青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

よく噛めよ・・・♪

ハロウィーンまでの1週間ほどは、このテンプレート(背景)で、お楽しみください・・・ハロウィンかぼちゃ
・・・って、私が一番楽しんでるんですけどね(笑)


最近、日常で日月神示のことが出てきたので、今日はちょっとその話題を・・・・

世の中にチャネリング物は数あれど、実際に高級霊のメッセージを降ろせる人はめったに
いないとも言われています。この「日月(ひつき)神示」は、昭和19年に降ろされたものですが
日本国内にあるものの中ではレベルの高いものとされ、今日でも広く知れ渡っています。

日月神示は、「一二三(ひふみ)神示」とも言います。 → 詳しくはこちら


原文は漢数字や、かな文字、記号の混じったものや、抽象的な絵のみで記されているため、
実際に私達が目にするのは、翻訳されている文章のほうですが、昭和20年あたり
のものでもあるため、その訳文に使われている日本語はかなり古臭いです。

人によってはそのいかめしい言葉使いが、逆に怖く感じてしまうこともあるかもしれません。
なので私がよく読んだのも、さらに現代風の言葉で訳文の説明をされている、中矢伸一さん
のものでした。日月神示の解釈本をたくさん出されていて、下はその中の1冊です。


魂の叡智 日月神示:完全ガイド&ナビゲーション (超知ライブラリー)





神示には、主に西暦2000年前後の世の中の様子や、その頃にどんなことが起きるのか
ということなどが書かれていて、肉食などを戒める文も目につくのですが、特に強く私の中で
印象にあるのが、「審神(さにわ)する」ということと、「よく噛めよ」という2つのものです。


人に話しかけたりコンタクトしてくる存在には、色んな次元のものがいるのですが、
「たいていが低いものであることのほうが多い・・・ということをまず心せよ。」ということを
忠告しているのです。そして、そういう声が聞こえるようになったからといってもむやみに
喜ばずに、まずは、「これは聞くに与えするものなのか?」ということを、じっくりと
自分の中で判断(審神・さにわ)しなさいと言っているのです。

「あなたはスゴイ!!」とヨイショしすぎてくるものや、「我は〇〇〇神であるぞ~!」なんて
えばり過ぎの感じのものはまず違うと思ったほうがいいということなど、いくつかの悪しき
存在たちからの語りかけの特徴などを説明しています。

地球人の粗い波動に比べて、高い存在たちの波動はとても精妙なものなので、
かすかな電波にチューニングするのにも似て、そんなに簡単に合わせられるものでは
確かにないんですよね。なので、これはとてもよい戒めだなあと感じています(^^


そしてもう1つのものが、「よく噛めよ」です♪

日月神示には食事をする際の注意として、「ものをよく噛めよ、よく噛めよ・・・」という文が
出てくるのですが、これはその言葉の通りで、「よく物を咀嚼して食べなさい」というものです。

最初この文を見た時には、ものをよく噛んで食べることは確かに健康には良さそうだけど、
なぜそれが魂を発達させることにまでつながるのかは、私にはわかりませんでした。

でもその理由を見ると、ものをよく噛むことは咀嚼(そしゃく)筋を発達させ、頭の周りの
血流を良くするため、人を賢くし、ものごとを深く見るようにさせるのだとあったのです。
そしてその結果、それが魂までもを発達させることになるのだそうです。

よく噛むと唾液もたくさん出て免疫力も上がるので、病気もしにくくなりますしね・・・♪


このところ歯の治療をしていて痛かったので、いつもよりも噛めなかったのですが、
これを書きながら、私自身、改めてよく噛んで食べようと思いました。


とってもシンプルなことだけど、意外とこういうのが強力だったりするんですよね・・・(^^



↓よく噛んで、ゆっくり食べようよ・・・食事

スポンサーサイト
[ 2008/10/26 10:35 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(6)
初めまして。
先月の終り頃に、Lightさんのブログから来ました。
とても興味深い記事が多く、更新を楽しみにしています。

私も最近、この『日月神示』の本が気になって検索していたので、こちらで目にしてビックリしました。

記事に書かれているように、同じタイトルの文庫本も出ている中、どれが良いかな?と迷っている所でした。
内容の紹介を参考にしたいと思います。
ありがとうございます。



[ 2008/10/26 23:12 ] [ 編集 ]
勉強になりました^^
全く知らない本でした(@-@) 為になる内容ですね~☆
また、そんな昔から2000年前後の様子が書かれていたなんて・・・すごい(@0@)☆
ウィキペディアの解説はちょっと私には難しかったので、りんごさんお薦めの
上記の本を まずは読んでみようと思います(^-^*)♪

「さにわする」は本当にその通りだと思いました。
見分けが付かないときは「一二三祝詞」が効果的な場合もありますよね^^;
・・て、あれ???
この「一二三祝詞」と「一二三神事」って、繋がってるのかなぁぁ・・・(@0@)???


[ 2008/10/27 08:27 ] [ 編集 ]
rie☆さん♪
初めまして、こんにちは~(^^
ライトっちのところから、ようこそです♪

日月神示は、本当にたくさんの本が出ていますよね~。
中矢伸一さんのものはとても読みやすいので、人気も1番あるようです。
ゆっくり日月神示を楽しまれてくださいね(^^
こちらこそ、ありがとうございます♪
[ 2008/10/27 12:17 ] [ 編集 ]
のりにゃんさん♪
一二三祝詞は、何千年も前からあるみたいです(^^
もちろん日月神示でも重要視されてるようですよ。

でも、のりにゃんさんのほうがよく知ってそう・・・?!
>見分けが付かないときは「一二三祝詞」が効果的な
>場合もありますよね

↑これの意味を教えて下さ~い、のりにゃんさん。
 一二三祝詞をどうやって使うんですか?!(@@)
 
[ 2008/10/27 12:37 ] [ 編集 ]
りんごさんへ by.のりにゃん
私も詳しくは無いんですが、この「一二三祝詞」は結構万能で、
常に自分を浄化したりする為にも、朝晩神棚に大祓の祝詞
http://www.geocities.jp/sizen_junnosuke/osusumenorito2.html参照・一番上)

と 共に唱えたり、「何かいるな~」とか「ネガティヴなもの受けたな~」って
感じた時に唱えると効果的です。
後は 以前、実家で(例の東南アジア土産だらけの・・・笑)金縛りにあった時に
唱えたら一発で解けました。妖怪とかへの効果は分からないけど
多分、(良くない)霊的なものに対しては効果的なんだと思います。
(なので、接触してきた存在が不確かな時はとりあえず唱えてますv-39e-267

後は日々の浄化にも、毎日唱えられることをお薦めしますよ(^-^*
(※これをご覧になられた方も、(何の責任も持てませんが・・・)よかったら
ぜひお試しくださいませ^^:e-256
[ 2008/10/28 09:02 ] [ 編集 ]
のりにゃんさん♪
なるほど~、祝詞を言霊として活用しているんですね(^^
私もたまに使うものはあったんですが、一二三祝詞や
のりにゃんさんがリンクして下さったものは自分では
使ったことがありませんでした。

私もやってみようと思います♪
教えてくださって、ありがとうございました~(^^
[ 2008/10/29 06:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する