青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

化身・メッセンジャー?


鳥はメッセンジャーとは
一般的にもよく言われていますが、、、、

たしかに多いな~とは、個人的にも思うんです ♡

NYエリアでは数少ないハヤブサなどの猛禽類と
出会うことがあるのはすでにお話ししてきていますが、
先週も思いがけないところでお会いしたりしていました。


実はわが家の庭にも、色んな子がやって来るんですよ (^^)

春には、あることをそろそろ決めなければと思っていたところ、
1階のガラス戸をコツコツ ゴンゴン叩く者が。。。。

旦那クンとともに「誰か来た(@@)??」

とあわてて階下に行ってみると

そこには一羽の鳥が。



、 、 、 、 、 、 、 IMG_1655.jpg



この子が、人の背丈ほどまでに飛びあがっては、
くちばしや全身を使ってガラスをゴンゴン叩いていたんです!!Σ(・ω・ノ)ノ!



、 、 、 、 、 、 、 IMG_1647.jpg



このプランターにまるで住み着くかのようにして、
3日ほどこの行動を繰り返した後、私があることを決断したら
その日からいなくなりました (・ ・)

なんて、わかりやすい。。。。(笑)


ちなみにこれは別の時に撮った、同じ種類のお腹が赤い子♪
このあたりではわりとよく見かける子です。



. . . . . . . . . DSC08430.jpg



先日は、窓際を通ると、
視界のはしに 何やら大きな物体が飛び込んで来ました。



DSC08592.jpg



えっ?!? これって、これってぇぇぇ、、、、、(◎_◎;)



DSC08593.jpg



七面鳥だよね~~~?!?!?



DSC08595.jpg



たしかに河原とかにいるのを見たことがあるような。。。?!?
だけど近くの川でもだいぶ距離あるし、第一こんな住宅地まで来れるの?
そもそも、七面鳥ってそんなにいるのぉぉ~??? (゜.゜)

→ この子より 種類としては、→ この子 のほうが近いかも、、、もしくはメスか。



DSC08603.jpg



そんなある晩、うす暗くなって行く中、
一階で瞑想がてらボーっとひとりがけのソファに座っていると、
目の前の木々の枝に、大きな羽を広げてスーッと降りてくる者が。。。。



DSC08611.jpg



実際にはこの写真よりも少しだけ明るいのですが、それでも良く見えずに
ジーッと目を凝らしていると、2メートルほどの高さの枝から、さらに
私の目の前にある、もう少し低い枝にサーっと移動したんです。

羽をパタつかせない感じが猛禽類っぽいのですが、
なんでこんな低いところに???と不思議な気持ちで見ていると、
その丸みをおびた大きな鳥の太い足が二本ともこちらを向いています。

つまり暗闇の中、その存在は私の真ん前の枝にとまり
私のことをじっとみている形に。

ハヤブサ??

まさかなあ、、、、

ミミズクとかのふくろうかなぁ??? (・。・;

そうだ!カメラで撮れば、少し明るく写ってわかるかも?!
と急いで取りに行って戻ると、ガラス越しにカメラを向けてみました。

フォーカスしている時にはまだじっとこちらを向いていたのに、
いざ撮ろう!と思った瞬間、まるでこちらの動きをすべてわかっている♪
とでも言うように、くるっと横を向くシルエットになったと思ったとたん、
またサーっと左のほうへ飛び去って行ってしまいました。

タイミングもなにもかも、もしやそうなるかな?!と
まさに思ったとおりの動きで、、、、

う~ん、やるなぁ~~~ (ーー;

いったい何者だったんだろう。。。?!?


ほかにも先日は瞑想していてふと目を開けると、
あまり見かけない全身真っ赤なとても派手な子がいつの間にか来ていて、
1メートルぐらい先のすぐ目の前でもう一羽の大きな鳥とダンスしながら
何度も飛び上がっていたんです。(これは求愛行動なのかな ???)

