青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

良いものを選ぶには☆



今回ご紹介した
最先端の分子レベルでの栄養学を学ばれているお医者さまや、
美のカリスマ的プロでもあるエリカ・アンギャルさんも、

栄養の補助としてサプリメントを上手に利用されていますが、

化学肥料肥料や農薬を使いすぎて力の弱まった土壌や、
長距離輸送などをする関係で、昔のものに比べ、栄養成分がだいぶ
落ちてしまっている食素材が多くなっている現代では、

天然成分由来の、質のよいサプリメント類から
栄養素をしっかり補ってあげることも、とても大切になってきています。


高校の時のビタミン体験、
そしてここに来て、食とサプリをさらにきちんとしてみたところの、
さらなる心身の快適さとパワフルさに驚いたことはすでに書いてきた通りですが、、、

先日メールを下さった方も、
ご紹介した本を読んで驚くことがたくさんあったそうで、

ガス欠の車を無理やり走らせてきたのと同じだなぁ…としみじみ。

されたそうですが、改めて栄養素をしっかり摂ることの重要性に
深く気づかされたそうですよ(^^)



     spring.jpg



ところで市場に出回る安い値段のサプリメントは、
やはりそれ相応の素材しか使われていないことも多いようです。

一概に 値段だけで言うこともできませんが、

安かろう、悪かろう・・・・と言う言葉があるように、

やはり値段が素材の質を表す、1つの指標になっているのも確かなことです☆


ある企業が、じぇるの会社にサプリメントの原材料として
植物素材をもってきたそうですが、世界でも数台しかないプラズマ機器などで
ダイオキシンでも何でも、かなりのレベルまで調べることができるため、

その時も、持ち込まれたその植物素材に、
微量の水銀が含まれていることがわかったため仕入れを断ったそうですが、

かなりの量の原料でもあり、その額も馬鹿にはならないため、
その会社は他の会社にその植物素材を持ち込み、日本でも販売されている
サプリメントを作る、別の会社が最終的にそれを買い取ったそうです。

サプリメント1つ買うのでも、
なかなかそんな事情があることまでは普通知ることができませんが、
それでもよく知っている人や、そういう情報が入りやすい人というのは、
やはりどこの世界にもいることはいるんですよね。。。。



注意書きや成分表示などでも、きちんとしている企業ほど
誠実にしっかり書くそうですが、

中には、表示指定で定められているものよりも強い薬品を使いながら、
法律で表示が定められている素材ではないからと、逆に成分表示していなかったり・・・
なんていうこともよくあるんだそうです。

成分表示が少ないほうが記入していないだけのこと・・・ということもあり、
かえって危ないものである、ということも時にはあるそうです。


防腐剤なども入れられているから一概に悪いとは言えず、
法律で使ってよいと言われている成分の最小限を使い、
それをきちんと表示しているということもあれば、

自然派とうたいながら、ここでも法律で表示しなければいけないと
指定されている以外のもっと強い防腐剤を使い、指定がないので表示していない、
なんてこともあったりなど、、、

仮に本当に入れられていないものの場合には、すぐに使い切ってしまえばいいのですが、

開封して1~2週間もするうちに、防腐剤を入れていないことですぐに腐ってしまい、
気づかないままそうした化粧品などを肌に塗ってカビが生えたり、その液体が
目に入って失明騒ぎを起こす・・・・ということもあるんだそうです。

こうしたことも、まったく知らないと、
誤解や間違った選択をしてしまいそうですよね。。。。


私も以前はこうしたことを、まったくといっていいほど知りませんでした。

あまりこだわるほうでもないので、うるさいことを言うこともなかったのですが、
ある意味、知らなさ過ぎた消費者の一人であった気がします(^^;

この2~3年で、浅くはあるものの、
それでも広くこうした分野での学びも多くしてきたので、
良いものを選ぶ目が、だいぶついてきたように感じています。



いくつもの不思議なご縁で、良質なサプリにも出会うことができましたが、
こちらに興味のある方にはお話ししていくことも出来ますので、
いつでもメールフォームからご連絡下さい。。。☆



スポンサーサイト
[ 2012/03/30 04:03 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

Things new arrive☆



最近、日本のテレビでも体にやさしい食べ方の順序として

野菜 → たんぱく質 → 炭水化物 → デザート

というふうにアドバイスしているものをよく見かけますが、
(録画されたのをこちらでも楽しんでます^^)

これは同じものを食べていたとしても、

この順にすると、血糖値がゆるやかに上がるからなんですよね。


甘い炭水化物のスイーツや、

精製された白いご飯やパンなどは血糖値をすぐに上げてしまう食べ物ですが、

そうなると体は急激にこの血糖値を下げようとして、

インスリンなどのホルモンをあわてて一斉に出すことになるので

体にとても負担がかかります。


この血糖値の急な乱高下は、

精神的にもイライラやクヨクヨとした不安定さを生み出しやすくなるだけでなく、

空腹感も高め、次の食事への飢餓感も作り出すので、

たくさん食べることにもつながりやすくなってしまうのだとか。。。。


なのでできるだけ血糖値を急激に上げにくい精製されすぎていないものや、

雑穀を混ぜたり、全粒粉やライ麦パンなどにすることや、

同じメニューを食べるのでも上記のように


食べる順番を工夫することで血糖値の上がりをゆるやかにして

体の負担を減らすことができるのです。




たくさんの方が本も読まれたそうで、

健康な方から、病気や何かの症状をお持ちの方まで

そのほとんどの人が、目からウロコでした!なるほど~!やっぱり!

といった感想をお寄せ下さっています^^



食事法はこれ!というように、

万人にとって必ず正しいものというのもないそうで、

プロ並みに詳しいライトっちも話していましたが、

できれば色んな食事法の「いいとこどり」をするのが良いそうですよ(^^)




私自身、高校生時代から病気になることもなく

健康を楽しんできましたが、

ここに来て、

さらに食を自分に合ったものに改善し、

サプリの量もきちと規定量摂るようにしていたところ、

心身の快適さがグンと増したのがとてもよくわかるようになりました。


疲れやすさはあまりなかったのですが、

驚いたことにそれがさらに無くなり、

精神面では柔軟さが増し、

発想が豊かになったのをとても感じるようになったんですよ^^



今までの世間一般レベルの「健康」というものから、

さらに一歩踏み込んだスピリチュアルにも直結する深いレベルでの「健康」

というものがあるのを理解するようになった今ですが、

この時代をしっかり通り抜けるためには

とても大切なことだったんだろうと感じています。



少し前に簡単にある本のことをご紹介していましたが、

73年ぶりにしてようやく解禁になった

Devilがナポレオン・ヒルに語ったという

その本のことを、数日前にライトっちが書いています。

→ 自立心とは by ライトっち


この本には人間の心身のパワフルさを奪うためのものが

世の中にはたくさんあったことが書かれているのですが、

食(栄養素)もそうしたものの1つであったようです。


「適食」からの健康と快適さを享受する人が増えたら、

精神的にも美容面でも私たち人類はもっとパワフルに、

そしてもっと楽しくなりそうですよ^^


食は私にとっても昔からとても興味があったものですし、

本当に面白くて身近なものなので、

1つのカテゴリーとして、

これからもチョコチョコ書いていけたらと思っています。。。♪



今年の東海岸は本当に暖かくて、雪も観測史上2番目に少なかった冬だったのですが、
首都・ワシントンでは先週、早くも桜が満開だったそうです。日本から送られた桜の
ちょうど100周年にもあたり、予定を繰り上げて行われた行事もあるそうですよ^^
これはじぇるを使い始めた、ワシントンにお住まいの方が送って下さったもの。。。☆


 さ




いつかの過去世でのことから始まり、

マブイ(魂)の一部のこと、そして食へと

この2月周りの出来事や大きな気づきなどについて書いてきましたが、


いくつもの古いことが流れ去ったら、、、、

当然のこととして、

自動的に新しい物事が

怒涛のごとくやってきました。。。(笑)


Things new arrive.

