青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

新しい時代への鼓動


これは日本に行ったときのもの。

こんなふうにセンス良くかわいく、
値段も安く、ちょこっと買えるのもいいな~♪って、
こういうのは日本らしくて便利で良いなあ~と、思った1枚(^^)



DSC07246.jpg



このところ縁のある方たちがよくメール下さるのですが、
内容も多岐に渡り、この時期ならではなのか、
興味深い内容のものも多いんです。

そんな中、12月の選挙の時には
山梨の方とこんなやりとりがありました。

ちょっと面白かったので、Nさんの了承も得て簡単なご紹介です。


日本では衆議院選挙の結末が大方の予想通り?
与党の大勝利だったのはもうご存じだと思います

これが今の日本人の集合意識なのかと・・・・・
変化を恐れて、いつまで古いものにしがみついてるつもりなのか?
と、呆れてみたり(苦笑)

しかし実はオール野党の県もあるのですよ (小選挙区)

日本に二つだけ・・・・・

何処だと思いますか?

もうご存知かもしれませんね (^^)

そう、沖縄と山梨です

この二か所の集合意識は違うのかもしれません
偶然にしては出来過ぎの様な気もしますが・・・
ちょっと気になったのでお知らせさせて頂きました

ブログにもアップしたので宜しければご覧になって下さいね☆


→ きらきらの詰まったおもちゃ箱



私からは、以下のようなお返事をしていました。


まだ覚醒されていない方もいらっしゃることや、
投票数自体も機械で操作されたりしているようですので、
難しいものがありますよね。

実際にはもう少し変化は起きているのでしょうが、
組織票やら、機械で虚偽のカウントなどもかなりされていて、
新しい時代の反映がじゃっかん阻止されているような気もしています。

それでも青色一色になったのが、沖縄と山梨なのは面白いことですね^^
(彼女のブログをのぞかせて頂きました)

私がじかに知る意識のこなれた友人たちや、故人も含む何人かの先生方、
そして天下泰平の滝沢さんのような方たちは、みな、この沖縄や
山梨にゆかりのある人たちばかりなんですよね。

おそらくは、そういう人たちが集まっている場所なんでしょうね。。。。

そしていずれも、新しい時代には大きな役割を
担っていくことになる土地でもあるからなんでしょうね^^




この後、さらにNさんからいただいたお返事メールには、
とても面白い事実が書かれていました。。。♪


うわわわわ〜
りんごさんのメールを読んで
一連のシナリオが思い浮かびました

実は山梨の1議席は自民が当確……と
夜の11時にテレビで言っていたのですよ

あ〜あ、とガッカリして私は寝てしまったのですが
一晩明けたら、何故か野党議員が当選してる
一瞬、世界がシフトしたのかと思いました(笑)

旦那が教えてくれたのですが
実はいち開票所の機械が「トラブル」で動かなかったらしく
開票がかなり遅れてたのです

多分、手開票に切り替えたのでしょう
なんと大逆転ですよ(笑)

正に「ぐりんとひっくり返った」選挙でした

どなたの配慮なのでしょうね( ^ω^ )


日本は世界の雛形ですが
私は山梨が日本の雛形だと思ってます

今年2月の異例の大雪でライフラインを断たれた山梨
ホントに燃料も食料もお店から消えました

やはり地産地消、自給自足は大事だと感じた一件でしたが
その時、輸入に頼る日本とシンクロしてると思いましたね


話は戻りまして…

悪の計略も九分九厘まで成功すると
そこで初めて神一里の仕組みが発動し
世界がぐりんとひっくり返る……

と、日月神示では言ってますね

とゆう事は
山梨が雛形だとしたら

いずれ間違いなく
神一里の仕組みが発動し、
日本もぐりんとひっくり返るかもしれないと…
そんなシナリオが浮かんだのですね

妄想ですが(笑)

夢があると思います(*^^*)




私も、日月神示のこの「神一厘のしくみ」については
昔から興味があり、とても楽しみにしています。

いずれそんな日がきたら、面白いですね。
まさに夢がありますよね。。。♡

山梨で起きた開票の不思議は、
実際に起き始めている日本の変化を
如実に物語ってくれている可能性がありますね^^



2014年、、、、

今年は私にとっては今までにないほど
さまざまなことが変化した面白い年になりました。

常識をというか、鳥かごをいかに打ちくずしていくのか。。。。

子供のころから社会常識とは違う視点からものを観ることが好きでしたが、
今年は実際にそれを自分の日々の生活で実践してみる、、、、
そんな訓練をさせられていたような年でした。

そこから生まれてきたものなのか、年を重ねたからなのか、
それとも新しい時代が始まりつつあるのか、不思議な面白い感覚を
日常的に味わうことも格段に増えていた今年。


この世界は、今まで通常の社会から教わったりしてきたものとは
かなりかなり違うもののようであること。

そして自分流というのを、もっと人は活かしても良いのだということ。

自分の意図(プログラミング)の仕方によって、
身の回りに起きてくる現実がいかようにも自身で変化させられるということ。

当たり前のことながらも、こうしたことも知識からなどではなく、
肌身で強く実感&実践させられるようになってきています。


2015年、、、、

大変化が、さらに目に見えてくる年とも言われていますね。

実際には歩いてみないとどんな年になるのかはわかりませんが、
それでも何かさらなる素晴らしい流れがあることも、
すでに多くの人が感じ始めています。


今年も読みに来てくださり、本当にありがとうございました^^

どうぞ、すばらしい2015年をお迎え下さい。。。☆






スポンサーサイト
[ 2014/12/31 09:38 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

