青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

人生の伏線と1リットルの涙


じぇるのことをやり始めてしばらくたった頃から、ライトっちとの会話の中には
このサプリメントのことが自然と出てくるようになっていったのですが、
その頃の私は無意識に「難病の人に・・・・」という言葉を連発していたそうで、
そのことがライトっちにはとても不思議だったのだそうです。

ところがのちに

「天国からのささやき 1」  「天国からのささやき 2」

で書いたようなことが彼女の身の上に起こり、「ああ!!こういうことだったのか~(@@)」
と理解したそうなのですが、私も後でそのことを聞かされて「え~?そうだったっの?!」
なんて感じでビックリしたのです(笑)


実はこのサプリメントはオリンピックでもその質の良さを認められ、
何期にもわたって公式認定されているものでもあり、アメリカではどこの病院にも
置かれている、世界でも信頼度の高いお医者さん専用の薬の百科辞典にも、
サプリメントとしては初めて掲載され、その医学的効果が注目されているのです。

日本を含めた各国のメディアでも、高い評価を受けている記事が掲載されることが
よくあるのですが、今年の秋にはじぇるに入れられていたあの成分が
このサプリメントにも入れられるため、すでにその動きが世界で注目されています。

あの天国からのささやきで登場した、筋肉が衰えていく難病で亡くなった
山形の奥さんからの語りかけがライトっちに起きていたのは
まさにこの発表がされていた時のことだったのです。


          umi0107-024_m.jpg


私が今回日本に帰った時に、知り合いや親族などにガンや脳梗塞を起こして
いる人たちがとても多くて驚いてしまったことはすでに書きましたが、
その中に一人、私が帰国中にガンで亡くなっていた人がいました。

彼女は私の年の離れたいとこであり、私が幼い頃には父の事務所にも勤め、
たまに両親が留守にする時などには私の面倒もみてくれたお姉さんだったのですが、
焼香に尋ねると、久しぶりに会った彼女は昔の面影はあるものの、闘病後ということもあり
すっかりやつれてやせ細り、すでに帰らぬ人として静かに部屋の中に寝かせられていました。

病気で亡くなった私の母よりも、いつの間にか1つ上になっていた彼女ですが、
彼女の横たわる姿をじっと見つめながら、難病やガンなどの病気に対して
何かやるべきことがありそうだなあ~と、その時さらに感じたのです。


実はこの記事を書いている時にも 沖縄にいるライトっちからメールが入り
じぇるの美容面での効果を紹介する会を開いた際に、ガンにかかわる施設を運営
されている方がその会場に現れたそうで、その彼女は会がすでに始まっていたことや、
会場まではそこから30分もかかることなどから参加しないつもりでいたそうなのですが、

突然聞こえてきた自分のガイドたちの声に導かれて参加を決めると、
予想よりもずっと早い15分という短い時間で会場に到着することができ、
そしてその会が終わった時には、ご自身の今の仕事の行き詰まりなどを
打開するための話などを沢山聞くことができたと、とても喜んでくれたそうなのです。

それ以外にもホメオパシーなどをされていた方で「サプリメントを飲んではダメと
言われていたのですが、『ここのは良いよ^^』とガイドたちに言われたので・・・」
とおっしゃって参加されてた方もいたそうで、本当に毎度ながら
私たちのほうが驚くことばかりです(@@)w


難病などに対しても熱心な取り組みを続けている会社であることは、
薬を作っても採算が取れないと言われる人数しか世界にはいないと言われる難病、
例えばEB病(表皮水疱症)などに真剣に取り組みながら、ついにはその光明(処方)を
見つけ出して多くの人に感謝されていることを紹介したことがありますが、

その他にも、沢尻エリカちゃんが騒動を起こす前に主演したドラマ「太陽のうた」では、
日光に当たると皮膚が水膨れなどを起こし、ひどい時には死んでしまうXP(色素性乾皮症)
という病気の女の子の人生を描いていましたが、これと同じ病気で苦しむ子供たちのために、
代替えの人工的な光を浴びることができる機器もこの会社では作っているのですが、
その質がとても良いということで、やはりここの物を採用している所が多いのです。


今回の私の日本への一時帰国を知らなかった旦那クンの女性同僚が4月の末に、
かわいらしいチーズという子猫が出てくるコミックブック何冊かと一緒に、あるDVDを
私にと貸してくれていたそうで、それをようやく昨日見ることができたのですが、
それはなんと同じ沢尻エリカちゃんが太陽のうたよりもさらに1年早くに主演していた
「1リットルの涙」という、脊髄小脳変性症という難病に中学生の頃からかかり
若くしてこの世を去った女性が書いた本をもとに作られた連続ドラマだったのです。

