青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

抵抗☆


その家はフレンチ・カントリーな造りの、小さなかわいいお家♪

建てられたのは戦前☆

アメリカではなんとか様式、かんとか様式なんていうもっと古い家屋でも

中身だけを改装してずっと使い続けていることは多いので、

そのぐらいの古い家はめずらしくはないのですが、


でもその家の下には

ただ地面を掘り下げて作られた土がむき出しの

大家さん専用の、天井の低い物置があったのです・・・・(--)


どこかのドラマ風に説明したなら、たぶんこんな感じ(笑)


霊的にも特に悪いものを感じるようなところではなかったのですが、
それでもシビアなことがたくさん起きた家でした。


  さかな


大家さんがその床下物置に来た時に、こちらが何かやって動いていると、
向こうも作業の音を大きくさせていったりするので、やがて彼が床下に来ると、
出て行くまでのしばらくの間、私は動かずにジッとしていることが多くなっていきました。

ところが・・・・

たまに音もなくスッと来ていることもあって、そのことに気がつかなくて
キッチンなどでこちらが料理をしていると、急にその部分の真下から音がして
ビックリするようなことも続いたため、そのうち彼が床下に出入りするのがよく見える窓に
へばりつくようにして生活することに・・・・(これってかなり疲れます T‐T)

こちらが物音をさせないと、留守と思ってかえってよく来るんじゃないかと思えば
四六時中、聞きたくない時でも音楽をかけてみるようにしてみたり・・・・

あまり頻繁に大家さんが来て、大きな音をさせたりする時には、
「いますよ・・・」という合図にもなるように、こちらも動いて生活音をさせたり
携帯で誰かと話してみたり・・・・

でも事態は何も変わらず・・・(--

しかも問題はその床下物置だけでなく、我が家のすぐ横に、大家さんの数台あるうちの
車の1台をとめていて、しょっちゅう勢いよくそのドアを開けたり閉めたり。

特に何かの作業をしているとは思えないような時でも、そこにも長く留まったり・・・・

仕方ないので、そのうち床下に物置のない部分のリビングに逃げるようになると、
今度はその大きなフロント窓のすぐ前で、彼は何か作業をし始めたり・・・・

その他にもこれってかなり失礼だよねと思えることや、
信じられな~いと思うような行動がいくつも起きるようになり・・・・

彼が鈍感なだけなのか・・・、それともこれはいやがらせなのか・・・?!?(--)

すべての人がとは言わないまでも、やっぱり物事を察する度合が日本人とは
かなり違ったりもするアメリカ人・・・・

これは、「嫌です!」と本人に言わなければいけないことなんだろうと思うようになり、
そんなにペラペラではない私は、文面で大家さんに事態の改善を伝えたのです。
(英語で書くことは、こちらの学校で鍛えられていたので・・・)


ところが・・・

それを毎月の家賃を払う方法と同じやり方で彼のポストに入れたにもかかわらず、
のちに受け取っていたことを白状したのですが、このあとしばらくの間は、
彼はそれを受け取っていないと言い張り、さらに行動がエスカレートしていったのです。

敷地内にある他の家のはしないのに、我が家だけなんの前ぶれもなく
はしごをかけて壁などを掃除するふりをしながら窓から中をのぞくようになったり、
たくさんの人を床下物置につれてきて大声で長時間話したり・・・・
(これはまるで私のすぐ横で人が話しているような感じで、トイレさえ使えませんでした)

彼が床下で大きな音を立てていたある日、ついにこちらもニャロメーと頭にきて
ひょいとイスを2~3個、その床の上に放ってみたり・・・・

こちらをおとなしいアジア人と見くびっていたのか、この時はさすがに彼も驚いたらしく
2~3日はおとなしくしていたのですが、

この事態を知った旦那クンが正式な文面で2通目3通目の手紙を
いくつかの方法で送りつけてもまったくの無視・・・・

電話で交渉してもあやふやな態度・・・・


現実生活では、望まなくてもやらなくてはいけないという時がやっぱりありますね(--;

やがてこれは安心快適な住まいの提供ができていないということで、
私たちはそれなりの態勢を整えることになっていったのです。



最初は、状態さえ改善されればよいと思っていた事態だったはずのもの。

色々と我慢したり、様々な努力もしてみたけれど

どういうわけか、この時だけはもっとひどくなることが多くて・・・・


そのころから


もしかして、これってこの家を出なさいというサインなのかしら?!

