青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

アラビアの風 モロッコ4



一気にアップしたかったけど、
年内中にはやっぱり無理そうで。。。(笑)

砂漠からのは、新年に入ってからにします^^

自分用の記録もかねてるので、ちょっと枚数が多いんです。

旅好きさんやモロッコに興味のある方も、楽しんでいって下さいネ。


そんな今日は、名物ものを。。。♪



モロッコはオリーブがたくさん。


 オリーブ3


タジン料理で使う、塩漬けレモンなども人気です。


      オリーブ5


デーツなどのドライフルーツも豊富。 右端はフィグ(いちじく)。


 デーツ


オレンジはモロッコを代表するフルーツで、しぼりたてのオレンジジュースは特に絶品!!
今まで飲んでいたものは何だったの?!って、思ってしまうぐらいおいしいです♪ 

フナ広場にも、こうしたオレンジジュースの屋台がいくつも並んでます。
ただしおなかを壊す人もいるらしく、水とかが混ぜられていないかをきちんと目でチェック!
なんてガイドブックにも書かれているのだけれど、実際にはオレンジの囲いが高くて、
絞っているところなんて、こちらからはまったく見えましぇん(ーー;


 オレンジ2



モロッコもインドあたりと同じく、やっぱりスパイスが多いんですね。
今回、クミンを使ったおいしい料理の味を覚えてしまい、大ファンになりました!


 スパイス1


ここは、その名もスパイス広場(笑)
右のニョキっと出た建物は、おしゃれなカフェ♪


 スパイス広場1


あがって行くと、中はこんな感じ。


      カフェ2


屋上まで行って、絞りたてのオレンジジュースで一息。
あぁ~、やっぱり、すごくおいしい!!


 カフェオレンジ


そこから見えるのは、聖子ちゃんの「マラケッシュ、高い塔の~♪」の、クトゥビア。
マラケシュのランドマーク的なモスク。昇ることはできません。


      クトゥービア2


スパイス広場が一望できます。
真正面にある濃いサーモンピンクの四角い建物も、フランス系のおいしいカフェ♪


 スパイス広場2


そちらに後日入ったものがこちら。
モロカンサラダと、ひよこ豆やレンズ豆に、トマトやセロリの入った伝統的なハリラスープ。
断食のラマダン後などにも、よく飲まれるものだそう。


 カフェ4


スパイスの入ったカフェオレ。 
モロッコはまだまだ発展途上にあって、薬などの人工的なものも少ないのか?!
牛乳が健康的ないい味で、どこで飲んでもカフェオレがとってもおいしかったんです(@v@)


         カフェ6


なのでこちらも必然とそうなるのかもしれませんが、
ヨーグルトがおいしくておいしくて、、、普段それほど乳製品を摂らない私が、
滞在中、モロッコのヨーグルトとカフェオレにすっかりはまっちゃいましたぁ~(笑)


   ヨーグル


ここからは少し美容系。
モロッコ名物の1つ、ローズ・ウォーター。
バラの花びらを蒸留したもの。スークのは人工的なものも多いそうなので、
専門店で買ったほうが無難。女性性のエネルギーを高めたり、場の浄化にもGood♪


          バラ水



サボンノワールはオリーブオイルから作られる、やわらかい練りっとした石鹸。
角質をやわらかくするので、ハマムという温度のそれほど高くないサウナのような
お風呂に入って、あかすりをする前に使います。あまりあわ立ちません。


 せぼのわーる


ここのは、かなり素朴なアロガン石鹸。
ビタミンEがオリーブより4倍もあるアロガンの実から絞られる
モロッコ特産の高級オイルで、今世界でも注目されつつあります。
こんなふうに石臼ですりつぶすそう。。。♪


 アロガンサボン1


アロガンオイルは食用や美容にも人気で、今回私たちも色んなタイプのものを買ってきました。
おまんじゅうのようなこの素朴な石鹸は熟成させると良いそうなので、
ただ今、箱の中に入れて乾燥させています。


