彼らが日本のドラマを観る時には、いつも感じることだそうで、
もしかしたら「99年の愛」を観ても、それが当の本人たちを描いたドラマで
あるにも関わらず、間違いなくこの質問をされると思います(^^;



あの時代、多くの日系人が苦難の道を歩いていたのは確かなことで、
そして何より・・・あれだけのあからさまな人種差別というのは
本当に苦しく、辛かったことだろうと感じています。

日系人は戦後、他のアジアからの移民に比べ、アメリカ社会に溶け込んでいくのが
早かったそうなのですが、それは土地を取り上げられ、収容所に入れられたことで、
戦後自由の身になった時、移民して来たまま固まって住み着いていた西海岸を
離れ、全米各地へと散っていったからだとも言われています。

何が良くて、何が悪かったなんてことは誰にも言えないことですが、
私の見た現代の彼らはたくましく、そして明るくアメリカ社会を謳歌していました☆


どの国の人にも、2度とあの時代の苦難が降りかかってこないことを願うと同時に


カリフォルニアの太陽をたっぷり浴びた、あの甘い苺を思い出す時

彼らと過ごしたあの日々のことも想い出すのです・・・♪


[ 2010/11/12 05:33 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(11)

お腹♪

今朝は、みぞれまじりの雨だったNY。
とっても寒い、晩秋の月曜日を迎えています・・・♪

日曜日になった夜中過ぎ、長かったサマータイムが終わり、時間が1時間ほど戻りました。

アメリカに来た頃は、もう少しこの期間が短かったのですが、
数年前に改正されてからは、サマータイムでいる期間がかなり長くなったため、
通常の時刻で過ごすのが、現在は年の3分の1ほどになっています。

サマータイムが終わる今頃は、それまで5時半ごろに暮れていたのが
一気に4時半ぐらいになってしまうので、急に1日が短くなったように感じます(笑)

と言っても当日だけは、春先と違って時間が戻るので、
ちょっぴり得した気分になるんですけどね(^^)


外食が多かった今週末・・・・これは土曜日に食べた、お気に入りのお店のピザ↓

すごくおいしいのに、とてもあっさりしているんですよ・・・♪


    ぴ2


この季節になると寒さのためから、冷え症が気になる人も多くなってきますが、
冷え症の人の多くは、お腹が冷えていることがよくあります。

そしてそんな時には、「腹もみ」がとってもよく効くんですよ。
これをするとお腹の底から、ポカポカしてきます^^

私も20歳の学生だった頃に、気功の先生に教わってこれをやってみたところ、
もともとお通じがよかったのがさらに良くなって・・・♪という
かなり嬉しい状態になったのです。


お腹というのは、心身の状態がとてもよく表れるところなので、
優れた漢方医などは、このお腹の状態を触診するだけでも
その人に合った漢方薬がハッキリわかったりします。

私も大病をした中学生の時にかかったのが、この「腹症」というものを診て
漢方を出すお医者さんだったのですが、その時出された漢方は本当によく合いました。


お腹は悪いものを食べたり、冷えたりしても固くなりますが、
ストレスなど、心因性のものでも固くなったりします。

そしてこれらは毎日、短時間、自分でお腹をマッサージすることで
かなり回復させてあげることができたりもするのです。


やり方は簡単・・・♪

私の場合は横になって、足を軽く曲げて立てます。

ちょうどこのページで紹介されている、「仰向けに寝て」の説明のものがそれです。

実際の感じとしては、Youtubeに割と近いものがありましたので、貼り付けておきますね。
このビデオでは立ったまましていますが、私はこれを上記の寝た姿勢でやっています。

ビデオでもわかると思いますが、押して揉む時は、割と圧力を指先にかけています。
お腹の硬めのところは、少し丁寧にやったりすることもあります。

やり始めのお腹をクルクルと大きくさするところでは、私は手を摩擦して温めてから
回数は20回ぐらいで、お腹にじかに手をあててやっています。


    



精神的なことで固くなったみぞおちや、腸の活動が弱くなって起きてくるガス腹
などの症状にも効きますので、よかったらぜひトライしてみてください。

やり始めは2~3日、逆に便秘になったりする人もいますが、
続けて行くと徐々によくなっていきますよ^^


※過去にお腹を切るような手術をされた方や、現在妊娠されている方などは
 腹もみはせずに、お腹をさするだけにしておいて下さいね。


[ 2010/11/09 06:19 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(8)

