青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

みかん娘


年間の中でも、一番気温の低くなる今。

ここ数日は雪が降ったりやんだり・・・・といった状態で、
昨晩はまたもや雪と言うことで、早めに帰って来た旦那クンと雪かきをしたのですが、
その後しばらくしてまた降り出し、今朝はふたたび大量の新雪がお出迎え・・・(笑)

ドライブウェイの雪かきをしないと車で道路にも出られないので、
こんな日はいつもよりも出勤時間が遅くなり、お弁当を持たせることになるので
彼が雪かきをしている間に、急いでお弁当の準備・・・☆

納豆に生卵、そして細かく切ったニンジンや青ネギと鰹節をお醤油で混ぜたものを
半分に切った油揚げに入れて口を閉じ、オーブントースターで表裏焼いたもの。

カブと葉っぱの部分をザクザク切って、湯通しして水気を切り、
塩もみして鰹節と醤油でよくあえたもの。

それにナスを切って軽く炒めてシナッとさせたものを
お味噌とみりんベースで溶いたタレにまぜたもの。

あとは白いごはんに昆布の佃煮と梅干しをのせて、
おかずを詰めたらできあがり^^

さぁ、これでいつでも行かれるわよ~♪と思っていたら、


なんと雪かきが終わったのが11時半過ぎ・・・・・




家で食べて行くよ~(^^)




(・◇・ ) えっ?!





           obentoh.jpg



ところで、、、、


りんごやみかんが、おいしい季節になりましたね^^


りんごは色んな種類のものがある中、ここでもふじりんごがお気に入りで、
これは日系でもアメリカのスーパーでもよく売られているのですが、
日本で食べていたような、手でむける皮のやわらかいみかんは、
日系やアジア系のスーパーぐらいでしか見かけません。

韓国ではね、冬にこれをよく食べるんだよ^^

と英語学校時代、一緒にお昼を食べていた仲良しの韓国の子が教えてくれたのですが、
一部のアジアでは、お部屋でほっこりあったまりながらみかん♪というのが
日本の「おこたにみかんと」同じく、冬の定番のようです・・・(笑)



          クレメンタイン1



毎年冬になると、日本にあるのと同じタイプのみかんをこちらでも買って食べるのですが、
今年は天候のことなどもあり、それがあまり出回っていないので、似たタイプの
クレメンタインというのをこのところよく買っているのですが、皮が若干かためで、
種が入っていることもよくあるので、ちょっと食べにくい時があります。

今回買ったものも少し種が多めだったので、半分に切って
小さな網カゴの上でギュッと絞って種を取り、こんなジュースにして飲みます。

生の果物は酵素もたっぷりで、生きたエネルギー満載・・・☆

加熱したものばかりを食べていると、消化にもとても負担をかけるので
こうしたものを摂ると体の調整にもなるんですよ^^
   


             じゅーす



みかんを人3倍パクパク食べる子供だったので、
冬になるたびに、亡くなった母から「みかん娘」と呼ばれていた私。


身もたっぷりの みかんジュースを飲みながら、


やっぱり、今も変わらず好きですよ・・・♪


なんて呟いて、みたりして。。。笑



スポンサーサイト
[ 2011/01/28 05:27 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(6)

素敵な仕事人♪


今日はよく晴れてますが、昼間でも零下10度とか・・・・

コロラドでは大寒気団がやってきたなら、-30℃なんてこともあったはずなのに、
その寒さはとうに記憶のかなたで、これでも十分にさぶいです。。。(+ω+)゛

冬来たれば春遠からじ・・・・そんなしばれる寒さの今日は
まだ少し先の春を予感させる、こんな写真はいかかでしょうか☆


           春のタマゴ



髪を切りたいと思いながら、しばらくそのままになってしまっていた美容院(--)

コロラドには日本人美容師さんがいなかったので、
何度かアメリカ人のヘアスタイリストさんにも切ってもらったことがあるのですが、
人によってその腕前はプロから素人級までと驚くほど幅広く、やっぱりヘアカットに
関しては、日本人美容師さんにお任せしたい~!!というのが本音です(笑)

ここはありがたいことに日本人の美容師さんもいっぱいいますが、
今の季節は冬の寒さも手伝って、マンハッタンまで出るのがおっくうで、
何度か切ってもらったことのある一番近い日系の美容室のお兄さんも
悪くはないのだけれど、近くでもっと気の合う美容師さんに
切ってもらいたいなあと、ずっと思っていました。

