青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

知ることでできること


寒くなってきましたね~。

ハロウィンの日は、ここ数週間の中でもちょっと暖かくなりそうなのですが、
代わりに週末の予想最低気温が0℃、なんて出ているNYです(^^;


今日の記事は、じぇるを使われている方にお出ししているレターで
少し前に配信したものに少し付け加えています。


スピリチュアルでは「良い話だけを聞こう」というものがありますが、
それは「臭いものにはフタをする」という意味とは、もちろん違います。

現在、放射能の影響がどうなっているのか。

これはおそらく、きちんと知っておいたほうが良いことかもしれません。


このことでメールをいただいたり、
じかにお話を聞くことが以前より増えています。

国が積極的に出さないようにしている情報かもしれません。
・・・が、そうは言っても今は情報化時代。きちんとそうした情報を
個人のブログなどから発信続けている方もたくさんいらっしゃるんです。


本格的な目に見えての変化はこれからとも言われていますが、
実際にはそれよりも早く、変化は確実に起き始めているようです。

それに気づけるかは、各自の洞察力にもよるかもしれません。

最近でもこんなものがありました。

→ 関東全域の子供たちの。。。。

→ 福島原発事故前。。。。

数値の読み方も分かってきましたが、これは驚くほど高いんです。
→ 茨城県日立市の。。。。

自国では言いにくくなるのは、どこの国でも変わりませんね。
→ 野村大成阪大名誉教授の。。。。


私も、ブログをお休みモードにするまでは忙しくてあまり気がついていない事柄でした。

でも時間ができてからきちんとそうした情報に向き合い、ちょっと調べてみたならば、
これが世界中で盛んだった核実験時代から続くことであり、そのころから人々の体には
かなりの影響が出はじめていたことを知るようになりました。

→ 海の放射能に立ち向かった。。。。

そして自分自身がアメリカに住み、環境学の課題で偶然取り組んだ核問題から
ロッキーマウンテンの美しい山のふもとに核ミサイルを作る工場があり、
そこから流れ出た汚染水で、州都デンバーでは一時奇形児などが
生まれていたことなども知るようになりました。

最近、この話題には有名なドキュメンタリー映画もあることを知りました。

→ Dark Circle 1/9

その後、移り住んだNYで最初に住んだのが
全米一老朽化して事故も多いと言われる原発のすぐ近く。
半年ほどして、大家さんとのトラブルがきっかけでずっと離れた
街に引っ越しましたが、その時にそこが汚染された大地だったと知りました。

実はそこに住んでいた時、いつくか不思議なことがあり
変な土地だな~と思っていたんです。

今となれば納得することばかりですが、土地を離れたことや、良質なビタミン
なども摂るようになったからなのか、のどまわりの不調も徐々に消えていきました。

そして311。

この時は、アメリカ政府の原子力機関(NRC)に勤める方が大家さんでもあり、
実はこのときにもちょっとした不思議なことがあったんです。

そんなこんなから、なにか核問題のことを知らせていく役割も
今世に少し持ちあわせているのかなぁ、なんて個人的に感じたりもしています。



先日、メールのやり取りが多い都内の友人が、
民間の体内被爆検査機関で調べてもらってきていました。

実際のところ、被爆ってしているの?

本当にたいしたことないの?

それともあるの?

気にする人もしない人も、
住むところにより、一度は思ったことのある疑問のはず。

心配するよりは、調べてしまったほうがいいかもしれません。

ただし国は協力的ではないので、
自分でやっていったほうが良いようです。

最近は体調不良の人も多くなってきたからなのか、やはり何かおかしい
と思う人も増えているらしく、そうした人たちで混み出しているそうです。


都内に住む彼女は仕事が忙しく外食も多いのですが、それでもある程度の
食材(きのこや魚などを)を避けていたり、外出時には高性能マスクを使い捨てで
つけるようにしていたり、雨にあたらないや、良質な総合ビタミン剤なども摂っています。
プラス、疲れた時には休むなどして無理をしない工夫なども。

(こうしたプロテクションは過剰防衛ではなく、実際の体調の変化を彼女自身が
 感じてからするようになったもので、これだけでも体には違いが出たそうです。)

