青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

2015年 ひな型の月


冬の寒いこの時期、、、、

いつも行くオーガニックスーパーの棚に、
まだ作りたてのフレッシュなミニブーケを見つけました(♡v♡)

明るいその色とかわいさにひとめぼれして、
わが家におもちかえり。。。(笑)



DSC07905.jpg



ブリザード(雪嵐)の来ていた先日☆

玄関ドアを開けると、そこにはまたあの子が。。。。
(同じ子かどうかはわからないけど・笑)



DSC07914.jpg



んしょ、んしょ、、、ふりしきる雪の中、低木の下で何やら一生懸命 ♡



DSC07915.jpg



たぶん、ここに、なにか、、、あるんでしょうね♪ きっと (笑)



DSC07916.jpg



ふう、、、、満足ぞよ ♡



DSC07917.jpg



ブリザード自体は思ったほどすごくはなく、
ある程度降ってから、翌日のお昼前にはやみました。

去年のほうがよっぽどすごかったなあ~と思いながら、
それでも雪かきはやっぱりちょっと大変でしたが、
ひと汗かいて良い運動にはなりました。

コロラドからの雪国生活で、
慣れてくると雪かきにもコツを覚えるんですよね^^




2015年を占う、雛(ひな)型の月とも言われていたこの1月。

確かに今までにない面白いことが、
いくつか起きていました♪

そのうちの1つは、、、、
自分の魂の由来というか流れというべきなのか、
そういうものがハッキリと観えてきたこと。

かつて夢の中で呼びかけられていた名前や、届けられていたメッセージ。

ふだんの生活の中で、今までに頂いていたメッセージや情報。

そしてそれとご縁のある珍しい名前を持つある有名な方との
偶然の出会いなどなど。。。。

今までまったくの点でしかなく、
それぞれにまったくバラバラだったものが、
ある言葉にハッとしてちょっと調べてみたところ、

以前にはたどり着くことがなかったものにたどり着くことができて、
そこからダーッと、ものすごい勢いですべてがつながっていったのです☆

そして迷いながらも、縁深い友人にその話を先日してみたところ、
なんと、そんなストーリーのマンガがあるの~?!なんていう、
つながったものの1つとまったく同じお話のマンガを
偶然友人がまさにそのころ立ち読みしていて。。 (@@;

(だけどあまりに偶然すぎて、今はどの漫画だったのか彼女にもわからず・笑)

いつものことながら、そのあまりのタイミングの良さに
お互いに笑ってしまうという、、、、

というか、もう笑うしかなくて。。。♪

その後も、縁のある別の方から頂いたメールには
それを後押しするような情報などが書かれていたりして。。。。

あぁ、やっとこの時期になって
このことを知っても良い時に来たのかぁ~
と、思っていたこのところだったんです。

このことで、どこにその仲間がいるのかもよくわかったのですが、
それは父と母の両方からの血のつながりを初めて見たものでもあり、
生まれた土地、祖先、今いる場所、現在交流の深い友人・知人たち、
そして旦那クンやその同僚たちまでもが見事に結びついていて、、、、

それはまるで壮大なストーリーというか、大きな魂グループというか
チームとして動いていることが本当によくわかるものでもあり、
その完璧さというか、宇宙の仕組みの深さのようなものに、
ただただ驚かずにはいられませんでした。

具体的にここに書くことができないのは残念ですが、
2015年を占う、まさに面白い月になっていたことだけは間違いありません♡

おそらく世界中のあちこちで、こうしたことが
起き初めているのかもしれませんね。。。





スポンサーサイト
[ 2015/01/29 06:27 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

手前味噌♪


NYの日本人社会は、
手作りがわりと盛んなのかしら?

