青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

チべタン メディスン


こちらで通っていた大学は、チベットにゆかりのあるところだったので、
白人が大多数を占めるその街の中で、キャンパスの内でも外でも、オレンジ色の
ローブを来た人がかっ歩しているという・・・・とても面白いところでした☆

ある夏、有名な風水師のゴーストライターもしていた人が
日本から遊びに来たのですが、エネルギーなどを敏感に感じ取るその彼女は、

ここは独特の高周波が出ている、とても不思議な街ね。。。

シャスタとはちょうど対になるエネルギーを持つ、まるで天空都市よ^^


と教えてくれたのですが、だからそこにチベットの寺院など、
チベットに関わるものがたくさんあるのかなぁ・・・?!とも思ったのでした。


      葉


ある学期で、私は珍しく夜に開かれる授業を1つ取りました。
昼間は医師として開業されている細身の白髪のおじーちゃん教授のもので、

「Tibetan Medicine」

実は私、これを訳し間違えていて、ずっと「チベット薬草術」だと思っていました(笑)

だから漢方のように、この草にはどんな薬効があってどういうふうに使うとかを
学べるのだろうと思っていたら、待てど暮らせど何回目かのクラスになっても
一向に薬草が出てこない。。。。

ティンシャを鳴らして、その音がどのように人に認識されるのか・・・とかやっている

(--;?????

そのうちふと気づいたのが「Medicine」は薬だけれど、この場合には「医学」と訳す。

ということは。。。。。
私が取っていたのは、チベット医学だったのか(@@;

ということで、確かに薬草系のものもあるけれど、このクラスでは普通の
内容のチベット医学だったので、なかなか草が出てこなかったわけです(笑)

なんて気づいて少しがっかりしたあたりから、学科内容が徐々に体験的なものへと
変化し始め、難しい解説ばかりに辟易としていた私の目もキラキラに(@v@)☆

その1つが色んな味覚の食べ物を持ってくるというもの。

チョコレートやヨーグルト、ニンジンにペッパー、ショウガなど
甘いもの、辛いもの、すっぱいもの、しょっぱいもの、にがいもの
すべての味のものを揃えて、12~3人ほどのクラスメート全員で
それをもぐもぐと食べてみながら、1つ1つどのエネルギーに属する
味のものであるかを調べたりするのですが、

肉体的なエネルギーバランスが欠けた時には、それらの食べ物の特性を生かして
その時々で見合ったものを摂ってあげると体のバランスが取れるのです。

例えばテスト勉強などで夜更かしをして肌も乾燥気味で落ち着きがない時などには
乾性が増えているので、しっとりとした落ち着きをもたらす甘味のあるものを
摂ってあげることや、その反対に眠りすぎたりして体が重く心も内向的になって
いる時には粘生が増えているので、その反対の辛いものなどを摂ってあげるなど。。。

そのほかにも食べ物だけでなく、色々なバージョンで色々とエネルギーバランスを
取るものがあるのですが、年齢や季節によっても優勢なエネルギーが違うのです。


体験的な授業の中で、特に記憶に残っているのが「尿診」。

これは朝一のものか、2番目のものだったのかは忘れてしまったのですが、
自分の尿を取ってクラスに持って来いというものでした(笑)

クラスの4割ほどが女性でしたが、そんなことにはお構いなく全員提出で、
色んな入れ物に集まった尿を1つずつクラス内に回し、色や匂いなどを視ていきます。

色の濃いもの薄いもの、匂いの淡白なものから強いものまで色々とあり、
最後に教授のところに戻ると、おはしのような木の棒を取り出して、
それでジャブジャブと尿を泡立てるのです。

泡の立つものには蛋白や糖が多いことなどがわかったり、
その泡のきめ細やかさによっても色々とあるからなのです。

面白かったのが、テキストには尿の色などによる分類の記述があるのですが、
その中に、「ブルーで、森林を通り抜ける風のごとし。。。」みたいなものがあって
「青色の尿とは一体どんなものなんだろう?」と思っていたところ、

教授が1つ1つの尿を目で視ながら、これは〇〇だねとか話していく中、
ある尿の入ったものをひょいと上げて少し視ると、これは青色の尿かなあ・・・と。

へぇ~そうなんだ~と思って見ていたら、
見覚えのある容器で、それが自分のものだったこと(笑)

