青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

はっぴーいーすたー☆




アメリカも、ただいま春休み中。。。☆



     usa1.jpg



今年は次の日曜日が、復活祭でもあるイースター♪



     usa2.jpg



多産で復活のシンボルでもあるうさぎの、
お菓子や雑貨などが店頭にもたくさん並ぶ時期。



     usa3.jpg



幼い子供たちがカゴをもって、大人たちが庭などに隠した、卵形の容器に入れられた
お菓子やおもちゃを探したりする姿は、すごく可愛いいんですよね^^



     usa4.jpg



今日はそんなイースター前の金曜日でもある、

グッドフライデー(聖なる金曜日)☆




関東は桜が満開だそうですね^^

NYも昼間の気温が10℃を越すようになり、暖かくなってきています。



今日はちょっと時間がないのでここまでで。


リラックスした、素敵な春の週末をお過ごしください。。。☆





スポンサーサイト
[ 2013/03/30 04:00 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(0)

日常の中で



我が家の近くで仕事を終えた友達と一緒に
地元でも人気のあるおいしいダイナーに夕ご飯に行ったら、

帰りがけに店員さんに「パンいる?!^^」と言われ、

えっ(@@)?!なんて驚いていたら、白い袋に入れられて
レジの脇に並べられていたものを一袋ずつくれました。

なんと中身はその日お店であまった、おいしい雑穀パン!!

思わぬおみやげに、うれしい~(^^)



      ぱ1



おそらく2013年という時代だからなんでしょうね、、、、

このところ思ったことや気になったことがあると、それに関する物事が
展開するのがさらに早くなっていて、驚くことがよくあります。


ある芸能人の方をとても久しぶりにふと思い出し、
あぁ娘さんを事故で亡くされているんだよなあ、大変だったろうなあと思いながら、
そのことについて少し考え事をしていました。

我が家は日本のテレビを録画してたまに見ていることはブログでも書いていますが、
それでも1日に1~2コ見るか見ないかぐらいの少ないもの。

そんな中、なんとその芸能人の方が、その日の夕方に見た番組の中のCMで
事故を無くす呼びかけをされていたのです!

その方自身を、我が家の数少ない視聴番組内で見ることは、
ここ数年まずなかったし、その日のことでもあったので本当にビックリして、

それと同時に、お元気そうにされていることにも少しホッとしました。。。。





雪が何度も降った今年。

ある晩 雪かきをしている時、ドライブウェイに張り出している太い枝がある
大きな木を見上げながら、あの枝が頭上に落ちてきたらあぶないな~と思っていました。

事実、この間のハリケーンの時には反対側の大きな枝が落ち、
隣の家との境のフェンスをヒシャげさせていました。

東海岸の木は根が浅いことから、大木がいとも簡単に倒れやすいことは
この間のハリケーンでも学んでいたのですが、冬にある気象条件がかさなると
枝についた氷で重さを増し、バリバリバキッ!っと突然折れて落ちることがあるんです。


そんなことを思っていた2日後、久しぶりに大家さんからメールが来ました。

入り口の大きな木を、来週切ることになりました。
業者が火曜と水曜に作業をすると言っているので、不便をかけるけれど・・・・


という内容のもの。

あぶない!と感じた直後のことだったので、
またビックリでした(@@)


これがその時のカッティングのようす。

大枝が落ちるのは困るけれど、それでも愛着もあったので
切られるのもなんだかせつなくて、ずっと見ていました。。。☆



        cutting1.jpg



どっちの方向に倒していくのかを、しっかり決めながらやっていきます。
ハリケーンの時に、大枝が落ちてひしゃげたフェンスの部分もちょうど写っていますね。



 cutting2.jpg



アメリカは住宅街でも大木が多く、だけど風や雪で倒れやすくもあるので、
大きくなりすぎると、街が計画的に伐採するようなんです。

大家さんがアメリカ政府の原発関連に勤めていたという2つ前のあの家でも、
裏庭にあったこの大木 ↓ の緑を毎日楽しんでいたら、、、、



 tree1.jpg



ある日こんなふうに、道でもないところに無理やり伐採のための
大きな専用車両が入ってきて、切り取られちゃったんですよね(T-T)

このころは、そんなシステムがあることも知らなかったので、
すごくショックだったのですが、向こう側に水色の家があるのでもわかるように、
何かで倒れたら危ない・・・・というのが確かにあるんです。



 cut3.jpg




そんなこんなの、最近の日常話でした。。。。





[ 2013/03/27 07:00 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(0)

意外とスピ☆



つもることはさすがにもうないだろうなぁ~と思いながら、
あれから何回つもったんだろう。。。。(笑)

月曜の夜から吹雪いた今回も、
13~14センチぐらい、しっかりまたつもりました!