新しいものの到来です^^


新しい感覚、

新しい考え方、

新しい物の見方・世界観

捉え方など、、、、、


そのいくつかはすでに日常でも体験し、

スピリチュアルでもよく言われていることの真髄を体感したり、

新たな宇宙の法則に出会って新たな空間を感じるようになったりなど、

面白い体験もこのところ続いています^^



人はこうして1つずつ、

何かを手放して終わるごとに

新しいものと出会い 

次のステップへと入っていくんでしょうね。


一足飛びには行かれないものでもあるけれど、

スイスイとスピードをあげて前進していくことは

どうやら可能ではあるようです。。。♪



この世界には、

幼い今までの自分が知覚していたものとはまったく別の、

さらに違う世界がまだまだたくさんあることを

今、とても感じています。


あらゆる自由度が増し、

自分で新たな世界を造り出すこともできる・・・・


これをスピ的な知識などからではなく、

実感としてそれを理解し

宇宙からもその手ほどきが届いて実践するようになる・・・

という新たなところにきていますが、


過去にちょこっと体験して

不思議に思っていたことも、

そういうことだったのかあ~と

思わず手をポンと打ってしまいたくなるようなこともあって


私たちが生きるこの世界の奥深さには、

いつもの事ながら驚かされます。



本当にこの世界は面白いですね^^


私たちのまだまだ知らない法則や空間、現象がいっぱいのこの世界、

ワクワクしながら、どんどん進んでいってみたいなあと思う

今日この頃です。。。♪




[ 2012/03/27 03:26 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

美女を作る素(もと)☆2



皮膚が乾いて粉のように吹いてしまう・・・・

こんなのも、鉄分や亜鉛不足で起きてくるそうです。

体は正直ですね^^


少し前の記事でご紹介した溝口徹さんの最新著では
女性にターゲットを絞ったこんな本が出ているのですが、
読んでおいて損はない大切なヒントがたくさんです。。。☆


「女性の脳」からストレスを消す食事: 糖質制限をするだけで、女性特有の不安、イライラがスッキリ解消! (知的生きかた文庫)






本を開いてすぐのところには


・「血糖値」の乱高下がストレスのもとだった!

・「栄養」から見るストレスに強い人、弱い人

・体の不調が消える「甘いもの断ち」の効果

・脳内ホルモンを整える「肉食」のすすめ

・「白米・パン・麺類」を制限する



とあり、、、、

これはどこかで一度は目にされたり
聞いたことがある方も多いかもしれませんね^^

医学的な理由など細かなことは私が書くより、
こうした専門家の方の本などを読んだほうが確かですが、

この方、、、、ある女性の本のことをほめていらっしゃいました☆



ご存知の方も多いと思いますが、
日本で世界に通用する美女をたくさん育てられている方、

エリカ・アンギャルさんです。


ちょうどライトっちのほうでもアップしているのですが、
彼女が美女を育てる際に教える食事法は、分子栄養学的な観点から
お話するお医者さまたちが話されることと共通していることが多いのです。

エリカさんがトップレベルの栄養の勉強もよくされている
本物のプロであることが、よくわかります^^


私が今回、マンハッタンの本屋さんで見つけたのは、


世界一の美女になるダイエット






すでにこの食べ方をしていたと言う方もいたのですが、
現在はあまりされていなかったそうで、分子栄養学的にも深く学ぶことで
はじめて長く定着させることが出来るのかな・・・・と感じたのですが、

子供の頃から栄養というものに関心が高く、父親からしかられるほど
ご飯時にも家庭科の栄養素のことが書かれたページを見ながら食事をしたり、

大人になってからは現在かかわりのある会社の、
世界トップの人たちからじかに一流の食べ方の指導を受けたり、

人一倍、健康と美に気を使うハリウッドの女優陣に囲まれているという
環境を持つライトっちは、当然ながら深い理解のもとで知っていることなので

長い間 こうした食事をしてきています。


電話やメールで彼女と話すたびに、
へぇ~と思うことも本当に多いのですが、

沖縄時代、、、、

彼女に「私の魂と入れ替えないかい?!」と話しかけてきた
不思議なおじさんもこうおっしゃっていたそう。

女性は健康で美しくいること。。。。

なぜならそれがポジティブマインドを自然と生み出し、
高いスピリチュアリティーにつながるからだそうで、、、、

ここに来て、深いレベルからの「健康と美」の持つ
スピリチュアル的な観点にやっと気づいたら、

なんとおじさんも言っていたとは。。。。

(#^^#)あはっ



エリカ・アンギャルさんのこの本は
各章の要点が短く右側に書かれていてとても読みやすく、
食に関する大切なことが、そこにすべて凝縮されています。


その中から、いくつか食に関するものを抜粋してみると。。。


・いま口にしたものが、10年後のあなたを決める。

・世界の美女はもう、白いものを食べるのをやめています。 

白米のように精製されたものは食物繊維や栄養素が抜けていて、
血糖値が上昇しやすいのです。急に上がると下がりやすく、その変動が、
太りやすさ、シワ、シミといった老化の体内時計を早めます。(本文から)


・「サラダはヘルシー」だなんて単純な思い込みね。

・美女に必要なのは、濃い野菜。

・日本人はフルーツが足りなさすぎるわ。

・残念だけど、日本人には乳製品はおすすめしないわ。

・美女と卵の切れない関係。

卵を食べたら、コレステロール値が上昇するというのは誤解です。
最近の研究によると、1日2個の卵の摂取を毎日続けても、脂肪やコレステロール値に
影響を及ぼさないとの結果が示され、逆に改善するかもしれないといわれています。
肌や筋肉のもとになる優秀なたんぱく質がたっぷり・・・・(本文から)



ライトっち周りの女優友達は、数時間ごとにゆでたまごなどを食べる人も多く、
パーティー中、初めてとなりでそれが起きた時には私もビックリ(@@)

ほんとにうに突然取り出して、ムシャムシャ食べ始めるのですが、
会議中であっても時間が来ると必ずそうするそうで、
プロ意識が高いんですよね。。。☆

理想的な栄養を持つ、卵に火を通したものは、
体を作り機能を整えるためにはとても良いものなんだそうです。

※ただし質の良い、健康な卵であるものを選ぶことが必須。
 これはホルモン剤などが使われていない、質のよい肉を選ぶのと一緒ですね^^


・日本の女性たちよ、アーモンドの実力をもっと知って。

・意識して「生のもの」を食べましょう。

・水のとり方が美を左右する。

・肌はあなたの内臓そのものよ。

・油抜きしている人、今すぐやめて!