検査の結果はセシウム134は不検出だったそうですが、セシウム137はあったので、
すでに体内に入っている分を、できるだけ排出していこうと思ったそうです。

思っていたよりは低くて少しホッとしたそうですが、検査をしにきた関東の人の中では
少し大きめな数値ではあったようです。それでも検査をしに行くぐらいの人たちは
普段から気をつけていることも多いので、一般の平均よりは少ないはず。。。。

彼女の場合には、外食の多さがネックになっていたかもしれませんが、
不検出になったり、数値の低かった人たちの行動などをまとめた資料を頂いたそうで、
それを参考にしながらさらに工夫をして、たまに検査を受けて行きたいそうです。

彼女の友人や同僚などでも、
同じ検査を受けたいと言ってきている人が多いんだそうですよ。


私もその資料を送ってもらったのですが、
酵素風呂に入るなど、体の芯から温めることで排出量が増えることや、
総合ビタミンの摂取などの他にもヒントになることがたくさん載せられています。

彼女は体内カリウムの数字がOKで、検査の方から
「サプリで調整できているんでしょうね^^」と言われたそうなんです。

カリウムが体内にあるとなぜ良いのか?と思っていたところ、
なんといつも見ている方の記事の中にその答えが。。。。


セシウムは、人体にとって必要な元素であるカリウムやナトリウムと似た性質を
持っています。そのため、セシウムを人体に取り込んでしまうと、人の体はカリウムと
セシウムの区別がつかないために、体の組織へと積極的に吸収してしまいます。

カリウムについては細胞内ミネラルなので、
セシウムは細胞の中にどんどん入っていってしまいます。
セシウムは、ガンの発症や白血球の減少といった影響を出しやすい理由の1つは
これです。子供は特に細胞分裂が活発なので危険を伴いやすいです。



まるでヨウ素と、放射性ヨウ素が置き換わることにも似ていますね。

なのでこうした意味でも、必要な栄養素で満たしておくことは
やはりとても大切なことのようなんです。



被爆で起きてきてくるのは
なにも甲状腺ガンや白血病などだけではないそうです。

心筋梗塞や脳梗塞なども少なくないそうですが、
そのほかにも実は色々あり、

橋本病/バセドー病/白斑/なんとなくダルい/風邪が何ヶ月も抜けない
アトピーのような皮膚病/高血圧/高血糖/緑内障や白内障/菌の出ない膀胱炎
記憶障害や頭がボーっとして簡単なことを間違える/簡単に歯や骨が折れる
寒がり/貧血/脱毛/青あざ/下痢が続く/のどの痛み/肺炎/不整脈 などなど

そして腎臓や肝臓にかかわるものや、
さまざまな感染症などが起きてくることもあるそうです。

地域も東北、関東だけでなく、東海などにも広がっているようです。

そしてこうした症状を持つ半数以上の人が、
単に自分だけの体調不良と思い込んでいること。

病院を訪れてみても、はっきりと言われなかったり、
別の病名で隠されてしまったり、検査もされなかったということもあるようです。

さらに、放射能に強い・弱いなどの体質などもあり、出る症状は人それぞれで、
何かしらの体調の変化がある人からまったく無い人までいるため、
余計にわかりにくくしているそうです。
(症状はその人の普段から弱いところに、特に出てきやすいそうです)

昨年から今年にかけて、有名なアイドル歌手の複数が、
体調不良を伴うのど周りの手術をしていることなども気になります。



検査機関の資料の中には、全国に汚染食品が流通していることもあり、
食に気をつけていた南東北の人よりも、まったく気をつけていなかった
九州の人のほうが、体内にセシウムが多くたまっていた例などもありました。

海外在住者でもまったく気にせずにいたら、1ヶ月ほどの東京滞在でも、
食に気をつけている国内の人よりもよっぽど体内に取り込んで
しまっていたりする例も見られるそうです。

実は私もこうしたことで具合を悪くされていた方をじかに知っているんです。

そして同じ家庭の子供でも、食べ物の好き嫌いなどによっても
体内被曝量が高い子と低い子がいたりと、具体的にどんなものを
食べていたのかなど、、、とても参考になる資料です。


