青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

細胞を開くキー☆



NYも暑くなっています 

こんな時に食べたくなるのが、「キムチ」・・・♪

日本にいた時からよく食べていたけれど、仲良しの在日韓国人の友達が
初めて食べさせてくれた「水キムチ」は本当にさっぱりとおいしくて、
とても感動したのを今でも覚えています(笑)

そんな彼女の肌は本当に真っ白で、いつもとてもきれいだったんですよね^^


    キムチ1


写真のキムチは、最近日系ストアで買った久々においしいと思ったもの☆

その上のお皿2種は、この夏我が家の食卓に何度もお目見えしている手作りキムチで
これはとっても簡単なのにおいしいと、家族にも評判の良いものです^^

大根やきゅうりを食べやすく切って、ひとつまみの天然塩で軽く塩もみ。

20分ぐらいおいてから出てきた水気をきり、
キムチの素、砂糖またははちみつ(みりんでもOK)、酢、塩少々を
好みの味になるように混ぜ合わせ、それに1時間ぐらいつけておきます。

ジップロックでやると、やりやすいですよ^^

酵素もたっぷり取れて、作るのも簡単☆
何より暑くなってくると、こういうおかずが食べやすいんですよね。

あとは、もやしとかで作るのもいいと思います。
その時には、ゴマ油をちょっと入れるとおいしいです。

よかったら、お試しください・・・♪



ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー


今月は、じぇるの会社のリーダー的科学者でもあり、
世界的な活躍をされている博士が本を出され、とても話題になっています。

アメリカではすでにベストセラー入りしているのですが、
そんなこともあり、今日はいくつかの体験談とともに、じぇる話題も少し。。。


まずは実家の父。

体力もあり健康な人ですが、聴力が少し弱くなり始めていたため、
補聴器をつけようかな・・・と、昨年の夏あたりに話していました。

ところが、飲むタイプのじぇるを少しずつ飲み始めてしばらくした頃から、
電話で話す時の父の様子が変わってきたのです。

今までになら、「えっ?!」と何度も聞き返されていたりして、
なんだか話が弾まないことが多かったのですが、それがこのところ
まるで同世代の友達と話すように話がスムーズで、なんでだろう?!と思っていたら、
それは父が話の途中で聞き返すことがなくなっていたからだったのです(@@)


お父さん、、、補聴器でも買ったの?

聞き返してこないどころか、会話のテンポも早いよ。。。

耳、もしかして良くなっているんじゃない?!




補聴器は買ってないけど、、、

確かに、そう言われてみるとそうだな(^^)



母は体が弱くて大変だっただけに、父が元気で耳もよく聞こえていてくれるのは
本当に嬉しいんですよね。。。。

耳が遠くなると、様々な周波数の音が入らなくなって脳が刺激されなくなるため
ボケやすくもなるので、その耳がよく働いてくれるのはとてもありがたい事☆


以前、うつ病の人が多い中国から、国レベルで派遣された医師の方がいたことを
書いたことがありますが、その若き医師はこの飲むじぇるを自身の患者さんたちにも
取り入れたいと、とても意欲的な方だったんですよね。

もともと中国政府の持つ、解読さえ難しいと言われる漢方の古い秘伝書から
紐解かれた特別な調合などがされているものなので、彼の国の人がそうしたもので
脳の元気を取り戻そうとするのは、当たり前の事なのかもしれませんが。。。(^^)

痴呆老人の表情や頭がハッキリしてきたり、多動症の子の言動が落ち着いたり
自閉症児の言葉や表現力が豊かになったという報告例が多いことは知っていましたが、
ここからじぇるを使われるようになった方から、私もそうしたお礼のメールを頂いた
ことがあり、そこに父からの体験が加わったのはとても嬉しいことでした(TT)

下記は、最近頂いていた体験談のいくつかです。。。☆ 


<N子さん>
天然由来のビタミンや飲むじぇると始めて
少しずつ変わっていくのかなぁとのんびりしておりましたが
睡眠の質がすっかり変わりました。
熟睡しています。

一時、プチ更年期と名付けた時期があり、夜中、
睡眠中にも関わらず寒くて目が覚める、ということが続きました。

当時は、かかりつけの内科の先生にお願いして
ツ〇ラの漢方薬を処方していただき、
半年ほどで落ち着いた経緯があります。

なので、、、
今回の変化、実によくわかります。
睡眠が深く、しっかりと眠れているので
朝、気持ちよく目が覚めますよ♪

睡眠は、本当に大切だと実感しているので、何より嬉しい変化です。
それに伴って、体もぽかぽかしてきています♪
体が温かいって、本当に幸せな変化(^^)

それと、飲むじぇるを摂っての変化ですが、
飲み始めて、ある時、ふと私の周りの殻というか膜がはらりと
解けた瞬間がわかったのです。

それと同時に涙がぶわぁぁぁぁと。。。
たまごをくるむ膜というか、蚕の薄い膜とか、そんな感じの感覚でした。

睡眠の質がよくなったのと同じ時期です。
その後じゃぁ急に何かが変わったか、というのはないのですが、
感覚として、今まで守ってもらっていた膜が必要なくなった
という感覚がありました。

守ってくれてありがとう、の感謝の涙だったのかな。。
そんな変化もありましたよ♪


<Yさん>
今、世間では風邪が流行っいるみたいで・・・そして体調を崩す方、
いきなり倒れる方がホントに多いです。私自身は最近風邪をひいても、
一日で抜けるので、徐々に土台が整えられてるのかな~と思います(^^)
クシュンときたら、天然由来のビタミン・ミネラルの量を増やすと一発です!


