青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

いちごの想い♪



ロス郊外に住んでいたころ、旦那クンの県人会のお付き合いで、
毎年初夏になると、ロスの北西に突き出た半島の、日系人のファームへ
ストロベリーピック(苺狩り)に行っていました。

真っ赤で、ものすごく甘い苺・・・、アメリカの苺ってなんておいしいの~!!(@@)

・・・・と、それまでの人生では食べたこともなかったような、
そのあまりのおいしさに、もうビックリ(笑)

平たい大きなダンボール箱に3つも4つもなるので2人では食べきれず、
生まれて初めて苺ジャムを作り、スーパーで買ってきた可愛いガラス瓶に入れて
知り合いや友だちにも分けて歩くほどでした♪


ロスを去った後、アメリカのいたる所で何度買ってみても
あの時の苺にかなうものには、未だに出会ったことがありません。。。

あそこの苺は、何か特別だったのかなぁ・・・・?!

現在、その近くに住んでいるライトっちとこの苺の話になった時、
彼女も大のお気に入りで、季節になるとよく臨時スタンドでまとてめ買うそうで、
あの味は、日系人がとても手間暇かけて作っているためであることを知ったのでした。


             いちご


私が渡米してすぐに住み着いたのは、80年代に黒人青年が白人警官数人に
路上で暴行されたことから起きた、ロドニー・キング事件のあった近くの街。

今はたくさんの車で溢れかえるその街も、自然がまだたくさん残る先の半島のように
かつては日系人が経営する、大きなストロベリーファームが広がっていたのです。


5夜連続の、日系アメリカ人のドラマ
「99年の愛」をこちらでも録画して観ました。

たくさん・・・・泣きました(T-T)

前にも書いたことありますが、私の魂の中には日系人の記憶も入っているようで、
こうしたお話には、どうしようもないほど惹かれてしまうのです。

現在アメリカに住んでいるから・・・・ということでもなさそうで、
こちらに来ることになるずうっと前から、日系物にはとても興味があり、
古くは「カラテキッド」の映画でGF役を務めたタムリン・トミタさんが主演の
「愛と悲しみの旅路」から始まり、工藤夕貴さん主演の「ヒマラヤ杉に降る雪」
「ピクチャーブライド」など、どれもとても好きでした。

コロラドでも、徳川家にゆかりのあるお殿様がデンバーに渡ってきていたそうで、
その彼の足跡をたどった本を、むさぼるように読んでいました・・・(笑)


ヒマラヤ杉に降る雪 [DVD]ヒマラヤ杉に降る雪 [DVD]
(2006/04/19)

イーサン・ホーク
工藤夕貴



渡米した当初、実はロスにある日系人博物館にお世話になっていたことがあり、
館内に展示されているたくさんの写真や資料などから、当時のことを
詳しく知ることができる環境にいました。

博物館には、収容所に行くのに使われたトランクがいくつも積まれ、
当時の服装などの他にも、実際の収容所から運ばれたバラック小屋の一部が
再現されて展示され、当時はやっていた音楽などが流されていたのです♪

そして博物館の外には、日系人青年だけで組織され、ヨーロッパ戦線で大活躍した、
442部隊の合言葉にもなった「Go For Broke(当たって砕けろ)」
の言葉が掘られた記念碑がありました。


【映画パンフ】愛と哀しみの旅路 デニス・クウエイド タムリン・トミタ【映画パンフ】愛と哀しみの旅路
デニス・クウエイド タムリン・トミタ


パンフレット



日系1世の平均年齢も100歳を超え、そのほとんどが亡くなっている今、
正規の職員たち以外では、その博物館で中心になっていたのは日系2世の
おじいちゃん・おばあちゃんのボランティアたちでした。

そしてそこには3世や4世、そして戦後新しく日本から嫁いで来た人なども
混ざっていたのですが、いつも本当ににぎやかで、

時にはアメリカの芸能界で活躍した方が来ていたこともあり、「りんご、彼と写真を
撮ってもらいなさい^^」と言われ、誰かもわからずに一緒に撮ってもらったら、
なんとスタートレックに出演されていた方だったということもありました(笑)


日系移民の子孫である彼らとは、一緒にお昼ご飯を食べに行ったり、イベントで
使うものなどを準備したり、スクール単位で見学しにやって来るロサンゼルス近郊の
子供たちに折り紙を教えたりしていたのですが、そうした中で彼らは収容所でのお話や
アメリカ人として戦争に加わった時のこと、そしてその後のアメリカ社会を
たくましく生き抜いてきた様子などを、たくさん語って聞かせてくれたのです。

その中でもとても仲良くなって話すことも多かった、日系2世のおじいちゃん2人は
戦時中、ともにアメリカ兵として参戦し、日本語と英語が上手だっただけでなく
優秀でもあったことから参謀本部に出入りして、日本語の暗号解読などの
任務についていた人たちでした。