とも思うようになっていたのですが


そう思うようになってから本当に

そういったサインやメッセージが増えることになっていったのです・・・☆



つづきます^^
スポンサーサイト
[ 2009/08/27 07:55 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(10)
うわぁ…
読ませて頂いてるだけでヒェ~と思う程、とても一言では言えないくらい大変な状況だったんですね…(TT)
無神経を通り越して、何だかちょっとストーカーじみてますよね…(+_+)
改善されようと努力なさって、でも逆にどんどん酷くなられて、、そういう時はもうその件に関して我慢や努力をしないで、離れるという選択をするサインなんですねo(^-^)o
[ 2009/08/27 12:32 ] [ 編集 ]
過ぎると本当ホットするよね。。

(^_^;)

読みながらそのときの状況を思い出すと

なんか遠い昔のことみたいだよね。
[ 2009/08/27 13:09 ] [ 編集 ]
ストップのサイン?
リフレクソロジーを近くで教えてる人がいるのですが、親指を痛めたり腕を痛めたりとが続き
受講予約したのがキャンセルすることになり
そのうちパートが忙しくなり行けずじまいになってるのを思い出しました(^^;



[ 2009/08/27 18:27 ] [ 編集 ]
イヤな思いをされましたね。お隣さんや大家さんとの
トラブルは本当に神経をすり減らしますものね・・・。
これもひなた☆さんも鍛える為の「テスト」だったので
しょうね。
[ 2009/08/27 21:18 ] [ 編集 ]
マッチャさん♪
本当に、なんだか不思議な出来事でしたね~(--;
家の外回りだけのことなら、我慢もできたんでしょうが、
薄い床の真下だと、半分家の中に入られているようなものだったので、
今考えてもアレ以上、どうしようもなかったなあ~と・・・。

でも、それって結局は、物理的に人を使って、
「ここは居る場所じゃないよ~」って言われてたようなもんですよね(笑)
[ 2009/08/28 06:42 ] [ 編集 ]
Lightっち♪
ほんと、ほんと・・・^^;

それが起きている最中や終わった直後は

なんだか心身ともに硬直していたけれど、

今ようやくホッとゆるんできた感じ・・・(笑)

色々アドバイスくれたり、リラックスさせてくれて

本当にありがとうね^^♪
[ 2009/08/28 06:46 ] [ 編集 ]
ゆりうすさん♪
> ストップのサイン?

妨害が立ちはだかっても、やったほうが良いという時もありますが
もしかすると守護存在たちやハイヤーセルフなどからの
ストップのサインということもありますね・・・♪

あとでもっと良い先生に同じものを教われることになったり、
もしくはそれ自体を習う必要がなくなったり・・・・
どうなるのかはわかりませんが、ちょっぴり立ち止まって
判断したほうが良いことなのかもしれませんね(^^)
[ 2009/08/28 06:53 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
ほんとに住まいのトラブルはイヤですね~(T‐T)

鍛えるのと、気づかせるのと、実践させる・・・の
3本立てだったような気がしています(^m^)
[ 2009/08/28 06:57 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/28 19:09 ] [ 編集 ]
〇う〇ん♪さん☆
こんにちは、はじめまして^^

本当にこういうのってシンドイですよね・・・。
サインとしては、色々なものが来ました。

ものごとはエネルギーから成るということなど・・・
改めての学びだったような気がしています。

この後の展開も書いていきますね^^
[ 2009/08/29 03:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する