雪が降っている時は綺麗だから、けっして嫌いではないんですけどね~

降ってはとけて、降ってはとけてのくり返しで、
日本の梅や桜の話題がまるでウソのような、まだまだ北国のNYです。

北海道と同じ緯度なのよね。。。(^m^)



 nagori1.jpg



 nagori3.jpg



      nagori6.jpg



ところで、、、、

書かないでいるうちに少し前のことになってしまいましたが、

フジテレビの「逃走中」を、
旦那っちとまた見ました。。。♪


→ 逃走中 アルティメット


以前にも、記事にしたことがありますが、
年齢・性別に関係なく、やっぱり野生的な勘が良く、
運というか、間の良い者が残っていくような感じ。。。。。

そして毎回 面白いなあ~と思うのが、
ある程度まで残っても、他者のためにあまり動くことがない者は
どういうわけか途中で必ず捕まってしまうということ。

もちろん中には他者のために動いたために捕まってしまう人もいるのだけど、
それでもやはり最後のほうにまで残るのは、運も勘もよくて他者のためにも動く者


今回もそうして、ある程度の人数が絞り込まれていきます。。。。

ただしいつもと違うのは、時間無制限で、
そうした者の中でも、ただ一人しか生き残れない・・・ということ。

途中、ペアになって助け合ったり、そうかと思えば
自分以外の全員が敵になったりするルールも加えられ
ハラハラ感が増していくのですが、、、、

面白いですね。。。。

そうやって最後まで残ったのは、その時の運もあるのかもしれないけれど、

やっぱり勘が良くて、そして熱すぎるほどの正義感を持つことも無く、
だけどふんわりと軽やかに他者のためにも動いていた人でした。


特に面白いなあ~と思ったのが、

最後まで残る者は運も勘も良く、他者のためにもよく動く・・・・
という共通点があるのは何度も書いていますが、

そうした者たちの中でも、

さらに最後まで残ったその彼は、他者のために動く時の正義感というか動機が
熱すぎずに、一番軽やかで自然な感じがしたということ。

あるんだかないんだかぐらいの・・・やわらかに仲間を助けようとする想い☆


普段バラエティなどで活躍しているその彼を見ていても
ピュアで軽やかで遊び心があって、やっぱりな~という感じでした。

これが誰だったのかは、知らない人のためにとっておきますね。
YouTubeや、再放送とかでチェックしてみてください^^

今年の1月ごろの、アルティメットという回のものです。



       お友達とシェアした、夕食後のデザート。 ハート&ハート 
     lim2.jpg



テレビって、ドラマでもバラエティでも音楽でも、
結構スピリチュアルな側面を見せているものが多いんですよね。

そうした視点から見ていると、意外とどんな番組でも楽しめちゃいます♪


ミュージシャンなのに、楽器すら満足に演奏できない。

そもそもメンバー募集に、楽器がひけなくてもいい!なんて、
ふつうはまず有り得ないし。。。(笑)

だけどとても売れてしまっている・・・という、
ゴールデン・ボンバーのみなさんの素顔とかも、すごく面白いですよね~♪

それでいて、要となる歌や音楽がなかなか良い点もすごいし!!


