青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

ルーツに触れる旅☆3


中央構造線と、フォッサマグナの糸魚川 静岡構造線という
大断層がぶつかるあたりに諏訪湖はあります。

そんな特殊な、力強いエネルギー場にある諏訪湖ですが、
流れ込む河川は多いものの、出ていく河川はほとんどないために
汚染物質もたまりやすく、工業や生活排水などで栄養過多になったそう。

今は一時期よりはだいぶ水質も良くなったそうですが、
それでも水草が、湖のあちこちに繁茂しています。



FullSizeRender (99)



そんな諏訪湖に浮かんでいるように見えたことから、
別名「浮城」とも呼ばれた、諏訪氏の居城だった高島城。



、 、 、 、 FullSizeRender (96)



だけど、あそこに見える諏訪湖までは距離がありそうだなぁ、、、
本当に湖面に映ったの?!なんて思ったら、かなり埋め立てられて、
湖は昔よりだいぶ遠のいてしまっているそうなんです。



FullSizeRender (95)



お昼近くになり、諏訪もこれでいいかな~?(^^)と思いながら、
日本では Wi-Fiで見るため面倒になっていたラインをなぜかチェック。

すると、前日に帰宅していたシンクロ友人から、

りんごさんの魂の一部を預かっていたのは、
ミシャグジの神さまでしたよね?!という確認とともに、
それは上社の前宮のご祭神であると。。。

→ 守屋山の謎『諏訪神社の御頭祭(おんとうさい)とミサクチ神』

守屋山のエネルギーと繋がっているのは前宮と本宮で、
その前宮のご祭神が実はミシャクジなんだそうで、
ならばそこが面白いかもしれないと。。

どうりで下社の2宮では、ミシャクチをどこにも感じなかったはずです (#^.^#)

そのぐらい調べとけ 私~!なんて感じに、急きょ上社にも向かうことに ♪

中央道に戻る感じで走ることすぐに、
諏訪大社の上社・前宮(まえみや)に到着。



FullSizeRender (100)



表向きのご祭神は下社と同じく、
建御名方神(タケミナカタノカミ)と八坂刀売神(ヤサカトメノカミ)。



FullSizeRender (101)



だけど古代から信仰されていたのは、この説明書きにもあるミシャクジ神。



、 、 、 、 FullSizeRender (134)



今でも諏訪大社で行われるご神事は、このミシャクジへのものが多いそうです。



FullSizeRender (102)



ミシャクジの言葉のもとになった→ 古代イスラエルのイサクの伝説。

そのお話にも似た、御頭祭(おんとうさい)が行われる十間廊(じっけんろう)↓

以前、ほかでもちょっと読んだことがありますが、
「奇祭」と言われる通り、ちょっと日本らしくないお祭りですよね。



FullSizeRender (146)



左手に清流の音を聞きながら、しばらく民家もある
普通の道をのぼっていくと、その奥に拝殿があります。
ここにも左右に、御柱(おんばしら)が立っているのが見えます。



FullSizeRender (135)



諏訪大社は系統が異なる4社を合わせたものだそうですが、
この前宮は他の3宮よりも質素というか、地方の神社といった感じで、
かつてとは違い、今は4宮の中でも参拝者が一番少ないんだそうです。



、 、 、 、 FullSizeRender (126)



だけど、この前宮こそが古代からの諏訪の信仰の中心だそうで、
「前宮こそ、日本屈指のスピリチュアル・サンクチュアリ」と
江原啓之さんもおっしゃられているのだとか。。。



、 、 、 、 FullSizeRender (127)



実は子供のころから、地方のどこかの神社らしきところにいる、
虹色や白色の美しいある存在たちの夢を見ることがよくあったのですが、
それがどことなくこの前宮に似ているなあと、、、後で気が付きました (@@)



FullSizeRender (103)



その前宮わきを流れる「水眼 (すいが)」と呼ばれる清流。



FullSizeRender (106)



二の御柱(おんばしら)のすぐ横を流れていきます。



、 、 、 、 FullSizeRender (137)



とても勢いのある美しい小川で、ご神水として使われてきたそうです。



FullSizeRender (138)



旧約聖書のイサクに、縄文からの諏訪の蛇神が絡む独特な前宮 → ☆


その、前宮(まえみや)の様子がよくわかる動画はこちらです♪






そして諏訪大社・上社の本宮(ほんみや)。

エネルギー的にも、前宮とのつながりが深い本宮。
そのため前宮に面した、こちら(東)側から入るのが正式だそう。



、 、 、 、 FullSizeRender (108)



こんな古そうな絵まで野ざらしでたくさん飾ってあり、本宮だからなのか、
諏訪大社の中でも1番華やかなお宮かも。。♡ ご神体は前宮と同じ守屋山。



FullSizeRender (109)



「布橋」と呼ばれる、趣のある長い廊下のような表参道。



、 、 、 、 FullSizeRender (110)



強いエネルギー場にある諏訪大社 4宮の中でも、
大断層の真上にあり、神霊磁場の特に強い本宮。



FullSizeRender (111)



種もみの浮き沈みで、その年の豊作を占った池。



、 、 、 、 FullSizeRender (113)



牛の1枚皮でできた大太鼓、日本では最大。本当に大きかったです。



FullSizeRender (114)



土俵。諏訪は相撲のメッカ。タケミナカタは相撲の神様でもあるそうで、
日本神話の国譲りでも タケミカヅチと取り組みをしたお話があるのだとか。。



FullSizeRender (144)



本宮の一之御柱(おんばしら)は、一番長くて太いものを立てるそうです。



、 、 、 、 FullSizeRender (116)



、 、 、 、 FullSizeRender (117)



これは入ってすぐの、二の御柱のすぐ横にあったケヤキ。
諏訪大社は、どの宮でも本当に木がすごい!!ヽ(^。^)ノ
樹齢1000年なんだとか、、根元に光が飛んでる?!?



、 、 、 、 FullSizeRender (118)




これで諏訪大社の、4宮すべてを周ることができました。
肝心の前宮にも行かれて、シンクロ友人には大感謝です (#^.^#)


子供のころから、夢の中でよく見ていたもの。

コロラドの天空の街にいる時に、夢の中で聞いた言葉や名前。

NYに来てから、夢の中に現れた存在。

何人かの視える方から頂いていたメッセージ。

そして関連する名前をお持ちの、
ある売れっ子芸能人との偶然の出会いなど。

それらすべて、今までは点でしかなかったものが徐々につながりだし、
この諏訪でようやく1本の線として見えてくることになりました☆

時にご縁のある人たちの力も借りたり、
お互いのストーリーがシンクロしたりもしながら、
まだまだ さまざまな展開が続いているところです。

なんとなく自身がこの世に携えてきた特徴というか、やるべきことというのも
うっすらとわかり始めてきたような気がしているこのところ。。


温泉に入ることは大地のエネルギーを強く吸収するとも言われてますが、
今回フォッサマグナが活発化するまさにそのエリアの温泉に、たくさん
つかってこれたこともまた、タイムリーなことだったと感じています(^^)

父の故郷であり、私の魂のルーツも見え隠れする諏訪でパワーを得て、
この秋に向け、さらにまた歩いていこうと思います。。♪







スポンサーサイト
[ 2016/07/21 10:22 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)