実質的な社会貢献へ☆


葉っぱが落ち始め、今までうっそうとしていた木々が
スカスカになって、光がよく差し込むようになってきましたね。

太陽光線が弱まる季節に向けて、少しでも多くの光を大地に届けようとする
その自然の摂理には、本当に感心してしまいます^^


        もろこし



ユタでの集まりに参加した時、あるパーティーにも参加しました☆


       ナリッシュ1



じぇるやサプリに興味がある人でも
こういうのには感心も参加度もグッと低くなって残念なんだよね。。。。
だけど、本当はこれこそが大切で・・・・りんごっちにも見せたかったものなんだ^^

ここのCEOたちはね、この分野をとても重要視しているんだよ。

だから大会中、あちこちでたくさんのイベントがある中でも、
ほらね・・・、たくさんのCEOたちがちゃんと来ているでしょ・・・・?!



ライトっちにそう言われて会場を見渡してみると、確かに他のイベントよりもVIPが多く、
中には世界的なあるリーダーのお弟子さんご夫妻などもいらっしゃったり・・・・

DNAヒーリングの分野では、アメリカでも第一人者のM女史も
なんと同じテーブルに座っていたり・・・・

その顔ぶれを見るだけでもなかなかすごいし、楽しいし・・・・(笑)

かつて日本で、わたしもそんな方たちのそばにいたことがあり、
広く世の中を見る経験をさせてもらえた貴重な時代があるのですが、
これは・・・そのアメリカ版が始まりつつあることを、予感させるものでもありました☆

渡米前のこと、実はその時来日していたインドのある大占星術家に


向こうに行ったら、あなたが日本で交流していたような方々の
アメリカ版、いや世界バージョンと言ったほうがいいかな・・・・
そうした人達に出会っていくようになるよ。

それからたくさんの国や土地を、渡り歩くことにもなるかもしれないね・・・・
だけど決して、根なし草になることはないから安心しなさい。

行く土地土地であなたは必要な物を手に入れ、徐々にしっかりとした
上昇気流に乗ることになるから、そのこと自体を楽しみなさい。

だから渡米するのに、何の心配もいらないよ^^



と送り出されていたのですが、ウソみたいに現在、そうなりつつあるんですよ(@@)


話を戻すと、ライトっちとともに参加したそのパーティーは
毎日の食事すら満足に取る事のできない環境にいる国や地域の
たくさんの子供たちに、栄養バランスの良い食料を届けるというもの☆


       支援
               これは実際に送られているものの中身。


今までにもいくつものそうしたエピソードはここでもお話ししてきていますが、
これが本当に半端ではないほどしっかりしたものなんです・・・・(笑)


       事典2
       ライトっちの腕がはさまっているので、事典の大きさがわかりますね^^


アメリカの病院には必ず置いてある、この薬の分厚い事典にも
医師たちからの信頼が高いことから、サプリとしては珍しく、ここのものが
いくつか紹介されているのですが、そうしたものを作るところだけあり、
やはりこうした栄養失調状態の子供たちに届けられる食料にも、
とてもよく研究と工夫と手間をかけているのです。


             事典3
       腕を入れていたページに実際載っているもの。5~6種類あります。


たとえば普通に食事が取れる私たちと、そうした子供たちとでは
すぐに必要な栄養成分やその吸収度合いなどもまったく異なるため、
長い間栄養失調状態にいた子供たちでも、その体を壊すことなく
きちんと消化・吸収できるビタミンやミネラルが入れられているのです。


       ナリッシュ3


中央に並んでいる袋、一袋2キロ。これで30食分がまかなえるのですが、
生まれたばかりの赤ん坊でもないのに、この袋と同じ2キロしかない・・・
という幼い子が、届け先の国々には少なくありません。

そしてそうしたものが途中で搾取されたりしてしまわないように
外の人任せにすることなく、自社内にはしっかりそれを現地にまで
届けにいくシステムがあるだけでなく、ここは企業トップたちが率先して、
幼いわが子なども連れて、家族で、そうした現地にまで出向いていったりもするのです。