あと、かわいいのに、どこかすっとんきょうなローラとか^^



悲壮感がない、遊びがある(熱すぎない)、ピュアで心意気が良い、


他にもまだまだたくさんあるけれど、


彼らの共通点を見ていると、次の時代にマッチしているものの
要素というかエネルギーというか、、、、


そういうものが、とてもよく見えて来る感じがします。。。♪





[ 2013/03/22 10:50 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(8)

1つの魂♪



じょじょに暖かくなっているものの、

このところ またまた雪になることが多いNY。。。☆


1つ前の週末には、この間のブリザードの半分ぐらいつもったり、

この週末も、午後には猛烈なボタ雪が降ったりしていました。


実はこれを書いている今も粉雪が舞いだしていて、

日が暮れて ふぶき始めています。。。(笑)



yu2.jpg yuki5.jpg yu4.jpg



晴れるとすっかり光の春だし、

降った雪もすぐに溶けてしまうのだけど、

本格的な春は まだもう少し先かな~?!


だけど、、、、

チューリップはこんな風に楽しませてくれたりもして、

春の扉がノックされて、大きく開いたことを告げてもいるんですよね^^



 ortu4.jpg



2013年、、、、

おそらくこの年になったらしようと思って

自分で計画してきていたことがあるようです。


今はまだ その前段階の準備中。。。☆


だけどそのサインになる物を

偶然 人から手渡されたりもして、

面白いんですよ^^


今年は 今までの流れがいったん止み、

あらゆることが大きく入れ替わっていく時なのかもしれません。




             手のり文鳥ならぬ、手のりミニらん(笑)
        蘭の花は、宇宙エネルギーがいっぱいだから長持ちさん♪

         ra1.jpg



この数ヶ月ほど、

すでに十何年か前に 病で亡くなっている母の

笑っている顔がよく見えていたんです^^


特に何をしたわけでもなかったので、

なんでかな~?!と思っていました。



そんな頃、

また pyoさん とお話しすることがあり、

母が残していった守りの想いが よろいのように、

強く硬く私の周りに残っていることがわかり、

お礼を言うとともに、

光のイメージの中で不必要になったそれを解いていると、、、、


ふと沖縄にいるpyoさんに 私の母の姿が見えたそうで、



ある姿をしていて、

とてもきれいな美しい羽を持っていて・・・・


りんごさんの中に

たった今 入っていって

吸収されていきましたよ。




あぁ~ わかった!!!(@@)



お母さんとりんごさんは 

もとは同じ魂の存在で それが分霊して

今世は母娘として生まれてきていたんですね~。





んふふ、これわかるんですよね^^

たくさんの人に、

とても近しい魂の間柄ですねとよく言われていたので。。。。


だからこのpyoさんの言葉に、ピン!と来ました。


母に愛された記憶もあるけれど確執が多かったのもそういうことで、

それにより目覚めたり、

やらなければならなかったことも多かったからなんですよね。

もとが同じ魂なんで、

容赦がなかったんだろうなあ~とも思います(笑)


そしてこの家系の大掃除を 2人ががりでやるものもあったようで、

肉体レベルで母がそれを持って行き、

最後に、霊的なものも含めたすべてを 

私が総決算させるようです。



あらゆる家系の霊的・物理的な大掃除は

それぞれの子孫でもある、現代を生きるすべての人々に

ゆだねられていることでもあるんですよね。



そのために、

一見何の接点も無いような事がらで

そうしたことへのサインを出してきたりもします。


同じような人や物事に人生で何度も出会ってしまうなど

トラブルとして出てくる場合や、

病などの形をとることなど、、、、

色々あります。


多くの問題の大本をたどっていくと

ご先祖ケアにつながることも少なくないようで、

DNAを介してこびりついてしまっている一族の

霊的・物理的な垢やクセを取る。。。。

そんな課題が多くの人にあるのかもしれません。



私もあるまとまった期間、

pyoさんに教わったやり方で

我が家だけでなく、

旦那クンのほうの家系まで

光を送り続けるなどのことをしていました。


一族のみんなが笑顔になっていくのをイメージしながら。。。♪


面白いことに、

ふっとなにかが軽くなるのがわかる時期があったんですよね。

それがちょうど1つの節目とも言われる21日間がたった頃でもあって、

おもしろいな~と思ったことでもありました^^




もちろんこうしたケアにはたくさんの方法があるので、

これはその1つです。


だけど今まで焦点をあまりあててこなかった部分に


光を送る、

感謝を送る、

愛を送る。。。。


そんなふうに意識を向けて手入れをしていると、

意外なところにも波及効果があったりして、

けっこう驚きますよ^^






[ 2013/03/19 07:08 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(6)

