青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

ぽかぽか




いつもの年ぐらいの寒さに戻っているNY。



でも体は例年よりも温かくて、

なんだか芯からぽかぽかしているんです^^



それはなぜかと言うと。。。。。




     2月



この2月に入ろうかと言うころ、

偶然日系の本屋さんで見つけた、ある「食」関係の本。


ピンときて手に取ったものの、
それでも購入はどうしようかとちょっと迷ったり。。。。

でも買ってみたら なんとそれが大正解でした^^


まだまだ研究中なので、本のことはいずれまた。。。(笑)


だけど、その本に書かれていることを実践し始めたら
すぐに効果のあったことを今日は1つ。


それは子供の頃から悩まされていた、強度の「冷え」が解消されたということ☆


試したその日からすぐに体内の変化が出始めて、
続けていたら1週間ちょっとたった今では定着してきた感じです。


実は私、スピの人にはありがちな
たんぱく質をあまり摂らない食傾向がありました。

別にベジタリアンでもなんでもないんですけどね、、、、

だけど外食や友達と食べるご飯の時にはお肉とかを口にしていても、
家ではほとんどお肉を買ったことがなく、1日に摂るたんぱく質といえば、

卵1コに納豆1パック、もしくはお豆腐・・・なんて感じでした。


幼い頃に家でよく出されていたのが 温めるだけでよかった加工されたハンバーグなどで、
お肉をおいしいと思えなかったことが口にしなくなった気がしているのですが、、、、

そんなことから私も兄も家ではお肉に箸が行かなかったため、親もこの子たちは
あまりお肉が好きではないと思ったようで、魚料理は結構あったものの
肉料理は我が家から消えていったのです。

小学・中学時代と、給食でもお肉だけは必ず残していたような記憶があります。

それでも本当に嫌いだったわけでもなくて、
家庭科実習で作ったハンバーグをおいしい!!と思って感激していたり。。。(笑)


アメリカでは学生に戻ったこともあり、だいぶ切り詰めたので、
日本ではまあまあ食べていたお魚もお値段が高くて買わないことが増えていました。


そんなこんなで幼い頃からのたんぱく質不足に拍車がかかっていたのですが、
まさかこれが小学生の頃から感じていた「冷え」の、大きな原因になっていたとは
まったく気づいていませんでした。

今流行りのしょうが関係の本なども随分前に読んだりしていましたが、
私の場合には根本的な解決にならず、そのままになっていました。


そんなところで、たんぱく質不足について書かれた本を読んだわけで、
それによる身体症状などがズバリそうで、

初めてそうだったのか・・・・と(--)

ふつうなら風邪もひきやすくなるそうなのですが、
普段から野菜やフルーツをたっぷり摂っていただけでなく、
良質なビタミンやミネラルの出会いのおかげで免れることができていたようで、
もしそれさえも充分に摂れていなかったと思うと・・・本当にラッキーでした☆


私のようにチョコチョコとはたんぱく質を摂っていてもこうだったのですから、
厳密なベジタリアンではいくつかの重い症状を起こしている人もいたりするかもしれません。

もちろん今は、食べなくても生きられるような新しい体質の子供たちも
世界には少しずつ生まれてきたりもしているので、一概には言えませんが、
それでも普通に栄養成分が必要な人間のほうが、まだまだ大多数を占めているのも事実です。


それにしても「食」がおよぼす影響は大きいようで、
その本でも、結局たどりついたのは「分子栄養学」でした。

なんだ・・・・私たちがかかわっていることじゃん!!(@@)

と思いながらライトっちにも話すと、


はやく言ってよね~~~!!

私は先生たちとずっとそういう分野でも

色々やってきていたのさ~~~。


少し前からまたそうしたものもやりましょうって

先生とも話していたとこさ~~~




だそうで、

いつもながらアハハな感じでした(^^;

これもまた、1つのタイミングなのかもしれませんね(笑)


彼女の話でも分子栄養学のレベルまでの話となると
知らない人も多いそうで、ある程度普通に生活を送れてしまっていると
それほど真剣に話を聞かない人も多いのだそうです。。。。

たしかに冷え性ぐらいだったら、私もあまり関心を持たなかったかもしれないのですが、
こうした「食」が現代に起きている多くの心身症状や病と、実はとても深くつながっている
と知ったなら、思わず誰もが振り返ってみたくなるんじゃないでしょうか^^


10代の頃から興味はあって色々と見てきたけれど、
やっぱり改めて「食」というのはすごいです。

そして分子栄養学は奥が深い!!


これに関してはまだ実験中なので、
またおいおい書いていきたいと思います。。。



1つ書いておきますが、たんぱく質を増やす際の注意として、今は
お肉や卵などは選ぶものによっては、その飼料に含まれるホルモン剤などの影響を受けて
かえって害になってしまうこともあるので、外食でハンバーガーなどを食べる時には
高い良質なものを選んで食べたほうが無難です。

なのでこうした素材を選ぶ時には、安いからというのだけをチョイス材料にするのではなく、
オーガニックのものにするなど、しっかり見て選ぶ必要もありそうです。




卵などを中心に、たんぱく源をちゃんと摂るようになっただけなのに、

体の芯からしっかりとあったかい。。。♪


体が冷えていると、老けるのも早いそうなので、
女性には特に大切かもしれませんね^^




それでは 

はっぴーバレンタイン。。。




スポンサーサイト
[ 2012/02/14 06:35 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)