<Mさん>
今回のレター内の記事の糖鎖!

娘のためにと思って、以前アメリカのM社の糖鎖製品を
しばらくとっていたことがあるので糖鎖のすばらしさは知っています。
でも、段々その会社や関わっている方たちに??何かが違う・・・
という心の声が大きくなってきて止めてしまいました。

その直後にりんごさんのブログでこのじぇるの会社に出会ったので、
今は必然だったのだな~とわかるんですけどね^^

でも、やっぱり糖鎖のことは気になってました。
アメリカの製品の中にあったのですね!!
ここの製品なら信頼できますよね^^
輸入代行さん、チェックしてみようと思います。


<Sさん>
今日は、夏至も過ぎてしまい本格的に夏到来という感じでした。
普段なら急な変化でバテてそうですが、飲むじぇると
天然由来のビタミン・ミネラルのおかげでかなり元気です!


<Mさん>
毎週のレターとっても楽しみにしています。
ブログでは書かれていない詳しいことがじぇるの会社の事だけでなく、
スピな事も書かれているのでとっても貴重です。

今月初めてスキャ〇ーを体験しに行ってきました。
体調が悪いのが長かったので予想はオレンジだったんですが、
青のAだったので、ビックリしました。
体の中は良くなっていると分かって、安心しました。
次は外側のケアをしてきれいな肌になりたいと思います(^o^)丿

ヘアカットに行ったら、美容師さんに
髪きれいですね~って褒められました!
うれしかったです(*^_^*)


<H子さん>
子供達のためにとサプリをスタートさせましたが、
私が一生懸命飲んでいます(>_<)

抗酸化力の強い果実ジュースは、みんなで飲んでいるので、無くなるのが早いです!
でも、これはすごくいいようで、私も肌荒れが無くなり、
娘ちゃんもニキビが少なくなりました。
即効でしたo(^-^)o


-----------------------------------------


漢方は材料の調合具合で効き目が全く異なるものになるため、
そこにはとても大きな秘密があるのですが、

実はビタミンなどでも、ただ飲めば良いというわけではなく、
細胞が開いてビタミンを吸収し出す「量」というのが実はあるのです。

それは少なすぎても多すぎてもダメで、またそれは個人でも差があるため
多くの人に有効なものを作ろうとするなら、それは途方もないほど
大変な研究になることがおわかり頂けると思うのですが、

ここではそうしたところまでもが研究され尽くして、98%まで有効であることが
臨床データでもきちんと出されているのです。


まるで金庫をあけるように、細胞を開くキー(量)があるなんて、
本当に面白いですよね^^

普段からの健康的な食事が基本であることはもちろんですが、
化学的な副作用の強い薬を好まない、代替医療などの医師たちを中心に興味を持たれ、
世界中でますます使われるようになっているのも、とてもうなづける気がします。


※詳しいことをお知りになりたい方や興味のある方は、
 いつでもメールフォームからご連絡下さい☆



スポンサーサイト
[ 2011/07/12 04:18 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(4)
ちなみに…
効かない残りの二パーセントっていうのは、どんな人達なんでしょうか?

質問として、聞いていいものなのかわからなかったので、非公開でお聞きしましたσ(^_^;)
[ 2011/07/12 17:07 ] [ 編集 ]
わかめさん♪
これは残りの2%の人が効かない、というのではないんですよ^^
最大で98%まで可能にしましたよ。。。というのを
臨床で科学的にも証明したということなんです。

世界でも100%というものは、医薬品ですらないはずです。
どこの企業でもそれに近づけるために日々の努力をしていますが、
これは専門家の方が見ても、おどろくほど高い数字なんですよ。。。

1つの遺伝子を研究する企業は多いですが、それだと反応の
仕方を見るのも範囲がせまくなってしまうのですが、ここは
遺伝子を「群」として、ある程度のかたまりで研究しているため、
とても広範囲での反応というものまで見ているんです^^

その広さが、まれにみるほどの高い数字としても現れている・・・・
というふうに理解してみて下さいね☆
[ 2011/07/13 04:21 ] [ 編集 ]
へ~^^
そうでしたか!
はやとちりしちゃってました6(^^;
わかりやすいご説明ありがとうございます!


[ 2011/07/14 04:48 ] [ 編集 ]
わかめさん♪
いつでも、どうぞ。。。♪
[ 2011/07/15 04:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する