お料理のクラスを持つプロに近い料理研究家やマクロビを教える方、
そして、こうしたクラスを受けに行く人もとても多いんですよ。

日系スーパーはマンハッタンにも郊外にもあり、
日本の食材は割と簡単に手に入るのですが、それでも
やはり手作りのものが歓迎される雰囲気があるのを感じます。

そんな中、今年も友人の一人が、まとめてみんなの分も買うよ~♪
と、生の玄米麹をまた注文してくれたので、今回、なんと私も
生まれて初めて味噌づくりなるものをしてみました(・∀・)

昨年は、塩こうじから一歩進んだ甘酒なんかも作ってみていたのですが、
今年は甘酒や塩麹に向いている短期麹だけでなく、味噌づくりに向いている
長期麹も注文してくれたので、半数以上の友人たちが味噌作りをすることに。

毎年作っている友人からもらったレシピで、さっそくトライしてみました(^^)
(デジカメが手元になかったので、アイフォンからの写真です)


オーガニック大豆を買ってきて、18時間水につけてぷっくりさせたもの。



、 、 、 、 、 、 、



圧力鍋がないので大鍋で、4時間近くかけてゆっくりコトコト煮ていきました♪

フードプロセッサーでおおかた潰した大豆を、
さらにすりこ木で細かくつぶしていきます。

これが結構大変な作業で。。。(@@;



、 、 、 、



アンデスの塩と生の玄米麹をあらかじめよく混ぜておいたものに、
潰した大豆を入れてよく混ぜ、お団子を作ってから、それをガラスの容器に
空気を入れないようにしながらギュウっと押し込んでいき、最後にカビ防止の
ための塩をパラパラとふってからラップをして、重しを載せて密封しました。

もらったレシピでは大豆の煮汁も少し使うのですが、ちょっと参照した
お味噌屋さんがネットにあげていたものでは煮汁は使わないとあったので、
それに従ってみたら、かなり水分少なめな子に。。。(ーー; だ、大丈夫かしら?!



、 、 、 、 、 、 、



半年後に出来上がる予定ですが、今からドキドキしています(笑)

うまくな~れ、うまくな~れ♪

あら、おいしい~!!なんて、
思う存分、手前味噌な子にな~れ (^◇^)



長期麹がまだ半分ぐらい残っていたので、
早めに使うためにも、翌日は小豆味噌にも挑戦 。。♡

ひよこ豆の味噌にもトライしてみる!なんていうツワモノ友人もいるのですが、
前に作ってみたという友人から「小豆味噌おいしかった~!」という声が
あったので、私もひそかに心惹かれていたんです(笑)

一晩水につけていた小豆をコトコト煮ていきます。



、 、 、 、



小豆はやっぱり やわらか~い、やりやす~い!! ヽ(^。^)ノ



、 、 、 、 border=



あっという間に潰したものが完成♪



、 、 、 、



玄米の生麹と、アンデスの塩と日本の天然塩を半々に混ぜたもの。



、 、 、 、



これと、上の小豆を潰したものをよく混ぜて、お団子に。。。。



、 、 、 、



これを、空気を入れないように容器にしっかり詰めていきます。
一番良いのはやっぱり木製の樽だけど家にはないし、ちょうどよい
大きさの陶器の入れ物もないので、今回はガラスでもなく普通の容器に。

縦に長いのは、カビ防止のために空気に触れる部分を
少なくしたほうが良いという面でも、意外とこれは使いやすい!!



、 、 、 、 、 、 、



麹の分量が多かったから、なんだかもろみ味噌みたい。。。(笑)
甘口な子に仕上がるのかしら?(・。・)



、 、 、 、 、 、 、



カビ防止の塩を振って、密封して重しをのせたらできあがり~♪


大豆の子、小豆の子、半年後には
いったいどんな味になっているのやら、、、、

すごく楽しみです(^^)






[ 2015/01/21 04:57 ] おいしいね♪ | TB(-) | CM(-)

霞を食べる人増殖中?


甲田先生のご本を読んだ20代後半、
排泄が活発な時間帯でもある午前中には
食事を摂らなくなったことで、自然と朝食を食べなくなりました。

慣れればどうってこともなく、子供のころから食欲のなかった時間帯に
無理にご飯を食べずに済むことや、、、、

朝食を作る手間や時間もかからないので毎日の生活がちょびっと楽に、
いや、、、かなり自由になった感じさえありました(^^) ♡


2004年はすでに渡米していましたが、
その年にはここでも何度か話題にしてきている
山田鷹夫さんの「不食」の本を読むことに。

人は、本当は食べなくても生きられるというその内容に、
とても惹かれたんです♪

かなり変わった方のようですが、私もきっとおんなじなんだろうなあ^^
この本以外でも、山田さんが他の著書などでも書かれていることは
私の視点にとても近いものがあるんですよ。。。(笑)

