青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

にゅーよーく




かけ足の一時帰国があっという間に終わり、

いつもの街に戻ってきました。



 kyoto.jpg



たくさんの人と出会い、

日本のおいしいものを食べ、

小さいながらも家族とも旅行し、

つかの間の 生まれ育った国を楽しんできました^^


京で見た新緑の日本は、驚くほど美しかったです。。。♪


日本滞在中にお会いした方、

お世話になった方、

本当にありがとうございました(^^)



時間がもっと許すなら

会いたい人も

行きたいところも

まだまだ たくさんあったけれど、

それはまた次回のお楽しみに・・・・ということで


まずは無事の帰宅のご報告です  




スポンサーサイト
[ 2012/04/30 05:16 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

にほん♪




今回の日本滞在で、

偶然にもまた訪れることになった

野菜のとってもおいしいレストラン。。。。☆



      vegi.jpg



そこでいつもお世話になっている分子栄養学の先生にお会いして、
お食事がてら栄養の面白いお話をたくさん聞かせて頂いたり、

古くからの友人たちに会いに福島に行ったり、

じぇるを通して知り合った
たくさんの素敵な仲間とのおしゃべりを楽しんだり、

自動車免許を更新しに行ったり、

アメリカでは買えないものをショッピングしたり、


、、、、と


連日 

忙しくし過ごしています(^^)



[ 2012/04/22 22:22 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

じゃぱん☆




日本に発つ前の日の午後、

ここに越してきてから初めて部屋のまん前に

大きな虹がかかるのを見ました(^▽^)




      niji.jpg




ただ今、日本を満喫中。。。♪




[ 2012/04/17 23:38 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

なんにでも良いんだね^^



良いものは人間にだけでなく、

動物や植物にも良いようです。。。☆


じぇるの会社で、

面白い方が講演をするというので出かけたSさん。


帰ってきてから、

こんなことを話されていましたよ^^

とメールをくれたのですが、


その方の家にあったYashiの木は

2001年ごろには3メートルほどだったそうです。


それが製品の入れ替えがあるというので、

在庫のサプリ類をそのYashiの木のまわりに

たくさんまいてみたんだそうです。


すると、、、、

通常なら3メートルで成長が止まるはずの種類のその木が、

その後もグングン毎年伸び続けたそうで、今では植木屋さんもビックリの

3階建ての家を越す勢いで成長を続けているのだとか。。。。(笑)




            葉2



実はこれ、とってもうなづける~♪

と思ったんですよね^^


実は私も、同じ会社の世界一栄養価の高いフルーツとして

フロリダのディズニーワールドにも展示されている

東南アジアのフルーツから摂られるジュースを

毎日飲んでいるのですが、、、


飲み終わったビンにお水を入れて

ある時、ダーッと植木にやってみたのです


それからしばらくして、、、、、

なにやらニョキっとした芽が出てきたな~と思っていると、

上下の写真のように、他の葉よりも大きくて

とてもしっかりとした葉っぱが出てきたんです(@0@)/



ちょうどエリカ・アンギャルさんが

アボカドは食べる美容液よ・・・とおっしゃってましたが、

これはそれと並んで世界3大の

優れた植物脂肪酸が摂れるフルーツの果実汁でもあるんです。


アトピーぎみだった旦那クンのがさつく肌を、

数週間でもっちりさせてくれたものでもあるのですが、

改めて、やっぱりすごいな~♪と

思ってしまいました。



         葉1




ここの他のものでも、

ネコやワンちゃんたちに与えるなどして

ペットたちの健康が改善した話などもよく聞いていて、

アメリカではドクターが動かれているところもあるのですが、


良いものは、

あらゆる生き物にも良いんだなぁ。。。♪


と思った、

最近の出来事でした^^







[ 2012/04/13 03:52 ] インテリア・植物 | TB(-) | CM(-)

