青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

すけっと☆


この宇宙は、実は箱庭の実験場のようなもの♪

どんなことが起こるかを、色々と見ている存在たちがいるんだ・・・・


そんなことを聞いた昔

トンネルの出口が見えないような

苦悩だらけの毎日を送っていた頃でもあったため


冗談じゃない・・・

こんな大変な思いをしながら日々生きているのに、

そんなものであるわけがない・・・・・

なんて思ったこともあるのですが(^^;


今回の一連のことを通して、

この世界は

実験場とは言わないまでも、

私たちがふだん認識しているものとは

もしかするとかなり違ってたりもするのかな・・・・

この現実こそ本物・・・・なんて、強く感じすぎたりしているのかな・・・・


なんていう不思議な感覚を、覚えた時でもありました。


映画でも「マトリックス」とかありますよね^^

そういうのを認識している人が作ったお話のようですが・・・・

Wikipediaから

『マトリックス』THE MATRIX(1999年、米国)。
人類は、気付かないうちに仮想現実(ニセモノの現実、ある種の幻想)
を見せられているのだが、すっかりそれを現実と思い込み、支配されてしまっている。
ひとりひとりが見る幻想を生み出すカラクリである「コンピュータ仕掛けの
仮想現実空間」を「マトリックス」と呼んでいる。



マトリックス 特別版 [DVD]マトリックス 特別版 [DVD]
(2008/06/11)
キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーン




        *     *     *    *    *    *    *

 
直前までもめていたことや、夏の引越しシーズンでもあったため
引越しトラックの手配や、荷物を運ぶ手伝いをしてくれる人の予約にも手間どり、
さらに1日ズレこんだのですが、そのおかげで土砂降りの日にならなくてすみました。

その日から晴れ出す予感はあったものの、それでも1週間近くも降り続いた
激しい雨がやみ、当日の晴れ間を見た時にはすごくホッとして、


さあ、これでうまくいくぞ ~~


と思っていたら

そうは簡単に、問屋がおろしてくれませんでした(^^;


時間より早く行ったにもかかわらず、コンピューターが前日から壊れているからと
目の間にトラックがあるのに、他の営業所へ行ってくれと言われた旦那クン。

さんざん待たされた挙句に、隣の街までトラックを借りに行くはめに・・・・・

一方、家で最後の梱包をしている私も、待てど暮らせど引越しのヘルパーさんが
来ないな~と、外を見ながら何度もキョロキョロすることに・・・・・

      truck.jpg

ようやく予定より2時間も遅れてトラックを借りてきたはいいけれど、
今度は「マンハッタンからの足がなくて・・・・」と電話してきたのを最後に
雇ったはずのヘルパーさんはいつまでたっても現れず・・・・(--)

アメリカじゃあ、こんなことは本当によくあることで、
ちゃんと現れるまではいつもドキドキ・・・・

でも今回は、本当に現れなかった!!! w(@@)w オーマイ

ここまで来るともう・・・何かに妨害されてるんだか、試されてるんだかもワカラナイ(涙)
もうすべて自分たちでやるしかない!!ということで、すべての荷物の運び出し、
掃除、運搬、新居への荷物の運び入れの全工程をやることに・・・・

ふたりとも、大柄でも体力があるわけでもない、ふつーの人。

旦那クンはこの時点で、夜中までの作業になることを覚悟したそうで・・・・


大柄な男性数人でも、いつもドッコイショって感じで運んでいた3人掛けのソファや、
無駄に大きくて重いあのテレビ・・・・、運び出せるんだろうか?!

まず無理だなあ・・・・・

せめてあのソファを運ぶ時だけは、誰か助っ人を送ってくださいね・・・(祈)


そんなことを心の中でつぶやいてから始まった、暑い中での運び出し作業。
アメリカ生活7年の間に増えた荷物は結構あって、意外と大変。

それでも何とか半分まで来ると、第一の関門のテレビ。

これはなんとか頑張って、クリア♪

次に大きな3人掛けのソファ。幅がフロントサッシいっぱいで外に出すのも大変だったけど、
やっぱり危惧していた通りにすごく重い。1メートル歩くごとに止まってもらう始末・・・

トラックまで遠いいなあ~~~(T‐T)