あぁ、フロリダ☆魔法の世界


最終日は、ユニバーサル・オーランド・リゾートに。。。☆

ディズニーワールドから、車で25分ぐらい。

ここにはユニバーサル・スタジオ・オーランドと、
アイランズ・オブ・アドベンチャーの2つのパークがあります。

時間も半日ほどだし、新しくできたハリー・ポッターのエリアが目当てだったので、
片方のパークだけの入場にしようと思っていたら、なんと魔法使いのための
道具などを売っているダイアゴンアレー(横丁)と、ホグワーツの魔法学校が
それぞれのパークに内あり、それがあの汽車で結ばれているという
造りになっていることを、今回初めて知りました(ーー;

なので、結局両方のパークと、早く回れるようにと
エクスプレスパスも含めたので、チケット代はかなりのものに。。。(@@;

ネットでも高かった~!と書いている人がいたのですが、
まさか~と思っていたら、本当に高かった(笑)



3日目にしてさらに暑くなり、摂氏28度近い真夏のような日差しの中、
まずはアイランズ・オブ・アドベンチャーのパーク内にある、
ホグワーツの魔法学校のエリアからスタート☆



、 、 DSC07724.jpg



私達は夕方の便だったので、この日は夜までいることができなかったのですが、
この街並みは、灯りのともる夜に観るのがやっぱり素敵なんだそうです ♡



DSC07726.jpg



こちらはホグワーツの魔法学校で、教室を回ったり、ほうきに乗ったハリーと
クイディッチの試合や学校の周りの空を飛んだりするアトラクション
「Harry Potter and the Forbidden Journey」。

揺れの激しい動きが結構あるので、これはちょっと酔うかもです。。。(笑)

人気アトラクションで長蛇の列。なんとこれは新しいものなので、
エクスプレスパスが使えなくて、50分ぐらい並びました(@@;
(なんの為のエクスプレスパスなんだ~(T0T)と、旦那クン。 だよねぇ~笑)



DSC07729.jpg



アトラクションを終えてから、ふり返ってもう1度撮ってみました。
空模様や光線の加減が違うので、また雰囲気が違って見えますね。



DSC07733.jpg



この後、エクスプレスパスですぐに乗れた
隣のミニジェットコースターを楽しんでから、来た道を戻りました。



DSC07732.jpg



このあたりに来ると、名物のバタービアーが目に入りました。



DSC07734.jpg



と言っても、もちろん本物のビールではありません(^皿^)
暑かったのでフローズンタイプにしたのですが、キャラメル味の飲み物で
泡のところが生クリーム。なかなかおいしくて、これ、かなり気に入りましたぁ ♡



、 、 、 、 DSC07735.jpg



右手はパブ。世界中のビールやワインなどが飲めるようです。



DSC07736.jpg



両テーマパークを結ぶ汽車。あの見えないプラットフォームから
汽車に乗って到着する、これはホグワーツ側の駅。



DSC07737.jpg



ここから汽車に乗って、魔法使いの道具がなんでも揃うダイアゴンアレー横丁
のある、ユニバーサル・スタジオ・フロリダのほうのパークに行きます。
これもまた混み混みで、1時間ぐらい並んだかなぁ。。。(笑)



DSC07739.jpg



汽車の中は1部屋8人がけの個室になっていて、
隣の園に行くまでの間、ほうきで空を飛ぶハリーや、
イギリスの田園風景などを窓の外に楽しむことができます。

そして窓とは反対側にある通路は、その個室とはドアなどで間仕切られて、
一部すりガラスになっているのですが、そこにホグワーツの生徒たちが
おしゃべりしながら汽車内を歩きまわったりしている影などが
映し出されたりして、とっても臨場感があるんですよ^^



DSC07745.jpg



電車を降りて最初に目に入ったのが、うすっぺらい幅にもなって
どんな所でもすり抜けて走るナイト・バス♪



、 、 DSC07746.jpg



街かどにあるレストラン。。。♡



、 、 DSC07749.jpg



ハリーが魔法学校入学の際に、必要なものを揃えたダイアゴンアレー(横丁)。



DSC07750.jpg



大きなドラゴンが屋根に乗っている建物は銀行。



DSC07755.jpg



角度を換えると、こんな感じ。



DSC07758.jpg



ちょっと顔が見えにくいけれど、この銀行で働くゴブリンのバンカーたち。
ここも人気アトラクションの「Harry Potter and the Escape from Gringotts」。
ライドにたどり着くまでに、銀行内をいろいろと観せてくれます。

ここから巨人などのいる世界に迷い込み、ハリーやハーマイオニーたちが
さまざまに冒険をしていくのを強い体感とともに一緒に楽しめるのですが、
ホグワーツのより、個人的にはこちらのほうが好みかも。。。♡

