青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

潜在意識が導くもの☆



魂の原点の見直しが起きると、
それまでのものから脱皮するかのように気だるい日があり、
そこも通り抜けると、、、なんだかとても面白い流れが始まっていました^^

様々な役割を持ったETソウルのお話は、決して珍しいものではありませんが、
みなさんから寄せられたたくさんの体験や想いを読んだり、
その後に起きてきた様々なことを見ているうちに、

今一度こうした魂の原点に戻り、
地球に来た意味を改めて見つめることは、
次への大きな飛躍につながるものであることがわかってきたのです☆


            ☆アーミッシュの村で見つけた、オイルキャンドル☆
       キャ3



面白いことにあの日の前後、久しぶりに何人かの方のブログを訪れてみると、
地球に来た時のことや、そうした記憶を取り上げているものが多かったのですが、、、、

それは本当に見事なほどの流れでもあり、
その後たくさんのシンクロや、今までにはなかった
まったく新しいものの見方などがやって来ることになりました(^◇^)

今月の11日を超えた今は、たくさんの人々に
かつてないほどの魂の上昇気流が起き始めている時でもあるので、
これもそうした流れの1つなのかもしれません。。。。


そのあたりに ふと気づいたことがあり、

人生にはさまざまなことが起きてきますが、
それらの多くは、自分をさらなる高みにいざなおうとするためのものであり、
自分自身に起きていたある出来事を静かに見つめているうちに、

これって自分の潜在意識が起こしているんじゃあ。。。?!

と感じる瞬間があったのです。


もっと大きな、大切なことに気づいてほしい時、
人はもしかすると自分自身の潜在意識を使って困難やトラブルを作り出し、
それに気づくようにさせていくのでは。。。。と感じた翌日。

たまに見させて頂いていたブログに、ヒプノセラピーを長年されている方の
セミナーを海外で受けられて来たことが書かれていたのですが、

そこにはこんなことが書かれていたのです。


→ ~~~ は潜在意識が引き起こしている!


一瞬 えぇっ!!(@@)と思ってしまうかもしれませんが

やっぱりこれって、「自分に起きることは自分が引き起こしている」
にもつながることなんじゃないでしょうか。。。。

わかってはいても、今まではやはりどこか頭で理解していることでもあったのですが、
ここに来て、ようやく魂の奥深くからこうしたことを認識するようになりました。


潜在意識とは、ハイヤーセルフなどを含むものでもある気がしたのですが、
この方もそうしたことを書かれています。

そうなるとガイドや天使と呼んでいる存在も
そのすべてとは言わないまでも、自身の潜在意識が
そのような形態を取って見えていることもあるのでは。。。?!

と感じていると、やはりそのようなことも
そのヒプノの大御所の先生はおっしゃっているようです。

う~ん、これもなんだが納得です^^



それにしてもこうしたことを本当に深く理解してしまったなら、
自分の身の回りに起きる事を、

もう誰のせいにもすることなんてできない・・・ということなんですよね(

なぜならその物事を起こしているのは、もっと大きな大切な事に気づいてほしい・
学んでほしいと願う、他ならぬ自分自身の潜在意識なのですから。。。。(笑)

でもこれがわかると、起きている事象を
自分で変化させることができるということでもあるんですよね^^

こうなるともう自分に起きてくることのものの見方が
まるっきり変わってきてしまいます。

そうか・・・・じゃあ、あの出来事は自分に何を
もっと気づかせようとして自分は起こしていたんだろう。。。と
本当に魂レベルからそう思えるようになると

たった数日で、私自身が
以前よりもずっと物事を深く見れるようになってきたのです。

こうなると反省することもたくさんあるわけで、本当にあいたたたっです。。。(笑) 

でもそうであるなら、人生のどれだけのことが自分で創造することができるのかという
また別の、もっと楽しいパワフルな面がわかるようにもなります。

多くの支配者や権力者たちは、このことを隠しておきたかったんですよね。。。。


さあ、もう人生にため息なんてついているどころではなくなりますよ~

ため息をついているようなことをしていると、それ自身が現実化して
そうした毎日がやってくることにもなりますしね(^皿^)