 アロガンサボン3


回転と巧みな足の操作で、チェスなどをあっという間に彫るおじさん。
お守りだよと言って、その場で作ってくれたものをくれました^^


 お守り1


日本のテレビ局にも呼ばれて、出演したことがあるそうですよ♪


      お守り2


これもあちこちで見かけました。 かわいい扉を開けると鏡が。。。。


      モロッコミラー


カゴは、やっぱりアフリカには多いですね。
前の記事のとも少し違う、こういう素朴なカゴも好きです♪


 かご1


ミントティーを飲むグラスにも、色んなデザインのものがあります。


 グラス3


グラスだけを海外から持ってきて、絵付けはモロッコでなんていうのも多いそう。


 グラス4


下がふくらんでいるのはトルコ産で、足のあるのはフランス産。
上の3分の1に出っぱりがあるのが、地元モロッコ産のグラスなんだとか。
モロッコ産のグラスは、強度と透明度がやや落ちるとガイドブックにありましたが、
それが逆に良い味を出していることも。。。♪


 グラス5


ちょうど買い物途中に、あるお店の方がミントティーをご馳走してくれました^^


 ミントティー1


中国系のお茶を沸騰させたら火からおろして、新鮮なミントの葉と
真っ白な砂糖の大きなかたまりをドッサリと入れます。
これでも実は砂糖の量を減らしてもらってるの。。。(^^;


 ミントティー3


後は注ぐだけ。 できるだけ高いところからするとモロッコ流♪


      ミントティー4



やっと登場!マラケシュの顔。 これがジャマ・エル・フナ広場!!
メディナ(旧市街)の中心地にあります。


 フナ昼4


広場には、いろんな屋台がたくさん。


 フナ昼9


タジン鍋とかの、出店も多い。


 フナ昼3



 フナ昼5


広場には、へナタトゥーを描いてくれる女性たちもいますが、
ここのはへナの質が良くなくて、あまり上手でないと言う人もいるようです。
写真のは宿泊した宿で友人がやってもらったもの。元は結婚式など祝い事の前に
描いてもらうものだそうで、1時間ぐらいで乾いたものを落とすと、茶色く模様が残ります。


        へナ1


大道芸人も多く、写真を撮るだけでもすぐにチップを求められます。 ヘビ、見えます?^^


 フナ へび


今回は食べなかったけれど、名物のタンジーヤ。
ハマム(スチーム風呂)の熱を利用して作るそうで、壺に肉を入れて
塩とレモンとスパイスで煮込んだ、トロトロにやわらかい料理だそうです。


 フナ昼8


フナ広場の本番は夜から! 夕方になると、
昼間とはまた違った食べ物の屋台が現れて、さらに活気づきます!!


 フナ夜1


名物のかたつむり!!


フナ かたつむり


モロッコでは卵をよく見かけます。 ここは人気のサンドイッチの屋台!


 フナ じゃが卵1


ホブスというパンに、ホクホクのじゃがいもとゆで卵、
チーズやオリーブオイル、クミンに塩をかけてもらったサンドイッチ!!
カフェなど、人前であまり食事をしないモロッコの女性たちも、友人同士や旦那さんと来て、
おいしそうにほおばってましたよ。すっごくおいしかったぁ~(^^)b


        フナ じゃが卵2


こちらの豆料理の屋台も大人気。パンにつけて食べます。これもおいしかったぁ~~~!!


 フナ 豆


こちらは名物のお菓子。台形のような形のお菓子を削ってもらいます。
小豆のような粉っぽさとスパイシーさがあるものでした。味は、、、う~ん(^^;


 フナ 菓子


ジャマ・エル・フナ広場にも、スークとはまた違うタイプのランプがたくさん。


 ランプ25


主にキャンドルを中に入れて置くタイプのもののようです。 真鍮(しんちゅう)もの多し。


  ランプ26



365日、毎日がお祭りのようなフナ広場なんだそうです。

たしかに、すごい熱気でしたよ!!(@v@)



この後、モロッコの背骨とも呼ばれる
アトラス山脈を越えての砂漠旅へとつづきますが、
それはまた来年。



ーーーーーーーーーーーーーーーー


それでは2013年、

今年も読みにきて下さり、

本当にありがとうございました(^^)



どうぞ良いお年を、お迎えください。。。☆





スポンサーサイト
[ 2013/12/29 12:45 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)