青い星とダンス♪

スピリチュアルな日々と たくさんの好きなことをアメリカの大地から

手招きする南の島へ


あっという間の1ヶ月。

こちらに戻ってきちゃいました。

日本でもう少し記事アップできるかなと
思ってたんですが、、、

またたく間に日が飛んでいっちゃいました (



NYに戻ってきたら、
出る頃にはチョボチョボだった緑も
うっそうと豊かにあふれかえっています



ハッピーちゃんのシンデレラプロジェクトの後は
男所帯の実家の大掃除などをして過ごし、

ゴールデンウィーク後半には
シンクロ友人宅にお泊り♪

毎日ラインでやりとりしているにも関わらず、
つもる話であっという間に2泊3日が過ぎてしまい

気づけばヒロミさん主催の、
長さんと巡る沖縄リトリート旅へ



沖縄に入る前あたりに見えた雲海。


、 、 雲海1


なんかね、、すごかったの。


、 、 雲海2



、 、 雲海4



長さんの運転で最初に向かったのは
沖縄北部にある辺戸岬。


、 、 、 沖22


北部にはかなりのパワースポットもあるそうで、、


沖24



ある所では道なき道とも言えそうな、、
かなりのところを登っていきました。


、 、 沖4


長さんと加緒里さんによる祈り。


沖1




沖2




沖3



次の日はター滝へ。


ジャブジャブと
川の中を歩いて行きました。


沖5


早々に長さんが苔に足を滑らせてザブ~ン!

少ししてから、もうひと方もザパ~ン!!

長さんいわく、
業の深い者が禊のために足をとられる
とメッセージがあったそうで、、

思わず、しっかり歩こう!
なんて思いましたが、

いや、そういうことじゃないよね 。。(^^; 笑



ター滝 !!


、 、沖6


さっそく滝行をする長さんと、現地ガイドさん。


、 、沖7


加緒里さんのカツにより、
さらに水量の多いところへ ♪


、 、 沖8


最後は体が発光しているような。。


、 、沖9



翌日は、今帰仁や古宇利島へ。


私やシンクロ友人にとっては
とても不思議なことがあった場所。

今回は長さんとご一緒することで、
女性がトップの珍しい城であったことなど、
当時の様子を色々視てもらうことができました。


沖11


古宇利島を見渡す
途中の島でみなさんとお昼。

私は、海ブドウ丼と ソーキそば ♡


沖17



最後に泊まったホテルそばの高台から。


向こうに見えるのは伊江島だったかな。。
間違ってたらごめんなさい(^^)


沖13


このきれいな夕陽を見ながら、
ここで評判のピザを。。

このピザ、本当に
めちゃおいしかったんですよ ♪


沖21


この晩に、長さんと加緒里さんの
個人セッションを受けることができました。


個人的にも課題だと感じていたことを
改めて言われたり、

思いもしなかったような、
地球の深い歴史に関わることに
触れるお話を聞くことができたりと、、

時間も押してしまったのですが、
かなり濃い時間を過ごさせて頂きました。

おふたかた揃ってのセッションは初めてでしたが、
これが今回沖縄に来た理由なのかな?とも感じる
私にはとても有意義なひとときになっていました。



最終日はメンバーが少し入れ替わって、
中城跡(ナカグスク)へ。


、 、 沖14


あちこちで足を止められて
対話をされたり、お祈りをされていましたよ。


、 、 沖16




沖18




沖19


ヒロミさんが案内してくれた素敵なカフェで ♪


沖20


長さんリクエストの首里城にも寄り、
そのあと私は空港へ。


今回は以前からお名前を聞いていた
ご縁のある方とご一緒することになるなど、
私にはちょっとビックリな不思議な旅でした。


ご縁のある人たちとの
少人数での沖縄旅。

この旅につないで下さったのも
やり取りの長いブログ読者さんであったり、

シンクロ友人とは
一文字違いの主催の方であったりと、

サインだらけのものでもあったので
参加できてとても光栄でした。


関わって下さったみなさま、
本当にありがとうございました (^^)



沖15




またね沖縄、ありがとう。。








[ 2018/06/01 05:19 ] ひとっ旅♪ | TB(-) | CM(-)

祝う場♪


こんにちは~♪

ちょっとお久しぶりです (^^)