すると数日前に、見落としていた日系の美容院を発見☆

電話してみると、あいにくその日はすでにいっぱいで5時からでないとダメとのこと。
中学時代の親友で美容師になった子からは、「午後遅くになってくると美容師も
疲れるからね~、髪を切ってもらうなら早い時間のほうがいいのよ^^」
と聞かされていたこともあり、一瞬迷ったものの、車のこととかも考えると
その日にやってもらうほうが都合がいいのでOKして電話を切ると
数分もしないうちに切ったばかりの携帯が鳴って

たった今キャンセルが出たので、お昼からでも大丈夫ですよ^^


さっそく早お昼を済ませて、お店に向かうと
店内はアメリカ人と日本人客が半々で大盛況。。。

スタイリストさんの数も多ければお客さんの数も多くて、いい感じです・・・♪

40代ぐらいの男性マネージャーさんが切ってくれたのですが、
カットの腕前が良いだけでなく、アドバイスの仕方もとっても上手で、
前髪が伸びると自分で切ってしまう私に、今までの他の美容師さんなら
苦笑いしながら、前髪でも自分でカットするのはお勧めできないですね~
みたいに言われてしまうこともよくあったので

あはは、ダメですよね~(^^; と言ったところ

このマネージャーさん、

いや~、いいんですよ。 どんどん切って下さい!!

でもその時にあごをひいて上目遣いにすると前髪の長さがよくわからなくて
うまく切れないので、顎をあげて顔を上向きにして切るようにするといいですよ~


と、にこにこしながら的確なアドバイスを。。。
そしてさくさくと髪を切り進めて行く間にも若手スタッフさんに

〇〇ちゃんは〇〇が苦手だから、フォローにまわってあげて。

とか

コーヒーメーカーのコーヒーがぬるくなっているから
温めなおしておいてね。


と細かな指示をさりげなく出しながら、隣で髪の毛をほうきでササッと
はいて片付けてくれる子にも、そのつどハッキリした気持ちの良い声で
「ありがとう!!^^」と声をかけていくのです。

お客としての私に対しても髪を切る要所要所で、これからこうしますねと
きちんと説明してくれたり、いつもはどうしていますかと1つ1つの好みも
よく聞いてくれて、あっという間に注文通りのカットに仕上げていってくれたのです。

スタイリストさんとしての腕前もさることながら、リーダーとして常に
内のスタッフと外のお客さんの両方に気を配りながら仕事を進めて行く様子に
プロ意識の高さを感じられると同時に、時に鼻歌さえも交えながら、
本当に楽しそうに仕事をこなしている様子に、髪を切ってもらっている
こちらまでもが、つられてとっても楽しくなってしまっていました(笑)


マネージャーさん、本当にいい仕事されてますね~♪

素敵なヘアカットタイムを、ありがとうです^^

[ 2011/01/25 07:07 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(6)

潜在意識の活性化


年間を通しても、今が一番寒いころですね。。。
こちらも少し前に降った雪が、庭にはまだこんな感じにたくさんあります。

これはある日の夕暮れ、雪の上に蒼く伸びる低木の影がきれいだなぁと思った時のもの・・・☆


   蒼


最近、とってもよく夢を見ます。。。。

眠り自体が浅いわけでもなく、しっかりとした気持ちの良い深い眠りであるにもかかわらず
1晩に2つも3つも、ストーリーの違う、色鮮やかな夢を見るのです。

今までの人生の中でも、夢を見る量は時期によって波があり、アメリカに来てからは
朝起きた時に記憶している夢の量が少なめになっていたこともあり、
余計に、この1~2ヶ月ほどの夢の多さが際立ちます☆

内容自体は、特にどうといったこともないようなものも多いのですが、
旅行に行ったり、数人でワイワイやっていたりと・・・・楽しく、色が鮮明で、
特に最近のは、ストーリーが昔見ていた物よりもハッキリしているのが特徴です。


夢には予知夢など色々な種類のものがあり、潜在意識が活性されると
多く見るようになるとも言われているのですが、実は漢方薬と一緒になった
あのじぇるを飲むようになって1ヶ月たったころから、夢がとても多くなったのです。。。☆

