青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

食べない時間♪


このところ、友人たちが世界各地の聖地へと飛んでいます^^

ペルーのマチュピチュ、西海岸のシャスタ山、そして日本の出雲。

バケーション時期というのもあるのでしょうが、
まるで呼ばれているかのように、揃いも揃って同じこの時期(笑)

そして、この流れは来月にも続いていきそうで。。。♪

さまざまな動きが出始めているこのところですが、
多くの方が話されているように、この夏至から冬至にかけては
2015年以降の動きを左右する、本当に大切な時期になりそうですね。



     家の近くのイタリアンで食べた、緑の濃いケールのサラダ
  DSC07126.jpg



そんな最近、私は「食べない時間」を極力作るようにしています。

何度か記事にしているので、すでにご存知だと思いますが、
日本を出る前の数年間、かなりの少食にしていた時代がありました。
あまりものを食べないと体の中がとても静かで、本当に疲れにくいんですよ^^

もちろん自身の手で食事内容を良いものに替えていった後のことでもあるのですが、
それでもこれがあの虚弱児か?!というほどに変化したんです。

今までにも記事にしたことがありますが、
甲田先生などのご本の影響などを受けてのものでもあり、
のちには「不食」の山田鷹夫さんのご本などでも確認できたのですが、
消化は本当に多くのエネルギーを要するので、人の体を疲弊させて弱め
老化などもとても早めてしまうものなんですよね。

人間に何時間もの睡眠が必要になるのも食べるからだそうで、
消化で消耗した莫大なエネルギーを取り戻すためのものなんだそうですよ。

それだけ、やはり食べるということは、体を疲れさせることなんだそうです。

こうしたことを話される方も、以前よりだいぶ増えましたよね^^



少し前に、タモリさんがご自身の番組を終了させる際の特番で、
普段から少食であり、特に日曜には1日何も食べないのだと話されていて、
密かに「わかっているなぁ、タモさん。やるな~♪」と思っていました^^

そして私もついに、1日断食をしてみたんです!!

もともと甲田先生の影響もあり、10年以上朝食を摂らない私ですが、
さすがに1日何も食べないというのは、本当に数年ぶりのこと。

お腹が減るたびに、じぇるの会社の漢方にも使われる
アジアの木の実などを使った酵素ジュースを薄めて飲んでいました。

これはある幼児が農薬をまいたばかりの芝生の上を歩いて重体になった時に、
体からその毒を抜かせるために、医師が集中して飲ませたほどのもので、
とても抗酸化力のあるものなのですが、飲むたびに空腹感が無くなるので
まったく断食の苦しさを味わわなくて無くて済んだんです。

その日の晩は、体の中がとっても静かで軽やか。。。♪

わが家の月曜日は旦那クンの仕事の関係もあり、食事を作る必要がないので、
次の週もまた1日断食をしてみました。

この日は天然塩をたまになめるだけで、あとは水のみの完全断食。

普通は、数日間断食をするとデトックス力が高まるので、
口臭が強くなったり、汗や尿の臭いがきつくなると言われているのですが、
2回目ということもあってか、たった1日でも口臭が強くなるのがわかりました。

これはご飯を食べるようになっても2日ぐらい続いたのですが、
かなり体から毒が出やすくなっている証です。

酵素ジュースを摂らないとさすがに空腹感がちょっと強く出たのですが、
その代わり、たった1日の断食でも、このデトックス力は強くなるようです。

アメリカに来た頃、旦那クンと一緒に住むようになってから
食事内容が少し荒くなり、そして量も普通に戻ってしまっていたところ、
生まれて初めて水を1口飲んだだけでもナイフで刺されているかのような
激痛のする、ひどい扁桃腺炎と高熱が1週間ほど続いて寝込んだことが
あるのですが、それは摂りすぎた食べ物が毒素へと変化して
一気にたまったからのものだったんですよね。

今でもこの体験は良い教訓になっていますが、
たまの断食で少しずつ毒素を出すようにしていると、
こうした大きな病としてドーンと来ることがまったくなくなるんです。

まさに事前に防ぐ、これが未病ですよね。


この間、ちょうど仲の良い友人とふたりで食事をしたのですが、
彼女は少し前に腸内洗浄(コーヒーエネマだったかな?)をしてもらっていて、
その前日の晩にはあまりご飯を食べないようにと言われていたそうなんです。

そしたらその翌日はとっても体が軽くて楽だったそうで、
消化がいかに体に負担をかけるものであるかや、ご飯をたまに抜くことの
良さのようなものを、改めて気付かされたと彼女も話してくれたんです。

お互いにタイムリーでもあったので、本当にこの手の話に盛り上がりました^^

そして以前にもご紹介したこの本は、今、その彼女に貸しています(笑)



人は食べなくても生きられる






こちらもたまに読み返していますよ(^^)b


奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)






半日断食は日本にいたころからしていますが、
週に1回ぐらいの「食べない日」も、かなり気持ちいいです。。。♪

タモリさんのセリフが、ず~っと頭の中を回っていたんですよね^^

ようやくここに来て試せたのですが、
実は体が食べすぎることをかなり嫌がっていたからでもあるんです。

年齢なのか、それとも光の増大する時代だからなのか、
体が欲する食事量は以前よりもさらに減ってきているのですが、
お付き合いやら、楽しみやらで、目や心はもっと食べたい!と、
なかなか今現在の私の体がOK!と言ってくれている
量にまではすることができずにいました。

これでも子供のころから食事量は少ないほうなんですけどね。。。。(--;

食べるって、、、なかなか思うようにはできない部分でもあり、
そのうちそのうち!と、ず~っと思ってきたことでした。

でもやってみたら、かなり気持ちがよかったです(笑)


ほとんど食べない人というのは、17~18年ぐらい前当時から
世界の各地にいましたが、最近はその数もかなり増えてきていますよね。

今では食を摂る必要がまったくないことから、
消化器官が生まれつきない子供たちもいると聞きます。
(空中からのエネルギーが摂取できるということですよね^^)

ここでも何度も書いてきていることですが、
仙人はカスミを食べて生きる・・・と言われていたような時代が
また再びそこまで来ているということなんでしょうね♪

実際に私も、食事をしないでも大丈夫という方に
今まで何人かお会いしたことがありますが、
意識の高い方が多かったです。

人類がふたたびその状態に近づいたなら、
病気とかもない世界に、また戻っていくんでしょうね。。。☆



スポンサーサイト
[ 2014/08/23 12:23 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)