これは慈善事業が盛んな欧米でも、かなり珍しいこと・・・・☆

最近ではそうした食料を与えるだけでなく、本当の意味での自立ができるようにと
緑を植えたり、灌漑設備を整えたり、井戸を掘ったりする事の他にも、さまざまな教育や
奨学金制度などを通して、彼らの中からもそうした活動を行えるリーダーを生み出すべく、
農業の正しい知識を持つ者や、医師や教師などを養成する支援へと広がりを見せ始め、
すでにそうしたところから羽ばたいた現地の若者が活躍したりもしています。

支援地域も現在はアフリカだけでなく、中国など世界各地に広がっていっているのですが
そのしっかりとした事業内容から、アメリカでもかなり大きな団体から大規模な
寄付や支援を受けて、ますます大きなものへとなっていっているのです。

もちろん、他にもこうした活動をしている人やグループは世界中にあると思いますが、
しっかりとした基盤を持ちながら、継続・拡大し続けるところというのは、
どこも相当な努力がその裏にはあるのだろうと感じています。



日本とアメリカでは、もしかするとこのじぇるの会社への理解やイメージには少し開きが
あるかもしれませんが、アメリカの実業家たちや社会の上層部になるほど、
逆にこうした堅実な社会貢献の部分も、よく知られているのです。

そうしたことから一緒に研究を組みたいと、先輩格の老舗の遺伝子研究の会社から
オファーを受けたり、ポールコックス博士のような真摯な科学者たちを
世界中から惹き付けることにもなっているのですが、その最たる人が
このプログラムの顧問を引き受けられている、リー・アイアコッカ氏。

彼はこのじぇるの会社の精神性をとても好み、大きく賛同している一人なのですが、
元フォード車の社長でもあり、のちにクライスラー社を立て直した人。
マンハッタンにもウロコのデザインが美しいと言われる有名なビルがありますが、
彼はそこの元会長でもあり、アメリカ自動車業界の寵児でもあったのです。


実は私とライトっち、単にパートナーを組んでいるだけでなく、
過去に興味をもっていたものや、読んでいた本などが同じということも多く、
お互いをより深く理解するための基盤になるものを、今までの人生の中で
しっかり勉強させられたり、体験してきているのですが、そんなちょっぴり男性的な
思考と視点を持つ2人が共通して好きだったものの1つに、世界経済がありました。
(と言っても、教科書の世界経済とは違うものですけどね・・・・^^)

面白いことに、欧米の実業家の自伝書の中で、唯一私が読んでいたのが
このリー・アイアコッカ氏のものだったのです。20代前半ぐらいの頃でした。

そんなこともあり、この飢餓救済プログラムの顧問を彼がしていることや、
数年前のパーティーでライトっちが、その彼と、そして彼と仲の良いアメリカの
大手IT社の社長に、偶然気づいてお話しする機会があった事を聞いた時は、
どんなことをしてきた人物だったのかもおおよそ知っていたので、
その時の話の内容のすごさに驚くとともに、その面白さがよく理解できたのです。

日本でかつて交流した中にも何人かいらっしゃいましたが、実業家の中には、
行動するスピリチュアル人とでも言うような感性の方が結構いるのです。

彼もまさにそうした一人で、そんな彼がこの世界的な飢餓救済プログラムの
顧問をしているということも、私にとってはかなり大きなことでした(^^)


世界に散らばるたくさんの仲間とともに、ライトっちも
このプログラムを長いこと支援しつづけています。まだ沖縄にいた頃から、
彼女はホワイトハウスとじかのやり取りするような仕事をしていたり、
国内外の政治・経済の大物要人に付く仕事などもしてきているため、
スピだけに片よることなく、現実的にもかなり広く世の中を見てきています。

そうした体験から、こういうものに参加して、実際の社会貢献を
していくことの大切さというものを、よく理解している一人なのです。

私も微々たるものの、こうしたものに以前より参加するようになってきていますが、
いずれはそうした分野でも、今まで自分自身がじかに関わってきたものの中から、
オリジナルな自分らしい、更なる貢献場所を見つけてみたいと思っています^^