眠りの質が、とても深くてしっかりとしたものに変わったと気付いたのと
同じ頃ぐらいからだったのですが、なんと現在そうした報告が、じぇるの会社が
展開している50カ国以上の国々の人々からも数多くあがってきているそうで、
私だけじゃなかったと安心すると同時に、これってすごい事なのかも、とも感じたのです^^


昔、オーストラリアかどこだったかのある原住民に、夜寝ている間に見るこの夢を
とても大切に扱う部族がいるというお話を、聞いたことがありました。。。

その部族では、子供が、見た夢を記憶して話すことができる年齢に達すると、
大人たちは次に、ただその夢のお話を展開されるままに受け身で見ているのではなく、
その夢を、自分が望むストーリーに換えていくように・・・・と、アドバイスするのです。

そしてやがて、自分の見る夢を好きにコントロールすることができるようになると、
その者は部族内でも一人前と扱われるようになるのだそうです。

夢というのは潜在意識の一部が表面化したものでもあり、ここをコントロール
できるということは、潜在意識の一部を自分で操れるということでもあるのですが、
面白いことにその部族には、精神病者が長いこと一人も出ていないのだそうです。。。


潜在意識と夢・・・・

ここにも人間を進化・成長させたり深く癒したりする、
何か面白いものがあるようですね^^

[ 2011/01/21 04:51 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(4)

マンダラの中には・・・☆


いつかこの分野のこともお話ししたいなあ~と、ずっと思いながら
なんとなく ここでは書けないままでいました。

ところが、、、、

数日前のシリウスさんの記事を見た時に、
そろそろ書いてみてもいいかなあ・・・・?!なんて、
思うようになったのでした^^


タオ性科学女性編
タオ 性科学 女性編
(2001/10/02)
謝 明徳



タオ 性科学―男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣
タオ性科学 男性編
(2000/12)
謝 明徳



あれれ、いつも紹介してくるような感じの本ではないよね?!(@@)
なんて思った方もいるでしょうか・・・?!(笑)

これも実は、とってもスピリチュアル性の高い分野の情報なんですよ。。

この部分を語らずして、スピの王道は通れないとさえ思っています。
(あっ、私の中でね^^)


かつて人間は、この地上でも、両性具有で生きていた時代がありました。
両性具有というのは、一つの体の中で男性性と女性性がきちんと統合され、
異性を求める必要が、霊的にも肉体的にもまったくない状態のことです。

幾多の時代と文明を変遷している間に、今のような男性・女性の体として
別々の人間に別れてしまったのですが、強く異性を求めるのは、本能で
その不完全さを補うためとも言われています。これから先の時代には、
またこの両性具有の完全な体に戻っていくとも言われていますが、
それはまだもう少し先のことでもあるかもしれなくて。。。

男性・女性が別々の体に別れてのちの地上では、
主に性は「子孫繁栄」のためのものになったのですが、

この性・・・・実は大きく分けて、3つのものがあります。

1つ目は、快楽の性。

2つ目は、子孫繁栄のための性。

そして3つ目は、今なおあまりオープンにされてはいませんが、
人間の心身を開き、霊的にもさらなる高みへと
昇華させていくための性です。


多くのマンダラの真ん中には、何が描かれているかご存知でしょうか?

この場合は日本のものではなく、どちらかというと東南アジアなどの
寺院を中心に置かれているマンダラのことを指しています。

そうした国でのマンダラの中心には、裸の男神と女神がしっかりと
抱き合っている絵が描かれていることが多いのですが、
それが上の3つ目の性を現しています。

陰と陽が交わっているところでもあり、
宇宙の本質を描いています。

日本ではそうしたものを大衆の目からは伏せる傾向があり、
早くから図形化されてしまっていますが、今でも東南アジアの
ほとんどの寺院では、こうしたマンダラが掲げられています。

実は日本の神社でも、男性器や女性器を奉っているところはたくさんあり、
事実神社のお祭りの日には、そうしたものを型どった飴などが売られて
いたり、面白い所では、それ自体を山車にしてしまって
練り歩いたりしているところもあります。

こちらの大学で出会った、いつぞやの時代にはチベットの高僧だった
記憶がある、あのおちゃめな年下の女友達の子供時代の写真に、
男性器の大きな山車の上に乗っかってピースをして写っている
ものがあり、「この意味を知っているの?!」と聞いたところ、