人生をつむぐマーブル☆




昨年暮れの六本木でのライブ・トークにも参加して下さっていた、
じぇる仲間でもあるS.Jさんが、お礼にと素敵な作品を送って下さっていました♪



 まーぶる1



ぷりぷりとしたまあるい玉が、おいしそうな木の実のようにも見えるこの作品。

マーブルアートという、盛岡市の特産品ブランドにもなっているそうですが、
実はこれ、Sさんの手作りでもあるんです



 まーぶる2



もう一つの作品。 こんなかわいらしい天使まで、一緒にやってきてくれました^^



    まーぶる4



トークショーでお会いした時の、Sさんのそのかわいらしい容姿からは想像が
つかなかったのですが、自身で事業もされていて、とても忙しくしている彼女。

その忙しさの中で作ってくれたことにも驚いたのですが、
このマーブルアートをするようになった理由が、

記憶喪失のリハビリをかねて。。。。

ということで、
ふぇ~~~!?!(@@)なんて思っていたのです。


後日どんなことがあったのかを、簡単にお話ししてくれていました。

了承も得ましたので、彼女からのメールをご紹介しますね。





姑の言葉に傷ついて、記憶喪失になったのですが、

記憶喪失になったことにより、

私の人生が開けました。



記憶喪失になる前は、

超ネガティブで、過去にとらわれ、

死ぬことばかり考えていました。



でも、過去の記憶がなくなると・・・



未来しかないんです!

未来しか見えないんですよ!!



今までの自分はどこに行った??というほど、

超ポジティブになりました。



そして記憶喪失になり、自分がからっぽになった時、

見えない存在と話が出来るようになり、

とても助けられました。



今でも、助けられています。



また、記憶喪失になったことにより、

脳の働きについて、感じたり、考えたりするようになりました。

記憶の成り立ちなどを 実際体験したことにより、

今とても役に立っているのです。



今、私は老人福祉の事業をしています。

痴呆の方の考えや感じることが、

理解できるのです。


記憶に残りやすい出来事、記憶に残りにくい出来事、

もやもやとした記憶の感情、からまった記憶など、

理解してあげられる立場にいることに

私自身とても感謝しているのです。



そりゃあ、デメリットもありますよ。

頭痛もよくあるし、過去があまりないし。

でも、デメリットの何十倍ものメリットがありました。





。。。。都合の悪いことは、覚えてないと言えるし(爆)





ふふふ♪




こんな感じです。



毎日をとても楽しんでいます。








記憶喪失というと・・・・

崖から落ちてとか、交通事故にあって

なんていうドラマのようなものを想像していたのですが、
こうした日常の中でも起きることにまずビックリ(@@)

そして大変な想いだけかと思いきや、
こんな展開があったということにもまたビックリ!


人生には、驚くほど色んなことがあるんですね~。

本当に不思議です。。。☆




未来しかない!


未来しか見えない!



というのも、すごいことですね^^



そして自身が記憶を喪失したことで、

その体験を役立てられる相手や場所ができたこと。



これもまた深い出来事ですね。




地球には星の数ほどにもたくさんの人がいて、

日々、多種多様な人生ドラマが繰り広げられていますが、



こんな人もいるよ!


こんな人生もあるんだよ!



そんなことを、ちょっと紹介したいと思いました。




S.Jさん、ありがとう。。。♪







[ 2013/03/15 05:13 ] 手作り・アクセサリー | TB(-) | CM(8)

見守り。。。☆



サマータイムが始まった昨日☆

以前は4月から10月だったのが、数年前からその期間も長くなり、
今現在は3月から11月までと、年間の3分の2近い時間が
夏時間になっているアメリカ。

時計を1時間進めるので、この週末は1時間ほど消えてしまった感じですが、
一気に明るい時間が長くなり、昼間の時間が長くなりました。

少ないですが、州によってはこのシステムを取り入れていないところもあるそうで、
同じ国といっても、さまざまなようです。


  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー


あれから2年。。。。。。

この間のコンサートだけでなく、マンハッタンではこの週末にも追悼イベントや、
アッパーウェストの教会では追悼のためのミサなどが行われていました。

福島は私にとっては第2のふるさとと言うほど、20代後半には
毎週のように訪れていた土地であり、今でも多くの友人・知人が住むところで、
そこはプレアデスにある野山にも似た場所であることを教えてくれた人もいました。