ただ最近は、産地表示を外す動きが全国のスーパーなどでも取られていて、
「国産」という表示のみしかないものも多くなってきているそうで、、、

こうなってくると食物からの取り込みはある程度はもう避けられないので、
気にしすぎてノイローゼになるよりは、できるだけ排出することを考える!
という、ここの検査機関の提案も現実味が増してきます。

実際に効果の高かったいくつかの取り組みで
体内被曝量が大幅に下がった人の例などをいくつか紹介されています。
南東北にいる方でも体外排出することなど、いくつかの工夫をされていて
内部被爆量がとても低い方もいらっしゃるんだそうです。

もちろん大気からの吸気被爆などは避けられないので、
やはり一番は、より遠くの土地へ移ることかもしれませんが、
この資料では今いる土地でもできることなどがまとめられています。


実際の放出量はチェルノブイリの何倍とも何十倍とも言われているようですが、
それを裏付けるように、そこの検査機関の方がおっしゃるには、
南東北を中心に内部被爆症状の出始める時期が
チェルノブイリのときよりずっと早いのだそうです。


この資料がほしい方は添付でお送りできるので、
右のメールフォームからご連絡ください。

ちなみに友人が利用した体内被曝検査機関は下記です。
→ ★ 

専門家によっては、このホールボディーカウンターよりも
尿検査のほうがさらに正確な量が分かると言う方もいらっしゃるので、
各自で良いと思われる検査法を調べて行かれてみて下さい。

松戸や我孫子など、ホットスポットと呼ばれるエリアなどでは
助成金で検査ができるところもあるようです。


知ることでできる対策があります

と言う言葉が上のサイトに出ていますが、
まさにその通りなのかもしれませんね。




スポンサーサイト
[ 2013/10/31 05:17 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

芸術の秋・食欲の秋



ちょっぴりご無沙汰です^^

このところ連日出かけていたので、

あ~~~っ!!(@0@)

という間に時間が過ぎていました。


芸術の秋だからなのか、、、そちら方面のお誘いも多くて、
歌やお芝居に触れる機会がグンと増えていたこの2週間でした♪


ハリウッドスターが出演するブロードウェーミュージカルに誘われたら、
なんと前から2列目の、舞台から降りる階段がすぐ斜め前の席

主人公のその彼はよくそこにきてセリフをしゃべるから、傘をささないと
ツバがかかるんじゃないか?!というほど間近で、彼を見ることができました
(ライトの加減で、出演者の勢いよく飛び散るツバがまる見えだったの^^;)

パイレーツ・オブ・カリビアンに出ていた、え~と?!

ジョニー・デップじゃなくて、、、、

あっ!オーランド・ブルーム!!

こういうのって、すぐに忘れる。。。。(-b-;

帰り際にも、どアップで彼を見ることができて、
誘ってくれた20代の友人、おおいに喜んでましたよ。

よかったよかった^^

それにしてもいつも思うけど、
スターオーラってやっぱりスゴイな。。。。(笑)


週末は友人の歌姫の舞台に、
共通の友人たちと一緒に行ってました。

舞台の上での、なんとも言えぬ魔女っ子ぶりが
まるでいつもの素の彼女のようでもあり、
思わずみんなで笑ってしまう一幕も。。。。

日本人離れしたそのしぐさやどうどうとした歌いっぷりに、
感心させられるやら魅了されるやら

有名な演目ですが、恥ずかしながらアトランティスやフリーメーソンなどがかかわった
エジプトが舞台のものでもあることを、今回初めて知ることにもなりました。

古い趣のあるシアターで公演されたその舞台自体とっても素敵で、
オペラってこんなに面白いものだったんだ~!!と、
今までとんとそちら方面にうとかった私も
開眼してしまった感じです(笑)


そしてそれより少し前には、
ワシントンの友人からお友達になった別の歌姫もNYシティーにやってきて、
仲間とともに、7色のすばらしい歌声を披露してくれていたのです

へぇ~、オペラっていろいろあるんだなぁと思うほど
さまざまなジャンルの歌をあでやかに歌って楽しませてくれる彼女たち。

ソロでは、特に彼女の歌う日本の歌がしっとりと聞かせてくれるので、
思わず日本人のDNAがざわめくような深い情感がグッとこみあげてきたり。。。
日本の歌ってリズムもですが、なにかがちょっと違うんですよね~。

