青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

お腹すっきり☆


オーガニックコーヒーとかを使って、
自分で腸内洗浄をする人って結構いますよね^^

最近はハリウッドセレブスターとかの影響もあって、
以前よりも増えている感じでしょうか。。。♪

わが家は母が病弱だったこともあり、
ひまし油湿布などは学生の頃から私も体験していたのですが、
便秘体質でもなかったのでエネマってやったことがなかったんですよ。

体の具合がかなり悪い人がデトックスですると良いもの、、、、
ぐらいの認識しかありませんでした。

それが友人たちの話を聞いたり、歌姫友人が強く勧めてくれるうちに
なんとなく体験してみたくなり先日行ってきていました。

日本女性なのですが、施術がとっても上手で苦しんだりすることもなく、

途中でいびきをかいて寝てしまう人もいるんですよ^^

と初めに説明された通り、、、いや私は寝ませんでしたけどね(笑)
でもいろんなお話を楽しみながら、いつの間にかお腹スッキリになってました!

男性陣にはしぶる人も多いらしく、
友人の旦那さんや恋人で行きたがらなかったのが、
一度行ったら病みつきになり、今では自ら行くほどだそうで。。。(笑)

でも、それがよくわかるスッキリ具合です(^^)b

自分でエネマをする友人曰く、やっぱり施術が上手なので、
一人でするとき以上に掃除される感じがあるそうなんですよ♡



   少し前に友人たちと食べたイカスミパエリア。翌日には宿便と
   間違えてしまう人もいるほどの真っ黒いのが出るので、腸内洗浄の前には
   向きませんね^^ ビーツとかも赤くなって怖いかも。。。(笑)
  
   DSC07114.jpg



ホースの中を出ていくものを見ながら、
彼女にはその人の臓器の状態や、その人にとっては
なんの食材が消化しにくいものなのかなどもわかるそうで。。。。。

そんな彼女が腸内ケアの一環としてする食事のアドバイスの中で、
誰にとっても一番摂らないほうが良いものとしてあげているのが


小麦粉です♡


品種改良された今の小麦は常習性のあるもので、
食べれば食べるほどそれを摂取したくなるものであることや、
腸壁に穴をあける?とかでアレルギーの元になるものであるというのは
私も何かで読んだりしていたのですが、、、、、

彼女がお腹を上手にマッサージしてくれながら
話してくれた小麦の弊害はなるほどぉ~なものでした!!

彼女の話によれば、ハリケーンなどで倒れないように、そして
さらに収穫を増やすようにと品種改良された小麦は確かにアフリカの飢餓などを
救った一面もあるそうなのですが、その後もさらにもっともっとという企業の欲望
などにより改良がくり返され、より多くの収穫ができるようになったそうです。

ところがそれと同時に、人間の腸では吸収しにくい大きさのタンパク質を
持つようになってしまったそうで、それが無理に腸壁から吸収されようとして
腸壁に穴をあけてしまい、本来なら体外に排出されるはずだった
アレルギー物質などがその穴を通じて体内に入ってしまい、
さまざまな症状として出てきてしまうそうなんです。

セリアック病などがそうしたものであるようなことを
私も聞いたことがあったのですが、実は私も旦那クンが
大きなお好み焼きを焼いてくれるたびに、その晩お腹の調子が悪くなり、
もともとパン食などは少ないほうなのですが、小麦ってあまりよくないみたい
だな~と改めて感じて、小麦粉食は控えるようにしていたんですよね。

それでも麺類やらクッキーやらパンケーキやら、現代の食には
小麦からのものが本当に多いのでかなりの影響を受けていそうです。


小麦にはそれを食べれば食べるほどさらにもっと食べたくなるという常習性が
ありますが、食材でもあるそれが悪いものだなんて普通は教えてくれないので、
へたをすると麻薬以上に実は厄介なものでもあるようです。

しかもパンでもスナック菓子でも小麦粉食は、
誰でもどこでも安く買えますしね。。。

彼女も話してくれていましたが、その成分は関門を通り抜けて脳内にまで
入ってきてしまい、思考能力などもかなり落とすものなんだそうです。

人間を支配しやすくする食べ物の代表でもあるみたいですね。

彼女はクライアントさんに、1週間ほど小麦粉断ちをしてもらうことがあるそうで、
そうするとほとんどの方が、食欲が抑えられ、体が軽やかになり、
無駄な眠気が取れて頭がクリアーになるのがわかると
言われることがとても多いそうなんですよ。

友人たちの欧米の旦那さんたちはやはり小麦をよく食べるからなんでしょうか、
この腸内洗浄を機に、食事も多少変化してなのか痩せた人が多いんです。

小麦粉食を減らすと、そのぐらい変化が色々あるようです。。。♡

参考になりそうな記事がいくつかあったので、貼り付けておきますね。


→ 小麦は食べるな

→ 小麦とエストロゲン

→ パンだけはやめられない

→ グルテンフリー食も危険

→ 食物アレルギー


彼女とは食事の量や食べるのに一番適した時間の話しなどもしたのですが、
どんな良い食事内容でもやはり年齢が上がってきたらその量自体を
かなり減らしたほうが良いということなどでも意見が一致し、
お互いの体験なども話すことができました。

他の分野のことでもかなリよく知っている彼女だったので、
多岐にわたり話すことができたのですが、本当に興味深い内容のものが多く、
時に腸内洗浄をしていることさえ忘れてしまうほど話し込んでしまいました(笑)

そうそう、これも彼女と一致した意見なんですが、
避けるべき食品は普段の食生活ではなるべく摂らないようにしますが、
人には社会生活もあるので、友人たちや家族と外で食事!なんていう時には、
小麦粉や乳製品食なども楽しんでますよ~♪というものでした。

やっぱり息抜きというか、楽しみも大切だからなんですよね^^



スポンサーサイト
[ 2014/09/03 07:18 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)