「うん^^」と答えながら少し話してくれたのですが、
お母様が修験者でもあるだけにおそらく幼い頃から、
そうしたことも教えられていたのでしょう。

西洋のキリスト教の教会などでも、祭壇のその奥深くには男性器などが
シンボルとして納められているところも多いそうで、実際に誰の目にも
触れることができるものとしては、オベリスクが男性器を現しています。

女性器はどこにあるかというと、これはわかりにくいのですが、
例えばバチカン市国などなら上空からヘリコプターなどで教会を
見下ろすと、そういう形にデザインされているのがよくわかるそうです。


なぜこうしたものを昔から洋の東西を問わず、
神聖な場所で奉っていたのかというと、それが
「人体において最高の宇宙エネルギーが生まれる
部分である」ということなどを伝えていると同時に、

3つ目のやり方で、お互いに深い愛をもちながら
男性・女性がエネルギーを交わすようにして肉体を合わせていくなら、
それは単に心身の健康を増すだけでなく、霊的な進化にもつながる、
大いなる秘密がそこにあることを物語ってもいるからなんです。

西洋では、錬金術の中で伝えられてきたことでもあるのですが、
グノーシス派などがそうしたことをよく伝えてきています。

日本では、空海などがやはりそうしたことを伝えていました。

スーパー僧侶の空海は、一度見ればどんなお経でも覚えてしまったと
言いますが、実際には右脳の開けたサイキッカーだったようです。

彼は大陸からこうしたことも教わって帰ってきていたのですが、
その意味を取り違えてしまう人がとても多かったことから、
教えの誤解を恐れ、一部の者にひっそり伝えただけで、
その多くを密教扱いにしてしまったとも言われています。

空海が当時すでに多くの人にも伝えたかったであろう、
この3つ目の性の教えは、現代においても
ただ異性と交われば霊性が上がる・・というように
誤解されて受け取られ、それが一時集団化した事件
にまで発展したことがあることからもわかるように、やはり
当時では、今以上に説明することが難しかったのでしょう。


私が渡米する前の2000年頃、武道的な要素も含む気功を習って
いたこともあり、体に気を巡らすことにとても興味を持っていたため、
自然とこうした分野にも強く惹かれるようになり、ものすごい数の
西洋・東洋の文献を調べ尽くしたことがありました。。

ネット上の様々なサイトへ飛んでみたり、色々な本を取り寄せてみたり、
その頃偶然訪れた古本屋で出会った、日本語訳されたグノーシス派に
伝わる、この3つ目の性の秘密が書かれた、すでに高額本になっていた
古書なども手に入れてみたり、、、と、かなり本格的にやっていました。

そうこうするうちに徐々にわかってきたのは、こうした内容には
危ないものもあり、最初のころは変なサイトや本に出会うことも
よくあったのですが、少しずつどれが良いものであるのかや、
真実を伝えているものなのか、そして現代に合う説明になって
いるのか、、ということがわかるようになっていったのです。

こうした分野の情報を書いたものとして、西洋の書の中で
特によかったのは、グノーシス派のものでした。

キリスト教の初期の頃のもので、
純粋性がとても高い一派のようです。。

そしてそれ以上に宗教的過ぎず、健康的で科学的で
現代には一番良さそうなだなあ~と、たどり着いたのが
この謝明徳(マン・タクチャ)さんのご本でした。

この3つ目の性の交わり方を普通の人がしようとしたら、実際には
気の回し方などを熟練しないと、そう簡単にできるものでもなさそうだ
とは、当時体に気の巡らし方を訓練していた時にも感じたのですが、
これはヒーリングなどでプロとして人の体に関わる仕事をされている
方や、気功などに興味がある方、そしてこういうものがあるということ
を知りたいと思っている人にとっては、とても良い本だと感じています。

ちなみにこの台湾出身の気功師でもあるマン・タクチャ氏は
チネイザン・タッチの創始者でもあり、現在はNYで活躍されてますが、
あの「お腹マッサージ」なども、広く伝えられている方なのです。


話は少し変わりますが、あのじぇるが、中国政府から特別に開示された
調合でブレンドされた漢方薬と一緒になったものが秋から出されている
ことは、何度かここでもお話ししていますが、その臨床として学会に
提出された5つもある論文のうちの4つまでもが
実は「セクシュアリティーの向上」に関するものでした。