(そうそう、寝なくても大丈夫という内容のご著書などもあるんですよ ^^
人間の無限の可能性を感じますね~)

この2004年ごろには、まったく食べなくても良い人たちの存在や、
世界には食を必要としないことから消化器官さえ持たない子供たちが
少数ながらもすでに生まれ始めている、、、なんていうお話もちらほらと
耳にすることもあったころなので、別段驚くこともなかったのですが、
それでも本能的にわき起こるワクワク感は隠すことができませんでした ♡


時がたち、1日2食でも多いなあ~と、
体がそれだと苦しというか嫌がるのを感じるようになり、、、

体の声を聞くうちに、今は1日1食と少しぐらいの量を、
1~2回に分けて食べるのがちょうど良いなあと感じるようになりました。
(少食にした分、内容はより良いものにしていくのが、ちょっとしたコツです)

タモリさんやビートたけしさんなども1日1食だそうですが、
複数の医師たちなどによる、そうした本も多数出回るようになり、
不食の一歩手前の少食を楽しむ人がとても多くなっているようですね^^

育ち盛りの子供さんや、
ある程度の食が必要な人などもいるでしょうから、
すべての人に向けてのものでもないかもしれませんが、、、

それでも時代はまた、空間に無尽蔵に横たわるプラーナなどから、
再び栄養を摂る時代になり始めているのかもしれません ♡



食べない人たち (「不食」が人を健康にする)







昨年の暮れに、秋山弁護士と森美智代さん、そしてこの山田鷹夫さんの
共著でもある「食べない人たち」を読んでいました。

この秋山弁護士はものをまったく食べないどころか、水さえも飲まない方ですが、
弁護士界にはもうお一方、不食の方がいらっしゃるんだそうですよ。

面白い時代になりましたね^^


オーストラリアの不食実践家として有名なジャスムヒーンさんは
1996年から食物を食べずにプラーナだけで生きている方ですが、
その彼女から秋山弁護士が直接聞いたお話では、1996年の段階では
まだ200名ほどだった世界の不食実践者も、なんと2010年には
ヨーロッパだけでも4万人にもなっているそうで、秋山さんは
世界の不食人口を10万人と推定しているそうなんです。

森美智代さんは鍼灸の医院長さんですが、
自らの病気治療のために、西式や甲田療法を取り入れて食を少なく
していくうちに、いつのまにか不食になっていた方です。彼女は昨年には
NYにも講演に来られ、友人たちの何人かがお話を聞きに行っています。

ジャスム・ヒーンさんなどもよく話されていますが、
彼女たちはプラーナなどからも栄養を摂れる体に
上手に切り替えることができた人たちであるようなんです。

「仙人は霞(かすみ)を食べて生きる」とは昔のことわざですが、
このかすみこそが、この空間に無尽蔵にある
プラーナだとも言われていますよね^^

誰もが多少の差はあるものの、皮膚などからも
こうしたエネルギーを取り入れているとは言われていますが、
秋山弁護士や森さんや山田さんたちは、特にその割合が
とても高い体になっているのでしょう。。。



話がちょっとそれますが、
このところ友人たちと話していたものに、
ソマチッドというものがあります。

すでにご存知の方も多いと思いますが、これは生物の一種でもあり、
健康で元気な人の体には多くあるものですが、ガン患者さんなどの
体にはとても少ないものなんだそうです。

実はこのソマチッド、プラーナなのではないか?とも言われています。

プラーナも実は生物であるのだと聞いたことがあるのですが、
この宇宙空間はそうした微生物でうめつくされているのだと
おっしゃる方もいるので、なんとなく納得できることでもあるなあ、、、と。

ガン患者さんの体には酸素がとても少ないと言われていますが、
ソマチッドも少ないということなら、この酸素ともやはり結びつくわけで、
その酸素にはプラーナがたくさんあると言うことであるならば、
プラーナ=ソマチッドだよなあとも確かに思えるんですよね^^

ということで、、、腹式丹田呼吸法などをしっかりやることでも
このプラーナ(ソマチッド)は体内にたくさん取り込むことができるので、
呼吸法なども少食や不食にしていくことができる体に仕上げていくための
力強い一助にもなるのだろうと感じています。