昨年の春に、その友人たちのところを再び訪れていろいろな話を聞きましたが、
幼い子供たちを抱えている彼らでもあり、とにかく健康で元気であること!
それが守られるようにと、その時も、そして今もずっと想っています。




   body1.jpg



土曜にアッパーイーストでボディーカンファレンス(体会議)というのがあり、
体の自己メンテナンスの仕方などが話されたのですが、たとえば体のどこかに
出ている痛みなどは必ずしもその患部が問題なのではなく、まったく違ったところに
その理由があることもあり、そちらを施術すると軽くなったり治まったりするそうです。

午後には数人が前に出て、実際の施術体験を見たのですが、
そこに出てこられたうちの2人の方は911の事件がおきた直後から
長い間ずっとそこで現場処理をされてきた消防士さんでした。

過酷な状況の中で無理をし続けたこともあり、右手の指がまがったまま
伸びなかったり、体の様々なところにも痛みや不具合が起きているだけでなく、
一人の方はうつ状態でもあったりするそうで、体についてしまった癖や姿勢などを
矯正しながら、そうしたものを取っていく施術などが行われました。

10年以上たった今でも、こうしてさまざまな問題を
心や体に抱えた人たちがいること。

震災でも事件でも本当に長い間、延々とそうしたことは続いていくのだな・・・・
ということを改めて感じてもいました。


未だに紛争も多く、傷みのないところを探すほうが大変な地球なのかもしれませんが、
それでも人々の意識が上がることでそうしたことが減って行くのなら、
私たちはやっぱり前に進んでいくしかないんだろうなぁ。。。。

そんなことを想いながら、ふと目の前の時計を見ると4:44でした。


このところ、この444のぞろ目を見ることが多いんですよね。

これは今、まわりに天使がたくさんいることを伝える数字。


今、天使があなたを囲んでいて、その愛と助力があることを保障しています。
天使の助けがそばにあるので心配しないこと。  (数字のメッセージから)



そうだった・・・・ここにいるのは私たちだけじゃなかったんだ!

多くの存在たちが見守ってくれているんだった!



おだやかで健やかな時代が来るように、

たくさんの存在たちがともに歩いていることを忘れないように。。。☆



耳をすませば、そんなメッセージであふれている

この世界でもあるのかもしれません。



そしてこの記事をアップしようとして出たのが、777の記事番号。


<777> 天使はあなたに拍手を送っています。
おめでとうございます。あなたは波に乗っています。がんばり続けてください。
そしてあなたの願いが叶いつつあることを知ってください。
これはかなり肯定的なしるしで、さらなる奇跡が起こることを予期していいのです。



次の時代は確かに近づきつつあって、

そしてわたしたちは、誰もがひとりじゃないんだ。。。。






[ 2013/03/12 07:10 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(2)

世界の大きな動き♪



毎日の個人的な日常も楽しみつつ、
もちろん世界情勢にもアンテナは立て続けています。。。☆

ただ、それがまたすべてというわけでもないので、
横目で見てちょこっと頭に入れておく・・・そんな感じです^^




      ワシントンホテルに立ち寄った時に、素敵だなと思ったロビーの内装。
   わほ3




このところ、エリザベス女王の動きが注目されていますね。。。。


→ この記事  や  → こんな記事


コロラドにいたころ、イギリスの方が書いた
爬虫人類についての本を読んだことがありました。

スタートレックやさまざまな宇宙映画には、私たち人類とはかなり
容姿の違うさまざまな存在たちが登場していますが、一説には宇宙には
本当にああした色々な姿の知的存在たちが多数いると言われています。

古代の壁画には、さまざまな姿の人物たちの絵が描かれているので、
この地球にだって色々いてもおかしくはないんですよね。。。。


これは以前にも少し記事にしたことがあると思うのですが、
上の本の中には、そのころ住んでいたコロラド周りの街のことも書かれていて、
それがちょうどその当時、用事があってよく行く街であったり、何気なくドライブの
時に目にしていた看板の団体のことが書かれていたりすることもあって、
本当に興味深く読んでいたのです。

