青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

夏の始まり♪



             今週末は、土・日・月と 3連休のアメリカ。

        月曜日の今日は、戦死者を敬うためのメモリアルデーでした。


         お墓参りをしたり、家族でピクニックをしたりする日です^^


          アメリカでは実質この日から夏とみなされるのですが、

                NYでも 本当に急に暑くなって、

           半そで短パン、ビーチサンダル族が増殖中です



          sa.jpg




スポンサーサイト
[ 2011/05/31 09:59 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(2)

体験から。。。。



これは週末の買い出しに行った帰り、少し晴れ間がのぞいたので
少し遠回りしてハドソン川沿いを走った時のものです^^

マンハッタンから30~40分北上しただけで、
こんな木々が生い茂る、緑豊かな大地に変わります。



   ameagari1.jpg



いい眺めだな~と車から降りてパチリとしたあと、
振り返ると、そこにはきれいに手入れされたお庭とお家が。。。。



     ameagari.jpg



この家の住人は、こんな景色を見ながら毎日生活しているのかあ。。。。


いいなあ~~~♪


これこそ 本当のぜいたくかも・・・・(^^)




ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー



今日の記事は別のところでも書いたことですが、
こちらでも少し書いておきたいと思ったものです。。。。


福島は、私にとってはスピリチュアルなことを自然と学んでいくことになった
最初の友人・知人たちが多く住む土地でもあり、事実は小説よりも奇なり
お話しした家もそこにあるのです。

今回の震災後、彼らのことが心配で色々と調べたり
いくつか入ってきた情報の中で、自分自身に身覚えのあることが
浮かんでくるようになりました。


大家さんと大もめにもめて、契約半ばで飛び出すようにして
引越しせざるを得なくなったあの家で、実は少し変わったことが体に起きていました。

原発から2キロしか離れていなかった家は、契約直前に突如旦那クンが猛反対したため
住むことがなかったのはすでに書いていますが、代わりに住むことになったその家は
コロラドにいながら写真だけで決めた物件で、そこでも原発から
7~8キロぐらいしか離れてはいませんでした。

偏西風の風に乗ると、ちょうど原発の風下になる土地でもあり、
後に知ったことでしたが、かなり老朽化しているその原発はわずか十数年の間に、
小規模の爆発やハドソン川に汚水を流していたことなどが明るみに出て
4~5回の停止処分を受けていたところでもあったのです。

私はその家に入って2~3ヶ月目ごろから、お腹を壊すようになりました。
当初はホ・オポノポノの浄化もかなりやっていた頃だったので、その影響かと思い、
それは当時のブログ記事にも書いていたほどでしたが、その状態が何ヶ月も続き
体重も数キロ落ちたときには、さすがに「何か変だなあ~」と感じたのです。

そしてもう1つこれも当時、変だなあ~と思っていたことなのですが、
鼻血までいかなかったものの、鼻をかむと毎回ティッシュが赤くなっていたこと。
花粉症などもなく、鼻が弱いわけでもなかったのに、数ヶ月も血が出る状態が
続いていたため、やはり「なんでなんだろう?!」と思っていたのでした。


今思えば、その大家さんも最初はとても親切な人だったので、ガイドたちに押されて
そうした土地から私達を追い出す役目をしてくれたのだろうと感じているのですが、
今回の震災で色々調べることがなければ、一見何も起きてはいないように
見えるアメリカの普通の土地で、まさか自分が被ばくしていたとは、
もしかしたら永遠に気づくことはなかったのかもしれません。。。

その後何十キロも離れた家に移り、半年ぐらいをかけてそうした症状も徐々に
消えていき、やがてライトっちが教えてくれたじぇるの会社の天然由来の
ビタミンやミネラルのサプリを摂る事になったのですが、今思えばそれも
とてもラッキーなことだったんだと改めて気づかされたのです。

