青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

ハリケーンとかぼちゃ☆



東海岸では現在ハリケーンが近づいているため、
NY市では日曜の夕方から地下鉄もバスも運行休止に。。。。

月曜の今日は、近郊の街の電車も朝から順次休止になっているので、
旦那クンもオフィスに行く足がなく、会社からは自宅待機のメーもあったため
持ち帰ってきた仕事を、朝から家でしています。

ワシントンの友人たちからも、日曜の晩のうちに次々とメールが入り、
学校や政府関係もすべてお休みだそうで、お互いに大きな被害が
出ないといいね・・・と、励まし合っていました☆

一人の友人宅は我が家と同じで大きな木に囲まれているので、
昨日のうちに「守ってね^^」と、一本一本に挨拶して周ったのだとか。。。♪


午後4時過ぎの今は、少し風が強くなってきた感じで、
庭にたまっている黄色の落ち葉がいっせいに吹き上げられたりしています。





この週末はハロウィンが近づいてきたので、
2年ぶりにかぼちゃのカーヴィングを楽しんでいました☆

こういう手作り作業は、大好きです^^


スーパーには3~5ドル台で、子供用の便利なカーヴィンググッズが売られています。

      かぼ1


こんな感じに、モデルになる下絵まで入っているんですよ。。。

      かぼ3


ツールを使ってふたをくり抜いていきます。

    かぼ5


こんな感じに抜けます。

    かぼ6


このミニかぼちゃは、前の住人か大家さんのどちらかだと思うけど、
プレゼントのように新居の玄関に置いてくれていたもの。これは普通の顔にすることに。。。☆

    かぼ7


単純なデザインなので、すぐに出来上がりました^^

    かぼ10


試しにティー・キャンドルを入れると、こんな感じ。。。♪

    かぼ12


今年は顔以外のものにも挑戦してみようと思っていたので、魔女の下絵をチョイス☆

    かぼ14


こんなふうに、家庭科で布に型を印す時と似たようなツールが。。。。

    かぼ16


ふたをくり抜いて中身を出すと、こんなにいっぱい(@口@)
しかも最近日本で流行(ハヤ)りのスパゲッティかぼちゃのような繊維が。。。♪

    かぼ19


全部くりぬいた完成がこちら・・・キャンドル入れないとよくわかりませんね(^m^)

    かぼ20


こんな感じ。。。☆

    らんたん3


魔女が飛んでいるように見える?!^^

    らんたん5





      らんたん8







そして翌日の晩は、旦那さまや彼氏と一緒に友人たちが
カーヴィングをしにやってきました^^




アメリカ生活は長いのに、みんなランタン作りは初めてだそう。。。。(@@)!!!

ハロ3 ハロ4


もの作りが大好きな友達の彼には、私が作る予定だった
ネコのデザインのものをしてもらいました^^

      ハロ6


みんなで作ったものを、テラスの木のテーブルの上に並べて。。。☆

 ハロ14


キャンドルの光をよく出すために裏を削るといいのよ^^とアドバイスしたところ、
なるほど~!!と、一生懸命にやってくれたその彼。

だけど勢いあまって、かぼちゃの左目が欠けた~!! (爆)

 ハロ11


翌日もキャンドルを入れて楽しみました^^

 ハロ20



欠けた部分の目をちょいと補充して、光が多く出るようにちょっと削りも増やして。。。☆

      ハロ22


 



ちょっと早めの、  はっぴー はろうぃーん 





スポンサーサイト
[ 2012/10/30 05:32 ] 手作り・アクセサリー | TB(-) | CM(8)

出張タイム☆



私にとっては縁の深い土地。

ユタ州ソルトレイクシティー☆


19の夏に この地に初めて降り立ってから

これでもう何度目になるだろうか。。。。



まさかあのホームステイの時から何十年もの時を経て、

縁ある友人たちと 何度もここで顔を合わす土地になろうとは

あの頃の私が知ったらさぞや驚くだろうなあ。。。(^m^)