・アボガドは食べる美容液よ。

・何を食べるか・食べないかで、シワやシミの数に差ができる。

・白砂糖の魔力は、麻薬なみに危ないわ。

・美女のおやつは、ダークチョコレート。


カカオ率の高い上質なチョコレートは宇宙の食べ物と言われていますが、
やはり良いそうです。私もライトっちもカカオ率70%以上のものを
たまに楽しんでいます^^


・冷えた女性に美女はいないわね。

・美しさの品格は、髪先、指先に表れる。

・食後のサプリメントで美をサポートしてもらいましょう。

・太らないためにもいい油が必要なの。

・食事を抜いて、ガマンして、何かいいことあった?

・カロリーだけでは真実は見えてこない。

・炭水化物抜きではゴージャスな美女になれません。


白い白米やパンなどで摂らずに、
精製されていない茶色のものから適量摂るのが理想だそうです。
心を安定させるセロトニンという脳内物質を作ってくれるからなんですよね^^


・低脂肪・無脂肪ならやせるというのは大きな誤解。

・ソフトドリンクは見えない砂糖の塊です。

・サーモンはアンチエイジングのスーパーフード。

・アイスクリームは、老化を進めるかわいい悪魔。


トランスファットが多いからなんですよね。
どうしてもの時には、シャーベットがお勧めだそう。。。☆


・ナッツとドライフルーツで美しい間食を。

・「早食い」は美女の品ががた落ちよ。

・新しい食習慣はまず1ヶ月続けるの。

・外食の美人メニューは油と野菜がカギ。



ザッと見ただけでもこんな感じですが、これだけでも
どんな食事が良いのかの、基本のようなものが見えてきますよね^^



ちょうどこの頃、元エステティシャンでもあるマリアさんからも
これらの本の話題をきっかけにして、


「医食同源」ならぬ、、
「美食同源」!!!ですよね〜〜〜^^



なんてうまい表現が来ていたのですが、


それにしても、食というのは本当に奥が深いですね〜

わたし自身も含めてですが、周りにいる人たちも、
最後の難関?(笑)が食だったりダイエットだったりする人も多く、

エステ時代、ダイエット専門でカウンセリングをしていたときがあったのですが、
その当時の、顧問の先生が、

「本当の意味でダイエットが成功できたら、どんな事業も成功出来るわよ^^
だから、クライアントのダイエットを成功させられたら、
成功者を作れるってことよ」

というようなことをよくおしゃっていたのですが、
今改めてその言葉の意味がよくわかります。

ただ痩せるだけでの話ではなく、本当のダイエットって、
生き方そのものを改めることだと思うので、
考え方や行動などの習慣を根こそぎ変えていかないと、
一時的に痩せても結局リバウンドしてしまうのがオチなんですよね。。

食に対する捉え方などは、前世や親やはたまたDNAなども関わっているのだろうと
思いますが、今年は今迄以上に、自分自身だけでなくクライアントさんなども含め、
食にも深く向き合う事になりそうです^^



という体験まで聞かせてくれて、


昨日の仕事でのカウンセリングで、少しうつ気味のクライアントさんが、
偶然にも溝口さんの最新の本を本屋さんでピンときて実践されていて、
2週間たったところとのことでしたが、精神的に安定するとおっしゃっていました^^
お腹の張りも全く無くなったそうです


と言うシンクロまで起きていたんだそうです♪



今の時代に、私は何をしたらいいのかわからないのですが・・・・
というメールを下さる方もたまにいらっしゃるのですが、

まずは身近な毎日の「食(栄養)」から正して、

美女を作るのと同じ素(もと)で

心・身・魂のすべてを輝くようにしていくというのはどうでしょうか。。。?!^^



[ 2012/03/23 05:46 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

春を告げるGreenな日♪



今日は続いている記事のほうはちょっとお休みして、
春を告げるお祭りパレードの写真を。。。♪


3月17日は、アイルランドにキリスト教を広めたセイント・パトリックの命日です。 

アイルランド各地で、セイント・パトリックス・デー・パレード(St. Patrick's Day Parade)
が行われますが、今では世界各地で広く親しまれるようになっています。

セイント・パトリックはアイルランドに元々あったケルトを改宗させるのではなく、
キリスト教とケルトの宗教観を融和させる形を取った人物だそうですよ。

欧米では、この日が来ると春だな~という感じも(^v^)


アメリカのあちこちの街でも、アイリッシュ系住民を中心に
大規模なパレードが開かれます。

この日はアイリッシュパブも昼間っから大にぎわい 

緑色に染められたビールが、ふるまわれたりもするんですよ(^m^)


シカゴでは、その日こんなふうに川まで緑色に染めてしまったり。。。。


                    ウィキぺディアから
             シカゴ川



当日ではなく、その前の週末に行われることが多いパレードですが、
これもNY市郊外で先週末にあったものです。。。☆



   pat5.jpg


NY周りはアイリッシュ系住民が多いところでもあるので、
けっこう盛大にやる街も多いようです。


   pat6.jpg



   pat7.jpg


かなりゴージャスな衣装の、バグパイプ隊☆


   pat8.jpg



   pat9.jpg



   pat27.jpg


こちらは、また違うバグパイプ集団☆


   pat26.jpg


パトリックスデイには緑色のものを身につけていないとつねられる・・・・
と言われていますが、こうした帽子を移動屋台で買ってかぶっている人も多いです^^


pat24.jpg pat25.jpg


開拓当時の衣装で歩く人もいて、ときどき立ち止まっては
一斉に空に向かって銃を打つのですが、これが耳をつんざくなかなかの音(笑)


   pat23.jpg



バグパイプ集団だけでも、20以上はあった気がします。。。。


   pat21.jpg



   pat22.jpg


ボーイスカウトやガールスカウトの他にも、
スポーツクラブに所属する子供たちなどもたくさん参加していました。


   pat20.jpg


車に乗った、高校生らしき楽隊も。。。。♪


   pat19.jpg


沿道には、こんな大きなワンちゃんを連れて見物する人もいて。。。。


   pat14.jpg


子馬ぐらいの背丈があるワンちゃんなので人目をひいて、
思わず立ち止まって話しかける人も、、、、


pat10.jpg pat11.jpg


彼はどうやら気に入られたようですね^^


   pat13.jpg


顔中、ペロペロなめられていましたよ。。。。(笑)


   pat12.jpg


こちらもまた違うパグパイプの楽隊。
あちこちにこうしたグループがあるようです。


   pat16.jpg



   pat17.jpg



その後でスーパーに行くと、お花のコーナーも
いつも以上にグリーン・グリーンしていました。。。(笑)


          pat3.jpg



          pat2.jpg


あはは、これかわいい~♪


   pat4.jpg


緑色に着色された食べ物をふるまわれることも多い、セイント・パトリックスデイ。
スーパーでも、グリーンなフルーツポンチが実演されていました(笑)


   pat1.jpg



当日の17日のほうが緑を着けている人も少なかったのですが、
各地でパレードの多かった10日は、春を告げるとてもグリーンな日でした。。。♪

ちょうどこの翌日の日曜日からアメリカではサマータイムもスタートし、
昼間の時間が一気に長くなると同時に、気温も上がり始めています。


春分のある今週は、
新たな季節の到来でもありますね^^




[ 2012/03/20 03:23 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(-)

美女を作る素(もと)☆1



私の中での1つの時代が終わった様子を、

封印が解ける時・・・・なんてぇ感じに仰々しく書きつづってきましたが(笑)

