青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

ナバホの精霊たち?!


アンテロープはグランドキャニオンから車でさらに1時間ほど北に行った
ナバホインディアンの居留地の中にあります。 

限りなく砂漠に近い不毛な大地が延々と続く中、普通のアメリカ
の住宅よりも質素で小ぶりな家が点在するような所に、このツアーを
取り仕切っているナバホ族経営のジープの発着所があります。


夏休みだからなのか、それとも年間を通してのことなのかは
わかりませんが、驚いたことにツアー客の8割は、アメリカ人ではなく
フランスやイスラエル、オランダに韓国、日本や南米などの、
世界中からの観光客で占められていました。

中でもサリーを着たインド人観光客は、ひときわ目立っていました インド

最近は日本より豊かな国は山ほどもあり、インドなどにも富裕層は
たくさん出てきているので、そういったインド人ファミリーの旅行者を、
グランドキャニオンなどでもよく見かけることがありました。



    ジープ乗り場から、このような砂漠を15分ぐらい走ります。
      
    sands




       → 6・14 アンテロープ の写真1枚目にあるような
             岩の裂け目を入ると内部はこんな感じ。
            
         アンテロープ3




     マレに降る雨と、砂と風によって削り取られた自然の芸術が♪
            
         アンテロープ4



      フラッシュをたかないで撮った、日光の差込みが少ない暗い部分
                
             これには特に何も写っていません・・・・・
            

         アンテロープ9




      フラッシュをたくと光が反射して丸いものがたくさん映ってしまうので、
  たかないほうが綺麗に撮れますとナバホのガイドさんが説明していたのですが、
      何枚かデジカメの操作ミスでフラッシュが点いてしまいました。
            
         アンテ・たまゆら1



  でも・・・撮ってすぐに気づいたのですが、コレってタマユラヲRャですよね?!
       
  わかる人も多いと思いますが、中にタマユラ独特の模様が入っています。
     ここ15年ぐらい、デジカメだけでなくインスタントカメラなどでも
     たくさん写ってきたので、これはタマユラだなあと思いました。   
       
     アンテ・たまゆら2




     友達の結婚式など、大勢の人が喜んでいる場所などでは特に
  よく撮れるタマユラですが、ここにはたくさんの精霊たちがいるようです。
            さすが、ナバホ・インディアン 羽1 ?!?
           
          アンテ・たまゆら3




   最近はあちこちで見かけるタマユラ写真照れ 光の加減などもあるかも
    しれませんが、形も丸だけでなく色々なものがあるので不思議です。
   私が撮ったユニークなものに、ひし形や貝殻模様などのがありましたあさり        
 

          
  あらためて、タマユラって何だろう(@0@)??とも思った写真でした。
       






↓精霊さん、ありがとう♪

スポンサーサイト
[ 2008/06/18 12:23 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(11)
ひなた☆さん、ご主人さま、お疲れ様でした~☆
素敵なお写真の数々、堪能致しました(^^

去年日本でも大ブレイク!した「千の風」はナバホ
インディアンの言い伝えがオリジナルだと聞きました。

♪私のお墓の前で泣かないで下さい そこに私はいま
せん 眠ってなんていません~♪

壮大な、というか深遠な内容はきっとこの土地だから
こそ生まれたのでしょうね。きっと最近まで人と自然、神
様(もち、タマユラさんも^^)が仲良くつつましやかに暮し
ていたのでしょうね(^^

[ 2008/06/18 15:47 ] [ 編集 ]
ライトが質問しようと思ったら、
りんごっちも最後になぞなぞしてるさ。。。。

なんだろうね。。

わかったら教えてね。。。

でも、、数がすごいね。。。。
皆喜んでいるんじゃないの?
(*^_^*)
[ 2008/06/18 22:16 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
そうなんですかあ~~~~~♪
「千の風」はナバホの言い伝えが基になっていたんですかあ。
それを聞いたら、アンテロープにあんなにたくさんの
精霊たちがいるのがなんかわかるような気がしてきました^^
[ 2008/06/19 11:31 ] [ 編集 ]
Lightさん♪
うん、タマユラは不思議だよね。
自然霊だったり、ドラゴンだったり、宇宙存在だったり。
私の経験では良くない存在のもあるんだよね・・・
これについてはそのうちある体験を書きたいなあって思ってるの^^