ブルーとは言っても、もちろん色は尿なので黄色ですが、
そういうエネルギーのように感じる尿と言ったらいいのでしょうか、
感じとしては草食系のアジア人のものといった感じのものです。。。

事実、そのクラスの他のメンバーはすべて欧米人で、年齢も20代前半の子が
多かったので、やっぱりエネルギッシュな尿が多かったのです(笑)


ここ最近はチベット医学のことを聞くことが多く、
そういえばこんなクラス受けてたな~と思い出したことでした^^


スポンサーサイト
[ 2011/02/25 11:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(10)

お隣さんは・・・♪


UFOが大挙して、世界各国の様々な都市の上空や、
太陽の周りなどで飛んでいるニュースが、表メディアでも
もう隠しきれないほどに増えてきている毎日ですね。。。

2012年を目前に、今までこうしたものを
笑い飛ばしていた人たちでさえもが、

何か起きているの。。。?!

というのを、感じずにはいられなくなっていくんでしょうね^^


     ノイシュバンシュタイン


日常にもささやかな面白いことがたくさんありますが、
今日ふと思い出していたのが、、、、昨年の引っ越しの時のこと。

もしかしたら、もう少しでお隣さんが

「お城」になるかも・・・・・

ということが、実はありました(笑)


ネットに写るちょっとかわいらしい家を見に、以前お世話になったことのある
誠実なアメリカ人青年の不動産屋さんと現地で待ち合わせしたのですが、

彼に指示されたアドレスに向かったところ、
到着した所に建っていたのは


なんと・・・・・


「お城」


でした(@@)


上の写真のノイシュバンシュタイン城は、実際に訪れたこともあるのですが、
これを何分の1かに小さくしてはあるものの、

目の前に見えるのは、どう見てもこんな感じの「お城」。。。

なんでこんなアメリカの普通の街に、お城があるの~?!?

と思いながらキョロキョロしていると、少し離れた所に建つ普通の住宅が
ネットに載っていた物件に似ていることに気づき、そっちに近寄って行ってみると
案の定、そちらに待ち合わせした不動産屋さんが。。。。

ん~~~やっぱ、そうだよね(^^;

まあ確かに、あの値段でお城と言うのは絶対にあり得ないのだけど。。。(笑)


お隣さんは何ですか?!?と聞いてみると、

この辺りいったいの、地主さんですよ^^

おそらくは18世紀あたりに、ヨーロッパから移り住んできた貴族
だったんでしょうね。道を挟んで向こうに建つ新興住宅地も
みんなこの地主さんが切り分けて売っていった土地で、

この家は、となりのお城と同時期頃に建てられて、
最後まで売られずに残していたんですよ。。。



なるほど道理で、、、、

外側は芝生もきれいで、周りの家との距離もほどよくあり、
家自体の外観もとってもかわいいのです


・・・・・が

家の中は。。。。とにかく古い

ある程度リノベイト(リフォーム)もされているものの、
キッチンも小さくて、後から小さなガスレンジなどをつけました。。。。
と言う感じで、すべてが今の時代には、ちょっと暮らしにくい造りになっているのです。

かわいいし、値段的にも少しお安めになっていたので
残念だなあ~と思いながら諦めたのですが、

もしそこに決めていたなら、

毎日窓から見えるお隣の「美女と野獣」にでも出てきそうなその館を見ながら
暮らしていたのかしら。。。?!

なんて、ふと思い出していた今日なのでした・・・笑


[ 2011/02/22 06:07 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(2)

浄化のパワー☆


バレンタイン頃には、ちょうどマンハッタン出張が入ることの多い旦那クン。

今年もうまい具合にその日と重なったので、一緒に行った同僚と、
どれにする?!なんてワイワイしながら、男2人で買っていたそうで。。。。笑

必ずしも、プレゼントするのが女性側からとは限らないアメリカの習慣のおかげで
今年は「Neuhaus」のチョコにありつくことができました☆

感謝です^^


        choco.jpg


このところ、さらに浄化のスピードが速くなっています。。。

いくつかの優れた浄化ツールを使うことで、さらに速まっているのですが、
最近はその効果として、以前よりもさらに勘が良くなるだけでなく、
危険回避力なども高まってきているのを感じています☆

パーキングなどでも、車に乗り込む時には人も車も周りに全然いないのに、
なぜかとても気になって確認をよくしてから乗り込むと、そのほんの数秒の間に
人や車が驚くほど色んなところから出てきて、注意していなければ危なかった。。。
ということが何度かあったり、

