青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

アメリカ街角景気

日曜だった昨日は、久しぶりに知り合いのお家に遊びに行っていました。

日本食レストランを経営されているご家族なので、たまに夕方からの営業に一緒に顔を出して
晩ご飯をご馳走になってくることがあるのですが、昨日は時間が遅くなったので、
久々にレストランのほうにも寄らせて頂いていました♪

おいしいお寿司のネタを大きく切って出してくれる上に、多国籍からなる従業員のサービスも
良く、女主人でもある私の母親世代の奥様が、姐御肌のきっぷの良さと上手な英語で、
食べに来てくれたお客様へのご挨拶も丁寧にされるので、日本人や日系人にだけでなく、
地元アメリカ人の、幅広い世代の常連さんからも、とても人気のあるお店なのです☆

ところが・・・久しぶりに行った昨日の夜は、なぜだかとてもお客さんが少なかったのです。

雨の日曜だから・・・?!と思いながらも聞いてみると、前から不景気ではあったものの、
この1ヶ月ほどは、目立ってお客さんが少ないのだそうです。

実際の世の中の景気は、飲食店などを経営されている方に聞くのが一番なのですが、
改めて現在のアメリカ経済の実情を、街角レベルから見せられた感じでした。普段私達は、
あまり外食をしないので気づかなかったのですが、かなり冷え込んでいるのだそうです。


         CIMG1715.jpg
           ガラスや鏡に貼る、ジェルタイプのかぼちゃのシール♪


その日の昼間には、同じようにその家に遊びに来ていた女性と一緒に、庶民の味方、
安値の「ウォルマート」や「ターゲット」などのスーパーに行って、ハロウィーングッズを見たり
していたのですが、日曜の午後だというのに、おもちゃ売り場や小型家具売り場のあたりは
閑散としていて誰もいません・・・。私自身、普段は生鮮食品スーパーぐらいしか
頻繁に出入りしていなかったため、そういったことにあまり気付いていなかったのですが、
改めてお店をゆっくり見回しながら、「何か変だなあ~?!」と思っていたのでした。


アメリカではお金をあまり持たない低所得者層にまで、「分割だから大丈夫」と、半分騙すよう
にして、あの手この手で家を買わせるようにしてきたため、サブプライムローン問題などが
起きていたりもするのですが、クレジットカードを使って、どんどん物を買わせるということを
アメリカ国民に推し進めてきたのは、実は闇政府でもありました。

そんな事情もあり、すっかり消費癖を植え込まれてしまっているアメリカ人ですが、長期的な
ガソリンの高騰なども手伝って、さすがに大体的な買い控えムードになっているようです。

最近ではガソリン代を節約するために、都市部では通勤の足を車から電車に変えたり、
近場なら自転車を使うという人が増え出しているのですが、これらは空気を汚す度合いも
減らせるし、人間には運動にもなるので、かえって良いことかもしれません(^^)


韓国大統領が世界恐慌などに備えるようにと宣言したとかしないとか言われていますが、
世界的な短期間の銀行封鎖なども考えられていると聞いています。これだけを聞くと
なんだか不安になってしまいそうですが、悪くなればなるほど、すでに用意されている
良い金融政策やシステムを求める声も一段と強く起きるようになるので、経済の悪化もまた、
世の中が大きく良い方向に変わっていく時には、必要な事なのかもしれませんね♪



↓たくさんの人と情報をシェアできますように・・・きらきら2

スポンサーサイト
[ 2008/10/07 09:46 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(2)
不景気になると、嗜好品、ぜいたく品、外食、レジャーなど
「なくても困らないもの」や「行かなくてもいいところ」から削って
いきますよね~!(ここは冬、寒いので灯油代は高騰しても削れ
ません~(><)

売る側、買う側、「どちら側」の人もHAPPY♪になれる仕組みが
できるといいですよね~!・・・・それはもうすぐなのかな??
[ 2008/10/07 13:56 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
確かに、最初はなくても困らないものや旅行などから
削っていきますよね~~(^^

どちらの側もハッピーになる経済が
きっと次世代に来るシステムなんでしょうね♪
早く来ないかなあ~。もう待てませんよね(@v<)☆
[ 2008/10/08 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する