今現在は、さらに高い抗酸化値を示すほどにもなり、
とても元気に過ごしています^^



先週アメリカでは、徹子の部屋とも言われるオプ〇ショーから
人気を得るようになったドクターが、偶然にもここのものを、
ご自身の番組内で紹介していたのです。

私も、ここのサプリが副作用がないだけでなく薬以上に良いと、
アメリカの医師たちが使う分厚い薬辞典にも掲載されていることや、
一流のアスリート達などからも支持されていることはよく知っていたのですが

先のドクターなども、よほどのものではないと
全米に流れるようなところではそうしたものを出さないそうなので
かなり高い評価を受けているものだということが、改めてよくわかったのです。

事実ヨーロッパでは、医師による集まりなどでもよく話されるそうで、
日本でよりも欧米でのほうが、理解されているものなのかもしれません。


ここのものに興味のある時には、いつでもメールフォーム、
またはコメント欄からカギをかけてご連絡ください。


アメリカに渡ってきてからの私の人生は、まるで原発の流れを警告するかのような
体験を数多くさせられているのですが、これもきっと必然なのでしょう。。。

今のような状況下の体を守るための良いものは、いくつかあると思います。

心配し過ぎることなく、だけど必要な対処は、私の体験からも
ぜひきちんとして、ご自身やご家族の体を守ってほしいと願っています☆


[ 2011/05/27 07:34 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(3)

じゃぱんでい☆



セントラルパークでの「じゃぱんでい」が 初夏の風物詩になりつつありますが、
今年は震災後とあって、やっぱり復興支援色がとても強かったです☆

こちらはパークのほうではないけれど、同じ日にグランドセントラル駅近くの
路上で行われた、日本を応援するチャリティーイベント。

私も旦那クンと一緒に、友人のところのヘルプでちょこっと参加させてもらいました^^


    にほん2


陶芸の釜などが多数壊れてしまっているのは知っていましたが、
いくつかの窯元なども作品を出していました。

有名な方のものでも、サービスでかなりお安くなっているものがあったり。。。。
私も味のあるお茶碗を、煮物を盛り付けたりするように1つ購入・・・♪


         にほん4


書道なども いくつかのブースで展開☆

さまざまな国籍の人が「書」のパフォーマンスを見たり、
実際に自分でも筆を持って書いたりもして、結構楽しんでいましたよ^^


       書


3色のライスボールや、たこ焼きにお好み焼き、うどんやサラダラーメンなどが大盛況。


         tsuru.jpg


キティちゃんものも大人気で、それ以外にも最近はやりの可愛いフキンや
浴衣などにも注目が集まっていました。こちらはミニカンバッヂ☆


         にほん




海外での日本応援熱も、こうして変わらずに健在しています^^


この日もずっとホ・オポノポノをしながら参加させてもらっていたのですが、

普段しているさまざまなスピリチュアル方面からの応援とともに、

こうした支援もまたいいなあ・・・と思った1日でした☆


[ 2011/05/24 06:47 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(6)

聖なる宇宙維新


梅雨のように連日、よく雨の降るNY。

今日は少し晴れ間ものぞいていますが、
おかげで緑がみるみるうちに成長していっています☆

お友達に「白いたんぽぽを見つけると幸せがやってくるよ・・・♪」と
昔 言われたことがあるそうで、家の入り口で偶然見つけたそれを、
幸せのつぶ。さんが幸せのおすそ分けと、送ってくれました。

ありがとうございます^^

「みなさんにもどうぞ☆」と言って頂けたので、さっそくここでも。。。笑


            たんぽぽ


少し前から家を探しているライトっち。

良さそうな物件が出てくると、これどうぉ?!。。。なんて送ってくれるのですが、

あるとき見た家は、外から見るとなかなかの良い感じ^^

だけど家の中はなんだか沈静しすぎている感じで、

キッチンの形もなんだか気になるし、

何より彼女がそこで料理している姿がまったく見えてこない。。。。

なんでかな、、、違うのかな~?!