ありがたい事では、ずっとこちらで参加したいと思っていたことを主催されている方に
自然とつながるご縁が持てたり、小さなことではパーキングメーターの前では、まるで
これを使いなさいとでも言われているように、なぜか25セントコインをよく拾う
ようになったりと、、、そのほかにも色々と日常生活を送る上で、
便利でありがたいことがスムーズに起こって来ているのです。

これはどうやら私一人が感じていることでもないらしく、傍らにいる旦那クンも
「どうしたの、いったい何が起きているの?!」と言うほどに
ハッキリとした現象で、しかもいくつもいくつも起きてくるのです。。。

自分の中とのコンタクトを良くとったり、浄化をする結果に起きてくることが
どういうことなのか。。。ということを、身をもって体験している毎日です^^


そんな浄化ツールの1つでもあるホ・オポノポノ☆

これも相変わらず本当によくやっていますが、実はこれにもコツというのがあって、
そのポイントを押さえると、やはり浄化が早く進むのです。

むやみやたらに、ただ4つの言葉をかけていくだけでは少し効果が薄いのですが、
実はこれ、様々な感情などが湧き上がってきた時こそが一番のやり時なのです。

例えば、、、、

何かのきっかけがあろうとなかろうと、どうしようもないほど悲しくなったり、
苛立ってみたり、怒りが湧いてきたり。。。という時が来たなら、しめたもの^^

そうした時こそが、一番やっかいなものを手放すチャンスなのです。

こうした感情は過去に経験した記憶が再生されているにすぎないので、
そういう時には、自分の中にしっかりと語りかけていくのです。


どうしたの。。。

何がそんなに悲しいの。。。?!



そのまま起きてくる色々な想いやエネルギーなどに、しばしゆだねます。


ああ、そうだったね、、、、いつもお母さんに認めてもらえていなかったね。

もっとこうした想いを吐き出してみたかったね。。。


私自身も、それをあなたに長い間許してはこなかったね。。。


ごめんね、、、、ずっと気づいてあげれなくて。

押し殺して見ない振りしてばかりだったね。。。

苦しかったね。

無理させちゃったね。。。

本当にごめんね。


これはもう繰り返したくない想いだね。

手放していこうか。。。。


悲しみの想いを再生させちゃってごめんね。

許して下さい。 

本当にごめんね、、、ゆるしてね。


私自身はあなたを一番応援しているし、

誰よりも大好きなんだよ。。。

愛しているの。

いつもなんだよ。


今までがんばらせちゃっていたね、、、

気づかなくて、本当にごめんね。


でも、いつもありがとう、大好きだよ。

愛しているよ。。。

本当にありがとう、ありがとうね


ありがとう。。。




日々様々に感情が湧きあがって来た時に、その都度こうした接し方を自分の中と
数分でもしてあげていると、ようやく内側は自分のことに気づいてくれたのかと喜び
やがて深く癒されるようになると、徐々に徐々にそれは外にも変化を見せてくるのです。

それはやがて、ふとした時の心の軽さや大きな何かの気づきとして現れたり、
日常生活の更なるスムーズ化などとして、ハッキリとわかるようになるのです。


できることならこれにプラスして、丹田腹式呼吸法などを取り入れて行くと、
空気中にある宇宙エネルギーが体に大量に取り込まれて高波動にもなるため、
そうした変化をさらに強力に後押ししてくれやすくなります。。。。

日々のちょっとした工夫と努力が、自分自身をさらなる高みへ連れて行ってくれます。

頭であれこれ考えているだけでは何も起きません。

自然に変化を加速してくれるこうしたものを使いながら、
これからの時代の変化に乗っていくといいのだろうと感じています・・・♪


[ 2011/02/18 05:40 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(8)

時空のゆがみ


このところ、気温はまだまだ低いものの、それでも晴れることが多いNY。

いつしか季節は、再び「光の春」を迎えているようです。。。☆


    瞬・・・。


このブログを打ちながら、今日は雲の流れが速いなあ~と
時々窓のほうを眺めています。

それはまるで今の時代にも似ているなあと改めて思っていたのですが、
そういえば、昨年の晩秋のころにはちょうどこんなふうになっていたんだよね。。。。

と、思い出しながら読んだのが、ライトっちのこの記事

→ 時空のゆがみ

そのころシリウスさんがアップしてくる地球のさまざまな状況とも本当によく一致していて、
両方から入って来る情報を、毎日(@O@)目をこんなふうにして見ていることが
よくある時でもあったのでした。