ごく最近造られたものみたいですが、これはいつかまた乗ってみたいです^^



DSC07760.jpg



ハリポタではおなじみの、絵が動く新聞。



DSC07762.jpg



ハリーが魔法の杖を買いに行った、オリバンダーのお店。



DSC07765.jpg



ユニコーンの角や不死鳥の尾羽根など、さまざまな素材でできている
そのパワーや役目なども少しずつ異なる魔法の杖たち。。。☆



DSC07766.jpg



そうそうあのドラゴン、アトラクションを待っていたり、
ダイアゴン横丁の下から見上げるとこんな感じなんですが、、、、



DSC07764.jpg



これが15分ごとぐらいにだったか、こうやって一瞬大きな炎を吹くんです。
唸り声というか雷などの音がしているなあと思ったら、次の瞬間に
頭上がカァ~っと熱くなるんで、否が応でも気づきます。。。(笑)



、 、 DSC07768.jpg




ハリー・ポッターの魔法の世界を駆け抜けるように楽しんだ後、
最後はエクスプレスパスが効いた、映画「ハムナプトラ」がテーマの
アトラクション「リベンジ・オブ・マミー」に飛び込みました。

これも、なかなか面白かったんですよ~(^^)b

竜巻がテーマのツイスターライドとか、
映画「大地震」がテーマのディザスターなどにも乗りたかったのですが、
残念ながら、今回はここでタイムアップとなりましたぁぁ (TvT)

いつかまた機会があれば、その時にリベンジしたいと思います!


それにしても新しいテクノロジーでのアトラクションは、
やっぱりすごいですね。こんなにリアルな体感ができちゃうのか~
と、かなり驚くものもありましたよ。。。♡

ディズニーなどでも、古いものならもう30年近くたっているものもあると思うので、
いずれはそうしたものも少しずつリニューアルされたり、もしくはまったく新しく
その時代の技術に合わせた内容のものに作り替えられていくんでしょうね。

せっかくチケットも買ったのに夜までいられなかったのは残念でしたが、
空港に着いてしばらくしたら、ものすごい土砂降りになっていて、
その晩は明け方近くまでかなりの雨だったようです。

数日前の太陽フレアの影響なのか、かなり気温が上がっていたので、
夏の夕立ちのような感じになっていたみたいです。

それまでの数日間はまったく降られることもなく快適だったので、
どのみち、あの時間までだったのかもしれません^^

新しい時代の始まる節目に、南の熱いエネルギーを背負って
またNYに戻ってきました。。。☆




[ 2014/12/27 08:08 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)

あぁ、フロリダ☆2


2日目はハリウッドスタジオから。。。。

気温が前日よりも上がって、摂氏26度ぐらい。

日向に出ると太陽がジリジリと暑くて、
この時期のNYとはまるで別世界だぁ。。。(ーー;


まずは旦那クンが入りたいという、スターツアーズから。
時空を飛び越えていくような、スピード感あふれる宇宙の旅☆

そして映画「インディー・ジョーンズ」をテーマにしたスタントショーに。
アメリカに来たばかりのころ、ロスで観たはずなのに、
すっかり内容を忘れてしまっていました(笑)



DSC07653.jpg DSC07654.jpg
DSC07656.jpg DSC07658.jpg



前にユニバーサルスタジオだったかで感動した、
大型ドラムに乗って撮影現場などを回る「バックロットツアー」を
楽しみにしていたのですが、(日本の)ガイドブック通りに行ってもなぜかなくて、
今回は残念ながら乗ることができませんでしたぁ。。。(TvT)

そのアトラクションがあったとおぼしき所の近くではアナと雪の女王関連?
のものが催されているようで、もしかしたら変わってしまったのかもしれません。


最後に、待ち時間がそれほどなかったグレートムービーライドというのに乗って、
ハリウッドで作られてきた映画の歴史のようなものを楽しんできました。

意外と面白かったのですが、、、国というか軍事的というか、
アトラクションの最後のほうで流れる映像の中に
そうしたものを少し感じるものがありました。

旦那クンも似たようなことを感じたようなんです。。。。


足早にハリウッドスタジオを後にすると、
お昼過ぎからは、メインパークとも言えるマジックキングダムへ!



DSC07665.jpg



クリスマス前のホリデーシーズンということもあってか、とにかく激混み!!!

テーマパーク内でもやはり一番の混みようで、小さな子供も多く、
どう見ても許容以上の人を入れすぎてしまっている感じで、
身動きが取れにくく、遊びにくさが際立っていました。

午後2時過ぎぐらいに入ったのですが、どのアトラクションも
レストランなども混み混み。それでも事情をよく知らない旦那クンは
どこかに並ぼうとしますが、こういう時には夜のすいてくる時間帯まで待ってから
並んだほうが良いので、昼間は体力温存のためにも、アイスクリームなどを
食べながら、イスなどに座ってのんびりすることにしました。

世界中からの人々がいるところなので、
ぼんやりとマンウォッチングしているのもなかなか楽しい。。。♡



、 、 、 、 DSC07608.jpg



園内では、キュートな格好をした女の子が多くてかわいかったですね(♡v♡)
特にプリンセスに変身してのものは、やはり目を惹きます♪



、 、 、 DSC07618.jpg



夕方からは、ファストパスを取っていたアトラクションに次々に入りました。
そのうちの一つ。アンダー・ザ・シーのリトルマーメイド。



DSC07671.jpg DSC07680.jpg



比較的新しいアトラクションなのかな、、、かなり混んでましたね。
小さい子は、特に好きそうな感じです♡



DSC07681.jpg



ロスのシンデレラ城(23m)はやたら小さく感じていましたが、
東京やフロリダの半分ぐらいしかなかったんですね。(ともに50m以上)
初めて知りました。ここのは東京より3~4mぐらい高いそうですが、
やはり大きいと思いました。