するとちょうどその時、それまで平日の午前中だったこともあって誰もいないと思っていた
敷地内の家から、ゴミを出しに白人男性が出てきたのです。

ゴミ捨て場は我が家の近くにあるので、彼はその家からこちらに歩いてきます。

コレはもう声をかけるしかないよね~ということで、帰り際にお願いすると
彼は快くOKしてくれて、私と入れ替わると、いとも簡単にヒョイとソファを持ち上げて
あっという間にトラックの中まで運び入れてくれたのでした♪

実は運び出し作業中に、人が出てきたのはこの時だけ・・・・。

ガテン系のこともやってみんさいね^^と、言われているような今回だったけれど、
それでもあまりに無理だと思うところだけは、願ったとおりの助っ人が来てくれました(笑)



トラックの返却時間を考えて、最後の掃除の半分を後に回すと、
その家から30分ほどの新居での、荷物の運び入れが先になりました。

午後3時近くにもなり、疲労の色が濃くなってきていても、
手伝ってくれそうな人も歩いていません。

これはもう頼むのも無理そう・・・・

こうなったら、私の体の中に力持ちの存在が入って手伝ってね♪

そう心の中で頼むと、汗がアゴから滴り落ちながらの作業開始。

年を取るほど体力がついていくと、昔、占星術で昔言われていたように、
中学生までの虚弱体質とは打って変わって、確かに体力が昔よりはついたなあ~と
ちょっぴり嬉しく思いながら、黙々と荷物を運び入れてました。

テレビを何とか運び入れると、次はあの問題のソファー。

ところが・・・・あれ?!

こんな軽かったっけ?!(@@)と思うほど、軽いのです。

気づけば一緒に運んでいる旦那クンの側よりも、私の側のほうが地面よりはるかに
高く持ち上げた状態で、楽々と運んでいたのです。

なんで午前中はこんなのが、あんなに重く感じたんだろう・・・・???

片手でも運べそうだけど、ここまで力持ちだったっけ(@@)?!


まるでこんなランプの精が↓ 体の中に入っているみたい・・・・

         ランプの精



・・・・って、

そういえば私、頼んでいたんだっけ・・・・忘れてた(@@;


その後も体はますますよく動き、新居には2階もあるのですが、
荷物の半分以上をそちらに置きにいくのもほとんど私がやっていました。

思った以上の早いペースで、夕方には荷物をすべて運び入れ、
トラックも返して前の家の掃除もすべて済ませると、薄暗くなってきてはいたものの
まだ日のある8時前にはすべての工程が完了していたのです。


その日の夜、旦那クンに、この2つの助っ人のことを話すと、

どおりで・・・・、こいつ意外にやるなあ~(@@)と、実はかなり驚いていたんだよね。



まさか、体の中から助けてもらうなんていう方法があったとは・・・・・
(本当にそうなるとは、自分でも思っていなかったので^^;)

こんな笑えるような、目からウロコな発見のあった引越しでもあったのでした。



それにしても人間って、どこまでもたくましくなれるもんなんですね・・・・(笑)
スポンサーサイト
[ 2009/09/03 09:17 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(14)
読んでいてこちらまで汗が出てきて、筋肉痛に
なっちゃう感じがしました(^^; お疲れ様でした。
でも、サポートもちゃんとあったところがさすが!!

アメリカの引っ越し事情を知るにつれ、日本の引っ
越し業者さんは、至れり尽くせりなんだなぁ、自分
達の引っ越しは実は恵まれていたんだなぁと思い
ました。

思い物の搬出、搬入は言うに及ばず荷ほどき、お
掃除までやってくれるんですから・・・。
(大の男の方がお茶碗を棚に並べてくれるんです~
恐縮したけど助かりました(^^;)
[ 2009/09/03 11:50 ] [ 編集 ]
魔法のランプ
一見スムーズに運ばないことでも、そんな風に思わぬ収穫や気づきがあったりするんですね。
まさかご自身が最強の助っ人になられるなんて本当に思いもよらないですよね(*´艸`)
そんなオーダーの出し方があるんだなぁととても参考になりました!
実は皆すでに魔法のランプを持っているのかもしれないですね(*^▽^*)
それでもお仕事されたのはあくまでご自身のお身体で、後で筋肉痛などは大丈夫でしたでしょうか?(;^_^A
[ 2009/09/03 13:02 ] [ 編集 ]
なるほど(^w^)
いろいろあって大変な中、すてきな内容のブログを読ませていただいてたこと、そして、良い意味で、夏休み後(引越後)のおはなし、なるほどと楽しく読ませてもらってます(o^∀^o)わたしも次に行き詰まったら、感謝の気持ちを持つように努力すれば少しだけでもいつもの空回り(個人的な)から抜け出せそうな気がするので、頑張ってみます(⌒~⌒)
[ 2009/09/03 13:04 ] [ 編集 ]
面白いな~~~
体内協力お願い実験♪♪♪
わたしも力仕事に出くわしたらやってみた~~い!!
りんごちゃん
ありがと~~~
[ 2009/09/03 20:03 ] [ 編集 ]
お~っ(≧∇≦)りんごさんがマッチョになりましたね~っ( ̄∀ ̄)(笑)