こうした仕組みを知識ではなく、魂レベルから深く深く理解するようになると、
自分の身の回りに起きてくることにどんどん責任を持てるようにもなり、
積極的に自身と向き合うことができるようになっていきます。

あの人が悪いや、社会の構造が・・・といった愚痴や不満が
いかに的外れで自分を壊すものになるのかもわかってきます。

多くのスピリチュアルの先輩たちが
自分の闇と深く向き合いなさい・・・と言っている
本当の意味もとてもよくわかるようになってきたのですが、

それと同時に、じゃあ実際にそれをどうやったらいいのか。。。。

といったことなどもこのところ
さらによくわかるようになってきたのです。

そうなると体のどの部分に意識を集中させたらいいのかなども
どんどん浮かんできて、それをサポートするような情報が
また次々とやってくるんですよね。

これは本当に面白いことです^^


ある人が1つのことに気づくと、そうしたものは伝播して
つながっている人にも広がっていくそうなのですが、
これも本当にそうなんですよね。。。

誰かが気づいてくれたから、同じ頃に私の頭にもフッと浮かんできて、
それがまた次の人へと伝わっていきます。

なので一人の人間の気づきは、みんなのためにもなるんです☆


私自身ここに来て、潜在意識のすごさに改めて深く気づくようになったのですが、
先のブロガーさんは、セミナーで勉強して来られた潜在意識のことを
このところたくさん書かれていて、それらはとても興味深いです。


それにしてもこの方、ブログで使っているテンプレートも同じデザインのもので、
クリスマスの12月には私も同じバージョンのものをいつも使っているので、
面白いなあ~とずっと思っていたのですが、

実はブログ名もちょっと似ているんですよね。。。(笑)

これもシンクロの1つなんでしょうかね^^


スポンサーサイト
[ 2011/11/29 04:42 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

黒猫♪



アメリカには日本ほど、アイフォンのカバーの種類がないので、
この子を偶然見つけた時にはちょっと笑えました^^

日系スーパーの文房具屋さんで、出会った子。。。♪


        kuroneko.jpg


セドナからの帰りの飛行機の中、うたた寝しながら頭がガクンとなるたびに
フッと目が覚める・・・・というのを繰り返していました。

その何度目かの時、足元を黒猫がサッと横切ったので
驚いて足をピョンと上げると、目がしっかり覚めてしまいました。

なぜに黒猫。。。。?!(@@)


その翌日、旦那クンの前の職場の人達が
送別会を開いてくれたのですが、

たくさんのお料理を準備して招いてくれた元同僚の家にいくと、
シンプルなインテリアの中に、大きな黒猫の写真のカレンダーが。。。。

しかもその家の、シャイでめったに人前に出てこないネコちゃん、
チャンドラというインドの月の神様と同じ名前の黒猫だそうで、

ホストの彼女はご主人のイギリスや、ここアメリカにある
神の使いとしての黒猫にまつわる話などをなぜかしてくれます。。。。

その流れに面白いな~と思いながら、
そういえば魔女の宅急便のジジも黒猫だったなあなんて思い出し、

この時代、、、もしかすると霊的な黒猫ちゃんたちも
世界中のあちこちで大活躍しているのかもしれないなあ、、、、
なんて思えた出来事だったのでした(笑)


          



今日は感謝祭のアメリカ。

少しのんびりした木曜日を過ごしています^^

~ Happy Thanksgiving ~

みなさまも、素敵な週末をお過ごし下さい。。。♪



[ 2011/11/25 08:33 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

夫婦って。。。☆



11月22日。

日本では良い夫婦の日ですね。。。



     先週末に行った韓国料理のお店。
     席についたとたん、水キムチを始め、色々なものを並べてくれます。
     いつもこれにご飯だけでも、充分にイケちゃいそうだなあ~と思うんですよね(笑)
     
