青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

地球の心臓の秘密

 
NYはこのところ、ずっと凍てつくような寒い日が続いています☆

肌にとっては最大の敵と言うぐらい、恐ろしいほどに乾燥する中西部の気候に慣れきって
しまっていた私にとって、水分が多いことが今はとにかく新鮮で、今朝も気温が低いのに
雪ではなく雨が降っていることに驚き、しばらくボーっと外を眺めていました・・・(笑)

 
      CIMG2724.jpg


それでも気温は低いので、↑針葉樹の上に降った雨もみるみるうちに凍っていきます。

テラスに出しっぱなしのテーブルには、こんな↓感じでツララが成長☆


      CIMG2727.jpg


これはちょうど、リビングの真正面に見えている景色です。


           CIMG2729.jpg


葉っぱの落ちた下の木を拡大すると↓、横や斜めにもウネウネと氷の枝が伸びていってます。


      CIMG2732.jpg


凍り付いて枝が重そうだなあと見ていたら、ものすごい音がして・・・・・


      CIMG2733.jpg


なんと2メートル近い枝が、重さに耐え切れずに落下してきました(@@;


      CIMG2734.jpg


この後も少し離れた他の木から、4~5メートルぐらいはある枝が大きな音とともに落下。

以前コロラドで、4メートルぐらいの枝が強風で折れた時には、その下にあった電線を
切ってしまい、しばらく電気が使えないことがあったので、ちょっぴりハラハラしました(笑)


                 ピンクのきらきら        ピンクのきらきら        ピンクのきらきら


引越しのさなかでも、地球の心臓に関係する話はさらに深みを増して進んでいました。
(私じゃなくって、ライトさんのほうで・・・・・笑)

彼女のブログでは暮あたりに、それに関する記事をだいぶ書いていて、
こちらのブログでも「早くポータルの記事を書いてね~^^」と言われていたのですが・・・・
引越しでなかなか落ち着いて書くことができませんでした。

すると新居に入ったばかりの大晦日の朝、野生児の彼女から留守電が・・・・
「すごいことがまた起きたから、時間のあるときに絶対電話ちょうだいね~~~♪」

なんだろう・・・?! 気になったものの、荷物をすべて家に運び入れたばかりで
足の踏み場もないような時に電話でお話なんかしていたら、こういう時には鬼軍曹にもなる
旦那クンに怒られかねない・・・。 なので、ここはジッと我慢の子・・・・(--;

そしてその日の夜、ロスとの3時間の時差を利用して、旦那クンが眠りに着いた後
ゆっくりと彼女に電話。 日本では、ちょうど元旦の朝食を囲んでいるような時間でした。


電話口で彼女は、その日見た夢の内容や、少し前に受けたリコネクションという
エネルギーヒーリングを受けている最中に、その心臓の内部を見に行った様子などを
話して聞かせてくれました。

そして驚いたことに、私がずっと彼女に薦めていた「白峰」さんの本が、今まではロスの
本屋さんでは手に入らなかったのに、今回初めて、昨年の11月に出された彼の新刊を
偶然手にすることができたそうで、さっそく買って読んでみたら・・・・・・

なんと中近東にある「地球の心臓」らしきものの中で彼女が見てきたものと
白峰さんがその著書の中で書いているものが、まったく同じものだったのだそうです(@@)w

私はこの白峰さんの新刊はまだ手にしていないので、詳しいことはわからないのですが、
ガセネタもあるというデーヴィッド・アイク氏の、爬虫類人類のことが書かれた本の中にあった、
「中近東に地球最大の次元のポータル(扉)があって、闇はアメリカ軍を使ってそれを
必死になって探している・・・」というのは、どうやら本当のことのようなのです。

アイク氏の本では、ライス女史にはそういうことがわかる能力があり、
彼女が特にそれを推進させているとあったのですが・・・・


中近東というのは、様々な宗教が生み出された場所でもあり、
それは土地のエネルギーが尋常ではないほど強かったからだとも聞いているのですが、
もしかするとそれは、他の次元から湧き出して来るエネルギーで、それの最大の噴き出し口
(ポータル)がそこにあるから・・・・ということも言えるのかもしれません。


ライトさんが見てきた地球の心臓の内部については、彼女のブログを読んだほうが早いので
整理してまとめてリンク♪・・・と思ったら・・・・・

彼女も日常記事の合間に書いているので、どこにあるのかバラバラでわからない・・・(^^;


ちょうど今日の記事も長くなってきたところなので、今回は2回に分けますね。


今一度まとめてから、後半部は次回に続きます・・・^^♪




↓国家風水師とライトっちが見たものって・・・・・ハート

スポンサーサイト
[ 2009/01/08 10:29 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(7)
うっひゃぁ!
雪が降るから枝を吊る、って聞いたことはあっても
雪そのものが生活に存在しないもので「はぁそうですか」だったんですが
大変なんですねぇ、雪って。。。

中近東、またきなくさいニュースが流れてきてますね。
どうしても熱くなっちゃう地なんだなぁ。
[ 2009/01/08 12:38 ] [ 編集 ]
りんごっち。

上手!上手に書いているねえ。
(*^_^*)

だよね。。。引越し最中だったもんね。
デモ、ラッキーにも年明け早々話ししたもんね。

(^。^)y-.。o○
今年もよろしくだにゃん。。。
[ 2009/01/08 15:47 ] [ 編集 ]
そうそう。。。

宇宙の鼓動のカテゴリーをクリックすると
一覧全部でてくるよ。

(*^_^*)
[ 2009/01/08 16:30 ] [ 編集 ]
Pyoさん♪
ああそうかあ~、枝を吊るのはそのためでしたっけね~(^^)
兼六園とかの日本庭園ではよくやっていますよね。
雪は情緒ありますが、やっぱ大変です・・・(^^;

どうしてこんなにも中近東なのか・・・?!
やっぱり、それだけの理由がある地のようですね・・・(--)
[ 2009/01/09 08:08 ] [ 編集 ]
Lightっち♪
こんなんでいいのかしら・・・?!(笑)
2009年、今年は社会にも
何か大きな変化が出てきそうだね~。

あっ、そうでした・・・・
自分でカテゴリー名つけておいて、
その手があることをスッカリ忘れてた・・・(^^;
[ 2009/01/09 08:15 ] [ 編集 ]
うわあ、寒そう・・・。
リビングから木が見えるなんて、いいじゃ~ないですかあ。
中近東の現状は根が深すぎて、やっぱり、よくわりません、と、
遠巻きに見るしか・・・・な、感じになっちゃいますーー。
ライトさんのとこにもあとでお邪魔しますーー。
[ 2009/01/09 13:30 ] [ 編集 ]
ぴーこーさん♪
木って面白いですよね~。
ずっと見てると、ものすごい存在感を感じます。
ドカっと大地に根をおろした、まさに大きな精霊ですね(^^)

中近東・・・あそこは、たぶんマレな土地なのかもしれませんね。
地球規模というよりは、宇宙規模で見たとしても・・・♪
[ 2009/01/10 09:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する