こうして出てくる物件には、必ずしもそこに住むことになるわけではなく、
その時々で必要なメッセージをもたらしてくれたりするだけのこともあるのです。

その頃よく話題にしていたりする事と関連のあるヨーロッパのある街の名と、
まったく同じ名前がついた通りがその家の前にあったり・・・・
なんていうことは実際によくあること。

なので、

またそうしたメッセージを寄こすための物件なのかな~?!

なんて思っていたら、、、

その後、その家のことではこんなことが起きていたそうで。。。。

→ 浄化の魂たち


これは少し前の出来事でもあり、
何かの時には記事にできたらいいね☆なんて話していたのですが、

宇宙維新まっただ中の現代、一緒に上がりたがっている19世紀末あたりを
中心とした世界中の霊たちが そうした状態を多くの人に知らせたがっているのか、

じぇるの愛用者さんでもあり、普段から私たちと交流のある
他州にお住まいのEさんから先日、こんなメールを頂いたのです。(ご本人の承諾済み)


こんな事がありました。

三週間ほど前に、或る物件を、掃除する仕事を任されました。 

物件は、二階建ての一軒家で長らく空き家でした。
寝室は、カーペットに大量の猫の毛と、壁に沁みついた葉巻の匂いが強烈でした。

気持ちのいいところではなかったので、初日はカーペットを床からはがす作業だけして、
その場を去りました。そして、数時間後にまたそこに戻る羽目になりました。

携帯を無くした事に気がついたからです。
その家の前に、私の携帯は落ちていました。 嫌だなぁ・・・と、思いました。

その数時間後、YMCAの体育館で、バレーボールをプレイ中に、右足首を捻挫。
何とか帰宅して、数時間患部を冷やした後、必死でシャワーを浴びました。

ベッドに横になり上布団を掛けた途端に、葉巻の濃厚な匂いがしてきました。
我が家では、誰も喫煙しませんから、ありえない匂いです。
その時、自分が何かの存在の影響を受けている可能性を考えました。

あの物件には、それ以来戻っていません。
捻挫をした事と、この物件を結びつけるのは間違いなのかもしれません。

然し、再び、あの場所に入る時は、ブルーソーラーウォーターを
持っていこうと決めています。あの、吹き溜まりみたいな場所になっている家を、
浄化するために、掃除以外に何ができるでしょうか?



これはライトっちのほうがわかりやすそうだなあ~と思い、すぐに見てもらうと、


黒いハットをかぶって、黒いコートに杖を持った男の人がいるの。

勝手にいじられるのが嫌いみたいね。

亡くなっているんだけど、、気づかないみたいだし、
でも、その近所を 結構 歩き回っている人のようなので
その家についている人なのかな?

もしくは、その一帯にずっと古い時代にいた人なのか、、、

ちょっとわかんないんだけど、
頑固な人なので、ちょっと強烈で見せてくれている感じね。。。

Eさんには、、、、

まず、家に入るときは心の中でいいからご挨拶をして
何をしに来たのか、その理由を言ってから入るようにしてください。

そして「何か伝えたいことがあるなら、申し訳ありませんが私では力に
なれそうにもありません。とにかくここへきた(掃除)をちゃんとさせて下さい。」

と言葉をかけてやるようにして下さい。

便利なのは、セラピスベイなんだけど、ないなら天然塩を少し
袋か小瓶にでも入れて、ポケットにしのばせておいてもいいかも。。。

ブルーウォーターは、家へ入る前に、車を降りた時点で
さっと、自分の体のまわりにしっかりとふきかけてください。



このアドバイスのあとも、メールは続き


最近、1800年代末から1930年までの関連のものがものすごく見えやすく
なっているのよね。 今回のこの霊もその年代だと思うの。

この間の家の、処刑場の時期もこの時期だなあと思ったら

そうだったのよね。。。

世界的に、なにか意味のある時代なのかなあ?

