青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

宇宙探索へ☆


へミシンクでは音を使って一定の脳波を作り出し、まず最初は物質界に近いレベルの
「フォーカス10~21探索」の、入門コースから入っていきます。

その後は死後世界を体験する「ライフライン」や、宇宙のさまざまな天体を訪れて
そこにいる知的生命体とコンタクトする「スターラインズ」などのプログラムになっていきます。

瞑想などでも行かれないことはもちろんないのですが、同じ場所(次元・意識レベル)に
いつでも行けるかというと、それは普通の人にとってはとても難しいことであり、
よほど訓練をしている人か、生まれながらにそういう能力に長けている人ぐらいにしか
いまのところはできないことなのです。

ところがこのへミシンクでは、一定の脳波を音響技術で作り出せるため、
あまりそういうことに慣れていない人でも、行きたいと思う場所(次元・意識レベル)に
ほぼピンポイントで繰り返し行くことが可能になるのです。


モンロー研究所のプログラムに何度も参加され、宇宙探索して集められた情報を
公開されている方はたくさんいらっしゃいますが、日本では公式トレーナーでもある坂本さんと
もう一方女性の方が特に有名です。それ以外では、このブログにも登場した森田健さんです。

森田さんは宇宙探索中に幼くして亡くなられた息子さんと再会され、
様々な次元を案内してもらったそうで、その時の体験を以下の本に書かれています。

不思議の科学―世の中の構造はこうなっていた






坂本さんの本の話にまた戻しますが・・・

地球での輪廻転生を卒業するフォーカス27の次の次元(意識)であるフォーカス35には、
モンロー研で「ヴォイジャー8」と名づけられた宇宙船があり、みんながそこに行って
その船に乗ったりするそうなんですが、面白いことに、その宇宙船がどんな形をしていて、
中の部屋がどんなで、机がどんなふうに置かれてるのかなど、みなさんほぼ同じ
イメージ(記憶)を持ち帰ってくるそうなのです^^


あれっ?! それってもしかして・・・・・

これを読んでる人の中で、何かに似ている話だなあと思われた方もいるはず・・・・・
 

そうなんです、あの 楽天ブログ「なにが見えてる?」のじぇいど♪さん が開催されている
ちゅまちゃんが上で働いているステーションに、ドラゴンちゃんたちの助けを借りて
みんなで訪れるという企画の、「えんそく」と同じなんです じーびっくり

「宇宙ステーションのえんそく」で、へミシンクの音の代わりに誘導・案内役をしてくれるのが、
そういう能力に長けているちゅまちゃんと、1人1人をガードしてくれる役目のドラちゃん達♪

それぞれにフィルターがあるので、上で見るものが違って見えることもあるのですが、
下の普段の世界に戻ってきた後で、参加者たちの持ち帰った記憶を合わせてみると
見てきた建物や、聴いてきた音楽がほぼ同じものであったり、誰かの服装や格好を他の人も
認識していたり、上でしていた会話の内容が何人とも一致するということが起きているのです。

坂本さんもご本の中で、別の方法で同じようなことをしている人達は、他にもおそらく
いるだろうということを書かれているのですが、嬉しいビックリでした^^


面白いことに気付いたのですが、この坂本さんとじぇいど♪さんが言ってることも
似ているのです。それは、これはまだ次への段階の入り口にしか過ぎないのだということ。
そして、多くの人にもこういった体験をしてほしいのだと言っているのです ・ハート

やはり人から聞くだけの話と、自分で実際に体験するのでは実感する重さが違います。

2012年、そしてその前の1つの峠である2010年をめでたく超えていくためにも
こういった体験を通して、深く覚醒していく人の数はある程度必要になってくるようです♪

じぇいど♪さんのところでも、第2回のえんそくに参加できる新しい100人の発表が先日
あったばかりですが、興味のある方で、何かこういったチャンスがあった時には、
よほど怪しくて危ないものでなければ(吟味は必要です)、ぜひ体験されてみて下さいね^^


