青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

スーパーヒーリング・パワー☆

         今日は、昨日の記事の補足です。

早朝の太陽は霊的な力が特に強く、「霊光」とも呼ばれています。

太陽が昇ってから30分以内ぐらいの太陽光を、そう呼ぶようです。

     
         朝1


この霊光にはかなり強いエネルギーがあるので、
心身の不調などを強力に癒す働きがあるそうです。

昔から洋の東西を問わず、太陽信仰というものがありましたが、
朝早くのこの霊光を特に崇めていたようです。

もちろん午前7~8時ごろまでの朝日でも威力は充分にありますが、
大きな病の時などには、特にこの昇りたての太陽光をおススメします。


近代の大宗教家の中には、寺山さんと同じように
医者に見離された重い病を早朝の太陽を毎日拝むことで治癒させ、
それがきっかけで宗教を興された、なんて方もいるようです。

その他にも、七田教育研究所にお子さんを通わせていた母親が、
毎朝太陽の光を浴びて手を合わせることを続けていたら、
人や物のオーラが見えるようになってしまったなんていうのもあります。

早朝の太陽光には、もしかすると私たちの松果体を刺激するような
エネルギーがあるのかもしれませんね。

                 太陽


太陽の光はお昼前までは陽の気が強いのですが、
正午あたりを過ぎると、午後は陰の気が増すと言われています。
1日の中でも、太陽のエネルギーの要素が変わる
というのはとても面白いことですね。


夕陽のオレンジ色の光にはグラウディングを高めてくれる力があるので、
精神的に不安定だったりする人には、こちらのほうが
気持ち良いと感じることもあるかもしれません。

       
         夕陽1
       
           
太陽は、すべての人に与えられたスーパーヒーリング・パワー・キラキラ

          これを使わない手はありません。

朝日でも夕陽でも、自分が気持が良いと感じる太陽の光を5分でもいい
ので浴びて、しばし手を合わせたり深呼吸をしてみて下さい。

太陽から思わぬプレゼントをされるかもしれませんよ ^^




↓ありがとうございます♪

スポンサーサイト
[ 2008/05/03 10:41 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(2)
毎日とは言えないのですが月に25、26日は朝の4時頃起きてます。
空が濃紺、乳白色、紅色に変化して山の端から光が昇るさま、朝日
を受けてピンク色に染まる北アルプスの山々は何回見ても感動♪です。
ひなた☆さんがおっしゃるように朝の太陽はエネルギーがいっぱいです(^^
真冬はつら~いですが出来る限り早起きを続けたいと思ってます★
[ 2008/05/06 10:33 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
うわあ~、旦那クンと亡くなった母がこれを聞いたら、
きっと爪の垢でも煎じて飲みなさい!と言われちゃいそうです^^;
それにしてもすごいですね~、ほとんど毎日
アルプスからのご来光を拝めてしまうのですか?!
うらやましいです!!^^
[ 2008/05/06 14:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する