家のことも落ち着いたので、
2年ぶりの一時帰国をしています。

今回は行くところが多くて
ず~っとPCを開けずにいましたが、
今日はようやく山の中で少しのんびり。

なので少しずつアップしていきますね。


混みあうゴールデンウィークを超えてからと思っていたけれど、
ハッピーちゃんのシンデレラプロジェクトも見たいしで、
その前あたりから帰ることに。。(笑)


直前のメッセージから司会に決まったというなだぎさん。

なぜか ビバリーヒルズ青春白書のディランのモノマネ
をするお笑いの方いたな~♪なんて思い出して
いた頃だったからちょっとビックリ Σ(゚Д゚)

前にもハッピーちゃんがある珍しい本を紹介していた日に
ちょうどその本がNYの家に届いていたことがあって、
同じ情報場からソースを取り入れている人たちでは
こういうことがよくあることみたいなんですよね。

シンはぴ1


壱岐島の女将、すっごく可愛い♪
これは60代以上のランウェイでだったかな。。

シンはぴ2


色んな愛の形を祝うランウェイ ♡

、 、 シンはぴ3


病を超えて、想いの力が引き起こしたパワフルな復活劇。

シンはぴ4


ハッピーちゃんプロデュースのアイドルユニットと ♪

シンはぴ5


子宮委員長はるちゃんとハッピーちゃんの対談。

シンはぴ7


そして、はるちゃんの引退式。

そういえばロスの友人が旅立って行った日に、
はるちゃんのごまんたくが届いていたんですよね。

ちょっとしたノート製作発注の手違いから
初期の人は発送が遅れていたので、

ならば私にとっての宇宙タイミングになる日に
届きますように♪と心でオーダーしていたため、

そのあまりのタイミングとその的確な内容にビックリ。
改めてはるちゃんが世におろした情報のすごさがわかりました。

シンはぴ8


ひとりひとりの可能性やすばらしさを歌う
This is me で大盛り上がり

シンはぴ11


シンはぴ12


シンはぴ13


会場全体からハッピーちゃんへの
抱えきれないほどの感謝の花束を、、が(笑)

シンはぴ14


今回、ふとある席を取ってみようと思い立ったところ、
思いがけないほど舞台に近い席で臨場感も最高なものに!

最後に撮られたこの写真でも、
友人たちからはどこにいるかすぐにわかったと。。(爆)

隣に座った方とは年齢も近くて意気投合。


シンはぴ15



今回さまざまなストーリーがあったこの飛天の間は、
私がかつてお世話になった方もご自身のイベントを
初期の頃にされていた場所でもあり、私にとっても
懐かしい場でもあったんですよね。

新し時代やそこに向かう自分を祝うにふさわしい
最高に素敵なイベントでした(^^)








[ 2018/05/17 20:28 ] 新しい流れ | TB(-) | CM(-)