このじぇるに関わる人でも、普通の人がそれを聞いた場合には、
バ〇ア〇ラみたいなもの?!と言ってクスッと笑われるそうですが、
実は欧米でも日本でも、この3つ目の性のことをきちんと学んでいる人は、
性エネルギー=宇宙エネルギーであることをとてもよく理解しているので、
「あぁ、そういうことなのか・・・!!」と、深く納得されるのだそうです。

事実、私もこの臨床論文の話をされた時に、
「なるほど、そういうことなのか~(@@)」といった反応をしたため、
ライトっちに「この意味がわかるの?!と聞かれ、こちらも驚いて
「ライトっちも知っているの?!」と聞き直して、そこで初めて
上のようなことを学んだ経緯をしたのですが、やはりこういう事でも
ないかぎり、普段はなかなか話さない分野の事でもあるよね~
というのも、改めて感じたことでもありました(笑)


私がこの分野のことを調べまくっていた時期は1~2年ぐらいの事
だったと思うのですが、上記の本にたどりついてしばらくしたころ、
とても鮮明な夢を見たことがありました。。

ベトナムかタイあたりの地方都市だと思うのですが、
たくさんの人が行き交う土道の真ん中で、20代後半ぐらいの
背の高いアジアの青年に「こちらです」という感じで案内されるようにして
あるところに向かっているのですが、どうやらそれはどこかの寺院に
向かっているらしく、夢の中で自分でも「あぁ、こうしたことをずっと
調べていたから、案内されたんだな~」と感じていました。

この夢は途中で終わり、寺院に入っていったのかどうかは
意識上では覚えてませんが、おそらくあの後、ある寺院に出向き、
そうしたものの最奥儀の部分の講義を受けたのだろうと、
今でも確信しています。。。

事実、その日を境にして、急にそうした文献を調べる熱が
スーっと冷めてしまったんですよね。

こうした人間の持つ体の神秘というか、可能性のすごさを
きちんと知ってみたい方には、この本をお勧めします・・・♪








[ 2011/01/18 04:04 ] おすすめ本 | TB(-) | CM(13)

変化・変容


数日前に、またまとまった雪の降った東海岸☆
コロラドと同じく、この季節はNY地方も雪かきが本当に大変です。。。。

雪の降り続けるその日の夕暮れ過ぎ。

私も忙しいし、旦那クンも帰宅した後で
車を入れるドライブウェイの雪かきをするのも大変だろうから
誰か派遣されて来たり・・・なんて、しないかなぁ~?!^^

なんて思った20分後・・・・・

キッチンの扉を、何度もノックする音が。。。

日も落ちたこんな時間に誰??(@@)と思いながら、ドアを明けると、
そこには近所の子らしき、金髪いがぐり頭スポーツ刈りの12歳ぐらいの男の子。


ぼくたちが、雪かきしてあげようか・・・・・?!(^^)


w(゜▽゜;)w エッ。。。



翌日は、隣のおじいちゃんも前回の雪の時とは違って、どこからか雪かきマシーンを
調達して来たようで、朝からそれを使ってバーッとドライブウェイの雪を弾き飛ばしながら、
目が会うと、ニカ~ッ^^

冬は雪かきを通して、ご近所での付き合いが増える季節です。。。笑


NYあたりの雪は、コロラドなどの乾燥の特別激しい所に降る、世界中のスキーヤー
憧れの、シャンパンスノーと呼ばれるほどのサラサラと風に舞う軽い雪とは違い、
私が生まれ育った関東地方に降る雪に似て、水分が多くぼったりとしているのですが、
さすがに、気温の低いこの1月に降る雪はサラサラで、、、

今日はよく晴れているので、その雪が風に飛ばされて舞い上がり
キラキラと空中で反射してとてもきれいです。。。☆


   雪中を泳ぐ~^^


今まで自分自身のブログでも他の人のブログでも、
「この日を境にして、また地上のエネルギーが変わりましたね・・・・」
というような表現をしたり、見たりすることは何度もあったのですが、

昨年末から今年の初めにかけては、今までの人生の中でも
ここまで何かが大きく変わったのを、しっかり感じたことはありませんでした。

何がどう変わったのか、、、というのをうまく伝えるのは難しいのだけど
でも、明らかに今までいた世界とは違う世界の中に入ったとでも言ったらいいのでしょうか、
毎日の生活や窓から見える風景はそれまでに見ていたものと何ら変わりはないのですが、
明らかに自分の日常の中でも、今までとは違う何かをハッキリ感じるのです。。。。