内容にともない、ここで記事名も新しくしていきますね~



そうそう脳内物質の事が抜けていたので少し書いておきますが、
なぜたんぱく質摂取が大切になってくるかというとですね、、、

それは人を活動的にさせたり、リラックスさせたりするなどして
心(精神)に大きな影響を及ぼす脳内神経伝達物質の
「主原料」でもあるからなんです。。。☆


やる気が出ない、ボーッとする、億劫だ と言う状態が2週間以上続く、
あらゆることに対する興味を失ってしまう。。。。
なんていうのも「うつ」の症状らしいのですが、

この方の体験談はとてもわかりやすいですね。

→ 20年来のつらさがほぼ消えたことについて


さまざまな食事情などから必要な栄養素が欠けるなどして、
脳内の神経伝達物質のバランスをを崩すと感情に変化を起こします。

心(精神)に作用する脳内物質の1つには、
リラックス効果のあるセロトニンなどが有名ですね。

精神科などではそうした物質を増やす専用の薬もあるようですが、
よほどの緊急性を伴うものでない限りは、副作用の心配もあるため
やはり食べ物や、薬とは違う自然のサプリメントなどから

そうした脳内物質を作る素(もと)になる栄養素を
入れていってあげるほうがいいそうです。


ちなみにサプリメントによるサポートが必要なのは、
今の時代は農薬や科学肥料の乱用で土自体の力が落ちているため、
そこで育つ食物の栄養自体がかなり落ちているからですが、

食物からだけで1日に必要な栄養素をすべて摂ろうとしたなら・・・・

ボール何個分!!なんてなってしまうからなんですよね(@@)

なのでこうした最新の栄養学のエキスパートたちは、
やはり質の良いサプリも使って指導していることが多いです。



       taco.jpg



ところで私にも苦い経験があり、、、、

コロラドで大学に通っていた頃、かなり生活面を切り詰めたため、
肉どころか、海鮮などの魚介類や卵などもほとんど買わず、
お豆腐や納豆が少し食卓にのぼるだけでした。

そしてハードな課題に追われる毎日。

それでもやっただけの成果が見られることが面白くて
ついのめり込むように毎朝5~6時まで課題をこなしては、
少し寝て朝の9時ぐらいには授業に出る・・・・

という生活を続けていたところ

体は冷える・・・・

   

心の元気さも消える・・・・





最後には大勢に囲まれて受けなければならないクラスに
出ることが出来なくなってしまいました。

誰か嫌な人がいたわけでもなく、もちろんみんな親切だったのですが、
根拠のない恐怖感やソワソワなどから心が落ち着かなくなってしまっていたのです。

自分でも、この生活じゃあさすがにおかしくなるよね。。。。
とは思っていたので、

そのクラスは途中でやめさせてもらったのですが、
しっかりした栄養と睡眠は、本当に大切です。


この時は、眠らないでもいけるんじゃないだろうか、私!!

っていうぐらいの、
本当にあやうい生活をしていました。。。(*^^*)あは


ここ1~2年は飲み始めていたサプリのおかげで
鉄分不足の人にはできやすいあざなどもかなり減ってきていたのですが、
ここでさらに食事とサプリの両面から鉄分摂取を増やしたことで
冷え性なども明らかに改善されてきています。

心のほうも人見知りの気質はあっても、さすがに得体の知れない恐怖感
というのを感じることもほとんど無くなってきています。


栄養素って、本当に私たちを作っているんだなあ。。。。

というのが今の実感です(笑)



そしてじぇるを使っている仲間などで、普段から交流の多い友人たちも
この本のことを知りたがったので一足先にお伝えしていたところ、
みなさんすぐに読まれて、

目からウロコです~~~!!

そうそう、こういうメッセージがこのところ多かったのよ^^

ちょうど自分でもこうした食に切り替えていたところだったので、
またまたシンクロでしたネ~~~♪

といったメールを、頂いたりしていました。


そのいくつかを、ここでもちょこっとご紹介すると



<マリアさん>

一ヶ月ほど前からダイエットをしていて、そのやり方なのですが、、、
今までにしたことはなかった、「糖質OFFダイエット」なんです。

自分の食生活を振り返ったときに甘いものや炭水化物など、
圧倒的に糖質ばかりになっていることはわかっていたのですが、
だからといって動物性のタンパク質を取ろうとは思えなかったのですが、
今回のダイエットでは積極的にお肉などを取るようになって、
調子がやっぱりいい感じがしていたところでした♪

ただやはり、お肉の質はありますね~。。

お昼は仕事の関係で外食になることもあり、
なかなか質まで吟味できないのですが、、(>_<)

実家では、天然のイノシシを鉄砲うちの父の友人が仕留めて、
それを頂くのですが、やはりやはり、スーパーのお肉とは全く違います!!

食べた瞬間から、身体がポカポカして
そしてエネルギーが身体中に巡るのがわかるんですよね。

不思議と、命への畏敬の念や感謝の想いなども深く湧いてきたりもして。。☆

良質の脂も取れるためか、次の日はお肌もツルツルなんです。

甘いものや炭水化物を多くとった次の日は、むくんだり血液がドロドロした感じもあり、
ほんとに身体に対する食べ物の影響は大きいですね。。。



<やまさん>

もう。。いやはや。。いやはや。。。
たんぱく質不足は、まさに私じゃん!!!という感じでした。

りんごさんが書かれた通り、たんぱく質不足→特に鉄不足、
が私の場合はハッキリ症状にでていました~。

そして3毒。。。

サプリのおかげで、~な気がする、てレベルでしたが、
溝口先生の本、チェックリストで当て嵌まりまくりでした(>_<)

三枝先生に昨年二つアドバイスいただき、一つがたんぱく質をちゃんと!摂る事、
もう一つは朝食を摂る事でした。以降、お肉、お魚など食べるようにはなりましたが、
足りてないようですf^_^;

まだ足りないようですが、さらにたんぱく質を意識したら。。
手先の温かさが全然違います(^^)

小学生から冷たかったのに。。。こんな変わるんだ!?マジか!?
とちょっと半信半疑です(^^)

手先が温かくなったら、ほかの部分。。。冷えてる?冷えてるじゃん!
と気付いたりf^_^;



<Tさん>

青い星の記事、じぇるのレター共にとてもタイムリーでびっくりしました。

鉄分不足の症状。
ほとんどがあてはまっていますっ!!!!あぁっ!!

