青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

ピュア・フード♪



48度以上の加熱調理がされていないローフード♪

というと、、、

酵素がいっぱいで体には良いものの、

まずかったり、

ぼそぼそ食べにくかったり、

なんていう苦行僧的な

ちょっぴり味気ないイメージがついてまわりますが、

そこはやっぱりNY!


その店内も、

これがローフードのお店なのか?!(@@)と思えるほど、

夕刻からは赤いベルベッドの

セクシーでおしゃれな大人のムードが漂い、

そして出されるお料理がこれまたどれも

見た目にも、

味的にも、

普通のレストラン以上に満足の行くものなんです♪



ちょっとピンボケしちゃったけど、みんなでシェアしたロール。
キムチやアボカドや野沢菜漬けみたいのが入ってておいしいんです^^


   DSC06287.jpg



これは私が頼んだ、お店の売りのラザニア。
皮の部分はズッキーニを代用。かなりボリューミー。
トマトソースとかが最高においしくて、みんなとシェアしても残ったので、
旦那クンにも少しお土産にしたら、ウワ~(@▽@)これおいし~!!って(笑)


   DSC06288.jpg



これは友人が頼んだもの、コーンが甘くて本当においしくて、、、、
中に春巻きのようなものもあるんです。


   DSC06290.jpg



こちらはカリフラワーのカレー風味。


   DSC06291.jpg



写真はないけど、そのほかにも大きなキノコのステーキ風なんていうのを
頼んだ子もいて、どれも本当においしかったです。

あと前菜でもう1つ、かぼちゃの種を生のアガベシロップ(サボテンから採れるもの)
で雷おこしみたいにくっつけたものが出てきたのですが、その種が柔らかくて
すごく食べやすくておいしくて、これまた一同ビックリでした!


ワインもあるのでワインを飲んだ子もいるし、
私はたっぷりのマテ茶を飲みながら、楽しみました^^


NYを離れる友人がその前にぜひ食べていきたい!!と、
急きょ行くことになった、その名もPure Food & Wine。

ローフードの最先端のお店。

以前、お昼に来て中近東のファラフェル(豆をつぶしてお団子風にしたもの)とかを
食べたことがありますが、オープンしてかなりたつのに、いまだに夜は
予約が取れにくいほど、いつも混雑しているようです。

リピートしたくなるお店の1つです。。。♪


スポンサーサイト
[ 2014/04/29 08:07 ] おいしいね♪ | TB(-) | CM(-)

瞑想のしどき2


いくつか前の記事で、「瞑想」のことを書きました。

今の時代はあまりにめまぐるしくて、瞑想どころか
ちょっと立ち止まって静かに自分の内側に意識を向けてみる、、、、
なんてことも、ついつい忘れがちですよね^^


今、友人のひとりが、旦那さんと一緒に
10日間の瞑想三昧に行っています。

このプログラムに参加したことのある別の友人の話では、
数日もすると、たくさんの夢を見るようになったんだそうです。

食のほうも、シンプルなもので量も少なくなる所だそうで、
なんだか身も心も、洗われたようにきれいになって帰ってきそうです 



ミナミAアシュタールさんに、こんな記事がありました。

「瞑想が大きなカギとなります・・」から


では 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

瞑想してください。

瞑想が 5次元領域を思い出す大きなカギとなります。

瞑想と言っても 特別なことと捉えることはありません。

特別に 何かの方法を取得しなければいけないというような 

事もありません。


瞑想と言うのは マインドを静かにすることです。

マインドを静かにさせることが出来れば どんな方法でも構いませんが、

一番簡単で 誰にでも出来るのは 今 何を感じているかに集中することです。

つまり 感覚にフォーカスするということです。

感覚にフォーカスしていると マインドが働きません。


今 この瞬間 あなたの耳には 何が聞こえますか?

どこかで流れている音楽? 子供の声? 鳥のさえずり? 風の音?

車の音?・・・それを 聞いてあなたはどんな感情を持ちますか?

楽しい? うるさい? 懐かしい? 気持ちいい? 


目には 何が見えますか?

花? 雲? 建物? 信号? 水たまり? 海? 山?・・・

そして それを見て あなたは何を感じますか?


肌には 何を感じていますか?

空気の流れ? 太陽の日差し? 雨の粒? ドアノブの感触? 

コップの温度? 身体の中に流れる血液? 心臓の鼓動?