春うらら♪




100年近い気象観測史上(?!)^^

2番目に暖かだったと言われる東海岸の冬が終わり、

街中で一斉に花が咲き出して、

春うららのNY。。。☆




はっぴー・いーすたーでもあった週末は、



      いーすたー1



久しぶりに、ゆっくり創作寿司を楽しんでから、、、、



     su1.jpg



セントラルパークに くり出しました^^



     cen3.jpg



新緑の芽吹きはまだまだだけど、それでもうらうらした陽気に誘われて、
たくさんのニューヨーカーや観光客らが押し寄せていました☆



  cen4.jpg



たんぽぽも太陽の光をサンサンと浴びて、楽しそう。。。♪



  cen7.jpg



まだ湖上は人が少ないかな~と思ったら。。。。



  cen8.jpg



よく見ると、、、ボートを楽しんでいる人が結構いました(^^)



  cen9.jpg



のんびりイスに座って湖を見ていると、、、、

突然、韓国のドレスを着た新婚カップルらしき人が目の前に現れて
カメラマンに写真を撮ってもらい始めました♪



           cen16.jpg



俳優・女優さんかと思うほど、顔もスタイルも抜群に整った美男・美女のカップルで、
育ちはおそらくアメリカだろうと思われる、口角の上がった独特の顔つきと洗練された物腰。

見つめあって~♪と、カメラマンに言われたふたり

本当に素敵なカップルでしたよ^^



           cen17.jpg



セントラル・パークのこうしたイスは、市民からの寄贈のものが多いです。

なので、背もたれのところにはちょっとした言葉とともに、
贈ってくれた人の名前があったりします。。。☆



  cen19.jpg



八重桜・・・・かな?!(@v@)



  cen20.jpg






      cen22.jpg



氷河期からの岩山☆
セントラルパーク内にはあちこちにあります。

パワースポットでもあるようなんですよね^^



  cen23.jpg



パークの出入り口付近で、一生懸命雑誌を読んでいたおばあちゃん。

なんだか可愛くて、思わず 



          cen24.jpg






日陰だったりすると、

まだちょっと風も冷たかったけれど、


ひなたは十分にポカポカで、

暖かでのんびりした週末の1日でした。。。☆





[ 2012/04/10 04:35 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

友人との会話から☆



これはアメリカで出会って友達になり、
たまにマンハッタンなどでも一緒にお茶をする、
少しお姉さんの友人と最近交わしたメールの内容です☆

彼女の許可も得ましたので、ちょっと今日はご紹介^^


スリムで特に暴飲暴食をしてきたわけでもないのだけど、
数年前から糖尿病があるとのことで、彼女と会うたびに
糖質制限の食事法の事を聞く機会がよくありました。

その時はまだ、そうした病気の人のための食べ方なのかなぁ~ぐらいにしか
思っていなかったのですが、これがまさか現代に生きる多くの人にとっても
とても参考になる「食べ方」の1つであることには、気づいてもいませんでした。


いつもあとでわかることだけど・・・・

入ってくる情報というのにも、ムダはないのだなぁと思います♪



         お弁当作るの結構好きなんです^^ これは旦那クンの。
       ob1.jpg



Aさんがくれたメールに、私が差し込むようにしてお返事したものです。


<Aさん> こんにちは。お元気そうで何よりです。

私も最近の暖かさですっかり外へ外へと意識が向き、
家の片付けがおろそかになってしまいました!



<りんご> ほんとに春ですよね。。。春!!(^^)



 <Aさん> (青い星の)ブログの中のお話。

最近、日本のテレビでも体にやさしい食べ方の順序として
野菜 → たんぱく質 → 炭水化物 → デザート

これは同じものを食べていたとしても、
この順にすると、血糖値がゆるやかに上がるからなんですよね。

甘い炭水化物のスイーツや精製された白いご飯やパンなどは
血糖値をすぐに上げてしまう食べ物ですが、
そうなると体は急激にこの血糖値を下げようとして、
インスリンなどのホルモンをあわてて一斉に出すことになるので
体にとても負担がかかります。



<Aさん>これは、まさに私が病気を発症してから江部先生から学んだ全てです。
先生は、この血糖値の乱高下こそが合併症を引き起こしていると考えています。

なので、私たちは少しでもこれを少なくするために、
炭水化物を極力取らない糖質制限食を実施しているのです。

でも、健康な人や緩い制限の人は、昼に玄米を食べるのは良しとしています。

前にも行ったけど、最終的にこの結論にたどり着くのが、
リンゴちゃんと一緒になるとは、偶然ね〜。

ただ、私は病気にならなかったら一生、この結論には達しなかったでしょう。。。




<りんご>今回、溝口先生の本やエリカ・アンギャルさんの本を
たくさんの方から読みましたよ~というメールをもらったのですが、
みなさんそれぞれに、かなり思い至るところがあったそうですよ。 