感じるスピから、行動するスピへと

いつの間にか、時代は大きく変化しています・・・☆


ご自身のケアが少しでも済んだ人から、興味を持ったり
何かを感じる所へ出向いて行って、実際に力を貸してみてあげて下さいね^^
[ 2010/11/05 04:38 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(8)

遊ぶように・・・♪


こちらも、11月最初の月曜日を迎えています・・・♪

先週末はハロウィン一色だったアメリカ。それも昨日でようやくフィナーレ。
写真ばかりだった記事も、しばし今日でフィナーレ(笑)

お祭り好きな母の血はしっかり受け継いで、日本の地元の秋祭りが近づいても
遠く離れたこの土地で、指折り数えているような私なので・・・・

やっぱり、行っちゃいました。

マンハッタン名物、ハロウィン・パレード!!(笑)



まずはチャイナタウンにあるベトナミーズのお店に行って、
生春巻きと、海鮮のフォーで腹ごしらえ☆

    べトナミー1  べトナミー2

そしていよいよ、6番街の南のほうから始まるパレードへ。 歩いてる、歩いてる・・・・

    ぱれーど1

でも、すでに人がいっぱいで近づけない・・・・ 望遠にすると、ブレるブレる(笑)

    ぱれーど2

沿道の人、デジカメやら携帯を必死に頭上にあげて撮影。 こうしないともう撮れません。

    ぱれーど3

この写真に写っている彼らも肉眼では見えず、頭上に上げたカメラでようやくパチリッ♪

   ぱれーど5

最初の人形やこの子のように、上に飛び出てないと、何が歩いているのかわからない(^^;

   パレード6

こちらは仮装してマイケル・ジャクソンのスリラーを踊る集団で、パレードの名物。
ちょうどこの時は、手を横に直立して飛び上がる瞬間・・・♪

   ぱれーど7

ふと見れば、建物の上にも人がいる!! ビルの持ち主の知り合いかなあ。。。いいなぁ

    ぱれーど9

さすがにすごい混みようで、ここで戦線離脱。 隣を見たらこんな人・・・・笑

    魚くん


パレードを離れるところ。女の子、丸いごみ箱の上に乗ってます。。。私も乗りたかったぁ
仕方ないのでビルの消火栓に足をかけて、ショーウィンドウのサッシに乗って撮影(コラッ)

    ひとごみ

一本脇道に入ると、あらプーさん♪

      ぷーさん

こちらはハンカチ王子ならぬ、携帯王様☆

      キング

みんなが撮影するもんだから、気をよくしたサンタさん(^^)
背負っていた黒いビニール袋を開けて、中から取り出したのは・・・ギャ~~~!!

      グロ・サンタ

あぁ、映画とかでよく男の子が遊んでいる、緑の小型の模型の兵士ね☆

      緑兵士1

その周りはこんな感じ。 見るほうも見られるほうも、共に楽しいよね・・・♪

    緑兵士2

ポーズを取ってくれて、ありがとう(^^;

      怖っ

左の彼に、一緒に写真を・・・と言われて嬉しそう。 一夜限りの大スター誕生☆

             不思議の国の

あなたは、Who?! でも、ポーズはサンクス(笑)

             ナニ?

あったかそう。。。おじさん、ティガー登場☆

      てぃがー

彼女連れのバットマン?! 幸せそうね^^

      ばっとまん

さあ~、来年から僕の年だよ。 エジプシャン☆

   えじぷと




やっぱり、お祭りはいいなあ・・・・好きだなぁ♪

アメリカに来たての頃は、ただ遠目に見ていた季節の行事も、
滞在年数とともに、(子供がいなくても)その参加度は年々大きくなり・・・・(笑)

過去にも簡単に仮装したことはあったけど、マンハッタン色に染まってきた昨今、
来年あたりは、かなり本格的な仮装をしてパレードを見にいこうかな・・・・

なんて、(私にとっては)かなり壮大な計画まで し始めています(^m^)


写真がメインのブログ記事が続いちゃうなぁ~なんて思っていたら、


あらゆることに 遊ぶように 取り組んでください^^


なんてメッセージが来たので(笑)

この遊びのエネルギーが、
どうかみなさんのもとにも届きますように・・・♪

[ 2010/11/02 04:30 ] NY散策♪ | TB(-) | CM(6)