鳥は時に化身になったり、メッセンジャーにもなったりで。。。。

そういう視点でも見ていると、なかなか面白い彼らです♪






スポンサーサイト
[ 2015/07/29 05:20 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(-)

運を食べる?Ⅱ


雨がよく降るなあと思っていたら、
まるで日本の梅雨が明けたかのように、
先週末あたりから本格的に暑くなってきました

そんなこのところは、、、どこのお庭のアジサイも満開で、
赤や青や紫のまあるい毬のようなその花が、緑の中でひときわ目立ちます。

わが家も今週はお店で買ったお花ではなく、
フロントヤードの片隅に咲いていたアジサイたちです^^



DSC08641.jpg


少し前にアップした不食や少食などのお話 「運を食べる?」で、
はせくらみゆきさんが講演で話されていたことなどを
参加した友人が追記してくれていました。

今日は、少しそのあたりをアップしておきますね^^

人間の体というのは、やはり少し足りないかな?ぐらいのほうが、
食べ過ぎよりもよっぽどよく機能するようですね。

空腹時は体がメンテナンスされる時と聞いたことがありますが、
お腹がすいている時こそ、体は様々なことに
エネルギーを使うことができます。

そしてそんな時には、ガン細胞や、シミ、老廃物などを
食べてくれる作用が体内で強くなったりもするそうなんですよ^^


昨日は、こんな記事も見かけていました。

→ 空腹感は「食べろ」ではなく「活動しろ」という合図

甲田先生も、たしか空腹感は偽腹と呼んでいらして、
そこで食べてしまってはもったいないようなことをおっしゃってるんですよね。

昨日は週に1度の食べない日でしたが、
毎度のことながら、翌日のお昼過ぎぐらいまでは
デトックス力がいつもよりずっとアップすることに驚かされます



友人からの追記です。


小食、不食に関しては、「3食食べたら病気になるよ」と
実はハッキリ言ってたんです。

そして、この時期を選んで産まれてきた私たちは、
不食、少食ということをしっかりブループリントに書いてきてますよ、、とも。

(とは言え) ~するべき、~せねば、、、は必要なく、

少食などに関してもギスギスするぐらいなら、
やらない方がマシではあるそうです。

ベキベキ、ネバネバはやめましよう!と。
ネバネバは納豆だけでいいのよ~♪って (笑)

はせくらみゆきさんのヒーリングダイエットの本に、
太っていたころのはせくらさんの写真があったのですが、
いまは、丁度よい体型に感じました。

まったく歳を感じさせず、太っても、痩せてもいない

ステキーーー!!!!!でしたよ (^o^)


はせくらさんの「食べないと死ぬ!」というのは、
集団催眠にかかっているだけ、っていうのにも納得でした。

そう思ったまま不食を実行すると、栄養失調になりますよ、と言ってました。

意識を変えてから (思い込みを書き換えてから) 不食の実行、
が順番なのかもしれませんね。


他の方の本にもあったかと思いますが、
「消化にエネルギーを使わない分、寝なくていいし、
冴えるし、良いことづくめなの♪」とも言ってました。

そうそう不食の前に、まずは出す!!これは重要!だそうです。
まさに、りんごさん、実践していますよね♪


宇宙の話も面白かったし、
意外と科学的なお話もたくさんあったんですよ。

そして、このお話が、、、、

現実を変えるには?

思い込みを手放す (エネルギーパターンを変える)



視座が変わることで、相転位、位相が変わる



エネルギーが変わる



現実が変わる

という流れだと説明があり、
みんな、自分の思い込みを書き出し確認して、
それを気持ちの良いものに書き直したんです(^^)




食はその質だけでなく、
やはりその「量」も重要だということですね。

そして「食」に関することだけでなく、さまざまな思い込みへの書き換え。

私たちの日々の生活の中から、
すでにいくつもの転換は始まっているようです。。。♡






[ 2015/07/22 09:16 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)

王さまと私


話題のブロードウェイ・ミュージカル

「王様と私」☆


渡辺謙さんが出られているのは12日までだったので、

その前にぜひ!と、駆け込むようなあわただしさで行ってきました(笑)


