青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

イルカにもOK?!


ある日の晩、42丁目を歩いていたら、
クラシックカーがダーーーっと並んでいました。

一緒にいた友人は、何かの撮影ね~!^^ と。
持ち主なのか、マニアらしき人たちもチラホラ。

よく手入れされた車ばかりで、ちょっとした見ものでしたよ。。。♪



 DSC06939.jpg



 DSC06940.jpg



 DSC06941.jpg



 DSC06942.jpg



 DSC06943.jpg



最近、じぇる関係のことがあまり書けていませんが、
4年?近くたった今でも愛用していますし、さらに進化もしているんです^^

遺伝子細胞から心身を浄化・リセットしてくれるものとしてのものですが、
ほかにもとても良いものが多い会社なんですよね。

このところはライトっちがその会社の製品を1つ1つ、
自分や関わってきた人たちにあった体験や、多くの資料などをもとに、
どんなものがあるのかを詳しくお話ししてくれています。

たとえばサンスクリーンなどでも、
紫外線の強いオーストラリアで広く愛用されていたり、
重度の皮膚病や皮膚ガンなどの方が使ってもOKな、医師などから見ても
安心で、多くの人に勧められるレベルのものなどがあるんです。

その1つが、最近さらに改良されていたサンスクリーン♪

ライトっちが少し前のコールで話してくれたものですが、
これはイルカが泳ぐ環境保護に厳しい南米の海辺のリゾート地などでも、
イルカに害がないとして、その使用を許可された数少ないものなんだそうです。

そうした入江に入場する際、係官が観光客などが持っているサンスクリーンの
検査をするそうなんですが、海水に溶け出すと有害になる成分の含まれるものの
ほうが圧倒的に多く、ほとんどの企業のものが没収になってしまうそうなんです。

ところがそうしたイルカの泳ぐ海でも使用がOKだったものだそうで、
それは人間の肌にもやさしい成分が使われている!
ということでもあるんですよね^^


実はこのサンスクリーン、
太陽光にあたると肌が崩れてグジュグジュになってしまい、
ひどい時には命さえも落としてしまうという深刻な肌の病の子供たちにも
世界中で使われているほどのものだったりもします。

こうした子供たちは、1か月に5~10万円ものサンスクリーン代が
かかるそうで、その額は家系を圧迫してしまうほど。。。。

実はこのじぇるの会社、そうした病と闘う子供たちには
それを研究する大学と提携しながら、無償でこのサンスクリーンを
提供しているんですよ。

なんて太っ腹な。。。(@@)

白色人種の多い欧米では皮膚ガンは他人事ではなく、
子供のころからサンスクリーンを塗ることをうるさく注意されます。
本当に皮膚ガンの方は少なくないんですよね。


今年のそのサンスクリーンのさらなる改良では、すべての紫外線をカットして
しまうのではなく、骨を強くするビタミンDの生成などを助ける光線などについては
吸収できるようなものも登場しているんです。これは大切なことですよね~。

私もさっそく新しいものを購入してみましたが、サンスクリーンにありがちな
べたつき感や甘ったるいココナッツオイルの香りもなく、スーっと肌に延びて
よくなじみ、その後はサラっとしているので、いっぺんで好きになってしまいました!

気づいたら、こちらの友人たちなどでも愛用してくれている子が多くて、
良い製品というのは、本当に広がりが早いんですね^^

今ではじぇる以外でも日用品のかなりのものを使っていますが、
本物製品が多いこの会社には感謝してもしきれません。

このサンスクリーン、顔も体もOKなんですが、
さっそく今年の夏のお伴になっています。。。♪



スポンサーサイト
[ 2014/07/22 06:47 ] GoldPinkの螺旋 | TB(-) | CM(-)