と思うと同時に、技術革新がかなり進み始め、
その時代が大きく一気に変化しようとした時でもあるので

今のエネルギーの、大きな変化革新のときと意味があって

その時代の霊のエネルギーが、ものすごく見えやすくなっているのかなあ。。。

と思うんだよね。。。



先のリンク先の記事の中でも書いているように、彼女がかつて

地球上の人々の歴史上

夢や希望を抱いたまま、消えてしまった魂たち

どうか私に力を貸してください

地球のために、たくさんの魂たちよ

力をかしてください


と呼びかけたからの事なのか、、、、、


彼らは上にあがるヘルプをしてもらいたいと思っていると同時に、今現在、
肉体を持って生きている私たち人類の力にもなりたいと、思っていてくれるようなのです。

日本でもふたたび脚光を浴びている坂本龍馬ですが、彼らが活躍した明治維新を
前後したあたりに生き、だけど何かしらの理由で希望を持ったまま亡くならざるを
得なかった多くの魂たちも今、世界中で光に戻ろうとしているのかもしれません。。。


そのうち書けたらいいね。。。。なんてのんきに2人して言っていたら、

最近はこうしてじぇるを使われるようになったご縁のある方たちを通しても、
呼びかけられたり、メッセージが来ることが増えてきているんですよ^^


すべてはつながっている・・・・・


本当にそう思う、今日このごろです。。。☆



[ 2011/05/20 04:12 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(10)

しなやかなゼロ☆



このところ、梅雨のような感じのNY。

週末はリトルイタリーと中華街のあたりで ご飯や足つぼマッサージをした後、
少し北上して、かわいい食器とテーブルウェアのお店の「FISHS EDDY」に寄りました♪


     ふぃっしゅ2


この街のことをよく知る かつてニューヨーカーだった陽さんと、昨年の春に
一緒に歩いた時に教えてもらったこのお店は、ちょっとフレンチカントリーっぽくて
それ以来、お気に入りの一軒になっています^^


     ふぃっしゅ1



     ふぃっしゅ3


この棚のあたりは、中華っぽい茶碗もあったりして。。。なんだかエキゾチック☆


     ふぃっしゅ4


バターを入れて、テーブルに出すものかなあ。。。。(@-@)?!?


     ふぃっしゅ5


路上駐車したところのすぐ横は、公園なんだか個人宅なのかわからなかったけれど、
ちょっとした緑と彫像と、ふっさふさのワンちゃんが。。。笑


     わん3


お店で買ってきたのは、クレラップをしなくてもいい ふたの付いたガラスの器☆


              しょっき2




楽しむことは、人を生き生きとさせたりくつろがせたりしてくれるので、
日々の暮らしの中に、チョコチョコとあるとやっぱりいいものですよね・・・♪


この日はホ・オポノポのもよくやっていたからなのか、
いつも以上にあらゆることがスムーズで、

暖かくなってくる5月の週末の昼時に
マンハッタン内で駐車するところを見つけるのは本当に至難のワザなのですが、

2回とも、行きたいお店からさほど離れていない路上に
うまい具合に空いているところを見つけることができたので、
有料駐車場も使わずに済みました^^


ホ・オポノポノは、今の時代に本当にふさわしい
「浄化」=クリーニングツールです☆

呼吸法や内観なども浄化につながるすばらしいものですが、
ホ・オポノポノでは、もう少しそれがピンポイントにできる感じでしょうか。。。


日々の生活の中で起きてくるさまざまな事象は
過去の記憶が再生しているものだとも言われていますが、

それらの記憶には、自分を縛る間違った思い込みや
さまざまな行動を制限する恐怖などがいっぱいつまっています。

そうしたものがうず高く自分の中に積もっていると
それが邪魔をして「光」が届かなくなるのです。


この「クリーニング」を、お風呂に入るように日々やり続けることで
その「くもり」をきれいにし、限りなくゼロに近い状態にすることができるのですが、
仏教の「空」も、これに近いものなのかもしれませんね。。。。