最近「耳鳴りのボリュームが小さくなったなぁ、お肉を食べているせいかな」
と思っていたところに、あの記事です。びっくりしましたよ。



<pyoさん>

そして私が栄養素の事を書き始めたのと同じ日に、
またまたシンクロしていたpyoさんはこんな記事をアップ(^m^)

→ pyo's room 正直に言いますと・・・数秘8



ところで、、、、

健康を作る素(もと)と 美女を作る素(もと)は同じようで、
先日のご本の溝口先生が紹介されていた本は

美女たちを指導している方のものだったのですが、

これが読みやすい上に、
内容もとてもよかったのです^^


一番上でリンクさせて頂いた男性も、こうした食生活に切り替えたところ
心身ともに元気になっただけでなく、体が引き締まったと書いているのですが、

体験談の最初のマリアさんも、体重以上に見た目がひきしまってきたそうで、、、、

そして実はこれ、私もなんですよね^^

昼には雑穀玄米みたいなものでご飯も少し摂っていますが、
糖質を控えるようにして、魚介類や卵などを中心に
たんぱく質系を増やしてみたところ、、、、

食べる量は同じか増えたぐらいなのに、
体重が少し落ちて、引き締まってきたんですよ。。。

特にお腹や顔が。


(^▽^)/ わーい


これには、毎日顔を見ている旦那クンもわりとすぐに気がつきました(笑)



若い時には野菜やフルーツだけでもなんとかもっていたものが、
年を重ねてくると、やはりコラーゲンの素になるものを摂ることが
とても大切になることも、なんとなく実感できるようにもなったのですが、、、

来週は美女(美男も?!)になるための本と、
そこに書かれている言葉なども一緒にご紹介していきますね。。。♪



[ 2012/03/16 05:13 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

封印が解ける時☆食事編2



毎日食べているものが

これほどまでに心(精神)に影響を与えていたとは。。。。

この本に出会って以来、
こうした分野の本をいくつか探して読み進めるうちに、
ますますそう思うようになっていきました。



ここ数年、性格的にも「うつ症状」とはまったく無縁だと思われていた
友人・知人から、相談をされるようにもなっていたのですが

そうした人の半数は、おそらく誰もが

えっ?!この人が?!? 

(@@)

と思えるほど社交家であったり、外に出るのが大好きであったり

私自身、聞かされた時には驚くこともよくあったのですが、

だけどそれが休職するまでに追い込まれたり、
離婚話まで出かかっていた現実。。。。

その原因も様々で、職場を変えたり、何らかの心の気づきを得て
改善していく人もいたのだけど、慢性化している人もいて。。。

だけどこの本を手にした後で、慢性化している人の食生活を
それとなく照らし合わせてみると・・・・


炭水化物がやたらと多い!!

炭水化物はまあまあでも、卵や肉類などからのたんぱく質が極端に少ない!!


などの典型的な特徴があることに、、、気がつくようになりました。



              たっぷり魚介類、ポルトガル漁師のシチュー
         stew.jpg



1つ目の炭水化物では、

白いご飯や パンや おもち。

ラーメンやうどんなどの麺類。

たこ焼きやお好み焼きなどの粉もの。


子供の場合だと、
「うつ」というよりは「きれる」として現れやすいのだけど、

白い砂糖いっぱいの炭酸ジュースや
トランスファットと炭水化物でできたスナック菓子。


要するに「糖類」が多いということ。


特に白い砂糖は、麻薬のように脳を溶かすとも言われていますが、
実はこの摂取が多い人に脳内のエネルギー不足が起こり、
「うつ症状」も出やすくなるそうで、

そのまま年をとれば、高齢になった時にはぼけやすくもなるのだとか。。。。

仮に心のほうに出なくても、高血圧や花粉症などのアレルギー症状などの形で
肉体面に出てくることも少なくないそうで、

こうなると、ドキッとしている人も多いのではないでしょうか?!^^


これだとかなり該当する人・・・・うん、いますよね。



とても有名な話に、「江戸わずらい」というのがあり、
2つ前の記事の本でもやはり紹介されていたのですが、

参勤交代で江戸に預けられた諸国の大名の妻子たちに
脚気などの病気とともに、精神が狂う病が多発したそうですが、

これは地方では雑穀を食べていた彼らが、
江戸では幕府の客人ということで「白米」を与えられていたために、
多くのビタミンやミネラル類が不足して起きていたと言われているものです。


そのぐらい精製された白い砂糖やお米や小麦粉などからは栄養素が抜け落ちていて、
一気に血糖値を上げてしまうものになっているのですが、

実は、この血糖値の急激な変化こそが
精神を大きく揺れさせてしまうものになっているのです。

糖尿病と表裏一体のもので、「低血糖症」という症状が
実は一番「うつ」に間違われやすい栄養のトラブルなんだそうで、
これはイライラや不安感を引き起こします。


昔から「白い3毒」と言われていますが、
ここでまた改めて・・・という感じですね。

現代ではこうしたものの多食による、心身の不調がとても多いそうです。


ライトっちの話でも、10年以上前にも話題になったものだそうですが、
ここでまたリバイバルになりそうですね。。。

できれば今度は、医学の主流にまでなってほしいと思っています^^



ある中学校などでは白米から玄米に変えただけで
校内での暴力件数が劇的に減ったという事例などが
この本では紹介されていたのですが、

そのぐらい私たちにとってビタミンやミネラルなどの栄養素は
脳を安定して働かせ、心をリラックスさせてくれる大切なものになっています。

つまり食を変えるだけでも、世の中の犯罪発生率が変わるということで、
アメリカでは刑務所などでもこうした研究があるそうです。



炭水化物の摂り過ぎ以外にも、ダイエットなどで極端に食べなかったり、
野菜ものが中心で動物性のたんぱく質を極端に摂らないことで
深刻な鉄分不足が起きたりもするのですが、

これもまた、血糖値の調節を悪くしてしまうことの1つだそうです。


これだとあまり甘いものを摂らなくても、
血糖値の調節が悪いので、少しの糖分摂取でもやはり心(精神)が
大きく影響を受けたりしてしまうそうなのです。

納豆や豆腐などの大豆などから、たんぱく質をたくさん摂っているから大丈夫よ^^

なんていうこともまたないそうで・・・・

なぜなら植物と動物のたんぱく質から摂れるアミノ酸の種類には違いがあることや、
植物性のたんぱく質は動物性のものほどは体内への吸収が良くないそうで、
両方から摂らないと不足してしまうものがあるからなんだそうです。

ちなみに鉄分が少ないからと、簡単にそれだけを摂取しようとしても
うまく吸収できないそうで、いくつかの栄養素が組み合わさってこそ、
こうしたものははじめて吸収できるそうです(ライトっち談^^)


女性には多い貧血ですが、私もまた昔からそうだったので
なるほどぉ・・・でした。


実はこの鉄分不足でも精神症状が出てくるのですが、

クヨクヨしたり、気分が憂鬱になったり、
根拠のない恐怖感などが出たりするそうなんです。。。。


ん?!


根拠のない恐怖感。。。。?!


(@@;


う~~~ん、


そうだったのかぁぁ~~~!!(笑)



鉄分は酸素運搬でも重要な働きをしているので、酸素供給が悪くなったり、
コラーゲンの再生にも重要な役割を持っているので、不足すれば
関節やお肌や髪にも良くないんですよね。。。。

立ちくらみ、めまい、耳鳴りがある人、
よくあざができたり、階段を上がると疲れる人、
夕方になると疲れてボーっとしたり、生理前に不調になる人などは
鉄分不足に多い症状だそうです☆

実は旦那クンにどうしたの?!と笑われていたほどよくできていたあざが
ここ数年のサプリ摂取で、いつの間にかできにくくなるなどの
明らかな効果も実感していたのですが、

それでもまだサプリでも鉄分が充分に足りていなかったこと、
そして何より動物性たんぱく質の摂取が極端になかったことが響いていました。



これ以外にもビタミンB群が足りなかったり、
コレステロールが足りないことなどで起きてくる心の不調などもあり、
産後うつなどは、コレステロールの低下とも関係があると言われているそうです。

コレステロールがあまりに低いのも、心のバランスが崩れやすくなるそうですよ。。。



玄人並に、進んだ栄養学の勉強をしてきているライトっちとも
よくこうした話を最近するのですが、

遺伝や体質などにより、ひとくくりにもできないのがまた「食」なんだそうで、
これは本当に奥が深いものみたいです(^m^)