ちょっと 意識を感覚に持っていけば たくさんの感覚を感じるでしょう・・

その感覚を研ぎ澄ましてください。

感覚にフォーカスしていると ”今ここ”に意識を持っていくことができます。

”今ここ”に意識を持っていくことが出来れば 

未来も過去も気にならなくなります。

今 この時を しっかりと生きることが出来ます。


そして 感覚を研ぎ澄ましていくことで 

感覚はたくさんの情報をあなたにもたらしてくれます。

感覚が研ぎ澄まされ 肉体的な感覚を超え 超感覚的なところを

感じることが出来るようになると 今まであなたが感知していなかった存在と

繋がれるようになります。


そして そこからたくさんの情報を得ることが出来るようになります。

今まで 感知できなかった存在・・

それは あなたのハート、ハイヤーセルフなどです。

肉体ではないところの エネルギー場でのあなたです。

高次元に存在するあなたです。

エネルギー場のあなたは 肉体的な場のあなたの知らない情報を知っています。

それが あなたの真実です。


これが 感覚を研ぎ澄ましていくと、感覚にフォーカスすると 5次元領域を

思い出す大きなカギになるという意味です。

感覚を研ぎ澄ますために 瞑想をしてください。


瞑想とは マインドを静めること・・・今 この時を感じるということです。

マインドは 3次元領域のあなたの思考で 

感覚は5次元領域のあなたの思考です。

今までは マインドに頼り マインドを主としていましたが

これからは 感覚を主としてください。


もっといろいろ説明したい事はありますが 

あまり一度に説明すると またマインドが

グルグル働き始めますので 

今日はシンプルにこのくらいにしたいと思います(笑)


あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります」
 


ありがとう アシュタール!

私たちからも あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。


<転載ここまで>






[ 2014/04/26 12:43 ] 意識の浄化☆瞑想 | TB(-) | CM(-)

復活☆



イースターだったこのところ。

ユニオンスクエアを通りかかったから、巨大な卵が。。。。 

復活のシンボル!(^^)



     DSC06285.jpg



そして多産のシンボルのうさちゃんも。。。♪



     DSC06286.jpg




こんな動きが大きな流れになりつつあるようですね。

実際には富裕層だけでなく、あらゆる層で起きていることでもあるようです。

知っている人は知っている、、、、そんな話題なのかもしれません。


→ ★


体調や環境などの異変は、

すでにたくさんの人が気づいていること。

私もあちこちで目にしますし、身近からもメールなどで入ってきます。

やりとりの多かった福島の友人の中には、早くから関西に移っていた子もいますしね。



天下泰平さんのブログなど、いくつかのところで見かけたものに

下記の岡山に関するものがありました。

すでに移住者のメッカになっているそうですね。

私が注目する1つに、2020年にどこに首都があるのかというのがあります。


→ ★★


ジョン・タイターさんのお話は有名ですが、これは偶然なんでしょうか?




ごく一部、ほんとうにまだまだ少数ですが、

かなり進んだ魂になると、その影響をまったく受けないとも聞いてはいます。


そして良質なビタミンやミネラルの摂取がキレート(解毒)することや、

(これは、それを開発した科学者たちが毎日摂っていたことでもよくわかります)

微生物菌などの力を借りる有効な方法なども良いことなど。。。。


そのほかにも良いものは本当は最近どころか、

何十年も前からいくつもあったりするんですよね。



それらを活用するか、

でなければしばらく安全な地に行っているか、、、、

そうしたチョイスをしていくことも大切なのかもしれません。


ちなみに何十年前からの実験で

すでにこれは地球レベルでの問題になっています。

なのでどこの国や地域に住んでいても、

他人事とは言えない状態であることに気づくべきなんです。




私たちが意識を上げていくこと。

それこそはエネルギー的にも、

とても有効な復活への一手になります。。。☆




[ 2014/04/22 11:18 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)

手探りでつかむ



20℃を超えるようになり、すっかり春の陽気だね~(^^)と思っていたら、
おとといは一気に-1℃まで下がって、

春だと思ってたでしょ?!でもまだ冬もいたりして~♪

と言わんばかりに、
白い置き土産を残していきました(@@)

なので太陽は輝くようにサンサンだけど、
昨日・今日と、またちょっと冬のコートを引っ張り出しています。



      DSC06279.jpg



これは昨夜の月。
満月超えて間もないので、丸々としています。
木々の間から撮ったら、ちょっぴり瞳みたいな感じに。。。。



      DSC06281.jpg



これはオーガニックスーパーで買ったピーナッツバター。

アメリカではサンドウィッチに塗る人も多い定番だけど、
ナッツの売り場で、ひきたてのものをニコニコしながら買っていくんですよね^^

以前にも、「これね、おいしんんだよ~♪」って言いながら、
マシーンからウネウネと出てくる出来立てのピーナッツバターをたっぷり
容器に入れていたお兄さんがいたのですが、今回わが家でも買ってみたんです。

一応お試しなので、本当にチョッピリだけど。。。(笑)

でもこれが、本当においしかったんです!
やっぱり作り立てっていいですね^^



 DSC06262 (1)



