青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

メディアからの自立


長い間、この地球では、テレビや新聞といったマスメディアの他にも、
映画やドラマといった娯楽などでも 大規模な情報操作が行われてきたことは
すでに お話ししてきましたが・・・・

昨日、こんな記事を見かけました。

『21世紀の地球は「寒冷化」? 「温暖化懐疑論」が台頭』
2009年4月11日 17時38分 (J-CASTニュース)

環境問題を考えるとき、「地球は温暖化が進んでおり、その『犯人』は、
二酸化炭素(CO2)をはじめとする温室効果ガス。従って、「CO2を減らすための
政策を推進することが重要だ」という考え方が「定説」だとされてきた。

ところが、「実は気温は下がっている」などとする異論も少なくない。
政府が地球温暖化対策を骨子とした「グリーン・ニューディール」政策を進めるなか、
世界的にも、公然と異論を述べる動きが加速しているのだ。



以前、本当に不都合な真実で、地球寒冷化のことを書きましたが、
現在さらに「懐疑本」が続々と登場し、新聞記事までもが寒冷化指摘を始めたそうです。

科学者・エコノミスト・政治家などの専門家たちが集まる「温暖化懐疑論」の
シンポジウムも世界中で開かれるようになり、年々参加者が増えているようで・・・。


      蒼い地球


と言っても、ここで注目したかったのは、どちらが正しいのかということではなくて、
情報操作をしていた側のものではない情報が、世の中に大きく出はじめたということです。

これって、かなりすごいこと・・・♪

時代の変化を、肌で感じる出来事です^^




911が起きた時、私はまだ日本にいました。

中東のテログループによる犯行だという報道がされるようになる中、 

「違う・・・あんなことができるのは政府に近いもののほうだよなぁ・・・」

と当初から感じていたのですが、それにはわけがありました。


それは


かつて日本で起きた最大の飛行機事故が、
報道されていたこととは「違う」ことを知っていたからでした。

当時からすでに何人もの方が、真相を語ってはいたのですが、
やはり事があまりに大き過ぎたのか、それらの声はいつの間にか埋もれてしまいました。

事故の第一報で流れた映像には、飛行機が墜ちた理由のわかる物が写っていたそうで、
それは専門家が一目見れば、すぐに事故原因がわかるものなんだそうです。

ところがその映像は翌日から、日本中のどの局でも流されなくなりました。

あの事故にはたくさんの矛盾と、あらゆる方面からの
つじつまの合わない証言がとても多いのだそうです。

なぜ真相が隠されたのかについてはここでは触れませんが、

最近また、この事故の真相に触れているものをネットで見かけたり、
ちょうどこのことを考えている時に、その事故で亡くなった国民的な歌手の方から
彼の歌を通して、メッセージのようなものが届いたりする不思議なことがあったので、
もしかするとこの飛行機事故の真相が、公にされるようなことも
近い将来にはあるのかもしれません・・・・。

この事故の真相を知ることで
物事を深く見ることを学んだのですが、
それからしばらくして911が起きたのです。


今では911の真相を語ったり、知る人も多くなりましたが、
報道の嘘を知ることはやはり私達の力になります。

(古い権力による)報道を鵜呑みにしない人が世の中に多くなればなるほど、
そういう事件を起こす側もやりにくくなり、その結果、悲しい事件が
繰り返されるのを防ぐことにもなるからです。


何年も前のこと、NGOとして日本政府の人と一緒に
中東へ救援物資を運びに行った男友達が、

紛争が起きていると言われてた所に行ったのにさ、
そこには紛争なんてなかったんだよ。すごく穏かで平和な所でさ、
ああ、メディアって嘘を書くんだなあ~って思ったんだ。


と話してくれたのですが、本当によくあることだそうです。
たくさんの人が殺されているような所こそ、とても平和な所だと書いたり・・・・。



アメリカでは近年、各地に急ピッチで刑務所が建てられています。

それは近い将来、自由な思想(スピなど)や真実を語る人達を危険人物とみなして
刑務所に放り込んでしまおうというような計画が以前からあるためなのですが、
実は私が渡米した時も、ロス市内のど真ん中にあるダウンタウンでは
刑務所建設の話が持ち上がっていて、近隣住民による反対運動が行われ、
会議をしたり署名を集めたりしたのですが、聞き入れられることはありませんでした。

その当時、まだ旅行者気分だった私の目にも、その急ピッチな刑務所建設は
とても奇異なものに写り、LAPD(ロサンゼルス警察)のお膝元とはいえ、
なんでこんな街中に・・・?!と思ったのでした。


もちろんこれらの刑務所は、ギリギリ使われることはないだろう・・・・とは感じています。

その前に、私達や世の中のほうがもっと変化していると思えるからなのですが・・・・、

でもそれには、メディアが一方的に流すままの情報を鵜呑みにするだけで、
「何か変だよね・・・」という感覚を使わないでいたり、変だなあ~と感じることに対して
声をあげないでいたりしてはダメなんでしょうね・・・・♪




↓私たちには力がある・・・ハート

 

スポンサーサイト
[ 2009/04/17 12:28 ] スピリチュアル | TB(-) | CM(4)
>かつて日本で起きた最大の飛行機事故が、

某航空会社の社員が、人命を軽視し、暴利を貪ろうとうする会社側と
真っ向から戦う実話を元にした小説「沈まぬ太陽」

さっき本屋さんで偶然見つけました。「今秋、渡辺謙主演で映画化決定!」
の帯がついていました。あの墜落事故のこともたくさん書かれています。
政府とも絡んで隠そうとする会社側、真相が知りたい遺族の苦悩・・・。

映画化されることで、また真実がひとつ解明されていくのでしょうか・・・。
墜落事故で亡くなった多くの方のご冥福をお祈りします。


[ 2009/04/17 14:46 ] [ 編集 ]
ありがとう^^
 テレビも 雑誌も 新聞も、自分の目でみることが
いかに 大事かが 伝わりました
[ 2009/04/18 02:29 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
そんな小説があるんですかぁぁ・・・・・

事実を声に出して言うことが許されない時には、
小説やドラマ、映画などにして、架空のものとして
その事実を表現していることがよくありますよね・・・。

あんな苦しみや悲しみが2度と繰り返されることがありませんように・・・☆

本当にこれは、たくさんの人の想いですよね(--)
[ 2009/04/18 23:58 ] [ 編集 ]
エナちゃん♪
いつも ありがとう(^^)

たくさんの情報があふれている今、
どれが正しもので、どれが間違ったものなのか・・・
なんて判断をしている間もなく次から次へと出てきているよね。

わたしたちにできるのは、それらを鵜呑みにせず、
感情をかき乱されすぎないようにしていくこと・・・なんだろうね☆
[ 2009/04/19 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する