妖精の旅立ち ♡


ひとりの妖精が旅立ちました。


まばゆい光がサンサンと降りそそぐ、

そんな西海岸の明るい街で。。


その妖精は

まるで少女のようでもあり、

最期までそのホンワリ感を失わずに

フンワリと旅立っていきました。



、 、 、 kimi2.jpg



たくさんの友人知人たちの手によって

個展が開かれていた

あの友人です。


やわらかではあるけれど、

自分流もしっかりあった彼女。


闘病においても

最期までその自分流を貫いた気がします。


日本の家族との縁が薄かった彼女・Kちゃん。

一番身近な友人たちでライングループを作り、

色々な確認のためにも

ほぼ毎日

ロスとNYでやりとりしていたこの3~4年。


本人はもとより、

応援している私たちでさえ

時には精神的にしんどくなることが

何度もありました。。


その様子を見るたびに、

星読み舞姫ちゃんは

家族ご縁の友人たちだよね、、

と。



kimi3.jpg



世界最大のピラミッドと言われる

不思議な皆神山をわが庭として成長し、

そして「守屋君」という

年下の男の子に導かれるようにして

アメリカに渡ってきたKちゃん。


スサノオのことがよく出てくる私には

そこにもちょっとご縁を感じていたんですよね。




人には寿命があることを

母が亡くなった時に理解しましたが、


やれることをやりつつも、

彼女があちらに戻ると予定しているなら

何をしてもその時には行くのだろう、、

とはずっと思っていました。


どうやら彼女は、

決めてきていたようでした。。


どうやってもあちらに行くようなことがたびたび起こり、

最期はまるで見計らっていたかのように

すべてがガチっとはまるこの時期に、

旅立っていきました。



ロスでは

最期を見守るような方たちが

暮ごろから数人現れていて

とても親身になって

Kちゃんのお世話をしてくれていました。


よくここまで!というほどに、

それは深く頭を下げずにはいられないほどの

家族や友人以上のものすごく手厚いケアでした。



最期の日はロスでもNYでも

Kちゃんを見守ってきたすべての人が何かを感じ取り、

私たちもフェイスタイムを使って、

最期の言葉を交わすことができていました。


ここ最近の口癖は

ありがとうね~

だったKちゃん。


息を引き取る際の言葉も

やっぱり

ありがとう

だったそうなんです。。




その柔らかな人柄から

本当にたくさんの人に囲まれていたKちゃん。


この週末のNYでは、

彼女を偲ぶ集まりもあったほどでした。。



私も彼女のこと大好きだったなあ~。

心置きなくお茶できる良い友達ができたな~♪

と思った矢先での、

ロスへの仕事がらみでの引っ越し。


闘病途中に2度ほどこちらに遊びに来たKちゃんは

わが家にも何日か泊まっていったんですが、

彼女とのおしゃべりは本当に楽しくて

気づけばたくさん笑っていました。



最期にフェイスタイムをつないでくれたのは

KちゃんのNY時代からの元同僚女性で、

おととしママさんになったばかりの

私も何度か会ったことのある子でしたが、

その彼女は不安になるとよくKちゃんに話を

聞いてもらっていたそうで、

大好き~♪

と、Kちゃん本人にも

よく言っていたそうなんです。。



ようやく暖かくなってきたNY。

Kちゃんが愛した街。


ここ数日は何をしていても、

ふと思い出してばかりです。。


まるで妖精みたいだったKちゃん。


今もそこかしこにフンワリといる気がします。



残して行ってくれた たくさんの絵。


これからもそれらを見るたびに

ワクワクしながら描いていたKちゃんに

つながることができるような気がしています。



Kちゃん、

私と出会ってくれて

ありがとう。。







[ 2018/04/24 05:45 ] 友人との会話から | TB(-) | CM(-)

ところ変われば☆


今年のNYは例年よりも
ずっと寒いままで、

ようやく摂氏23度ぐらいまで上がったと思ったら、
翌日には4度と 一気に下がった先週末。

体感だと、なんとマイナス2度ぐらいでした。

半袖を着たかと思ったら、
またブーツと冬のコートに逆戻り。。



少し前に作ったかぼちゃのスープ。 ほっこりじんわりあったまります。
パンプ3



わが家ではちょうどうまい具合に
暖かかった日に植木屋さんが来てくれて、

度重なる冬の雪嵐と暴風雨で
すっかり倒れてしまった木を戻したり、

伸び放題だった庭木をトリミングしてくれて
散髪したての頭のようにかなりスッキリ!

同じ日に美容院に行ってカットしてもらった
旦那クンの頭もスッキリ!!

なんともスッキリな日でした



あまりハリケーンが来ない地域だからなのか?
NYあたりは大木でも割と根っこが浅く、

日本の小・中型台風ぐらいの風力でも
根っこから倒れてしまうことがよくあるんですよ。

少し前の暴風雨では、
お隣さんの大木のぶっとい枝が折れて
わが家との境にドスンと落下したんですが、

その1週間後にはお隣さん、なんと業者さんを呼んで
その大木を丸ごと根本までカットしてしまいました。

今後倒れでもして、接する家を壊したりなど
さらなる被害を及ぼさないようにするためなんですが、

道路にあまりに大きくて重い枝などがせり出してくると、
ある日行政などの大型トラックがドーッとやってきて、
民家の敷地内にあるものでも、切り株になるまで
全部切り倒して行ってしまうことがあります。