翌朝には、彼女たちはNYの朝の番組にも出演。
そこでも7色の素敵な歌声を届けてくれていたんです♪


先週末にはサウンドヒーリングもありました
さまざまな楽器のきれいな音色に癒されて、すっかりリラックス。

もちろん528ヘルツなどもあり。。。♪

低い音から高い音まで、すべてのチャクラに対応する音に包まれて、
あまりの気持ちよさに、始まりの低い音のあたりからすぐに寝入ってしまいました(笑)


そのほかには、フード系のセミナーもあったんです
友人の一人は「食」関係の執筆や講師もよくしていて、
日本でもここNYでもひっぱりだこなんですよ。

その日はお手伝いも少しさせてもらいながら、
彼女のお話をいろいろ聞かせてもらっていました。
食品の表示1つとっても、本当に色々な意味があるんですね~。
毎日食べるものだけに、こちらも興味のつきない話題がいっぱいでした。



そして、りんご狩り。。。♪


        ringo1.jpg


インディアン・サマー?!のように、暑い日でした。


 ringo6.jpg


どの子をとろうか?!^^


        ringo5.jpg


これはなんだろ~?!と、りんごを狩るその足元で気になったかわいい黄色の子♪


 ringo4.jpg


毎度のことながら歌姫のご主人が、彼のアップルパイの大ファンになった
旦那クンのために、とったりんごで作ってくれていました。もちろん、私も大好きです(
甘い、すっぱい、色んな味のりんごを使い、汁も出さなさ過ぎるようにする工夫が。。。。


 applepie.jpg



マンハッタンで見かけた、素敵なハロウィンの飾りつけがされた家の玄関☆


    door deco



こちらは近くのファームに行ったときのもの。
パンも、チーズもハムもおいしいと、評判のところなんです。


 farm2.jpg


来月の感謝祭には食卓に昇ってしまうのか?!(--; な、七面鳥もたくさんいました。


 farm1.jpg


いろんな種類のかぼちゃもゴロゴロと。。。。


 kabocha.jpg


我が家の玄関にも、ミニサイズのかぼちゃをいくつか飾っています♪


    door kabo




みなさんも、素敵な秋を。。。☆




[ 2013/10/21 11:23 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

マカバ瞑想☆おしらせ


ブログをお休みモードにしていた間、いろんなことをしていましたが、
その1つにマカバ瞑想というのがありました♪

フラワーオブ・ライフの著者でもあるドランヴァロ・メルキゼデクが広めた、
光の体(ライトボディー)を活性化する「マカバ瞑想」。

彼の著書のまえがきからそのまま引用すると、、、、

マカバとは今の言葉でいう、人間の「光の体」にあたります。
光の体(ライトボディ)には、私たち人類を懐かしい新宇宙へと超越させてくれる
力があるのです。その意識状態のなかでは、あらゆる物事が新しく生まれ変わり、
人生は奇跡的に変化します。



フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉
(2001/12)
ドランヴァロ メルキゼデク



フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉
(2005/09)
ドランヴァロ メルキゼデク




最初にこんなのがあるよ・・・と教えてくれた友人からのメールには、
このマカバを活性させたドランヴァロたちが仲間と瞑想するたびに、
その拡大した生体磁場がアメリカ軍のレーダーにひっかかり
何度もヘリコプターが飛んできたことなどが書いてあって、、、

わぁ、なんか、おもしろそう!!^^

なんて思ったのが始まりでした。

(※活性化されてパワフルになったマカバの振動は、
 アフォメーションすればきちんと収めておくことができるのでご心配なく・笑)

その後、このセミナーを受けることをほぼ決めかけた頃、
ワシントンの友人が「これ、りんごちゃんにと思って。。。。」と、
半年近く前に買っておいたというクリスタルを、プレゼントしてくれたのです。

あけてみると、なんとマカバ型のクリスタル!!(@@)

その型のクリスタルを持つのは初めてだったので、
マカバ瞑想をこの時期に受けることは、どうやら前から
決まっていたことみたいだなぁ~と納得。

そして納得したとたん、また別の友人のアレンジによって
あれよあれよという間にセミナー開催日が整っていったのです(笑)


ある週末を使って4日連続で行われたセミナーでは、
いつぞやの時代の、縁ある魂を持った人たちが大集合!