いや・・・ちがうかもなぁ~~~

そういう縁のある人や物と出会う場所になるよ・・・と

まだ子供とも言える若い年齢のそのころに、

私の魂はわたし自身を

この土地に送り込んでくれていたのかもしれないなあ。。。。






またまた今年もソルトレイクに行って来ました。

特徴のあるグレートソルトレイクの眺めが、今年もお出迎え☆

自然の塩にこれだけ浄化されていたら、そりゃあパワフルな土地にもなるよね(^m^) 


  U1.jpg


参加したウーマンズランチョン☆

ライトっちのボスでもある人のお義母さんが登場したのだけど、
80代と言う年齢にもかかわらず、お肌はツヤツヤで活き活きされているのでビックリ(@@)

ここの会社のすごさはなんと言っても、経営陣や科学者みずからが
以前よりもずっと若々しく健康であるということ。。。☆

昔ははげていた頭さえ、今では髪がふさふさになっているんですよ^^


  U2.jpg


昨年の日本の震災の時には、創業者4人のうちの3人が
2ヶ月後には来日。福島を訪れて支援してくれていたんですよね。

欧米の企業家で、そんな人たちは本当に珍しい。。。。

そんな創業者のうちのふたりを描いたとも言われるこの絵は
地球に来る前に、あの星に行ったらどんなことをして貢献していこうか・・・
と話し合っているものと言われています。


  U3.jpg


今回言われて初めて気づいたのですが、
少年の左側に、昆虫採集のように集めた小型のUFOたちが
ビンに入れられているのを発見!!(^m^)かわいい♪


  U4.jpg



ゲスト・スピーカーには数年前の映画 「127時間」のモデルになった
登山家のアーロン・ラルストンさん。右手は義手。


  U5.jpg


ユタ州の峡谷で、狭い岩と岩の間をすり抜けている時に滑落。


  U6.jpg


その時に落ちてきた岩で右手を挟まれます。


  U7.jpg


6日間(127時間)を生き延び、最後には自分でみずからの右手首を切り落として
脱出するのですが、その決断にいたるまでの葛藤や人生を振り返ることで、
彼はさまざまな気づきをしていきます。

極限を体験した人の強さを感じる彼でしたが、今では多くの仲間に囲まれ、
人を助ける活動などにも多数関わっているのだそうです。


  U8.jpg





空いている時間には、ライトっちや他の友人たちと食事に行ったりおしゃべりしたり。。。

今回は宇宙に飛ばされたり飛ばしてもらったりで異空間も体験し、

とっても楽しい出張タイムを、黄金色に輝く秋のユタで過ごしてきました(^^)



NYに戻ったら、こちらも庭の紅葉がマックスで、

今日は後回しになっていた引越しの後片づけをしながら

これを書いています。。。






あはっ、同じ日にライトっちも彼の記事をアップ。

それもきちんと詳しく^^


ならばちょっとつけたし。。。。


このベイビーボーイはだ~れ?!


           U9.jpg


ミラクルな答えはこちら → 127 hours by ライトっち


人が持つ力って、本当にすごいですね。。。☆




[ 2012/10/19 04:05 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(0)

りんご・りんご



昨晩 ユタ州から、ようやく帰ってきました^^


その直前には思わぬ引越しがあったりと、

10月に入ってすぐは、本当に目のまわるような忙しさでした。


えっ?引越し?!

先月してたんじゃなかったっけ?

・・・・って?!


(^m^)


色々とあった9月のことは、また後日にでも。。。。



今日はユタに行く前に、無事に変身した

残りのりんごたちの姿をアップ☆




先週泊まりに来た料理上手な友人のひとりが、
朝 ササッと作ってくれた、パイともちょっと違う焼き菓子。


 rin2.jpg


ほんのりとした甘さで、ブランチにはピッタリ(^^)b


 rin4.jpg



ユタに飛ぶ前日には、引越しの片づけをしながらりんごジャムを。。。。


 rin7.jpg


色んな種類のりんごがあったけど、かまわず鍋へ 


 rin9.jpg


水を少々、ことこと煮て。。。。


 rin10.jpg


レモン汁がたっぷりの、、、ほんのり甘ずっぱいりんごジャムが完成☆


 rin12.jpg


昨日までユタで会っていた友人たちへのミニおみやげに、
空いた小ビンにもジャムを詰めて。。。。


 rin13.jpg


ヨーグルトにかけてみたら、おいしかった 


 rin15.jpg



[ 2012/10/16 11:23 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(0)