現在も、様々な形でそうしたエネルギーを受け、エジプトや北朝鮮などでは
特に大きく物事が動いたりしていますが、そうしたものは個人レベルでも
起きていて、さらなる浄化の必要性を感じたりもしています。

日本はもう終わってしまいましたが、アメリカではまだ
はっぴーバレンタインの今日、やわらかな写真とともに

上の記事をお楽しみください・・・♪



[ 2011/02/15 06:10 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(0)

はっぴーバレンタイン♪


ブログのテンプレートを、茶色の絵のものにしていますが、
一応これは、バレンタインのチョコをイメージしているものなんですよ。。。笑

アメリカでも1月には、バレンタイン商戦のものがズラリと並び始め、
下の写真は近くのスーパーのもですが、定番のものが陳列されています^^


      バレンタイン1


近づいて手に取って見るとこんな感じ。
こちらはラムネのようなお菓子に、メッセージの短い言葉が書かれているもの。

これで本当に、愛の告白とかをしたことがある人がいるのかは不明・・・・笑


        バレンタイン3


これも同じようなお菓子。英語学校時代、クラスの女の先生が
かわいいお手紙付きで、生徒全員にこのお菓子を少しずつくれたことがありました☆


          バレンタイン6


アメリカの季節の行事には必ず出てくるマシュマロキャンディーの「Peeps」
バレンタインにも、やっぱりありました(笑)


          バレンタイン4


そして、そのPeepsのお隣は世界のヒロイン・キティーちゃん。
彼女は今ではどこでも見かけます^^


          バレンタイン5





今年に入ってから地球の変化がさらに加速してきているからなのか、
心がぐるぐるしたり低飛行しています・・・・なんていうメールを時々頂きます。

とは言っても、

ずっと絶好調でいられる人がいないのと同じように、
ずっと落ち込んだまま・・・という人もまたいないのですが
それでも代わるがわる、激しいこの時代の変化の波に誰もがもまれている感じです。

私もそんな例にもれず、時には精神的に不調になることもあるのですが、
ここ最近、ホ・オポノポノをとてもよくやっていた後などに、大きな落ち込みが
やって来ることに気が付くようになりました。。。。

集中してやっていると、やがて日常生活の中に、今までの人生でやってきたのと
同じ対処をしていたのではもう追いつかない・・・・ということが物理的に
実際に起きてきて、どうしようもないほど苦しくなる・・・・
ということが起こるのです。

そして数日すると、それを解決するための根本的な事象が具体的に起こり、
今までに何が起きていたのか・・・・というのを、深く学ばされることが起きるのです。

そしてそのたびに以前の幼さや、さらなる成長というものへの的確な努力や
トライすることなども含めた色々なことに気づかされ、最終的には雨降って地固まる
のように、以前よりも物事が深く解決される・・・・というふうになるのです。

今の時代の特徴なのか、それが過去のものとは比べものにならないほどものすごく早く、
その一連のことがダーーーっと、数日から数週間で起こってきて収まるのです。

ホ・オポノポノをすれば、いとも簡単に人生がスムーズになる・・・ということでもなく、
この世に生まれてきてから何十年という長い人生の中でためてきたものや、
はたまたどこかの前世で色濃く染み付いたクセのようなものの中には、
想いもしないほど大きくて根の深いものもあるため、

徐々にそうしたものの浄化に入ってきた時には、それをリリースするために
どうしてこんな想いをしなくちゃいけないんだろうか・・・?!というほど
悲しくて苦しかったりすることも多々あるのですが、

それでも数日すると、それが自分の頭で考える以上の方法で
何か大きく良いほうへ変化する出来事が必ず起きるのです。

細胞の奥深くからリセットしてくれるサポート役の
じぇるの効果があるのも、もちろん感じています。

でもそれを使いながら、ホ・オポノポノなども実践し続け
実際に大きな浄化を起こして乗り越えて行くのは自分自身でしかないのです。

時にこんなに苦しいのなら、ホ・オポノポノをやめてしまおうか・・・・

と思うほどのこともあったのですが、逆にいえば、ようやくそれだけ深い根っこに
つながるものへの浄化にもたどり着け始めているということでもあるので、
今それをやめてしまっては、せっかくこの時代をあえて自分で選んで生まれてきた
意味がなくなってしまうような、もったいない気もするのです。。。。