まさにこの記事を書いている途中のことでもあり、
これはメッセージだなあと強く思ったのですが、

これを貸してくれた女性は仕事を何日も休むほどの、知り合いの中でも一番大きな
肌トラブルを起こしていたため、先日、先にねこちゃんの漫画を返した時に、お礼も兼ねて
このサプリメントと抗酸化性の強いそのフルーツジュースを手渡していたのです。

もうこうなると、シンクロやメッセージの嵐が止まりません☆

1リットルの涙は本当にこちらまで1リットルの涙が必要になるんじゃないか・・・
というほど涙がとまらなかったのですが、本当にタイムリーなものでした。

ガンや難病の多くは体が固くなっていくものがほとんどですが、こうした病の根本原因は
おそらく同じようなことが関連しているような気がしています。


ところでサプリメント業界は近々規制が変わるそうで、医薬品と違い
認可を取らなくても、これまでは製造・販売することができたのですが、
これからはきちんと認可を取ることが必須になります。

そのために以前のようにはいかなくなる業者も多いそうなのですが、
逆に言えば、ある程度の品質のものでないと販売できなくなるため
質の良いものが残っていくことになる・・・ということにもなるようです。


これもじぇるぶろぐのほうでは少し書いていることなのですが、
この会社が生まれたその街には、偶然・・・いやもうこうなると必然かもしれませんが、
私は10代後半の夏休みに訪れているのです。

初渡米してホームステイをした街自体は別のところでしたが、
その時に訪れたこの街の名前は何十年たった今でもずっと忘れずにいました。

ロッキーマウンテンの見えるとてもきれいなところですが、
当時は田舎の州の田舎の街といった感じで、私がその街を訪れた頃は
まだこのじぇるの会社もよちよち歩きをし始めたぐらいの頃だったのです。

私は起こることすべてにその意味を、必ずしも探すことはしないのですが、
どういうわけか3年ぐらい前から、ふと「なぜあの夏、私は急にユタ州に
行くことになったのだろう?!あそこには何があったのかなあ・・・?!」と
思うようになっていたのですが、ここのじぇるを使うようになってから、
その理由を知ることにもなり、出会いの伏線がすでに子供の頃からあったことに
不思議な縁と驚きを感じていたのでした。

さらにおととしまで住んでいたチベットの方が多く住むコロラドのあの街にも
このじぇるへつながる伏線があったのですが、こうしたことは私だけでなく
ライトっちにも実は起きていて、ロスで彼女が縁のあった土地のいくつかは
このサプリメントにじかに携わったほうの会社の創始者たちが
こよなく愛し、事業を始めたところでもあったのです。


このところ起きていた様々なシンクロやメッセージを見せられるにつけ、
今やっていることへの大きな後押しと確信を感じずにはいられないことばかりですが、
これからも自然と起きてくることに乗って、動き続けていってみようと思っています(^^)
スポンサーサイト
[ 2010/07/20 06:33 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(8)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/20 08:37 ] [ 編集 ]
2日前に私も「奇跡体験!アンビリバボー」という番組で放送された
「希少難病・ポンペ病に冒された姉弟を救おうと闘うお父さんのお話」
について、mixiの日記に書かせて頂いた所でした!

※このお話は「小さないのちが呼ぶとき」という映画にもなり、ハリ
ソン・フォードさんが新薬開発にかかわる博士役を好演。

希少難病の新薬は「儲け」が少ないので撤退してしまう製薬会社や研
究者が多い現実も知りました。

難病の原因がひとつひとつ解明され、一人でも多くの人が希望の光を
見出す事が出来ますように・・・。

[ 2010/07/20 08:53 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/20 14:01 ] [ 編集 ]
いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
[ 2010/07/20 16:00 ] [ 編集 ]
〇〇〇0〇さん♪
こちらこそ、ありがとうございます^^
本当にできることから一歩一歩なんですよね。
これからもよろしくお願いしますね・・・♪
[ 2010/07/21 03:08 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
ミクシーのほうの日記、今読ませていただきましたよ。
またまた素敵な映画のご紹介を、ありがとうございます^^
こうしてチャレンジし続けている人が、いたる所にいるんですね・・・♪

奇しくも、この1番目の子がポンぺ病と診断されたまさにその年の夏、
私はアメリカの、このじぇるの生まれた街を訪れていたんですよ。

難病者を救おうとする先に、やはり健常者も含めた地球人類
全体につながる何かがあるような気がしています。

みんなで幸せになりたいですね・・・^^
[ 2010/07/21 03:22 ] [ 編集 ]
〇〇さん♪
こんにちは^^
コメントありがとうございます。

お返事メールをお送りしましたので
チェックされてみてくださいね・・・♪
[ 2010/07/21 03:43 ] [ 編集 ]
サプリメントの飲み方さん♪
こんにちは、そうでしたか^^
こちらこそ、ありがとうございます。
[ 2010/07/21 03:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する