私も今までに、フルーツや野菜を多食するものや
「不食」などでは食べないでも生きられる人々のお話を取り上げてきていますが、
どれかが間違えているともまた思えないんですよね。。。。

スピリチュアル度合いがかなり発達している人に
意外と肉食肯定派が多いことにも気づいていましたが、
今の地球では、まだまだこうしたものからの栄養が必要な人も多そうですしね。。。



これからの時代には、さらに多様な体質の人が現れてくると思いますが、

今現在の食事をしながら

心や体のどこかに不具合を抱えた場合には、その「食」を変えてみる・・・・

というのは、有効なことの1つだと感じています。


お肉を多食していた人が、
野菜を多食するようになって快適になることもあれば、

野菜を多食していた人が、
お肉を多食するようになって快適になることもある・・・・

というふうに、

絶対にこれ!!というのでもなく、

同じ人でも、年齢や環境によっても
必要な栄養が変わってくることもあるそうなので、

最新の栄養についての基本を知り、

その時々で柔軟に「食」を変えて

心身ともに快適に過ごせるようにしてみることも
これからの時代にはとても大切なことかもしれません。


1つの記事ではなかなか書きつくせませんが、
ぜひこうした本なども参考にしてみて下さいね。。。☆



次回は私が実際に食を変えてみてからのお話や、
同じように取り組んでいる周りの仲間からの感想なども、
美容のお話とともに、ちょこっとご紹介しますね^^



[ 2012/03/13 06:03 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

1年



あっという間の1年。

朝にはつけないテレビを珍しくつけた日に

飛び込んできた映像。


一瞬どこの国の報道をしているのかもまったくわからず、

だけど どこか見覚えのある風景に

頭が真っ白になっていました。



あれから1年。。。。


私にとっては第二の故郷とも呼べる福島の

多くの友人・知人たちの生活も一変し、

さまざまな事情から、

家族が分かれて住むことを余儀なくされているなど、、、、

現地では今もなお困難が続いていることに胸が痛みます。



          inori2.jpg



多くの方が亡くなり、

実際に現場で体験した人たちの想いは

今も複雑なままだと思います。


どんな言葉をかけたらいいのか正直わかりませんが、

想いは今なお世界からもあります。



あの衝撃の日から1年。


つきなみな言葉になってしまうかもしれませんが、

改めて亡くなられた多くの方々のご冥福と

1日も早い復興を深くお祈りしています。。。。



[ 2012/03/11 01:07 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

封印が解ける時☆食事編1



私は甘いものをたくさん食べるほうではありません。。。

もちろん嫌いでもありませんが、

学生時代でも、大きなパフェを注文して隣でおいしそうに食べている
友人のものを2~3口わけてもらえれば、それで充分♪

どちらかといえば、

ポテトフライとかおせんべいの
しょっぱいもののほうが好き・・・

なんて感じでした。


ところがそんな私でも夏が近づき暑くなってくると
食欲を落とすことがあり、、、、

そんな時には気がつくと、固形物を食べる代わりに
普段は飲まないジュースなどばかりを飲んでしまっていた。。。。

なんてことがあるのですが、

そうした日に限って、なぜか心身の調子が悪くなることに
いつの頃からか気がつくようになっていました。


そうやって甘いものを摂り過ぎた日や翌日は

体が低調になるだけでなく、精神的にも何か揺れやすくなるような。。。?!


(@0@)?!?


もしかして糖分って、心(精神)に影響するのかな。。。?!




               シャケを中心にした最近の旦那クン弁当
        shake1.jpg



漠然とだけど、なんとなく感じていたことでした。。。



ある食関係の本のことを書きますね。。。と言っていましたが、
2月にもなろうかと言う頃、こちらの日系の本屋さんで1冊の本を見かけました。


「うつ」は食べ物が原因だった! 青春新書  著・溝口徹



「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)







こちらは図解つきの、新しいものだそうです ↓


図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった!







題名が題名なだけに手に取ろうかどうしようか迷ったものの、

今でも仲の良い学生時代からの友人が旦那さんと弟の
うつを打ちあけてきてくれていたこと、

そして私自身も社会生活はこなすものの、昔から集団生活は苦手だったこと、

時折 強く出てくる得体の知れない恐怖感があること、

そんなことが、この本に手を伸ばさせていました。



その内容は・・・・・


手を伸ばしてみて正解! 

買ってみて大正解!!


でした(^^)



なんて面白い! 

そして なんて実用的!!(笑)




        丁寧に作られたゴマのプリンに、新鮮フルーツと木の実のデザート☆        
         goma.jpg



この本の帯には

ダイエット、甘いもの好き、野菜編重・・・が
脳の栄養不足を引き起こしていた?!


とあるのですが、

実はこの本に書かれていることは、現代に生きる
ほとんどすべての人に当てはまると言っても良いぐらいの内容で、

うつだけでなく、花粉症やアトピーなどのアレルギー症から
高血圧やその他の様々な病気の多くにも関連があり、人によって
症状や病名が変わるだけであることなどがわかりました。



私は以前から、人の精神状態は
脳内物質との関わりが深いのではないか・・・と思っていました。

高校生の頃に、母の本棚にあったアメリカの博士が書かれた
メガビタミン療法の本を読み、ビタミンEとCを毎日摂取するようになってから
明らかに風邪をひきにくくなりストレスにも強くなった体験を持っていたことから、

心をほがらかにさせる脳内物質が多い人は自然とほがらかになりやすく、
不安になりやすい物質が脳内に多い人は、不安になりやすくなったりと・・・

持って生まれた気質だけでなく、人間はそうしたものによっても
精神状態がかなり左右されているのだろうと感じていました。

だけどその脳内物質を、薬を使わずにどうやったら自分で
コントロールすることができるのだろうか。。。。


この本は、

そんな問いに対する答えを

くれるものにもなっていたのです。。。☆



本を開いてすぐの中折のところには

あなたの心は、あなたの食べたものでできている!
なぜなら、心の働きにかかわる脳内神経伝達物質は、
栄養素によってつくられるからだ。

栄養素の不足や血糖調節異常は「うつ」とよく似た症状を示すが、
著者は栄養指導により多くの精神症状を改善してきた。
本書では、うつに陥りやすい現代人の食事の問題点や、
こころに効く食べ方を解説する。



溝口氏は日本ではまだあまり主流ではない最新栄養学を伝える方で、
分子整合栄養医学と言うそうですが、

うつの95%は、脳の栄養不足で起こると説明されています。


心のトラブルを引き起こす主なものには、5つの栄養欠損があるそうで、

1.低血糖症

2.鉄欠乏

3.亜鉛欠乏

4.ビタミンB群欠乏

5.たんぱく質欠乏


今の時代だと、

子供や学生たちなら
インスタント食品やスナック菓子、炭酸ジュースなどの摂り過ぎ

働く男性たちなら
お昼の大盛りの白いご飯に、お酒のあとの締めのラーメンなどの食習慣

女性たちなら
白い砂糖で作られた甘いスイーツなどの摂り過ぎ

その他にも

ダイエットをしていたりベジタリアンなら
お肉や卵などのたんぱく質系のものを極端に摂らないことなど


こうした食生活のいずれもが
上であげているような栄養素を大きく欠いてしまい、
体だけでなく、心の不調を生み出す原因にもなっているそうなのです。



次回はもう少し詳しいお話と、
さらには優れた美容にもつながるお話に。。。♪


あと少しですので、もう少しお付き合い下さいね^^



[ 2012/03/09 05:47 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

封印が解ける時☆3



この時期は、何かが根こそぎ変化していく時。。。。☆


今世の肉体に影響を及ぼしていただろう
1つのストーリーがわかることになったのと ほぼ時同じくして、
ずっとやり取りが続いていたpyoさんからも、
こんなメールが届いていました。