この写真のは観光客が多い場所でもあるから、たぶん歓喜の
波動で集まってきているナバホゆかりの霊たちじゃないかなあ♪
[ 2008/06/19 11:35 ] [ 編集 ]
最後の写真
最後の写真すごいですね。
はじめリアルに人が2人いるように見えたので、ああ人も写ってるのね、、とおもって他の写真も見てみたら他の人がちゃんと写ってる写真を見つけて、え、さっきの人じゃない、、、とおもってまた見ると人らしきものの形がなくなって、今度は大きいシャーマンの顔のようなものが見える。。。。もしかしてここって原住民が住んだり、儀式してたとこなんじゃないかなと感じました。
[ 2008/06/20 00:15 ] [ 編集 ]
ぽんちさん♪
見えちゃう人はいるんだろうなあ~とは思っていたんですが、
やっぱりぽんちさん、見えちゃいましたか・・・^^;

私達の英語力がたいしたことないのと、デジカメの調子が悪くて
ガイドさんの説明よく聞いていなかったのですが、
たぶん、説明にはここで儀式をやっていたとかもあったんだと思います^^;
確かにそういうことするにはふさわしそうな場所でしたから。

旦那クンはアメリカインディアンの前世のエネルギーが割りとあるんですよ♪
[ 2008/06/20 11:55 ] [ 編集 ]
今日も
きになってこの写真を見に来ちゃった。
今度ははっきりシャーマンの顔が映ったよ。
このひとはこの地をずっと守り続けていた人。
すごくこの地と原住民の人たちのことを気にしている。
聖地を荒らすなと怒っていました。
そして何故人々は私たちに地を守る方法を聞きに来ないのか、
なぜここに来て私たちの声に耳を澄まさないのかと
嘆いていました。
どうか
この写真を通して彼の地に感謝と畏敬と地球を守る知恵を授けてくださいと祈ってください。
シャーマンはそれを願っています。
[ 2008/06/20 16:47 ] [ 編集 ]
感想
上のシャーマンから受け取ったメッセージを読むと
たまゆら写真も彼らの存在やメッセージを何かを通して広めてくれたり、読み取ってくれたりする人に「写ってくれている」気がします。
人によって同じ環境でフラッシュたいても撮れるひとと撮れないひとがいます。私もツイこの間までまったく撮れませんでした。しかしつい最近写ってくるようになったんです。何回もレンズを拭いて水滴も何もついていないのに、です。
だから「たまゆら」たちはきっと意思をもって写ってるんだと思います。この人はわかってくれるって言う人、もしくはわかる人に見せてくれる人を選んでいるのではないでしょうか。
旦那さんも一緒にいらっしゃったというのもポイントかもしれません。
きっと旦那さんにいろんなサインをナバホのシャーマンは送っているはずです。熱とか彼出ませんでしたか?
[ 2008/06/20 19:19 ] [ 編集 ]
>この人はわかってくれるって言う人、もしくはわかる人に
>見せてくれる人を選んでいるのではないでしょうか

今回突然に決まったというひなた☆さんご夫妻の旅行も
「この場所の写真を撮ってもらうため」&ぼんちさまの
コメントを添えて「メッセージを多くの人に伝えて欲しい」
という「尊い存在の意思」が働いてのことでしょうか・・・。
ふ、深いです~~~!・・・って感心しているだけじゃダメ
ですよね・・・実行、実行(^^!




ひなた☆さんご夫妻は




ためして欲しい」
というるため」の
ものだったのでしょうか・・・。というか
撮らせる
[ 2008/06/20 20:35 ] [ 編集 ]
ぽんちさん♪
ブログって、つくづくコメントまで入って1つなんだなあと思いました。
ぽんちさんが写真から読み取ったものは本当にその通りだと感じます。 

インディアンの彼らも、不毛な大地に追われ偶然見つかった自然の収入源に
かなり頼っていて、商売根性がすごいな~という一面もすごく感じられて、
あまりスピ的な落ち着きのようなものは感じられなかったからなんです。

彼らもそういう生活をするようにしむけられてしまっている一面もあるのだけど、
私達も含めたそこを訪れる側の人間たちも、ただドヤドヤとそこに訪れて
写真をパシャパシャ撮っているだけのような感じで・・・

ぽんちさんの言葉で改めてそこにいた霊的なものにも
思いをはせてみることが出来ました。
そういったインディアンたちの誇りや文化もみんなで取一緒に
取りり戻せていけたらいいですね♪
[ 2008/06/21 13:17 ] [ 編集 ]
弥生さん♪
弥生さん、いつもポイントになるところで、
タイミングよくありがとうございます♪
彼らも色々なものを通して、
私達にメッセージを送っているんでしょうね。
気づくってことも大切なんですね☆
[ 2008/06/21 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する