DSC07684.jpg



これは裏側、かなり近くから撮ったものです。
ディズニー・ランドは、やっぱりシンデレラ城を見ないと始まりませんね。。(笑)



DSC07687.jpg



こちらは帰りがけの真夜中過ぎに、真正面から撮ったもの。
冬らしい、アイシーなデコレーションです。



IMG_1185.jpg



そして、もうおなじみのエレクトロニカル・パレード。
旦那クンはお初に近い感じ、、、私も遠くから適当に見ることはあっても、
座っわて間近でゆっくり観たことはあまりなかったので、ちょっと新鮮でした ♡



DSC07690.jpg



わぁ~、鮮やか ☆



DSC07692.jpg



観たことがある人も多いものだと思うので、写真だけ。。。☆



DSC07693.jpg DSC07695.jpg



時計塔だけって。。。。(笑)



DSC07704.jpg






DSC07700.jpg






DSC07708.jpg DSC07707.jpg



そういえば、今年オープンしたばかりの「7人の小人のマイントレイン」は
あまりの人気っぷりに、閉園間際まで粘ってみたものの長蛇の列でダメでした。
(私たちに、1時間以上並ぶ根性がなかったという理由でですが。。。笑)

あぁ、小人さんたち、いつかは乗せてねぇ ♡



DSC07709.jpg



ドラゴンライド、またしてみたいなぁ。。。♡



DSC07714.jpg






DSC07715.jpg DSC07716.jpg




ファストパスと、閉園まぎわのすいてくる時間を狙って
乗りたいと思っていたアトラクションには、ほぼ乗ることができました^^

とは言え、夜中の1時近くまで
ものすごい人だったことには変わりありませんが。。。(笑)


ディズニーリゾート内のホテルに泊まったので、「マジックバンド」という
園内へのチケット代わりにもなり、ホテルの部屋のキーなどにもなっている
リストバンドを着けてまわっていた今回。

途中、たぶんお子さんがほしい!とでも言ったんでしょうね、、、、
それを持たない家族連れのパパさんから「それ、どこで手に入れたの?」
と聞かれたのですが、一応パーク内のお店などでも買うことはできるんです。

ファストパスの予約などもこのマジックバンドに入ってしまい、
買い物などでもこれで「ピ!」っとできちゃうので便利なんですが、
個人の嗜好や行動などもすべて把握されてしまい(クレジットカードがすでに
そうだけど)、プライベート情報って、こうやって握られていくんですねぇ。。。

それぞれのパークの入場では、毎回しっかり指紋も取られますしね。
遊びながら、色々管理もされていってしまうのかもしれません。

しっかり楽しみながらも、
様々なものが観えた今回のディズニーでした^^


最終日には、これまた駈け足で「魔法の街」にも行ってきましたよ~



それでは、今夜は素敵なクリスマスを。。。☆





[ 2014/12/24 23:23 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)

あぁ、フロリダ☆1


ぼくの出張が終わった後に、
向こうで合流してディズニーでも行かない?


そんな旦那クンの誘いに、乗ってみました^^

19年に一度という、珍しい冬至の直前でもあるし、
新しい事が始まるそんな節目の時に、南のフロリダに一旦行ってから
NYに戻って来るのにも、なにか面白いワケでもあったりするかもなぁ、、、
なんていうふうにも、ちょっと思えたりしたからなんですよ。

そんなこんなで、地球市民のある種の教育の場?でもある
ネズミーランドならぬ、ディズニーワールドに駆け足で行ってきました♪


東京やロスのは近かったこともあり行き慣れていますが、
オーランドのはまったくのお初!

フロリダはオーランドにある、ウォルト・ディズニー・ワールド☆

2つのウォーターパークや、ダウンタウンディズニーなどのほかに、
東京ディズニーランドとほぼ内容が同じのマジックキングダムや、
エプコット、アニマルキングダム、そしてハリウッドスタジオの
主に4つの大きなテーマパークがあります。

だいたい1日に1テーマパークなんて言われていますが、
そこは時間のあまりないわが家。1日2テーマパークずつ行ってきました(笑)

なのでチケットも、ほかの園と行き来できるホッパーというものに。。。♡

だけど午後からは違う園に移動する、、、なんていうアメリカ人も
結構いる感じだったので、これは旅行者だけでなくおすすめなのかも^^


まず初めは、アニマルキングダムから。
入口のツリーも、さすが動物のオーナメントだ。。。♪



DSC07561.jpg



アニマルキングダムのシンボル。ライフオブツリー♡
高さ44mで、14階建てのビルに匹敵する高さだとか、、、かなり大きいです。
園内に入ると、これがど真ん中に見えてきます。



DSC07563.jpg



こちらはグルっと進んで反対側から見たライフオブツリー。
よく見ると動物が幹にいっぱい。こちら側からのほうがよく見えて、
撮影ポイントにもなっている場所でした。



DSC07598.jpg



人気のキリマンジャロ・サファリへ。
ジープに乗って、サバンナツアーに出かけます。
動物の動きが活発な朝か夕方のほうが良いそうで、ファストパスは昼まで
もういっぱいでしたが、朝行って並んだらわりとすぐに乗れてラッキーでした☆