シリウス文明さんの数日前の記事にあった

特に、西暦2010年の終わりと、西暦2011年の始まりでも、
地球の意識と周波数に、“切り替え”が起きています。


この表現が、まさにドンピシャリで・・・・

この記事が出る前から旦那クンにも「周波数が変わった・・・」とは話していたのですが、
それを示すかのように、日常生活でも、過去何十年と続いていた大きなある物事が、
年末・年始にかけて突然きれいにまとまり、終止符が打たれたりしていました。


ブログでも、今年は日常から心身のケア面についてのものを
特に書いていきたいなあと思うようになっています。

心身を整えることに緊急性があると感じているからなのですが、
みなさんも、どうかゆるゆるとお付き合い下さいね^^



[ 2011/01/14 03:48 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(2)

世界標準♪


ここ最近日本のテレビで放映されていた「千と千尋の神隠し」を録画して、
こちらでも昨夜、ゆっくりと旦那クンと観ました。

ふたりとも、もう何度も見てきているもののはずなのに、、、、

それでも見るたびに新しい発見があり、生き生きとした登場人物たちの想いに
心揺さぶられては、やっぱりいいなぁ~と、今回も最後までしっかり観てしまいました(笑)


    千とはく


コロラドにいた頃、同じ大学にいたあのおちゃめな年下の女友達がアニメおたくだったことから
さまざまな作品のDVDをよく貸してくれたため、色んな作品を見るチャンスがあったのですが、
このブログ内にも載せている「地球少女アルジュナ」も、その時に見たもので
その他にも「蟲師」とか「十二国記」というのが、特に面白かったと記憶しています^^

実はそのアニメたち、日本から彼女が持ってきたものもあったのですが、
半分近くはこちらのお店で買ったもの。

なので英語の字幕も、もちろんしっかり入っています。

そう・・・・現在世界で活躍する一流サッカー選手の多くが、「キャプテン翼」を見て
サッカー選手を目指したり、それを見て励まされていたということはよく知られていますが、

今や日本のアニメは、こちらでもしっかりとした市民権を得るばかりでなく、
ベストバイなど、家電などの大型店のDVDの棚・数メートル分を
日本アニメだけでごっそり占めてしまうほど、確固たる地位を確立しています。

これは田舎から大都会まで、いずれも同じ状況で、
すでに全米ではどこでも同じように展開され、その品ぞろえも、
日本でもかなりマイナーな作品のものまで、かなり幅広くあります。


英語学校時代、韓国や台湾、中近東、南米各国の様々な出身国の友人がいたのですが、
そのほぼ全員(20~30代)が、宮崎アニメを見て育っていました(笑)

そんなみんなでパーティーをする時には、「魔女の宅急便」などが流されることもあって、
それにまつわる子供のころの想い出話しに花が咲くこともよくあったのですが、
さまざまな国籍の人が同じアニメを見て育っているって・・・・なんか、凄いですよね^^

もっと若い10代後半の世代とかにいたっては、もう日本人の私より
今の日本のアニメの流れをよく知っています(笑)

40代以上のアメリカ人でも、もちろん日本アニメが大好きな人は結構いて、
これもどこの州に行っても色々なものを見る機会がありましたが、
同好会やサークルなども各都市にあり、割と活動も盛んです。



宮崎アニメに限らず、精神性の高いメッセージを持つものも多く、
時に難解かな、とも思われる側面も持つ日本アニメ。。。。

千と千尋の神隠しを見ながら、世界中の人々はどんなことを感じながら
こうしたものを観ているのかなぁ・・・・と、ふと思った静かな冬の夜でした☆


[ 2011/01/11 08:25 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(2)