このゼロの状態になることで

ホ・オポノポノのでは

ゼロの状態で何かをしているときは、得るもの、学ぶものの1つ1つが、
まるで宇宙からの贈り物のように、インスピレーションとして自分の元に届きます。
そうしてクリーニングを続けるうち、自分にとって最適なところに着地しているのです。


と言っているのですが、

現在のこの状況の中で
多くのスピリーダーの方たちが言う

意識を上げて光につながることこそが
自身を助け、次の時代に入っていくカギですよ。。。。

というのは、

まさにこういうこと・・・・のような気がしています☆


[ 2011/05/17 07:38 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(8)

さまざまな浄化



少し前に行った和食のお店。。。

海外にいても、和食大好きなんですよ^^


         gohan.jpg



ミシシッピー川流域は現在大洪水中ですが、あそこの流域には原発が多いんですよね。

古い権力は、断層があったり洪水の起きやすい危ない土地などに
原発を建てることが多かったので、無事であってくれるといいなあと思っています。



このごろ 

改めてよく思うのが。。。「浄化」


地球はその最たるものとして、

人間の集合意識を浄化してほしいとよく言って来ていますが、

原発問題などもそれ自体をどうにかしようとするだけでなく

この 人々の「意識」の部分の大掃除をすると

自然と消えていくものなのでは。。。。

なんていうふうにも感じています。


さまざまな形での浄化がありますが、

この浄化が終わらないことには、

人でも物でも次の時代には

安全に入っていくことはできないようなので、

個人レベルでもますます

呼吸法や内観、ホ・オポノポノなどの実践が必要そうですね。。。。




しばらく書いていませんでしたが、

私自身は、このブログでもお話ししてきているように

DNA遺伝子細胞レベルからの浄化・リセットを助けてくれるじぇるを

サポートツールとして使い続けていますが、

潜在意識の活性がますます進んでいるようです。


物理的にも脳の機能を整え、活力を与えてくれるものでもあるので、

現在ウツが多い中国の医師なども注目して取り入れているように、

多動症の子の言動が落ち着いたり、

自閉症の子の表情や言葉が豊かになったり、

アルツハイマーのご老人たちの意識や表情がハッキリとしてきた、、、

という報告などをよく聞いたりもするものなのです。


こちらはじぇるブログなどでまとめていますので、

そちらのほうを参照して下さいね^^

3つぐらい前の記事には、

そのサプリを作る会社がなぜ世間から注目されるようになったのか。。。

という出来事などについても触れています。

パスワードはメールフォームか、コメント欄から鍵をかけてご連絡下さい☆



最後に「浄化」にまつわる、

採れたてフレッシュな誰かさんのドジ話を。。。。


自然界の動物種が発するサイン的な出来事でもあったシカさんとのことでしたが、

昨日めでたく修理されたVANを取りに行ったスコットさんが帰ってきました。


このところさまざまな存在たちが激しく動いていることもあり、

ちょっと浄化しておこう!!

と、名前ののごとくヒラめいた、どこかの野生児さん。。。


なぜか塩のままではなく、

水に溶かして塩水を作り

それを車にかけようとしたのです。。。


すると


塩水はやめたほうがいいですよぉ。

あとで後悔しますからね。。。。



と後ろのガイドたち。


これでいいのよ~!!

いつもいちいちうるさいから、今日は聞かないわよっ




翌日、


さあ出かけようと車を見ると、

塩水をかけたところがグルッと一周、白くなって固まった塩が。。。。


org・・・・



このあと急いでカーウォッシュに駆け込んで、洗車してもらったそうで、、、、


こういうときのガイド(守護)たちの声は、

ちゃんと聞いておいたほうがよさそうですね。。。笑



[ 2011/05/13 07:22 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(8)

整えて備える☆



お隣のコネチカット州にある、小さな公園に行きました。

これは地面近くのアングルから撮ったもの☆


足元にあった草も大きく見えて、

リスだとこのぐらいの目線から見ているのかな~?!