私も戸建ての家を借りていた時に数回、
その敷地の大木が切られて無くなって
しまうのを経験してしまいます。

日本でなら、まるで神社にでもあるような
2階建て住宅の2~3倍もの高さになるような
大木が多いので、枝の落下どころか倒れたら
人命さえ危ういからなんですよね。


昨夏まで住んでいた家のドライブウェイにも
かなりの大木があって、

引っ越したそうそうに
下から見上げて、

あのぶっとい枝が落ちてきたら死ぬな~

なんて思ったら、
なんとその2~3日後に
突如大きなトラックが現れて、

その木をたった数時間で切り株に
していってしまったので、タイミング的にも
かなり驚いたことがあるんですよ。

だ、だれか聞いてた?? Σ(・ω・ノ)ノ!って。。(笑)



その時の切り株。 のちにリスの遊び場になってました
IMG_9577.jpg



3月の頭ぐらいだったかの暴風雨の後、
ご近所さんでも大木が根こそぎ倒れて
道路封鎖になっているところがありました。

中には倒木は免れたものの、
根っこが土ごとモコッとあがってしまい
斜めになっている大木なんていうのもあって、

危険を知らせる黄色いテープがヒラヒラ
その周りに張り巡らされていたり。。


5年ぐらい前だったかの、
ハリケーン・サンディの時には
今回よりもさらに風が強かったので、

前の家の周りでも数軒に1軒ぐらいの割合で
庭の大木などが倒れてしまっていたほどでした。


お国や地域ごとに、
風土や気候に見合った
植物事情があるものですね。。








[ 2018/04/17 10:14 ] 素顔のアメリカ | TB(-) | CM(-)

演出家は自分♪


そういえば先日、

友人たちと映画に行ってました。


アメリカでは公開が暮ごろからだったはず。。


そろそろが上映が終わるということもあり、

まだやっているところをと探したら

なんと旅行者でごった返す

タイムズスクエアでとなりました。


日本では2月半ばごろからだったかな。。


ハッピーちゃんがよく紹介していた

ミュージカル映画 「グレーテストショーマン」。



640 (6)



そう、、

私たちの人生って、

顕在意識では覚えていなくても

実は自分でシナリオを描いて

そして演出もしているのだということ。。


だから


あまりに何もかもが順調で飽きないように、

ドラマティックにして楽しめるように

チャレンジするかのように、

山あり谷ありにしてあるのだと。。



そのことをすっかり忘れて

奮闘する私たち。


時に大泣きして

時に大笑いして

時に大いに憎んで

時に大いに愛し慈しんで

時に希望にあふれ

時に絶望に打ちひしがれて



640 (8)
C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation



そしてすべての人に

スポットライトが当たり始める

この時代を象徴するかのように、

今まで影に隠れていた者たちまでもが

自身で自分の存在価値を認め

やがて誇りにあふれ

表に出てくるという。。


これは誰にでも言えること。


そんな想いを歌った

This is me 「これが私!」







力強さを感じます。


リハーサル動画を見たときから、

鳥肌が立ったほど。



640 (5)
C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation



Sing Along 映画だということもあり、

歌のたびに画面下に歌詞が表示されて

10~20代あたりを中心に口ずさむ子も多くて。。

学校でもかなり流行っていたみたいなんですよ ヽ(^。^)ノ




個人的に好きだったのは、

アイドル的なザックとゼンデイヤ



640 (3)
C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation



このふたりによる

空中ブランコを使って歌いあげるシーンは

YouTubeでもかなり話題になっていましたが、

なかなかの迫力でとても素敵でした。








640 (4)
C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation



ティーンエイジャーに人気のゼンデイヤ。

本当に可愛かった~



640 (2)
C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation




勇気がもらえる映画です。








ジャンル : 心と身体
テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性

[ 2018/04/10 06:14 ] コミック・映画・音楽 | TB(-) | CM(-)

チャートによる違い☆


4月に入ってすぐの日曜は、
春を告げるイースターでした ♪

パーティーをするご近所さんも多く、
復活祭の名の通りにぎやかな日です。



グランドセントラル駅構内にある、可愛いカードや便箋を売るお店。
イースター2018



そして週明けの今日は
カーテンを開けたら、

なんとドカ雪!!

