青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

体の中のお医者さん


おとといの記事に書き忘れたのですが、
実はもう1つビタミンの効用を感じたものがありました。


それは・・・どうも 「心」 にも効くみたいだ・・・・・というもの☆


飲み続けていると 明らかに ストレスに対して強くなるのを感じたのです (^^)9

ビタミンを特によく飲んでいた時は、嫌な事が起きても、それをストレスに感じる度合いが低く、
飲んでいない時に比べて、物事を自然とポジティブに考えやすくなったのです。

ビタミン摂取が、脳内のセロトニンでも作りやすくしてくれるんでしょうかね・・・?!(笑)

本当にこれも不思議なことでしたが、ビタミンをたくさん摂ると心が安定しやすい・・・・
というのは、その後、雑誌か何かでも見かけたことがありました♪


今はうつ病で通院をしている人がたくさんいますが、もしかするとそういう人の何割かにも
普通のビタミン摂取で、充分に社会復帰できる人がいるのかもしれません・・・。

友達の旦那さんにも、このうつ症状で会社勤務もままならず、
通院しながら精神剤を飲んでいる人がいて、長年その相談にのってきたのですが
今回これを書くことで・・・私自身もこの効用を改めて思い出すことができたので、
(すっかり忘れてました^^;) 彼女にもこのことを話してみるつもりです。

ビタミンには 「抗酸化」=「体がサビていくのを防ぐ」働きがあるのですが、
心がサビていくのを防ぐ効用もあるのかもしれませね・・・(^^)


    ざくろ


ところで・・・今までに色々なものを試してきましたが、
ビタミン以外で特筆するほど良かったというものは・・・・実はそれほどないのです(--;

強いてあげるなら、中学時代に大病をして 1年以上も体育の授業に参加できなかった時に、
母に連れられていった医院で処方された漢方薬・・・♪

実際に私のお腹を押してみる触診という診察を通して、その時の私の体の症状を把握した
お医者さんが出してくれたものなのですが、これはとても私の体には合っていたようで、
飲むほどに めきめきと良くなるのがわかりました。

緑色のにがい薬草の粉でしたが、あまりの威力に、大人になってからも
飲んでみたいと思い、母に聞いてみたのですが、残念ながら、
朝鮮人参だったかな~?!というぐらいでよくわからず・・・。

もちろん後日、薬局で朝鮮人参の粉末状の漢方薬を買って飲んでみたのですが、
あの時のような効力はなく、どうもあの時のものとは違うようでした・・・(^^;



下は現在でも、割とよいなあと感じて私が使っているものです☆


♪葛根湯・・・これは風邪のひき始めには特に良い漢方で、私もたまに使います(^^)

        風邪の症状や、ひき始めからどのぐらいたっているのかなどでも
        効く漢方薬の種類は変わっていきます。

♪龍角散・・・「ゴホンときたら・・・」で有名ですが、これはどうしてもはずせない用事が
        ある時に飲んだりします。なかなかよく効くんですよ。

♪にがり・・・ミネラルを摂るために、飲み物やお料理などに数滴使用(良質なものを)。
        300ccぐらいの水に、これを1滴ぐらいたらしたものを植物にやると
        ものすごく育ちが良くなるんですよ~(^^) 
        微量ミネラルの力も、スゴいなあと感じています。

♪どくだみ茶・・・やっぱりというか、昔から飲んでます。
          普段から飲んでいると、毒のたまり方が違うのを感じます。

♪馬油・・・化粧品としても使っています。
       数年前、旦那クンがロスで強く日焼けして肌が真っ赤になった時に
       これを塗ったら、あっという間に治ったんですよ。やっぱスゴいですね、ば~ゆ☆

♪宇津救命丸・・・昔ですが子供の頃、具合が悪い時などに母がよく飲ませてくれました。
           幼心にもこれは飲んでも良いと感じて、大人しく飲んでいました(笑)


アメリカでも手に入るもの・・・というせいもあるので、たいしたものは使っていませんが、
昔からあるものをかろうじて少し・・・といった感じでしょうか・・・(笑)

これらはビタミンほどではないですが、割と効力を感じているものばかりです♪


ちなみにここにあげたのは、あくまでも私個人にとっての合うものなので、
1つのサンプルとして参考程度までにされてくださいね・・・・

世の中には 他にもまだまだたくさんの良いものがあり、
それぞれの方が 自分と縁のあったものを使っていらっしゃると思います。



色々書いてきましたが、やっぱり一番大切にしているのは 元からある「自己治癒力」。

普段からの食事をある程度 整えていれば、あまりあれやこれやと飲まなくても

意外と自己治癒力は よく働いてくれます。



自分の中にある治癒力を信じて、たまに良いものを補助的に使いながら、

化学的な薬から上手に離れていけたらいいですね・・・・(^^)




