青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

再訪問♪



1年半前に、はるばる日本から遊びに来てくれたKさんが
先日、今度は旦那さまと仲良く一緒に、ふたたびNYを訪れていました^^

じぇるを使っている彼女でもあり、初めてお会いした時よりさらに綺麗になって、
そしてとてもリラックスしたパワフルな幸せオーラに包まれていました 


日本でも、お茶会などで何度かお会いしているので、今ではもう友達の
ひとりみたいな彼女でもあり、面白い旦那さまと3人で、彼女も気になっていた
私のお気に入りでもある、あの教会に行ってきました。


ハーレムの入り口近くにある、ジョン・ディバイン大聖堂☆


着いたそうそう荘厳な鐘が鳴りひびき、なんとなくウェルカムないい感じ。。。♪


      でぃば2



入り口では新婚カップルが、ウェディング衣装で写真撮影をしてもらっていました。


 でぃば6



100年たった今でも建設中で、世界最大のゴシック様式建築と言われています。


     でぃば7



珍しくクレーンが入ってる。。。。


     でぃば10



ふり返ると、シンボルでもある入り口のフラワーのステインドグラス。。。☆


     でぃば12



この日はオハイオ州から、修学旅行もかねたらしき高校生たちの、
美しい賛美歌コーラスのサービスがありました^^


     でぃば11



コーラスが終わった後、奥にも入ってみました。


     でぃば17



この教会はとても大きいので、メインの礼拝所の横を入っていくと。。。。


     でぃば18



そこにもさらに、礼拝のための小さな部屋がいくつもあるんです。


     でぃば21





     でぃば22





     でぃば24



日本で言ったら欄間のような所にも、とてもお洒落でこまかな装飾がほどこしてあります。


 でぃば23



ステインドグラスって、、、なんか好きなんですよね^^


     でぃば15




     でぃば19



いつか家にも、かわいいステインドグラスの窓を作れたら・・・なんて思っています♪


     でぃば25




     でぃば26




ここはマンハッタンの中心から少し離れていることもあり、あまり観光客が来ない穴場。
ご夫婦ふたりそろって、よかった~♪と満足してもらえる教会散策になりました^^




そして、、、、

少し前にアリスのティーカップのお店の記事を書いた時に、
ガイドブックで見てこのお店気になってました~♪とコメントをくれていたのが
実はこのKさんだったんです(^^)

なんとすぐに叶ってしまったんですよね。。。(笑)

ここは数店舗あるので、今回はアッパーウェストのに行きました。


 Walice1.jpg


暮れの日本でのお茶会には、NYの友達も飛び入りで来てくれていたのですが、
なんとKさんとはその時に席がとなりだったこともあり、ふたりもお互いのことを
よく覚えていたので、仕事を早く切り上げてきたNYのその友達もこのお店から合流!

女性3人と旦那さんの、4人でのティーパーティー☆


 Walice2.jpg



こちらの店舗はアッパー・イースト店よりもゆったりとしていて、
ティーポットや雑貨なども売っているんです。


     Walice6.jpg



お茶をしながら、旦那さまの出版されたジッパーについて書かれた本のことなどで、
だいぶ盛り上がりました。彼は調べ物のために、数年にわたり
何度も渡米して、あちこちに行かれていたんだそうです。


 Walice9.jpg



今回面白いなあと思ったのが、まったくスピリチュアルな内容のものではないのに、
そこには妨害があったり、見えない存在たちからのサポートがあったりしたということ^^


 Walice14.jpg



ジッパーというと、私やもう一人の友人はYKKぐらいしか思いつかなかったのですが、
そこにはファッションやさまざまな用途に合わせて使われてきた、
思いのほか深い歴史があって、本当に驚きました。

出版にもタイミングがやはりあったようで、それが今年の2月だったんだそうです。

マヤの長老たちが昔から語り続けてきた、新しい時代の始まりとも合致していますね(笑)