好評なためロングランが決まったそうですが、

映画出演のため契約の更新はされなかったそうで、

新たにふたりの王さまが選出されてバトンタッチされたようです。


私たちがチケットを取ったのは6月の終わりで、ほぼ完売状態のころ。

わずかに残る席は 2階のはしっこばかり、、、という中、

旅先でPCを開くたびに状況が刻々と変わり、

少しばかり条件の良い席が出てきた時に、それをゲット。

それでもはしっこで観にくいかな~と思っていたら

そんなことは全然なく、意外と見やすい席でラッキーでした。

さすが、リンカーンセンター内にある劇場だけのことはありますね♪



<王様と私> あらすじ

1862年、アンナ夫人は息子ルイズを連れてシャム王の王子や王女らの教師としてイギリスからシャムに渡る。バンコックでは首相のクララホームの出迎え。アンナは王が宿舎提供の約束を忘れていることを知り、直談判しようとする。王はビルマ大公の貢物、美姫タプティムを受け取ったところ。早々アンナを後宮へ伴い正妃ティアンを始め数多くの王子、王女らを引合わせる。アンナは王の子女の教育についてティアン妃の援助を受けることになり、タプティムは妃達に英語を教えることになる。アンナはタプティムの恋人がビルマから彼女を連れてきた使者ラン・タと知り、何とか心遣いをしてやった。アンナは王子、王女らの教育で“家”という言葉を教え、宿舎の提供を怠った王の耳に入れようとする。次代の王、チュラロンコーン王子は、シャムは円い地球上の小国と言い出し、驚いた王は授業参観に赴くが、却ってタプティムの朗読する“トムおじの小屋”に感激。だが首相は王の頭を混乱させるとアンナを避難する。ある日、自分が英人から野蛮人と考えられていると知った王は、保護国の資格を失うと考え、近く国情調査にくる英特有のもてなしをアンナに一任。やがて特使ジョン・ヘイ卿の歓迎晩餐会は、ヨーロッパ風の豪華なもの。宴は成功裡に終ったが、タプティムは恋人と駈落ちする。捕らえられた彼女のアンナのとりなしで笞刑を逃れるがラン・タは殺害。愛想をつかして故国へ戻ろうとするアンナとルイズ。だが船が出帆する日、王は心臓発作で倒れる。アンナは教え子の願いでシャムに留まることになり、王は宿舎新築を約束して息を引き取る。




舞台の様子がわかります ☆
10秒ぐらいかかるかも。スマホとかのほうが動作が早いかもしれません。。




会場は、ほぼ満席でした♪

王さまが渡辺謙さんということもあり、

国内外からの日本の方が多めなのかと思いきや、

地元の人や旅行者など、世界各国からの人でいっぱいでした。


イブニングドレスで本格的なオシャレをしている人から、

そのまま来ましたという感じのカジュアルな人まで、服装もさまざま♪




ケリーオハラさんの歌声が素敵です♡





舞台のほうは、さすが大きなところで歌うプロたちですね。

大人も子供も声の伸びが本当にすばらしい!!


渡辺謙さんは、やはり役者さんですね~☆

その大きな存在感と、茶目っ気たっぷりな演技で魅せてくれます。


そしてタイらしい、手足をユニークに使う

その一風変わったダンサーたちの踊りにも目が惹きつけられます。


子役たちの動きや そのやり取りもかわいくて、

最初に出てくる船や王宮などの舞台演出もとても工夫されていて

最後は会場がスタンディングオベーションになるほどでした。


観に行ってよかったです (^^)b

見応えたっぷりな 「王様と私」 でしたよ!!





[ 2015/07/15 05:19 ] コミック・映画・音楽 | TB(-) | CM(-)

星と緑の日♪


星条旗のバルーン☆

そう、、、今年もまたまたやってきました。

ジュライフォース。



DSC08577.jpg



7月4日、アメリカの独立記念日です。

東海岸に住んでいると、毎日暮らしている身近な街の中でも
たまに独立戦争当時の傷跡のようなものに出会うことがあったりします。

ごく最近もそんなことがあり、当時そこで戦ったであろう者たちに
思いを馳せることがありました。。。


毎年このころはどこの州にいても一番暑かったころで、
動かずにいてもジットリ汗ばんでくるほどなのですが、
今年はいつもとは違ってずっと涼しいままです。

とは言え、ここ2日ぐらいは少し蒸し暑くなっているのですが、
ジュライフォースのその日はクーラーいらずの爽やかな日でした。

この日ばかりは、緑の中で過ごすと決めている友人も多い、
そんなジュライフォース。。。 ☆

NYシティーであるマンハッタンやブルックリンなどに住む友人たちが
ワンちゃんやお子さんや旦那さんを連れて遊びに来てくれて、
恒例になりつつあるBBQをみんなで楽しみました。

普段なら、リスや野うさぎぐらいしか走り回ることがない我が家の庭も、
この日ばかりはわんちゃんや子供が楽しそうに走り回り、時には友人も
パン〇(アンダーウェア?)まる見えで、一緒になって寝転がってじゃれたり。

普段シティーで会う時とは、まったく動きがちゃうよね~!!(@▽@)