それは私が14才の頃から特に感じるようになったある種の恐怖感を
どうやってもぬぐえないことで

さらに大きく前進することをためらっている「今」があることを
その前のメールで書いていた返答にもなっていたのですが。。。。
(掲載の了承は得ています^^)



勝手ながら遠隔で視せていただきました、
りんごっちさんの魂の状態。

ホントに許可無く失礼いたしました。
メールを読みなおした後瞑想してたらつながっちゃったんです。


メール読んでいたらね、どうもグラウディングが足りないか
マブイが抜けてる感じがしたんですよ~。

マブイが抜けてるってつまりは
魂のロスがあるような感じで。
(マブイは沖縄の方言です)

この状態だとどうやってもグラウディングが足りなくなるし
いろんな事が怖くなるんですよ。

抜けすぎると命の危険もあります。


     ~ 中略 ~


視てみると…

足元が氷の上にたっていて
いつその氷が割れてしまうのか、といった
不安定状態。

そこを外そうとすると今度は砂漠地帯が浮かびます。
砂の中に足を取られそうな状態ですね。


りんごっちさんのサポーターずの宇宙船に呼びかけて
解決策について聞いてみたところ
〇〇湖の存在、〇〇〇〇〇が浮かびました。

先日この〇〇〇〇〇は解放しましたので
いま古代日本風の角髪をゆった
ハンサムな青年になってます。

あ、ハンサムは主観ですが。(笑)

彼に問いかけたら、りんごっちさんのマブイの一部をあずかっている、
といって龍の珠のようなものを渡してくれました。

このメールに載せてお送りしますので
ご自分の中に光る珠がはいって統合していくのを
イメージワークで取り込んでみてください。

身体に取り込めば、その後は珠は分解して
りんごっちさんのエネルギー体に同化していきます。

すこーしエネルギーが変わって
しっかりした心持ちになるかと思いますよ。^^


なぜ〇〇湖の存在が預っていたのかまでは
私は確認していないのですが、
先日〇〇湖のミッションの話をいきなり説明したくなったのは
これが関係してたんだな、と納得しました。



※マブイ・マブヤー:沖縄の方言で魂のこと。



         珠



マブイの一部が抜けている・・・・は

なんだか私の中では、一番しっくりくる状態の説明でした。


最初のメールで、

ガイドスピリットではないとハッキリ告げてきた、
私の魂のサポートチームからのメッセージを、pyoさんが届けてくれた晩、

日本のある湖ではちょうどpyoさんたち有志のみなさんが
満月ミッションとして柱建てチームで、ある湖の存在(土地神様?!)の
解放に挑戦していたところで、

ふと何かを思ったpyoさんが、まったく関係のなかった私とのメールの最後に
そのことを書いてくれていたのですが、、、、

その存在こそが、私のマブイの一部をあずかっていたという。。。。

pyoさんからしても???(@▽@)だったのですが、

そこは私の父が生まれ育ったところでもあり、
父は子供の頃から夏にはその湖で泳ぎ、冬にはスケートをして遊んでいたのです☆


メールを介して届けられたその珠を意識の目で見ると、
瑠璃色に光る美しい珠で、ありがたく受け取って体の中に収めたのですが、

不思議な事にその日から

少しずつ何かがしっかりし始めたのを感じたのです。。。。



その日あたりのシリウスさんのブログにも
ちょうど瑠璃色の光のことが書いてあり、
宇宙エネルギーのことが書かれていたのですが、

なるほどなあ。。。。

色々なことがつながっていく

(@@)




ライトっちから伝えられた過去世での出来事も、
おそらくこうしたことと一緒に絡まっていたのでしょう。。。。

この過去世でのことをpyoさんにも伝えると、
本業でもあるだけに、セッション上手なpyoさんからの、
タイムリーな説明がその後も続きました。



過去生の手放しはまずスタンダードで最初にやった私ですが
切ったはったシメタコロシタは山ほど出てきました。
殺したのも殺されたのも多かったですよ。

どうしても魂の傷となってしまうんですね。


以前、地球に来る前の苦しい前世の想いが
魂のロストとなって、相手の魂にくっついちゃっていた、
という事を体験しました。

具体的に言うと、ひ〇りんの中に私のマブイがあったんです。

ひ〇りんが自分の中への旅をやってくれた時に
彼女が見つけたハイヤーのアーシャスのロストの魂とともに
私のハイヤーの紫乃の魂、彼にくっつけてた「想い」が
離れて私の中に戻ってきました。

同時に瞑想状態に入ってのことで感知したんですが
一瞬、頭に何か痛みを感じて、あとは落ち着きました。

その後、ハイヤーも私達もかなり精神面で安定したんですよ~。
紫乃によると「アーシャスへの想いが執着になっていた」と。



魂のつながりですが、
以前ご紹介したエネルギー体の関連で説明できます。

ハイヤーセルフの領域・振動数であるコーザル体(界)にいくと
自他の区別が無くなるんですよ。

そこはもう大きな風船の中に小さな風船がいっぱいあって
その小さな風船のひとつひとつが「前世の魂」のようなもの。

それが魂のたどってきた道のりの記録---アカシックであり
時空間の記録、時間軸もまたこのアカシックと同時に存在してます。


人間の側からいうと、大きな風船には人の数だけ扉があって
その扉にいたるまでのなが~いトンネルが
人の精神の中にあるんです。

カール・ユングでしたっけ、意識の氷山。

その意識の氷山の上30%は人の顕在意識で70%は深層意識という。。。
さらにその下に集合意識がある、というのを言い換えてみると。

顕在意識が深層意識を通って集合意識体に到達するのが
この風船に例えた世界への、なが~いトンネルといくつかの扉。

えーっと、体育館というかコロシアムの会場にいくつもドアがあって
そこへの廊下とドアが無数にあるような感じです。

私が捉えた世界はこんなイメージです。

つまり個人個人が自分のアカシックを持っているのではなく
みんなで同じアカシックのエネルギーの記録の中にアクセスして
自分がみているプロセスから取り出すので

認識や解釈が個人個人で違ってくる…というもの。



アカシックレコードとかコーザル体の世界は
いわばどでっかいデータサーバーのようなものですね^^

そのデータサーバーに記録したデータの傷が
もしかしたら魂のロストと言えるかも。


その傷、心の中のわだかまりや気になる事って
感情体を構成するエネルギーの粒が固まった
ココアのダマのようなもの。。。

これをサラサラにしていけば気持ちもサラサラになるし
その振動数がまた他の人にも共振していく。

そして自分の心の次元のサラサラは
自分のハイヤーセルフにも影響するし
ロウワーである肉体にも影響しますね~。



うんうん、なるほど。。。


苦しかった体験、それを乗り越えた体験って
「これを知って人をサポートするためのLesson」
だったしりますよ。^^



コレもまったくその通りで、一瞬迷ったものの記事にしようと思ったのも、
少しでも他の人の参考になったり、一緒にセッションを受けたような
感じになればと思ったからなんですよ。。。。