マカバ瞑想ではハートの聖なる空間にも入って行くので、
ワークショップ中は懐かしいことや、ハートがふるえることもいっぱいで。。。♪


ハートの聖なる空間へハートの聖なる空間へ
(2006/03)
ドランヴァロ メルキゼデク




天使などのガイドたちもたくさん降りてきて、
泣き出す人たちも続出(^m^)

私もみんなの手でヒーリングを受けている時に、
2体の大きな天使が降りてきて祝福してくれていました。

過去にいた世界での、楽しい懐かしい様子を思い出す人もいたり。。。。

リードする先生の温かい人柄もあってなのか、とにかく和気あいあいとして
愛にあふれた、すごく楽しいワークでいっぱいのセミナーだったんです♪

ハイヤーセルフと一体になっている自分を感じたり、
マカバを活性させる誘導瞑想の時には宇宙に飛んで、
ハートの少し下あたりにある何かがブルルルルン!と
振動しだしたのもハッキリとわかったんですよ~(^^)


セミナー後の変化ですが、さまざまなものがさらに加速して
ほしいものや情報が来るのがますます早くなり、
本当に望むことがどんどん現実化していくようになってきています。

余談としては、ワークショップの数日後にちょっとしたことで
地下にあるエアコンの大元のシステムをショートさせてしまい
修理の電気屋さんに何度も首をかしげられてしまいました(--;

今の時代、家電とかを壊してしまう人は珍しくないけど。。。。

マカバパワーの増大を実感する出来事でもあり、
以後はちゃんとフォローしています。



そんなマカバ瞑想のワークショップが11月頭に、名古屋でも開催されます!

同じ先生によるものです。

すでに参加予定者は何名か決まっていますが、
残席が2つあるそうで、下は先生からのおしらせです♪



Awakening the Illuminated Heart(ATIH)
光明なるハートを覚醒させる 4日間の集中ワークショップ 名古屋で開催

ドランヴァロ・メルキゼデクは、現代で初めて、古代に「マカバ」と呼ばれていた
人間のライトボディを数学的・幾何学的に解明した世界的に著名なスピリチャリストで、
これは彼の提唱する4日間の集中ワークショップです。

なぜこの世に生まれて来たのか、今抱えている問題はいったい何なのか、
どうしたら解決できるのか。そんな悩みは誰でも持っています。

この世で起きる色んな事を、自分の思考あるいは頭脳は、エゴと言う分厚い辞書で
解釈してしまいます。あの人が私を嫌っているから、ついてないから、
私はそんなに能力がないから、好かれてないから、もう若くないから...などなど。
その分厚い辞書で解釈すると、この世は複雑怪奇以外の何者でもありません。

でもハートに入ると、ハートの聖なる空間に入ると、ハートが使う辞書は
たったの1ページで、一つの単語、「愛」という一文字しかありません。

この愛で解釈すると、物事はなんて簡単ですばらしいのか。
愛するために今この瞬間があり、私たちは無条件に愛されている事を、
あなたの人生がいかに愛で包まれているのかを、ハートの中で感じてみることを
一緒に体験してみませんか。お気軽にお問い合わせください。

場所:みんなのヨガスタジオ 名古屋市千種区東山通4-18新東山2F

開催日時:
11月1日(金)10時〜19時
11月2日(土)12時半〜20時半
11月3日(日)12時半〜20時半
11月4日(月)10時〜19時

講師:渡辺詩絵理
NYを中心に多数ワークショップを開催中。

参加費:55,500円(割引あり、枠外下参照)


★ブレスワーク(リバーシング)を10月31日(木)19時〜21時 
みんなのヨガスタジオにて開催。

ブレスワークのみの参加も可能です。参加を迷われている人や、
興味はあるけど4日間には参加できないかもという人は必見です!
ATIH参加者は無料で受けられます。(カリキュラム外)

→ イベント詳細
 
★ワークショップの特徴★
このワークショップでは、「ハートの聖なる空間」にはいり、
第3の目を開眼させ、マカバを活性化させます。

マカバが活性化すると高次元の意識にアクセスすることが可能になります。
マカバのフィールドは、ハートの聖なる空間とつながることでワンネス、
統合意識を体験します。そして無からの創造、つまり願望達成が可能になります。

