青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

コーヒーエネマ☆腸内洗浄


コーヒーエネマの話題が、身近でも増えています。

聞かれたりすることも多くなってきているので、
そのあたりのお話も少し書いてみますね。。。♡

昨年、友人からの強いすすめで踏み込んでみた腸内洗浄の世界。

NYという土地柄なのか、腸内洗浄をしてもらうだけでなく、
自分でもコーヒーエネマなどをしている人たちが多いこともあり、
そうした話を聞いているうちに、やがて試してみたい病にとりつかれ、
気づけば毎度のことながら、とことんつきつめてやってみる~♪
の段階を、ピョンピョン昇っていました(笑)

私には、珍しく抵抗感のあったものなのになぁ。。。(^^;


美容や健康に関わるものがいつのまにか仕事にもなっていたのですが、
そうした方面でも「腸」の大切さを伝えることが本当に多くなっていて、
仲の良いブログ読者さんが、こんな面白い記事がありましたよ~♪
なんて伝えてきてくれるものも、また「腸」のことであったり(笑)

ここでもよく登場する、不食実践家の山田鷹夫さんも
そのご著書の中で、腸が汚れていると少食にしていくことが
難しくなるのだと、よく書かれているんですよね。

腸が汚れている(悪玉菌が優勢ということでしょうね)と、
食欲が無駄にわいて食べたくなってしまうそうなんですよ。

なので山田さんも、ご自身で腸内洗浄をされているそうで、
熱心な彼らしく、普通に手動?でするものの他に、マシーンで
するものなど、数種類のタイプのものを持たれているのだとか。。。(笑)


ヨーロッパでは、王族や貴族たちもしていたエネマだそうですが、
それよりもはるか昔の古代エジプトでも、特権階級の人に
とても人気があったものなんだそうです。

1日数回やる人もいたほどだそうで、、、
いやそれはさすがに多いんじゃ?!(ーー; とも思うのですが、
クレオパトラもコーヒーエネマをしていたという史実があるのだとか。。。♪

現代では、有名な海外セレブなどにも実践している人が多いようですが、
ここ最近は日本でも女性を中心に、幅広い世代で増えているそうなんです。


参考にしていたのは この本と、


家庭でカンタン腸内洗浄―コーヒーエネマで毒素を出す! (フロムムック (88))





それから こちら。


腸内すっきり! コーヒーエネマ ゲルソン療法で便秘解消、お肌もつるつる







私はシリコンゴム製のこうした容器を購入して使っていますが、
湿度の高い地域ではコーヒーを入れる内側の、ホースとジョイント
する部分にカビなどが生えやすくなると言う方もいて、丸い筒形の
立体的な容器などのほうが良いという人もいるようです。

私は問題なく使えていますが、気になる方は使用頻度や
住まわれている土地の気候などに合わせて、ご自身の
使いやすい形態のものをチョイスしていくと良いと思いますよ^^


スリムエネマ

スリムエネマ




腸内洗浄キット コロンキット

カフェコロン





本などにもありますが、毎日される方もいるようですね。

私はもともとそれほど便秘があまりないことや、
自然の排便リズムも保ちたいので、数か月にわたり色々試してみましたが、
週に1~2回ぐらいが、自分の体には合っているような気がしています。

人肌にさましたぬるま湯だけですることもありますが、
オーガニックのコーヒーですることもよくあります。

コーヒーを使うのは、その中に含まれるカフェインなどの成分が
血管を広げ、毒素や老廃物の排出をスムーズにしてくれるからのようです。

コーヒーエネマで使われるコーヒーは、
オーガニックのものであることが前提のようですね。
私は日本で買った、スティックタイプのエネマ用のものを主に使っています。


ドクターコーヒー1箱 (30本入)

ドクターコーヒー




カフェコロン 30缶

Cafe COLON カフェコロン




施術で数回やってもらっていたこともあり、
腸内洗浄の感覚を体験していたのが良かったのかもしれません。

少し躊躇したものの、やってみたら思っていた以上に簡単でしたし、
回数とともにやはりコツをつかんでいくんですよね^^
(ちなみにコーヒー液が洗ってくれるのは、大腸部分です)

そういえば、サイババさんが自分の腸を取り出して
小川の水で洗っていたというのを読んだことがありますが、
ふだん木の実をちょこっとしか食べないような仙人級の存在でも、
そうやって腸を洗われていたんですね。。。(笑)



DSC08060.jpg



私にとっては「天然のエネマ」みたいなものが、
実はもう1つあるんです^^

週に一日まったく食べない日を作っていることはここでも書いてきていますが、
実はその翌日はデトックス効果が自然と強くなるので、エネマをしなくても
まるでしたみたいに、水分の多いお通じになって出ていくんですよ。

これは自力のエネマでもあり、休肝日ならぬ 休食日を
持つことのすごさを改めて実感させられることにもなっています♪

こうして腸を掃除することもしながら、
他の日には野菜やフルーツなどの食事を中心に
あまりこだわらずに何でも食べるようにしていますが、、、、

それでも腹7~8分ぐらいで食べるようにしていると、ヨガをした時などに、
体がとても動かしやすくなっていることに気づかされます。

20代の半ば頃、首の寝違えが多くて朝起きると痛いことがよくあったのですが、
ストレッチのためにヨガをしても、体を温めてみてもあまり効果がなくて、
そこで食べる量を減らしてみたり、食事の内容を少し変えたところ、
それ以降 今まで、寝違えたことが一度もないんです(^^)b

寝相が悪くて肩が出ていた時でも寝違えにはならなかったので、
冷えだけでなるものでもないようです。

こうした体験から必ずしも年齢理由とは限らず、体はケアの仕方で
いくらでも働きが良くなるものであるらしいことも知りました。


話が少し反れちゃいましたが、エネマをしていると排泄が活性化されて
腸内細菌もどんどん便としても出ていくので、食事にプラスして
前の記事にあるプロバイオ(乳酸菌)も摂るようにしています。

そうすると、さらに善玉菌が優勢な腸内環境を
作ることができるからなんですよ。。。 ♡

小麦粉をあまり食べないほうが良いというのも、腸を傷つけやすい食材
だからでもあるのですが、花粉症やアトピーのアレルギーがある人などは、
特にこの「腸」を手入れしてあげることが、大きなポイントになるようです。

一説に、ガン病棟のトイレなどは匂いがきついそうなのですが、
これも腸が汚れていることが多いためだからだそうで、やはりこれも
腸をきれいにするようにしていくと、そうした病などでも状態が
好転しやすくなっていくことが多いそうなんです。


消化器官をたまに休ませてあげたり、
腸内洗浄をすることなどで排泄を活性させて、
きれいな腸で、元気で快適な毎日でありますように。。。♡





スポンサーサイト
[ 2015/04/01 07:08 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)