もう4月なのに、、

うそ~んΣ(・ω・ノ)ノ



、 、 2018 春雪5



水星逆行中の今、

特にその影響を受けやすい友人が
もろにそのあおりを受けたのか、

共通の友人とのやりとりでの中で
ミスコミュニケーションを起こしてしまい、

〇〇ちゃんの中では今、
私はきっとかなりの極悪人に
なってしまっているわぁ~(

と笑いながら撃沈。


実際はそんなでもなかった
とは思うんですけどね、、

だけど水星逆行中であることを伝えると、

ちょうど学生時代で占星術師になったという
彼女の友人からもメルマガが入り、

そこにも同じように
水星逆行中のことがあった~

と、

改めてその週を感じてみると、
ぐるぐるとしたエネルギーに
思い当たったようなんですよ



星読みの舞姫ちゃんに至っては、

このところ起きたことは
4月15日ごろにもまた起きやすいから
注意していてね♪


とも話していて。。


そういえば舞姫ちゃんは、
なんらかの星が逆行する時には、
いつも「シャドー期」にも注意しているんですよね。

今回の水星逆行は21~22日あたりからでしたが、
確か9日ぐらいからはすでにもう
その影響が出ていたのだと。

星は逆行に入る時と順行に戻る時に
特に大きなエネルギーがかかるそうで、
それは空間がゆがむような感じなのだとか。。

だからそのタイミングと、
逆行期の前後2週間ぐらいのシャドー期も
注視するようにしていると良いそうなんですよ。


それにしても興味深いのが、
やはり個人のチャートなどにも
よるんだろうなあ?と思うのですが、

水星逆行だけをとって見た場合でも、
この友人はいつも強く出やすいんですよね。

他の友人では
もう少しゆるやかに出る
感じの子も多い気がするんです。


平均、誰もが3~4つぐらいの
何かしらの天体が逆行している時に
生まれているそうですが、

私は水星逆行中に生まれているからなのか、
まるで本来のエネルギー状態に戻るべく?
あまり不便を感じたことがないんですよ。

それどころか、
大事なことが決まるタイミングが
この水星逆行中に来ることもよくあって。。

むしろ普段のほうが大変だったりとか。。?!(笑)

人前で話すのが極度に苦手なのは
水星逆行中に生まれた特徴なのかしら?

とか、思うこともあるんですよね。


本当のところは、
どうなってるんだろうか。。(゜゜)








ジャンル : 心と身体
テーマ : 占いカウンセリング

[ 2018/04/03 05:41 ] 星のシリーズ | TB(-) | CM(-)

春の祝福♪


先週の春分ウィークは、
久々に記事のアップを
いつもより多く楽しみました♪


関東はもう桜の季節なんですね

シンクロ友人から
満開近い桜の写真が来て、

えぇ、もう?!Σ(゚Д゚)

なんて驚きでした


徐々に暖かくなってきているものの、
それでもNYは、ようやく手袋などが
いらなくなってきたところなので。。(笑)



この週末はいつものメンバーで
ご飯会してきました。

ロンドン発祥の和食のお店☆

ラーメンとかも含め、
やっぱり和食なら日本人が
作るものが一番おいしいですけどね、、

まあ、こういうのもありかな?

な感じの、ちょっとおしゃれで
気の優しい店員さんが多い、
今ふうのお店でした。


ロンドン 和食



ある案件で急いで話し合うこともあり、
具体的な内容がポンポン出てくる
とても有意義なものにもなりました。

やっぱり女子はいくつになっても、
気のおけない友人たちと思いっきり
しゃべれるのって最高ですね ヽ(^。^)ノ


待ち合わせの23丁目付近。


、 、 、 23丁目2


マディソン スクエア パーク。


、 、 、 23丁目3



その公園の角には、
イタリアンドルチェやカフェがおいしい
あの イータリーがあります


いーたりー1




いーたりー2



、 、いーたりー3



そして仲良くしていた人が
任期終了で帰国するため、
送別会などもしていました。


そのために集まった
味の良いデリカフェでは、

珍しくそのお店の銀髪紳士の
オーナーがふらりと横に現れて、
私たちが日本人だとわかると

今度は日本人の嫁さんを探しに
東京にいかないとな~♪

なんてニコニコ話しながら、
おいしいカフェモカをみんなに
1杯ずつごちそうしてくれたんですよ



なんだかのんびりほんわかで、
仲間と過ごす楽しい春の週末でした♪








ジャンル : 心と身体
テーマ : 人生を豊かに生きる

[ 2018/03/27 05:30 ] 日々の出来事 | TB(-) | CM(-)