キムチ


たくさんの方と話したり、メールを交換したりする中で、
「夫婦」というのは大きな学びの場でもあることを、いつも感じます。

少し前にNYを訪れてくれたじぇる仲間の一人と
マンハッタンでお会いした時も、その旅行で彼女が滞在させてもらっている
ご家庭のお話などをきっかけに、ご自身のことも含め、

この旅は夫婦というものを通して、
女性性の回復を見るのが1つのテーマでもあるのかな。。。。


なんて おっしゃっていたのですが、

それだけみなさん、やはり「夫婦」の間のことでは
小さなものから大きなものまで、色々とあったりするんですよね^^


我が家でも、今のような旦那クンとの関係になるまでには、
どれだけの山や谷があったことか。。。(笑)

お互いの魂の役割や、色々なことを思い出したのだってつい最近のことで、
それまでには、とっくみ合いのケンカだってしたことがあります。

言わなくてもわかってくれる。。。というのは
やっぱりないんですよね。

言わなきゃわからない。。。。

特に夫婦では、表現したほうが良いことはたくさんです^^


何度も何度もぶつかり合い話し合い、
時にはすべてを投げ出しそうになりながらも、
なんとかあきらめずに続けていたら、いつの間にか
お互いに少しずつ成長して、絆も深まっていた。。。。

本当にそんな感じなんです。



10年ぐらい前のまだ独身だった頃に、
ビジョンヨガの方のセッションを受けたことがあるのですが、
その時のメモを見ていたら、こんなことが書かれていました。


ソウルメイトを探そうという想いは手放して下さい。

一緒にいるとぶつかったり、肌が合わないということもあります。

抑圧したエネルギーを、信頼関係のある異性との間で爆発させる
ということも生まれてきた意味の1つです。

一見反発しやすかったり、好みではなかったり、話があわなかったりしても、
奥のほうでつながっているのがわかっていれば、人格的な交流はなんでもいいんです。

つながっているという感覚が惹かれるという気持ちに変わって、
相手の表面化された個性を受け入れることができると、だんだんと表面から
奥へと交流が深まって、「ああ その人がソウルメイトだったんだな」ということに
気づくという出会い方を、今世の人生設計で用意してきています。

最初から光ありきではない。

本当はそれでこの人だとわかって人格から交流していき、
また最後に魂の融合感覚・一体感を味わうというゴールインがあるわけです。

が、

それは1つの理想として描いているものの、最初はわからないというところから
始めるというのが現実のストーリーです。

でないと、すぐに直感だけに頼ってしまい、途中の人格的なぶつかりあいの時に、
やっぱり違うんだと自分の直感を否定してチャンスを逃してしまいます。

これは体験していけば、おのずとわかります。。。




今、改めて読んでみて本当に驚きました。

まさにこんな感じだったからなんですよ。。。(笑)



11月22日に、偶然(?!)この記事になったことも
なんとなく面白いな~と思えました^^



[ 2011/11/22 12:43 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

2つの太陽



1つ前の記事への反響が大きかったようで、
たくさんのメールを頂きました。

自分がずっと言い表せなかったことを
文章にしてくれてありがとう、、、

や、

魂がうずいて大声で泣いてしまいました。。。 など

奥深くの感情に気づき、吐き出すきっかけにも
なってくれていたのなら、、、本当に嬉しいです。

みなさん、ありがとうございました。

(*^v^*)

他の人のさまざまな体験や想いを聞くことができて、
私もおおいに励まされていましたよ。。。♪

こうした想いを、時にはシェアすることも
きっと大切なんでしょうね。。。。


今は長い間持ち続けていた、すでにいらなくなったものが
はがれ落ちていくのには、まさにベストタイミング。

このところも、タイムリーなヘルプや癒しが起き続けています。

本当にありがたいですね。。。♪



人はどんな時でも、必ず応援してくれている存在が
誰のそばにもいつでも付いてくれています☆

私もそれに気づいてからは、辛い時などにヘルプ~、助けて~、SOS!!と
心の中で唱えるのですが、本当にタイミングよく、肉体を持つ友人や知人、
そしてさまざまなガイドたちが助けてくれます。

