青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

世界標準♪


ここ最近日本のテレビで放映されていた「千と千尋の神隠し」を録画して、
こちらでも昨夜、ゆっくりと旦那クンと観ました。

ふたりとも、もう何度も見てきているもののはずなのに、、、、

それでも見るたびに新しい発見があり、生き生きとした登場人物たちの想いに
心揺さぶられては、やっぱりいいなぁ~と、今回も最後までしっかり観てしまいました(笑)


    千とはく


コロラドにいた頃、同じ大学にいたあのおちゃめな年下の女友達がアニメおたくだったことから
さまざまな作品のDVDをよく貸してくれたため、色んな作品を見るチャンスがあったのですが、
このブログ内にも載せている「地球少女アルジュナ」も、その時に見たもので
その他にも「蟲師」とか「十二国記」というのが、特に面白かったと記憶しています^^

実はそのアニメたち、日本から彼女が持ってきたものもあったのですが、
半分近くはこちらのお店で買ったもの。

なので英語の字幕も、もちろんしっかり入っています。

そう・・・・現在世界で活躍する一流サッカー選手の多くが、「キャプテン翼」を見て
サッカー選手を目指したり、それを見て励まされていたということはよく知られていますが、

今や日本のアニメは、こちらでもしっかりとした市民権を得るばかりでなく、
ベストバイなど、家電などの大型店のDVDの棚・数メートル分を
日本アニメだけでごっそり占めてしまうほど、確固たる地位を確立しています。

これは田舎から大都会まで、いずれも同じ状況で、
すでに全米ではどこでも同じように展開され、その品ぞろえも、
日本でもかなりマイナーな作品のものまで、かなり幅広くあります。


英語学校時代、韓国や台湾、中近東、南米各国の様々な出身国の友人がいたのですが、
そのほぼ全員(20~30代)が、宮崎アニメを見て育っていました(笑)

そんなみんなでパーティーをする時には、「魔女の宅急便」などが流されることもあって、
それにまつわる子供のころの想い出話しに花が咲くこともよくあったのですが、
さまざまな国籍の人が同じアニメを見て育っているって・・・・なんか、凄いですよね^^

もっと若い10代後半の世代とかにいたっては、もう日本人の私より
今の日本のアニメの流れをよく知っています(笑)

40代以上のアメリカ人でも、もちろん日本アニメが大好きな人は結構いて、
これもどこの州に行っても色々なものを見る機会がありましたが、
同好会やサークルなども各都市にあり、割と活動も盛んです。



宮崎アニメに限らず、精神性の高いメッセージを持つものも多く、
時に難解かな、とも思われる側面も持つ日本アニメ。。。。

千と千尋の神隠しを見ながら、世界中の人々はどんなことを感じながら
こうしたものを観ているのかなぁ・・・・と、ふと思った静かな冬の夜でした☆


スポンサーサイト
[ 2011/01/11 08:25 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(2)
一番好きな作品かも・・・
千尋を背に乗せたまま、自分の名前を思い出すハクの場面で、何故か、毎回、号泣です。 
このシーンを想い出しただけでも込み上げてくるものが(笑) 
りんごっちさんは、一番お気に入りの場面とかありますか(^^)?
[ 2011/01/11 13:49 ] [ 編集 ]
Eurekaさん♪
あぁ、わかります~、あの場面すごくいいですよね^^

お気に入りと言うか、、、割と記憶に残るシーンに
湯ばあばの双子の姉に会いに行く電車の中があります。。。

すっかり穏やかになった顔なしと、ねずみ(?!)にされた坊たちと
座席にすわった千尋が、ゆっくり電車に揺られていくサマが
ふんわりと意識の中に入って来るんですよね^^
[ 2011/01/13 04:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する