そんな感じだったので、その内容もまったくウソとは思えず、
これも1つの情報と、頭の片隅に入れておくようにしていました。



その本にはデンバー空港のことなども書かれていたのですが、
当時はよく使っていた空港でもあるので、その本に書かれているものを探しに、
搭乗の待ち時間などには、空港内を旦那クンや友人と探検したりもしていたんです(笑)

このデンバー空港、その下には巨大な街のような地下施設があるとも言われていて
有事には使われることになっているそうなのですが、州都のデンバー市内からも
かなり離れた、な~んにもないただっぴろい荒野の中にポツンとあり、

空港にまっすぐ伸びる道路はイザと言う時の滑走路にもなるそうで、
交通量の割りにやたら幅も広くて、なるほどな~なんです。


実はデンバー空港の周りの広大なこの土地は、エリザベス女王が権利を
持っている会社のものだそうで、その頃からこうしたあまり表では
知られていない世界情勢を、身近に感じてきてはいたのです。


あれから時が過ぎて・・・・・

そうした情勢に、動きが出るようになってきたことに
ほんとに、ほんとーに驚いています!!(@@)

2013年という時のすごさを、改めて感じています。。。☆




           バーのあるあたりの奥は、照明もちょっと幻想的。。。☆
        わほ1




ローマ法王のことも、このところよく報道されていますね。。。。


→ この記事 


まだ10代のころ、偶然友達と迷い込んで書記官にお茶のごちそうになったことがあるのが、
世界で一番小さな国とも言われる、このバチカン市国の大使館だったんです^^

そして20代後半、親友のひとりに誘われて行ったポルトガル旅行の行程の中に、
なんとあの第3の予言で有名なファティマが入っていて、そこで立ち寄った寺院に
あの予言を受けた羊飼いの子供のうちの一人が、当時のままの
かわいらしい姿で眠っていたのです。


そんなこともあったため、この記事にも驚きましたが、
今まで水面下で動いていたものが、いよいよ表の情勢にも現れてきたんですね。。。。



2013年という今、


何かが大きく動き出していること、


意識の高い新たな時代が近づいていること、


だけど古い勢力もまだまだ活発で予断もゆるさないこと、、、、



そんなことを感じている今日このごろです。






[ 2013/03/08 07:20 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(4)

Oh ! ひなまつり



この家のキッチンは真ん中になんにもなくて、なんとなく
間が抜けているような感じがしていたので、アイランドのように置けて
作業台にもなる、シンプルなテーブルがほしいと思っていました。

旦那クンも前の住人はこんなふうに置いていたよね^^
なんて、この家の見学に来た時の事をよく覚えていて、
やっぱり何か置いたほうがよさそうだなぁ~と♪

なかなか忙しくて買いにいけなかったのですが、
少し前にようやくNJにあるIkeaに行くことが出来ました。


以前Ikeaで見て、あんなのがいいな~♪という感じのものがあったものの、
その日の朝、ふと頭の中に浮かんで見えたテーブルがあり、
あぁ、こういうのもいいよね^^なんて思って出かけたところ、、、、

以前に見て良いなあと思っていたデザインのテーブルはすでに売り場にはなく、
その代わり・・・・、なんとその日の朝に見たのとほぼ同じデザインの
テーブルが目に入ってきて、一発で気に入ってしまいました(笑)

見た目も好きだけれど、使い勝手も良さそう!!

旦那クンもいいね^^というので、
ちょっと腰掛けられるイスと一緒に買うことに。。。。


家に帰ってきてその日の晩のうちに組み立てたは良いものの、
テーブルの上に物をおくと水でもなんでもシミになってしまいそうだったので、
ニスを買ってきて塗る必要があることが判明☆

そのまま数週間はテーブルの上にビニールをひいて使っていたのですが、
ようやくニスも買ってきて・・・・さっそく塗ることに!