ワークショップでは、著書にはあまり詳しく書かれていない
マカバ・フィールドの使い方についても詳しく触れていきます。

アセンションについては色々な事が言われていますが、
マカバ(ライトボディ)こそがアセンションの時の乗り物となり、
次元移動が可能になります。私たちはすべてを、実はすでに知っています。
ただ忘れてしまっているので、このワークショップではそれを思い出すだけなのです。
そして思い出すべきすべてのことは、ハートの中にあるんです。


★ワークショップ・カリキュラム★

1日目 
スクールオブリメンバーリングについて
自己紹介
エンジェル・セレモニー
ワークショップの概要(クリエイション・プロセス、呼吸管、レオナルド球体の説明)
練習: Face to Face and Back to Back
ワークショップの概要
(ハートの聖なる空間・アセンション・ハートの聖なる空間の入り方の説明)
ブルースクール(イメージワーク)

2日目
ヒーリングについての説明(パミッション、信念パターン、チャクラ)
ヒーリングセレモニー(生まれ変わりのセッション)

3日目
ピラミッド・ヒーリング・エクササイズ
Dancing in the Dark
体の中の移動
ユニティ・ブレス
ハートの聖なる空間に入る説明と誘導瞑想
ハートの小さな空間に入る説明と誘導瞑想
ブレシング・ダンス
クリエイション・プロセスの説明
光のビームスの説明、活性化

4日目
マカバの説明
マカバのプログラミング
呼吸管、レオナルド球体についての説明。
クリエイション・プロセスについての説明と誘導瞑想 




先生の温かな人柄のおかげもあって、
とてもリラックスしたワークショップです^^

日本ではまだマカバ瞑想を教えられる方が少ないと聞いているので、
これは良い機会かもしれませんね。

トーラス型(ドーナツみたいな形)にエネルギーが流れる様子など、
宇宙のさまざまなお話や、松果体周りの光(ビームス)を
ケアする方法なども聞けますよ。



ワークショップに参加されたい方は、イベント詳細のリンク先にある
お申し込みのアドレスへお願い致します。

私の知り合いであれば、1万円の参加割引があるそうです。

青い星ブログを見ての希望者であることも、
忘れずに告げて下さいね(^^)

こちらにも、メールフォームからご一報いただけると嬉しいです♪




[ 2013/10/08 06:42 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

現代によみがえる音♪



1つ前の記事に出てくる歌姫の車に乗り込むと
いつもすてきなクラシック音楽がかかっていてウットリ。。。♪

私もこうした音楽が大好きだったことを改めて感じる瞬間です。


子供の頃、クラシック音楽を聴くと鳥肌が立つほどの気持ちよさを感じ、
呼吸するのさえおしいと思えるほどの恍惚とした強いエクスタシー感におそわれて
身動きができないほどの心地よさに包まれることがよくありました。

そんな話をある日彼女の車に乗せてもらいながらすると、
「それならもっと聞くといいよー♪ 生で聴くともっといいけどね^^」と歌姫。

そりゃそうだよね~ということで、その日からさらにクラシックを
かけることが多くなり、この半年ほどはほぼ毎日です(笑)

天気によって好きな音楽というのもあって、日本にいた頃から、
雨の日には必ず聞きたくなるクラシック音楽というのもあるんですよ。
面白いことに晴れ間が出てくると、ピタリとその曲への欲求も消えるんです(爆)


日本にいたころはさまざまなサウンドヒーリングを受けたりしていたのですが、
トマティスメソッドから、インドのガンダルヴァ・ヴェーダなど色々ありました。

過去記事にあるので、載せておきますね^^


ガンダルヴァ・ヴェーダなど、脳に良い刺激を与える音楽などについて。

→ 音というエネルギー♪


このページ右にもあるグレゴリオチャントなど、
心身を調整するすごい古典音楽や、聴覚刺激のトマティスメソッドのことなど。

→ 天界の歌声♪


自然界の中にある、虫の音などが果たす役目などについて。

→ 自然の音の癒し♪


良い音を生で聴くことのすばらしさや、その効用など。

→ 音の力・音の癒し♪



  machi1.jpg



ここ5年ぐらいは、528ヘルツの音楽が世界的な脚光を浴びていますよね^^

日本ではマドモアゼル愛さんなどがたくさん記事を書かれていて、
コンサートなどを早くから手がけていらっしゃいます。
これは船井さんのところのものですが。。。。

私もその1つに、昨年だったかどうしても行きたかったのですが、
もちろん会場は日本なので諦めていたら、そのすぐ後でNYにいらして
タロットカードを教えてくれた先生が、