もちろん実際に立ち上がって歩いていくのは自分自身ですが、
それでもそうした仲間たちが、それをやりやすくしてくれるんですよね^^

1度、とても面白いガイドたちからのヘルプを
ロスにいた頃に経験しているのですが → ★ 
これがさらにそう思えるきっかけを与えてくれていたのかもしれません♪


      sed4.jpg


ところで、、、

少し前の話になりますが、私がセドナを訪れていた頃、
じぇるを使っている仲間の中にも、あちこちを旅していた
人たちがいたのですが、その何人かから、

2つの太陽を見たんです。。。。

というメールを頂いていました。

しかも一人で見たりしたのではなく、
たいていの場合は、まわりにいた数人の人と一緒に見たんです。

というものがほとんどで、、、、


日本で、スピリーダーでもあった
多くの年配の方たちと交流があった頃、

2012年の地球の大転換期の頃になるとね、
2つの太陽が現れるんだよ^^


と教えて下さる方が、たまにいらっしゃり、、、、

地球内部にあるとされるセントラルサンとかが
地上に顔を出すのかな~なんて、その頃は漠然と思っていました。


そんな少し前、シリウスさんのブログで、この2つの太陽が写った
YouTubeのビデオがアップされていました。





もう1つの太陽のように見えるのは、反地球と言われるクラリオンだそうで、
いよいよ物理的にもきちんと見えて来たんですね。。。。

2つの太陽が見られるようになる時期は、
新しい時代を迎えることを知らせてくれているそうで、

「銀河」と言う言葉をあちこちで聞くことが多かったこの数ヶ月の動きが、
さらに目にも見えるようになってきたのかもしれませんね^^



[ 2011/11/18 07:55 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

異邦人☆



今まで、人にいくつかの地球での過去世を言われたことがあっても
自分で腑に落ちたことがあるものはあまりなくて、、、、

だけど地球で生きていくのをスムーズにさせるために
時には他人の過去世の記憶を借りて来ることもあるので、
そうしたものもあったのかもしれないのですが、

たまに自分で感じる好きな国や懐かしい風景は
他の星でのことだったりすることもあるのだろうと、感じていました。。。


それでも、今世地球で生きるにあたっては、
自分はすごく普通の地球人であり、
またそうありたいと思い続けていたのですが。。。。

実際には、子供の頃から「異邦人」とでもいうような違和感ばかりが強くて、

社会生活に溶け込み、難なくこなす人達を見ては

あぁぁ どうしてもっとこう・・・・うまく、私はできないんだろうか。。。。

と、ずっとずっと心のどこかで思い続けていました。



その想いは、おそらくとても強かったのでしょう、、、、

知らぬ間に、それは自分の魂をえぐるほど激しく責め続ける
負の大元の感情にまでなってしまっていたようです。


あまり詳しくは書いていませんでしたが、
少し前のセドナで引いたタロットカードでも
魂が大きく沈み込んでしまっている部分があるというのを引き、

リーディングしてくれたおばちゃんにも

確かにそれが見えるわね。。。。 

手に負えないほど大きな落ち込みにも見えるけど、どうしてなのかしら?!


と言われ、

あぁ、ようやくこの部分の感情を指摘してくれる機会が出てきたなあ~

と思ったものの、自分でも

だけど、、、、なぜなんだろう?!

