青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

運を食べる?


これも ピーニーだったかな?

色も違うし、雰囲気もまた違いますね。。。♡



DSC08413.jpg



これは先日、別のところで記事にしたものですが、
友人からのお話なども少し足して、こちらにもアップしておこうと思います♪


ベテラン俳優の榎木孝明さん。

昔からちょっと注目していた方ですが、
1か月ほどの「不食」生活を終えられたそうです。

あちこちのブログやニュースでも、取り上げられていましたね。

一般メディアでも、こうしたことを伝え始めたなんて面白いです(^^)


そんな先週末、日本の友人がはせくらみゆきさんの講演会に行ったところ、
そこでも少食・不食・プラーナ食のお話をされていたそうなんです。

はせくらさんもまた、そういった食をされている方。

病院で調べてもらったところ、なんと20代の血液状態だったとか。。。☆
(確か50代に入られたぐらいのはずなので、これはすごいですよね )


その時の講演会では、こんなことが話されていたようです。
友人の承諾も得たので、少しご紹介しますね。


今は、小食、不食にするには最適なタイミングと言っていましたよ。

太陽光からのエネルギーが半端なく強いので、
それだけで十分に光合成できてしまいますよ、と (^^)

食べないと死ぬと思うから、活性酸素が身体中に満ちて、
さようなら (この世から)、となるのですよともお話ししていました。

今後は、食べたくても食べれない状況が生まれるかもしれないけど、
その時に食べなくても死なない!と知ってるだけで気楽になれるでしょう?とも。

不食のお話しは本当に面白かったです。

テレビで不食のお話しを曲げて伝えるのは、当然!
だって番組のスポンサーは食品を売る業界が多いでしょ?
食べないほうが健康になれる!なんて言うわけないでしょー、って (^^)



わはは、面白いですね~~~!!!


前出の榎木孝明さんはインドなどにも何度も訪れられていて、
数日ぐらいなら食べないことにはもう慣れていらっしゃるそうです。

やはり、ある程度は体や意識の準備もすでにされた上でのことなんですよね。

いつも普通に食べている人が、なんの準備もないまま急ににすれば
ただの栄養失調になって健康を損ねたり、急にこけて老けたりしてしまう
ことにもなるかもなので、そうしたことへの心身の慣れや準備は大切です。

それにしても今回、彼のように有名な方がこうしたことをされて、
一般メディアで報道される意味は、とても大きいとも感じています^^

食べなくても生きていけるらしい、、、という情報だけでも広く認識されていけば、
社会に横たわる多くの不安も払拭していきやすくなるかもしれません。

作物の品種改良や農薬、悪質な食品添加物、食料危機。

いざとなれば、こうしたものを実は乗り越えていける、、、、
なんていうことにもなっていきますよね。


はせくらさんのブログには

食べてもしあわせ。

食べなくてもしあわせ。

とありますが、どちらでもいいなんてホッとしますね ^^

本当の自由にもつながっていきそうです。。。 ♡



そういえば、ある程度はしっかり食べていながらも、
少食にした時に起きてくるような好ましい心身の変化に
体内環境を近づけていってくれるものも実はあったりします。

実際の少食や不食ほどにはかなわないかもしれませんが、
それが時々お話ししてきている「じぇる」だったりもするんです。

誰もが本来持っている細胞の自浄作用などを高めていきながら、
全身の機能アップをしていってくれるものなんですよ。

古代文献や先住民族などからもたらされた植物の英知が余すことなく生かされ、
今では漢方などと特殊ブレンドされたものなども出ています。

少食のお猿さんは長寿遺伝子にスイッチが入りやすく、
若々しくて元気だという有名な研究がありますよね。

ここでも何度か取り上げさせてもらっている話題ですが、
まさにそこに関わっているものでもあるんです。。。☆



私にとっては少食や不食も長年のライフワークの1つですが、
呼吸法と並んでとても惹かれるものがあります^^

忙しくて一時休んだりしながらも、体の声を聞きながら
20代後半ごろからゆるゆるとやってみていますが、質だけでなく、
やはり食にはその「量」にも大きなキーがあるようです☆

食がその個人の適量になればなるほど、細胞が強くなるような感じがするんです。

そしてやはり女性でもあるので、今はふっくらしたまま少食を保って
行けたらとも思っているのですが、それにはとにかく時間をかけて
ゆるやかにやっていくのが、一番安全で良さそうなんですよね^^

時に意識の高まりとともに、突然「不食」などの道に入られていく方も
いらっしゃいますが、たいていの人はやはり時間をかけてやっていくのが、
心にも体にも負担をかけずに良いような気がしています。

まだしばらくは、食物から栄養を摂るルートも
多くの人が使っていくでしょうが、そう遠くない未来には
さまざまな形態が広く認められるようになっていくのかもしれませんね。。 ♪


そうそう これは余談ですが、その友人がこんなことも書いてきていました。

はせくらみゆきさんが、開運したいと思ったら小食にしてみて!!
と言ってたのですが、友人は小食にしていたころは
妙に運が良かったのよーって言ってて(笑)


そうなんです、、、、少食は開運にもつながるようなんですよ ♡

以前、江戸時代の有名な顔相観であった水野南北さんの記事を
書いたことがありますが、彼がこのセリフをよくおっしゃっていたんです。

彼は人相があまりよくなかったそうで、少食や感謝をすることで
自身も開運していった人でもあるそうなんですよ ^^

なのでラッキーがいっぱいほしい人は、
運まで食べちゃわないようにして下さいね~♪


不食関係では、山田鷹男さんや秋山弁護士。それから森美智代さんに
ジャスムヒーンさんのご本などをここでも何度かご紹介してきていますが、
はせくらみゆきさんも「食にしばられない生き方」というのを執筆中だそうです。
年内には出版のご予定だそうなので、こちらも楽しみですね ^^





スポンサーサイト
[ 2015/06/24 11:22 ] 宇宙時代の体作り | TB(-) | CM(-)