『火事場のくそ力』もそんな感じみたいですね☆昔聞いたのは、交通事故で息子が怪我をしたので、お母さんが必死で周りに助けを求める際、乗っていた車を持ち上げて注意を引いた…というお話でした。内なるパワーを解放して、見事トラブルを乗り切ったりんごさん♪天晴れです!(^∀^)ノ
[ 2009/09/03 23:05 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
アゴから汗がしたたり落ちるなんていうのは
本当に久しぶりのことでしたね・・・(笑)

一応アメリカにも、すべての工程を頼める会社はあるのですが、
節約のために、私たちは自分達でやるものを選択しています。
ただ荷物を運ぶのはやっぱり重いので、そこだけは
別づけのサービスで、人を雇ったりしているんですよ^^

とは言っても、丸ごとパックのものでもそうじゃないものでも、
やっぱりこういったサービス業的なものは、
日本ほど至れり尽くせり・・・なんてことはなくて、
未だに「日本ならこんなことないのに~」なんてセリフを
使うことの多いアメリカ生活です(^^;

日本って、本当にサービス満点の良い国ですよ~♪
[ 2009/09/04 05:24 ] [ 編集 ]
マッチャさん♪
これは試練というより、実践タイムだったのかなあ~と、
今では思っています・・・(笑)
やってみてわかることとか、知ることってのもありますね^^

おそらくみんなが「魔法のランプ」的なものを持っているんでしょうね。
ただそれに気づいていない・・・・だけなのかもしれません♪

当日夜から徐々に始まり、翌日からの数日間は
体は筋肉痛の大嵐でしたね~(^m^) ギシギシって感じでした。
[ 2009/09/04 05:33 ] [ 編集 ]
六花さん♪
読んでくださって、ありがとうございます^^

今回の騒動が起きている途中あたりから、
他の人たちも、もし似たようなことを体験することがあった時には、
この経験が少しでもヒントになればいいなあ~と思うようになりました。

参考になるかどうかはわかりませんが、
色々な方法があることを、ピンチの時には
思い出してもらえたら、嬉しいです・・・(^^)b
[ 2009/09/04 05:45 ] [ 編集 ]
みっちょ♪さん☆
面白いですよね^^

こんな協力のしてもらい方があるなんて・・・♪

ぜひ、必要な時には使ってみてくださいね (@v<)☆
[ 2009/09/04 05:48 ] [ 編集 ]
Kaさん♪
はい、マッチョになりましたよ~(^^)9
静かなパワフルさが、数時間も持続したままでした。
中の方が抜けたと感じた後には、一応お礼を言っておきましたよ(笑)

火事場で起きるものすごい力も、
きっとその人を守るガイドのどなたかが
物理的な力を、一時的に貸しているのかもしれませんね・・・(^m^)
[ 2009/09/04 05:56 ] [ 編集 ]
その手があったか!
助っ人を身体の中にいれてと頼む・・・目からうろこでした。^^
情報ありがとうございます。
おつかれさまでした~。
[ 2009/09/04 23:39 ] [ 編集 ]
Pyoさん♪
こんな応援のしてもらい方があったなんて・・・ですよね(^^

一応、私を守ってくれているガイドさんの中で、
力持ちの存在を・・・という風に頼んでみたんですよ(笑)
[ 2009/09/05 06:57 ] [ 編集 ]
やればできる!!!!!
やったねv-91
[ 2009/09/05 21:37 ] [ 編集 ]
Chandreeさん♪
ですね!!!
ありがとう(*^v^*)9
[ 2009/09/06 05:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する