そしてこちらはお気に入りのビネガー♪

お酢は化学的に作られたものは、私の場合、すぐに心臓が痛くなってしまうんです。
酢は強い陰性で、内臓をフワッとゆるめる作用が強いからなんだと思いますが、
少し値段が高くても、しっかり醸造された本物だとそういうことがありません。

オーガニックスーパーでも本当にピン・キリで、当たり外れがやっぱりあります。

以前買ったサラサラのものは心臓が痛くなってしまってダメだったので、
もう少しグレードアップしたものを選んでみたら、これが正解でした。

オリーブオイルなどと合わせてドレッシングなどによく使うんですが、
このビネガーはトロッとしていて味もよく、お気に入りの一品になりました^^



      DSC06275.jpg



実際には、飲んだり食べたりしてみないとわからないものもあるので、
それを摂った後に、体にどんな変化が起きるかをいつも見るようにしています。

くり返すうちに、どれが良かったのか、どれが悪かったのかがわかるので、
わが家の食卓にあがるものが徐々に厳選されていきます。

単に知識としての良い・悪いだけの食材では、選べないものがあるんですよね。

これに関しては実践あるのみで、
日々、自分の体に合う食材や調味料を探し続けています。


最近はオリーブオイル。
割と質の良いものでも、やっぱり加熱調理されると、
あまりお腹にはよくない感じだなあということに気がついてきました。

今までそれでかなりの植物系のオイルを落としてきましたが、
やはりオイルは常温のままの摂取がいいのかもしれません。
今は野菜炒めなどの調理の仕方も、変えつつあります。

どの食事法が良いとは一概には言えませんが、
私が参考にしてきた中の1つの「ナチュラルハイジーン」にも、
やはり植物油は加熱しないほうが良いのだという記述が。。。。

何度も試してみましたが、オイルで加熱調理していないものを
食べている日のほうが、私のお腹はすごく楽なんですよね。
もこもこしないというか。。。。


加熱調理というと、ココナッツオイルが一番適しているとも言われていますが、

やはりそのあたりになるのか、
もしくはオイルでの加熱料理自体をあまりしないようにするか、、、、

自分の体の声を聞きながら、
今日も私の実験は続いていくのです。。。♪


[ 2014/04/18 12:51 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

天空のサイン☆



ここ数日、、、、

と言っても特に今日だけれど、

とてつもなく大きな何かが変化するような、

爆発でもするんじゃないかと思えるほどものすごいエネルギーが

自分の中で沸き起こっているような、、、、

そんなとても不思議な感覚を味わっていました。


一体あれは、なんだったんだろう?!(@@)



たんたんさんの天体の変化と刷新の風にのってから一部抜粋


〜 途中から 〜

なにがいいたいのか…というと、

ここのところの天体のダイナミックな動き、

グランドクロスとそれに連なる満月、月食が及ぼす影響は、

個人の人生にも、もちろん社会にも具体的な変化を引き起こします。


その変化による人生の流れの方向性の変革は、

一人ひとりのタイムラインにさまざまな強烈なスパークを与えるでしょう。


そのスパークのようなシフトは

一人ひとりの現在から未来に対する意思、

方向性がどのようなものであるか…により、

ダメージで終わることもあるし、目覚め、進化にもなるでしょう。


どのような流れをつくるかは、

つまり、意思をどう持つか、意図するかにかかっているといえるでしょう。



大切なのは、やはり、内なる自己と高次の自己につながり、

その声に忠実であることだと感じています。


インナーセルフ、ハイアーセルフとともにあるだけで、

どのような変化、変容もあなたにとっての最良の選択になるということです。


<一部転載ここまで>
 





ここのところ、

天空のサインであるグランドクロスのことが

あちこちで語られていますが、

星の動きってやっぱりあなどれないかもしれません。。。☆



[ 2014/04/10 07:08 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

覚醒者♪


知花俊彦さん。

エジプト神話に登場する、トート神の生まれ変わりと言われ、
フリーエネルギーの仕組みについても熟知されていた
日本でも指折りの大覚醒者。

→ 面白い逸話などはこちら


90年代の中ごろに私もとても興味を持ち、
当時、何冊もの知花先生のご本を読みあさっていました。

白い髪の毛と日に焼けたお顔が、今でも強く印象に残っています^^


、、、が、あれからだいぶ時間が流れ、最近は少し忘れがちになっていました。

そんな中、このところNYの友人たちが
まるで宝ものでも掘り起こしてくれるかのように、
かつて私が興味を持っていた人や物事にタイムリーで
再び光をあててくれるようなことがよく起きているんです。

そのことで思い出したり、また活用し直しているものもあるんですよ。

そして、この知花先生のお弟子さんである上江洲先生という、
これまた覚醒者の方の光話(こうわ)会がNYであるよと教えてくれて、
予約とかまで入れてくれたのも、まさにそうした友人たちでした。
(※実際にはお弟子さんではなく、おふたりで講演をされたことがあるそうです)

ほんとうに彼女たちには感謝です!