今回は取材協力してくれた多くの人たちへのお礼の旅でもあり、
J.Crewさんなど、いくつかのこちらのお店などにも置いてもらえるのだとか^^

置いておくだけでもお洒落な本ですが、中身も写真充実でなかなか面白かったです。

雑貨やファッション、その他にも歴史などが好きな人や
その道の専門家たちほどハマッちゃいそうな感じの本ですよ。。。♪

→ ZIPPER GEAR


 Walice11.jpg



お茶が終わるとジョン・レノンとオノ・ヨーコさんのダコタハウスの前を通って、
ジョンの碑でもあるストロベリー・フィールドにちょこっと立ち寄り、

夕飯は地元の人でにぎわうムードのあるメキシカンレストランで、
本格的に食べました。 おいしかった~(^^)


      めき2



そして最後の締めは、ユーガッタ・メールのロケ地 カフェ・ラローへ☆


          らろ3



カフェで待っているのが、にっくき商売がたきのメグ・ライアンだとは知らずに、
喜び勇んで来たトム・ハンクスが、同僚を巻き込んでこの入り口であたふたしましたね^^


 らろ4



この写真は色が落ち着いていますが、実際にはこの2~3倍明るい照明で、
テーブルもぎっちぎちに詰め込んでいるので、ワッサワッサしています(笑)


 らろ1




お昼過ぎから夜遅くまで、たくさん歩いて色んなものを観て、いっぱいおしゃべりして
お茶してご飯して、本当によく遊んだ~!!と感じた1日になりました。

そういえば彼女たちは夫婦そろって、あのワシントンのTちゃんの
整体ヒーリングも今回受けてきていたんですよね^^

かなり面白かったみたいですよ。。。♪



前回Kさんとお会いした時、

もっとリラックスするといいですよ^^

と私が話していたそうなのですが、

今回の彼女は本当にゆったりとリラックスしていて楽しそうで、
人は良いほうにどんどん進んでいくものなんだなあ~
ということを改めて感じていました。


人って本来、とってもパワフルなんですよね。

そして自分の道を一生懸命歩いていくことで
どんどん自分自身を開いていくようになっているんです。


私も最近、自分らしくいることの心地良さのようなものを見い出だしていたのですが、
それが進むほど「素の自分」になっていけて、とても楽なんです^^

そしてそうなるほど、なんだか直感もさらに冴えてくるみたいな。。。(笑)


Kさん夫婦の今回の訪問は、私にとってもタイムリーで
ハートフルなとても楽しい時間になりました♪





スポンサーサイト
[ 2013/04/06 07:17 ] NY散策♪ | TB(-) | CM(2)
「自分らしくいること」の心地良さ…なんかこの辺りのことが究極的なことかなと思いました。

でも先日、10年ぶりくらいで仲間に会ったんだけど、介護や子育て、家族のことなど、みんな大変なさなかにいて(自分も)、これからの生活について考えさせられました。
せっかく宇宙の事やスピの事を知っていても、自分をとりまく環境や社会によって本来の人間らしさを失ってしまう。
余裕がないのが現実なのね。
でも1分でもいいから、ふと自分について考えられる…りんごさんのメッセージはいつもタイミングが合っています♪
[ 2013/04/09 16:19 ] [ 編集 ]
さちみんさん☆
ここで書いている「自分らしくいる」というのは、
もう少し原始的なことかもしれません^^

たとえば時と場合にもよりますが、
嫌なことなど、自分の意志に反することを無理に続けたり、
違うかなと思ったらそうした輪から抜けるようにする・・・・
など、なんですよね^^

やっぱり人に合わせすぎてしまうというのは
自分が無くなって心地良くありません。

介護や子育てなどの家庭生活などの中で
やらなければならないこととはまた別に、どちらかというと
自分で選択できるお付き合いなどで、多少嫌な思いをしても、
快を感じないものからは遠ざかる意志や行動をもつ・・・・
ということのほうなんです^^

さちみんさんとはシンクロが多いですよね。
今は同じ学びをしているのかもしれませんね^^
[ 2013/04/12 02:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する