あっぷる☆ぴっきんぐ



先週末・そして今週と
またまた移動が多くなっています。

そんなバタバタなこのところなので、
記事も少し前のものになってしまいましたが、
これは先々週に行ったアップル・ピッキング=りんご狩りです。

もちろん私じゃなくて、、、ほんまもんの「りんご」のほうですよ(^皿^)



 app10.jpg



翌週にはかなり気温が下がって霜も降りるし、

明日からしばらく雨だから、行くなら今日だよ~~~!!!(^口^)



という友人の一声で、彼女の旦那さんと、もう一人の友人の4人で行ってきました 



 app8.jpg



マンハッタン北部郊外は一気に秋になり、

すでに赤や黄色に色づき始めた木々を眺めながら、

この上ないほどの晴天の中、車で2時間ほどの「りんご農場」へ♪



 app9.jpg



25ドルで、友人と2人で1つのビニール袋を買い、

それをシェアすることに。。。。



 app12.jpg



わぁ~~~、りんごがなってる なってるぅ(^^)


甘いりんご、すっぱいりんご、品種によっても食感や味が違うので

色んな木のりんごを味見しながらもいでいきます。


友達の旦那さまは大の料理好き。

お菓子でもなんでもプロ並みに作ってしまうので、

この日はアップルパイに合うりんごがほしくて、

Good for baking!!と言っては、

少しすっぱめのりんごを、彼は喜んでもいでいきます。


これは時間がたつとフワフワしちゃうやつなんだよね・・・など

なかなかりんごの種類にも詳しくて。。。。


作ろうと予定しているものも、パイだけでなく、

アップルジャムにアップルバターなど、多種にわたります。


生のまま食べるか、ジャムにするぐらいしか思いつかない私は

カリッとした食感の、黄色い蜜の入った甘めのものを中心にもいでいきます(笑)



 app14.jpg



りんごの木は幼い子供でもとれるぐらい低いところにあるものから、

脚立が必要なぐらい高いところにある品種のものもあり、


あれが取りた~い!!という友人に、彼女の旦那さんは

すぐさま女性陣の中で一番スリムな別の友人をかつぎあげ。。。。(笑)



        app16.jpg



そんな熱心な友人たちにりんご狩りは任せ、

ひとりのほほんフラフラと、、、、このりんごは空を撮ってみたり



 app19.jpg



友人が「きれいね^^」と置いていった葉っぱに惹かれてみたり。。。。(笑)



 app20.jpg



本当に、あっという間に

「秋」が

こんなにやってきていたことに驚いていました(笑)



 app21.jpg



ハロウィン用のかぼちゃも、こんなにゴロゴロで。。。。



 app22.jpg



こんなコーンも売っていたり。。。。



 app3.jpg



色んな種類の かぼちゃがあったり。。。。



 app4.jpg



お腹がすいた帰りには、以前住んでいたことのある街の近くに寄り、

そこのアイスクリーム屋のお兄さんが「お勧めだよ^^」と教えてくれた

ヒマラヤ料理のレストランへ。。。。



 ヒ1



それはグルメな友人夫婦をも納得させる、なかなかの味で。。。


カレーがメインのこのお皿は、

手前の空いているスペースに、ご飯を少しずつ寄せて

そこにいくつかのカレーをかけて食べていくというもの・・・・


これが本当においしくて、しかもオーナーさんもとても親切な方だったので、

今度は旦那クンとふたりで行ってみたいなと思ってしまいました。





途中にある我が家で1時間ほどのお茶休憩をしてから

マンハッタンの友人の家に帰ると、さっそく旦那さまによるパイ生地講習。


その講習を熱心に受けていた友人が、翌日にはそのパイ生地を使って

さっそくアップルパイを焼いてもってきてくれたのですが、、、、

これがすっぱ甘くておいしい(>v<)



旦那クンにもお弁当と一緒に一切れ持たせたところ、


すっぱさと甘さが成立しているところがいい!!