日本人からしたら、複雑な気持ちにもなってしまう彼らの任務ですが、
スラリと背が高いEさんは人も良く、日本語で話している時でも相槌のイエスが
「いぇ~」になるおじいちゃんで、「りんごさん、いぇ~、いぇ~」と話すのが、
いつもとっても面白くてかわいかったのです(^m^)

一方のHさんは、静かに話す片目のおじいちゃん。
彼も昔のことから、今人気のおいしいアメリカのアイスの銘柄まで、
色んなことを教えてくれたのですが、ある時、戦争当時にはまだ通りだった
日系人博物館の前に停車する、バスが写ったセピア色の写真を指さしながら、
「りんご、このバスの中に僕は乗っていたんだよ^^」と二ヤリとしたのですが、
それは今まさに、収容所に向かおうとしているバスだったのです。




それでは今でも覚えている、彼らのつぶやきを少し・・・・☆

りんごはどのあたりに住んでいるの? 今は良い時代になったのよ。
昔はね、私たち夫婦が引っ越していくとそれを嫌がって、隣の白人一家が
引っ越してしまったりしたのよ。とっても悔しかったわ・・・・。



りんごは結婚しているの? うちの3世の息子は、40過ぎているけれど
まだ結婚していないのよ。良い仕事にもついているのだけどね、
アメリカ人女性はきつくてイヤとか言うのよね・・・・

(この話題、息子さん娘さんどちらのでも本当に多かったです。
 これは日系人に限らずですが、アメリカでも未婚や晩婚化がやはり進んでいます。)


りんご・・・・私ね、あの時はまだちっちゃかったから
収容所生活は楽しかった思い出しかないの^^

(これは収容所時代の話になった時に、大変でしたね・・・と言った私のセリフを
 受けたもの。彼女は収容当時5~6歳だったそうで、年齢などによっても
 大変さが違ってくるものなんだなあと思った出来事でもありました)


りんご・・・・日系人にも色々あるのよ。二世で親の意向で日本に帰って教育を
受けて、またこちらに帰って来た人を帰米二世というのだけどね、
ずっとこちらに残っていた日系人と彼らとでは、また違う想いがあるのよ。



りんご・・・昔はね、本当に人種差別がひどくてね、
娘が白人の所に嫁いだりすると、どこか自慢するところがあったりしたのよ。

(1つ上のもですが、日系人内にも色々なことがあったんですね・・・・)


りんご・・・私、3世の娘にね、なんでママは私に日本語を教えてくれなかったの?
と言われるのよ。あの頃は敵性外国人なんて呼ばれて、日本語を極力話さないように
していたからね・・・・でもまさか、こんなに日本が経済的にも強い国になるとは
思わなかったのよね、今では日本語を使わなかったことを残念に思っているわ・・・。



りんご・・・僕のお父さんは日本語学校の先生だったからね。厳しく仕込まれたのさ^^
(英語しかしゃべれなかったり、英語のほうが達者な2世が多い中、日本に住む人と
 同じぐらい日本語が上手だったおじいちゃんに、聞いてみた時の答えです)


りんご・・・クリスティー・ヤマ〇チは日系の資産家のお嬢さんでね、
専用のスケートリンクも持っていて、とても練習熱心なまじめな子だったのよ~。
だけど彼女がオリンピックで金メダルを取って帰っても、凱旋パレードはなかったの。

日系人だったからなんだろうけど、すごく悔しかったわ。。。同じアジア人でも、
次のミッシェル・ク〇ンからはパレードがあったのよ。彼女は銀だったのにね。
クリスティーの時はまだ時代が早すぎたのよね。でも彼女が布石になってくれたから
徐々に変化して、次の子はアジア人でもパレードしてもらえたのよ・・・・。

(日系人博物館には、クリスティー・ヤマ〇チさんのフィギュアスケートの
衣装も飾られています。現在はご結婚されて、2児のママさんです。)


そして最後に、これは日系2世3世のおばさま方に、
個人でも集団でも何度となくたずねられたことなのですが・・・・

りんご・・・どうして日本のドラマはあんなに深刻で暗いの?!(@@)
(私から見て、やはり2世3世はかなりアメリカ人気質です。
そんな彼らが日本のドラマを観る時には、いつも感じることだそうで、
もしかしたら「99年の愛」を観ても、それが当の本人たちを描いたドラマで
あるにも関わらず、間違いなくこの質問をされると思います(^^;



あの時代、多くの日系人が苦難の道を歩いていたのは確かなことで、
そして何より・・・あれだけのあからさまな人種差別というのは
本当に苦しく、辛かったことだろうと感じています。

日系人は戦後、他のアジアからの移民に比べ、アメリカ社会に溶け込んでいくのが
早かったそうなのですが、それは土地を取り上げられ、収容所に入れられたことで、
戦後自由の身になった時、移民して来たまま固まって住み着いていた西海岸を
離れ、全米各地へと散っていったからだとも言われています。