以前にも書きましたが、実は私も10年ぐらい前にへミシンクの入門コースのCDを買って
持っています。 あのころは、イマイチまだよくわかっていなかったので、全部を聴かないまま
クローゼットのどこかにしまっちゃったのですが、本当におしいことをしました 泣く

手元にあればすぐにでも再トライしたいのに、なんせあるのは実家・・・・・

しかも母ではなく父なので説明もしにくいし、どこに置いたか正確な場所もわからない・・・。
ここ数日は、どうしたもんかな~~と、ずっと考えあぐねています(T-T)アウッ

あれで練習したら、上に行った時の記憶持ち帰り度も上がるかしら?!

ああ、再トライしてみたい・・・・・



まだまだ話は続くのですが、いっぺんには無理なので・・・また明日♪



↓いつも、ありがとうございます虹

スポンサーサイト
[ 2008/08/21 11:07 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(6)
たしかに
はじめまして。
私もヘミシンクのフォーカスの世界とじぇいど♪さんの宇宙ステーションの世界はそっくりだなあ、と感じていました。
とはいえ、どちらも記憶のお持ち帰りはできていない、いわゆる3ナイ班なのですが、、、(汗)

森田健さんの本しか読んだこと無いので、坂本さんの本の話はとても興味深いです。ひなた☆(りんご)さんの次の日記が楽しみです☆
[ 2008/08/22 10:13 ] [ 編集 ]
他にも
なにみえの世界があったなんて嬉しい驚きでした
その内、沢山の人達がそれぞれの次元の遠足を開催するようになったりして^^
(そうしたら、系統違いの私でも胸を張って行けるステーション遠足が出てくるかも^^♪)

アセンションについてはまだまだ分からないことが多く、以前チャネラーさんから
「あなたは時期が来れば、自らアセンションします」と言われた事があって、
あまり深く考えないまま過ごして来てしまいました
でも、今回の記事で ちょっとヒントv-352を貰えた様な・・・???
りんごさん ありがとうございますe-343
また次の記事を楽しみにしていますv-290v-299
[ 2008/08/22 13:01 ] [ 編集 ]
ケン+∞ さん♪
こんにちは^^ ようこそ、いらっしゃいませ♪
うわぁ~同じようなことに気付いていた方がいらしゃったなんて
嬉しいです。やはりそう感じていらしたんですね^^

私もあまり記憶お持ち帰りできないもんで(^^;)
音響技術のへミシンクでも試してみたいなあと思っています。
CDカモーン。実家から飛んでこないかしら・・・(泣)
[ 2008/08/22 15:13 ] [ 編集 ]
のりにゃんさん♪
本当に私もあれ~~?!っていう驚きでした^^

次元や場所はたくさんあるわけだから、そのうちきっと
色んなところで開催されるようになるかもしれませんね♪

アセンションについては、私達よりはるかに高い次元にいる存在たちでも
細かいことはやはりまだわからないそうです。
彼らにもいくつか意見があり、それがわかれているそうで、
直前までどのようになるのかは伏せられているのだとも・・・・・
私達は出来る範囲で、一歩一歩進むしかないのかもしれませんね^^

いつも読んでくれて、本当にありがとうございます♪
[ 2008/08/22 15:21 ] [ 編集 ]
ここにこたえが
F35なんですねー。へー。。
って言うことはその間と言うのはどうなってるんですかね。
フォーカス○っていうのは点在してるのか、エレベータのように階層なのか~。ドラチャンって35までのあいだの次元も行き来できるってことかな??
[ 2008/09/06 03:28 ] [ 編集 ]
ぽんちさん♪
フォーカス35以降は42,49と7の倍数であがっていくそうで、
それは5次元、6次元、7次元に匹敵するようです。
本当にどうやって存在しているんでしょうね(@v@)?!

ぽんちさんなら、同じようなところまで記憶を持ったまま
行ってこられそうですよね。えんそくでも更なることを
模索しているようなので私も楽しみにしています(^^

ドラちゃんたちは35までの間の次元も行き来できてそうですよね♪
[ 2008/09/06 06:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する