青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

音薬(おんやく)♪


2009年は様々なことが変化し始めたことをとても実感する年でしたが、

今年2010年は、それらがさらにもっと目に見える形で社会の中にも出てきそうです♪


ダイアナ・クーパーさんのインタビューの記事内で書いていたようなことが実際に、
それらの国の人々を大きく動かしながら展開し始めていることを
このところライトさんがまた新しく出会った人たちから
もたらされていたのですが・・・・・

そういった情報のもたらされ方も本当に不思議で、
たまたま他の子役がやるはずだった映画のトレイラー(予告版)の撮影に
急遽ライト家のふたりのボーイズが入ることになって行ってみたら、

その映画のストーリーが、あれれ?!(@@)
まさにダイアナさんが語られていたようなお話だよね・・・・

なんて感じで・・・・、
でもこれぐらいなら今までにもよくあったことなのですが

今回はその先に、そういった国出身の方がオフィスにいらっしゃったことから、
現在のそういった国の実際の動きなどが入ってきたのでした。

国名などすべてを書きたいのですが、今はやはり時期が早すぎるため
そういった実際の関係者からも、そして肉体を持たない次元の存在たちからも
止められているのでここでは特筆しませんが、このところ話題に上がっていた
ような国あたりと言えばわかってもらえるでしょうか・・・・。

どこまで書いていいんだろう?!という話を電話でしている時にも、
容赦なく電話が切られてしまい、私がちょうど新しい携帯に変えたばかりということもあって、
どこを押してかけ直すんだっけ~?!なんてモタモタしながらかけ直すと


なんか切れちゃったあとにさ・・・・・、
「公にしてしまうと邪魔が入ってしまうので、〇〇〇の部分は書かないでくださいね」
と男の人の声でメッセージがあったっんだけどさ~、

それが終わると同時に、りんごっちからかけ直しの電話が入ったよ・・・(^^)



メッセージって留守電か何か?! それとも肉体を持たない存在たちからの・・・?


別の次元の人たちからだよ・・・・


ああ、そう・・・・(^^;
キャッチホンか、それか私が携帯にいらんことでもしたのかと思った・・・・



なんて感じになるため、ここでは曖昧にしか書けないのですが、
今回ライトさんが出会ったうちの1人は有名な脚本家でもあり、そういった方面の情報が
ある時期上からドッと降りて来ていたためそれを小説という形でまとめているのですが、
やはりその内容は時期が来るまで封印しておくようにと言われているそうなのです。

重要な情報はそれに関係のある国や人々のところにもしっかりと降りてきていて、
実際のイベントやプロジェクトとして、新聞やテレビなどでは今はまだあまり
大きく報道などされていなくても、水面下では着実に始動しているということのようです。


         violin.jpg


そんなオフィスで出会った人の中で、今回これは書いても良さそうだというのが
中近東のとってもハンサムな青年が語ってくれたお話でした^^

彼のおじいさんは、かの地では最初に音楽学校を作った人らしいのですが
どうやらその血筋には「音楽大使」としての使命があるようで・・・・

世界平和デーと指定されるようになった9月21日に、ドバイで大きな音楽祭を開くために
彼は現在その準備に奔走する毎日を送っているそうなのです。

以前このブログでも音の力・音の癒しとして書いたことがあるのですが、
音にはチャクラを開いたり整えたりしながら、人を覚醒させる働きがあるため、
彼らはその音楽祭を通して、中近東の地や人々を目覚めさせていこうとしているのです。

ちょうどこの記事を書いている今日、おととしあたりからよく読むようになった
マドモアゼル愛さんの今日のブログ記事でも、「薬」としての「音」の話題だったため
ちょっと笑ってしまったのですが・・・・(^m^)


「うまくいくかな・・・・」と言う彼に、
「大丈夫、きっとうまくいくはず ^^」とライトさんが答えると、

この間、APECの会議の様子がテレビ中継されていたんだけどね、
ちょうどそこに、今ではかなりえらくなっている昔の友達が映っていたんだよ。
だから、彼にも協力してもらおうと思ってさ・・・(@v<)☆


なんてニッコリしながら言うと、その場を立ち去っていったそうです。


さまざまな国の人たちが、このアセンションを成功させようと
現在こうして世界のあちこちで奔走しています^^

こういった各地のイベントやプロジェクトがどんどん成功して
たくさんの人がつながっていけたらいいですね・・・♪

スポンサーサイト
[ 2010/01/14 05:55 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(9)
ソニック
こんにちは。

ず~っと、なにか音で出来ないもんか?と思っていたので、
愛さんの記事・りんごさんの記事が続いて、よっしゃ~な気分です。

中近東のハンサムさ~ん。 GO!GOGO!
[ 2010/01/14 11:31 ] [ 編集 ]
話がそれてしまいますが、南インドで日本の琵琶に似ているビーナという楽器がありました。裏覚えですが、日本や中国や沖縄、韓国などの古典楽器の原型は中近東の『ペシャワール』(?)あたりからだそうで、今は戦争で古くからあるものが当然失われていると聞きました… 長くてすみません。よい音楽はずっと形を変えても続いていってほしいです…
[ 2010/01/14 19:41 ] [ 編集 ]
ありがとうね。
[ 2010/01/15 01:12 ] [ 編集 ]
ドラマ「のだめ」以来、クラシック音楽をよく聴いています♪
子どもの頃はクラシック音楽=おじさん・おばさんの聴く音楽
と思っていましたが、今ではいいかも♥って思ってます。

音楽が世界の共通言語になればいいですね~!
[ 2010/01/15 09:40 ] [ 編集 ]
レイドメントスさん♪
こんにちは^^

音でできることって、かなりありそうですね。
これなら誰にでもすぐに手の届くものなので、
色々と工夫のしがいもありますよね・・・♪
[ 2010/01/16 00:42 ] [ 編集 ]
六花さん♪
民族楽器から奏でられる音楽には
独特の良い音があるといいますよね^^

昔から、そうやって空間や私達人間を
癒し続けてくれているのかもしれませんね・・・♪
[ 2010/01/16 00:45 ] [ 編集 ]
Lightっち♪
忙しい中、こちらこそありがとう^^
[ 2010/01/16 00:46 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
クラシック音楽、いいですよね~^^

私は子供の頃、クラシック音楽を聞かされると
あまりの気持ちよさに全身が総毛だってしまい、
教室の中で、半分トランス状態のようになっていました(笑)

なので、あの音には絶対何かあるはずです!!(^皿^)
[ 2010/01/16 00:50 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/06 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する