また作ってもらってよ^^



だそうで、、、、


それにひきかえ我が家のりんごは、

あいもかわらずフレッシュのまま消費されています(笑)


さすがに最後はジャムぐらい作りたいなぁ。。。。





[ 2012/10/09 11:41 ] NY散策♪ | TB(-) | CM(2)

インディゴチルドレン☆



エネルギーの移り変わりが激しかった9月がようやく終わり、
あっという間に10月になりましたね。

2012年も、もう10月

本当に早いな~(^^)


久しぶりに会った友人たちも、9月にはかなり色々あったようで、
心身の調子を崩したり、目まぐるしいことが起きていたりと・・・・
大変だった人が多かったようです。


私自身は体調などには特に何もなかったのですが、
日々の出来事としては、やはり色々な事が起きていました。

9月は日々やってくる生活の中での変化の波を飛び越えながら、
他の人の相談事を聞く・・・・といったことが割りと多かったような気がします。


    
     app15.jpg



その中で改めてわかったのが、インディゴチルドレンの多くが大人世代となり、
若いながらも実質的な社会変革に乗り出している・・・ということ。


旦那クンから、今の会社で起きていることをはじめて聞かされた翌日、
その渦中にいる子と偶然、夜のグランドセントラルステーションでバッタリ!

瞬間的に、あぁ~呼ばれたな~と感じました。

連日マンハッタンに遅くまで出ていたので、さすがにその日は最終にならずに
早く帰ろうと思っていたのですが、その晩はその彼女の話を聞くことに。。。(笑)


勘も良く、賢さもある まだ20代後半の彼女。

明らかなインディゴチルドレン☆

古い社会体制に怒りを持ちながら、
実質的な改革を行っていく魂の持ち主のごとく、
会社でも反乱分子として少しずつ動き出していました。



あることがきっかけで偶然、
旦那クンの会社で何が起きているのかを初めて知らされた時、
なんとなく単純シンプルな彼から見ていることとはもう少し違うことが
その会社内で起きているような気がしていました。

そんな次の日に、本当に久しぶりに、今では私の友人にもなっている
その渦中の彼女に、駅でバッタリ会ったわけで。。。。

お互いに それじゃあ良い機会だから、そのことを話しましょう・・・という、
まるで暗黙の了解というか、以心伝心のもとカフェへ(笑)


案の定、彼女から今の会社の様子をゆっくり聞いてみると
旦那クンが話してくれたこととは少し違う全貌が見えてくることに。。。


話しながらも どうしたものか・・・と言う彼女に、アドバイスもしながら

幼い頃の体験や、私がこの数年で体験していたことなども話していたのですが、
その彼女にとっても重なることがとても多かったようで、


そうなんです!

そうなんですよ~~~!!(@口@)


と、とても盛り上がったのですが、


話の途中でふと気づいたのは、

彼女が今の会社に入ったのは、
古い体制を換えていくためなのだろう・・・ということ。

生活のために・・・というのも もちろんあるけれど、
魂的なメインの理由は、おそらくそこにあるのだろうということ。

そして現在の彼女のように、古い体制に流されることなく、
目覚めた圧倒的少数として、なんとか変革を起こそうとしているインディゴたちが
世界中の学校や企業などの中で、

おそらく

「今」 

こうして頑張っているのだろうということ。。。。


そうしたスピリチュアル的な視点も話して励ましていたのですが、
私自身も改めて社会のあちこちでこうしたことが起こっていることを実感。

それと同時に、実は私自身も旦那クンの会社には変革が必要だと感じていたのですが、
それを手がける人がまさかこんな身近にいたことにビックリしたのです(@@)


彼女と旦那クンにしたアドバイスの中に、
すべてを自分たちの力でやろうとせずに、見えない存在たちからの支援も
得るようにして、そうした方面からの変化も起こすこと・・・というのがあったのですが、

これからやろうとすることの大変さに、思わず立ちすくみそうになっている心も
少し見えたので、あらゆるものを活用して乗り切ってほしいと思っています。



こうした社会のあちこちで起きている小さな変革が
地球全体の大きな変革とも蜜に結びついているんでしょうね。。。☆


[ 2012/10/03 03:43 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(2)