青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

体験から。。。。



これは週末の買い出しに行った帰り、少し晴れ間がのぞいたので
少し遠回りしてハドソン川沿いを走った時のものです^^

マンハッタンから30~40分北上しただけで、
こんな木々が生い茂る、緑豊かな大地に変わります。



   ameagari1.jpg



いい眺めだな~と車から降りてパチリとしたあと、
振り返ると、そこにはきれいに手入れされたお庭とお家が。。。。



     ameagari.jpg



この家の住人は、こんな景色を見ながら毎日生活しているのかあ。。。。


いいなあ~~~♪


これこそ 本当のぜいたくかも・・・・(^^)




ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー * ー



今日の記事は別のところでも書いたことですが、
こちらでも少し書いておきたいと思ったものです。。。。


福島は、私にとってはスピリチュアルなことを自然と学んでいくことになった
最初の友人・知人たちが多く住む土地でもあり、事実は小説よりも奇なり
お話しした家もそこにあるのです。

今回の震災後、彼らのことが心配で色々と調べたり
いくつか入ってきた情報の中で、自分自身に身覚えのあることが
浮かんでくるようになりました。


大家さんと大もめにもめて、契約半ばで飛び出すようにして
引越しせざるを得なくなったあの家で、実は少し変わったことが体に起きていました。

原発から2キロしか離れていなかった家は、契約直前に突如旦那クンが猛反対したため
住むことがなかったのはすでに書いていますが、代わりに住むことになったその家は
コロラドにいながら写真だけで決めた物件で、そこでも原発から
7~8キロぐらいしか離れてはいませんでした。

偏西風の風に乗ると、ちょうど原発の風下になる土地でもあり、
後に知ったことでしたが、かなり老朽化しているその原発はわずか十数年の間に、
小規模の爆発やハドソン川に汚水を流していたことなどが明るみに出て
4~5回の停止処分を受けていたところでもあったのです。

私はその家に入って2~3ヶ月目ごろから、お腹を壊すようになりました。
当初はホ・オポノポノの浄化もかなりやっていた頃だったので、その影響かと思い、
それは当時のブログ記事にも書いていたほどでしたが、その状態が何ヶ月も続き
体重も数キロ落ちたときには、さすがに「何か変だなあ~」と感じたのです。

そしてもう1つこれも当時、変だなあ~と思っていたことなのですが、
鼻血までいかなかったものの、鼻をかむと毎回ティッシュが赤くなっていたこと。
花粉症などもなく、鼻が弱いわけでもなかったのに、数ヶ月も血が出る状態が
続いていたため、やはり「なんでなんだろう?!」と思っていたのでした。


今思えば、その大家さんも最初はとても親切な人だったので、ガイドたちに押されて
そうした土地から私達を追い出す役目をしてくれたのだろうと感じているのですが、
今回の震災で色々調べることがなければ、一見何も起きてはいないように
見えるアメリカの普通の土地で、まさか自分が被ばくしていたとは、
もしかしたら永遠に気づくことはなかったのかもしれません。。。

その後何十キロも離れた家に移り、半年ぐらいをかけてそうした症状も徐々に
消えていき、やがてライトっちが教えてくれたじぇるの会社の天然由来の
ビタミンやミネラルのサプリを摂る事になったのですが、今思えばそれも
とてもラッキーなことだったんだと改めて気づかされたのです。

今現在は、さらに高い抗酸化値を示すほどにもなり、
とても元気に過ごしています^^



先週アメリカでは、徹子の部屋とも言われるオプ〇ショーから
人気を得るようになったドクターが、偶然にもここのものを、
ご自身の番組内で紹介していたのです。

私も、ここのサプリが副作用がないだけでなく薬以上に良いと、
アメリカの医師たちが使う分厚い薬辞典にも掲載されていることや、
一流のアスリート達などからも支持されていることはよく知っていたのですが

先のドクターなども、よほどのものではないと
全米に流れるようなところではそうしたものを出さないそうなので
かなり高い評価を受けているものだということが、改めてよくわかったのです。

事実ヨーロッパでは、医師による集まりなどでもよく話されるそうで、
日本でよりも欧米でのほうが、理解されているものなのかもしれません。


ここのものに興味のある時には、いつでもメールフォーム、
またはコメント欄からカギをかけてご連絡ください。


アメリカに渡ってきてからの私の人生は、まるで原発の流れを警告するかのような
体験を数多くさせられているのですが、これもきっと必然なのでしょう。。。

今のような状況下の体を守るための良いものは、いくつかあると思います。

心配し過ぎることなく、だけど必要な対処は、私の体験からも
ぜひきちんとして、ご自身やご家族の体を守ってほしいと願っています☆


スポンサーサイト
[ 2011/05/27 07:34 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/27 10:43 ] [ 編集 ]
れ〇〇さん♪
こんにちは☆
メールのほうからお返事してありますので、
チェックしてみてくださいね^^
[ 2011/05/28 00:54 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/24 14:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する