DSC07565.jpg DSC07566.jpg
DSC07568.jpg DSC07572.jpg



こんな感じにジープで、サバンナを進んでいきます。



DSC07570.jpg



こういう中で見るキリンを、特に新鮮に感じました。。。♡



DSC07574.jpg DSC07579.jpg
DSC07580.jpg DSC07582.jpg



ライオンは日が少し高くなって、もう寝てましたね。。。(笑)
サイは道路まで出てきて、ジープのすぐ横をノシノシ通り過ぎていきましたよ。



DSC07587.jpg DSC07589.jpg
DSC07595.jpg DSC07596.jpg



恐竜が棲む世界を旅する「ダイナソー」というアトラクションに乗ってから、
評判が良いらしいアジアン料理の「ヤク&イエティ・レストラン」でランチに。
奥に見えるカレーも良かったですが、手前のレタスで食べるのが美味でした~♡



、 、 、 、 DSC07599.jpg



アニマルキングダム最大の絶叫マシーン「エクスペディション・エベレスト」は
パスして、お昼ご飯の後はワールド内のバスでエプコットへ。


エプコットは世界の文化に触れられるというのが売りのテーマパークですが、
おいしいレストランなども多くて、大人が一番楽しめるかもしれません。

最初に寄った中国館では、雑技団みたいなショーが。。。
この仮面の早変わり、一度近くで見てみたかったんですよね~。
だけどどんなに至近距離で見ても、あっという間でわかりませんでした!!(@@)



DSC07611.jpg DSC07612.jpg
DSC07613.jpg DSC07614.jpg



こちらはおしゃれなフランス館。
香水の調合とかお菓子とかがあります♡



DSC07626.jpg



こちらはモロッコ館前の噴水のタイル。



DSC07624.jpg



この感じ、ちょっと懐かしい。。。やっぱり好きだなあ(♡v♡)



、 、 、 DSC07620.jpg



モロッコの古都のフェズやマラケシュのバザールなどが広がります。
この奥にあるマラケシュレストランで、タジン鍋のディナーでもと思っていたら、
激混みでしたぁぁ。動きの予定が読み切れず予約していなかったため、
待つのは諦めてイタリア館へ戻ることに。。。(TvT)



、 、 、 DSC07622.jpg



こちらも人気が高く混んではいたものの、「ヴィア・ナポリ」に入れました。
イタリアの有名シェフが手がけているそうで、現地から取り寄せた驚くほど
新鮮な食材と薪窯で焼いたピザは、もう最高においしくて!!!(@口@)w

思わず、まだアメリカに来たばかりだというイタリアなまりの強いお兄さんに、
「こんなにおいしいピザ、初めてよ~!!!」と言ったら、「僕はここのが
世界一おいしいと思っているんですよ^^」って、とっても誇らしげでした(笑)

イタリア移民の多いNY周りでも、ここまでのはちょっとない気がするなぁ。。。♡



DSC07633.jpg



閉園まじかの9時過ぎになってから、
ようやくすいてきた人気アトラクションの「ソアリン」に。

足がぶらぶらするブランコのようなライドに乗って、
カリフォルニアの空を飛ぶというもの。住んでいたこともあるので、
その懐かしさも手伝って、なかなか良かったです。。 (^^)b

ただあまりに時間が短かったので、願わくば、もう少し長いといいなぁ。。。(笑)



DSC07647.jpg DSC07648.jpg



カリフォルニアの空の旅を終えて出てくると、
ドーンドーンと、奥にあるワールドショーケース・ラグーンでの
花火のショーが始まっていました。

これは絶対に近くで観たほうがいいんですけどね、
ソアリンから出てきたとこでもあり、少し遠くから見ていました。

それでもエプコットの花火、なかなかど派手でよかったですよ。。。♪






[ 2014/12/23 22:22 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)

You are what you eat !


You are what you eat !

あなたは食べたものでできている!

とは、よく言われることですね^^

とは言え、これからの時代では空間にあるプラーナ
などからのエネルギー摂取もさらに増していくでしょうから、
決して口から食べるものだけでもなくなっていくのかもしれませんが、、、、

それでも、やはり食材からも栄養やエネルギーを摂っているうちは、
何を日々食べているのか?は、私たちの体を作っているものでもあるので、
とても大切なことだったりしますよね。。。♡

人には遺伝や体質などもあるので、合う食材・合わない食材というものも、
各個人で少しずつ違ったりもしています。

なので、何かを食べたり飲んだりした後の
自身の体調の変化というのをよく見るようにしていて、
どうもこれは自分には合わなさそうだなぁと感じたものは
なるべく摂らないようにしていくと良いかもしれません。

今までにもこうしたお話は何度かしてきていますが、
私の場合は、化学的な混ざり物が多い安い酢。これは心臓が痛くなる
サインが来るのですぐにわかったものですが、本物の醸造酢などにすると、
それがまったく起こりません。

そして少し前に書いた(現代の)小麦。これは旦那クン手作りの大きな
お好み焼きを食べるとお腹が痛くなることがあって徐々に気が付いていった
ものですが、これは古代小麦のスペルトにしたら大丈夫でした。

