青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

休日の人々☆


久々の連休が明けて、週始めとなった火曜日の今日は
なんだかボーっとしています(笑)

連休とは言え、いつもの週末に月曜日のお休みが付いただけの3連休だったので、
精神的にも物理的にも、もう少し長かったらなあ~と感じたのが本音・・・(^^;

ゴールデンウィークみたいのがあると、やっぱりいいですね~♪

今回改めて、アメリカ人の連休中の動きや過ごし方にも、
日本人と似ているものがあるなあ~と感じることが多くて面白かったです(笑)


メモリアルウィークは家族や親戚、友達などとバーベキューをすることも多いのですが、
この時期は気候もいいので、近距離から中距離の旅行に出る人もたくさんいます。

3日間で大きな民族移動のようになるため、
空も陸も、いつにない混雑ぶりに・・・。

連休前の金曜日の午後から、道はウキウキした人たちを乗せた車でにわかに混み始め、
それと同時に、スピード違反を取り締まるパトカーも、いつも以上にあちこちに現れて
ここぞとばかりに車を捕まえては違反切符を切りまくっていきます。


お弁当を持って、私たちも土曜のお昼前に、NY市から車で約3時間の所にある
ニュージャージー州の海沿いの街に出かけたのですが、サービス・エリアは
どこも満員御礼の状態になっていました(笑)


ようやく着いた大西洋を望む街では、のほほん顔のカモメがたたずんでいて・・・。

   CIMG4175.jpg


一昔前は、NY周辺の白人上流社会の人たちの、避暑地。
そして今は、誰もが家族で遊べるカジノやエンターテイメントの、リゾート地。

ラスベガスよりも一回り小さい感じの街、それがアトランティック・シティーです。

右に大西洋、左にはホテル・カジノやレストランやさまざまなお店・・・。

   CIMG4181.jpg


ラスベガスが世界からの旅行者でいっぱいなら、
ここは近郊に住む人でいっぱいといった感じの所です。

ちなみにカジノと言うとギャンブルの不健全なイメージがあるかもしれませんが、
こちらのカジノって、実はとっても家族的なんですよ・・・^^


他の土地のカジノなどではあまり感じたことがなかったのですが、
ここでは夜遅くなったら、昼間の庶民的な家族連れの層とは少し入れ替わり、
上流社会(もしくはお金持ち)の人かな?!と感じられる人たちの割合が高くなりました。

アメリカでは体型や姿勢、身のこなし、普段食べているものなどを見るだけでも、
その人が所属している社会というか階級のようなものが少しわかります。
これは旦那クンともよく話すことなのですが、私たちのような滞在年数の浅い
外国人が見てもある程度わかるのですから、アメリカ人同士ならもっとかもしれません。

特に目についたのが、10~20代の若い世代。
おしゃれな白人の子がたくさんクラブ周りをうろついていました。

アメリカには、細くてきれいでお洒落な子って、イメージしていたより意外と少ないなあと
ずっと思っていたのですが、ここにはたくさんいました(@@)

中には「ふふん・・・」っていう高慢な感じをさせる子もいたり・・・・(^^;

最近日本でも放映が始まった、NYの名門私立校に通うお嬢様たちのドラマ
「ゴシップガール」に出てくるような感じの女の子たちは・・・
お休み中、こういう所にいたりするのかも・・・と妙な発見。

細くてもお腹だけすごく出ていたり、全体的にやっぱり太目の子が多いアメリカで、
今時のワンピースを、スレンダーな体にセンスよく着こなしている子が多くて、
なんだか、ちょっぴり新鮮でした・・・♪

   CIMG4189.jpg


こんな感じにボードウォーク(木でできた歩道)がずっと続いているので、
警察官は、立ったまま乗る電気バイクで走り回っていました。

           CIMG4192.jpg



シーズン中のカジノ・ホテルはとてつもなく高いので、少し離れた郊外で1泊したものの、
楽しい時間って、本当にあっという間ですね~(@n@;

帰りは早めに切り上げても、フリーウェイは
同じような車で、すでに渋滞が始まっていました(笑)

他の車線を走っている車内に目をやると、
ハンドルを握る人以外は、疲れて爆睡している人ばかり・・・。

みんな短い連休を、思いきり使い切ったんでしょうね(^m^)

そんなところは、どこの国も変わりません・・・♪



今回のでは特になかったのですが、
カジノでは、結構面白いスピ体験(?!)もあるので、
いずれ書いてみたいと思っています・・・・。


今日は、連休中のお話でした。

おつき合い下さって、ありがとうございます(^^)



↓これで少しリフレッシュ・・・ピンクのきらきら

 

スポンサーサイト
[ 2009/05/27 07:11 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(6)
お久しぶりです☆

なんだかゆったりとした時間を過ごされててうらやましいです♪相変わらず、日本人はあわただしくしていますょ(笑)
私は連休をもらった記憶がとんとないので、日数をかけてどこかに行くという感覚がありません。バカンスしてみたい!(笑)

またお話をお伺いするのを楽しみにしています☆
[ 2009/05/27 18:49 ] [ 編集 ]
連休は御主人さまと素敵なひとときを過ごされたのですね❤
カモメさんの写真、すごくいいですね!絵ハガキになりそうです!

>NY周辺の白人上流社会の人たちの、避暑地。

「グレート・ギャッツビー」みたいな華麗な世界が繰り広げられて
いたのでしょうか・・・(^^ 
東海岸ってアメリカだけど、どことなくヨーロッパのにおいがします。
[ 2009/05/28 09:44 ] [ 編集 ]
Kaさん♪
もしかして・・・ゴールデン・ウィークも
働かれてたんですか?!(@@;

アメリカはお休みが多いと思ってたんですけど、
学生以外は日本と同じぐらいです・・・(笑)

同じく!!私も長期バカンスがしてみたい!!^^
[ 2009/05/28 11:54 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
ケンカもちょっとしましたけどね・・・^皿^えへへ
でも久々に遠出ができて、いい気分転換になりました♪

一昔前は、本当に映画みたいな感じがあったんでしょうね~^^

本当にアメリカは 北に南、東に西・・・と、
行く土地土地で、様子が大きく変わります。
ロスなど西海岸は南米っぽい感じのものが多いのですが、
東海岸は、確かにヨーロッパ色が強いですね・・・♪
[ 2009/05/28 12:04 ] [ 編集 ]
こんにちは^^
『ゴシップガール』見てますよ~(笑)
ドラマを見ているとアメリカの若者ってみなあんな生活してるのかな。。
とついつい思ってしまうのですが、そんな訳ないですよね^^;

お写真を拝見させて頂いて、アメリカってほんと開放感がありますね^^
町並みも可愛くて、素敵な休暇ですね^^いいなぁ♪
[ 2009/05/29 11:00 ] [ 編集 ]
たくママさん♪
こんにちは~^^

見てますか~(笑)
ゴシップガールは、NYのアッパーイーストに住む
超上流社会の子女たちを描いたもので、
アメリカの中でも、ほんの一部の特殊な若者たちなんですよ。

おじいちゃんあたりが大統領でも不思議じゃない名門家系も多くて、
ビバリーヒルズ青春白書以上の彼らだったりします・・・ウラヤマシーゾ~♪

と言っても実際は、名門ほど生活は地味らしいんですけどね(^^;

日本女性で、この超上流社会に入った方のブログがあるのですが、
名門小学校に通うお嬢さんたちがすでにハマッているそうで、
マダムたちは、このドラマに「ヒヤヒヤ」なんだそうですよ~(笑)
[ 2009/05/29 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する