なんてちょっと思ってみたり^^



 mizube3.jpg



ふだん こんな風に見えている花も。。。。



      murasaki.jpg



アリが見るとしたらこんな感じとか。。。?!

なんて、カメラをどんどん下げていったら草の中に埋もれて、

普段とは違う世界がちょっと見えた。。。(笑)



      sky.jpg



自然はいいですね。。。。


癒される度合いが大きいです。


気持ちがいいので、旦那クンとふたりベンチに座りながら

ゆっくり腹式呼吸もしてきましたよ^^



背筋をスッとのばして肩の力を抜き、

臍下丹田のある おへその下9センチぐらいの少し奥あたりを意識しながら

頭の中は空っぽにして、ゆっくりお腹をへこませながら口から息を吐いていきます。


息を細くなが~く、20~30秒かけて吐き出していき、

吸うときは スウッと鼻から自然に入れてお腹をふくらませます。


ここで肛門をギュッと閉じて、7~8秒ぐらい息をとめます。

上半身には力を入れずに下腹にある感じです。

そしてまたお腹をへこませながら、口からハーーーっとゆっくり吐き出していきます。


あまりに苦しかったりする時には途中で息を整えたりしながら、

またゆっくり呼吸法をしていきます。

慣れてきたら、息を吐く時間や とめる時間をもっと長くしてもかまいません。


呼吸法を始めて あくびが出てきたり眠気がしたらなら

それは交感神経がゆるんだ証拠なので、

呼吸法がうまくいっている合図です^^



このブログでは今までにいくつかのおすすめの呼吸法の本を

右側でご紹介していますので、詳しくはそちらを参考にして下さいね。




腹式呼吸法をお勧めする理由の1つには、

これが内なる自分とつながる 宇宙(魂)意識の宿る

丹田を鍛えてくれるものでもあるからです。



そして空中にある宇宙エネルギーも取り込めるので

体力がついて運もよくなり

脳波も落ち着くので心も静まり、

それ自体がまるで深い瞑想のようにもなるものなのです。



私の経験では、腹式呼吸法をとてもよくしている時には

楽しい不思議体験が増える感じなのですが、

おそらくそれは、宇宙意識につながりやすくなっているからなのでしょう。。。。



丹田のある場所は小腸のあるあたりでもあるのですが、

小腸が汚れていると、花粉症などのアレルギー系のものになりやすいです。

そこが栄養を吸収するところでもあるからなんでしょうが、

物理的・霊的にも丹田はとても大切なところ。



その臍下丹田に力を与える腹式呼吸法は

人の生き抜く力を

最大限に引き出してくれます。。。☆



[ 2011/05/10 07:18 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(4)

終止符、そして次へ



いちごのおいしい季節ですね^^

これは、お昼前に食べた今日のフルーツ。。。。



           ふるーつ



首相が浜岡原発の全原子炉停止の要請を出したのは、
今までの流れとはかなり違うものだったので本当にビックリ(@@)

事情は色々ありそうですが、物理的な理由からだけでなく、霊的な面からも
ここは重要なポイントの原子力発電所でもあるだけに、歓迎すべきことではあります。

が、

今度は電力会社側がすぐにそうするか・・・・ということにかかってきそうですね。

フリーエネルギーへのすみやかな移行には、今まで原子力関係などで働いていた
一般の従事者やその家族が、別の仕事などでも生計をたてていけるようにする
などの道を整備することなども、とても大切なことになってきそうです。。。。

そうした人たちの次の人生も考えることで、彼らが今の仕事を手放しても
食べていかれるということがわかれば、原発推進派の人の数も大きく減るわけで、
それだけフリーエネルギーも出しやすくなってくるからなんですよね。



1つ前の記事で、ライトっちのシカのお話がありましたが、シリウスさんもこのところ
自然界の動物種のこのような行動は、緊急性の高い信号であると書いていました。

人々の意識のあり方などを変化させていく必要性が緊急にあるということですが、
原子力使用に終止符を打つということも、もちろんその中に含まれています。

今回ライトっちが立ち寄った場所で起きたある不思議について調べていくうちに、
それに関してのことはあまり見つからず、すぐに出てきたのがそこがかつてネバダの
地下核実験で、死の灰がたくさん降った汚染された大地であるということでした。