それから糖分。これは普段あまり摂らないものですが、
暑くなってきて食欲が落ちてオレンジジュースなどばかりを
飲んだりすることが多くなると心身ともにすぐれなくなることから、
砂糖が脳や体に及ぼす影響を実際に体感して知ることになりました。

あとは少し前に知ったものとして、白ワインがあるんです。
これは関節、特に膝がギシギシして痛むような感じをたまに持つことがあり、
30代後半ごろから、年だから???(@。@)なんて思っていたのですが、
ある時、パーティーなどが重なりワインを飲むことが多くなると、
膝がギシギシしてくることに気づいたのです。

もともと普段はあまりアルコールを飲むこともなく、
ましてワインはほとんど飲むことがないので、パーティーシーズンなどで
ちょっと口にすることが続いた時との差から、わかるようになりました。

これは調べてみると、やはり赤ワインよりは白ワインに
よくあることなんだそうで、頭痛などが起きる人も多いそうなんです。

おそらくは酸化防止目的で入れられている亜硝酸塩かな?と。
これは、体を壊す10大食品添加物としても名前が挙がっているもののようです。

ワインだけでなく、さまざまな食品などにも使われている亜硝酸塩ですが、
とにかく白ワインを飲まないと、ひざのギシギシ感や痛みはまったく
起きないので、今はそれが含まれていないワインを探すか、
たいていの場合は飲まない、、、になっています。

ちなみに日本酒などでは起きないんですよね。
なのでパーティーなどでアルコールが出される時には、
なるべくそうしたもののほうをチョイスするようにしているんです^^

それから、ごく最近わかったものに、玉ねぎがあるんですよ。。。
これは個人的にも好きな食材で、お料理にも本当によく使っていたのですが、
お腹がもこもこ(ガス腹みたいに)なるのは、玉ねぎをたくさん食べた時に
多いなあ~と、なんとなく気づいてしまったんです。

これもいろいろと試してみましたが、オイルなどで炒めたものでも、
生でスライスなどにして食べたものでも、やはり同じような感じになること。

夏の腸内洗浄の時に、施術者の彼女に話してみたところ、
「玉ねぎやニンニクがうまく消化できない人って、日本人には意外と
多いんですよね~」と教えてもらったことで、確信に至ったのですが、
ちなみに長ネギなどではそれがないんですよね。

その彼女にも長ネギは?と聞かれましたが、
これは改めて何度か試してみても、大丈夫だったんです^^

そんなこともあり、私の人生でも常に王道を歩き続けてきた玉ねぎ君でしたが
その日以来、わが家の食卓には一切のぼることがなくなっています。。。

一般的には体に良い食材ですが、自分の体質がそれを受け付けない場合には
それを取り除くことはやはり仕方がないようです。

そんな先週は、、、外で友人とスープを飲んだ際に、
すっかりそのことを忘れていてオニオンスープを頼んでしまいました。
スープを飲み干したところでハッと気づいたので、下にたまっていた
玉ねぎの繊維など、その身自体はそこで食べないようにしたのですが、、、、
それでもその夜は、お腹の中が久々にだいぶ騒がしくなっていました。OMG ‼

やっぱり私にとっては、うまく消化できない食材のようです。。。(ーー;


知識で良くないと知っていて摂らないようにしている食材もありますが、
自分の体で合わないと感じたものを摂らないようにするだけでも
体はかなり楽になるものなんだなあというのを、このところ感じています。

あとは量ですかね。。。。

これについてはまた別の機会にでも書きますが、
体が本当に要求している量というのは、かなり少ないものであるらしい、、、、
ということにも最近気がついてきて、徐々にそれに応えるようにしているのですが、
やはり体が以前よりも楽になり、快適に感じることがとても増えたんですよ^^

そうそう、、、小麦粉食がとても多かった日本の友人。
パンなどの小麦粉食をほとんど食べなくなっていたところ、
手湿疹が改善されるだけでなく、高めだった血圧が下がってきたそうで、
その日の状態によっては(薬)を摂らなくても良いですよ、、、と、
先日はお医者さんにも言われたんだそうです。

何を食べるのかって、やっぱりあなどれないかもしれませんねぇ。。。(^ω^)



そういえば、、、このところよく入ってくるお話に、ココナッツオイルがあります。

日本にいたころから、私も色々なオイルを試しに使っていましたが、
ここ数年はずっとオリーブオイルの良質なものをメインで使っています。
それからモロッコに行ったこともあり、アロガンオイルなどもたまに使いますが、
それ以外には、熱に強いココナッツオイルを使うこともよくあるんです。

これは風味があっておいしいだけでなく、南の島ではさまざまに、
そして時には薬のように重宝されてきたココナッツだけあり、
その特質には目を見張るものがありますよね ♡

少し前には→ 天下泰平さんのところでも取り上げられていましたが、
こちらのオーガニックスーパーの「ホールフーズ」でも売られているので、
実は私も、このNutivaさんのを愛用しています。

使いやすいんですよね。。。(・∀・) ♡



、 、 、 、 IMG_1175.jpg



雑誌やテレビ番組などでもよく特集されていて、
日本でもココナッツオイルがブームになっているそうですが、
先日はブログ読者さんが、こんなサイトも送って下さっていました。

→ ココナッツオイルの効用

これはと~ってもわかりやすかったのですが、
ココナッツオイルってやっぱりすごいですね(^^)b

送って下さったY美さんは、

ここのところ、パンを結構食べていて、
麻薬のごとく「満足感」が得られず食べ過ぎていたのですが
ココナッツオイルを食べたら、食欲が満たされました。
必要な栄養が満たされたのかしら?