と思っていました。



           ちきゅー



少し前ごろから、地球には今世初めて来たんだなぁ~というのを
確信するようになってきていたのですが、

その頃から、やはり同じように指摘する人が出始めて、
セドナのエルビスという男性が過去世について語ってくれた時も
旦那クンにはなじみのあるいくつかの過去世が出てきていたのですが、

エルビスな彼が振り返って「君はまた違うんだね^^」と微笑んだのは、
実はこのことを言っていました。

今世、君は地球は初めてなんだね。。。。


旦那クンは、今世の日常生活を送る上でたくさんのことをヘルプしてくれるために、
地球に先に何度も生まれ変わって、地球人としての感覚を全身で学び取り、
今世に備えてくれていた人。

だからなのか、やっぱり社会生活を送るのはとてもうまいです。

手続きでもトラブルでも、日本でだろうがアメリカでだろうが
鮮やかにストレスなく、うまくこなしてしまいます。

言葉の壁なんか、彼にとってはへっちゃら。。。(--;

ほんとうに・・・うらやましいくらい(笑)


それに比べ地球がはじめての魂は、地球で生きるのがたいていの場合はあまりうまくなく、
勝手がよくわからずに、社会で生きていくのに困難を覚えることも多いのです。。。

このブログをお読み下さっている方の中にも、
やはりこうしたことに興味を持つぐらいですから、
似たような魂の持ち主が結構いたりするんですよね。。。(笑)



9年近く前に初めて会った時、魂の兄貴分は、

へぇ~~~、この魂の持ち主で大人になった人を初めて見たよ~(^^)

普通は地球の波動に耐えられなくて、
子供のうちに自殺しちゃっているんだけどね。。。


と開口1番に言った人。

最初あまりにジロジロ見ているので
不審者かと思ってしまったほどだったのだけど。。

頭の上からつま先まで何度も見ながら

へぇ~、へぇ~

とニヤニヤしていた、かなり変な人物(ーー)


それが今回久しぶりにロスで出会うと、
今までの強烈なまでの孤独な気持ちの理由をアッサリとまた口にして、

地球に、今回初めて生まれてきたのが、
器用にその星の人の輪の中に入れるわけないでしょ。。。

俺も似ているからよくわかるけど、俺は最初っから入ろうとはしていないから楽だよ~。

なんでそんなに地球人のフリをするの。。。?!

地球人として生きていこうとし過ぎているけど、
そのエネルギー波動はかなり宇宙人のものだからな~

地球人になろうとして、一生懸命に溶け込もうとするから無理が出るんだよ。




エナちゃんが会うたびに、

りんごちゃん、もろに宇宙人だよね。。。。目がね、そうなのよ。
鹿とかのね、動物さんかと思うほど黒目が大きく見えちゃうのよね~(^^)


とクスクス笑いながら、言っていたのをふと思い出し。。。

あまりに一生懸命地球人として変に思われないようにと、強迫観念なまでに
思いながら生きて続けていたことに、ようやく気がついたのです。

簡単な事なのに、どうして気がつかなかったんだろう。。。。

ある意味、そうした情報がまったく耳に入っていなかったようで、
ただひたすら孤独で、うまくできない自分を誰よりも自分で責め続けて
自分の魂を縮こませてしまうことになっていたのです。

大きすぎる、正体不明の「Fear(恐れ)」も、そこから生まれていた。。。?!



そんな魂の一族の中でも、それでもやっぱり強かったから
周りが「行かない」と言う中、あえて地球に志願して生まれてきたんだよ。

だから死なないでこうして大人になってくれただけでも
俺は充分にありがたいよ。。。

それだけでいいんだよ。

よくここまで、、、大人になるまで・・・生きていてくれたね^^




その彼のセリフで、今まで背負っていた大きな重石のようなものがドサッと落ちて、、、、

それからは魂の兄貴分の前でも、一人の時でも
そしてNYに帰ってきてからも

ボロボロと、ただひたすら泣き続ける数日を過ごしていました。

悲しいわけでもないのに、連日どうしても涙が止まらなくて。。。

変ですよね、本当に。。。。(笑)

「深く気づく」と、たいていのものはその場で半分以上のものが癒されもするので、
これは私なりの、何か大きな癒しが起きていたのかもしれません。。。

大人になっただけでいいなんて、そんなんでオッケーなんだ。。。。?!(T‐T)


   369.jpg


ロスでの滞在の終わりのほうで、少し時間が空いたので、
渡米したころの原点に戻りたくて、知り合いの所に顔を出すついでに、
ダウンタウンロサンゼルスを、ちょっと一巡りしようと思っていました。

夕暮れ間近な日系人博物館の前に立つと、外から見るだけでいいと思っていたのに、

あれ?!5時半過ぎなのに、明かりが灯っている。。。?!