※ 漢方薬は天然の物とはいえ、自分の症と合わないものを飲み続けると
   やはり副作用が出ますので、本格的に取り入れたい時には
   一度 専門の漢方医に診てもらうことをおすすめします。



↓偉大なお医者さんは 自分の中に・・・四葉のクローバー

スポンサーサイト
[ 2009/03/20 09:45 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(10)
昨日から‥
ビタミン意識してます♪
そうか~、なるほど!という感じで^^
確かにビタミン効果ってすごいですね!
しかもこうやって効くんだ~ってわかって、
効くって思いながら意識して飲んだら、効果も数倍倍♪♪
漢方は本当、処方してもらったほうがいいですよね。
大人になって突然出た蕁麻疹があるのですが、処方してもらったら意外なことに体の中に‘湿’が溜まってたのが表面に出てきたものらしく、子どもの頃のお腹ぽっこりの時の漢方と同じものだったので、それを飲んだら蕁麻疹もパタッとなくなっちゃったんです。
疲れると胃腸の働きが悪くなって、そこに悪い気が溜まるんですねぇ。体って正直です。
さて、馬油チェックしよっと^^♪
[ 2009/03/20 10:26 ] [ 編集 ]
パクさん♪
意識しながら飲むと、確かに相乗効果がありそうですね(^^)

体の中に溜まった「湿」が 蕁麻疹として出たんですか~。
専門家の的確な説明ってありがたいですよね☆

時代劇のドラマなどで、たまに「ガマ油」というのが出てきますが、
あれってどうやら「ば~ゆ」のことらしいんですよ。
江戸っ子たちとかにも、広く使われていたんでしょうね^^♪
[ 2009/03/21 04:28 ] [ 編集 ]
りんごっち

ライトのビジネスを応援してくれるような記事だね。
ありがと(^_^)
[ 2009/03/21 07:10 ] [ 編集 ]
^^
そうですかーー
ビタミン、いろいろいろいろ商品も多いし、試したこともあるけれど
イマイチ、うまく長くは付き合えなかった・・・
ワタシが飽きっぽいからか??笑
とりあえず自分のことでは、シミとほくろが多いんで
ビタミンC再チャレンジしてみようかな~~
アメリカでは赤ちゃんのも離乳食からビタミン入れたり
するんですよね~たしか。
馬油も娘のアトピー騒動(?)のときに買ったのが
あるのに活用してないや・・・。使おっと。
[ 2009/03/21 17:13 ] [ 編集 ]
ありがとう☆
参考にするね^^
最近ずっと 第一チャクラが ブルブル 震えてるの。。笑

ビタミン飲んで 治るといいなあ♪
[ 2009/03/21 21:00 ] [ 編集 ]
Lightっち♪
はは、そうなんだ~(^^)

やっぱ似たようなことに
興味があるんだねぇ・・・・♪
[ 2009/03/22 09:49 ] [ 編集 ]
ぴーこーさん♪
ビタミンも、製品によっては
合う・合わないがありますね・・・♪
天然物でも、いまいち効力を感じない・・・
というものもあったんですよ~。

次の記事にも書きましたが、いくつか時期をずらして
試してみるっていうのもいいかもしれませんよ(^^)
[ 2009/03/22 09:54 ] [ 編集 ]
エナちゃん♪
どういたしまして(^^)

第一チャクラが ブルブル震えるって・・・・

わぁ、何が起きているんだろう~(笑)
[ 2009/03/22 09:57 ] [ 編集 ]
ビタミン!
ちょうど再び注目していたところです☆
まずは久々に「チョ○ラBB」を気になるときに飲み始めたり友人に薦められたものを飲んでみたり・・・
(ちなみに勧められて飲んだのは「ピュアシナジー」人によってはかなり良いらしいです♪・・・でも私にはあまり効果が見られず・・・チョコラ○Bのが効く気がします^^)

龍角散(龍の角・・・すごい漢字だったんですねv-405!笑)と宇津救命丸、ぜひ取り入れてみたいな~って思います^^

いつもためになるお話、ありがとうございます(*^-^*)♪
[ 2009/03/23 12:30 ] [ 編集 ]
のりにゃんさん♪
どんなものにも、合う・合わないが
あるっていうのは面白いですね~(^^)
自分に合うものを見つけていくのが、楽しくて好きです♪

龍角散・・・言われて見れば、確かにドラゴンの角ですね・・・(笑)
宇津救命丸は、幼児には安心して使えると思いますよ。
こちらこそ、いつもありがとうございます(^^)b
[ 2009/03/24 04:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する