細かいヤスリで、すでに何度か仕上げていたので・・・・さぁ いよいよ!!



 tab1.jpg



の前に、、、、、

ちょっとアップルパイを作ってから・・・・と、
パイシートは日系スーパーで買ってきたものだけど(^m^)
中に入れるアップルフィリングは手作りのアップルパイをオーブンへ♪



      pie2.jpg



しばしパイが焼ける間に、ニスを塗ってしまえ~!!と、
あちこちの窓を開け放ち、換気扇をフルで回すとハケでペタペタ塗り始めました。

う~ん、けっこうニスの匂いがきついネ~(・p・)なんて思いながらも、
2度塗りも終えるころにはパイも焼きあがり、、、、



 table2.jpg



すべての道具を片すと、アップルパイでちょっとおつかれさまの一息。。。



      pie5.jpg



水気をちゃんとはじくようになったテーブルは、
ビニールシートをひかなくてもよくなって、使いやすくなりました^^



そして・・・・ひなまつりでもあった昨日の日曜日

オーガニックスーパーではチューリップの安売りをしていたこともあり、
家に春を呼び込みたくて、いつもは葉ものが多いわが家ですが、
週末に花をたくさん買ってきていました^^



    tul2.jpg



できるだけ長持ちさせたかったので、つぼみのものをチョイス(笑)
ひなまつりのあられは、日系のスーパーで。。。♪



       nekohina4.jpg



実家では、今年もお雛様は眠ったまま。 アメリカの我が家にも何かないかな~?!
と思っていたら、弥生さんから頂いていたネコちゃんと、お正月の鏡餅の飾りが
両方ともネコであることを発見! なのでそのまま並べてみました☆

わが家のネコびな誕生~、意外と良い感じ?!(^m^)



 nekohina2.jpg



そしてお昼には、ひなまつりのお祝いを。。。☆



 hina8.jpg



日系スーパーにはたくさんタケノコが出ていたので、煮しめにしてみたらGood!!

お赤飯が簡単にできるものを買ってきて、おひつがなかったので旦那クンのわっぱに。
ちらし寿司じゃないのは、先週作って食べちゃっていたから(笑)

あとは出し巻き卵を作って、買ってきたサーモンを切ってシソの葉の上に。。。☆



 hina9.jpg hina10.jpg
 hina11.jpg hina12.jpg



季節の行事を楽しむのって、結構好きです(^^)


日系スーパーに行くと、お正月・節分・ひなまつり・・・と言った感じに
母国日本の季節の変化を思い出すし、

アメリカのスーパーに行くと、感謝祭・クリスマス・バレンタイン・イースターと、
これまたイベントごとのお菓子や雑貨が並び、

今年もまた冬が来た~、春が来た~♪と、めぐる季節が来た喜びを
それぞれの国の行事もので楽しませてもらっています。。。♪






[ 2013/03/05 05:49 ] インテリア・植物 | TB(-) | CM(4)

あれから2年・・・支え合い



おとといの晩、カーネギーホールで、東日本大震災支援への感謝の意を込めた
チャリティーイベントがありました(^^)



    カー10



あの震災時、NYでもたくさんの心遣いや支援があったのですが、
そのお礼をしようとある方が思いたったことから実現したコンサートだそう。。。☆



    カー9



あの時は、私も連日たくさんの仲間たちとやり取りを続け
多くの人の協力のもと、支援物資が届くサポートをさせてもらっていましたが、
あれからもう2年の月日が経とうとしているんですね。。。。

出演者の一人が同僚だというお友達からお誘いを受けて、
みんなで行ってきました。

目の前を何度か通ったことがあるものの、カーネギーはこの日が初めて。。。☆

前の部分が膝丈までしかないので、うっかりすると落ちちゃいそうな
ヒヤヒヤとちょっぴりスリリングな2階のボックス席から。(これはまだ始まる前です)



 カー2



東京大学の音楽部OBの方たちによる合唱や、
様々なグループや個人による尺八や太鼓などによる東北民謡、
ブロードウェイスターなども混じっての狂言や小舞。そしてオーケストラ。

いずれの演目も、レクイエムを兼ねたものが多くなっていました。


最初の演目に東大音楽部のOBによる、法華懺法(せんぽう)というのがあったのですが、
天台宗で毎朝行われている、自分の罪を自覚し懺悔(ざんげ)する勤行であるそうで、
歌にのせてお経を詠んでいるような感じのそれは、まるでグレゴリアンチャント
の和風版のようにも感じる、とても味のあるものでした。