近づいていってみると、木曜は夜8時までと。。。
ああそういえば、そんな日もあったっけ。。。と昔の記憶をたよりに入って行き、
一人で受付に座って仕事をしていたお姉さんに、

見学してもいいですか?と告げると、

もちろん。 この時間はフリーよ^^ と言われて、

木曜は営業時間が長いだけでなく、夕方からは無料だったことも思い出し、
なんてドンピシャな時間に来たのだろうと思いながら見学し始めると
そこは誰もいない、まるで貸切のような状態。。。。☆

あの頃、インターンのような存在として毎日のようにさんざん見ていた
日系アメリカ人の足跡をたどった たくさんの写真や展示物なのに、
また新たな気持ちで1つ1つをゆっくり見てまわることになり、
そうしているうちに改めて気づいたことが1つ。。。。


このブログでは「日系人」にまつわるお話を多く書いてきていますが、
私の中には過去世としての記憶がそこにないものの、日系人として
異国で生きた彼らに、子供の頃から強く惹かれるものがあり、、、、

これも長い間、なんでだろう。。。?!と思っていたのですが、

異邦人として、異国で生活することになった彼らの泣き・笑いの人生が
自分と似ていることに、魂レベルでは気づいていたからなのかもしれません。

ものすごく共感するものを感じていたんでしょうね。。。。


今回のダウンタウンロサンゼルスの訪問は、
アメリカに来た原点に戻るつもりでもいたのですが、
期せずしてそれは、地球に来た原点に戻るものになっていたようです。。。(笑)


最近、地球に送り出された時の映像を見るようになっていたのですが、
今回の事で私自身の中の色々なことがクリアーになり、この時期さらに
何をしたらいいのか・・・ということが、少しわかるようになってきたのです。


この記事を書こうと思っていたまさに今日、
シリウスさんがある記事をアップしていたのですが、

→ ★

ちょうど今回の魂の兄貴分との会話の中にも、クラリオンやかぐや姫の話題が
出てきていたので、ちょっと驚いてしまっていました。


似たような想いをしている、
魂の兄弟・姉妹に。。。☆


[ 2011/11/15 07:27 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(-)

Gates Open & 光に戻る時



日本では、2011年の11月11日が始まっていますね^^

昨年記事にした、ダイアナ・クーパーさんからのメッセージで
エジプトのピラミッドなど、世界中のあらゆるエネルギー的なゲート(門)が
オープンする日と言われていましたよね。

その流れを表わすかのような動きが
すでに世界各地でも ここ数ヶ月起きていましたが、
次の時代に向けた流れは、さらにさらに大きくなってきています。。。


                               


少し遅くなりましたが、今年のハロウィンは東海岸ではなく、
西のロス近郊の街で過ごしていました。

被災地から来た仲間たちと、わぁ~すごいね~、本格的だね~(^^)
と、ワーワーキャーキャー言いながら、様々に飾り付けされた家を見て周り、
途中・・・「私がお菓子もらっているところも撮って~♪」と言われて、

えっ?! 大人だけど。。。?!(@@;

なんて手渡されたカメラを構えたまま見ていると、その彼女は

ハロー、日本から来ました~!! トリック オア トリート!!(^◇^)

相手のアメリカ人も一瞬ちょっと驚いたものの、
すぐにカゴから彼女のバッグにお菓子を入れてくれたので、
微笑む彼女を、すかさずパチリッ!!  (笑)



   ha1.jpg


   ha2.jpg


   ha8.jpg

            ha3.jpg


         ha4.jpg


            ha5.jpg


         ha6.jpg



1つ前の記事でもご紹介した、次元を超えたサプライズな出来事。

偶然、最終日まで滞在していたのは、震災時にまさに現地にいたふたりで、
原発近くの出身ということで、時にはひどい差別も受けてきたというのが、
実は上のお話で、楽しそうにお菓子をもらっていた彼女。