やる気がおきないということから、疲れやすさやアレルギーといったもの、
そしてもろもろの症状や何かしらの病気など。。。。

炭水化物を摂りすぎていたことや、白い精製された食材が多かったことなど・・・・
本当に驚いた方が多かったみたいです。

エリカさんたちが本で書いていてくれていることは
とても大切な「食の教育」であり「情報」ですよね。。。。

Aさんとは本当にシンクロしていることが多くて、
おそらくAさんの体験などを聞いていたことも、今回多くの人に伝えていく際の、
何かしらのとっかかりになっていた気がします^^ 




       家具屋さんに行ったら置いてあった、カラフルなカップケーキ☆
       紅茶だけ飲みましたが、色がきれいだったので思わずパシャッ^^

     けーき1



<Aさん>もう知っているかもしれませんが、
インスリンは別名肥満ホルモンと言われていて、少食の人でも太るという人は、
インスリンが過剰分泌されている可能性がありますね。炭水化物中心だからです。。。

そして、過剰分泌が長引くとやはり(糖尿病などを)発症してしまうのです。

私は、インスリン分泌がもうあまりないので、いくら食べても太らない。
と、納得の結論です。

他人にはうらやましがられるけど、本人はかなりつらいのよ、、、




<りんご>インスリンの急激な高まりは心を不安定にもするそうですが、
肥満ホルモンという別名があったんですかあ。。。。

うつ病やひきこもりの若者とかはインスタント食品やスナック菓子が多くて、
ビタミンやミネラルが摂れないないだけでなく、そうした食事がさらにそうした
栄養素を消耗させるとあったけど、太りぎみになることも多いそうですね。

心療内科などで出される薬でも効きが良いのは、食事内容がわりと
良い人だそうで、食が乱れていると効きにくいそうです。

それが良質なたんぱく質や野菜を多くして、ご飯やパンなどの炭水化物や、
白い砂糖いっぱいのジュース、トランスファットのかたまりのスナック菓子などを減らすと、
心が安定しやすく、体も自然と痩せるそうで

なるほど、、、、あたりまえなんですね。

Aさんが説明してくれたように、インスリンの過剰分泌をさせない

食事法になるわけですから。。。。




<Aさん>フルーツの果糖は砂糖の半分くらいの血糖値を上昇させますが、
上がり方がゆっくりなので、少々なら良しとしています。
それでも私には少々きついのだけど。



<りんご>なるほど、だから繊維も入ったままの天然の果物のほうが良いのかぁ^^


<Aさん>世の中に、白い炭水化物があふれていて、日本の将来がとても気になります。 

さらに、たくさんの雑誌で、
コー〇のゼロカロリー=人工甘味料の大々的宣伝がされてますね、。
〇ッセでは特集を組んで毎月のってます。

アメリカでさえ、人工甘味料や、
コーンシロップ入りのソーダを気にする人が増えているというのに、
日本はこれから盛り上げようとしているみたい。

ホールフーズでは、全く扱っていないよね。


※ホールフーズはオーガニックスーパーです。


<りんご> そういえばアメリカに来てすぐの頃、
英語学校で仲の良かった韓国人の看護士さんでもあった友達から

こうした人工的な甘味料は使わないように・・・と、
カフェで、いくつかの袋を実際に指差して教えてもらったことがありますよ。

日本でもF井Y雄さんが、人工的な甘味料より、
それならまだ普通の砂糖のほうがマシなんだとおっしゃってたし。。。。


そういえばライトっちも、アメリカは食が悪いと思われがちだけど、
実は日本のほうがよっぽど規制がゆるくて、悪いものが多いのよと言ってましたね。

トランスファットとかでも、アメリカはマッ〇のような外食産業でも5%までしか
ダメなそうだけど、日本では普通のレストランでも17%までならOKらしいんですよ。
5%でも良くないのに、17%というのはスゴイ数字だそうです。