何が良くて、何が悪かったなんてことは誰にも言えないことですが、
私の見た現代の彼らはたくましく、そして明るくアメリカ社会を謳歌していました☆


どの国の人にも、2度とあの時代の苦難が降りかかってこないことを願うと同時に


カリフォルニアの太陽をたっぷり浴びた、あの甘い苺を思い出す時

彼らと過ごしたあの日々のことも想い出すのです・・・♪


スポンサーサイト
[ 2010/11/12 05:33 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(11)
わたしも日系人には、なにかしら惹かれるものがあります^^
クリスティヤマグ〇チさんも大好きなのですが、彼女は生まれつき足の病気だった為にスケートを習い始め
見事病気をも克服し金メダリストになったんですよね^^
やはり日系人と言う事で、他のメダリストよりもCMなんかの広告価値?が低かったと聞きました。。。
日系人博物館というものがあるのですね~いつか行ってみたいです♪^^
[ 2010/11/12 09:12 ] [ 編集 ]
「99年の愛」ご覧になったのですね~!お疲れ様でしたm(--)m
このドラマを観てすぐ「ヒマラヤ杉に・・」を連想しました(^^

日本人が差別されているシーンはやはり心が痛みました(T_T)
ひなた☆さんに色々と語って下さった日系2世の方たちのご苦労
はいかばかりだったか・・・と思います。

忍耐強くコツコツと積み上げて成功へと至った日本人気質に、アメリ
カの人もちょっとおもしろくなかったのかも・・・?と思いました。

日系の方もそうですが、ひなた☆さんのように外国に住んでいる
からこそ見えてくる日本の姿、日本人の姿もあると思います。

ひなた☆さんは日本とアメリカ、スピリチュアルと現実・・・これから
も色んな「橋渡し役」で大活躍されると思います(^^頑張って下さい(^_-)-☆
[ 2010/11/12 14:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/12 18:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/13 01:41 ] [ 編集 ]
たくママさん♪
そうなんですよ・・・・、内反足というハンディを
治すために始めたと聞いています^^

美人な彼女の、優雅なパフォーマンス、とても好きでしたね・・・♪

全米日系人博物館は、ロス市内のファースト・ストリート、
リトル東京近辺にありますので、よかったらぜひ・・・(^^)
[ 2010/11/13 23:48 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
やっぱり「ヒマラヤ杉・・・」とかが出てきますよね♪

あまりにひどかった話の部分は、やっぱり書けませんでした(^^;
当時、先に来ていた中国人などもかなりひどい扱いを受けていたそうで、
そうした土台が出来上がっていた中での移民だったそうです。

橋渡し・・・・できているんだかわかりませんが、
少しでもできたなら、嬉しいですね。。。。
弥生さん、ありがとう(^^)
[ 2010/11/14 00:00 ] [ 編集 ]
〇ロ〇さん♪
あの時代は歯車がズレたような、本当にそんな感じだったんでしょうね。。。。

あの状況は今だって、他の国の人の身の上にも起こりかねないわけで、
フロントラインに書かれていた内容は、本当に大切なことですね。
体験をした者だからこその、呼びかけだなあと思いました。

たくさんの想いのシェアを、ありがとうございます^^
[ 2010/11/14 00:09 ] [ 編集 ]
〇A〇さん♪
マンザナー、行かれたんですね・・・・
幾千の言葉以上のものだったと思います(TT)

砂埃やすき間風、極度の暑さ・寒さは、
ドラマでも描ききれないものでしたが、
やはり体験した人にとっては、相当過酷だったようです。

本当に、日本人の感性や工夫はすごいですよね^^
戦争後期にはコミュニティーもかなり活発になって、
生活を楽しむために、かなり尽力したようですよ。。。
[ 2010/11/14 00:38 ] [ 編集 ]
人生のドラマ
こんにちは。5夜連続、家族でしっかり観ました。リトル東京へは行きましたが、こんな事実があったなんて・・。本当に当時の方々の苦労は想像を超えています。が、それが架け橋となってきていると感じますね。これからももっと多く心の結びつきが増えることでしょう。心の奥では皆な仲良くしたいと思っているでしょうから。
[ 2010/11/14 11:11 ] [ 編集 ]
ラムさん♪
本当にそうですね^^

たくさんのかけ橋があちこちにかかって
その良さがこれからどんどん出てくるようになるんでしょうね・・・♪
[ 2010/11/15 05:51 ] [ 編集 ]
こんにちは
気になる箇所があったので失礼します。
日系男性の独身率は全米平均より際立って特に高いんです。
理由は日系女性の70%も日系以外の男性と結婚するからです。ある日系のフォーラムで「お前たち日系の女は口で日系の誇りとか言いながら白人や黒人やヒスパニックの男と結婚したがるじゃないか」と感情的に怒ってた男性がいました。
でも他のアジア系男性との結婚も多いので、もしかしたら日系男性の側に何か問題があるのかなと思いましたけどね。
余談ですが黒人男性に執着する黒人女性と日系女性に執着する日系男性は似てるんと思いました。正直言って他の人種の異性には需要がないところも似てるなと。
[ 2012/01/12 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する