後日ライトっちがその晩のことを改めて話してくれたことの中には、
おそらく日本のメディアにもあがってはこないだろう、依然として続く
現地の人しか知らないような過酷なお話も多々あり、私も言葉を失ったのですが、、、、

あの晩、そうした体験を語るその2人の後ろには
自分の話も聞いてほしいとたくさんの魂たちが集まってきては、
どんどん前に乗り出してきて、本当にぎゅうぎゅう状態だったそうで、

ちょっと待って、順番ね(^^; と思わず言ってしまうほどだったのだとか。

その状況に、ショーン君も 

家の中を、知らない人が歩いているんだけど。。。?!(^^;

霊を見ることのできるTさんがふと呼ばれた夜でもあり、
そうした霊たちを光に送ることができるライトっちとのコンビで
準備のできていた、震災で亡くなった多くの魂たちが光に戻っていったようです。

霊は自由にどこにでも移動して現れることができるように思われがちですが、
実際には亡くなった場所などに縛り付けられるかのように、移動できる範囲は
狭いことも多く、光に戻ることでこうした自由も無限に広がるのだそうです。。。☆



   ha7.jpg



ハロウィンは日本のお盆のようなものとも言われ、霊が行き来する時でもあるのですが、
今日偶然にも、このお話とハロウィンの写真が一緒にアップされることにもなり、、、、

いつか書けたらいいね♪とライトっちとも話していたあの事も、今なのかしら?!
と思えたので、ちょっと書いておこうかな。。。(笑) 



私たち夫婦の母親たちは、私たちの結婚前にはすでに他界していたので、
お互いのお母さんにはこの世では会っていません。

旦那クンの母でもある、私にとってのお義母さんは
自ら命を絶ってしまっています。

そのことで彼は残業の多い、ハードな仕事の会社をやめてアメリカに渡る
ことにもなったのですが、病死や事故死とも違い、「自殺」は残された
家族に与える影響が計り知れない部分があります。

そしてそれは亡くなった本人にとっても同じことで、
すでに本体は光に還っていたものの、その時の重い念だけは
長い間、ずっとずっとそこにとどまり続けていたのでした。。。。


ある日、いつものように電話をかけてきたライトっち


ねえ、昨日何かあった?!

(@@)?!何も無いけど。。。

怒ったりとかってなかった。。。?!

特にないけど、、、あぁ、小さなケンカみたいのは旦那っちとしたかな~

ああ、それでか。。。
ちょっとした感情の揺さぶりでも、きっかけになることがあるからねぇ。。。


ん。。。?!なんのことさ??(@@)



お母さんと言う人が話しかけてきたさ。。。。

「息子夫婦に経済的なゆとりや、様々なきっかけを与えてくれて
 どうもありがとう」と言われたんだよね。

とても穏やかな、優しい感じの人だったよ^^


穏やかなやさしい感じなら、確かに我が母ではなくて
お義母さんのほうだなあ。。。(笑)



直接出会っていなくても、彼の実家で見せてもらったお義母さんの写真は
やさしそうで、そして少し悲しそうな感じで微笑んでいるものが多かったんですよね。

お義母さんがそばにいる時は、私たち夫婦にもすぐにわかるので、
旦那クンとも彼女の話題になることがよくあるのですが、そんな時、、、

母も君と同じで、地球に早く生まれすぎた人だったんだろうなぁ。
さらに1世代早かったから、かなり苦しかったんじゃないかな。。。。


と、いつも彼が話していたのです。



何かの機会があれば、お礼を言いたいと思ってくれていたみたいでさ、、、、

1つお礼にと言って、お義母さんのように本体はすでに光に還っているものの
一部の念だけが重たく残ってしまっているようなものや、光に上がれずにいる者、
それから現在生きている人々から吐き出される「重たい想念」のようなものが
大きな渦のようになって存在していることを、私に知らせたかったみたいよ。。。