食の情報が遅れてしまっているんでしょうかね。。。。




<Aさん>また江部先生のレポートでは、黒人やヒスパニック系の貧困層では
金銭的な問題から、炭水化物の食事中心になるので、やはり糖尿病が多いとか、、、

日本でも節約ということもあって、子供たちにもそんな食生活をさせている親が多いです。




<りんご> アメリカ・インディアンとかにも多いそうですね。

人種や地域など、狩猟民族だったか農耕民族だったかなどでも
体内にある消化酵素の種類や強さなどの違いにも関係があると、
Nさんもそうだし、ライトっちも教えてくれていましたよね。。。

世界には人口を減らそうとする政策もないわけでなはいので、
そうした食を摂らせようとする動きもあったかもしれませんね。。。。




<Aさん> 私の友人の1人もそうでした。 
彼女の家に招かれると、いつも麺類・ご飯類中心でした。

私もその時は、やりくり上手?などと思っていたのよ。。。。。






こんなふうにして

食に関するメッセージは

身近なところからもたくさんやってきていたんですよね^^




[ 2012/04/06 04:24 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

生体エネルギーを上げる☆



まだまだたくさんの方から、
ここでご紹介した栄養関係の本を読まれて

目からウロコでしたぁ~(@0@)

というメールが舞い込む毎日ですが、食の基本を知るためにも
人生で繰り返し読んでほしい本たちだと思います^^



栄養のない疲れた駄馬に、ムチ打って無理やり走らせたら死んでしまう。

だけどエネルギーにあふれた駿馬はムチを打たなくとも

嬉しくて自らどんどん走っていってしまう。。。。


これは必要なものをしっかりと摂って元気にあふれている状態では
物事がたやすく出来やすくなる例えとして、
むかし誰かが口にしていたセリフなのですが、

まさにそのとおりだなぁ~と、今は思いますね☆


ストレスが多かったり、スナックやファーストフード的な食事では
ビタミンやミネラルが特に消耗されやすくなるそうですが、

突然誰かに呼びかけられて驚いて振り返っただけでも、
ビタミンやミネラルというのはドッと消耗されるそうですよ。。。

驚きですね^^



    とまと



必要な栄養が足りずに、心をポジティブにする脳内物質やエネルギーが
満たされていない状態で、私ぜんぜんポジティブになれない!! と、
どんなに自分を責めて辛い修行をしてみても、そこにはかなりの無理があります。

だけど、そこに必要な栄養素をしっかり入れてあげて、脳内にやる気ホルモンが
あふれてくると、顔は自然とほころびニコニコに。。。。

 (^▽^)/

あれもやろう!これもしたい!

他の人にもこの嬉しさをおすそわけしちゃおう!

・・・・なんて言う状態になってくるんですよね♪




Sさんから、こんなメールを頂きました。

ちょうど今朝ニュースで「卵の成分 うつ病症状緩和する働き」というのを見ました!
九州大学の研究グループが発表したそうです。(記事のURL↓)


→ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120329/k10014045681000.html

コールを聞いてみて質の良い卵を食べましょうというのと
丁度リンクしているなぁと思いメールしました。


※じぇるを使われている人にお出ししているレターの中で、
 プロ並みに栄養の事を学んできているライトっちとの会話を
 録音したコールを、先週流していました。


私はもともとお肉の脂身や独特の臭みが苦手で、数年前からスピリチュアルなことに
興味を持ってからは(「アミ 小さな宇宙人」を読んだのが一番のきっかけかもしれませんが)
お肉を食べることに抵抗を感じるようになり、普段はお肉そのものはまったく
食べなくなりました。(ラーメン等は一緒に行った人にチャーシューを食べてもらって
たまに食べていましたので全くのお肉成分抜きではなかったですが)

魚介類は食べていましたし、卵も二日に一度くらいは食べていたので栄養が足りていない
とは思っていなかったのですが、りんごさんのブログや今回のコールを聞いて、
もう一度食生活を見直そうと思い立ちました