ジャスムヒーンさんなどは、意図することによっても
プラーナを摂り入れる量を増やせるとも話されているのですが、
そのあたりのことはまた後日にでも。。。♪



40才になったら食を減らすと良いとは言われていますが、
中にはおおかたの成長が終わる20才で、それまでの食事量から
減らすようにすると良いとおっしゃっている方もいるぐらいなんですよね。

固形物を食べて消化させるというのは、
それだけ人間の体を消耗させていくことでもあるようです。

もちろん「食」は、個人の遺伝や体質、住む場所や運動量の違いなどにより、
必要なものやその量も変わってくるので、食べないことだけが良いとは
一概には言えませんが、、、、

それでもこれからの時代には、
「食べないでも人は生きられる」ということも知っておくことは、
何かの時には大きな助けになるかもしれません。


山田鷹夫さんもご著書の中で話されていますが、最初から不食を目指す
のではなく、まずは腹八分目、七分目と少しずつ何年にもわたって
少なくしていき、徐々に少食にしていくことがコツなんだそうです。

そうしていると気づかぬうちに、ものすごく少食でも
大丈夫な体に変化していた、、、なんてこともあるそうで(笑)

短期間で無理にやろうとすれば、体の切り替えがうまくいかずに、
ただの栄養失調になっていた、、、なんてこともあるかもしれませんよね。



まだまだ食も楽しみたい私でもあるので、不食はまだ先になるかも
しれませんが、さらに少食にしたことで体がとても楽になったことや、
量が減ったことで以前よりも良いものを丁寧に味わって食べたいと
思えるようになったので、これはなかなか良いなあと感じています。

なによりも長いことずっと興味のあったことでもあるので、
すごく楽しいんですよね~(^^)b

私がそんなふうに楽しんでいるので、旦那クンまでもが食べ過ぎた後などには
まったく食べない時を設けたりするなど、自ら率先してするようになり、
お腹の出っぱった同僚が増えてきた中でも、お腹が真っ平らで
いられることなど、彼なりにとても楽しんでもいるようなんです。


おいしい食事も、そしてかすみ(プラーナ)も、
宇宙が与えてくれた最高のプレゼントかもしれませんね。。。♡





[ 2015/01/15 07:50 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

もうひとつの教科書☆


今年のNYは少し暖かめで、
珍しく12月は積雪がほとんどありませんでした。

お正月感もほとんど抜けた1月も6日になり、
久しぶりに最高でもマイナス気温の今日は、
粉雪が静かに舞うように降っています。

気温が低い時は、コロラドのシャンパンスノーにも似た
軽くてこまかなサラサラ雪に。

ぼったりした雪が降ることも多いNYなので、
なんだか少しなつかしいです。。。☆



DSC07822.jpg



こんな日は、ほっこりと温まるものでも飲みながら。。。♪



、 、 DSC07814.jpg



この年末・お年始には、いつも以上にメールなども頂いていたのですが、
昨年のブログ記事の中でも、特に記憶に残ったものとして、、、、

小麦粉食



アニメの「マギ」

を挙げられている方が少なくありませんでした(^^)


私もあれからマギをさらに読み進めていますが、
この漫画を教えてくれた友人の話では、20巻代からは
パラレルワールドのような(?)お話になっていくそうなんですよ。

でも、これが意外と難しくて、
一読するだけでは理解できないこともあるのだとか。。。。

「マギ」はすでにアニメーションとしても放映されているので、
そちらも今すこしずつ楽しんでいますが、映像がきれいですね~☆

ここNYでは、普段から街の中でも日本のアニメやゴスロリファッションなど
をしているアメリカ人の若い子たちを見かけることがありますが、
中には日本のアニメが持つその高いスピリチュアル性に
深く惹かれている子もいるんでしょうね^^