とても人気がある方だそうで、半年前からの予定でしたが、
その3月の日はついにやってきて、少し前に行ってきたところです。

基本的なお話も多かったのですが、とても大切なことを話されていて、
上江洲先生のお人柄やその意識の高さにすっかり感服。

さすが知花先生のお弟子さんだけのことはあるなあと、
改めてこうした人たちがいてくれることに感謝しつつも、
少しでも追いつきたいという想いを新たにしていました。

ふだん自分でも口にしながら、上江洲先生が言われたことで
やっぱりそうなんだなぁ~と深く確信できたこともあり、
本当に良い機会になりました。



そんな今回、面白い発見がありました!

実は会場の半分近くが中国の方であり、
上江洲先生のお話が随時中国語でも通訳されていたのです。

私のアメリカ生活の中で、英語学校やコミュニティーなどで韓国の人と一緒になる
ことはあっても、中国の人は人口も多くすでに彼らなりの社会がしっかりと
確立されていることもあり、あまり身近で交流したことがなかったんです。

それが会場の半数ぐらいでしょうか、年齢も性別もさまざまの
中国の方がたくさん混じっていらっしゃったのです。

一部の知り合いではそうではなかったものの、大多数の中国の方への私の印象は
メディアで流されるものに限りなく近く、空港やアメリカの観光地などで
大きな声で話し、列に割り込んできたりするというものでした(実際の体験から)。

ところがこの日、会場でお会いした中国の方はどの方も物腰が柔らかく、
実際にちょっと話す機会もあったのですが、物静かなやさしい話し方をされて、
そして光話(こうわ)会の最後で先生にされた質疑応答でも、
驚くほど意識の高い質問をされる中国の方が多くて、
本当にビックリしてしまったのです。

終わったあとで友人たちと夕ご飯を食べに行った時も、
やはりほとんどの友人もそのことに驚いたようで話題にのぼったのですが、
あるスピ系セミナーに関わっている友人の一人が、最近は中国本土から会社ぐるみで
精神的なことを学ばせるために、若い人たちをアメリカにたくさん送り込んで
きているのだと、おしえてくれたのです。

中国でも、国民レベルでものすごい覚醒の波が来ているようなんです。

あれだけの人口の国。
 
あの眠れる獅子が本当の意味で目を覚ましたら、
どんなことになるんでしょうね^^

これは本当にすごいことで、大きな流れが地球全体に起きていることを
改めて知る夜にもなったのでした。




[ 2014/04/07 09:41 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

天から見れば



日本で少し前に放映されていた映画「ツナグ」を
週末に旦那クンと見ました。

涙が頬をつたっていることにさえまったく気づかないほど、
深く静かに泣けちゃう映画ですね。。。。

フィギュアの世界選手権などを見ていても、このところは
人々の意識の高まりというか、何かそういうものが垣間見える気がして、
そのすごさに、心の底から打ち震えてしまうような感動を覚えることが多いんです。

みなさんも、最近そういうものを感じませんか?

それとも、単に私の涙腺がゆるくなっているだけ。。。?!(^^;


先日、友人たちに誘われて、あの「1/4の奇跡」を撮られた
入江富美子監督のドキュメンタリー映画を見てきました。


→ 天から見れば

少年時代に事故で両手を失い、
絶望の淵にあった南正文少年を救ったのは
同じく事件で両手を失った大石順教尼だったー。
日本画家・南正文さんと順教尼の生きざまから
奥に流れる力を描き出します。

<公式サイトから>



主人公の南正文さんといい、彼を導いた順教尼(じゅんきょうに)といい、
彼らの乗り越えたそのあまりの山の険しさには
ただただ驚くばかりです。

途中、頭がぶっ飛びそうな衝撃的な内容もあり、
本当にそんなことがこの世にあってもいいのだろうか?!
と、この映画を見ながら本当に色々なことを感じ、
そしてさまざまなことを考えさせられました。


大石順教尼の教えである

「禍福一如」(かふくいちにょ)

「どんなできごとも自分の考え方しだいでよきことになる」 

を自身の人生で、まさに体現した南正文さん。


映画の中で正文さんが渾身の想いで描き上げた、大きな桜の木の絵。

それは1つ1つの桜の花が、
まるで今そこに咲きほこっているかのようで、
美しさと命にあふれた本当にすばらしいものでした。


これはあれこれ語るよりも、
ぜひ多くの方に見てほしい映画です。

私が見たのは英語の字幕入りだったので、
アメリカの方も結構いましたよ。





[ 2014/04/02 07:37 ] コミック・映画・音楽 | TB(-) | CM(-)