もともと油は好きじゃなくて、パサパサしたものばかり食べてましたから。
私にとっては必要な成分が補えるのかもしれません。


だったそうなんですよ^^



たかが食材、されど食材。。。。

あなたは今日、何を食べましたか?




[ 2014/12/17 08:01 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

アメリカ時事


白人警官が黒人少年を殺してしまった出来事から
発端となったミズーリ州などではデモが起きていましたが、
同じような事件が他でも重なったことで、NYなどでも
連日のように抗議デモを見かけます。

そうしたこともあってマンハッタンなどのNYシティーでは、
駅や街中に、いつもよりも多くの警察官が立つようになっています。

下はそれぞれ違う日に見かけた、グランドセントラル駅構内での抗議デモ風景。



IMG_1137.jpg



だけど今どきの抗議デモには女の子なども多く、割と明るくて、
闘争心や悲壮感などよりはカジュアルな感じです。

なので警察官もただ見守っているだけ、、、、
というような雰囲気で、とても和やかなんですよ。



IMG_1141.jpg



このような事件自体は2度と起きてはほしくありませんが、
真相というのはやはりわかりにくいものもありますよね。。。

人種間の抗争などに持ち込ませ、全米に非常事態宣言でも出して
世の中をさらに意のままにコントロールしたい勢力などが仕掛けているのでは?!
というふうに考える人々も時代とともに増えているからなのでしょうか、
アメリカ社会も比較的落ち着いているような感じです。



IMG_1142.jpg




こちらは、42丁目沿いにあるブライアントパークの仮設スケートリンク☆



、 、 、 、 IMG_1161.jpg



モロッコや中近東などのランプを売る、一番人気のブース♡



IMG_1153.jpg



12月に入ると世界中からの旅行客で、
街やホリデーマーッケットはごった返すようになってきました。



、 、 、 、 IMG_1157.jpg



ツリーのオーナメントにも、クラシカルなものから現代風のものまで、
いろいろなものがあって楽しいですね。。。♡



IMG_1156.jpg IMG_1158.jpg



ジンジャークッキーが、ひときわ輝く時 (笑)



、 、 、 、 IMG_1159.jpg




窓の外では、この冬 初の雪が積もり始めています。。。☆







[ 2014/12/11 07:48 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(-)

古代(スペルト)小麦♪


今日は他で記事にしたものを、
このブログ用にまとめなおしたものです。

現代の一般的なパン小麦粉のお話と
それからさらに一歩進んでのものになります。。♡


ここでも何度か記事にしたところ、反響がかなりありました。
初めて知る方も多く、だからだったのか~!と納得される人や、
実際に自分の体で実験してみました~!なんていうチャレンジャーさんも(笑)

旦那クンが週末に、大きなお好み焼きを焼いてくれるたび、
その晩はお腹が不調になることがよくありました。

以前から小麦粉の持つ常習性などは聞いていたので、、、、

もしかしたら、やっぱり気をつけたほうが良い食材なのかも。。?!

(母世代に近い)とても親しくしていた友人の病気は、これが原因だったのでは?

という、ここ数年の疑問や悔いが残る思いに、ようやく光が差した気がしたのが、
アメリカやカナダではすでにベストセラーになっていた

「Wheat Belly」 「小麦は食べるな!」(邦題) でした。


小麦は食べるな!
(2013/07/13)
ウイリアム・デイビス




すでに前記事でも書いていますが、大きなきっかけとなったのが、
友人たちが勧めてくれた腸内洗浄の施術者との出会い。

そして彼女の放った
「現代で一番食べてはいけないのは、小麦粉食よ!」
という一言でした。

あぁ、やっぱり、、、(@@) と、どこかで思うと同時に、
そう話してくれた彼女にはものすごく説得力があり。。。。

なぜなら1日1食で、小麦粉食もほとんどしていない、
同じ年のその彼女のお肌は美しい光沢をたたえ、とても若々しかった
からなんです。そして20年近くも、多くの人々の腸と真摯に向き合ってきた
プロの彼女が言うことでもあったからなんですよね。


小麦粉食は老けを早めさせる王さま食材でもあるからなんでしょうか、
アンチエイジング本などをよく出されている順天堂大の白澤卓二先生が
この本を訳されていたのも、私には大きなポイントでした。

1950年代ぐらいまでの小麦は、まだよかったようです。その後に、
さらなる収穫を求めて品種改良された現代のパン小麦こそが人間の腸を壊し、
脳を麻痺させ、満腹と空腹感を繰り返させる危険な穀物へと変わったようです。

そんな中、現代の小麦粉食で腸を壊していく
セリアック病というものに興味を持つようになりました。

現代は多かれ少なかれ、これが潜んでいる人が少なからずいるそうで、
過敏性腸症候群や胃酸逆流なども、実は軽いセリアック病なんだそうです。
(遺伝的な要因なども多分にあるもののようです)