あら!私、そのコンサートに先週行って来たのよ~♪

なんてこともありました。
まるで代わりに聴いてきてくれたみたいで。。。わぅ!(>v<)


ここでもたまにご紹介している天下泰平の滝沢さんも、
以前からよく528ヘルツの音楽のすばらしさを書いていますが、
先日もまた→ 音の持つ本来の役割を書かれていました。

ハープの音は大好きでアメリカに渡る前、私も数年ほど習っていたことがあるんです^^

情報のやり取りが多い日本の友人とは、よく彼のブログ話題をするのですが、
実はその彼女、ここ数ヶ月ずっと滝沢さんの開かれる講演会に行っていて、
先日は、このハープコンサートにも行ってたんですよ。

528ヘルツの音楽を、私の好きなハープでなんてうらやましすぎる~!!
なんて、話していたところでした(笑)

ちなみにその日の講演会では、友人は滝沢さんと直接言葉を交わして質問もしたそうで、
私も面白いお話を聞いています。ここでも書けたらいいね~と話していたところなので
後日にでも書けたらいいなぁと思っています。

ペース遅いけどぉ。。。(^^;


話がそれちゃいましたが、じぇいど♪さんの
魂のお兄さんでもあるたんたんさんもマドモアゼル愛さんの流れを汲み、
クリスタルボールや音叉などで528ヘルツ音楽のコンサートなどをよくされているので、
スピリチュアル界ではこのあたりでご存知の方も多いかもしれませんね^^

たんたんさん(他の日にも色々ありますよ)→ 愛の周波数 528HZ


先日はライトっちも音楽の方と組んで、528ヘルツの音楽を作っていたんですよ。
映像ともども、こちらもとてもきれいなものにしあがっています♪

→ 周波数開音/528


歌姫も前にチラッと話してくれていたのだけど、良い音は528Hzだけでもないそうで、
マドモアゼル愛さんのところではさらに進んだものをやられているようですよ♪

→ はじめてのソルフェジオセミナー


ジョン・レノンがこうした音楽のからくりなどに気づいたことで
暗殺されてしまったことも最近広く知られるようになってきていますが、
セントラルパーク内のジョンの碑でもあるストロベリー・フィールズを初めて訪れた際、
私もそのことで彼に心の中で色々と話しかけていたことがあるんですよ^^



    すとろべ



そんなNYでも、528ヘルツでのコンサートやらヒーリングやらはとても盛んです♪

友人の一人はソルフェジオ音階での音楽をアイポッドに入れてよく聴いているそうで、
その周波数にチューナーされた音叉をほっぺにあててもらう美容セッションでは
お肌がぷるるんとしたのだとか。。。(笑)

細胞が活性する音だからなんでしょうね^^

私もセントラルパークでのフィルによる生のサウンドヒーリングに誘われたり、
最近誘われたものには、偶然この528ヘルツのヒーリングが入っていたりと、
楽しく遊びながら、音の癒しに触れるチャンスを頂いています♪

先日は私がウトウトと昼寝する横で、
歌姫がオペラの舞台練習のために歌っていたんです。

彼女自身がもう1つの楽器のようになっているので、
これもまた生の音によるヒーリングなんじゃ?!(^m^)うほっ


天下泰平さんの先日のセミナーで、さきの日本の友人が個人的に2015年の話をした際、
「人間側も遺伝子的に変わっていく必要があるのかもしれないね。。。」
と滝沢さんがおっしゃっていたそうなんですよ。

私も遺伝子をケアするものにたずさわっている一人ですが、
この時代のDNAの変化をサポートしてくれるもの(今日の場合には音)、
こうしたものを人々が日々の生活の中に上手に取り込んでいったなら

わたしたちはいつのまにか、素敵な変化を起こしている、、、、
なんてことも可能なのかもしれませんね~♪




[ 2013/10/01 06:58 ] コミック・映画・音楽 | TB(-) | CM(-)