お義母さんが亡くなった時の状況も見せてくれてさ、その圧倒的なまでの
ものすごい何かの力にあらがうことができなくて、最後にそういう行動を
取ってしまったという事とかがとてもよくわかったさ。。。。

自殺してしまった人の何割かは、まさにああいった状態に追いやられてしまって
のことでもあるんだろうなあ・・・というふうにも感じたよ。

地球にはまだまだこういうものがたくさんあって、
今はそれをどんどん光に上げていく時でもあるんだろうなあ。。。

1920年代の頃の霊がたくさん光に戻ろうとしていて
そうした場面に出くわすことが多いって、前にも話したでしょ。。。?!




世界各地の主要なゲートがオープンする日に、
この記事になったのにも きっとなにかの理由(わけ)があるのでしょう。。。。

こうしたことが1つわかって上がるものがいると、
それにつられて一緒に光に戻れるものも多くなるんですよね。



ますます地球が開いてくる その良き日に。。。。☆



[ 2011/11/11 06:11 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

玉ねぎの皮



夏からずっと続いていた忙しい日々も、、、、

先週のユタへの出張と、日本からはるばるやってきてくれた
じぇるも愛用してくれている友人たちとの、ロスのライト家での滞在も終わり、
ようやくここで一息つくことになりました。

出張前にはまだ青々としていた地平線の彼方まで続く眼下の木々も、
いつの間にかすっかりきれいに色づいてしまっています。


先週、東海岸一帯を襲った雪嵐の痕跡も、
週末の買い出しで行ったスーパーの駐車場の隅に
わずかに残るばかりで、、、、

日曜の昨日には長かったサマータイムも終わり、
時間が1時間戻って、日の暮れるのが一気に早くなりました。

ちょっと家を空けていただけなのに、
すっかり季節が動いてしまったみたいです。。。☆



            ロス滞在中に、みんなで訪れたサンタ・バーバラで。。。
    san1.jpg



昨年も参加していたので、今回の出張では
内容的には特に大きく書くこともあまりないのですが、

昨年参加していた時に我が家の家系にまつわる大浄化が起きたりしていたように、
今年もこの時期、魂が揺さぶられるようなことがあちこちで起きていたようで、
被災地から参加してくれていた子たちにはこんなことが。。。


→ 魂の灯 by ライトっち


そして数日早く日本に戻っていた子のうちのひとりにも、
ライトっちがふと感じ取ったものがきっかけになって、何十年にもわたる
心の重しを、大粒の涙とともに取り去るような場面があり、

後日、その彼女からは

洋服は玉ねぎ作戦でしたが、
中身は玉ねぎが一皮二皮剥けた気持ちです。


と言ったメールが届いていたのですが、

これは零下近くまで下がるようになっていたユタと、暖かい気候のロス滞在では
洋服は玉ねぎ作戦で行きましょう♪と言っていたからなのですが、、、

中身の玉ねぎの皮までしっかりむけちゃう
嬉しい体験になっていたようです^^


私もロスでの滞在の後半、魂の兄貴分とも久しぶりに会っていたのですが、、、、

人のオーラやエネルギー、魂構造といったものを瞬時に読み取ってしまう
魂のとても近い彼と数日過ごしたことで、私も自分の魂の由来に改めて触れることとなり、
あふれる出てくる涙・涙で、中身の玉ねぎの皮をひと皮もふた皮もむくことになる、
とても濃い内容の時間を過ごすことができていました。。。。


これについては、また後日にでも書くことにしますね^^


ひとまずは、ここ数日のご報告でした。。。☆


[ 2011/11/08 07:02 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

西海岸



先週はユタ州のほうへ
じぇるの会社の集まりに行っていました。

NYでは季節はずれの雪嵐があったそうですが、
今週はユタから、そのまま西海岸のほうにも足を伸ばしています。

カリフォルニアは太陽サンサンで、やっぱりあったかいですね。。。☆


記事のアップは、NYに帰ってからゆっくりしますね^^



    テラ



[ 2011/11/04 12:01 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)