青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

赤い月のころ☆


なんだかお祭りのような、この9月のNY♪

フランシスコ・ローマ法王が訪れられていた先週末は
交通規制がマンハッタンの随所に起こり、あちこちに警察官が。。

NYシティーに乗り入れている電車にも、郊外の駅から
必ず警官が乗り込むようになっているのか、車内にも何人か。

法王が周られる近辺は混むので、訪問予定先や通行止め箇所などを
チェックしながら、そうした所には近づかないいようにしていましたが、
それでもいつもなら開いているはずの通用門が警備上の理由から
閉じられたりしていて、迂回するはめになったり。。。(^^;


国連総会が開かれていた週でもあり、各国の首脳などが
来られていたこともまた、厳戒な警備に拍車をかけていたようです。

国連から1ブロックのところにある友人の家に行く時には、
そのバリケードの中に入って行かなくてはならず、やはり
物々しい雰囲気を味わうことがあった週末でした。


最近方向転換があったようだ(?)とも言われている
安倍さんも、総会にいらっしゃってましたね。

日本びいきのプーチンさんと嬉しそうに会われたり
法被姿になられたりもしたそうですが、そうした各国首脳陣たちによる
さまざまなイベントも、街のあちこちでくりひろげられていたようです。



初日の晩のセイントパトリックス教会でのミサが終わり、
翌日の午前は国連総会での演説から。


p1.jpg



学校などでも、中継を見ていたところが多いようです。
演説は月並みな内容かもしれませんが、パンドラの箱が開けられた
というあたりは、暗に何かを表現されていたのではとも。。。♡



p2.jpg



イーストリバー岸にある国連の後は、交通規制をしているからなのか
反対側のハドソン川岸にあるワールド・トレード・センターの跡地に
あっという間に移動されて、リフレクティング・プールでの黙祷。



p7.jpg



と 献花。



p10.jpg



その後、メモリアル館で複数の宗教によるお祈りと詠唱。

まだまだ古い勢力が幅を利かせているなあ~
とも、改めて感じたこのイベント。



p11.jpg



最後の、この合唱はとてもきれいでしたね ^^



p16.jpg



その後は、セントラルパークでのパレードや、学校訪問などに。

イタリア系移民ではあるものの、アルゼンチン出身の法王という
のはバチカンでは主流派ではないとも聞いたことがあるのですが、
やはり同胞の南米各国からは、法王を一目見ようと来られている方が
公園や沿道などにはとても多かったようです^^



p18.jpg



夜にはマディソン・スクエア・ガーデンでのミサ。
金曜の夜ということもあり、近辺はかなりの人混みだったようです^^



p19.jpg



最後に帽子を変えられて。。。



p21.jpg



78歳。 精力的にNYでの仕事をこなされて、翌日
次の訪問都市であるフィラデルフィアに去って行かれました。



こちらはカソリックでしたが、ユダヤ教の行事ともあいまって
本当に賑やかなこの9月です♪

とはいえ、、、、

この9月は休みばかりでまともな授業がほとんどなく、
あると思ったら自習だったりして、高い学費払っているのに~(ーー;
とは、子供のいる友人のセリフ。

やっとお休みが終わったと思ったら、今度は仮庵の日で10月7日まで
お休みしますと同僚から連絡があって、この1か月ほどはまともに
仕事ができてないんですよ~!とは、ある知り合いのセリフ。

アメリカの一般社会に及ぼす影響も大きい彼らの休日は、
その余波もなかなかです ☆



そんなおとといの夜は、見事なスーパームーンに。
(これは友人からもらった写真)


、 、 、 、 IMG_2146.jpg



通常よりだいぶ地球に接近し、14%近くも大きく見える今回の満月

深夜とかではなく、比較的早い時間での皆既月食とあり、
東海岸では見た人も多かったようです。

わが家も何度か外に出てみたところ、月の満ち欠けだけでなく、
赤い満月になっている瞬間も見ることができました。

本当に夕日のような濃いオレンジ色で、ちょっとびっくり (@@)


この前日から1週間が「仮庵の日」。

満月の翌日でもあった昨日は、シナゴーグでお祈りがあったようで、
長い飾り物?らしきものを手にしている人をたくさん見かけました。

最終仕上げのこのお祭りが終わる5日ごろからは
NYも本格的な秋になってきそうです。



今朝はちょっと不思議なことがあり、ある方の夢を見たのですが
それがあまりにもリアルで夢だとは起きるまでわからずに、
実際に会っていたのだと錯覚するほどでした (^^;

どんなにリアルでも、たいていは「夢」だと気づいているので
これはとても珍しかったのですが、約束の時としてのイベントが
世界的にも多いこととも何か関係があるのでしょうか。。。


そしてローマ法王がいらしていたころ、
友人に誘われてあるところを訪れていました。

自分ではちょっと予期していなかった場所でもあり、
だけどそれもまた何かにつながっているのかな?とも感じられたり。。

写真が多いので、これとは分けてまた後日にでもアップしますね ♪





スポンサーサイト
[ 2015/09/30 08:25 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(-)