最大の癒し♪


どのぐらい前のことだったろう・・・・・

今から14~5年ぐらい前のことだったと思うのだけど、
ある方にリーディングしてもらった時に


今のあなたの魂は 

あなたにそっぽを向いているね。。。。


本当にやりたいことをやってもらえなくて

いじけて・・・・・

完全に あなた自身に背をむけてしまっているよ。。。。



と言われたことがありました。

自分でも当に承知のことでもあったにもかかわらず、
改めてそう言われてみて、おおいに泣きそうになりながらも

やっぱり、そうなのか。。。。。。

と、ひどく心身が重くくたびれているのを感じながらも
深い納得の、渦の中にいたことがありました。


誰にそっぽを向かれるよりも、人が一番苦しい事。

それは自分自身の内側にそっぽをむかれる・・・・ということ。

これほど空虚でむなしいものはないなあと、全身で感じたことでもありました。。。


          kid.jpg


本当に自分が望むことをしないでいると
人は生きた屍のようになってしまうことに改めて気づき・・・・

それ以来、まずは動いてみようと

旅行でもパーティーでも、行きたいと感じたところには赴いてみたり、
それまでなら交わらなかった業種や年齢の人たちの中にも飛び込んでいってみたり、
楽器を習ってみたり、呼吸法でも武道寄りのものを習ってみたりとしてみたのです。

そうこうするうちに、出会うはずの人や物事にも的確に出会えるようになり、
人生でのラッキー度も格段に上がると同時に、様々なことが徐々に変化していきました。

人は自分の内側が叫ぶ声を無視し続けていると、最大の味方を失うばかりか、
生命力さえ減退させ、ラッキー度も大きく下げるのですが、この内側の自分を普段から
出すようにして思うことをさせてあげていると、人生が大きく回り出します。

そして、実はこれにあと一歩上の癒しを積極的にしてあげると、それは思いがけないほど
素晴らしい潤滑油を、人生というレールに与えてくれるようになるのです。。。


ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」






ホ・オポノポノのことは以前からお話していましたが、
その後、私も波はあるものの、ずっとやり続けていました。

じぇるだけでなく、食事や呼吸法、瞑想など、今までの人生の中でも
明らかにこれは良いと感じたものは、普段からもやり続けているのですが、

このホ・オポノポノには、いつもとても不思議な効果を感じていたのです。。。。

とは言え、ホ・オポノポノの本をいくつか読んでみても抽象的なものも多く、
あと一歩踏み込んで解説されたものがほしいと思っていた頃、

ここのコメント欄から、ある読者さんが教えて下さったのが
この「ウニヒピリ」の本でした。

こちらの紀伊国屋書店に行って手にして以来、ゆっくりと読み進めながら
実践してきたのですが、この本は今までのホ・オポノポノの中でも、群を抜いて
「ウニヒピリ(ハワイ語)= インナーチャイルド」の癒し方が
とてもていねいに、わかりやすく書かれていたのです。

この本のおかげで、的を射たところにエネルギーを注ぎ込みながら、
あの4つの言葉を使うなどして、自分自身の奥深くを癒せるようになったのですが、

これをきちんとしている時の、日常の変化には目を見張るものがあります☆

あまり実践していなければ、おそらく並みのラッキー度で流れる日常ですが、
自分のインナーチャイルドに常に話しかけ、今まで無理をさせたことを詫びたり
感謝しながら過ごすようになると、自分が望む以上のことが日常に起きたりするのです。

引き寄せは、宇宙への善行貯金として、他者や社会へ貢献したエネルギーが多い人ほど
自身の願いごとも叶いやすく、またその内容も自分のものだけを願ったものよりも、
他者も含めたさらに大きい物になると叶いやすくなる・・・・という、
いくつかのルールがあるのですが、ここに、さらに自身のインナーチャイルド
の癒され度合というのも入ってくるような気がしているのです。


たとえば、私も色々やってみたのですが^^

パーキングが必要でも平常時には、頼んでも見つからないこともあります。

エネルギーが良く回転している時には、頼むと同時にスッと空いたりします。

ところがさらにその上をいくと、頼むことさえなく、ふと横を見ると
一番便利な場所がすでに空いて待っているのです。

これは面白かったので、何度も実験してみたほどです(笑)

ホ・オポノポノによる浄化をしていると、
この3番目の状態になることがとても多かったんですよ。。。。


こうしたことは他の人を見ていても、よく感じます。

自身の中身とよくコンタクトが取れて癒され度合いが高い人は、
日常や人生全般で、物事がよく回っているなあと感じることが多いのです。

インナーチャイルドとコンタクトしていく方法は、それほど難しくはありません。

この本には、それがとてもわかりやすく書かれていますので
もしよかったら参考にされてみて下さいね・・・♪


[ 2011/01/07 06:41 ] おすすめ本 | TB(-) | CM(10)