尺八や和太鼓、三味線に民謡なども久しぶりに聞いたのですが、
こうした伝統芸能というのもやっぱり良いものですね^^


演目の1つに、NYの狂言グループによる狂言と小舞があったのですが、
その中にひと際異才を放つ、15才の少年がいました。

ブロードウェーミュージカルの舞台でも主役をしているそうで、
スイスのバレエ界から出てきた子だそうですが、狂言のセンスもやはりピカ一で、
プロというのはすごいな~とも思ったのですが、コンサートを主催された方と
その彼とのエピソードがまたちょっと素敵だったんですよね☆

桜の花が表紙のパンフレットには、コンサートの発起人でもあり
この狂言グループをNYで主宰されている方の挨拶が出ていたのですが、
それをちょっと一部抜粋しておきますね。

2010年に自身の事業を米国で開かれて、NYに事務所を置かれたそうで。。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・・・・・・・・私が、毎月のNY通勤を始めました一年後の3月11日に、
震災は起こりました。その後、一ヶ月間は震災の対応に追われました。

4月中旬に入って、NY出張の機会を得て訪れたブロードウェイの各劇場では、
カーテンコールの後、日本への募金活動が行われていることを知りました。

ロンドン・ロイヤルバレエ団への道を、幾多の困難を経て切り開いていく、
バレエ少年が主役の「Billy Elliot」を見に行って、その呼びかけを実際に
見た私は、感激のあまり年甲斐もなく涙を流してしまいました。このミュージカル
の主人公の少年から、年こそ違えども、還暦を越してアメリカに挑戦した「私自身」の
縮図に似たものを感じ、大いなる刺激を受けたこともありました。

また、NYのイエローキャブに乗った時、インド人の運転手から、当然のチップである
$2を返されました。「少ないが、日本に持って行ってください。」という言葉とともに。
私は皆さんに何らかの形で「感謝」の意を表したいと思うようになりました。


 やがて、弊社もアメリカでの事業展開で先が見えるようになり、その想いを伝える
方法としてカーネギーホールでのチャリティーイベントを思い描くようになりました。

~~~ 中略 ~~~ また、私がNYで主宰いたしております、
能・狂言ワークショップグループの皆さんにも、参加していただくことになりました。
その中に、「Billy Elliot」で主役を演じていた、→ Giuseppe Bausilio 君が
入っていたことも奇遇ですが。15才の少年が復興支援のため、日本の伝統演劇、
狂言・小舞(こまい)を舞います。


~~~ 中略 ~~~ 震災が起こって2年近くになりますが残念ながら被災地は、
いまだ往時の面影もありません。私たちは、この現実を決して、忘れてはいけないのだと
思います。同時に、震災時に国をこえ、心をこめて支援してくださった、皆様のことも。

2012年10月29日、大きな台風がNYを襲いました。私は約6日間、真っ暗な闇の中、
風に揺らぐキャンドルのみの生活を余儀なくされました。「自然」という、
計り知れないエネルギーに対して、私たちはもっと謙虚な気持ちを持つべきではないか、
自然の営みのなかで生きてこそ、人間は存在できるものなのだと私は思いました。

今回のコンサートは、この台風で被害に遭われた方への募金活動も、
開催目的として加えさせていただきました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここにもさまざまな出会いや、不思議な偶然のドラマなどがあったようです。



演目中は撮影禁止だったので、最後の演目でもある伊藤玲阿奈さん指揮する
オーケストラも終わり、出演者総出での挨拶になったところ。



  カ1



花束を持っているのが伊藤玲阿奈さん。
そしてその横には、Billy Elliotの舞台にも立つ先の少年。
写ってませんが、司会は元NHKアナウンサーの葛西聖司さんでした。

どの演目もそれぞれに、みなさん本当に素晴らしかったです。。。



  カ3




この日は、日本人以外にも多くの国の方が会場に来て下さっていましたが、
地球のどこかで何かがあった時、国や地域を越えての支え合いがある・・・というのも、
心強くて本当にありがたいことです。。。 感謝





[ 2013/03/01 03:49 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(0)