それに・・・・・

決して付随して起きてくることには苦しいことばかりではなく、
こうしたものを1つ1つ乗り越えていると、日常の中に、今までになら想像すら
しなかったような大きなラッキーへとつながる扉がいくつもいくつも開いてくるのです。

今はそうした大浄化の真っ只中にいるような状態で、1つ浄化の嵐を飛び越えると
1つ2つの大きな扉が開いては驚かされる・・・と言うことのくり返しの中にいますが、
数年後の大きな自分の変化も楽しみにしながら、

今は「浄化」という、この時代の誰もが避けては通れないハードルを
1つ1つ越えていくことをやめないでいようと思っています。



そんな今の時代を生きるすべての人に、


はっぴーバレンタイン♪



今日の涙顔は、いつか笑顔に変わるはず・・・・☆



[ 2011/02/11 05:53 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(4)

オペラから☆


1月の終わりごろ、旦那クンの叔母さんから小包が届きました☆

さっそく中を開けてみると、なんとそこにはこちらの日系スーパーで、
年末に一度手にしたものの、彼に「高いよ~」と言われて棚に戻した乾燥海産物が・・・・

それがいくつもある荷物のうちの一番上に入っていたのですが、
決してメジャーな商品ではなかったので、ちょっとビックリして目がパチクリ(@@)

こういうことが増えて行く時代とは言え、やっぱりあまりにそのものずばり
だったので、旦那クンとふたりで笑ってしまったのですが、、、

その下から出てきたものも、今一番ほしいと思っていた手作りの梅干し☆

叔母さんからは、いつもお菓子などの贈り物が多かったので
これは本当にサプライズでした。。。(笑)


     opera1.jpg


今週末は、マンハッタンにオペラを観に行ってました。

NYに越してきて以来、ブロードウェイを歩いたことはあっても
こうしたものにはまだ行ったことがなかったので、ちょっとした嬉しいデビュー(笑)

しかも年間もののシートを、都合が悪くて行かれないという知人から頂いたため
なんと無料で楽しむことができたのです^^

日本でいうなら友の会のようなチケットでもあったので、ほとんどが地元の人。
そしてその半分以上が上流階級のおじいちゃん・おばあちゃん。

ということでこのマンハッタンでは珍しく、白人の比率もグッと高かったのですが、
アメリカ社会の面白さというか、不思議さとでもいうのでしょうか・・・・
意外と上流社会にいる人のほうがマナーがよかったり、愛想のよい人が多いんですよ。

これは私だけが感じることなのか、他の在住の人も感じていることなのかは
わからないのですが、今までにも何度も感じたことでもあって・・・・
社交的な教育がよくされているからなのか、それとも生活苦がないからなのか、
意外と目も表情も生き生きとしていて、ユーモアがあり、親切だったりもするのです。

そんなわけで、この日はいつものアメリカ社会でよりも話しかけられることが多くなり、
着ているコートをほめられたり、トイレでは紙ナプキンを捨てようとしている女性の
ためにちょっとどいてあげただけで、嬉しそうにダーっと話しかけられたり、
それだけでなく、トイレの掃除や管理をしている女性さえもが、NY周りにはよくいる
ぶっきらぼうな労働者ではなく、にこにこと楽しそうに色々と世話をやいてくれるのです。

上流社会にだってもちろんいろいろあるのでしょうが、
それでもいつも不思議に思う、彼らの心の豊かさなんですよね。。。。


     opera2.jpg


ところで肝心のオペラのほうですが、、、題名はシモン・ボッカネグラ


許されぬ結婚だぁ

孤児として拾われた娘だぁ

本当の父だぁ

にっくき政敵だぁ

腹心の部下の裏切りだぁ

毒殺だぁ


・・・・と

それはそれは人間界のドロドロが、これでもかというほどにオンパレード。。。(笑)