嬉しいお年始☆


2011年は、お年始からポカポカ日和が続き、過ごしやすいNY。
人間・・・・、やはり暖かいと体が動きやすくて、ありがたいですね^^

機能していないのかと思われていたメールフォームも、今日試してみたところ、
きちんと作動していることがわかり、また復活させました。

届いていなかったメールも、迷惑メールとして処理されていたことがわかり
お問い合わせ頂いていた方々には無事返信をすることができています。

新年そうそうに、そうした方たちともつながることができて、とても嬉しく思っています^^


      cal1.jpg


これは今年の我が家のカレンダー♪

毎年、本屋で新しい年のカレンダーを探すのが楽しみなのですが、右のカレンダーは
プロフィール写真でもおわかりのように、白壁と青い海のあるギリシャが大好きなので、
迷いなく選んだ1つ。今の我が家の大家さんもギリシャ人一家なのですが、
なんだか今年はこちらあたりのことも展開してきそうな予感。。。笑

そしてもう1つは、もともとフレンチカントリーが大好きでチョイスしたもの・・・☆

実は本屋さんにいた時には何も意識していなかったのですが、なんと「りんご」の表紙(笑)
この「りんご」という言葉もアーサー王時代のことと共に、現在色々なことがつながり
出しているところなので、まさにジャストタイミングという感じのもの。

この言葉の持つ意味について新しくわかったことも、また書けたらと思っていますが、
とりあえず、今年はこの2つのカレンダーに見守られてのスタートになりました。
どんな日々を刻み込んでいくことになるのか・・・とても楽しみです^^


      cal2.jpg



そしてこの年末・年始にはいつも以上にたくさんの方からメールを頂いていたのですが、
その多くが、じぇるを使われている方からの、嬉しいお礼のお便りでした・・・♪

我が家でもそうですが、以前にご本人だけでなく、ご主人やお子さん、そしてご両親などから
驚かれて感謝されてしまうことが多い・・・ということを書かせてもらったことがありますが、
今回もやはり、仕事が大変でストレスだらけのご主人や、ウツで大変な思いをされている
ご主人をもつ奥様たちからのメールが多かったのです。

そうした心身が少し大変な方のほうが、その違いがよりわかるようで、ウツのご主人のほうは
増える一方だったお薬を1つ減らすこともできたそうで、「これをサプリと呼んだら、
失礼だよ。それ以上にすごいものだから!!」とまでおっしゃられているそうで
本当に涙が出そうなほど、私までうれしくなりました。

ここのものはきちんと臨床が取られているだけでなく、その内容がとてもきちんとしている
ことから、世界中でも医師や科学者から興味を持たれることも多く、私自身も
そうした方に秋にお会いしましたが、何より私自身がここのものを摂ることで
穏やかに、とても良い変化をし続けていることを実感しています。

その1つとして私の場合には、眠りの「質」の変化があります☆

こちらの大学に通っていたころは、30代半ばだったにもかかわらず
毎日明け方の5~6時まで課題をこなし、その後2~3時間ぐらい寝てから授業に出る
ということができてしまっていたため、睡眠がそのぐらいでも生きられるものなんだなあ~♪
なんて変に思ってしまっていたところがあったのですが、

やはりそうではなかったようで、心身はかなり疲れていたらしく、
今ではその時の分も取り戻すかのように、とても深い、気持ちの良い眠りを一定時間
しっかり取れるように、この2~3ヶ月で大変化しています。

そしてその分、昼間の覚醒度は高くなり、直感もますます冴えるようになってきています。

眠りの「質」というものに、改めて注目させられた体験でもありました^^


2011年、さらに地球自身がエネルギー的にも変化の度合いを高めて行きますので、
それについていくためにも、心身の準備を万全に整えていこうと思っています。

そんな今日このごろの私ですが、
今年もまた、どうぞよろしくお願いいたします 


[ 2011/01/04 04:32 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(8)

青い星から2011




             新年あけまして おめでとうございます 



                   日本に遅れること 14時間

                  ようやくNYも 新年の時空に入り

                 どこかで 花火のあがる音がしています☆


 
   初日の出 渡良瀬遊水地にて

               


                    このたぐいまれない青い星 


                         地球の 


                      大いなる夜明け前の 


                         2011年





                        どうぞ今年も


                    よろしくお願い致します・・・♪






[ 2011/01/01 14:00 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(8)