青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

星座な訪問者とデジャヴ


気分転換に郊外に行きた~い!!

そうだ 、、

泊りに行ってもいい? ヽ(^。^)ノ


なんて前から言っていた

星座な舞姫ちゃん。


そんな先週、

アシスタントのT子ちゃんと、

ついに泊りがけで遊びに来ることに。。♪


ブルックリンやマンハッタンとは

また雰囲気が違うね~と、

ふたりして さっそくバックヤード(裏庭)へ。



IMG_4167.jpg



久しぶりに気温も湿度も下がった、

さわやかな平日の午後。


緑の葉っぱが風にサワサワと気持ちよく揺れる中、

私がお茶の準備をしながらふと見ると



やっぱり、、、、




IMG_4177.jpg



飛んだり、跳ねたり、足をあげたり、、、


踊りだしてました!!


さすが本業はダンサーな ふたり (^皿^)



IMG_4179.jpg



さらに活躍の幅を広げ、

日・米の売れっ子占星術家たちとの交流も深まり、

さらなる大きなイベントなどへのお誘いも増えている彼女。


その能力がみるみるうちに開花していくなあ~♪

と 私もビックリしていたら、

いくつもの人生でもやってきたことだからこそ、

彼女にとってはお手のものの分野なんだと

ある占星術家の方にも言われたそうで。。。


普通の女の子だった時から知っているので、

傍から見てきた私にとっても、

その理由には深く納得です 。。♡



ご飯しながら、、、

赤いスポーツカーで宗教の勧誘が来たのよ~

なんて話したら、

わぁ、赤いスポーツカーなんてまさに冥王星が周っているからだね~☆

なんてことから、

さまざまな今の星の流れなどの話に花が咲いたり、、、


夜には、

新しくこんなのも観れるようになったのよ ~(^^)

と、私が思っていた以上のものまで色々と観てくれたり。


その勘の良さで、

ふっとその時 彼女が気になったことを

無意識にパッと観てくれて驚くようなことがわかったり、、、

と、星の魔力をさらに魅せられるようなひとときになっていました♪



占星術というのも、

私たちにセットされたプログラミングの1つとは言われてますが、

それでもそれが強力に周っている時代においては、

やっぱりある程度はその仕組みを読み解いて

上手に活用していくのはありですよね 。。(^^)



、 、 IMG_4202.jpg



翌日は緑の中を散歩。

よ~く見ると、オシドリみたいな二羽 ♡



IMG_4201.jpg




そうそう、、、

先週のお話には少し続きがあるんです。


これはその内容から、
少し時間がたってからのほうが良いだろうと、
彼女の承諾も得て、今週に追記しようと思っていました(^^)


シンクロ友人。

実は、その美内すずえさんのお店で
強烈なデジャヴを体験していたそうなんです。。

時空をかけ抜ける感を、たまに記憶していることもある彼女。

時空間を7~8回戻ってやり直し、
望む現実にしたこともあるツワモノ。


同じように感度の高い友人と、その美内先生のお店で
お食事しながら先生のお話をしていたところ、

そのランチをした数日後に大変な事が起こり、
珍しく美内先生をその日にお店でお見かけしていたのも
何かのメッセージだったのでは?

と振り返っている自分を、ふっと
その時感じ取ってしまっていたそうなんです。

大変なことと言うのは、社会的な混乱というよりは
災害的なものだったそうで、、、

彼女はそれを感じながらも、

「感じた」ということは、いつものように
そのタイムラインからは外れたってことかな、、、?!?
とも感じたそうで。。

その日、

そこの本棚で見た池田邦吉先生のご本の題名が
ズバッと入ってきていたので何だろう?

とも思っていたところ、その数時間後の私からのラインには、
なぜか急にその池田邦吉先生のお話が展開されていて、、、

彼女の言葉をそのまんまに書けば

ウゲッ!!! そーいう意味か???

となって驚いてしまっていたそうで(^^)

だから「何かを通過したような、、、」
という書き方にもなっていたそうなんです。


外れたタイムラインの災害がどの程度かはともかく、
ちょっとホッとしたそうなんですよ。

デジャヴでの災害は、壊滅的な状態を10としたら8ぐらいな感触だった
そうで、完全回避できたのかは彼女にもまだわからないそうですが、
少なくとも少しは弱くなったのではないかな、、、と。

確かに6月は大きめな災害を私も耳にしていたので、
初めてその話を彼女から聞いた時、それが逸れたかな?
とも思ったんですよね。。。

意識が変わる必要最低限の自然の変化というのは
あるかもしれないようですけどね、でも仕事柄さまざまな
小説やマンガなどにも縁のある彼女がこのところ買っていたのは、

そのストーリーが、
国家レベルでみんなが幸福になる方向を選択する、、、
というラストのものが多かったそうで、
それもまた不思議だったそうなんです。


そんなあれこれから、

何かそうした分岐点でもあったのかな。。?

なんて感じていた
シンクロ友人だったようです(・∀・)








スポンサーサイト
[ 2016/06/15 07:36 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)