生粋のNYっ子の小学生の娘ちゃんはそれはそれはやんちゃ元気で、
浴衣姿で遊びに来てくれていたのですが、いつの間にかお隣さん家の庭で
ミニカーをブイブイ乗り回して遊んでいてΣ(゚Д゚)、気づけばすっかりその家の
幼稚園ボーイズの親分リーダーみたいになっていたり。。。(笑)

旦那クンたちも、男同士で野菜や魚やお肉を焼きながら、
異業種交流みたいに話が盛りあがったりもしていて、、、いい感じ ♪

お料理も、みんなが持ち寄った手作りの塩こうじや醤油こうじ以外にも、
ハラペーニョ入りや塩レモンなど色々あり、グリルした素材により
絶妙に合うものが少しずつ違うのを発見したり 。。(^^)

タラにはあの小豆のお味噌を乗せて蒸し焼きにしたところ、
その自然な甘味が白身の魚にあっていて大好評 ♡

あまりにおいしかったので、後日またタラを買ってきて
もう一度小豆の味噌をのせてグリルして楽しんだほどでした^^

これが本当の手前味噌?? (笑)

BBQの準備にお腹がすくだろうと、モロッコに一緒に行ったメンバーもいたので、
わが家でよく作るタジン鍋料理を作っておいたところ、食のプロの友人が
おいしい~♪と言ってたくさん食べてくれたのですが、、、、

食べ過ぎてBBQが入らない~(T△T)と、後で泣かれました(笑)


いつにも増して、笑って、しゃべって、食べて、遊んで、、、
少しハメを外して楽しんだ1日でした ♪







[ 2015/07/09 08:08 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(-)

虹色の半島へ ♡


独立記念日のジュライフォースが明日にせまり、
学校も夏休みに入ったアメリカはバケーションシーズンの到来です。

すでに昨日からジュライフォースのための民族移動が始まっていて、
フリーウェイは激混み(^^;

わが家の周りも出かけている家が多くてシーンとしています。
シティーであるマンハッタン内の友人のアパートの周りも静かだそう。

ハンプトンやらNJやら、NY北部のアップステートなどに
こぞってお出かけしているようです。。。♡

今夜はもう、花火があちこちでボンボン鳴りはじめています。



少しアップが遅れましたが、先週は少し早めの夏休みを取って
昨年の旅行で回れなかった近場のケープコッドに旅していました^^

泊まるホテルだけを決めて、後は行きあたりバッタリ。。。♪

日常から抜け出して、とにかくゆっくりすることが目的の旅 (笑)

コネチカット、ロードアイランド州と走り抜け、マサチューセッツにある
サイの角のように北大西洋に突き出したケープコッド半島へ♡







まずは途中のコネチカットにある、海沿いのロブスターポンドで腹ごしらえ。

殻を取りのぞけば大した量ではないはずなのに、意外とボリューミー♪



、 、DSC08437.jpg



潮風を感じながら、のんびり食べました^^



、 、DSC08438.jpg



半島の入口にある、ケープコッドの中心的な街、ハイアニス。

そのウォーターフロントの木道を歩いていたらこんな立派な貝が。
日本のハマグリにも似ているけれど、手のひらサイズの大きなクラム(@@)



DSC08440.jpg



ハイアニスは、ボストンの大富豪たちが別荘をこぞって持った街だそうで、
この方の別荘があったことでも有名になりました。



DSC08457.jpg



私の中では、わりと好きな大統領。 ジョン・F・ケネディー☆



DSC08446.jpg



ということで、街中にある JFK博物館へ^^



DSC08469.jpg



笑顔のケネディーファミリー。 兄弟・姉妹が多かったものの、
大統領となり暗殺された彼だけでなく、不可解な死など
数奇な運命をたどった兄弟が多かったようです。



DSC08458.jpg



ジャッキーとの結婚式は、ロードアイランドのニューポートで。



DSC08464.jpg





、 、 、 、 DSC08466.jpg



短くても、こんな幸せそうなひとときもあったんですね ^^



DSC08462.jpg



ハイアニスの埠頭にあるレストラン。写真を撮り忘れちゃいましたが、
クラムの本場だけあり、ここのクラムチャウダーは最高においしかったです。

ロブスターサラダ。たまには殻から取り出してあるのも食べやすくていいですね♪



、 、 DSC08471.jpg



ケープコッドの中で最も古い街。 その名はサンドイッチ。
ニューイングランドらしい町並みが残ります。

タウンホール脇にはきれいな泉が湧き出していて、私たちが寄ったときにも、
ポリタンクで水を汲みに来ていた老夫婦を見かけました。 おいしい水!