このSさんからのメールで、
少し前にかわいい~♪と目にとめていたあるお弁当ブログのところでも
「たまご」に関する記事があったことを思い出したのですが、

→ M☆M House's Kitchen

脳内物質をしっかり作ってくれる良質な成分が豊富ですよ・・・
ということなんですよね^^

この2~3年、友人や知人たちの口を通しても
たまご・たまご・たまご とやたら来ていたのですが、
気づきなさい!伝えなさい!!ってことだったんでしょうね。。。(笑)



メールを下さったSさんは(許可を頂いています^^)、
まったく私と同じだったので思わず笑ってしまったのですが、
私も似たような感じでのお肉や卵の摂り方でした。

外食やお付き合いでたまに・・・という感じで、スーパーなどで
あえて家で食べるためのお肉などはほとんど手にしたことがなかったんですよね。

実はまだ「アミ 小さな宇宙人」がさくらももこさんの装丁での本になる前の、
超知ライブラリーというシリーズの本だった頃の、だいぶ昔に読んでいたのですが、

そこに、、、

どうして地球人は死肉を食べるの?!

というセリフがあって、子供の頃からほとんどお肉を食べてこなかった私でも
心がシュン・・・としたことがあったんですよね(笑)


今思えば、それはもっと文明も進んで高度な栄養の取り方が出来る星から
訪れているからこそのセリフだったんでしょうが、

この地球では、まだまだこうした食材のお世話になる必要もあるのだろうと
今なら理解できるようにもなりました。


今ではオーガニックスーパーで、お肉や卵もしっかりチェックしています☆

ハムやソーセージのように加工されたものよりも、自然なお肉の状態のほうが
より良い栄養も入るそうなので、できるだけそうしたものや良質な卵を、
野菜やフルーツとともにちゃんと買うようになりました。

そうして2ヶ月たった今、少ないながらもご飯などの炭水化物の
比重が多かった時に比べて、自然と体も引き締まり3キロぐらい減ったのです。

若いうちならお野菜やフルーツだけでもよかったのかもしれませんが、
確かに30代半ばごろから肌が薄くなったのを感じていたので、私には
たんぱく質もこれからは重要になってくるのだろうと思います。

同じ人でも、年齢や条件で体に必要だったり合う食材が変わってくるのよね。。。
と話してくれたライトっちの言葉にも、深くうなづけます。


※このブログで書いていることはあくまでも私の体験で、
 すべての人に肉食を勧めているわけではありませんので^^
 世界には色んな体質・信条の人がいますので、そうしたものも尊重していますよ。。。☆



健康だからと、少なめに摂っていたサプリも規定量にちゃんとしてみたところ、
こちらも2~3週目には、さらに大きな変化を感じることに。。。

体はさらに疲れにくくなり、
精神的にもとても軽やかですごく落ち着くんですよ(笑)


そしてスピ的にも多方面というか、多次元にわたっての
視野が広がるような不思議な感覚を体感するようになりました。

インスピレーションも沸きやすく、
勘がさらにするどくなって、思うものに手が届く感じといったら
言いのでしょうか。。。。(^^)

世間一般で言われる「健康」のレベルにはおそらく何段階もあって、
あるところ以上になってくると、超感覚のほうにもかなり
良い影響を及ぼしてくるのだろうと、今は感じています☆


このところそんなことを感じていたら、、、
今読んでいる、自分でリアリティを変化させていく手法を書いた本にも

優れた栄養素で肉体がよく浄化されてきれいになっていると、
生体エネルギー特性が高レベルになり、それはインスピレーションが
受けやすい状態になるのだと。。。。

(@@)おぉっ!! 

そして

懐疑的になったり、無気力に陥るのは、生体エネルギー特性のレベルが低い証拠である。
エネルギー不足の状態では、いつも世界を悲観的に眺めてしまうため、それがどうしても
リアリティに反映される。ところが、あなたの活力がみなぎっていると、成功しつつ
ある状態の人間の強いイメージが世界の鏡に反映され、成功そのものが
あなたのほうへ歩み寄ってくる。


・・・・のだそうです。


やっぱり今までやってきたことが、
すべてつながって・・・・いるようです♪



[ 2012/04/03 05:26 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)