最後には誤解が解けたものの、その時には毒が回っていて時すでに遅しの悲劇。

だからこそ、オペラは盛り上がるんだろうなあ~とも思いながら、、、

でもこれほどまでに強い感情の垂れ流しを、
すべての人が今の時代にやっていたらどうなるんだろう・・・・

そんな時にはやっぱりホ・オポノポノで、自分の中との対話がいいんだろうなあとか、

それをこの劇中の時代の人に話してみたら、笑われるだろうなあとか、

観劇中の、

そんな私の頭の中で考えていることが透けて見えていたなら、
それを見ている人のほうが、おそらく爆笑していたかもしれません。。。。

[ 2011/02/08 07:04 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(3)

祝いの膳♪


2月4日の立春から、完全に新しい年のエネルギーに移行するとは
昔からよく言われていますが、まさに旧正月だしね~と言った感じに、
先週末は仲良くなった年下の新婚カップルと、4人でおせちをつついて来ました(笑)


        ume.jpg


誘われないと、なかなか出かけない出不精カップルでもある我が家(^^;
ヘタをすれば週末の買い出しが済んだなら、わ~い♪と、まったりしながら家の虫に
なってしまうこともしばしばなので、こうしたたまの誘いはありがたく・・・・(笑)


       shoujin1.jpg


今回は1月のメニューでもある「おせち」☆
まさに旧正月を祝っているみたいね^^ だったのでした。


      shoujin3.jpg


ここは精進料理屋さんでもあるので、お野菜がどれも本当においしくて・・・♪


        shoujin4.jpg


これは七草のかき揚げ入りにゅうめん・・・・


        shoujin5.jpg


左手前はお味噌ののったホクホクの自然薯(じねんじょ)。
奥は中に餅麩(もちふ)が入っていて、右手前のタレをのっけて頂きます。


       shoujin6.jpg


締めは、5種のおこうこと炊き込みご飯。。。。☆


         shoujin7.jpg


そして最後はお抹茶に、干支のうさぎのらくがんとリボンの飴。


         shoujin8.jpg



あ~おいしかった、おなかいっぱい^^と思っていたら、

若カップル、このあと近くのお店で「たこ焼き」も買って帰ってましたよ・・・(@@)

驚いたことにこのたこ焼きが意外と好評で、店先にはフーフー言いながら
おいしそうに食べている、様々な国籍の人がたくさんいたんです(笑)



こちらはまだ、2月3日のアメリカ。。。。

今朝はこの新年を祝うのに、霊的にもとても面白いことがあったのですが、
まさに2011年が本格的に明ける合図だったようです☆


ということで・・・・


今年もみなさま、

改めてよろしくお願い致します(笑)


[ 2011/02/04 06:12 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(14)

ロスにりんごさん現る?!


先週末、関東では分子栄養学講座というのが開かれ、ここからじぇるを使われるよう
になった人たちも多数参加して、「栄養」などの勉強をしていました。

コロラドにいたころ、脳の手術をした知り合いの話などを聞くうちに、
それまでとても進んでいると思っていた日本の医療が、実はとても遅れている
ということを知るようになったのですが、今回、この分子栄養学のお話をして下さった
先生も、日本の栄養学周りの知識は10年は遅れているとおっしゃられているお方。
(10年と聞いていたのですが、この講座に参加された方から、
 20年でした・・・とさっき教えてもらいました・笑)

すでにいくつか送られてきているその講座を受けられた人の感想を見ても、
その内容は本当に興味深いものが多かったのですが、日本の統合医療学会でも
広く活躍されている、そんな先生も「これはとてもいい・・・♪」と言われているのが、
実はここのサプリ。アメリカでは天然成分由来の、質の良いサプリを作ると高い評価を
持っていた会社が、このじぇるの会社の傘下に入ってさらに進化したものなのです。

現代の野菜は昔ほど土が健康ではないこともあり、栄養成分がかなり落ちているため
バランス良く食べていてもどうしても足りない成分も多いため、こうしたもので上手に
補うと体の機能は格段に上がるのですが、私も今年の冬はどんなに乾燥していても
朝起きた時にのどが痛くなる・・・・なんてことは1度もなく、
肌もすべすべに、快調に過ごしています^^


             あっぷる


ちょうど1つ前の記事では「みかん」でしたが、今日の話題は「りんご」です(笑)

以前にもこの「りんご」という言葉の裏に隠されているもののお話をしたことが
ありますが、これはその続きになるかもしれません。。。

私自身がこの言葉をHNに使っているから・・・ということではなくて、
もう少し広く、この言葉の持つ本当の意味の面白さを書いてみたいのですが

事の始まりは、「アバロン」という言葉でした。。。

渡米したてのころ、ロサンジェルス沖にあるカタリナ島というところに行ったことが
あるのですが、その時に地図を見ると、島内には「Avalon」という所があり、
その地名を見たとたん、なぜかいてもたってもいられなくなったことがありました。