腸や神経系などが狂わされることに端を発し、ガンなどはもとより、
高血圧、糖尿病、心臓病などをはじめとするあらゆる内臓の疾患。

統合失調症や多動性障害、認知症、うつなどの脳の病気。

さまざまな神経や肌の病気やアレルギー。

メタボなど、炎症性の脂肪を多く持つ病的な肥満などを起こさせ。。。。

髪の毛が薄くなる、関節痛、手湿疹、ニキビなどにも
実はこの小麦粉食がかなり絡んでいて、ちょっとやめてみただけども
驚くほど改善されてしまう人も少なくないそうなんです。

著者のデイビス博士は、自身の患者さん2000人以上に
独自の小麦抜き食生活をしてもらったところ、多くの病気や疾患の
そのほとんどで改善されたり、中には全快してしまう人さえいたそうです。


ここで記事を書くようになってから、友人たちからも
いろいろな情報や体験が入ってきていました。

ある友人は、ご主人がダイエットで小麦粉食を抜いてみたところ
ドンドン痩せているのよ!とうれしいメールを数回にわたり送ってくれたり、

手湿疹のあった日本の友人は、自らの実験で小麦粉食をしないと
手がかゆくならないことを発見したそうで、食べるとそのたびに
症状がぶり返すそうなんです。

仕事柄、関節の痛みへの対処などを聞かれることもあるのですが、
小麦粉には関節を酸化(サビ)させる成分もたくさん含まれているので、
小麦粉食をカットすると、関節痛が軽減したりなくなってしまう人も多いようです。
これは痛風やリウマチの人などでも、同じような傾向があるそうなんですよ。

ニキビなども小麦粉食文化のない国や地域には見られなかったものだそうで、
現代のパン小麦が流通し始めると見られるようになるそうです。

そのほかに、最近増えているアナフィラキーショックなども、
この現代の小麦粉食が腸を壊すことによって起きやすくなるものだそうです。


ここまで読んできて、それなら代用できるものはないの?
と思った方も多いはず。

私もそうでした^^

この本でも、現代のパン小麦と古代小麦を、著者が食べ比べしてみたという
記述があるのですが、小麦アレルギーのある彼の血糖値の上がり具合や
その数値、食後の体感には、ものすごく大きな差が出たそうなんです。

古代小麦でのものは、とてもよかったそうです。

本には古代小麦とあるだけで詳しい記述はないのですが、
いろいろ調べてみたところ、おそらくそれは
スペルト小麦だったのではないでしょうか?

古代小麦と名乗るものは結構あるようで、たとえば6000年前ごろに
栽培されていた、パスタに使われるデュラム小麦の祖先の
カムートなどは、この本でも勧められてはいません。

本では特にダメともおすすめとも記述はなかったのですが、
ネットなどでも色々調べてみたところ、9000年前ぐらいに栽培されていた、
このスペルト小麦(ヒトツブ種)がやはり良いようです。


NYの友人たちにも聞いてみたところ、

そういえば、〇〇ちゃんはそれで料理しているよ~!

マクロビでも、この小麦は健康に良いと話されていたよ^^

ああ、それなら健康食店の〇〇でもスペルト小麦のお菓子があるよ~!

旦那が朝に食べているのはスペルト小麦のパンだよ!

なんて感じに、ああ、知っている人たちは、すでに使ったり教えていたり、
販売しているのだな~と、改めて思いました(笑)

日本でもこのスペルト小麦を栽培&販売していたり、
これでパンやお菓子を作る人も増え始めているようですね^^


→ スペルト小麦の教科書

→ 古代小麦でホットケーキ

→ 『聖女ヒルデガルトと喜びのレシピ』より



こちらのオーガニックスーパーなどでもスペルトの小麦粉や、
それでできたパスタを売っています。スペルトはじゃっかんモタッとした
感じもありますが、それで作ったお好み焼きはお腹が痛くなりませんでした(^^)



、 、 、 、DSC07482.jpg




、 、 、DSC07473.jpg



パスタは普通のものとほとんど変わりません。おいしいですよ。
値段も一般の小麦などからのものとほぼ同じぐらいです。



、 、 、 、DSC07480.jpg




、 、 、DSC07475.jpg



和食が好きで、もともと小麦粉食は多くないわが家ですが、
家ではスペルトのものを食べるようにしてみようかな?なんて思っています。



、 、 、 、DSC07536.jpg



パスタを多食するイタリアなどでも小麦アレルギーが増えているそうですが、
スペルト小麦をひく前のツブっとしたサラダなどは定番メニューだそうです。
セドナのレストランで食べたものが、おそらくそれだったと思うのですが、
すっごくおいしかったんですよね。。。♡

世界中で古代(スペルト)小麦が脚光を浴びているようです。
多くの人に求められれば、自然と復活してくることにもなるんじゃないでしょうか。

面白いことに、品種改良され過ぎた現代のパン小麦は農薬や肥料が
たくさん必要なんだそうですが、それとは反対に、古代小麦のこのスペルトは、
農薬や肥料などがなくても育つ強い子なんだそうですよ 。
あら、なんて素敵!って思っちゃいますよね(@v<)☆


※本では全粒粉パンやグルテンフリー食の危険性のほか、
ライ麦など一般に健康に良いとされる麦系のものも勧められていません。
またスペルトでも、重度の小麦アレルギーの方は避けたほうが良いそうです。

英語ではスペルト、ドイツ語ではディンケル。
他にも国により、呼ばれ方はさまざまにあるようです。






[ 2014/12/02 06:03 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)