地下核実験ではラスベガスやカリフォルニアなどの人口の多い街への影響を避けるため、
そうした方向に風が吹いているときには実験がされずに、人口の少ないエリアが
風下になった時を見計らって実験がされていたそうなのですが、そこは
そうした影響を大きく受けることになった街の1つだったのです。

今もそこの住民はさまざまなガンなどで早死にしているのですが、
当時は何も知らされずに街を歩き、そこで採れるものを食べたり飲んだりして
平和に生活していたのだそうです。

若いうちからガンで倒れる者が出始めるようになり、やがてそれが被爆をしていた
からだということがわかるようになるのですが、住民がそのことを知ってから今日まで
多くの人が死んだり、多額の治療費がかかっても国からはいまだに何もありません。



前に住んでいたコロラドの、美しいロッキーマウンテンのふもとにある
核ミサイル工場からかつて起こされていた事など、世間の注目を集めることもなく
静かに起きている被爆もまた、あるのです。

そうしたことが明るみになるのは、いつも奇形児が多く生まれたり
明らかにその地域でのガン死亡率が高くなった時。

ライトっちもいつかのブログに書いていますが、ある地域では戦争でも何でもないのに
あることで放射能漏れがあり、その近隣の住民は数年間は子供を作ることを禁止
されたのですが、事情がわからずに子供を作ってしまった人から生まれた子供の
多くが奇形であったり病弱だったため、ほとんどが死んでしまったのだと聞いています。


私がNY州に来てすぐに住んだ土地も、核汚染のあるところでしたが、
関わった不動産屋さんがそうした情報を教えてくれることもありませんでしたし、
結局住むこともなかった原発から2キロほどのかわいらしい家の周りにも
たくさんの家が建ち並び、多くの人が住んでいました。

老朽化が進み、数年前には小さな爆発も起こしている原発なので
その地域の人の健康状態を調べれば、おそらく何かしらの傾向が見られるはずです。

他にもロスアラモスのような、核施設やそうした研究所のある
周りの街でも同じようなことが起きています。

こうした世間から大きく注目はされない「静かな被爆」で亡くなったり、
病に苦しんでいる人が実はたくさんいるのです。

今回の震災では改めて大きくクローズアップされることになりましたが、
今こそ古い権力が推進したエネルギーから新しいものに換えるチャンスです。

新しい時代には、その時代にあった波動のエネルギーが待ってますし、
被爆に効く薬なども、すでに世界にはいくつかあるみたいですね。。。。
(一般市民がすぐに使えるのかはわかりませんが・・・)


なので過度に心配はし過ぎないように、

だけど

のどもと過ぎたら熱さを忘れてしまうことのないように、

「原子力使用には終止符を打つ!」とすべての人が決意をして、
物理的にも霊的にも、新しい時代をサポートしていけるようにありたいですね。。。。



[ 2011/05/07 06:42 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(6)

地球は動いている☆


春先は、あちこちに花があふれる時。。。。

おみやげに持って行った赤のガーベラが、今年もきれいに咲いたよ~♪ 
と、エナちゃんから送られてきた嬉しい1枚。

ガーベラを翌年も咲かせちゃうなんて、どれだけ手入れがいいんだろう~(@@;