だいぶ前の記事
→ 星が語るもの☆2の中で、今世の私の大きな試練は14才から始まることが、
きちんとしたインド占星術のチャート上には描かれていたことを書いていましたが、

それは楽しい中にも時に苦しみも交えながら、多くの事を今世で学ぶために
天に自分で描いてきた1つの計画表とも言えそうです☆

そして今は占星術チャートを見ていないのでわかりませんが、
この2012年の2月で、1つの区切りを見せるような星の配置を
私の占星術チャートはおそらく描いていたのだろうと思います。


ふう・・・・それにしても長かったなぁと


(・・)



いや、、、


まだ全然終わりじゃなくて、、、、


始まりでしかないんですけどねぇ(爆)



試練が終わって、


ようやく本番がはじまるぅみたいな。。。。


(^m^)
 


そして。。。。

この恐怖感が実は食にも関係していたことが、
偶然そのころ手にした本からもわかることになり、

人間の命を維持し育む「毎日の食」が
私たちの心身にどれほどの影響を及ぼしているのか、、、、

分子栄養学のすごさというのを改めて思い知らされることにもなっていくのですが、


それはまた つづく。。。(笑)




[ 2012/03/06 05:53 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

封印が解ける時☆2



それから数日したころ
電話がありました。


相手はライトっち。。。。


だけど


いつもと様子が少し違います。


(@@)???




今朝、夢を見たんだよね。。。。


りんごっちも出てきていてさ
だからどうしようかな~って思ってさ

モーニングカフェの時に
魔法使いのジョージさんと奥さんにも話したら、
一緒に考えてくれてさ


「つながっているから君が見たんだろうなぁ。
 りんごに話してごらん。

 何かわかるかもしれないし、
 彼女のためになるということもあるかもしれないから。。。。」


と言ってくれたからさ、
話しておこうと思ってさ、、、、

聞く。。。?!?



そう言われると怖いような、
聞きたくないような。。。。(笑)

でもそこまで言われて聞かなかったら、後悔もするような(--;

しばらく他の話をしてから


で、

さっきの夢って。。。?!?




            うみ



前世とかの話ってどう。。。?!?


う~ん、あるとは思うし、
今までにもいくつかのものが出てきたりして
癒されているものもあるけれど、

でも

それがまるごと自分自身のものなのか、
他の人と分霊したものの前世を見ているのか、
それとも借り物なのかわからないから

あんまり重く取ったことはないよ。。。。

地球でのことなのか、
他の星でのことなのかも定かではないし。。。




そう、、、それならいいかなあ。。。。



そう言って彼女が話し出してくれたものは

夢の中で私(りんご)が
これは私の友達なの・・・と言うと
ライトっちにある映像が見え始めたそうで。。。。

それはヨーロッパのようなところの、海辺にある崖の上。

そこにウェディングドレスを着た女性と、その前に立つ相手らしき男性がいたそうです。


ほどなくして女性のほうが、男性にその場で殺されてしまうのですが、
ライトっちにはドレスの細かな刺繍までもがはっきり見えたそうで、
その後、女性は北の冷たい海の中に投げ捨てられてしまったそうです。

今まさに結婚しようという、最大の喜びの中での突然のことだったそうで、、、、


だけどライトっちには男性・女性のどちらが、
私の言う友人なのかがわかりません。。。



話を聞きながら

あっ(@0@)
と、私にはすぐにわかりました。。。。


それは私の友達なんかじゃない


その女性は 


私自身だ 


と。。。。



     nami.jpg



人は地球やそれ以前の他の星でのことなどを含め、
学びとして、誰もが殺し殺されたはともにたくさん経験していると言われています。

なので殺された前世の1つがここで新たに浮かび上がってきたこと自体は
特別なことでもなかったのですが、、、

この前世に関しては、きちんと知っておく必要があったようです。


なぜならそれは今世において、
体にとても大きな傷跡というか
違和感を残したままだったからなんです。。。。


子供の頃から、
気づくとそこに手がいってしまうほどで、

幼いながらに

ここ、どうしたんだろう?!?(@@)

といつも思っていました。


そして今回、すぐにその女性が自分だとわかったのには理由があり、

実は14才のころ、夜寝ている時に周りの映像は見えないものの、
同じようにして殺されるという、とてもリアルな体感をともなった
体験をしたことがあったからでした。

それはまるで、今まさに起きているように苦しくて、

最後には自分でも死んだ瞬間がハッキリとわかりました。

金縛りとかもあまり体験したことがなかったので、
それはとても奇妙で、てっきりベッドから落ちかかって
苦しくてそんな夢を見たんだろうと目を覚ますと、

ベッドの真ん中で、スヤスヤ寝ていました。。。(笑)



今でもまるで昨日の事のようにその体験を思い出せるのですが、
彼女が話してくれた状況は、まったくそれと同じだったのです。

未だに毎晩横になって眠りにつこうとすると、
その体の部分が壊れて死んでしまうのではないか。。。。
と怖くなって眠れなくなってしまうことがよくあったので、

この話を聞けたことはとても救いでした。。。☆

なぜならこういうことは、前世でのそうした出来事がわかると同時に
消えていくことがほとんどだからです。


私も、その体の違和感が前世によるものであったとわかったとたん、

力が抜けるというか・・・・

あぁ~そうだったのかぁ~という、大きな安堵感に変わりました^^



     うみ1



りんごっち、
よく体の冷えのことも言ってたでしょ。。。

それっていくつかの原因があると思うけどさ、
その1つには、この冷たい海の中にっていうのがあったんじゃないかな。。。?!



うん、、、これもそうだったのかもしれません。


少し前の記事に書きましたが、

2月に入ってから「栄養素」が人にもたらす様々な影響を
初めて深く知ることになり、自分自身の食を見直していたのですが、

納豆や豆腐といった植物性のものはまあまあ摂っていたものの、
人間の体に吸収のよい動物性のたんぱく質をあまり摂ってこなかったため
鉄分不足を起こしていることを知り、

サプリと合わせ、食のほうからもそれを強化したところ、
身体が芯から温まる・・・という体験をしていました。

ちょうどじぇるの会社でもこの月からプロテインダイエットのプログラムが
大きく始まっていて、とても良質なプロテインとも出会うことにもなっていたのですが、

そうしたあらゆることが、
思わぬところですべてつながっていたのです。。。。☆




この前世には、すでにくやしいとか悲しいという想いは
今世にはもう伴ってはいなかったのですが、肉体面のほうに
深く刻み込まれてしまっていた記憶を消し去る必要があったようです。

実際にこの前世のことを知った晩からは、
もうその体の部分が壊れてしまうのではないか・・・という恐怖からは、
一切開放されることになっています。

これが無いのは、本当に楽なんですよ。。。(涙笑)




今回なぜこのようなものを書いているのか。。。。というとですね、
この時期、似たような体験をしている人が他にもいるように感じたからなのですが、

ライトっちいわく、
今、こういう感じの人が多いんだそうです。。。。

この2月まわりの、1つの流れかもしれませんね^^



このあとも、まだまだ面白いことが起きてくるのですが。。。。



つづく♪



[ 2012/03/02 02:06 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)