最高のスピリチュアルの書は日本ではアニメの中にある!
とはよく言われていますが、、、まさにその通りだと
「マギ」を読みながら改めてこのところ思っていました。

社会風刺というか、実際の社会構造なども
よく描けているなあと思うんですよ。



今までの時代には、
人間の思考や行動などを縛るための教育(呪縛)が
社会のあちこちに仕掛けられていました。

でも、これからの時代には、
それに気がついた者から、己にかかった呪縛を解き放ち、
一人一人が本来の力を取り戻して行くことになります。

今までなら到底無理と思えていたことが
実はそうではなかったとしたら。。。。

そんな古い呪縛から解き放たれて、
新しいプログラミングを自身の手でする時が来ています。

再プログラミングと言うと難しい感じがするかもしれませんが、
要は今まで自分を縛り続けてきた古い思い込みなどを捨て去り、
本当に自分が希望する状態やものを自由に思い描いていくということ。

そしてそれは「実際にできるんだよ!」と、自分に許していくことなんです。

やってみれば実はこんなに簡単だった!なんていうものも多く、
それは拍子抜けするほどに、、、なんていう体験をすることもあるでしょう。

本当は誰もが、こうしたことを自由自在にできるんですよね。

私たちの多くが今、この過程をまさに実践つきで歩いているところです。

そのためのヒントやメッセージ、魂への呼びかけなどが
こうした漫画やアニメの中には特にたくさん入っているんです。。。♡


コロラド時代にも、少し年下のアニメおたくの友人が
地球少女アルジュナや蟲師などをはじめ、いくつもの素敵な作品を
教えてくれて、よく旦那クンとも楽しんでいたのですが、、、、

このところはブログ読者さんなどからも、マギ以外にも
ここ最近の新しい面白そうな作品を教えてもらったので、
近いうちにチェックしてみたいなあと思っています^^



ブログを閉じようと思ったら、ふと目の端に動くものが。。。。


なんとテラスに、冬の白めの毛皮コートに着替えたリス君が!(^▽^)


DSC07823.jpg



テーブルの上に、何か木の実でもあったのか?!
顔に雪があたろうが構わずに、一心不乱にモグモグ。。。♪
大きなしっぽが、まるでちょっとした傘みたいね^^



DSC07828.jpg



あぁ、かいかい。。。。



DSC07833.jpg



ふぅ、おいしかったぁ~♪



DSC07834.jpg




リス君、ヒゲにお弁当つけてどこ行くの?(笑)



きみは見ていて飽きないよ。。。♡






[ 2015/01/07 08:30 ] コミック・映画・音楽 | TB(-) | CM(-)

2015年のスタート☆



2015年 あけまして おめでとう ございます!!


メディアなどにはあえて取り上げられなくても、
良い変化だって、世界中にたくさん起き始めてもいる今。

多くの個人にとっても、社会にとっても、
今年がさらに素晴らしい時代への幕開けとなりますように。。。☆



DSC07780.jpg



今年の元旦は、アメリカに来て以来、
一番きちんとしたお節をいただくことができました。。。(^^)



DSC07783.jpg



上の八角形のお節は注文したものですが、
お皿に盛られたものはお料理上手な友人たちが手分けして
各自の家などで作ってきてくれたものなんです。

なますに、黒豆やお煮しめ、紫芋をベイクして作ったきんとんなどの他、
マクロビオティックから、数の子の代わりにアマランサスの粒々で作った
松前漬け(言われないとこれは絶対にわからない!)、かぼちゃとお豆腐で
作った伊達巻、そして、ゴボウで作った田子づくり風などなど。。。。



DSC07778.jpg DSC07775.jpg



お雑煮は、関西出身の友人が作ってくれた白だしベースのお味噌汁風。
その中身にはまだツブツブが残る、まあるい玄米もちで。。。♡



DSC07789.jpg



お腹や心にだけでなく、やさしい味のおいしいお節料理。
今年はお正月から旦那クンともども、多くの友人やそのご主人たちの
手なども介した、愛情たっぷりのお料理でスタートさせて頂くこととなりました。

どんなものをどのぐらい食べるのかや、プラーナなどに関することが
今年のテーマのようにこのところ来てもいたので、まるでそうしたものを
占うような感じのお節でもあり、今年の展開が楽しみです^^


今日は打って変わり、、、静かな2日目を送っています。

みなさんも、お正月を楽しまれていますか?

今年のお正月は日本各地で雪が多くなっていると聞いていますので、
どうかお体を温かくしてお過ごし下さいね。


それでは今年も、どうぞよろしくお願いいたします。。。☆




[ 2015/01/03 09:47 ] おいしいね♪ | TB(-) | CM(-)