        ガーベラ 赤



アメリカは連休じゃないけれど、のんびりしたくて
週末は久しぶりにセントラルパークに行ってきました。。。(笑)


 park1.jpg


夕方の5時ごろなので、みんな本当にのんびりくつろいでいます。


日曜だけど、勤務中のおまわりさん・・・NYPD


        park4.jpg


下はセントラルパークの中ほどにある、ベルヴェデーレ城☆


    park3.jpg


お城といっても、実際にはちょっとした展望台のようになっているだけで、
ちゃんとしたお城が建っているわけではありません。。。笑

だけど登ってみたら、こんな中世の格好をしたお兄ちゃんが歌ってました(^◇^)”


        park7.jpg



お城からの階段を降りてきたところで出迎えてくれたチューリップ。

きれいだなあ~と思って撮っていたら、さっきまで誰もいなかったのに、
後から来た人たちも同じように撮り始めて、ちょっとした人だかりに。。。。笑


      park8.jpg





アラバマを舞台にした映画のことを思い出していた日、アラバマ州では大きな竜巻が
あったりしたのですが、アメリカでは例年以上に竜巻が多く発生しています。

地球が今まで以上に大きく動いている・・・・ということをメディアからだけでなく、
個人レベルでも体験することが多くなっているこのごろですが、

先週、中西部にバケーションに行っていたライトっちにもこんなことが起きていました。

⇒ 守ってくれた恩


多くの人に伝えたいシカや精霊たちからのメッセージだけでなく、
今回彼女が訪れた地は、今の日本にも少し関連することが起きていた場所だったりと
ブログには書ききれないことが実際にはたくさん起きているのですが、

本当に今は、あらゆる次元の色々な存在たちが激しく動き回り、
そして「引き寄せの法則」以上のことが起きるようにもなってきているのです。。。。

[ 2011/05/04 01:01 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(2)

時代を告げるウェディングベル



素敵なロイヤルウェディングでしたね^^

アメリカでも今週は月曜日からずっと、現地に飛んだニュースキャスターと中継を結んで、
この日のための準備など、イギリス国内の様子が、連日報道され続けていました。



        getimage2.jpg



亡きダイアナ元妃も、きっと目を細めて喜んでいらっしゃるんでしょうね^^


緊張した様子もあまりなく、サラッとした軽やかなエネルギーのケイトさん。

モナコ王妃だったグレース・ケリーのドレスと似たデザインのものを選ばれましたが、
ほっそりとしたナイスボディに、よくお似合いです^^

ぜひこのご両妃の分も、彼女には幸せな道を歩いていってほしいです。。。。


     getimage.jpg


数日前、イギリスにも知り合いが多いライトっちと話をしていた時に、
エリザベス女王が昨年から、何百年という長きにわたって続いてきた慣習を打ち破り、
富裕層とも言える「ある階層」からも、税金を取るようになったことを聞いていました。

それは霊的にも、とても大きな意味を持つことでもあったので、
さすがのエリザベス女王でも、よくそんなことができたな~と思ったのですが、

方向転換をしなくては、もう自分たちが生きてはいけないということを
エリザベス女王自身が悟ってしまったからなんじゃない・・・と彼女が言うので、
なるほど~なんて思っていたら、やっぱりシリウスさんも同じことを書いていました(笑)

かつて古い権力の大巣窟だったロンドンは、今、変わろうとしているようですね。。。。


パリもそうした街の1つでしたが、「ダイアナ」というその名のとおり、
月の女神のエネルギーを持った元妃が「事故」という形で命を落とした場所は、
かつて月の女神に祈りを捧げていた場所だったとも聞いたことがあります。

911を始めとした過去の大事件や事故の真相が公の場で語られるようになるまでには
かなりの時をいつも要しますが、さすがにダイアナ元妃の交通事故だけは、
世界中の多くの人々も当初から、疑問に思っていましたよね。。。。


     getimage5.jpg


ダイアナ元妃を拒み続けた、英国王室。

その古い権力の血筋に、月の女神からの血が入ることになった
この若き王子が、これから愛するひとと共に歩んでいくこの扉の向こうに続く道が、
かつて彼女が歩いたような、茨(いばら)の道ではないことを願うと同時に

それは地球人類ひとりひとりが進む道とも実は同じであるということに
私たちは改めて気がついて、美しい花の咲く温かな道になるように、

必要な変革は起こし続けていけるようになりたいですね。。。。


[ 2011/05/01 00:12 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(4)