、 、 、 、 、 DSC08472.jpg



ガラス工芸が盛んで、腕の良いガラス職人をヨーロッパから呼び寄せて、
さまざまな技術を駆使したそうです。その装飾や色使いには特徴があり、
特にレース風のデザインは、サンドイッチガラスとして有名だそう。

こちらはそのガラス博物館でのデモンストレーション。



DSC08476.jpg



ワインの飲み口を、あっという間に広げていきます。



DSC08479.jpg



チャタムは、半島の下あたりにある街で、
1656年にピルグリムファーザーズたちが入植したところです。
ちょっとここでは雨が降りそうだったので、足早に通り過ぎました。



、 、 、 DSC08487.jpg



半島の突端にある街に行く途中、一部海沿いの道を走り、
ケープコッド国定海浜公園の中にあるCalhoun Hollow Beachへ。



DSC08495.jpg



ここが東海岸であることを忘れそう。。。(@@)
まるで南国のような白浜と、エメラルドグリーンに輝く海 ☆



DSC08499.jpg



16年前には、ユーラシア大陸の最西端にあるポルトガルのロカ岬から。
そして今はその反対側から、こうして北大西洋の大海原を眺めています。



DSC08519.jpg



半島の突端にあるプロビンスタウンの街に着くと、
いたるところにそのポルトガルの国旗がはためいていました。



DSC08523.jpg



捕鯨基地として栄えたこの街は、ポルトガル系の子孫が多く住むそうです。



DSC08524.jpg



芸術学校ができたことで、多くの作家や劇作家が集まるようになったそう。
そして今ではその開放感と芸術的な雰囲気から、ゲイが多く住む虹色の街に。



、 、 、 、DSC08525.jpg



ポルトガルの国旗に並んで、シンボルの虹色の旗が街のあちこちに。。。



、 、 、 、DSC08526.jpg



ブルワリーで休憩。 地元やベルギーなど、さまざまな産地のビールを
少しずつ楽しめます。私は一番右のサイダーが気に入りました。
これ、アップルサイダーが発酵してビールになっただけ(^^)♡
他はほとんど旦那クンが飲みました。。。(笑)



、 、DSC08537.jpg



のんびりしていると、ワイナリーの表でワ~っと歓声が。
覗きにいくと、パレードじゃないけれど虹色の旗を掲げた一団が。

その日の晩に知ったのですが、この日まさに最高裁で同性婚が
合憲になったそうで、その決定に喜ぶものだったようです。

この出来事には色々な解釈があるようですが、
さまざまなものを認められるようになるということは、
人間や社会の成長とも受け取れるそうなんですよ。。。♡



DSC08540.jpg




、 、 、 、DSC08535.jpg




DSC08534.jpg



帰りはまたニューポートに寄って、昨年見たラクダの
あの豪邸以外のものを見ようと思っていたら、旦那クンが
「なでしこジャパンみたい!!」と言うのでバーに寄ることに。

案の定、時間が無くなり、門の外から観る羽目に。。。(ーー; もう~!!

特に豪華な6軒のニューポートマンションズ(豪邸)の中でも
最大のものと言われるブレーカーズ。沿岸運送業や鉄道業で
巨万の富を築いた人物の孫夫婦が建てた別荘。 ほかの門から覗いたら、
これから婚式をあげるようなウェディング姿のカップルが見えました ♡



DSC08547.jpg



こちらは門がちょっと開いていて、そこから撮ったローズクリフ。
ヴェルサイユ宮殿の1つを模したもので、映画「華麗なるキャッツビー」
などにも登場している邸宅だそうです。



DSC08550.jpg



こちらはマーブルハウス。 やっぱり外から。。。(笑)



DSC08551.jpg



こちらは普通の家。こんな感じの可愛い家がいっぱいあるんですよ ♡



DSC08559.jpg



本当にのんびり、のんびり過ごした今回の旅。

3日目ぐらいからは、日常のルーティーンなどからまったく解放されて、
意識がいつもとは違った感じに、自由に広がっていくのがよくわかりました^^

旦那クンも2日目ぐらいまでは会社のことや仕事のことが
頭から離れなかったようですが、3日目ともなるとまったく忘れて
かなり時間を気ままに使うことに心地良さを見い出していた様子 ♪

近場でもあったので移動時間も少なく、かなりゆったり過ごせました。

4泊5日の まったり旅行。

贅沢を言えば、あと数日はほしかったですけどね。。。(笑)






[ 2015/07/04 17:04 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)