食い入るように地図を見つめたからと言って、特にそこに何かがあるわけでもなく、
その島に行った時にも、その場所に行くこともなく終わったのですが、
その後コロラドやNYに移り住んでからも、たまにこの「アバロン」という名の地を
その土地土地で見つけると、やっぱり何かが「ああ~~!!」と強く反応するので

ずっと(@@)???と思っていました(笑)

やがてライトっちが数日前に記事にした、3の湖で書かれていたようなことが
展開されることとなり、アバロンはアーサー王が眠る場所であることを知りました。

実在の人物ではあるものの、アーサー王のお話自体は、後世にかなり作られている
部分も多いものです。・・・・が、それでも何かの存在たちは、その物語と関連づけて
日常生活の中に、たくさんのサインを寄こして来たのです(^m^)

実はアバロンとは、ケルト語で「りんご」という意味があるそうで、
方角では東を指しています。東と言えば太陽が昇る方角でもあるため
それには「物事が始まる」と言う意味もあるのだとか。。。。

アダムとイブのお話の中にりんごが出てくるのには、そうした理由もあるのだそうです。

そしてアメリカの東にある大きな都市と言えば、ビッグアップルとも言われるNY。
愛称ではあるものの、そうしたことを知っている人がおそらく名づけたのでしょう。。。

ちょうどその話が出ていた頃は旦那クンが次のステップアップをにらみ、
ふたたびロスに向かうか、それともNYにもう少しとどまるか・・・・
という話が出ていたころでもありました。

いつもは次に向かう土地が出てくると、頭の中などでその土地の名前がコダマしたり
して知らされる事が多かったのですが、その時にはそういったこともなく悩んでいると、
ライトっちからこうした話が出てきたこともあり、

そうか・・・ならばこのりんごももう少し
この東の大地にいるかぁ・・・とも思ったのです(笑)


そんなある日のこと、ライトっちからの電話を取ると、

今日ね、NIJIYA(日系スーパー)でりんごさんにあったよ^^

日本語で話しかけられてさ、えっこの人、日本人かなぁ?!
なんて思っていたら、名刺をくれてさ・・・・

それが、RINGOさんだったの!! わぁたぁし、りんごです~って

かつらを作る人らしいよ。。。
頭におっきなひまわりを2つもつけていたさ~(笑)



ヒマワリの花。。。。これも面白い花で

10年以上前に、MAPという高次元領域にいる医療団を
呼び出そうとした時に、名前は?と聞いたら返ってきたのがこれでした。

幼稚園のお遊び用の園服に、母がどでかい刺繍をしてくれていた花でもあり。。。


話が少しそれちゃいましたが^^

面白かったのがあの日系人物語「99年の愛」をやっていたのがその少し後ぐらい
だったのですが、いくつもある日系人収容所の中でも割と名前が良く知られ、
あのドラマの撮影場所としても使われていたマンザナー収容所。

実はこのマンザナー、スペイン語で「黄金のりんご」を指します。

この頃は、そうやってたくさんの「りんご」が重なっていたのですが、
同時にアーサー王物語にも出てくる湖の、3という数字。

シリウス文明さんでも三位一体としてよく出てくる「3」という数字は
自然界では、カメラの3脚のように物質を安定させる数字でもあります。

そんなある日、じぇるを使っている沖縄のChicakoさんがメールを下さったのですが、

りんごさん、昨日主人から花束をもらったんですが、
その中に、かわいい小さなりんごが3つ入っていたんですよ^^



・・・・(@@;


会議は踊る・・・・ではなくて、メッセージや言葉が
あらゆるところでつながってクルクルと踊っている感じで、
ここまで来るともう何の意味があるんだかないんだか、、、、
ただ笑うことしかできなかったのですが^^

そういえば最初にお話ししたサプリの会社は、アーサー王物語を映し合わせたような、
ロスのその3つの湖がある土地で創業されたんだそうで。。。。

すべてがどこかでリンクして、つながっているこの不思議。

それ自体がもう、物語のようです・・・・☆


[ 2011/02/01 07:37 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(12)